仮想通貨Polygon(ポリゴン/MATIC)とは?今後の見通し・予想と将来性を徹底解説!

Polygon(MATIC)は、ブロックチェーンでのトランザクションの速度を向上させ、コストを削減することを目指すイーサリアムのセカンドレイヤー・ネットワークソリューションです。

近日NFTやDeFiなどの人気の高まりに影響を受けて利用される機会が増加し、市場の注目が集まっています。

本記事ではそんなPolygon(MATIC)の特徴や価格の推移などについて説明します。

Polygon(MATIC)のに興味がある方、取引を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

この記事の概要
  • Polygon(MATIC)はイーサリアムのネットワークとなることを目指し、早く低いコストのトランザクションを提供するネットワークプロジェクト
  • イーサリアムのセカンドチェーンとして機能しており、PoSを採用している
  • dAppsの需要の増加などによるイーサリアムの需要の増加に影響を受けて価格が変動する傾向にある
  • 今後はさらなる需要の増加や企業提携やサービス開発の進捗などの影響を受けて価格が上昇することが予測される
  • Polygon(MATIC)はbitFlyerで取り扱っている

Polygon(MATIC)は、2023年1月現在bitbankbitFlyerで扱っています。

海外からの高い評価を受けるほどのセキュリティレベルを誇るので、ぜひこの機会にbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

目次

Polygon(MATIC)とは

仮想通貨名Polygon(MATIC)
シンボルMATIC
価格¥124.14(2023年1月24日現在)
時価総額¥1,086,499,173,824(2023年1月24日現在)
時価総額ランキング10位(2023年1月24日現在)
販売可能な取引所bitbank
bitFlyer
SBI VCトレード
公式サイトhttps://polygon.technology/

Polygon(MATIC)とはイーサリアムのセカンドレイヤーとして機能することを目指すブロックチェーンネットワークプロジェクトです。

トランザクションスピードが早くコストが低いため、市場の注目を集めています。

Polygon(MATIC)のトークンのMATICという名前は、Polygonの開発の初期段階に由来しています。

2017年10月にMaticNetworkとして立ち上げられた後、開発者は2021年の初めにPolygonとしてブランド名を変更しました。  

Polygon(MATIC)は、国内大手取引所であるbitFlyerでの取り扱いが開始されました。

豊富な通貨を安全なセキュリティのもとで取引できるので、ぜひbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

Polygon(MATIC)の最新ニュース

次に、Polygon(MATIC)の最新ニュースを紹介していきます。

Polygon(MATIC)の将来性に期待している方は、ぜひ下記の最新ニュースをチェックしてみてください。

ディズニーのデジタルグッズ開発で協業

Polygon(MATIC)は2022年11月に、ディズニーとデジタルグッズの開発で協業することを発表しました。

具体的には、ウォルト・ディズニー・カンパニーとPolygonが協業し、デジタルコレクタブル分野で概念実証を行うというものです。

具体的な詳細や現在に至るまでの開発状況は明かされていませんが、世界的に知名度のあるディズニーとの提携は今後のPolygon(MATIC)価格に追い風となると期待されています。

2022年7月にPolygon(MATIC)はディズニーのスタートアッププログラムに選出されており、NFT関連でディズニーを牽引していくと考えられています。

最終テストネットのローンチ

2022年12月にPolygon(MATIC)は、最終テストネットのローンチをしたと発表しました。

ZK(ゼロ知識証明)ロールアップベース
レイヤー2スケーリングソリューション。トランザクションをオフチェーンで処理して、生成したものをイーサリアム・ブロックチェーンに保存すること。

ZK(ゼロ知識証明)ロールアップベースでは、高速での稼動含め、大量のトランザクション処理が可能となります。

スケーラビリティの改善から大きな期待が寄せられているアップデートです。

今回はテストネットの段階なので、最終的なメインネットローンチの予定こそ公表されていませんが、最終段階に入っていると考えられています。

NFTデビットカードをローンチ

Polygon(MATIC)は、モバイルバンクアプリ「Hi」と提携してNFTのミントができるデビットカードを発行すると発表しました。

NFTのミントとは
NFTを新たに発行・作成をすることの呼称。ブロックチェーン上にコンテンツをアップデートしてオンチェーン状態になることを指す。

カードにはMasterCardが採用されており、デビットカードとして通常の仮想通貨や法定通貨の決済も可能となっています。

ステーキング数に応じてカードのカスタマイズやリワード機能が解放される仕組みです。

\ 1円から投資可能!/

Polygon(MATIC)の特徴

Polygon(MATIC)はイーサリアムの問題を解決するために、サブチェーンを提供することを目的とするネットワークソリューションです。

MATICという名前は、Polygonの開発の初期段階に由来しています。

2017年10月にMaticNetworkとして立ち上げられた後、開発者は2021年の初めにPolygonとしてブランド名を変更しました。  

イーサリアムの代替となることを目指している

2013年にリリースされたイーサリアムは、その有用性からNFTやDeFiなど様々なサービスで利用されている分散型プラットフォームです。

しかし、イーサリアムはあまりに多用されているため、高額な手数料が発生することやトランザクションに非常に時間がかかるなどの問題を抱えています。

このような問題を解決するためにPolygon(MATIC)が使用されます。

Polygonは、MATIC サイドチェーンを利用して、さまざまなイーサリアムベースの分散型アプリを実行および連携します。

そのためPolygon(MATIC)は、イーサリアムや他のネットワークよりもはるかに安価で高速でトランザクションを実行することが可能です。

セカンドレイヤーネットワークソリューションを提供している

Polygon(MATIC)のセカンドレイヤー(サイドチェーン)はメインのイーサリアムブロックチェーンと一緒に実行される高速な並列ブロックチェーンとして機能します。

Polygon(MATIC)は高速な並列ブロックチェーンを作成し、メインのイーサリアムブロックチェーンにリンクします。 

Polygon(MATIC)にリンク(ブリッジ)することで、イーサリアムブロックチェーン上のさまざまなアプリケーションサービスを利用することが可能になります。 

Polygon(MATIC)は、地下鉄の急行列車のようなものです。

Polygon(MATIC)のネットワークは通常の列車と同じルートに沿って移動しますが、停車駅が少なくなるため、移動がはるかに速くなります(この例えでは、メインのイーサリアムブロックチェーンはローカル列車になります)。

PoS(プルーフオブステーク)を採用している

Polygon(MATIC)は独自のコンセンサスアルゴリズムとしてPoS(プルーフオブステーク)を採用しています。

PoSとは通貨の保有量が多いほどブロックチェーンを繋ぎやすくなる(マイニングの成功確率が上昇する)コンセンサスアルゴリズムです。

そのため、PolygonのトークンMATICを保有する量が多いほどブロックチェーンを生成しやすくなります。

Polygonの独自トークン(MATIC)が存在する

Polygonには、MATICと呼ばれる独自のトークンがあります。

これは、Polygonネットワークでの料金の支払い、ステーキング、およびガバナンス(MATIC保有者がPolygonプロジェクトの方向性や仕様の変更に投票できることを意味します)に使用されます。

MATICトークンは100億枚存在し、現在の市場での供給枚数は約78億枚です。

Polygon(MATIC)はbitFlyerでの取り扱いが開始されているので、ぜひこの機会にbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

Polygon(MATIC)の現在の価格動向

Polygon(MATIC)の現在の価格動向はどのような動きとなっているのでしょうか。

Polygon(MATIC)の現在の価格動向
Tradingviewの提供チャート

9月に入ってからPolygon(MATIC)の価格は緩やかに下降傾向となり、10月になってから徐々に上昇する傾向が見られます。

この価格の動きはビットコインを筆頭とした仮想通貨市場全体の動きに影響されていると考えられます。

9月は中国の恒大のデフォルトリスクに起因した世界的な経済不安によって投資市場が大きくリスク回避の動きとなりました。

そのため、仮想通貨市場の価格も下落傾向になったと考えられます。

また、10月の初めには、FRB議長のパウエル氏が仮想通貨に関してFRBは規制を敷くことはない、と仮想通貨を容認したとも取れる発言をしました。

それにより、2021年は大きく上昇を見せましたが、2022年は仮想通貨市場の不安定さにより大きく価格を下落させた状況です。

2022年11月には、大手取引所FTXの破産が影響して、さらに価格を下げました。

Polygon(MATIC)は国内取引所であるbitFlyerにて取り扱い開始されています。

\ 1円から投資可能!/

Polygon(MATIC)のこれまでの価格推移

Polygon(MATIC)の9月以前の価格推移を見てみましょう。

Polygon(MATIC)のこれまでの価格推移は以下のようになっています。

Polygon(MATIC)のこれまでの価格推移
  • 2019年4月上場後は価格が停滞
  • 2021年4月ごろに急騰
  • 2021年6月ごろからはレンジを形成

それぞれの価格推移について詳しく解説していきます。

2019年4月上場後は価格が停滞

Tradingviewの提供チャート

2019年の上場以降、Polygon(MATIC)はしばらく停滞の傾向が続いています。

この停滞の傾向は2021年4月ごろまで続きますが、2021年に大きく上昇します。

2021年5月ごろに急騰

Tradingviewの提供チャート

上場後の停滞を経た後、Polygon(MATIC)は2021年5月に価格が急騰しています。

4月の後半から5月の最も価格が上昇している時期までの約20日間で約600%上昇しています。

BFTやDeFiで最も使用されているのはイーサリアムですが、イーサリアムのブロックチェーンの問題で手数料が高騰することやトランザクションが遅いということが問題となり、イーサリアムに代替するネットワークを使用する流れができました

その代替するネットワークの一つがPolygon(MATIC)であり、その需要の増加に期待した投資家の買いにより価格が高騰したと考えられています。

2021年6月ごろからはレンジを形成

Tradingviewの提供チャート

5月の高騰以降は全体としてレンジ相場が多く見られました。

レンジ相場は先行き不透明なために市場の方向性が定まっていない状況であるということです。

NFT市場やDeFi市場も4月以降はしばらく落ち着き、Polygon(MATIC)などのイーサリアムの代替ネットワークのニーズが少しおさまったと考えられます。

その後は、急騰と急落が続き、2022年9月現在は下降トレンドの過程にあると言えるでしょう。

Polygon(MATIC)は国内取引所のbitFlyerで取り扱いされたので、ぜひこの機会にbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

Polygon(MATIC)の価格上昇のポイント

Polygon(MATIC)の価格上昇のポイントは以下の通りです。

Polygon(MATIC)の価格上昇のポイント
  • NFTやDeFiで利用される仮想通貨の需要上昇
  • 企業との提携
  • Polygon(MATIC)を利用したサービスのリリースや需要

それでは、それぞれのポイントについて解説していきたいと思います。

NFTやDeFiで利用される仮想通貨の需要上昇

2021年5月の高騰でも見られれるように、NFTやDeFiで利用される仮想通貨の需要が増加した場合はPolygon(MATIC)も価格が上昇する可能性が高いです。

また、NFTやDeFiで利用されるために需要が増加したイーサリアムの課題を解決しうる代替としての通貨としても需要が高まる可能性があります。

企業との提携や共同開発の発表

企業と提携した場合や共同開発を実施することが発表された場合も価格が上昇すると考えられます。

企業と提携するということはPolygon(MATIC)のサービス力や技術力が企業に認められたということです。

そのため、市場においてのPolygon(MATIC)の信用度が高まり、将来性が期待されて価格が上昇すると考えられます。

Polygon(MATIC)を利用したサービスのリリース

Polygon(MATIC)を利用したサービスのリリースやそのサービスの需要の増加もPolygon(MATIC)の価格に大きなプラスの影響を与えると考えられます。

Polygon(MATIC)が様々なサービスに利用されることで単純にPolygon(MATIC)の利用機会や需要が増加するため、Polygon(MATIC)が購入される機会が増えて価格が増加します。

また、Polygon(MATIC)を使用するサービスが人気になり利用者が増加するとさらにPolygon(MATIC)の需要が増加すると考えられます。

このような需要を期待して投資家がPolygon(MATIC)を購入し、価格が上昇することが考えられます。

Polygon(MATIC)は国内取引所のbitFlyerで取り扱い開始予定なので、ぜひこの機会にbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

Polygon(MATIC)の今度の見通し・予想

Polygon(MATIC)の価格の今後の見通しや予測は次の通りになります。

Polygon(MATIC)の今度の見通し・予想
  • イーサリアムの需要の増加に伴って価格が上昇する
  • 企業提携や企業による購入が増加する
  • ネットワークの開発が進み価格が上昇する

それでは、それぞれのポイントについてみていきたいと思います。

イーサリアムの需要の増加に伴って価格が上昇する

今後NFTやDeFiがますます普及した場合、イーサリアムなどNFTやDeFiに活用なプラットフォームを提供しているネットワークのトークンの需要が増加すると考えられます。

NFTやDeFiは仮想通貨業界を超えて様々なITサービスに活用されようとしています。

そのため、今後Polygon(MATIC)の利用機会も増加することが考えられます。

企業提携や企業による購入が増加する

前述の通り、企業提携は価格上昇の大きな要素の一つです。

今後Polygon(MATIC)の企業提携が進むことによって価格が上昇することが予想されます。

現在複数の企業がビットコインなどの仮想通貨や関連したETFなどを購入しています。

ネットワークの開発が進み価格が上昇する

Polygon(MATIC)は2022年に開発を終了することをめざしていますが、このネットワークの開発が順調に進捗し、終了することで技術の信頼性がさらに高まると考えられます。

また、提供したネットワークがハッキング被害に遭わずに運用されているということはPolygon(MATIC)の信頼性を高めることにもなります。

そのため、開発の進行やPolygon(MATIC)のネットワークの運用がスムーズにいくと価格上昇となると予測されます。

Polygon(MATIC)は国内取引所のbitFlyerで取り扱い開始予定なので、ぜひこの機会にbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

Polygon(MATIC)が購入できる取引所

Polygon(MATIC)は、国内取引所のbitFlyerとSBI VCトレードにて取り扱っています。

それぞれの取引所の特徴をチェックしてみましょう。

bitFlyer

bitFlyerトップ
名称bitFlyer(ビットフライヤー)
レバレッジ2倍
取り扱い通貨数18種類
BTC最低取引額0.001BTC
提供サービス取引所
販売所
bitFlyer Lightning
ステーキングリワードサービス
公式サイトbitFlyerの公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyer(ビットフライヤー)とは、株式会社 bitFlyer Holdingsが運営している仮想通貨取引所です。

bitFlyerでは、2022年8月よりPolygon(MATIC)の取扱いがスタートしました。

さらに、取引を行うことができる通貨数は18種類となっており、他の取引所と比べても比較的多くなっています。

取引に関する大半の手数料は無料となっており、お得に仮想通貨取引を始めることができます。

また、bitFlyerでは仮想通貨積立サービスである「bitFlyerかんたん積立」の提供を行っており、予め設定しておいた金額を毎月自動で積み立ててくれます。

また、仮想通貨取引初心者の方にも嬉しいサービス・キャンペーンが多く存在しているので、楽しみながら仮想通貨取引を続けることができる点も大きな特徴の一つとなっています。

また現在は、当サイトinvestNaviから申し込み+暗号資産の新規購入で3,000円相当のビットコインをプレゼントするお得なタイアップキャンペーンを実施しています。

タイアップキャンペーン

ぜひこの機会にbitFlyerの公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

SBI VCトレード

SBI-VC
取引銘柄14種類
取引手数料無料
最低注文数量500円
スマホ対応済み
公式HPSBI VCトレードの公式サイト
関連記事SBI VCトレードの評判

SBI VCトレードの運営元のSBIグループは、SBI証券や住信SBIネット銀行などをグループ会社としており、国内最大級のインターネット総合金融サービス事業を展開しています。

2022年10月よりPolygon(MATIC)の取扱いがスタートしており、銘柄数は続々と更新されている取引所です。

さらに、SBI VC トレードなら最低500円から仮想通貨を購入することが可能なため、少額から取引を開始したい方に最適です。

ぜひこの機会にSBI VCトレードの公式サイトをチェックしてみてください。

レバレッジ取引をするならSBI VCトレード

SBI VCトップ

暗号資産のレバレッジ取引をするなら、SBI VCトレードが最適です。

7銘柄のレバレッジ取引に対応しているほか、最狭水準のスプレッド環境が提供されているので、レバレッジ取引をしたい方にも向いています。

一般的なビットコインの(買いの場合)レバレッジ手数料は年率0.04%程度である場合が多いですが、SBI VCトレードでは年率0.004%を適用している手数料の安さも魅力です。

また、現物取引やレバレッジ取引だけでなく、貸暗号資産やステーキングなど豊富なサービスを提供しているので、幅広い用途で利用できます。

SBI VCトレードで扱っている全銘柄が預託の対象になるので、Polygon(MATIC)を保有しておけばすぐにレバレッジ取引をすることが可能です。

下落局面でも利益が出せるレバレッジ取引に興味がある方は、ぜひこの機会にSBI VCトレードの公式サイトをチェックしてみてください。

Polygon(MATIC)の買い方

bitflyer

国内大手であるbitFlyerでの取り扱いもスタートしたので、取引を検討している方はbitFlyer経由での取引を検討すると良いでしょう。

1. bitFlyerのアカウントを作成する

まず最初に、bitFlyerのアカウントを作成します。

本人確認手続きまで済ませておきましょう。

\ 1円から投資可能!/

2.bitFlyerに入金をする

次に、bitFlyerで通貨を保有したい分の日本円を入金しましょう。

bitFlyerでは、17種類の通貨を扱っているので、Polygon(MATIC)だけでなく様々なアルトコインでの取引も可能です。

入手したい分の金額を入金して、通貨保有に備えておきましょう。

3. Polygon(MATIC)を入手する

最後にbitFlyerの販売所からPolygon(MATIC)を入手します。

bitFlyerでのPolygon(MATIC)の扱いは取引所ではなく販売所となるので注意してください。

これでPolygon(MATIC)の入手は完了です。

Polygon(MATIC)に関するよくある質問

最後にPolygon(MATIC)に関するよくある質問を解説していきます。

Polygon(MATIC)への取引を検討している方は、不明点を解消してから取引をしてみましょう。

Polygon(MATIC)に将来性はある?

Polygon(MATICは、仮想通貨の時価総額ランキングでも上位に位置する期待されている通貨です。

現段階で様々な企業との提携や開発が行われているということで、高いポテンシャルを秘めている通貨と言えるでしょう。

ゲーム産業、NFT関連、ディズニー、音楽業界など様々な分野で提携が行われており、企業の参入も続々と増えています。

しかし、短期的には仮想通貨全体での価格変動が影響して下落する可能性は充分にあるので注意です。

PolygonとMATICの違いは?

Polygonはイーサリアムのブロックチェーンと連動しているレイヤー2やサイドチェーンのスケーリングソリューションです。

 MATICはPolygonのネイティブトークンで手数料やステーキングなどに利用される通貨となっています。

Polygon(MATIC)はどこで入手できる?

Polygon(MATIC)は複数の国内取引所で扱っているので、よっぽどの理由がない限りは国内取引所経由で取引をすると良いです。

扱っている国内取引所でも人気なのがbitFlyerです。

bitFlyerは高いセキュリティ水準が海外からも認められている取引所で、安心して利用することができます。

Polygon(MATIC)に興味がある方は、bitFlyerをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

仮想通貨Polygon(MATIC)のまとめ

Polygon(MATIC)はイーサリアムのサブチェーンを提供するネットワークプロジェクトです。

Polygon(MATIC)は今後dAppsがますます普及し、利便性を高めていく中で需要が高まっていくネットワークであると考えられます。

MATICの価格も需要に沿って今後上昇していくことが期待されます。

Polygon(MATIC)の今後の動きから目が離せませんね。

仮想通貨Polygon(MATIC)のまとめ
  • Polygon(MATIC)はイーサリアムの問題を解決するサブチェーンとして機能することを目的に開発されたネットワーク
  • 早くコストが低いトランザクションを実現ししている
  • イーサリアムの価格と連動しやすく、2021年にはdAppsの需要の増加の影響を受けて高騰している
  • 今後は開発の進捗や企業との提携などによって価格が上昇すると予測される
  • Polygon(MATIC)は国内大手bitFlyerで取り扱っている

Polygon(MATIC)は国内大手bitFlyerで取り扱っています。

気になる方は是非bitFlyer公式サイトを確認してみてください。

\ 1円から投資可能!/

目次
閉じる