フィナンシェ(FiNANCiE)/PLMとは?注目IEOの予想や見通しを解説!

ブロックチェーンを活用したクラウドファンディング事業を展開する「FiNANCiE(フィナンシェ)」が、CoincheckでのIEOを準備しています。

国内初のIEOであるパレットトークンが大成功したCoincheckの2度目のIEOということで、幅広い投資家から注目されています。

今回は、フィナンシェのIEOに興味のある方や、まだIEOへの参加経験がない方向けに、新しく発行されるフィナンシェトークンについて解説していきます。

フィナンシェトークンの特徴や発行スケジュール、申し込み方法などについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • フィナンシェトークンは、株式会社が発行する独自通貨
  • FiNANCiEは、ブロックチェーン技術を用いた新しい仕組みのクラウドファンディング
  • フィナンシェトークンの発行は2022年夏頃となっているが詳細は未定
  • パレットトークン(PLT)のIEOを実施したCoincheckを通じて実施される
  • IEOに参加するためにはCoincheckの口座が必要

フィナンシェトークンのIEOに参加するためには、Coincheckの口座が必要となっています。

IEOのスケジュールなどについての詳細はまだ発表されていませんが、事前に口座を準備しておくことは可能です。

現在は、口座開設&入金で1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンも実施中なので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

目次

フィナンシェトークン(FiNANCiE Token)とは?

会社名株式会社フィナンシェ
設立2019年1月
所在地東京都渋谷区26-1セルリアンタワー15F
事業内容ブロックチェーン技術を活用した、NFT事業やトークン型のクラウドファンディング
公式サイトFiNANCiE公式サイト

フィナンシェトークンは、株式会社フィナンシェが発行する仮想通貨(暗号資産)です。

株式会社フィナンシェはgumiの創業者である國光宏尚氏が代表取締役を務める会社で、現在はNFT事業やクラウドファンディング2.0サービス「FiNANCiE」を運営しています。

2021年秋に仮想通貨取引所Coincheckと株式会社フィナンシェが提携し、「フィナンシェトークン(FT)」をIEOにて発行することが決まりました。

CoincheckでのIEOは、パレットトークンに続いて2回目ということもあり、投資家からの注目も高まっています。

フィナンシェトークンのIEOに参加する場合は、Coincheckでの口座が必要となります。

9月30日までは、口座開設と入金完了で1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンも実施中なので、ぜひチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

フィナンシェトークン(FiNANCiE Token)の特徴

フィナンシェトークンおよび発行元のフィナンシェの特徴について確認していきましょう。

フィナンシェトークン(FiNANCiE Token)の特徴
  • 株式会社フィナンシェが発行する独自トークン
  • クラウドファンディング2.0「FiNANCiE」
  • Coincheckの第2弾IEO

株式会社フィナンシェが発行する独自トークン

株式会社フィナンシェは、クラウドファンディング2.0サービス「FiNANCiE」を展開する企業です。

事業としては、クラウドファンディングサービス「FiNANCiE」やNFT事業などを手掛けています。

「10億人の挑戦を応援するクリエイターエコノミーの実現」を企業のビジョンに掲げ、ブロックチェーン技術を用いた新しい価値の創造に取り組んでいます。

これまでの実績としては、以下のようなプロジェクトに関わってきました。

フィナンシェでのプロジェクト実績
  • Jリーグプロサッカークラブ(湘南ベルマーレ、アビスパ福岡など)
  • 国内男子プロバスケットボールリーグ(横浜ビー・コルセアーズ)
  • ジャパンサイクルリーグ
  • パラスポーツ団体(日本ボッチャ協会)
  • 国内卓球プロチーム(琉球アスティーダ)
引用:FiNANCiE

プロサッカー選手の長友佑都氏がアドバイザーに就任したり、本田圭佑氏がオーナーを務めるクラブが日本国内初クラブトークンを発行したりしたことでも知られています。

株式会社フィナンシェの代表取締役がgumiの創業者である國光宏尚氏であることも、フィナンシェトークンへのポジティブ材料となっています。

國光氏は、ブロックチェーンやDeFi、NFTなどについての第一人者としても知られており、フィナンシェトークンの将来背にも期待が持てます。

フィナンシェトークンはイーサリアムチェーン上で発行され、FiNANCiEのサービスにおける特典やコミュニティ内の交流に用いられるとのことです。

クラウドファンディング2.0「FiNANCiE」

FiNANCiEは、ブロックチェーンを利用したクラウドファンディングプラットホームで、新しい形のクラウドファンディングサービスを提供しています。

一般的なクラウドファンディングと異なり、専用のトークン(FTやNFT)を利用してプロジェクトを応援するという特徴があります。

例えば、プロジェクトを応援する際に、サポーターはそのプロジェクトが発行するトークンを購入します。

プロジェクトが無事成功すれば、購入したトークンの価値も上がる、という仕組みになっており、株式投資に近い性質も持ちます。

単に資金を投じるだけでなく、「トークン」を通じて支援を行うことで、「トークンエコノミー」が成立し、さまざまなコミュニティの共創活動が可能になると言われています。

引用:FiNANCiE

今回のIEOによって調達した資金の一部は、「FiNANCiE」および株式会社フィナンシェが提供するNFT事業の更なる拡大に充当する予定と発表されています。

また、これまではスポーツの分野でのプロジェクト支援が主でしたが、今後はエンタメ事業やその他のジャンル(食、地域)にも領域を拡大していきたいとしています。

コインチェックの第2弾IEO

フィナンシェトークンは、Coincheckの第2弾IEOということで注目を集めています。

第1弾IEOとしては、2021年に募集開始されたパレットトークンがあります。

2021年7月2日1PLT=約4円で募集を開始したところ、数分で調達目標額に到達し、最終的な申し込み倍率は24倍にも達しました。

実際にCoincheckでの取り扱いが開始された日も、初値として1PLT=約6円をつけています。

その後の順調に価格は上昇し、8月23日には約98円という高値も記録しています。

パレットトークンのIEOは国内で初めてだったということもあり、非常に人気が高まったことも上昇の要因と思われます。

仮想通貨に対する規制が厳しい日本で、Coincheckユーザーしか申し込みができないという条件だったにも関わらず、パレットトークンのIEOは大成功となったため、海外からも大きく注目されました。

パレットトークンの価格は16円台(2022年9月28日時点)となっていますが、それでも募集価格と比べると4倍ほどの価格です。

このように大成功したIEOの第2弾とういことで、今回のフィナンシェトークンのIEOも盛り上がることが期待できます。

なお、IEOに参加したいという場合は、Coincheckでの口座開設が必要となります。

具体的なIEOのスケジュールは発表されていないものの、事前に準備をしておきたいという場合は、公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

フィナンシェトークンのIEOスケジュール

フィナンシェトークンのIEOスケジュールは、2022年7月12日時点ではまだ確定していません。

「2022年夏までに」と公式は発表しているものの、具体的なスケジュールの発表はまだとなっています。

参考までに、コインチェックの第1弾IEOであるパレットトークンのスケジュールを確認しておきましょう。

パレットトークンフィナンシェトークン
購入申し込み開始2021年7月1日12:00未定
購入申し込み終了2021年7月15日18:00未定
抽選及びトークンの受け渡し2021年7月20日未定
トークン取り扱い開始2021年7月29日12:00未定

パレットトークンのスケジュールをみると、購入申し込み開始から申し込み終了までは2週間程度となっています。

パレットトークンの時は先着順ではなく抽選順だったことから、フィナンシェトークンの場合も同様の形式だと推測されます。

2週間程度の余裕はあるものの、期限ギリギリになると公式サイトが混み合うことも予想されます。

申し込みを行う際は、あらかじめ余裕をもって対応するようにしたいです。

また、そこから抽選が行われてトークンが受け渡しされるまでは、5日程度でした。

その後実際にトークンの取り扱いが開始されたのは7月末となっており、申し込み開始から1ヶ月程度で取引開始となっていることがわかります。

IEOに参加したら初値で売却したいと考えている人や、IEOに参加できなかった場合も取引開始と同時に購入したいと考えている人は、事前に発行スケジュールを確認するようにしましょう。

なお、IEOに参加するためにはCoincheckの口座が必要となっています。

まだ口座をお持ちでない方は、事前に口座開設方法や必要書類などをチェックしておくとよいでしょう。

フィナンシェトークンの価格予想

フィナンシェトークンは、取引開始後どのように価格が動くのでしょうか。

こればかりは取引開始してからしかわからないものの、同じCoincheckのIEO例として、パレットトークンの値動きを確認していきましょう。

パレットトークン(PLT)の価格推移

引用:TradingView
売り出し価格4.05円
初値6.075円
取引初日の高値46.129円

パレットトークンは2021年7月29日からCoincheckでの取り扱いが開始されました。

取引所に上場後は一気に価格が上がり、最初に取引した価格(初値)は6.075円となりました。

初値でも売り出し価格の約1.5倍の価格となりましたが、その日はさらに上昇を続け、取引初日の高値としては約46円を記録しました。

その後数週間でさらに価格は上昇し、一時は8月23日には約98円の高値をつけています。

8月を通して価格は80〜90円前後で推移するなど、需要の高さがうかがえました。

引用:TradingView

その後9月に入り、仮装通貨市場全体の値動きによって、パレットトークンの価格も下落し、10月から年末頃にかけては50円前後での推移となりました。

2022年の年始からも上昇・下落を繰り返しつつも、取引開始後からはゆるやかな下落基調となっています。

一時は20円を割り込んでいましたが、直近は少し価格が回復し、20円台となっています。

フィナンシェトークン(FT)の価格予想

フィナンシェトークンはまだ売り出し価格も決定されていないため、価格の動きを予想するのは困難です。

パレットトークンが、売出後に大きく上昇したという結果を残したため、第2弾である今回はさらに期待が高まることが予想されます。

上場後の価格を予想するのなら、資金調達額に対してどれだけ募集申し込みが集まるかを確認するのも大事です。

前回同様に数分で調達額に達したり、調達額の数十倍もの申込みが殺到したりということになれば、取引開始後も需要が高まることによって価格にポジティブな影響を与える可能性が高いでしょう。

上場後の価格を予想するためには、まずは申込み開始後の投資家の反応をチェックしてみましょう。

フィナンシェトークンを自分も申し込んでみたいという場合は、Coincheckの口座を開設しておく必要があります。

詳細が発表されてから口座開設することも可能ですが、事前に手続きを済ませておくとあとで焦らずに済むかもしれません。

フィナンシェトークンの発行に興味のある方は、Coincheckの公式サイトもチェックしてみてください。

フィナンシェトークンのIEOの参加方法

フィナンシェトークンのIEOはCoincheckにて実施されます。

そのため、IEOに参加したいと考えている場合はCoincheckでの口座開設を行い、その後フィナンシェトークンの申し込みを行うという流れになります。

具体的な流れについて確認していきましょう。

フィナンシェトークンのIEOの参加方法
  • Coincheckで口座開設を行う
  • Coincheckの口座に日本円を入金する
  • Coincheckでフィナンシェトークンの申し込みを行う

Coincheckで口座開設を行う

まずは、Coincheckで口座開設を行います。

Coincheckの公式サイトの「会員登録」から、メールアドレスとパスワードを入力します。

コインチェック 新サムネイル

SMS認証が必要になるので、指示に従って登録していきましょう。

氏名、生年月日、性別、職業、住所、利用目的、取引経験などの基本情報を入力していきます。

「スマホで本人確認」を行えば、スマートフォンだけで本人確認の手続きが完了します。

下記のいずれかの書類が手元にある場合は、「スマホで本人確認」を行えます。

必要本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 運転経歴証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

提出する書類を選び、スマートフォンのカメラで書類と自分の顔の撮影を行います。

提出が終わったら、Coincheckによる審査が行われ、審査が完了したら取引が開始できます。

セキュリティを高めるためには、2段階認証の設定もしておくと良いでしょう。

Coincheckの口座に日本円を入金する

口座の登録が完了したら、日本円を入金していきます。

Coincheckでは、「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3つの入金方法が用意されています。

入金方法銀行振込コンビニ入金クイック入金
入金手数料無料(振込手数料は顧客負担)3万円未満:770円、3万円以上30万円以下:1,018円3万円未満:770円、3万円以上30万円以下:1,018円、50万円以上:入金金額×0.11%+495円
反映時間銀行所定の振り込み時間所定の入金時間即時反映
上限無制限300,000円/回、999,999円/3日999,999円/回、10,000,000円/日

いずれかの方法で口座に資金を入金しましょう。

銀行振込の場合は、基本的に振込手数料は発生しませんが、それ以外の方法の場合は入金金額に応じて手数料がかかります。

Coincheckでは、アプリからでも簡単に入金手続きが行えます。

アプリのメニューから「入出金」をタップし、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金のいずれかを選択します。

銀行振込の場合、振込先の口座情報が表示されるので、指示に従って指定口座に振り込めば入金が完了します。

Coincheckでフィナンシェトークンの申し込みを行う

資金を入金後、申し込み期間内にフィナンシェトークンの申し込みを行います。

Coincheckにログインし「Coincheck IEO」を選択すれば、詳細が確認できます。

申し込みたいIEO(フィナンシェトークン)を選択し、希望数量などを入力して申し込みを行います。

募集希望額が調達金額を上回る場合は、抽選での割り当てとなります。

前回のパレットトークンの際の申込み倍率は24倍にもなったため、今回も高い倍率が予想されます。

抽選でフィナンシェトークンが割り当てられた場合は、トークンの取引が可能となります。

詳細な発行スケジュールは発表されていないものの、購入したいと考えている人は、事前に準備をしておいた方が良いでしょう。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

フィナンシェトークンに関するよくある質問

フィナンシェトークン(FiNANCiE Token)について、よくある質問をまとめました。

フィナンシェトークン(FiNANCiE Token)に関するよくある質問
  • IEOの仕組みは?
  • IEOに参加した場合の課税関係は?
  • フィナンシェトークンは儲かる?

IEOの仕組みは?

IROは、Initial Exchange Offeringの頭文字をとった言葉で、仮想通貨取引所によってブロックチェーンプロジェクトが発行する独自トークンを新たに売り出すことを指します。

IEOに参加することで、仮想通貨市場で取引が始まる前の価格で、トークンを購入することが可能です。

トークンのその後の成長が見込まれる場合は、取引開始後に価格が上昇することが期待されるため、割安な価格で購入できるIEOは人気となります。

株式のIPOと同様の仕組みで販売されると理解しておきましょう。

発行体と投資家が直接やりとりを行うICOと違い、取引所が間に入って審査や発行の手続きを行うため、一般の投資家にも購入しやすく不正が行われにくいというメリットがあります。

国内のIEOの例としては、パレットトークン(PLT)やFCRコイン(FCR)が挙げられます。

IEOに参加した場合の課税関係は?

仮想通貨をIEOに参加して購入した場合も、通常の仮想通貨投資と同様、売却・決済した時点で「雑所得」として課税対象となります。

大きく値上がりした場合は、それだけ支払う税金も大きくなるため注意しましょう。

IEOに参加し、その後トークンを売却して20万円を超える利益が出た場合は確定申告が必要となります。

利益が20万円以下の場合でも、副業など給与所得以外の所得との合計で20万円を超える場合は確定申告の必要があります。

自分に確定申告が必要かどうか迷う場合は、近くの税務署などに相談しましょう。

確定申告が必要であるにも関わらず、手続きをしなかった場合は、延滞税や加算税などのペナルティが課されます。

仮想通貨を売却したときだけでなく、仮想通貨を用いて決済した場合や他の仮想通貨に交換した場合も、課税所得が発生したとみなされるため注意しましょう。

詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

フィナンシェトークンは儲かる?

仮想通貨投資である以上、リスクがあることに変わりはありません。

Coincheckからの2度目のIEOということで幅広い人に注目されていますが、それでも必ず儲かるというわけではありません。

特に、上場直後の仮想通貨の値動きは非常に激しいため、売買のタイミングがずれると思っていた利益を得られないばかりか、損失を負うリスクもあります。

「フィナンシェトークンは絶対儲かる」と思い込まず、自分で情報収集に努めましょう。

また、購入申し込みを行う際も、余剰資金で行うようにしましょう。

「どうせ当たらないから」と多めに申し込む人もいますが、生活費を圧迫することになってしまっては元も子もありません。

自分のリスク許容範囲や余剰資金を確認し、余裕をもって申し込むのが良いでしょう。

フィナンシェトークンの購入申し込みには、コインチェックの口座が必要となります。

まだ口座を持っていない方は、公式サイトから詳細を確認しておきましょう。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

フィナンシェトークン(FiNANCiE Token)のまとめ

今回は、フィナンシェトークンについて解説しました。

この記事のまとめ
  • フィナンシェトークンは、株式会社が発行する独自通貨
  • FiNANCiEは、ブロックチェーン技術を用いた新しい仕組みのクラウドファンディング
  • フィナンシェトークンの発行は2022年夏頃となっているが詳細は未定
  • パレットトークン(PLT)のIEOを実施したCoincheckを通じて実施される
  • IEOに参加するためにはCoincheckの口座が必要

フィナンシェトークンの購入を申し込みたい場合は、Coincheckを通じて申し込む必要があります。

現在Coincheckでは、口座開設&入金完了で1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンを実施中です。

かんたん本人確認で口座開設を実施した方のみのキャンペーンとなっているため、興味のある方はぜひ詳細をチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

目次
閉じる