仮想通貨XDC Network(XDC)とは?価格動向と将来性・買い方を解説!

当サイトの運営ポリシー
コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。なお、InvestNaviでは、金融庁HPを参照し、金融庁の暗号資産交換業者登録一覧を紹介しております。また、ページにはプロモーションが含まれているものがあります。
監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

XDC Networkは、貿易や国際金融取引に焦点を当てたプロジェクト、ブロックチェーンです。

企業向けのブロックチェーンとして開発されており、現実のさまざまな取引において利用されることを想定しています。

XDC Networkの特徴を簡単にまとめると、以下の通りです。

この記事の要約
  • XDC Networkは貿易などに焦点を当てている
  • 企業、法人向けのブロックチェーン
  • スマートコントラクト、EVM互換に対応
  • DPoSに似たコンセンサスを採用
  • 今後さまざまな可能性が考えられる

XDCの取引は、国内初の取り扱いを行ったSBI VC トレードで可能です。

SVI VC トレードは仮想通貨関連のさまざまなサービスを提供しており、500円からの積立暗号資産など初心者でも気軽にスタートできる取引所になっています。

XDCの取引は、SBI VC トレードで始めてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

目次

仮想通貨 XDC Network(XDC)がSBI VC トレードにて取り扱い開始!

sbi_XDC
引用元:SBI VC トレード
ティッカーXDC
価格(2023年10月11日時点)¥7.20
時価総額(2023年10月11日時点)¥101,527,366,270
時価総額ランキング(2023年10月11日時点)49位

XDC Networkは、貿易や国際的な金融取引に焦点を当てたブロックチェーンプロジェクトです。

スマートコントラクトの実装や、DPoSと似通ったコンセンサスを採用するなど、主流ブロックチェーンの基本的な特徴を持っています。

イーサリアムやBSC・Solana・Avalancheなど、著名なスマートコントラクト対応のチェーンは、広くさまざまな用途を想定して開発されました。

その一方で、XDC Networkでは貿易や国際的な取引への利用を主に想定しているため主に「企業・法人」に焦点を置いています。

XDC Networkは、SBI VC トレードとのパートナシップ契約が5月に締結され、SBI VC トレードでの取り扱いもスタートしました。

XDC Networkの基盤の仮想通貨であるXDCは、国内で初めて取り扱いを開始したSBI VC トレードで取引が可能です。

話題のXDCを取引したい方は、ぜひSBI VCトレードを利用してみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

仮想通貨 XDC Network(XDC)とは?

XDC Networkの特徴について、以下の観点から解説していきます。

  • 企業向けのブロックチェーン
  • 早くて安いトランザクションの処理
  • XDPoSの採用
  • EVMとの互換性
  • 多種多様なユースケース

XDC Networkの強みや特別なポイントをチェックしていきましょう。

企業向けのブロックチェーン

XDC Networkは、企業・法人などエンタープライズ向けのブロックチェーンです。

これは、前述した貿易や国際的なお金のやり取りに焦点を置いていることが関係しているのでしょう。

シンプルな金銭のやり取りといったユースケースはもちろんですが、XDC Networkでは複雑な資産のトークン化なども可能です。

また、世界的な金融通信の標準であるISO20022への接続も対応しており、既存の国際的な金融システムにおけるさまざまなシステムとの相互運用性も確保しています。

既存システムとの相互運用性を持っていることにより、よりXDC Networkの利用が進みやすくなっています。

早くて安いトランザクションの処理

XDC Networkの処理性能は、イーサリアムビットコインなどと比較して、高い処理を行うことが可能です。

XDC Networkは1秒あたり2,000件のトランザクション(取引)処理を実現しています。

これは、ビットコイン(1秒あたり6)・イーサリアム(1秒あたり16)と比較して、高い数字であることが分かるでしょう。(ただし、実質的なTPSはタイミングによって変化します)

また、トランザクションにかかる手数料についても平均0.00001ドルまで圧縮することに成功しており、高いパフォーマンスが期待できます。

トランザクションの処理性能や手数料の観点から、より利便性の高い環境でブロックチェーンを利用できます。

XDPoSの採用

前述したような高いパフォーマンスを発揮できる1つの要因が、コンセンサスメカニズムです。

XDC Networkでは「XDPoS」というDPoSに改良を加えたものを採用しています。

XDPoSは、一般的なDPoSと同じように、仮想通貨の保有量に応じてバリデーター(取引を処理する主体)が、取引を処理する仕組みです。

計算力で取引を処理するPoWや、より大きな範囲のバリデーターが選出対象となるPoSと比べて、DPoSでは投票されたバリデーターのみが選出されるため、処理速度が高速化する傾向にあります。

また、XDC Networkではバリデーターになるに伴ってKYC(本人確認)が必要です。

PoSやDPoSはその特性上、規制や当局からの指摘を受けるケースも多いですが、XDC Networkではそのような規制・当局からの指摘により対応しやすい体制になっています。

EVMとの互換性

XDC Networkは、EVMとの互換性を持ちます。

EVMとの互換性を持っていることでイーサリアムとの連携が容易となり、開発やエコシステムの形成を非常に行いやすくなります

スマートコントラクトに対応しているブロックチェーンは、イーサリアムとの相性を重視してEVM互換を持っていることが多いです。

XDC Networkについても、そのような点を意識した設計をしていると言えるでしょう。

\口座開設キャンペーン実施中!/

仮想通貨 XDC Network(XDC)のこれまでの値動き

これから、XDC Networkのこれまでの値動きについていくつかの期間に分けて解説していきます。

XDC Networkのこれまでの価格推移をチェックしていきましょう。

2018年〜2019年

2018年〜2019年については、0.1ドルから0.05ドルあたりを推移していました。

現在の水準と比較するとかなり低い水準であると言えるでしょう。

具体的には2018年〜2019年初頭あたりまでは0.05ドルを推移することが多く、2020年が近づくにつれて0.1ドルに近づくことが多くなります。

2020年〜2021年

XDCチャート
引用元:TradingView提供チャート

2020年から2021年にかけて、XDC Networkは大きな値動きを見せます。

2020年初頭は0.1ドルあたりを推移していましたが、2021年が近づくにつれて徐々に価格を上げました。

2021年4月になると、大きな価格上昇を見せて12ドルを超える価格を付けます。

その後、2021年8月の19ドルで過去最高値を付けました。

同時期にビットコインやイーサリアムといった主要な仮想通貨も上昇を見せていたため、概ね他の仮想通貨の値動きの影響を強く受けたものと見られます。

2022年〜2023年

XDCチャート2
引用元:Trading提供チャート

2022年〜2023年になると、過去最高値よりも大幅に低い価格をつけることになりました。

2022年初頭は11ドルを記録していた価格が、年末には3ドル程度にまで下落します。

その後、2023年〜2023年6月現在にかけては4ドルあたりで推移している状況です。

仮想通貨 XDC Network(XDC)の今後の予想・将来性

これから、XDC Networkの今後の予想・将来性について、以下の観点から解説していきます。

  • 貿易や国際金融での利用
  • dAppsの拡大
  • ネットワークの安定性

XDC Networkのこれからについてチェックしていきましょう。

貿易や国際金融取引での利用

XDC Networkの今後・将来性を別ける大きなポイントの1つが、貿易や国際金融での利用でしょう。

上記のポイントが、XDC Networkが焦点を当てているポイントであり、今後各企業で採用が進むことで、XDC Networkのユースケースが拡張されていくと見られます。

XDC Networkでは、企業や金融機関向けのソリューションの提供も行っています。

そのため、XDC Network関連のソリューションの採用事例などはチェックしておきたいところです。

dAppsの拡大

XDC Networkは、他のスマートコントラクトを実装したブロックチェーン同様に、ブロックチェーン上でさまざまなアプリケーションを構築可能です。

現状、時価総額TOP10に入るような仮想通貨と比較すると、著名なdAppsやプロトコルの構築事例はあまり見られませんが、拡張性が高いチェーンであることは確かなので、今後XDC Networkを利用したさまざまな開発事例が出てくる可能性もあります。

XDC Networkを利用した開発が行われ、XDC Networkのユースケースが増えることで、XDCの価格にもポジティブな影響が見られると考えられます。

ネットワークの安定性

次に注目したいのは、XDC Networkの安定性です。

XDC Networkが採用するXDPoSの基盤となる技術であるDPoSは、PoWとPoSと比較すると実績がありません

DPoSは、DPoSには多数のメリットが見られるものの、振興のブロックチェーンや新世代の高処理能力がアピールポイントになっているブロックチェーンに採用されることが多いです。

一方で、運用されてきた実績だけを見ると、ビットコインが採用するPoW・イーサリアムが採用するPoSの方が歴史があり、信頼度は高いと言えるでしょう。

特にエンタープライズ向けのブロックチェーンとなると信頼性が重要になると考えられるので、XDC Networkの安定性については注視していきたいところです。

\口座開設キャンペーン実施中!/

仮想通貨 XDC Network(XDC)を購入するならSBI VCトレード

sbi_XDC
引用元:SBI VC トレード
取り扱い通貨数20種類
取り扱いサービス現物、レバレッジ、積立など
手数料口座開設手数料 無料
口座維持手数料 無料
販売所 取引手数料 無料
取引所 取引手数料 メイカー/テイカー手数料
レバレッジ取引手数料 無料
最低取引金額通貨により異なる
公式サイトSBI VC トレード

XDC Networkは、XDCを国内で初めて取り扱ったSBI VC トレードで取引可能

SBI VCトレードは、SBIグループが母体となり運営している仮想通貨取引所であり、非常に人気が高い取引所です。

また、現物取引だけではなく、レバレッジ取引やステーキング・レンディングなどさまざまな仮想通貨関連のサービスを展開しており、利便性が高くなっています。

口座開設手数料・口座維持手数料・入金手数料などの各手数料も無料で、リーズナブルな取引が可能です。

積立暗号資産は500円という少額から取引ができるので、初心者の方であっても気軽にスタートできます。

まずは、国内で初めて取り扱っているSBI VC トレードで取引を始めてみましょう。

\口座開設キャンペーン実施中!/

仮想通貨 XDC Network(XDC)の購入方法

XDC Networkの取引方法は以下のとおりです。

  • SBI VC トレードにログインし、「買う」をクリック
XDC買い方1
  • XDCを選択し数量を入力し、「買う」ボタンをクリック
XDC買い方2

上記の手順で、XDC Networkを取引することが可能です。

また、取引にはあらかじめ登録・口座開設が必要になるため、済ませておきましょう。

\口座開設キャンペーン実施中!/

仮想通貨 XDC Network(XDC)まとめ

この記事では、XDC Networkについて解説しました。

この記事のまとめ
  • XDC Networkは貿易や国際金融取引に焦点を当てたブロックチェーン
  • 企業向けのブロックチェーン
  • 早くて安いトランザクションの処理が可能
  • XDPoSを採用
  • EVMとの互換性を持つ
  • 過去には19ドルまで値上がりしたことも

XDC Networkは、貿易や国際金融に焦点を当てた仮想通貨です。

今後、さまざまな可能性が考えられるブロックチェーンなので、動向を注視していきたいと言えるでしょう。

XDC Networkの取引は、国内初の取り扱いを行ったSBI VC トレードから可能です。

XDC Networkが気になるという方は、SBI VC トレードで口座開設を行って、取引を始めてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

目次