NFT MAYCとは?特徴や価格動向・今後の将来性などを徹底解説

MAYCMutant Ape Yacht Club)は、2022年現在で非常に熱いNFTプロジェクトです。

MAYCについて知りたいけど、海外の英語サイトばかりでお困りの方も多いのではないでしょうか。

そのため、今回の記事では日本語でMAYCに関する情報をかなり詳しくまとめています。

MAYCについて詳しく知りたい方はこの記事をぜひ参考にしてください。

この記事の要点
  • MAYCは最大で2万種類のNFTコレクション
  • MAYCはBAYCの派生プロジェクト
  • 2022年現在のMAYCのフロアプライスは22.8ETH(約900万円)
  • MAYCの最高売却額はMutant ApeYacht Club #4849の350ETH(約1億4000万円)
  • MAYCやBAYCを保有しているとApeCoinがエアドロップ
  • MAYCを購入するためのETHはビットフライヤーで購入できる。

MAYCの購入を検討しているのなら、ETHを入手する必要があります。

ETHはビットフライヤーなどの国内取引所で購入することが可能です。

国内取引所であるビットフライヤーは初心者でも簡単に使用することができるので、興味のある方は下記のボタンから確認してみてはいかがでしょうか。

\ 1円から投資可能!/

目次

NFT MAYCとは?

https://twitter.com/apecoin/status/1504201556165644298?s=20&t=y8S3nqf6Ji8Rtx9Q27QF2w

YugaLabs社が提供する最大20000種類のNFTプロジェクトです。

MAYCのモチーフはBAYC(Bored Ape Yacht Club)が突然変異したものとされており、2021年8月28日にBAYC所持者に実質的にMAYCがエアドロップされました。

BAYCの派生プロジェクトということもあり、MAYCは注目されているNFTプロジェクトの1つです。

MAYCが発行されて以来、2022年現在までMAYCの取引価格と取引頻度は上昇を続けています。

NFT MAYCの特徴

ここではNFT MAYCの特徴を3つご紹介します。

MAYCの特徴
  • 伝説的なBAYCから派生したプロジェクト
  • BAYC所持者に実質的にエアドロップ
  • 仮想通貨APE発行で一躍注目

伝説的なBAYCから派生したプロジェクト

冒頭でも記述しましたが、MAYCはBAYCの派生プロジェクトとなっています。

BAYCとは、Yuga Lab社が運営している暇そうな類人猿がモチーフとされているNFTプロジェクトで、多くの著名人が購入していることが有名です。

購入している有名人の一例としては以下の人物たちが存在します。

BAYCを購入している著名人
  • 関口メンディー
  • ジャスティン・ビーバー
  • パリスヒルトン

BAYCは非常に人気なNFTプロジェクトであり、取引価格はたった1つで数千万円にも上ります。

そして、そのBAYCから派生したMAYCも高額での取引が行われており、取引の最高額は2022年現在で350ETH(1億3,000万円)です。

また、Yuga Lab社はBAYCブランドを使用した「Otherside」という新プロジェクトをおこなう予定です。

そのため、BAYCと関連性のあるMAYCは重要性が高まり、今後も取引価格の上昇が起こると考えられます。

BAYC所持者に実質的にエアドロップ

https://twitter.com/apecoin/status/1504201556165644298?s=20&t=y8S3nqf6Ji8Rtx9Q27QF2w

2021年8月21日にBAYC保有者へエアドロップされた「SERUMS」というNFTによってMAYCは生み出されています

SERUMSとMAYCの関係

・SERUMSはBAYC所持者に配られた怪しい化学薬品のような見た目のNFTです。BAYC所持者はこのSERUMSをBAYCに使用することで新たなNFT「MAYC」を生み出すことができるのです。

SERUMSには三種類あり、三種類それぞれがBAYC保有者にランダムで配られました。

SERUMSの種類
  • M1 Mutant Serum
  • M2 Mutant Serum
  • (M3)Mega Mutant Serum

三種類のSerumは配られた個数も違い、M1が7500個M2が2492個M3が8個です。

前述の通り配られたM1~M3をBAYCに使用することでMAYCが新しく生成されます。

MAYCが生成されるルール
  • 同じ種類のSerumは一度しか使用できない
  • 使用したSerumはバーン(消える)される
  • Serumを使用すると元のBAYCは残り、新しくMUYCが生成される
  • M1とM2を使用すると元のBYACを原型としたMAYCが生成される
  • M3を使用すると元のBAYCの形を留めていない全く新しいMAYCが生成される

上記のルールのとおりM1とM2を使用すると、元のBAYCを原型としたMAYCが生成されます。

下記の画像のようなイメージです。

https://twitter.com/apecoin/status/1504201556165644298?s=20&t=y8S3nqf6Ji8Rtx9Q27QF2w

ただし、M3を使用した場合は公式が「Who Knows(知るか)」というメッセージを出している通り、全く新しい形のMAYCが誕生します。

上記のルールやエアドロップされた数から、M3のSerumは非常にレアリティの高いNFTとされており、2022年現在で、1542ETH(約5億円)という価格で取引が行われています。

そしてM3はエアドロップされた8個中、世界で2個しか現存しません。

ちなみに、M3を使用して生成されたMAYCは、Mega Mutant Apeと呼ばれています。

Mega Mutant ApeはM3によって生成されたものと、販売されたものを合わせると全部で11体存在します。

Mega Mutant Apeを下記にまとめているのでご覧ください。

現在MAYCの購入に必要なETHはビットフライヤーで入手することが可能です。

興味のある方は下記のボタンから公式サイトを確認してみましょう。

\ 1円から投資可能!/

仮想通貨APE発行で一躍注目

以前からMAYCは、OpenSeaの取引量ランキング上位でしたが、ApeCoin発表後のMAYCはより一層注目されています。

ApeCoinとはBored Ape Yacht Club(BAYC)を基盤とした仮想通貨であり、ApeCoin DAOが管理をしています。

ApeCoin発行時にはこのようなツイートがなされました。

https://twitter.com/apecoin/status/1504201556165644298?s=20&t=y8S3nqf6Ji8Rtx9Q27QF2w

このツイートによってApeCoinが発表され、同時にBAYCやMAYCも取引量が増えました。

また、ApeCoin公式には以下のようなツイートもありました。

https://twitter.com/apecoin/status/1504201556165644298?s=20&t=y8S3nqf6Ji8Rtx9Q27QF2w

ツイートの内容を簡単に要約すると、BAYCやMAYC保有者にはApeCoinのエアドロップがあるというものです。

「ApeCoinの発行による今後の期待」と「BAYCとMAYC保有者へApeCoinのエアドロップの発表」があったので、大きな追い風となり、MAYCの取引量が増えたと言えるでしょう。

NFT MAYCの価格動向

https://twitter.com/apecoin/status/1504201556165644298?s=20&t=y8S3nqf6Ji8Rtx9Q27QF2w

2022年現在のフロアプライス(最低取引価格)は22.8ETHとなっています。

そして、上記画像は2022年現在のOpenSeaにおけるMAYCの平均販売価格の推移です。

2月初旬に平均売却価格のピークを迎えて、初旬まで平均売却価格は下がり続けていました。

ただし、ApeCoinの発表が行われた2022年3月17日から平均売却価格が上がっています

今後もApeCoinが盛り上がれば、MAYCの価格も上昇していくと考えられるでしょう。

また、BAYC自体がもはやNFTの中では非常に特別な扱いを受けています。

BAYCのコミュニティが広がれば広がるほど、MAYCも高騰すると言えるでしょう。

超高額なMAYC

https://twitter.com/apecoin/status/1504201556165644298?s=20&t=y8S3nqf6Ji8Rtx9Q27QF2w

OpenSeaのなかで高額取引されたMAYCを4種類ご紹介します。

これらは全部、先ほどご紹介したMega Mutant Apeというレアな括りの中に含まれています。

Mutant Ape Yacht Club #4849

https://twitter.com/apecoin/status/1504201556165644298?s=20&t=y8S3nqf6Ji8Rtx9Q27QF2w

Mutant Ape Yacht Club #4849は悪魔の形をしたMAYCです。

他のMAYCがゾンビのような見た目が多いことを考えると一際異彩を放っていると言えるでしょう。

2022年現在、Mutant Ape Yacht Club #4849は最高350ETH(1億3,000万円)の値段がついた記録があります。

350ETHはMAYCのなかで最も高額な取引価格です。

ただ、Mutant Ape Yacht Club #4849は現在、販売がおこなわれていません。

そのため、購入するには所有者へオファーを出す必要があります。

Mutant Ape Yacht Club #1796

https://twitter.com/apecoin/status/1504201556165644298?s=20&t=y8S3nqf6Ji8Rtx9Q27QF2w

Mutant Ape Yacht Club #1796は放射線防護服を着たMAYCです。

2022年現在、Mutant Ape #1796は最高335ETH(日本円で約1億2,000万円)で取引された記録があります。

Mutant Ape Yacht Club #1796も現在販売されていないので、オファーを出す必要があります。

ただ、Mutant Ape Yacht Club #1796の所有者は、ころころと変わっているので、ETHを積めば入手できる可能性はあるでしょう。

Mutant Ape Yacht Club #6957

https://twitter.com/apecoin/status/1504201556165644298?s=20&t=y8S3nqf6Ji8Rtx9Q27QF2w

Mutant Ape Yacht Club #6957は体がスケルトンになったMAYCです。

2022年現在、Mutant Ape Yacht Club #6957は最高250ETHで(約9,000万円)で取引された記録があります

Mutant Ape Yacht Club #9209

https://twitter.com/apecoin/status/1504201556165644298?s=20&t=y8S3nqf6Ji8Rtx9Q27QF2w

Mutant Ape Yacht Club #9209は体が植物になったMAYCです。

2022年現在、Mutant Ape Yacht Club #9209は最高222ETH(約8,000万円)で取引されています。

NFT MAYCの今後の将来性・見通し

MAYCは今後どうなっていくのでしょうか。

ここでは、MAYCの今後の見通しについて解説します。

解説する内容は以下のとおりです。

MAYCの今後の見通し
  • ApeCionの価格動向
  • Othersideの展開
  • プロジェクトの進捗

ApeCoinの価格動向

https://twitter.com/apecoin/status/1504201556165644298?s=20&t=y8S3nqf6Ji8Rtx9Q27QF2w

MAYCの価格はApeCoinの価格動向によって左右されます。

ApeCoinはMAYCにも関連するトークンです。

ApeCoinが上がれば上がるほど、ApeCoinの元となったMAYCも注目されるでしょう。

つまり、逆にApeCoinの価格が下がるということは、BAYC・MAYCへの期待がなくなるということです。

MAYC保有者もしくは、MAYC購入希望者ApeCoinの価格動向に注意が必要です。

Othersideの展開

Othersideとは、BAYCを手掛けるYuga Labs社の新しいプロジェクトです。

下記動画がOthersideのティーザー映像となっています。

https://twitter.com/apecoin/status/1504201556165644298?s=20&t=y8S3nqf6Ji8Rtx9Q27QF2w

2022年現在、Othersideの詳細はまだ明らかになっていません。

ただOtherside内で、ApeCoinを活用するのは決まっています。

なので、このOthersideがうまくいかないと、ApeCoinの価格も下がりMAYCも釣られて下がる可能性があります。

プロジェクトの進捗

Yuga Labs社が行うBAYCのプロジェクトは活発です。

BAYCに関連するプロジェクトは以下の通りです。

BAYC関連プロジェクト
  • 2021年4月 BAYC販売
  • 2021年8月 MAYCを実質エアドロップ
  • 2022年3月 ApeCoin発行
  • 2022年3月 Othersideを発表

このように1年間で、様々なBAYCに関連するプロジェクトがおこなわれています。

BAYCに関連するプロジェクトが一向に進まなかったり、飽きられてしまうとMAYCの価格も下がってしまう可能性があります。

仮想通貨・NFTの世界はとにかく流れが早いのが特徴ですので、有名プロジェクトであればあるほど、しっかりとした今後の展開を求められると言えるでしょう。

NFT MAYCの入手方法

MAYCの購入方法をご紹介します。

購入には以下の3つの手順で購入することができます。

MAYCの購入方法
  • 手順1 国内取引所でイーサリアムを入手する
  • 手順2 購入したイーサリアムをメタマスクに送金する
  • 手順3 OpenSeaを使用して送金したイーサリアムでMAYCを購入する

MAYCを購入するには、国内取引所でイーサリアムを入手する必要があります。

そして、入手したイーサリアムをメタマスクへ送金することでMAYCを購入する準備が整います。

そのため、MAYCを購入するためには、まずビットフライヤーなどの国内取引所でETHを購入する必要があります。

ぜひ、この機会に公式サイトを確認してみてください。

\ 1円から投資可能!/

NFT MAYCのまとめ

今回の記事では、MAYCについて詳しくまとめました。

2022年3月のMAYCの価格は高く、非常に手が出しづらい状況ですが高くてもMAYCを購入したいという方はOpenSeaでリサーチしてみてはいかがでしょうか。

最後にMAYCのまとめをして終わりにします。

MAYCのまとめ
  • MAYCは最大で2万種類になる予定のNFTプロジェクト
  • MAYCはBAYCの派生したプロジェクトである
  • 350ETHで売却されたMAYCがある
  • ApeCoinの発行によってMAYCの取引高がOpenSeaで一時的に2位になった
  • MAYCを購入するにビットフライヤーなどから仮想通貨をメタマスクに送金する必要がある

MAYCはNFTマーケットプレイスであるOpenSeaで購入できます。

OpenSeaを利用するには、ビットフライヤーなどの国内取引所の口座開設メタマスクのアカウントを作成しましょう。

ぜひ、一度公式サイトを確認してみてください。

\ 1円から投資可能!/

目次
閉じる