仮想通貨Avalanche(AVAX)とは?購入方法や今後の予想・将来性を徹底解説

仮想通貨の見通し

Avalanche(AVAX)は、プロジェクトがDeFi環境の構築やツール開発を行うためのプラットフォームです。

処理速度が桁違いに速く、高セキュリティで、手数料が格安というメリットだらけのネットワークを展開しています。

2021年9月には過去最高価格を突破し、今後さらに成長が期待されています。

この記事では、Avalancheの特徴を網羅して解説するので、ぜひ参考にしてください。

この記事で分かること
  • Avalanche(アバランチ)はスケーリング問題を克服して最強のネットワークを構築している
  • イーサリアムと互換性があり、さまざまなプロジェクト・プロトコルの移動が可能になった
  • 何百万ものバリデーターによる確実性が高い処理能力をもつ
  • 大手投資企業からも注目されて多額の資金調達に成功した
  • AVAXを購入するならコインチェックで通貨を入手して海外取引所で交換するのがスムーズ

Avalanche(アバランチ)の処理能力の高さから、ユーザー・プロジェクト・投資企業と各地からその有能さ・利便性を認められています。

2021年の価格上昇率は目まぐるしく、16倍以上の高騰を見せました。

現在は、仮想通貨全体での下落が影響して停滞していますが、過去の高騰率からポテンシャルを秘めた通貨と言えるでしょう。

今注目のAvalancheを入手するには海外取引所で取引する必要があります。

国内取引所コインチェックでBTCを入手して、海外取引所でAVAXに変えるのがスムーズです。

\ 2500円分のBTCもらえる /

目次

Avalanche(AVAX)とは

Avalancheは、さまざまなアプリケーションを構築できるプラットフォームです。

取引完了までのスピードが速く、強力な安全性も保証されており、話題のプロジェクトです。

Avalanche
名称Avalanche
シンボルAVAX
価格(2022年6月17日時点)¥2,069.09
時価総額(2022年6月17日時点)¥581,438,885,243
時価総額ランキング(2022年6月17日時点)16位
公式サイトAvalanche公式HP
2022年6月17日時点

Avalancheは、2020年9月にメインネットを立ち上げました。

2021年に急速に注目を浴び、その盛り上がりがAvalanche上で使用される独自通貨(ネイティブトークン)AVAXの価格にも現れています。

avax 2021チャート
引用:Tradingviewの提供チャート

2021年に価格が上昇した主な理由は、Avalancheが目標とする世界規模の総合的なプラットフォームの提供に、投資家やプロジェクトが注目し始めたためです。

Avalancheは、誰でもDeFi(分散型金融)のアプリケーションや、金融資産取引のサービスを立ち上げることができるオープンなネットワークです。

スマートコントラクトでの資産形成や取引、分散管理を高セキュリティで行うため、立ち上げるプロジェクトも、利用するユーザーも快適な投資・取引が実現します。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上の取引を自動的に実行する機能です。あらかじめルールが定められており、外部から入力されたデータを信号に変えて素早く実行されるプログラムのことです。

2020年にメインネットへ立ち上がったばかりにも関わらず、2022年6月時点では時価総額ランキング16位と上位を誇ります。

AVAXを取引するにはコインチェックなどの国内取引所でビットコインを入手し、海外の取引所に送金する必要があります。

まだ、国内の取引所の口座を保有していないという方はこの機会にコインチェック公式サイトをチェックしておきましょう。

\ 2500円分のBTCもらえる /

Avalanche(アバランチ)の特徴

Avalancheの特徴や機能性をさらに深掘りしましょう。

「何でもできる」という印象があると思いますが、具体的に何ができるのが解説します。

Avalancheの特徴
  • スケーリング性能が優秀
  • Defi市場の拡大をサポート
  • 豊富な通貨とスワップ(通貨交換)が可能
  • 誰でも簡単にNFTを発行できる
  • 分散性がある
  • イーサリアムと互換性がある

スケーリング性能が優秀

Avalancheのスケーリング性能は、ビットコインやイーサリアムをはるかに上回ります。

スケーリングとは、膨大な取引量の増加によって手数料(ガス代)が高くなったり、取引完了までの速度が極端に遅くなったりすることです。

例えば、ビットコインは1秒間に7取引、イーサリアムで15取引程度が処理できるとされていますが、Avalancheはなんと1秒間に4,500を超える取引を処理できます。

ビットコインでは全てのノードが全てのトランザクションを承認するため、ノードの数が増えるほど処理速度が低下するとされていました。

しかし、Avalancheでは全てのノードが全ての取引を承認するのではなく、一部のノードだけが特定のトランザクションを承認することで同時並行的に複数のトランザクションを承認することができます。

さらに、1取引100円未満で済むガス代の安さも好評で、ガス代が莫大にかかるイーサリアムから移動してくるユーザーも多いです。

有名どころの通貨がスケーリング問題に頭を抱えている中、Avalancheはその問題を解決し、多くのユーザーを引き込むことに成功しました。

Defi市場の拡大をサポート

Avalancheのエコシステムを使って多くのプロジェクトがDeFiのプラットフォームを構築しています。

Avalanche Defi
出典:Avalanche公式HP

DeFiとは分散型金融のことで、取引所や銀行といった中央集権的な管理者が存在しない金融仲介アプリです。

管理者がいなくても、エコシステムにより自動的に処理が行われるため、時間に縛られず、誰もが簡単にDeFi上で投資や取引を実行できます。

誰もがAvalancheのエコシステムを使ってDeFiを構築できるため、市場拡大に大きく貢献していることがわかります。

さらに言えば、Avalancheはイーサリアムと互換性がある(後述)ので、イーサリアムのDeFiプロジェクトがAvalancheでも展開することでさらにDeFi市場は拡大します。

豊富な通貨とスワップ(通貨交換)が可能

L1ブロックチェーンのアバランチ(AVAX)では、豊富な通貨とのスワップ(通貨交換)が可能です。

2022年5月現在では、主に以下のような通貨でスワップが可能となっています。

・エイプコイン
・USDT
・USDCなど29種類

また、2022年3月には暗号資産ウォレットであるMetaMaskとの接続もできるようになり、同チェーンでのスワップ機能が利用できるようになりました。

誰でも簡単にNFTを発行できる

Avalancheでは、専用ウォレットを使って誰でもNFTの発行が可能です。

Avalanche NFT
出典:Avalanche公式HP

NFTとは、ブロックチェーン技術を使って絵画やアイテムなどに唯一無二の存在にできるデジタル資産です。

ブロックチェーンは、取引データを複数のコンピューターで管理・共有して安全に保つ仕組みのことで、ブロックチェーン上でNFTを管理すると代替不可能な自分だけの作品になります。

AvalancheでNFTを発行すると、それを別のウォレットに送ることもできるので、他のNFTマーケットプレイスで売買可能です。

NFT発行手数料は、Avalancheの独自トークン「AVAX」で支払います。1つ発行で0.001AVAX(AVAX価格7,000円時で7円)が必要です。

分散性がある

Avalancheは、分散型ネットワークの基盤であるスケーリング・セキュリティ・スピードのすべてを兼ねそろえています。

分散性とは多数のコンピューターで処理を分散させることです。

Avalanche 分散性
出典:Avalanche Medium

例えば、複数のバリデーターで処理結果が異なると正確性に欠けますが、Avalancheでは分散して役割がある何百万のバリデーター存在するので、一つの取引内容を何度も別のバリデーターが繰り返し確認し、正しいと十分に判断できるまで実行します。

上図は、一つの取引(トランザクション)に対して行われている複数の処理のイメージ図です。

10段階以上の確認と処理を経て正しい取引だと確定するので、Avalancheの正確性はかなり高いとされています。

しかも、この一連の処理が超高速で完了するのがAvalancheの大きな魅力です。

イーサリアムと互換性がある

Avalancheは、イーサリアムのEVMと配下にあるツールをすべてサポートしており互換性があります。

EVMとは、イーサリアムバーチャルマシーンのことで、コンピューターへ指示を出す機能です。

開発者が作成したプログラムをEVMで変換し、コンピューターへ伝えるイーサリアム独自の処理実行環境であり、これをAvalancheが実装しています。

つまり、イーサリアム上で稼働するDeFiなどのプロトコルが、Avalanche上でも使えるという仕組みです。

Avalanche イーサリアム
https://zenism.jp/projects/avalanche-ethereum-bridge/2021/07/30/

上図のように、Avalancheのブリッジ機能(ブロックチェーンネットワークの移動・橋渡し)を利用して、イーサリアムからAvalancheに移動できます。

これはAvalancheの大きな強みであり、開発者やユーザーのAvalancheへの移動に繋がるのは目に見えています。

数々のDEXやプロトコルがサポートされており、それらの取引や預入を行うにはまず仮想通貨を入手する必要があります。

国内大手の取引所コインチェックで通貨を入手し、海外取引所を経由してウォレットアプリに移すのがスムーズです。

コインチェックは通貨の取扱い数が多く、安心して使える取引所なのでぜひ利用してください。

\ 2500円分のBTCもらえる /

Avalanche(AVAX)の現在の価格推移

AVAXこれまでの価格動向
引用:Tradingviewの提供チャート

上の画像は、2021年4月から2022年6月までのAVAX/USDTのチャートです。

2020年の間はほとんど値動きがありませんでしたが、2021年に入ると4ドルから60ドル近くまで上昇しました。

これはAvalancheが大手海外取引所に上場したことが価格上昇の理由の一つと考えられます。

その後5月には、ビットコインの大暴落に引きずられるように下落し、しばらく12ドル前後で下向きになっていましたが、8月後半から9月にかけてまた急上昇しています。

この理由は、Avalancheが8月に発表したインセンティブブログラムの影響です。

インセンティブプログラムとは、AvalancheがサポートするDeFiで、流動性マイニングを実行しているユーザーに対して報酬が付与される計画です。

DeFiとは:分散型金融のことで、通貨を預けたり貸し出しすることで報酬を得られる
流動性マイニングとは:DeFiで通貨を預けて流動性を提供することで利息やトークンを得られる

この結果、他のエコシステムで活動するDeFiプロジェクトやユーザーを引き寄せることに成功しました。

Avalancheの戦略通り業界の波が動いているように見えますね。

2021年11月には、仮想通貨全体での盛り上がりから150ドル付近までの高値を付けましたが、2022年に入ってからはステーブルコインの暴落騒動などが影響して下落を決めています。

2022年6月現在は約15ドル付近にまで価格を下げていますが、今後も上昇するポテンシャルは秘めている通貨との期待が高いです。

Avalanche(AVAX)の今後の動向

Avalancheは、2020年9月にメインネットを立ち上げて以降、2021年から着々と価格上昇した経緯もあり、AVAXは期待のトークンです。

今後の動向はさらに上向きに進むのでは、と考えられます。

その理由は以下の通りです。

Avalancheの今後を前向きにさせたポジティブニュース
  • 2021年9月:新アップグレードで取引速度や手数料をさらに改善する
  • 2021年9月:トークンセールで250億円以上の資金調達に成功
  • 2021年11月:大手デロイトがアバランチブロックチェーンを導入
  • 2022年3月:MetaMask接続可能に
  • 2022年4月:アバランチ開発企業が約440億円の資金調達を実施
  • 2022年5月:米ValkyrieがAVAX投資信託をローンチ

海外の大手ベンチャーキャピタル(VC)がAvalancheに注目しており、資金をつぎ込むことでAvalancheの機能性はさらに上がります。

ベンチャーキャピタル(VC)とは、ベンチャー企業に積極的に投資して、将来的にハイリターンを目指す企業のことです。

シンガポールの大手VCの創設者Zhu Su氏は、公式Twitterで以下のように発言しています。

EVM(イーサリアムバーチャルマシーン)を導入したDeFiを大いに盛り上げるに、AVAXは不可欠な存在。Avalancheは革新的・情熱的で最も急速に成長していると考える。

Avalancheが急速に成長しており、大手VCが将来性に期待して投資しているのがわかりますね。

この莫大な資金調達を完了したことで、Avalancheは今後もDeFiのエコシステムやプロジェクト、NFT事業、新規事業などを広く展開していくと考えられます。

海外取引所にてAVAXを取引できるので、まずは国内大手取引所のコインチェックで通貨の準備をしましょう。

\ 2500円分のBTCもらえる /

Avalanche(AVAX)の購入方法

Avalancheの発行トークン「AVAX」は、国内取引所では扱っていません。
※2022年6月17日よりOKCoinJapanのみ扱いを開始しました。

基本的には、国内取引所から海外取引所へ通貨を移動してAVAXを入手する必要があります。

口座開設からAVAX入手までの一連の流れを解説するので、ぜひ参考にしてください。

国内の仮想通貨取引所にアカウント作成をする

初めに国内の仮想通貨取引所でアカウント作成をします。

国内でも大手で通貨数が豊富なコインチェックが最適です。

公式サイトの「口座開設はこちら」から進んで、メールアドレス・パスワードの登録を行います。

入金するためには、事前に本人確認と2段階認証が必要なので済ませておきましょう。

\ 2500円分のBTCもらえる /

開設した取引所でBTCを購入する

コインチェック 購入画面

コインチェックの販売所でBTCを入手します。

BTCの数量を入力して「購入する」をクリックすると、コインチェックのウォレットに入ります。

購入したBTCを海外の取引所に送金する

購入したBTCを海外取引所に送金します。

Avalancheが上場している取引所を選び、入金用アドレスを入手してください。

コインチェックの送金画面で、入手したアドレスを貼り付けてBTCを送りましょう。

送金したBTCでAvalancheを購入する

海外取引所にBTCが着金するのを確認してください。

ウォレットにBTCが入るので、マーケットでBTCを使ってAVAXを入手します。

AVAX/BTCで取引すればOKです。

これでAvalancheのトークンであるAVAXを入手できます。

コインチェックで口座を保有しておけば、いつでも通貨を取引して送金も可能です。

テレビCMをよく見るほどの大手取引所であるコインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 2500円分のBTCもらえる /

Avalancheに関するQ&A

最後に、Avalancheに関してよくある疑問を2つ紹介します。

Avalancheで取引や投資をするときの手数料と、国内取引所への上場予定についてです。

簡潔に答えるのでぜひ目を通してください。

Avalancheを利用するときの各種手数料は?

イーサリアムからのブリッジ手数料20ドル未満:5%
20ドル以上:1ドル
送金などの各種取引手数料0.001~0.01AVAX
出典:Avalanche公式FAQより

Avalancheの利用で発生する手数料を簡単に表にまとめています。

イーサリアムネットワークからAvalancheネットワークへのブリッジでも、最高1ドルの手数料で完了するのが分かりますね。

送金やNFT作成などでも手数料が発生しますが、100円に満たない少額で済むのでお得です。

国内の仮想通貨取引所へ上場予定は?

AvalancheのホームページやTwitterなどを確認しても、国内の仮想通貨取引所への上場予定はありませんでした。

2022年6月には、日本で初めてOKCoinJapanが取り扱いを開始しています。

しかし、大手国内取引所ではまだ扱っておらず、日本での知名度は低いままと言えるでしょう。

取引所への上場は突然来る場合が多いので、あらかじめ把握するのは難しいです。

海外の取引所には上場しているので、入手するには国内取引所から送金してAVAXに変えましょう。

国内取引所なら、通貨の取扱い数が多く、日本人向けに使いやすい仕様になっているコインチェックが最適です。

\ 2500円分のBTCもらえる /

Avalancheの今後の予想まとめ

この記事では、Avalanche(AVAX)の特徴や購入方法、価格動向について解説しました。

Avalancheの目的や便利さ、豊富な資金力、ユーザーやプロジェクトへの還元に力を入れていることが分かったと思います。

Avalancheの概要について、重要ポイントを5つにまとめて振り返りましょう。

この記事のまとめ
  • Avalancheはイーサリアムと互換性がありブリッジすることでほぼ同じ機能が使える
  • DeFi市場のプロジェクト・ユーザーをサポートすることに注力している
  • 分散性があり取引情報を複数で確認するので正確性・信頼性が高い
  • ベンチャーキャピタルが注目して積極的に出資している期待のプロジェクト
  • AVAXを入手するならコインチェックを利用するとスムーズ

Avalancheはメインネットを立ち上げて1年足らずで16倍以上にも価格上昇をしたポテンシャルがあります。

最高峰の機能性を整備しており、莫大な資金調達を経てさらに成長すると考えられている期待の通貨です。

ただし、仮想通貨の業界では価格暴落やハッカーによる攻撃などのリスクが常にあることを覚えておきましょう。

まず初めに、国内の安全な取引所であるコインチェックを利用して、トレードに慣れておくと安心です。

\ 2500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる