【必見】注目のメタバース銘柄XANAとは?特徴や購入方法、今後の見通しについて解説!

ウルトラマンとコラボしてNFTが販売されたと話題の、XANAというメタバースプロジェクトはご存じでしょうか。

XANAは遊んで稼げるPlay to Eranシステムと、作って稼げるCreate to Earnシステムの両方を兼ね備えています。

そんな、XANAについてもっと詳しく知りたいという方は多いと思います。

今回の記事では「XANAの特徴」「XANAの今後の見通し」「XANAの発行するトークンの購入方法」について解説しています。

この記事の要点
  • XANAは多国籍IT企業で有名なNOBORDER.zが開発しているメタバースプロジェクト
  • NFTDUELというカードゲーム式のNFTゲームで遊ぶことができる
  • XANALIAという独自のNFTマーケットプレイスを持っている
  • ウルトラマンや鉄腕アトムとコラボしたNFTが販売されている
  • XANAのトークンはまだ発行されていないので購入できない。
  • メタバース系銘柄はDMM Bitcoinでも入手できる

2022年11月現在、XANAのトークンであるXETAは国内取引所で入手できません

海外取引所経由であればDMM Bitcoinなどの国内取引所で送金用の通貨を保有することが可能ですので下のボタンをクリックして公式HPをチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/2/1まで)

また、XANAに関してはビッコレTVで非常にわかりやすく解説されていますので、「XANAに関して動画でサクッと学んでみたい…!」という方はぜひチェックしみてください。

目次

XANAとは?

XANA
引用:XANA公式HP

XANAとは、多国籍IT企業で有名なNOBORDER.z(ノーボーダーズ)が開発しているメタバースプロジェクトです。

XANAは、人類のメタバースへの移行のために2019年からプロジェクトが開始されました。

リアリティを目指したメタバース空間であり、ポリゴン的なデザインのディセントラランドサンドボックスとは、また違ったメタバースとなっています。

そして、XANAの非常に注目な点はマルチデバイスに対応していることです。

PCだけでなくスマホやVRに対応しており、PC環境がなくてもメタバース空間に入ることができます。

XANAはSNSのあり方を変える可能性のあるプロジェクトとなっています。

XANAの特徴

ここでは、XANAの特徴を紹介していきます。

XANAの特徴は、全部で5つあります。

XANAの5つの特徴
  • NFTDUELができる
  • 有名なサポーターが多い
  • 公式サイトが日本語に対応している
  • Create to Earnを採用している
  • マルチデバイスに対応

NFTDUELができる

XANAのメタバースプロジェクトでは、NFTDUELで遊べます。

NFTDUELとは、XANAのメタバース空間でできるカードゲームのことです。

使用するカードは、XANAのNFTマーケットプレイスであるXANALIAから購入できます。

現在、NFTDUELの詳細はまだわかっていません。

しかし、2021年11月12日にNFTDUELの動画がXANAの公式YouTubeチャンネルから公開されています。

XANA公式HPのロードマップに記載されている情報によると、2022年第二四半期にNFTDUELのアルファローンチがあるようです。

有名なサポーターが多い

XANAのサポーター一覧
引用:XANA公式HP

XANAには有名なサポーターがたくさんついています。

例えば、鉄腕アトムで有名な「手塚プロダクション」や、Netflixでアニメ化されて有名になったULUTRAMANの「ヒーローズ」がサポーターにいます。

「手塚プロダクション」「ヒーローズ」がサポーターについていることで、鉄腕アトムやULUTRAMANがNFTカードとして販売することが決定しています。

それに加えて、そのNFTカードはNFTDUELに使用できるようです。

すでに、XANAのNFTマーケットプレイスであるXANALIAで「ULUTRAMAN」のNFTカードが販売されています。

「ULUTRAMAN」のNFTカードは0.08ETHで200個限定で販売が決定しています。

しかし、2022年11月現在は「ULUTRAMAN」のNFTカードの販売を終了しています。

そのため、「ULUTRAMAN」のNFTカードを購入するには、XANALIAで保有者から譲り受けるしかありません。

XANALIAでNFTを入手する場合は仮想通貨が基本となります。

DMM Bitcoinでは日本円を仮想通貨に簡単に変えることができ、ブロックチェーン上に入金する手段として多くの人が選択しています。

下記のボタンから一度覗いてみるのも良いでしょう。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/2/1まで)

公式サイトが日本語に対応している

XANAの公式HPは日本語に対応しています。

既存のメターバースプロジェクトの公式HPは、ほとんどが英語表記です。

公式HPが英語表記だと英語の習慣があまりない日本人は、メタバースの情報を得ることが困難でした。

しかし、XANAの公式HPは日本語に対応しているので、日本人でも簡単に情報を得ることができます。

日本人が情報を得られることで、日本でも人気のメタバースプロジェクトになる可能性もあります。

Create to Earnを採用している

XANAのCreate to Earn一例
引用:XANA公式HP

XANAはPlay to Eranはもちろん、Create to Earnも採用しています。

XANAはゲーム内で遊びながら仮想通貨を稼ぎ、ゲーム内でNFTを作成して仮想通貨を稼ぐことが可能です。

実際にXANAの公式HPには、デザイナーの稼ぎ方やアーティストの稼ぎ方の一例が載っています。

そのため、XANAが普及した場合、デザイナーやアーティストは稼ぐ方法が根本的に変わってくるのではないでしょうか。

今後、Play to EranからCreate to Earnが主流になっていくと言われており、XANAはCreate to Earnの先駆けでもあります。

「Play to eran」と「Create to Earn」とは

Play to eranとはNFTゲームをプレイして仮想通貨を手に入れることです。

有名なNFTゲームで言うと、アクシーインフィニティクリプトスペルズを挙げることができます。

ゲームで勝った報酬や手に入れたアイテムを売却して、報酬を得ることが可能です。

Create to Earnとは、メタバース内で自分が作ったものを売って仮想通貨を手に入れることです。

メタバース内でデザインした服や作成したゲームを、NFTとして売却して仮想通貨を稼ぐことができます。

マルチデバイスに対応予定

XANAのマルチデバイス比較表
引用:XANA公式HP

前述しましたが、XANAはマルチデバイスに対応予定です。

PCだけでなく、スマホやVRからもメタバース空間に入ることができます。

既存の人気メタバースである、ディセントラランドサンドボックスはPCからでしかメタバース空間に入ることはできません。

XANAの公式HPのロードマップの情報によると、「2022年第一四半期にモバイル版」、「2022年第二四半期にデスクトップ版」「2022年第三四半期にVR版」のメタバースアルファローンチが行われます。

ロードマップどおりにいけば、2022年中にマルチデバイスに対応する予定です。

NFTマーケットプレイスXANALIA

XANALIAの公式HP
引用:XANALIA

XANAには、XANALIAというNFTマーケットプレイスが既にローンチ済みです。

XANALIAで販売されているNFTはXANAのメタバース上で使用することが可能とされています。

過去にXANALIAは、世界取引高ランキング8位を獲っています。

そして、日本でも期待のNFTマーケットプレイス第1位を獲得しており、日本でも非常に注目されているNFTマーケットプレイスです。

なぜこんなにもXANALIAが注目されているのかと言うと、有名な著名IPとコラボしているからと考えられます。

前述しましたが、「鉄腕アトム」や「ウルトラマン」、ヒーローズの「ニワトリファイター」などとコラボしています。

今後も、 XANAの著名IPとのコラボレーションが楽しみでもあります。

XANALIAの利用にはLINE BITMAXが最適

XANALIAの利用をするには、まず元手となる仮想通貨を用意する必要があります。

XANALIA内のNFTは、USDCやBNBなどの通貨が必要となってきますが、いずれにせよそれらの通貨は国内取引所で扱っていません。

海外取引所経由で入手する必要がありますが、その際にはLINE BITMAX(ライン ビットマックス)を利用すると良いでしょう。

LINE BITMAX

LINE-BITMAX-公式サイト-1024x532-2
名称LINE BITMAX(ライン ビットマックス)
取り扱い通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リンク(LN)
取引手数料無料
送金手数料110円
最大レバレッジ最大2倍(売りのみ)
レンディング最大利率8%(業界最高水準)
独自仮想通貨リンク(LN)
日本語サポート有り
詳細LINE BITMAXの公式サイト

LINE BITMAXは、メッセージアプリ「LINE」のグループ運営会社LINE Xenesis株式会社がサービス運営を行っている仮想通貨取引所です。

LINEの独自通貨LINKを国内で扱っているのはLINE BITMAXだけのため、LINKを入手したいユーザーには最適です。

ただし、1円からの少額で始められる点や、レバレッジ取引(売りのみ)ができる点、貸暗号資産での最大年率は8%など豊富なメリットがある取引所です。

スマホから簡単操作で仮想通貨取引が行えるので、気になる方はLINE BITMAXの公式サイトをチェックしてみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

メタバース関連銘柄の入手方法

XANA公式HPの見出し画像
引用:XANA公式HP

XANAで使用できるXETAというトークンは発行されておらず、MakerDaoのセールで入手する必要があります。

ただ、MakerDaoのセールで入手するのは難しいので、あまりおすすめはできません。

XANAのトークンを購入を考えているのなら、XETAが取引所に上場するのを待って購入する方が現実的です。

ただし、取引所に上場するまでには時間がかかるので、待っているだけでは時間が勿体ないです。

なので、XANAが上場するまでに他のメタバース銘柄を購入して、メタバースに慣れておくことが重要です。

メタバース銘柄であるエンジンコインであれば、国内取引所から簡単に入手できます。

エンジンコインの入手方法は以下の通りです。

国内取引所でエンジンコインを買う手順
  • 手順1 国内取引所のアカウント作成をする
  • 手順2 作成した口座に日本円を入金する
  • 手順3 エンジンコインを入手する

以上の3ステップでメタバース銘柄であるエンジンコインを入手可能です。

エンジンコインを入手するには、まずDMM Bitcoinなどの国内取引所のアカウント作成をする必要があります。

メタバース銘柄に興味のある方は、DMM Bitcoin公式HPをチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/2/1まで)

XANAの今後の見通し

XANAはまだXETAを発行していないので、どのような価格推移をするかわかりません。

なので、ここではXETAが発行された後に注意するべき点についてまとめています。

XANAの注意するべき点は以下の3つです。

XANAの今後の見通し
  • ウルトラマンNFTなどの有名IPとの協力
  • 開発が予定通り行われるか
  • 世界情勢の方向

ウルトラマンNFTなどの有名IPとの協力

XANAが非常に注目されている大きな理由は、有名IPとの協力関係にあります。

XANAは有名IPとの協力関係は非常に良く、ウルトラマンNFTや鉄腕アトムNFTなどを発行しています。

しかし、この有名IPとの協力関係がなくなってしまう、または悪化してしまった場合、XANA価格にダメージを与える可能性があります。

引き続き、XANAと有名IPの協力関係には注意が必要です。

開発が予定通り行われるか

XANAのロードマップ
引用:XANA公式HP

XANAの公式サイトにロードマップという名目で、今後の開発予定が記載されています。

このロードマップ通りに開発が進まないと、XANAの信頼が下がってしまい価格も下がる可能性があります。

2022年7月時点では、ロードマップ通りに開発が進んでいるので問題はありません。

どんなにうまくいっているように見えても開発はどうなるかわからないので注意しましょう。

世界情勢の方向

遠くの戦争は買い、近くの戦争は売り」これは株式投資の格言です。

もし、ロシアとウクライナの戦争が長引くと、世界の株価は下落し続ける可能性があります。

そうなると、投資家は頃合いを見て、下落している銘柄に投資します。

その時に、アルトコインへ投資している資金を換金し、株式投資へ移すかもしれません。

そうなると、アルトコインから資金が抜け、XANAの価格も下落してします。

なので、戦争の行方にも気を付けた方が良いでしょう。

XANAのまとめ

今回の記事では、XANAの特徴や今後の見通しについてまとめました。

今後、XANAはどんな有名IPとコラボしていくのか非常に興味深いです。

最後にXANAのまとめをして終わります。

この記事のまとめ
  • サポーターに「手塚プロダクション」や「ヒーローズ」がいる
  • 詳細は公開されていないが、NFTDUELというNFTカードゲームができる
  • ゲームをして稼げるだけでなく、ゲーム内でNFTを作成して稼ぐこともできる
  • 戦争が長引けばXANAの価格に影響を与える可能性がある
  • XETAが発行されるまで、他のメタバース銘柄でメタバースに慣れておく必要がある

XANAのメタバース内で使用できるXETAトークンはまだ発行されておらず、XETAを入手することはできません。

入手するには、XETAが発行されて取引所に上場するまで待つ必要があります。

ただ、XETAが発行するまで待っているのでは、時間の無駄になります。

そのため、XETAではない他のメタバース銘柄を購入して慣れておけば、XETAを入手する際に困りません。

メタバース関連のアルトコインで有名なのがエンジンコインです。

エンジンコインであれば、DMM Bitcoinなどの国内取引所でも簡単に取引できます。

興味のある方は一度、DMM Bitcoin公式HPをチェックしてみてはいかがでしょうか。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/2/1まで)

目次
閉じる