【仮想通貨】Aptos(アプトス)とは?今後の見通しや将来性を徹底解説!

当サイトの運営ポリシー
コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。なお、InvestNaviでは、金融庁HPを参照し、金融庁の暗号資産交換業者登録一覧を紹介しております。また、ページにはプロモーションが含まれているものがあります。
監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

Aptos(アプトス)は、Meta(旧Facebook)社のメンバーが開発を手掛けるということで注目を集めているレイヤー1ブロックチェーンです。

大型の資金調達に成功をしており、数々の著名な企業やプロジェクトも参加を表明しています。

今回は、Aptosの特徴や今後の見通し、Aptosの仮想通貨が発行された場合の購入方法などについて解説していきます。

この記事でわかること
  • Aptos(アプトス)はMeta(旧Facebook)の技術者が開発している新しいブロックチェーン
  • すでに3.5億ドル(約450億円)以上もの大規模資金調達に成功
  • 処理スピードの速さと高いセキュリティが特徴
  • 国内の仮想通貨取引所ではGMOコインが使いやすい

GMOコインは国内トップクラスの通貨数を扱っている取引所です。

これから仮想通貨取引を始めてみたいという方も、ぜひGMOコインの公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

目次

仮想通貨Aptos(アプトス)とは?

アプトス1
名称APT(Aptos)
コンセンサスアルゴリズムPoS(Proof of Stake)
Aptos BFT(Byzantine Fault Tolerance)
価格¥1,456.60
時価総額¥532,799,975,229
時価総額ランキング32位
※2024年2月26日時点

Aptos(アプトス)は、Aptoslabs(アプトスラボ)社が開発しているL1(レイヤー1)ブロックチェーンおよびそれに関するプロジェクトの総称です。

本プロジェクトで発行されている独自トークンがAptosトークンとなります。

Aptosトークンは、2022年10月にメインネットが開始され、その後バイナンスやKucoinといった主要仮想通貨取引所へ続々と上場されました。

独自トークンの発行からまだ浅い年数ですが、既に時価総額ランキングで20位台に付けている注目の通貨です。

Aptosは、Meta(旧フェイスブック)社のプロジェクトを手掛けていたメンバーによって開発が進められており、その点でも注目されています。

Aptosの開発においては、「信頼性」「安全性」「使いやすさ」が特に重視されています。

個人から企業に至るまで幅広くブロックチェーンを普及させるために、このポイントを抑えて開発しているとのことです。

そんなAptosが発行するAptosトークンは、まだ海外取引所での上場であるため、国内取引所で通貨を送金して購入する必要があります。

GMOコイン口座開設手数料や口座維持手数料、ビットコインの出金手数料など各種手数料が無料となっているため、なるべくコストをかけずに取引したいという方にも使いやすい仮想通貨取引所です。

興味のある方は、GMOコインの公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

仮想通貨Aptos(アプトス)が注目される理由

仮想通貨Aptos(アプトス)が注目される理由を確認していきましょう。

仮想通貨Aptos(アプトス)が注目される理由
  • 元Diemメンバーが開発したL1チェーン
  • さまざまな有名プロジェクト・企業が参加
  • 大規模な資金調達に成功

元Diemメンバーが開発したL1チェーン

Aptos(アプトス)はMeta(旧フェイスブック)社のメンバーであるMo Shaikh(CEO)とAvery Ching(CTO)によって設立されました。

彼らは、DiemブロックチェーンとNoviウォレットのプロジェクトに共に参加していたという過去を持ちます。

巨大ハイテク企業で仮想通貨関連事業に加わっていたメンバーが事業を始めるということで、技術力への期待が高まっています。

DiemはもともとMeta社が独自に開発していたブロックチェーンおよびコインに関するプロジェクトの名称で、銀行口座を持たない人でも世界中で誰でも利用できる通貨・ネットワークの構築を目指していました。

複数の法定通貨を裏付け資産とするステーブルコインの発行を予定していたようですが、最終的には米ドルのみを担保資産とするという方針となっています。

Diem自体はプロジェクトが頓挫し、すでにDiem関連の資産などは売却されていますが、Diemで培った知見や技術などはAptosにも生かされています。

その一つがプログラミング言語「Move」で、これはDiem用に開発された言語です。

しかし、Meta社との直接の関わりがあるわけではなく、独自のブロックチェーンを開発したため、現在Diemを保有するシルバーゲート・キャピタルとも関係はないとのことです。

さまざまな有名プロジェクト・企業が参加

Aptos(アプトス)はすでに、仮想通貨関連企業から多数の開発者がプロジェクトにコミットしています。

Aptosのプロジェクトに参加する企業・開発チーム
  • Anchorage
  • Binance
  • Blockorus
  • Coinbase
  • Livepeer
  • Moonclave
  • Paxos
  • Paymagic
  • Rarible
  • Streaming Fast

著名なプロジェクト・企業が参加に名乗りを挙げていることも、Aptosの知名度向上に寄与しています。

また、Aptosで実現できるアプリケーションは多岐に渡ります。

すでに構築が始められているものだけでも、NFTやWeb3ゲーム、次世代ソーシャルメディアプラットフォーム、決済基盤、メディアやエンターテイメントビジネスなどさまざまなプロジェクトがあるのも特徴です。

ユースケースが多いということも、さまざまな企業に注目される理由となるでしょう。

大規模な資金調達に成功

Aptosは、2022年3月以降、大規模な資金調達を行っています。

最初の資金調達では、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)の主導によって、2億ドル(約230億円)の資金調達が成功し、以下の出資者から投資を受けました。

出資者一覧
  • マルチコイン・キャピタル(Multicoin Capital)
  • ケイティ・ホーン(Katie Haun)
  • スリーアローズキャピタル(3 Arrows Capital)
  • パラフィ・キャピタル(ParaFi Capital)
  • IRONGREY
  • Hashed
  • Variant
  • タイガーグローバル(Tiger Global)
  • ブロックタワー(BlockTower)
  • FTXベンチャーズ(FTX Ventures)
  • パクソス(Paxos)
  • コインベース・ベンチャーズ(Coinbase Ventures)

加えて、2022年7月には、FTXベンチャーズとジャンプ・クリプト(Jump Crypto)が主導し、1.5億ドル(約204億円)の資金調達も実施しています。

出資者一覧
  • アポロ(Apollo)
  • グリフィン・ゲーミングパートナーズ(Griffin Gaming Partners)
  • フランクリン・テンプルトン(Franklin Templeton)
  • サークルベンチャーズ(Circle Ventures)
  • スーパーズ・クリプト(Superscrypt)
  • アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z crypto)
  • マルチコイン・キャピタル(Multicoin Capital)

上記の二度の資金調達を合計すると、3.5億ドル(約480億円)もの資金調達に成功しているということとなります。

大手仮想通貨取引所FTXのグループ企業であるFTXベンチャーズや、同じく仮想通貨取引所バイナンスのベンチャーキャピタル部門であるバイナンスラボもAptosへの投資を表明していることから、仮にトークンが発行された場合はこれらの取引所で取り扱いが始まる可能性が高いと考えられます。

このように多くの企業から出資を受けていることは、Aptosの注目度の高さを示しています。

今後Aptosのトークンが発行された場合に備えておきたいという場合は、まずは国内の仮想通貨取引所で口座開設をしておくと良いでしょう。

GMOコインは、仮想通貨投資の初心者にも操作しやすい取引画面で、使い勝手の良い取引所です。

ぜひこの機会にGMOコインの公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

仮想通貨Aptos(アプトス)の特徴

Aptosの特徴を確認しておきましょう。

主な特徴は以下の3点です。

仮想通貨Aptos(アプトス)の特徴
  • 高い処理スピードとセキュリティ
  • 100以上のプロジェクトがエコシステム内に構築されている
  • プログラミング言語「Move」が採用

高い処理スピードとセキュリティ

Aptosは「セキュリティ」および「スケーラビリティ」という大衆の使い勝手のよさをポイントとして開発が始められました。

セキュリティとは、不正アクセスや悪意ある攻撃に対する耐性のことです。

スケーラビリティとは、ユーザー数やデータ処理件数が増加してもネットワークが適切に機能するかという能力のことです。

まだメインネットの実装前ではありますが、すでにTPS(Transactions per Second)と呼ばれる1秒間に処理できるトランザクション数は約1,000だと言われています。

ビットコインのTPSは平均して7、イーサリアムは12〜15と言われているため、比較すると非常に大きい数値であることがわかります。

Aptosはさらにこれを拡大する予定で、最大で1秒間に16万件のトランザクションを処理できる可能性もあるとのことです。

100以上のプロジェクトがエコシステム内に構築されている

AptosはNFTやゲーム、DeFiなどさまざまな用途での活用が見込まれており、すでに100以上のプロジェクトが構築されています。

代表的なプロジェクトには、以下のようなものがあります。

Aptosの代表的なプロジェクト
  • Liquid Swap(AMM)
  • Econia(DEX)
  • Martian(ウォレット)
  • Hippo Lab(アグリゲーター)

Pontem Networkが開発を進めるAMM(自動マーケットメイカー)型DEXのLiquid Swapは、Aptos上のプロジェクトで最大級の規模となっています。

Pontem NetworkはAMMだけでなく、ブラウザ上で利用できるコードエディタ「Move Playground」やスマートコントラクト構築ツールなど、幅広いプロダクトを展開しています。

また、Martinというプロジェクトでは、Aptosで利用できるウォレットを開発しています。

プログラミング言語「Move」が採用

Aptosには、Diemの開発に用いられていたプログラミング言語「Move」が採用されています。

この「Move」はもともと高いセキュリティとスケーラビリティを実現するためにMetaで開発されていた言語です。

Moveはトークンやスマートコントラクトなどの情報をリソースとしてコピーや削除などができないように保存しています。

これによって同じトークンを二重に送信してしまうことや、所有権が重複してしまうなどのバグが起こらないようになっています。

そのため、Moveは他のブロックチェーンプログラミング言語よりも高い安全性を持っていると言われています。

Aptosのバリデータノードの管理や取引手数料、アカウント、標準ライブラリなどといった機能は、Moveによって開発されています。

このように、Aptosにはさまざまな特徴があります。

Aptosのトークンについては詳細が発表されていないものの、仮に発行されることとなった場合は非常に注目が高まるでしょう。

海外取引所で取り扱いが始まった場合は、国内の仮想通貨取引所から元手となる仮想通貨を送金して交換するという手続きを取れば、Aptosのトークンを手に入れられます。

国内の仮想通貨はどこでも構いませんが、送金や取引全般で使い勝手の良い取引所が良いでしょう。

GMOコインは仮想通貨取引の初心者でも簡単に取引できる操作性の高さから、幅広いトレーダーに人気のある取引所です。

取引手数料やビットコインの送金手数料が無料となっている点もメリットの一つとなります。

なるべくコストを抑えて仮想通貨取引を始めたいという方は、GMOコインの公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

仮想通貨Aptos(アプトス)の価格動向

仮想通貨Aptos(アプトス)は、2022年10月に大手取引所への上場が続々と決まりました。

以下は、バイナンスに上場してから2024年2月現在までのチャートです。

APT現在価格動向
引用:Tradingview

2022年の上場直後は約9ドル台を推移していましたが、2023年1月より高騰を見せます。

同時期にPancakeSwapにおいて、APTのサポートやプロジェクトの追加誘致を表明したことが高騰の背景とされています。

上場直後の9ドルから18ドル台まで約2倍の上昇を見せますが、その後は仮想通貨市場全体での下落に連動します。

2024年1月にはビットコインの現物ETF承認が話題となりましたが、承認期待は2023年10月ごろより高まっていたこともあり、アプトス含む仮想通貨全体での上昇が見られました。

単体で見ると、2023年11月には1億8100万ドルの仮想通貨Aptosがロック解除されたと報道がありましたが、売り圧力には繋がらず現在も上昇傾向です。

そんなAptosが発行するAptosトークンは、まだ海外取引所での上場であるため、国内取引所で通貨を送金して購入する必要があります。

GMOコイン口座開設手数料や口座維持手数料、ビットコインの出金手数料など各種手数料が無料となっているため、なるべくコストをかけずに取引したいという方にも使いやすい仮想通貨取引所です。

興味のある方は、GMOコインの公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

仮想通貨Aptos(アプトス)の購入方法

Aptosは現在独自トークンを発行していますが、国内取引所では取り扱いがありません。

基本的に以下の手順でAptosを取得します。

仮想通貨Aptos(アプトス)の購入方法
  • 国内取引所で元手となる仮想通貨を購入する
  • 海外取引所で口座開設をする
  • 海外取引所に仮想通貨を送金し、購入する

国内取引所で元手となる仮想通貨を購入する

まずは、国内の仮想通貨取引所で送金用の仮想通貨を購入します。

流動性の高さなどから考えるとビットコインなどが良いでしょう。

仮想通貨取引所はどこでも大丈夫ですが、なるべく取引や送金に手数料のかからない仮想通貨取引所がおすすめです。

GMOコインTOP

GMOコインは口座開設手数料や取引手数料、ビットコインの送金手数料などが無料となっているため、コストを抑えて取引可能です。

GMOコインで口座開設を行う場合は、公式サイトから無料で口座開設を進められます。

スマートフォンと免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類があれば、以下のステップで簡単に口座開設申し込みが可能です。

口座開設を行う手順
  1. メールアドレス・基本情報の登録
  2. 本人確認書類の提出
  3. 口座開設完了メールの受信

口座開設が完了したら、ビットコインの購入資金を入金します。

提携金融機関のインターネットバンキング口座があれば、即時入金を利用して24時間リアルタイムに入金が可能です。

入金が完了したら、専用アプリもしくは専用ツールからビットコインなどの仮想通貨の購入を行います。

スマートフォンで取引する場合は、専用アプリからログインし、「暗号資産一覧」より購入したい仮想通貨を選択します。

画面に現在の価格やチャートが表示されるので、価格を確認して「購入」ボタンをタップします。

金額指定もしくは数量指定で購入額を入力し、注文を行います。

海外取引所で口座開設をする

口座の準備ができたら、Aptosのトークンを取り扱っている海外取引所で口座開設を行いましょう。

基本的にはメールアドレスや個人情報の入力などを行えば、国内の仮想通貨取引所と同様に簡単に申し込み可能です。

海外取引所もAptosのトークンを取り扱っていればどこでも構いませんが、安全性や使い勝手の良さに注目して選ぶと良いでしょう。

海外の仮想通貨取引所の中には詐欺まがいの取引所もあるため、怪しいサイトなどには注意してください。

海外取引所に仮想通貨を送金し、購入する

海外取引所の口座開設が完了したら、GMOコインの口座からビットコインなどの元手資金を海外取引所に送金します。

手順に従って手続きを行いましょう。

送金が完了したら、ビットコインなどの仮想通貨とAptosトークンを交換します。

海外取引所でAptosが取引できるようになったらこのような手順で取引を行うことで、Aptosトークンを入手できるでしょう。

現在はまだどの仮想通貨取引所で取引できるようになるかはわかりませんが、取引が開始されたらすぐに手続きできるように準備をしておくのも大事です。

\ビットコインがもらえる特典中!/

仮想通貨Aptos(アプトス)の将来性・見通し

メインネットローンチから短期間で時価総額ランキング28位と高い位置に付ける仮想通貨Aptos(アプトス)の将来性や見通しを解説します。

Aptos(アプトス)に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

大手企業との協業による通貨地位の向上

Aptosは、2024年2月現在様々な企業との協業や提携が目立っています。

特に、直近では韓国の市場で高い地位を向上させており、以下のような協業やパートナーシップ締結の注目度が高いです。

・2023年8月:「ロッテグループ」の韓国部門とパートナーシップ締結でWEB3分野でのエコシステム拡大を図る
・2023年11月:韓国大手通信事業者のSKテレコムとAptos Labsが技術パートナーであるAtomrigs Labとの第三者契約を交わす

韓国市場での存在感は特に高まっており、今後は協業先での発展が重要になってくるでしょう。

2023年9月には韓国大手仮想通貨取引所のUpbitにてフェイクのAptosが出回るという騒動が起き、一時はマイナスなイメージもついていましたが、現在では通常通り取引ができるようになっています。

ロック解除後の脅威の回復を見せた

仮想通貨Aptosは2023年11月に大規模なトークンロック解除を実施しています。

通常、ロック解除は投資家達の懸念材料となり、売り圧力が加速する傾向です。

しかし、ロック解除後のAptos小幅の下落にとどまり、2023年11月以降は仮想通貨市場全体での上昇に連動して上昇を見せています。

異例の回復を見せたことは、投資家やアナリスト達から高い評価を受けており、Aptosの底力を見せた結果と言えるでしょう。

仮想通貨業界での地位を裏付ける証拠とも考えられており、多少のネガティブニュースが出た場合でも、通貨価値は安定するのではないかと考えられています。

仮想通貨Aptos(アプトス)の将来性まとめ

今回はAptos(アプトス)の特徴や今後の見通し・将来性について解説しました。

この記事でわかること
  • Aptos(アプトス)はMeta(旧Facebook)の技術者が開発している新しいブロックチェーン
  • 3.5億ドル(約450億円)以上もの大規模資金調達に成功
  • 処理スピードの速さと高いセキュリティが特徴
  • 国内の仮想通貨取引所ではGMOコインが使いやすい

GMOコインは、ビットコインをはじめとして26種類の仮想通貨の取引が可能な仮想通貨取引所です。

口座開設手数料や仮想通貨の入出金手数料など、さまざまな取引を無料で行えるため、コストを気にせずに仮想通貨取引が可能です。

仮想通貨取引を始めてみたいという方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

目次