ファクトム(FCT)とは?今後の見通しや将来性を予想|価格はいくらになる?

ファクトム 見通し

この記事ではファクトム(FCT)の今後の見通しや予想を詳しく解説していきます。

これからファクトムに投資を始めようと思っている方は、是非参考にしてみてください。

この記事の要点
  • ファクトム(FCT)とは
  • ファクトム(FCT)の価格動向
  • ファクトム(FCT)の将来性
  • ファクトム(FCT)を購入できる取引所

ファクトムは分散型プラットフォームとして注目され、非常に有望なプロジェクトが進行していました。

しかし、今はプロジェクトの運用会社であるFactom,Incは既に解散しているため直近で大きなプロジェクトの発表はありません。

投資をする際は、ビットコインの価格に連動して上昇しているという背景に注意して投資を行っていきましょう。

また、仮想通貨に関する最新情報は全てInvest Naviで提供している公式LINEにて提供しています。

価格の動向や注目の通貨に関する情報を見逃したくない方は、是非登録してみてください。

今なら公式LINEの登録のみで総額200円相当のビットコインが全員獲得できるキャンペーンを行っています。

公式LINE

\ 【8月31日迄】200円分のBTCが無料/

目次

ファクトム(FCT)とは?この仮想通貨の特徴を解説

ファクトム
通貨名ファクトム(Factom)
シンボルFCT
現在の価格(2021年2月)290円前後
時価総額(2021年2月)27億円
取扱取引所コインチェック
公式サイトファクトム(Factom)の公式サイト

ファクトムは、アメリカにあるFactom社が、2015年に開発をした分散管理型プラットフォームの総称です。

あらゆる電子情報データ(例えば、住民票、証券など)を記録して保管できる、分散管理型プラットフォームをファクトムと言います。

例えば、公共サービスを想像してください。現状だと、市役所等に行って住民票や、謄本などを取得する申請をしてから、発行がされるなど、手間がかかります。

また、近年のコロナの影響により、電子化への移行が求められています。

そういった煩雑な書類の管理を解決してくれるようになシステムがファクトムです。

ファクトムのシステム

ファクトムは、電子化された書類等を、記録、保管、追跡、監査することで、第三者機関なしで証明することが可能になり、書類等の電子化に一層の追い風となります。

このプラットフォーム上では実際に2つの通貨が利用されることになっています。

1つ目はファクトイド(FCT)と言い、主にFCTが取引所で取り扱っているファクトムと表記されている仮想通貨になります。

コインチェックなどで取り扱っているファクトムとは原則ファクトイド(FCT)を購入しているということですね。

2つめは、エントリークレジット(Entry Credit)と呼ばれており、この通貨は取引所で主に取引されることはありません。

主にファクトムを購入できる取引所はコインチェックとなりますので、是非コインチェックで購入してみてください。

電子データの保管をする分散型プラットフォーム

ファクトムは書類などを電子情報データとして、記録・分散管理できるプラットフォームです。

先ほど、ファクトムには2つの通貨が存在すると説明しましたので、その仕組みについて解説します。

ファクトイド(FCT)は、取引所にて取引が可能な通貨のことですが、ファクトムを実際に利用するにはFCTではなくエントリークレジットが必要になります。

この時エントリークレジットを保有するには、ファクトイドをエントリークレジットに変換することで獲得するというプロセスを実行します。

ファクトムの仕組み
  • ファクトイド(FCT)をエントリークレジットへ変換する
  • エントリークレジットを利用してファクトムのプラットフォームにアクセスする

エントリークレジットは、あくまでファクトムサービスを利用するための権利という位置づけですので、ビットコインなどの仮想通貨のようなハッキングの対象にはなりません。

ファクトムで注目されているプロジェクト

ファクトムでは、様々なプロジェクトが企画されていますが、特に注目を浴びているのが、スマートロック、ファクトムハーモニーという2つのプロジェクトです。

スマートロックは、QRコード等を読み込むことで、ネット上に保管されている書類の情報を引き出すことができます。

特に、医療分野における患者の医療履歴、アレルギー情報などのカルテ情報をブロックチェーンの仕組みで記録・保管することが期待されています。

ファクトムハーモニーとは、世界中にある土地や建物といった不動産の登記情報や、住宅ローンなどのデータは莫大な情報量となっており、その情報をブロックチェーンの仕組みを使って記録・保管する仕組みです。

管理費用の削減や、ブロックチェーンによる、データの改ざんや不正の防止につながることが期待されています。

【2021年2月】ファクトム(FCT)の現在の価格動向

ファクトムの画像
引用元:TradingViewの提供チャート

2020年度では価格が減少したものの、将来性を期待して価格は2021年2月現在で290円となっています。

チャートを見ていただくとわかる通り、近年の仮想通貨ブームとは少し違ったチャートになっています。

例えば、ビットコインやイーサリアムは2020年で右肩上がりに価格が上昇し、数倍規模まで拡大しています。

しかし、ファクトムは年初の価格に2021年2月で戻したような価格になっています。

今回の仮想通貨の相場の熱狂に合わせて価格が1年前の水準に戻ってきたという印象を受ける価格上昇です。

今後も価格上昇を見込む大きなポイントは「ビットコインの価格上昇が止まらない」ということです。

ファクトムの価格上昇のポイント

ビットコインの価格上昇を受けて上昇する傾向があるため、「ビットコインの価格上昇」を続けるということが重要なポイント。万が一、ビットコインが暴落する場合はファクトムも同じように暴落する可能性が高い。

ファクトムを始めとしたアルトコインはビットコインに釣られて価格が大きく上がるという背景があります。

そのため、ビットコインの今後の動向や見通しを合わせてチェックしていきましょう。

ファクトム(FCT)の価格上昇のポイント

それでは今までの価格動向を踏まえて、今後の価格上昇のポイントをまとめていきます。

これから投資を検討している方は是非検討してみてください。

プロジェクトの進捗があること

ファクトムの価格上昇が期待されるポイントとして、プロジェクトの進捗が大きく影響していきます。

ファクトムは、プラットフォームのサービスの提供を目的としています。

スマートロック、ファクトムハーモニーといったプロジェクトが進捗することで、市場での知名度や期待値が高まります。

そのため、プロジェクトの大きな進捗や実現は価格に大きく影響すると思われます。

同じようにプラットフォームを提供しているイーサリアムの価格動向を調べてみても、DeFi(分散型金融)の実現によってイーサリアムの価格も大きく上昇しています。

こちらはイーサリアムの価格チャートです。

イーサリアムの価格チャート
引用元:TradingViewの提供チャート

2020年末からDeFiの成長に合わせて価格が大きく上昇しているということがわかります。

イーサリアムは2021年注目されているアルトコインの1つなので、是非イーサリアムの今後の見通しや予想を確認してみてください。

※現在ファクトムではプロジェクトを推進していたFactom,Incが解散しており、上記のプロジェクトに関しては止まっている状況です。実際にはファクトムそのものが止まっているわけではないので、別のプロジェクトが立ち上がることで、プラットフォームとして成長する可能性もありますが、投資する際は十分に注意していきましょう。

大手企業との提携が発表される

2017年6月には、ビル&メリンダ・ゲイツ財団と手を組み、米国の住宅ローンの管理計画を始動させることが公表されました。

2018年11月には、ソフトウェア大手の「Microsoft(マイクロソフト)」と技術提携を行うことが明らかになりました。

さらに、アメリカ不動産ローン会社Equator社も、ファクトムのファクトムハーモニーを、住宅ローンデータの管理を行うEquator社のプラットフォーム「Equator PRO」へ統合することを発表しています。

こういった動きからわかるように、「ファクトム」は様々な企業から注目されていたプラットフォームであるということがわかります。

現在は大きな発表や動きがありませんが、今後さらに多くの企業との提携が発表されれば、伸びるかもしれませんね。

ファクトムの利用手段が増えること

ファクトムは、顧客や契約情報などの重要書類をデータ管理できる機能があるので、ビジネスで重宝される可能性があります。

そのため、明確なプロジェクトが立ち上がり、進捗があるという場合には投資価値があるプラットフォームへと成長する見込みです。

顧客からのニーズとマッチすれば、ファクトムの市場での利用頻度が増えて、ファクトムという知名度とともに価値も上昇していくと思われます。

ファクトム(FCT)の今後の見通しや予想|将来性を解説

次にファクトムの今後の見通しや将来性について解説します。

ファクトムは注目されていたプロジェクトである「スマートロック」、「ファクトムハーモニー」は運営元のFactom,Incが倒産しているため、直近で大きな材料があることは期待できません。

そのため、ファンダメンタルの要素で将来性があるかと言われると微妙です。

日本ではコインチェックで取引が可能ですが、200円〜300円(2021年2月)付近で取引がされており、ビットコインに比べて気軽に購入できる通貨であることは確かです。

そのため、価格の低いアルトコインを求めるユーザーに現在も購入されているという背景があります。

また、価格も全てビットコインに連動して上がっているため、価格が上昇する材料がないという状況でも価格が上がっていく可能性は十分にあります。

現在の材料のみで今後の見通しから将来性を計算するのは難しいですが、長期保有に向いている通貨ではないと思われます。

これから仮想通貨投資をするという方は明確に決済手段として確立しているビットコインやプラットフォームとして利用されているイーサリアム、そして日本人から大きな人気があるIOSTの検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくはアルトコインのおすすめランキング草コインおすすめランキングをご覧ください。

ファクトム(FCT)の今年の価格予想

では、ファクトムの価格予想について解説をしていきたいと思います。

ファクトムは2021年1月から大きな価格上昇を続けており、300円付近まで一気に伸びました

その後は調整が続いていますが、日本人ユーザーを多く抱えているコインチェックにて上場していることを考えるとビットコインの暴落がない限り、ファクトムの価格暴落の可能性も低いでしょう。

IOSTやイーサリアムの価格が伸びているということから、同じように価格上昇を期待するユーザーがファクトムの開発状況を気にせずに購入することは十分にあり得るという状況です。

投機として仮想通貨投資をする方であれば、今後も伸びる通貨の1つとして捉えることはできるので少額から保有してもいいかもしれませんね。

ただし、他の通貨に比べてもプロジェクトの進捗が遅いというのは念頭に投資を行ってみましょう。

ファクトム(FCT)を購入できるのはコインチェック

コインチェックの公式サイト-1
名称CoinCheck(コインチェック)
ホームページCoinCheck(コインチェック)の公式サイト
取り扱い仮想通貨17銘柄
取引手数料無料
最低取引量500円

ファクトムに投資するなら、国内ではコインチェックのみになります。

コインチェックは、国内の取引所で、仮想通貨の取り扱い種類は一番多いです。

Invest Naviの仮想通貨取引所のおすすめランキングでは、1位として紹介させて頂いております。

また、各社スマホなどのアプリで取引できることは共通しているものの、デザインや操作性などは様々です。

コインチェックは、スマホアプリでも評価を得ているため、初心者にも最適の取引所と言えます。

さらに、コインチェックは貸仮想通貨(レンディング )など、取引リスクを抑えて資産を増やす仕組みなどユニークなオプションもあるので、利便性にも優れています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ファクトム(FCT)の今後の見通しや予想まとめ

ファクトム

この記事ではファクトムの今後の見通しや予想についてまとめていきました。

これから投資を検討している方は、是非この記事を参考にして始めてみてください。

この記事のまとめ
  • ファクトムは、様々なサービスを目的とした分散管理型のプラットフォーム
  • 価格はビットコインに連動して伸びている
  • ただし、プロジェクトは現在止まっているので注意が必要
  • 国内で購入できる取引所はコインチェックのみ

ファクトムは優秀なプラットフォームですが、2021年2月において主要なプロジェクトはストップしてしまっています。

そのため、投資をする際は注意が必要です。

ビットコインの価格に応じて上昇している通貨となりますので、保有する際は利確、損切りのタイミングを想定して投資を始めるようにしていきましょう。

現在Invest Naviでは仮想通貨の最新情報をまとめて配信する公式LINEを運用しております。

これからの仮想通貨の情報を見逃したくないという方は是非無料で登録してみてください。

公式LINEの登録のみで200円相当のBTCが無料で獲得可能です。

公式LINE

\ 【8月31日迄】200円分のBTCが無料/

目次
閉じる