コインチェックの評判・口コミはどう?悪評・デメリットを徹底解説!

コインチェックの評判や口コミ

この記事ではコインチェック(Coincheck)の評判や口コミについて詳しくまとめていきます。

「コインチェック、使ってみたいけど安全なのかな…?」

と思っている方は、多いと思いますので是非最後まで読んでみてください。

2012年8月28日に設立された仮想通貨取引所「コインチェック(Coincheck)」

取引できる仮想通貨は16種類と国内最大級で、使ってみたいという方も多いはずです。

そこでこの記事ではコインチェックの概要や、評判口コミ、口座開設方法をわかりやすく解説していきます。

記事の要点
  • コインチェックは16種類の仮想通貨を提供している
  • 国内最大級の取引所だから安心
  • 定期的に新しい仮想通貨が追加されている
  • スマホアプリからでも簡単に操作可能

コインチェックは初心者でも簡単に仮想通貨を購入できるおすすめのサービスです。

まだ使っていないという方は、下記から無料で口座開設をして今日から使ってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

コインチェック(CoinCheck)の概要

コインチェックの公式サイト
名称Coincheck(コインチェック)
取り扱い通貨数16通貨
最低取引額500円
提供サービス仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
CoinCheckつみたて
貸仮想通貨サービス
ホームページ公式サイト

コインチェックはビットコインだけでなく、アルトコインの取り扱いが多く、500円から取引ができるため、ユーザーからも人気の高い取引所になっています。

仮想通貨取引所ランキングでも1位として紹介されており、仮想通貨取引所の定番として定着しつつあります。

仮想通貨の売買だけでなく、CoinCheckつみたてや、貸仮想通貨サービスなどのサービスも提供しています。

スマホからでも簡単に操作でき、仮想通貨を初めて購入するという方には一番おすすめできる会社です。

少ない金額から購入できるので、資金が少ないけど、とりあえず始めたいという方には向いています。

国内最大級の取引所ですので、安心して利用できるのは大きな魅力ですね。

\ アプリダウンロード数No.1 /

コインチェック(CoinCheck)のメリット

それでは、コインチェックのメリットについて詳しく解説をしていきます。

これから利用するという方は、是非こちらを参考にしてみてください。

初心者でも簡単に購入することができる

仮想通貨の取引はチャートや板を見ながら行うため、「難しそう」と抵抗がある方も多いです。

コインチェックは取引を行うページやアプリが非常に見やすく、初心者でも取引がしやすいものとなっています。

今まで株や投資をしたことがなくても、買い時や売り時がわかりやすい表示になっており、簡単な操作で仮想通貨の取引が行えるのです。

さらに、コインチェックはアプリをダウンロードするだけで、以下のようにチャートを見ることができるため、仮想通貨を始めるのに抵抗がある方でも、アプリでチャートを見ることに慣れておけば、より安心して取引を始めることができます。

コインチェック トレード画面

上記のようにいつでもそれぞれの通貨のチャートを様々な表示で見ることができます。

さらに、円建て表示だけではなく以下のようにBTC建てでも確認することができるため、ドル円の為替レートの影響を除いた通貨の変動を確認することができます。

コインチェック チャート BTC 建

仮想通貨は価格変動がある程度激しく、チャートを見ることが重要になってくるため、チャートを見ながら簡単に取引をすることができるコインチェックがおすすめです。

日本円から購入することができる

コインチェックは取り扱いをしている仮想通貨全てを、日本円で直接購入することができます。

日本にある多くの仮想通貨取引所は、日本円でビットコインを購入することができます。

しかし、アルトコインの種類によってはビットコインでしか購入できないものもあります。

ビットコインでアルトコインを購入する場合、日本円でビットコインを購入するタイミングとビットコインからアルトコインを購入するタイミングで、取引手数料が発生するため、コストが多くかかってしまいます。

コインチェックなら取り扱い銘柄全てが、日本円かビットコインで購入することができるため、余計な手間と手数料がかからずに購入することができます。

コインチェックの魅力
  • アルトコインが全て日本円で直接購入できる
  • 余計な手数料がかからないためお得!

また、仮想通貨取引所の多くは海外の取引所のため、日本円で取引ができないことがほとんどです。

海外の取引所で取引を行う場合は、国内の取引所で日本円をビットコインにして、ビットコインを海外の取引所に送金が必要になります。

コインチェックは日本の仮想通貨取引所ですので、日本円で仮想通貨を購入することができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

取り扱いしている仮想通貨が豊富

コインチェックは16種類もの仮想通貨を取り扱っており、国内No.1の取り扱い数を誇っています。

コインチェックで取り扱っている銘柄は以下になります。

このように取引できるコインが多いため、色んな種類の仮想通貨の取引がしやすく、利益を出しやすくなります。

また、国内にある他の仮想通貨取引所では取り扱いしていないマイナーなアルトコインが買えるのもコインチェックのメリットです。

ちなみに国内にある仮想通貨取引所と比較すると以下のようになります。

取引所通貨数取扱銘柄
coincheck
(コインチェック)
16種類BTC/ETH/XRP/BCH/ETC/
XEM/LTC/MONA/LSK/FCT/
XLM/QTUM/BAT/IOST/ENJ/OMG
DMMBitcoin
(DMMビットコイン)
11種類BTC/ETH/XRP/BCH/ETC/
XEM/MONA/XLM/QTUM/BAT
bitFlyer
(ビットフライヤー)
12種類BTC/ETH/XRP/BCH/LTC/
ETC/LSK/MONA/XLM/NEM/BAT/XTZ
GMOコイン13種類BTC/ETH/XRP/BCH/
LTC/XEM/XLM/QTUM/BAT/ENJ/XTZ/OMG/DOT
bitbank
(ビットバンク)
9種類BTC/ETH/XRP/
LTC/BCH/MONA/XLM/QTUM/BAT
Liquid by Quoine
(リキッド)
5種類BTC/ETH/XRP/BCH/QASH

このように国内ではNo1の取り扱い数であることがわかります。

ビットコインはもちろん、他の取引所であまり扱っていないIOSTOMGの取り扱いもあるため、アルトコイン草コインの取引をしたいという方に非常におすすめできる取引所になります。

スマホアプリが使いやすい

コインチェック スマホアプリ

コインチェックは仮想通貨取引所の中で一番と言ってもいいほどスマホアプリの操作性がかなり評価されています。

全16種類の通貨の価格が一瞬で分かり、購入もボタンを押して購入したい金額を入力するだけです。

コインチェック 購入

また、総資産というページでは、現在の自分のポートフォリオを一目で分かるようになっています。

コインチェック ポートフォリオ

今自分はいくら得しているのか、損しているのかが一目で分かるのが嬉しいポイントです。

スマホで仮想通貨を取引する方が非常に多いと思いますが、各取引所によってデザインが大きく異なるため、使いやすさに違いが出てきます。

コインチェックのスマホアプリは業界でもトップクラスに使いやすいため、多くの方から人気を集めています。

その結果がアプリダウンロード数No.1に繋がっていると考えられます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

安全性が高い

マネックスグループの画像

コインチェックは東証一部上場の金融会社マネックスグループの子会社です。

代表取締役はマネックスグループ出身の蓮尾聡氏です。

マネックスは「新しい時代のお金をデザインすること」を創業理念に、最先端のIT技術を駆使、さらに世界標準の金融知識でこれからのお金との付き合い方を模索し、すべての人たちの投資や経済活動の支援を目指しています。

仮想通貨取引所のコインチェックに新しい経営体制としてマネックスグループが関わることで、金融のノウハウやより安全性の高い取引が行えるようになりました。

現在では、TVCMも打ち出しており、認知度が急上昇中の仮想通貨取引所になります。

\ アプリダウンロード数No.1 /

コインチェック(CoinCheck)のデメリット

それでは次にコインチェックのデメリットを確認していきましょう。

メリットの他にデメリットも理解することで、納得して利用できます。

過去にハッキングをされたことがある

コインチェックは2018年1月にハッキングされ、日本円に換算すると約580億円もののネム(XEM)が流出してしまい、当時は大きな騒動となりました。

ハッキングの原因は、コインチェックの管理の甘さでした。

そもそもネムはセキュリティ面に優れたコインのため、オフライン管理が可能なのですが、コインチェックはネムをオンライン上で管理したためにハッキングされてしまったのです。

その後しばらくサービス停止をしていましたが、マネックスグループの子会社になることで、セキュリティ体制も整い、再びサービスを開始できるようになりました。

つまり、今は安全に利用できるようなったということですね。

多くのアルトコインは販売所のみでの購入になる

仮想通貨を売買する場は、取引所と販売所の2種類あり、以下のような違いがいあります。

取引所:客同士で売買をするフリーマーケットのような場(現物取引)
販売所:運営から直接購入する

販売所の場合、仮想通貨を保有している運営からコインを購入するため、スプレッド」が発生し、取引所で購入するより手数料が高くなってしまうのです。

コインチェックでは取り扱い銘柄は多いですが、取引所で売買できる銘柄が少なく、アルトコインを購入すると手数料が高めになるというデメリットがあります。

\ アプリダウンロード数No.1 /

コインチェックの評判と口コミ

それでは次にコインチェックの評判や口コミを見ていきます。

実際の利用者の口コミを見て利用するか判断していきましょう。

良い評判

コインチェックスプレッド(手数料的な)が高いって言われてるけど初心者には絶対コインチェックだと思う…

仮想通貨始めてみようって人がいきなり板取引とか海外取引所に日本の取引所でコインに換金して送金して向こうでまた別のコインに換金して欲しいコイン買う

ってこれ絶対無理だと思う

Twitter

仮想通貨初心者はまず、シンプルで使いやすい取引所を選ぶことが重要になってきます。

一般的に取引所での注文の方が価格的に若干有利に取引できることが多いですが、複雑になっており初心者では上手く使いこなすことができません。

仮想通貨はボラティリティが非常に高いため、小さい価格差の影響は時が経つにつれて小さくなってきます。

TVCM放送おめでとうございます。

2年前からビットが30万円の時から知っていて友達に勧めても、なかなかやっては貰えなかったけど今はみんなに知れ渡り嬉しく思います。

コインチェックは1番見やすい使いやすいです

スプレッドは高いのだけが難点ですが、これからもずっと応援させていただきます(^^)

Twitter

暗号資産(仮想通貨)取り引きで初心者に評判のコインチェック。確かに使いやすい。必要な機能は一通り揃っている。累計ダウンロード300万突破はだてじゃないな、と。一方で手数料安い「取引所」はブラウザからのみ利用できる等使ってみてはじめてわかることも多かったな。

Twitter

コインチェックはTwitterでも使いやすさに定評があり、「初心者にはコインチェック」という評価が非常に多いです。

HPの売買のページを見ると非常にわかりやすいレイアウトになっており、初めてでわからないという方でも購入しやすいものになっています。

スプレッドが高いという意見もありましたが、初心者が仮想通貨取引所を選ぶなら、やはりコインチェックが一番です。

悪い評判

ここでは悪い評判・口コミについていくつかピックアップしていこうと思います。

コインチェックのスプレッドは酷い
マネックス証券も手数料高すぎるイメージあるけど…

もう少し善処しなさいよ。

twitter

コインチェック、スプレッドが高いので長期ならいいですが短期には向かないかもです。板取引ならまだマシですが銘柄が少ない

Twitter

やはりスプレッドの高さを酷評する声が悪い評判の大半を占めています。

特にコインチェックはアプリの取引が全て販売所経由の取引となっているのも原因となっています。

ただ、ボラティリティがかなり高い仮想通貨において、スプレッドだけを比較して比較するのは十分とは言えないため、様々な観点から取引所を選ぶようにしましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

コインチェックの手数料

仮想通貨取引ではさまざまな手数料がかかります。

手数料が安いおすすめの取引所ランキングでも1位として紹介されているように、コインチェックは手数料が安いことで人気が高い取引所になります。

コインチェックでかかる手数料を一覧にしました。ぜひ確認してみてください。

入金手数料・銀行振込:基本は無料
・コンビニ入金:3万円未満770円、3万円以上30万円以下1,018円
・クイック入金:3万円未満770円、3万円以上30万円以下1,018円、50万円以上入金金額×0.11%+495円
出金手数料一律407円(1回あたり5,000万円まで)
送金手数料・BTC:変動手数料制
・ETH:変動手数料制
・ETC:0.01ETC
・LSK:0.1LSK
・FCT:0.1FCT
・XRP:0.15XRP
・XEM:0.5XEM
・LTC:0.001LTC
・BCH:0.001BCH
・MONA:0.001MONA
・XLM:0.01XLM
・QTUM:0.01QTUM
・BAT:変動手数料制
・IOST:1.0IOST
販売所手数料相場によって変動
取引所手数料無料

ここで重要になるのは、「送金手数料」と「販売所手数料」です。

コインチェックの場合、送金手数料が一定ではなく0.001BTCなどと決まっています。

これはビットコインの価格によって変動するため、日本円で想定すると思ったより割高の送金になるケースがあります

また、販売所手数料は一定ではなく相場によって変動します。

なるべく購入するという方は取引所を利用して手数料を抑えて購入するようにしていきましょう。

コインチェックの口座開設方法

それでは次にコインチェックの口座開設方法について解説します。

画像付きで詳しく説明していきますので、こちらも同時確認していきましょう。

STEP1:公式サイトへアクセスする

コインチェック トップページ

コインチェックで仮想通貨の取引をしたり、さまざまなサービスを利用するには、口座の開設が必要です。

まずはアカウントの登録を行います。コインチェックの公式サイトにアクセスすると、「口座解説(無料)はこちら」のボタンがあるため、ボタンをクリックし、メールアドレスとパスワードの入力をします。

入力が終わったら「アカウント作成」ボタンを押すと、登録したメールアドレスにURLが書かれたメールが届きますので、URLをクリックして、アカウント登録を完了させましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

STEP2:電話番号認証を行う

コインチェックの電話番号認証

本人確認の前に電話番号認証が必要になりますので、お使いの携帯番号を入力し、SMSを送信します。

SMSに送られてきたコードを入力し、電話番号認証を終えましょう。

STEP3:個人情報を入力する

コインチェックに個人情報を入力する

登録が終わると、本人確認のページが開きますので、まずは基本情報の入力を行います。

居住国や国籍、氏名、性別、生年月日、住所など個人情報を入力します。

また、外国PEPsに該当する方は取引ができないため、「該当しない」にチェックします。

なお、コインチェックのアプリをダウンロードしている方は、簡単に本人確認の手続きや審査がてきる「かんたん本人確認」の利用がおすすめです。

通常の本人確認の場合、本人確認書類提出後にコインチェックから郵送される本人確認ハガキが届くまで利用ができませんが、アプリで行えば、審査が完了してすぐに利用が可能です。

STEP4:本人確認書類をアップロードする

コインチェックの本人確認書類

基本情報の入力が終わったら、本人確認書類の提出を行います。

登録可能な本人確認書類は以下になります。

登録可能な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

基本的に顔写真がついているもののみ提出可能です。

ただし、上記の本人確認書類に現住所が記載されていない、もしくは間違っている場合は、現住所が記載されている書類を一緒に提出する必要があります。

STEP5:確認書類を受け取る

本人確認書類の提出後、コインチェックが本人確認書類の確認を行います(1~2営業日)。

書類の確認が完了すると、登録したメールアドレスに「本人確認完了」のメールと、住所確認用書類が登録した住所に届けられます。

ハガキが届けばコインチェックのサービスを利用することができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

コインチェックの入金方法

それでは次にコインチェックの入金方法について見ていきましょう。

コインチェックは全てアプリ上で完結できるので、ここではアプリ上での入金方法を解説していきます。

コインチェックでは以下の3つの入金方法があります。

  1. 銀行口座から入金
  2. コンビニ入金
  3. クイック入金
コインチェック 入出金画面

①銀行口座から入金

銀行振込で日本円を入金する場合は、コインチェックの取引画面で「入出金」をクリックして、入金方法の選択画面で「銀行口座から入金」を選択します。

選択すると、以下のように振込先が表示されますので、指定の口座に振り込みましょう。

コインチェック 銀行振り込み

コインチェックの指定口座は以下の2銀行から選ぶことができます。

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 住信SBIネット銀行

もちろん上記以外の普段使っている銀行口座でも振込が可能ですが、上の2口座を保有していると手数料が無料になることがあります。

なお、住信SBIネット銀行を利用するときは、振込人名義人のところにコインチェックのアカウントID入力が必須となります。

入力し忘れると、振り込んでも反映されずに戻ってきてしまいますので気を付けましょう。

②コンビニ入金の場合

コンビニ入金をする場合は、アプリの下から「入出金」を選択し、「コンビニ入金」を選択してください。

そうすると以下のように4つのコンビニから選択することができます。

コインチェック コンビニ入金

コンビニを選択すると以下のような画面に遷移するので、入金したい金額を選択します。

コインチェック ファミリーマート

お支払い情報を発行すると、受付番号が表示されるので番号をレジで掲示して支払いを行ってください。

銀行口座を利用しなくても利用できるため、一番簡単な入金方法になりますが、入金金額によって以下のような手数料がかかってきます。

入金金額手数料
3万円未満770円
3万円以上30万円以下1,018円

③クイック入金の場合

クイック入金は、ペイジー決済を利用し、ネットバンキングやATMから入金できるサービスになります。

24時間365日入金が可能になっていますが、金額によって以下のような手数料がかかってきます。

金額手数料
3万円未満770円
3万円以上50万円未満1018円
50万円以上入金金額×0.11%+495円

入金までの手順が不安という方や学生の方でも簡単に買えるようになっているので安心ですね。

お手軽に入金をしたいという方は、コンビニ入金を利用してみてください。

コインチェックの仮想通貨購入方法

それでは次にコインチェックで仮想通貨を購入する方法を解説します。

口座開設をして入金まで終わりましたら実際に購入してみましょう。

取引所で購入する方法

コインチェックのスマホアプリは販売所形式での取引にのみ対応しているため、取引所形式での取引をしたい場合にはPCからの取引が必要になってきます。

コインチェックで購入する方法

なお、コインチェックの取引所で購入できるのは、以下の4種類となっています。

現物取引できる通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ファクトム(FCT)
  • モナコイン

現物取引の横のBTCのところを変えるとアルトコインも購入できます。

注文板のチャートと注文量を参考に、指定すれば欲しい仮想通貨を購入することが可能です。

現物取引は初心者には少し難しいですが、手数料が安いため、取引を頻繁にしたいという方はやり方をしっかり覚えておきましょう。

販売所で購入する方法

PCからもスマホからも販売所形式で仮想通貨を購入することができます。

ここではスマホアプリでの購入方法を解説していきます。

コインチェック トレード画面

メニューの「販売所」をクリックすると取扱銘柄の一覧が出てきますので、購入したい仮想通貨を選択し、『購入」ボタンを押します。

そうすると以下のように金額を指定する画面に遷移しますので、購入したい金額を入力して仮想通貨を購入すれば購入完了です。

コインチェック 購入

販売所では合計16種類の仮想通貨を取り扱っていますので、豊富な通貨を購入することができます。

コインチェックの取引ツール

それでは次にコインチェックの取引ツールを見ていきましょう。

どのようなツールがあるのか確かめておくと、今後サービスのイメージが掴めます。

リアルタイムチャート

コインチェックのリアルタイムチャート
引用元:Trading Viewの提供チャート

コインチェックでは取り扱っている銘柄のリアルタイムチャートを見ることができます。

1分、5分、15分、1時間、4時間、1日と切り替えてチャートをチェックすることができるため、値動きを確認しながら取引をすることができます。

アプリ

コインチェックのアプリ

コインチェックはスマホアプリも提供しており、本人確認から取引まで簡単に行うことができます。

もちろんアプリでリアルタイムチャートも見れるため、どこにいても気軽に値動きを見たり、取引をすることができます。

さらにウィジェット機能を利用すれば、スマホを開くだけで、仮想通貨の値動きや価格がリアルタイムでチェックが可能です。

コインチェックで提供されているサービス

コインチェックでは販売所、取引所の他にも複数のサービスを用意しています。

これから始める方は、こちらも参考にしてみてください。

Coincheck NFT(β版)

コインチェック NFT

Coincheck NFTでは、ユーザー同士でNFTと暗号資産の交換取引が可能となるサービスとなっています。

そもそもNFTとは、ブロックチェーン上の識別子を保有したトークンのことを指し、非代替性トークンとも呼ばれます。

デジタルアートやゲームアイテムをNFT化することで、コピーや改ざんがされにくいことが注目されています。

コインチェックの口座を保有している方は、NFTの出品・購入・保管が可能となっています。

現在のところ、『CryptoSpells』と『The Sandbox』の商品を取り扱っており、随時追加されていく予定と発表しています。

コインチェック NFT

詳しくはコインチェックのNFTマーケットとはという記事で、特徴や始め方まで解説していますので興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

コインチェック貸仮想通貨

コインチェックの貸仮想通貨

コインチェックでは自分が保有している仮想通貨をコインチェックに貸し出せる貸仮想通貨サービス「Coincheck Lending」を行っています。

このサービスではコインチェックに10種類の仮想通貨を貸し出し、貸出期間は4種類から選ぶことができます。このように選ぶことができるのは日本国内の仮想通貨取引所の中ではコインチェックのみです。

コインチェックに10種類の中からコインを預け、貸出期間が終わると、貸し出したコイン+利用料が戻ってきます。貸出期間は14日間、30日間、90日間、360日間となっており、長期保有が目的の人には特におすすめのサービスです。

利用する場合は貸仮想通貨サービス用のアカウントが必要になりますので、アカウントを作成しましょう。

Coincheckつみたて

コインチェック 積立

Coincheckつみたては、毎月定額でビットコインの積み立てを自動でできるというサービスです。

Coincheckつみたての特徴を下記でまとめました。

Coincheck積立の特徴
  • 月々1万円から積み立てできる
  • 無理なく仮想通貨取引ができる
  • 入金から購入まで自動で行ってくれる

現在積み立てできる仮想通貨はビットコインのみですが、今後アルトコインも対応するようになれば、色んな仮想通貨で積み立てができます。

初心者で自分で取引するのが難しいという方や、資産運用したい方におすすめです。

コインチェック電気

コインチェックでんき

Coincheckでんきは、電気代の支払いを「現金払い」か「ビットコイン払い」にすることで、還元か割引をしてくれるサービスです。

Coincheckでんきの特徴
  • 現金払いの場合:料金の最大7%をビットコインで還元
  • ビットコイン払い:料金の最大7%を割引

現金払いを選ぶと、ビットコインで還元されるため、今まで通りに電気代を支払うことで、ビットコインを増やすことができるのです。

Coincheckでんきは全国で対応しているため、仮想通貨取引をしている方にとてもおすすめです。

Coincheckガス

コインチェック ガス

Coincheckガスは、毎月のガス代の支払いを「現金払い」か「ビットコイン払い」にすることで、還元か割引になるサービスです。

Coincheckガスの特徴
  • 現金払いの場合:料金の3%をビットコインで還元
  • ビットコイン払い:料金の3%を割引

Coincheckガスは全国でできるわけではなく、東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県に住んでいて、東京ガスを利用している方のみ利用することができます。

つまり、関東圏在住で都市ガス利用の方はCoincheckガスとCoinCheckでんきの両方を利用すれば、毎月最大10%のビットコイン還元が受けられますので、一緒に使うのがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

コインチェックの評判・口コミまとめ

コインチェックの公式サイトの画像

コインチェックは日本国内で最も仮想通貨の取り扱い数が多く、取引ページも見やすいため、非常に使いやすい仮想通貨取引所です。

ビットコイン以外のアルトコインも多く購入したいという方や、コインチェックの色んなサービスを利用して少しずつビットコインやアルトコインを集めたいという方にとてもおすすめです。

過去にはセキュリティの問題などもありますが、マネックスグループの子会社になったことで、セキュリティがさらに強固になり安心して使えるようになりました。

ぜひこれから仮想通貨取引を始めたいという方は、ぜひコインチェックに登録してみてください!

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる