柴犬コイン(SHIBA INU/SHIB)とは?価格動向や今後の予想・将来性を解説!

当サイトの運営ポリシー
コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。なお、InvestNaviでは、金融庁HPを参照し、金融庁の暗号資産交換業者登録一覧を紹介しております。また、ページにはプロモーションが含まれているものがあります。
監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

今回はDogecoin(DOGE)のミーム通貨であるSHIBA INU (SHIB)について説明していきます。

柴犬のマークが特徴のSHIBA INU (SHIB)は2021年の5月に価格が一気に300%上昇したことで話題になりました。

さらに、2021年10月28日にも価格が高騰し、2021年9月の価格と比較して約1,100%ほど上昇したことで大注目されました。

その後、価格は大きく下落をしましたが、現在は再び価格上昇の傾向を見せており今後の動向から目が離せません。

また、ライバルであるDogeCoin同様にIT企業テスラのCEOであるイーロンマスク氏の発言が価格に影響することも有名です。

2024年2月現在の価格は以下の通りです。

今回はそんなSHIBA INUについて特徴や価格動向、これからの見通しなど詳しく解説していきたいと思います。

SHIBA INUへの取引を考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事の概要
  • 2024年2月現在は安値圏からの反発中
  • SHIBA INU (SHIB)はDogeコインのミーム通貨であり、匿名開発者のRyoshiによって作られた
  • 2020年8月のリリース以降は大手仮想通貨取引所への上場やイーロンマスク氏の発言に影響されて最高3000倍にも上昇している
  • 今後は仮想通貨取引所への上場や著名人の発言、イーサリアムのフリッピングなどによって価格が上昇する可能性がある

SHIBA INU(SHIB)は、2023年12月20日よりDMM Bitcoinでの取り扱いがスタートしました。

DMM Bitcoinでは、現在新規口座開設で1,000円が貰えるキャンペーンを実施しているので、お得に取引可能です。

DMM-Bitcoinキャンペーン

まだ口座をお持ちでないという方はぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

目次

【リアルタイム価格】柴犬コイン(SHIBA INU/SHIB)の現在の値動き

現在のSHIBA INU(SHIB)のリアルタイムの価格は下記の通りです。

2021年には、5月に海外大手仮想通貨取引所のバイナンスへ上場したことで大きく価格上昇を見せ、2021年10月には仮想通貨全体での上昇に連動して最高値を更新します。

一時的な上昇であり、その後は反発して安値圏を推移していました。

直近では2023年8月に独自L2ソリューション「シバリウム(Shibarium)」をリリースしたことで高騰を見せます。

しかし、リリース直後にネットワークへ繋がらない状態が続き、立ち上げ失敗となったことですぐに急落。

約1週間ほどで再開しますが、リリース直後のような価格上昇には至らず、2023年10月まで再度安値圏を停滞しました。

2023年10月後半から2024年2月現在にかけては徐々に上昇していますが、これはBTC現物ETF承認による、仮想通貨市場全体での上昇が影響しています。

しかし、2023年10月~現在までの上昇率は、BTCで約90%ほどあるのに対してSHIBで約30%と低いため、まだ安値圏での停滞が続いているとも言えるでしょう。

仮想通貨の柴犬コイン(SHIB)とは?

通貨(トークン)名SHIBA INU(SHIB)
シンボルSHIB
価格(2024年2月現在)1SHIB=¥0.00149
時価総額(2024年2月現在)¥867,133,020,814
市場ランキング(2024年2月現在)17位
取り扱い取引所DMM Bitcoin
SBI VCトレード
BitTrade
公式サイトhttps://shibatoken.com/
2024年2月16日現在の値

SHIBA INU(SHIB)は2020年8月にリリースされた仮想通貨です。

Dogeコインに対抗する通貨として作られたため、モチーフなど似た特徴を持っています。

2020年にリリースされたのち、Binance(バイナンス)やHuobi(フォビ)、OKEx(オーケーエクスチェンジ)など大規模な取引所に上場し、価格が急上昇し、一時は数ヶ月で1000倍にもなるほどでした。

SHIBA INU(SHIB)はERC-20でイーサリアムブロックチェーンで構築されているため、イーサリアムと親和性が高く、NFTプロジェクトやDEXなどの展開も期待されています。

国内取引所でSHIBの保有は大手仮想通貨取引所のDMM Bitcoinで可能です。

ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

MBA/経営学修士 湯川 国俊
柴犬コインは「ミームコイン」の1つです。その特徴として1つ目は「取引スピードの速さ」そしてもう1つは「発行上限が無いこと」があります。これは利便性はあるものの、通貨としての価値は上がりにくいというデメリットが考えられます。しかしこれまでも様々なカタリスト(きっかけになる事象)が起こると価格が暴騰する可能性があり、億り人を輩出しているのも確かです。

柴犬コイン(SHIB)の特徴

SHIBA INU(SHIB)はドージコインのミーム通貨として誕生し、さまざまなプロジェクトを積極的に実施しています。

ここでは、SHIBA INU(SHIB)の特徴を詳しく解説していきます。

ドージコインのミーム通貨

SHIBA INU(SHIB)はドージコインのミーム通貨です。

ドージのミーム通貨

「ミーム」(meme)とは人から人へ複製・派生していくアイディアや文化のことを意味しており、一般的に”ネタ”という意味合いで使われることが多い言葉です。

ミーム通貨は仮想通貨においての”ネタ通貨”という意味合いで使用されています。

暗号通貨の特性をからかうようなものや、問題点を提示するようなものなど様々ですがサブカルチャー的な要素を表す”ミーム”と社会への問題提起を起点に生まれた仮想通貨とは親和性が高いといえるでしょう。

ドージコインは柴犬から着想を得て発行されたミームコインですが、SHIBA INU(SHIB)は自称「ドージコインキラー」、仮想通貨として開発された、ドージコインと対となるコインです。

また、Akita Inuというミームコインも2021年10月下旬に急激な価格上昇を経験し、注目を集めています。

Ryoshiという名で匿名で作成された

SHIBA INU(SHIB)の開発者はLEASH等も作成した匿名の人物で、通称Ryoshiという名前で呼ばれています。

2021年5月29日にRyoshiはRyoshi Researchに「IAMRYOSHI」というタイトルのブログ投稿を公開し、以下のように語っています。

”私は最初から言っていますが、私は誰でもなく、重要な人物でもありません。たとえ成功したとしても、私の「アイデンティティ」を明らかにする努力は面白くないでしょう。私はキーボードをタップしても何の影響も及ぼさない代替可能な人物、Ryoshiです。”

引用:Ryoshi Researchから該当箇所を翻訳

SHIB・LEASH・BONEの3つのトークンがある

SHIBA INU (SHIB)にはSHIB、LEASH、BONEの3つのトークンが存在します。

メインとなる仮想通貨はSHIBで、イーサリアム取引所での支払いや主要取引所での利用が可能です。

また、DEXに預けておくことでBONEを報酬として得ることができます。

LEASHはブロックチェーン上のDogecoinの価格をヘッジするためのリベーストークンとして発表されましたが、発行後はリベーストークンとして利用されないこととなりました。

また、LEASHはSHIBよりも発行枚数が少なく、価値が高いと考えられています。

BONEはガバナンストークンであり、所有数に応じてプロジェクトの方向性や問題点に関する投票権が付与されます。

さらに、SHIBA INU (SHIB)の運営陣によるとBONEは将来の何らかのプロジェクトに使用されることが予定されているようです。

ShibaswapというDEX(分散型取引所)がある

SHIBA INU (SHIB)はShibaswapというDEX(分散型取引所)を21年7月6日にリリースしました。

Shibaswapは、Etheumメインネット上で稼働しています。

Shibaswapでは、SHIB、LEASH、BONEなど、SHIBA INU (SHIB)ゆかりの仮想通貨が取り扱われています。

ユーザーは仮想通貨の交換(SWAP)や、仮想通貨の預け入れによる報酬の取得(Staking)を利用することが出来ます。

なお、仮想通貨の交換はERC20企画の仮想通貨が対象になりますので気を付けましょう。

Wen swap…. #ShibaSwap is now live!

引用元:Twitter

Vitalik Buterin によってSHIBA INU (SHIB)を使用した寄付が行われた

SHIBA INU (SHIB)の創設者のRyoshiはSHIBA INU (SHIB)を発行してすぐにUniswapという仮想通貨取引所に50%をロックしました。

そして、残り50%Ethereumの創業者であるVitalik Buterin氏に焼き付けました。

つまり、ButerinにSHIBA INU (SHIB)の50%の所有権を譲渡したことになります。

Buterinはこれを受けてインドのCOVID-19の救済に10%分を寄付し、そして残りの40%を安定性確保のために”Dead Wallet”(所有者が無くなるなどで使えなくなったウォレット)に保管しています。

SHIBA INUは2023年12月より国内取引所のDMM Bitcoinにて上場しました。。

SHIBA INUコインに興味がある方は、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

柴犬コイン(SHIB)の価格動向

引用:TradingViewの提供チャート

2021年9月17日には、SHIBA INU (SHIB)の価格は急上昇を見せました。

その要因としてCoinbaseがSHIBA INU (SHIB)のSHIBをCoinbaseに再上場したことが挙げられます。

SHIBA INU (SHIB)は6月に一度Coinbaseに上場していますが技術的な問題で上場が一次停止となっていました。

しかし問題が解決し、再度上場することになりました。

同年9月9日にCoinbaseへの再上場が発表され、9月17日に上場が再開されましたが、価格はそれぞれ20%、30%程度上昇しました。

上場が再開されることで、「SHIBA INU (SHIB)の取引が実施されて需要が増加したこと、そして取引量が増加することで市場が活発になると考えた人々の需要により、価格が一気に上昇した」考えられています。

また、その10月に入りSHIBA INU(SHIB)は2度の急な価格上昇を経験しています。

その結果、2021年9月の価格と比較して約1,100%ほどまで急騰したことで大注目されました。

2022年からのSHIB価格動向

急騰後は力がなく、2021年11月以降は仮想通貨市場全体での下落と連動して、SHIBA INUも大きな下落を見せました。

2023年8月には新たに立ち上がったブロックチェーンプラットフォームであるシバリウムの稼働と、稼動開始すぐの立ち上げ失敗が影響し、上昇・下落を繰り返すことになります。

結果、2021年時の上昇から見ると、目立った上昇トレンドは一度も発生していません。

2024年2月現在:仮想通貨市場全体の上昇に連動

2024年直近のSHIB価格動向
引用:TradingViewの提供チャート

長期チャートで見ると安値圏で停滞しているSHIBですが、直近では上昇トレンドの過程にいることが分かります。

2023年10月後半から現在にかけて大きく上昇中です。

この上昇はビットコインの現物ETF承認期待による連動した上昇です。

SHIB単体での上昇ではないので、今後は市場全体の動向に注視する必要がありますが、SHIB独自でのポジティブニュースがあれば転換となる可能性も充分あり得ます。

SHIBA INU(SHIB)は、現在でこそ価格上昇しているもののいつその兆候が変わるかわかりません。

SHIBA INU(SHIB)に取引してみたいという方は、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

柴犬コイン(SHIB)のこれまでの価格推移

それでは、SHIBA INU(SHIB)は過去どのような動きになっていたのでしょうか。

引用元:TrandingViewの提供チャート

2020年のリリース当初は価格は0.000003ドル程度でしばらく推移していました。

しかし、2021年5月以降バイナンス(Binance)やオーケーエックス(OKEx)などの大規模取引所に上場されることで仮想通貨ファンの人気を一気に集め、暴騰しました

同年5月11日の価格が暴騰のピークでOKEX上場直前と比較して価格は2日間で約1000%上昇しています。

その後6月にもCoinbaseに上場するというイベントがあるなどでしばらく価格の上下幅が存在しましたが、Coinbaseの上場が技術的な問題で停止したこともありしばらく価格は低調に推移していました。

このように、SHIBA INU (SHIB)の価格は取引所に上場され、より多くの人がSHIBA INU (SHIB)を購入することができるようになることで重要が高まり、価格が上昇するという傾向にあるといえます。

国内取引所での上場も続々と決定しており、2023年12月にはDMM Bitcoinでの上場しています。

SHIBA INU(SHIB)の取引をしてみたいと考えている方は、まずDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

MBA/経営学修士 湯川 国俊
柴犬コインはボラティリティの大きさを利用したモメンタム投資が活用できそうです。例えば逆張りで狙うのであれば、下落要因をきっかけに価格が急落したあと、レンジ相場になる時を待ちます。そこからは相場動向を細かくチェックし大幅な上昇要因になりそうなきっかけが確認できれば少額投資するのです。そしてさらに上昇基調を確かめながら投資額を増やしていけば良いと思います。

柴犬コイン(SHIB)の今後の見通しや予想

SHIBA INU (SHIB)は今後どのような価格の動きとなるのでしょうか。SHIBA INU (SHIB)の今後の価格には次の要素が影響することが予想されています。

SHIBA INU (SHIB)の今後の価格の影響要因
  • Shibariumの普及や開発状況
  • イーロンマスク氏の「柴犬」にまつわる発言
  • 取引所への上場
  • フリップニング効果

Shibariumの普及や開発状況

今後のSHIBは、Shibariumの普及や開発状況次第で価格変動が起こる見通しです。

Shibarium
柴犬コインのエコシステムを拡張するための新しいブロックチェーンプラットフォーム。取引速度やセキュリティ向上が目的とされている。

Shibariumは2023年8月に立ち上げが行われており、同時期にはSHIBも急上昇しました。

しかし、立ち上げ直後にソフトウェアのバグが浮き彫りとなり、大きく価格を落としたのです。

現在は再稼働されており、立ち上げ後1週間ほどですでにウォレットが60万を突破するなど大きな話題となっています。

Shibariumではメタバース空間の構築やステーブルコインといった新たなプロジェクトも進捗中ということで、2023年後半から2024年にかけては、開発状況や普及次第でSHIBの価格に大きな影響を与えるでしょう。

テスラ社CEOのイーロン・マスク氏の発言により価格上昇

2021年の3月15日、IT企業テスラのCEOのイーロンマスク氏がTwitterの公式アカウントで次のような発言をしました。

I’m getting a Shiba Inu #resistanceisfutile

引用元:Twitter

イーロンマスク氏は「I’m getting a Shiba Inu(柴犬を買う)」という発言をし、この発言に影響されてDogeコインは価格が最高値の0.08ドルにまで上昇しました。

一方でSHIBA INU (SHIB)の価格も大きく上昇し、300%近く上昇しました。

その後も、イーロンマスク氏が柴犬にまつわる発言をするたびにSHIBA INU (SHIB)の市場が反応し、価格が高騰しました。

6月に「My Shiba Inu will be named Floki(柴犬に”Floki”と言う名前をつける)」と発言した時はSHIBA INU (SHIB)は17%上昇しています。

My Shiba Inu will be named Floki

引用元:Twitter

その後、前述の通り、9月13日に柴犬の写真をTwitterにアップし、「Floki has arrived(柴犬の”Floki”がイーロンマスクの元に到着した」と発言しています。

このツイートの後も、価格は4.8%上昇しています。

Floki has arrived

引用元:Twitter

イーロンマスク氏のツイートにSHIBA INU (SHIB)が大きく反応するのはツイートからイーロンマスク氏がSHIBA INU (SHIB)を購入したり、自身のビジネスと提携する可能性があると考える人がいるためです。

イーロンマスク氏がSHIBA INU (SHIB)を購入したり、自分の企業のビジネスに使用することで、SHIBA INU (SHIB)の価格が長期的に上昇する可能性があると言えるでしょう。

また、ITテック企業の彼が購入すると言うことはSHIBA INU (SHIB)の技術やコンセプトが信用に値するものであると捉える人が多いと言うことも挙げられます。

仮想通貨にはこのように著名な企業家や投資家などの発言によって、将来性を見込まれ、価格が大きく変化することは少なくありません。

しかし、2021年10月25日にはそのイーロン・マスク氏がSHIBをどれくらい持っているのかという質問に対し、「(シバイヌは)一つもない」と発言し、約15%の下落を経験しました。

仮想通貨取引所に上場する

前述のとおり、SHIBA INU (SHIB)の価格はBinanceやCoinbaseなど、取引所に上場することで大きく上昇しています。

取引所に上場した場合、上場した取引所が大規模であるほど取引量が増え、価格が上昇することが予想されています。

また、市場の需要が上昇することでSHIBA INU (SHIB)のPJTの成功率が高まることも考えられるでしょう。

加えて、特にミームコインであるSHIBA INU (SHIB)はファンコミュニティが存在するために、より取引にアクセスしやすくなったファンがより多くのSHIBA INU (SHIB)を購入することもあります。

「今後どの仮想通貨取引所に上場するのか、どのように市場に広がっていくのか」という点も価格を左右する大きな一員といえるでしょう。

イーサリアムのフリップニング効果の影響

イーサリアムの「フリップニング」とはイーサリアムの価格がビットコインの価格を上回るという市場価格の逆転現象を意味します。

イーサリアムのプラットフォームを利用して運用されるNFTやDeFiの需要の高まりやビットコインよりも安定性が高く、汎用性も高いということを理由にイーサリアムの人気は高まっています。

また、イーサリアムは承認プロトコルの大きな変更が行われるアップグレードを近々予定しており、アップグレードによってさらに価格が上昇することも期待されています。

この「フリッピング」が実際に起こった場合、ビットコインの保有者は新たに別の投資先を探す可能性があります。

その場合、次のDoge Coinとして人気が高まっているSHIBA INU (SHIB)に注目が集まる可能性もあり得ると言えるでしょう。

実際にMarket Realistによると、柴犬は5年間で約0.000061ドルに達する可能性があるとの予測もあります。

SHIBは、国内取引所のDMM Bitcoinにて2023年12月より上場しました。

現物取引だけではなく、レバレッジ取引にも対応予定となっているので、大きな利益を上げたい方や下落局面でもエントリーしたい方にも最適です。

まずは国内最大級の取引所であるDMM Bitcoinをチェックしてみてください。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

MBA/経営学修士 湯川 国俊
柴犬コインの価値が上昇する可能性としてイーサリアムの価格動向は無視できません。そしてイーサリアムはすでに大手企業による採用が始まっています。また海外ではイーサリアムのETF(上場投資信託)が作られているのです。これは資金力がある機関投資家や大企業がイーサリアムに投資する可能性があり、柴犬コインもその影響を受け価格が上下することは十分考えられます。

柴犬コイン(SHIB)の短期テクニカル分析

今後1ヶ月~3ヶ月程度の短期的な柴犬コインの価格について拝見させていただきます。次のチャートをご覧ください。チャートは2023年1月1日から2024年2月までのSHIB/USDTの日足チャートとなります。

柴犬コイン(SHIB)の短期テクニカル分析
(出典:TradingView)

日足レベルの時間軸で柴犬コインの価格推移を拝見すると、価格が上下に大きく動いていることがお分かりいただけるかと思います。

2023年2月4日に高値となる0.00001575ドルをつけた後、高値を更新できないまま下降トレンドが続いていました。7月に入るとその流れが変わり、価格はレジスタンスとされる下降トレンドラインを突破し、日足レベルの時間軸において下降トレンドが終了しました。

現在は上昇継続のために押し目を形成中ですが、上昇継続のためには11月21日につけた直近安値0.00000779ドルを下抜けることなく、押し目を形成することが条件となります。

押し目が形成された場合、直近高値の0.00001071ドルから0.00001136ドル付近が、当面の上値目処となります。今後はこれらの点に注目しつつ価格推移をチェックすると良いでしょう。

柴犬コイン(SHIB)の長期テクニカル分析

次に、柴犬コイン相場の長期的な価格推移を把握するために、柴犬コインの価格推移をSHIB/USDチャートで確認しましょう。次のチャートは、2021年5月から2024年2月までの週足の値動きを示したものです。

SHIB長期テクニカル動向
(出典:TradingView)

2021年5月から2024年1月までの柴犬コインの値動きを拝見すると、2021年9月に安値となる0.00000505ドル(水平線下部)をつけた後、2021年10月に0.00008872ドルまで価格が急上昇しています。高値をつけた後、売りの勢いが強まり、現在は安値付近でレンジ相場を形成しているようです。

現状はレンジ相場が続いており、当面は上下の水平線の範囲内で価格が推移すると想定されます。今後、上方向にトレンド転換するためには、上部水平線を週足のローソク足実体で明確に上に抜けることが最低条件となると見られています。

また、下方向にトレンド転換するためには、下部水平線を週足のローソク足実体で明確に下に抜けることが最低条件となるのではないでしょうか。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

柴犬コイン(SHIB)を取引する方法

SHIBA INU (SHIB)は一部国内取引所で扱っています。

中でも、DMM Bitcoinは、現物・レバレッジの両方に対応しているので、取引の幅を広げたい方に向いていると言えるでしょう。

DMM Bitcoinを経由して、SHIBA INU (SHIB)を入手する方法を見ていきましょう。

SHIBA INU (SHIB)の購入手順
  1. DMM Bitcoinの口座を作成する
  2. SHIB INU購入用の資金を入金する
  3. 数量を入力してSHIB INUの購入をする

それでは、それぞれの手順について詳しく解説していきます。

DMM Bitcoinで口座を開設する

まずは、DMM Bitcoinで口座を開設しましょう。

DMM Bitcoinのサイトを開くことができたら「無料で口座開設」を選択しましょう。

メールアドレスの入力を行い、到着したメールの中に記載されているURLを選択します。

DMMBitcoinの口座開設の手順

その後基本情報を入力していきます。

DMMBitcoinの基本情報

全て入力が完了したら確認画面に進みましょう。

本人確認書類の提出方法は以下の2つです。

スマホでスピード本人確認
本人確認書類をアップロード

本人確認書類の提出が完了したら、口座開設は完了です。

スマホからのスピード本人確認を利用すると当日から仮想通貨(暗号資産)取引を始めることができます。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

SHIB INU購入用の資金を入金する

DMM Bitconの口座が作成できたら、SHIB INU購入用の資金を入金します。

DMM Bitcoinでは、クイック入金と振込入金の2種類から入金が可能です。

クイック入金では、マイページより簡単な操作で金融機関口座から24時間リアルタイムに入金できます。

クイック入金

スムーズな入金をしたいという方は、クイック入金から手続きを行いましょう。

数量を入力してSHIB INUを購入する

入金が完了したら、早速SHIB INUを購入していきます。

DMM Bitcoinでは、スマホ、PCの両方で高性能のツールを提供しているので、タイミングを伺って入手しましょう。

画面の指示に従って、注文方法を選択し、価格や数量を入力後に購入の手続きを行います。

このように、簡単な手順で購入可能です。

興味のある方は、まずはDMM Bitcoinでの口座開設方法からチェックしてみましょう。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

SHIB INUの取引ならDMM Bitcoin

DMMビットコイン
名称DMM Bitcoin
取り扱い仮想通貨(暗号資産)数現物:28種類
レバレッジ:34種類
最低取引額0.0001BTC(現物)
入出金手数料入金:無料※
出金:無料
提供サービス現物(BitMatch注文を除く)
現物(BitMatch注文)
レバレッジ取引
詳細DMM Bitcoinの公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判
※銀行振込手数料はユーザー負担

DMM BitcoinはDMMグループが運営している取引所で、セキュリティの高さが評判です。

2023年12月よりSHIB INUを上場しており、現物だけではなくレバレッジ取引にも対応しています。

少ない資金でも大きな利益を狙うことができますので、少額から取引をしたいという方には最適ですね。

現在は、新規口座作成で1000円の資金がプレゼントされるキャンペーンを実施しているので、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみましょう。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

仮想通貨柴犬コイン(SHIB)のまとめ

今回は話題沸騰の仮想通貨SHIBA INU (SHIB)について説明しました。

仮想通貨SHIBA INU (SHIB)はDogeコインのミーム通貨として誕生した仮想通貨ですが、DEXなど次々と新しい取り組みを行っていることや大手仮想通貨取引所に採用されていることから、今後注目が集まる仮想通貨であるといえそうです。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨SHIBA INU (SHIB)はDogeコインのミーム通貨として正体不明の開発者Ryoshiによって誕生した
  • 次々に大手仮想通貨取引所に上場しており、そのたびに価格が上昇している
  • 今後は取引所への上場やイーロンマスク氏など有名人の発言、イーサリアムのフリップニングが価格に影響する可能性がある
  • SHIBA INU (SHIB)はDMM Bitcoinで入手可能

SHIBA INU (SHIB)のようなアルトコインを入手したい方は、まずDMM Bitcoinをチェックしてみてください。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

MBA/経営学修士 湯川 国俊
柴犬コイン投資は株式投資で言うところの「超低位株投資」に似ています。超低位株とは株価が100円円以下で取引されている株のことで、単元株を1万円以下で買うことができるのです。そして超低位株は株価が安いため、株価の動きが少ない割に大きな利益率を出すことができます。またボラティリティが大きいことも超低位株の特徴です。 そして今回紹介した柴犬コインも価格が低位でかつボラティリティが大きいので、買いやすくかつ少しの変動でも大きなリターンを狙える通貨だと言えるでしょう。
監修者
湯川国俊

湯川国俊

独学でバリュー投資の勉強を開始し、2009年にMBAを取得。リーマンショックを乗り越えて現在は割安な中小型株を中心に投資を続けている。また自身のTwitterにて株式投資について日々発信中。

Twitterアカウント:@NOLIMIT_MBA

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

目次