【流行中】人気のNFTスポーツとは?仕組みや特徴、購入方法を徹底解説

一点数億円以上で取引されることもあり、今大きな盛り上がりを見せているのがNFT市場です。

NFTにはブロックチェーンの仕組みが採用されており、デジタルデータに唯一無二の価値を付与できます。

最近では有名アスリートのブロックチェーンカードゲームなども多数リリースされ、NFTスポーツ分野も活況です。

有名な選手のカードを手に入れれば高額で売却することもできるため、資産運用にも利用できます。

本記事では、そんなNFTスポーツの特徴や仕組み、選手データの購入方法を解説します。

この記事の概要

もしNFTプラットフォーム選びに迷っているなら、独自のNFTマーケット「Coincheck NFT (β版)」を使えるコインチェックがおすすめです。

コインチェックではNFTを購入するために必要となる仮想通貨を購入でき、口座を開設するだけでスムーズにNFTスポーツのコンテンツを取引できます。

口座開設は無料なので、ぜひこの機会にコインチェックに登録してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

NFTスポーツとは

NFTスポーツを理解するためには、まずNFTの仕組みを知る必要があります。

NFTとは「Non Fungible Token」の略で、「代替不可能なトークン(財)」という意味です。

もともと「代替可能なトークン(Fungible Token)」には、ビットコインイーサリアムといった誰もが知る代表的な仮想通貨(暗号資産)があります。

こうした仮想通貨は一つひとつの通貨に独自性がなく、ほかの仮想通貨や現金と交換できる点が特徴です。

一方、NFTの場合はそれぞれのトークンに固有の性格があり、ほかの仮想通貨や現金と交換することはできません。

たとえば世界に一つしかないアート作品やゲームのキャラクター、不動産といった財は唯一性を有していることもあり、NFTに分類できます。

NFT化が進んでいるコンテンツ

NFTにはブロックチェーン技術が活用されており、その仕組み自体が改ざんや複製を困難とすることから、固有の財にはさらに唯一無二の価値が証明される仕組みです。

そのNFTの仕組みをスポーツ分野にあてはめたものが、NFTスポーツということになります。

NFTスポーツの特徴や仕組み

では、NFTスポーツにはどのような特徴や仕組みがあるのでしょうか。

ここではNFTスポーツの基本知識を簡単に解説していきます。

所有者が明確なコンテンツを利用できる

複製が難しく唯一性が確保されるのがブロックチェーンの仕組みですが、NFTによってその技術を応用すると所有者や真証性を付与できます

たとえば、NFTスポーツでよく活用されているコンテンツとしてトレーディングカードゲームが挙げられます。

世界にはNFTスポーツを利用できるプラットフォームが用意されており、ユーザー(カードゲームのプレイヤー)はそのプラットフォーム内でユーザー同士によるカード交換を行えます

サッカーやバスケなど有名なクラブチームの選手カードを収集し、チームを編成、リアルタイムの試合における選手の成績がスコアとなり、手持ちカードの総合スコアを他ユーザーと競い合う仕組みです。

本来は、こうしたカードゲームのコンテンツは誰もが複製でき、皆が一様にレアカードを保有できるという問題点がありました。

しかし、ブロックチェーン技術を活用したNFTスポーツではカードそれぞれに唯一性が確保されており、複製が困難になっています。

よって希少性の高いカードには高い価値が付与され、プラットフォーム内では高い値で売買されています

NFTスポーツのゲーム内アイテムは資産性がある

カードゲームのアイテムが代替不可能になることで、そのアイテムには資産性が生まれます。

仮に唯一無二のレアカードを手に入れることができれば、それは非常に希少性の高いアイテムなのでほかの多数のプレイヤーが欲しいと思うでしょう。

するとレアカードの価格が高くなり、ときには1枚数千万円(クリスティアーノ・ロナウドのカードは約3,200万円で取引された)という高額で売買されることもあります。

こうしたレアカードは、企業やスポーツチーム公認のカードゲームで高い成績をおさめると獲得できることが多いです。

プラットフォーム内のカードはETHを利用して購入可能

プラットフォームで売買される選手のカードは、仮想通貨の一つであるイーサリアム(ETH)を利用して購入できます

これはNFTスポーツの取引がイーサリアムネットワークを介して行われるからです。

よって仮想通貨取引所などで現金をイーサリアムに替え、専用のウォレットとNFTプラットフォームを連携させると、誰でも選手カードを手に入れられます。

イーサリアムを購入するなら、国内最大級の仮想通貨取引所であるコインチェックがおすすめです。

口座開設はオンライン上で完結し、費用などは一切かからないのでぜひこの機会にコインチェックの利用を開始してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTスポーツの実例

現在、NFTはスポーツ分野以外にアートや音楽業界でも盛り上がりを見せています。

日本でも、国内を代表するアーティスト村上隆氏がNFTプラットフォーム上でオリジナルアートを販売するなど、世界中でNFTが注目されています。

スポーツ分野でも、有名スポーツチームやスポーツ団体、あるいは選手個人でNFTコンテンツを提供する例が増加しました。

ここでは、NFTスポーツの実例を複数ご紹介します。

埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズは、2021年9月7日よりNFTコンテンツの販売を「LIONS COLLECTION(ライオンズコレクション)」にて開始しました。

NFTコンテンツの販売は、日本プロ野球界初の取り組みです。

今回販売するコンテンツは、「栗山巧外野手の通算2,000本安打達成記念のパネル」など計4種類にのぼります。

コンテンツはすべて選手のサイン入りで、最低20万円から落札可能です。

現在はまだコンテンツ数が少ないものの、将来的にはファン同士がコンテンツの売買や譲渡ができる二次流通機能の実装を予定しています。

Jリーグオフィシャルライセンスゲーム

jリーグオフィシャルライセンスゲーム

2021年8月12日、OneSportsとアクセルマーク株式会社は、2社で共同開発を進めるブロックチェーン型スポーツゲームでJリーグとライセンス契約を締結しました。

Jリーグと提携することで、本ゲームにはJ1・J2リーグ所属の全42クラブ800名以上の選手が実名実写で登場します。

ユーザーはクラブのオーナー兼監督となり、自分自身のクラブチームを作成してリーグ優勝を目指すというシミュレーションゲームです。

ゲーム内で育成した選手カードはNFT化され、専用のプラットフォームを介して売買を行えます

有名な選手や自分が育てた強力な選手には高い希少性が生まれ、高額な取引額が付くという仕組みです。

リオネル・メッシ氏

ETHERNITY CHAIN

NFTプラットフォームの一つである「Ethernity Chain」では、2021年8月20日よりサッカー・アルゼンチン代表のリオネル・メッシ氏のNFTコンテンツを発売しました。

マーベルやディズニーで活躍したこともあるオーストラリア人アーティストBosslogic氏がデザインを手がけ、そのコレクションは「The Messiverse(メッシバース)」と呼ばれます。

同プラットフォームでは、メッシ氏のほかにサッカー界のレジェンドであるペレ氏のコンテンツも販売しています。

NBA Top Shot

nba top shot

NBA Top Shotとは、ブロックチェーンゲーム「Crypto Kitties」を提供するDapper LabsとNBAが共同で開発したデジタルカードです。

コンテンツは、選手のハイライトを撮影した10~20秒の動画が複数おさめられたパッケージ製品で、「Moment」と呼ばれます。

各パッケージには「Common」や「Rare」、「Legendary」といった希少性を表す指標が設定されており、貴重なものほど高額な販売金額となります

すでに大きな盛り上がりを見せており、2021年2月末までの取引額は2億3,000万ドルにも達しました。

NFTスポーツが売買されているマーケットプレイス

NFTスポーツが取引されている有名なマーケットプレイス(プラットフォーム)は以下の通りです。

NFTスポーツが売買されているマーケット
  • コインチェック
  • OpenSea
  • Rarible

それぞれのマーケットについて詳しく解説していきます。

コインチェック

仮想通貨取引所のコインチェックは、NFTコンテンツが売買できる「Coincheck NFT(β版)」を展開しています。

2021年8月10日より、Coincheck NFTでは、世界140以上のクラブとライセンス提携したファンタジーフットボールゲーム「Sorare」の取り扱いを開始しました。

ネイマール選手やスアレス選手、長友選手といった49名のレアカードをCoincheck NFTにて限定販売しており、購入したカードはSorareのゲーム内で使用できます

Sorareは現実世界のスコアが反映されるブロックチェーンカードゲームです。

NFTプラットフォームで購入した選手カードを組んでチームを構成し、保有するカードの選手が実際の試合で活躍すると高スコアを獲得し、報酬や賞品を獲得できる仕組みです。

OpenSea(オープンシー)

OpenSeaは、おすすめNFTマーケットプレイスでも紹介されている世界最大規模を誇るNFTマーケットプレイスです。

プラットフォーム内ではアート作品やゲームのキャラクターなどが出品されており、誰もがオリジナル作品の販売または購入ができます

2021年7月には、eスポーツのサッカーチームBlue United eFCがチーム公式NFTコンテンツをOpenSeaにて発行しました。

コンテンツに対する落札額に応じて、同チーム所属選手のサイン入りユニフォームや特別プライベートレッスンといった権利を獲得できます。

Rarible(ラリブル)

RaribleでもNFTスポーツコンテンツが販売されており、プラットフォームを介してコンテンツの出品や購入が可能です。

Raribleは他社プラットフォームに比べて出品中の作品が安く、まずは手軽にNFTの取引を始めてみたい人に向いています

UI(ユーザーインターフェース)もシンプルで扱いやすい点が特徴です。

ただし、取引手数料にあたるガス代が高額なので、運用コストがかかりやすい点には注意しなければなりません。

NFTスポーツの購入方法

NFTスポーツのコンテンツを購入するには、Coincheck NFT (β版)とOpenSeaを活用する主に2種類の方法があります。

上記2つのプラットフォームはNFTスポーツの作品数が多く、初心者にも使いやすい点が特徴です。

それぞれの購入方法について詳しく解説していきます。

コインチェック(β版)で購入する

では、先にCoincheck NFTでコンテンツを購入する方法を解説します。

コインチェックのアカウント作成

まず、コインチェックで会員登録を行います。

コインチェック公式サイト」にアクセスし、トップページ上部にある「会員登録」のボタンをクリックしましょう。

会員登録画面へ移行するので、登録したいメールアドレスとパスワードを設定してください。

すると登録したアドレス宛にメールが届くため、なかにあるURLをクリックします。

メールアドレスに間違いがなければ以下のような会員専用ページへ移行します。

次に、管理画面中央にある「本人確認書類を提出する」をクリックしましょう。

すると以下のような電話番号認証画面が表示されます。

「電話番号」の枠内に自分の携帯電話番号を入力し、「SMSを送信する」をクリックします。

すると手持ちの携帯電話にSMSが届くので、なかにある6桁の認証コードを入力欄に記載してください。

次の画面では本人確認を行いますが、「かんたん本人確認」を選ぶと簡単に設定できるので便利です。

運転免許証やパスポートといった本人確認書類を写真に撮り、その画像をアップロードすれば登録は完了します。

コインチェックへの入金と仮想通貨の購入

アカウント登録が完了した後は、コインチェックに入金してコンテンツを購入する原資を用意します。

入金は銀行振込とコンビニ入金の2つの方法から選べ、少額での入金も可能です。

始めのうちは分からないことも多いかと思いますので、少額から入金してNFTプラットフォームに慣れていきましょう

なお、Coincheck NFTを利用する場合、ETHかIOSTの仮想通貨を購入することをおすすめします。

Coincheck NFTに出品する多くの人が、上記2種類の仮想通貨での受け取りを許可しているためです。

NFTマーケットでコンテンツを購入

最後に、実際にCoincheck NFTにてコンテンツを購入してみましょう。

コインチェック会員ページの左側メニュー「Coincheck NFT(β版)」をクリックするとNFTマーケットにアクセスできます。

NFTマーケットには以下のように複数のコンテンツが並んでいます。

新着欄のなかから自分が売買したいコンテンツを選ぶか、検索欄に条件を入力して好みのコンテンツを探しましょう

コンテンツをクリックすると詳細ページに移行し、購入金額と共に「購入確認」というボタンが現れるため、そのボタンをクリックすることで購入が完了します。

OpenSea(オープンシー)で購入する

OpenSeaでNFTスポーツを購入する方法は以下の通りです。

OpenSea内でのNFTスポーツ購入方法
  1. コインチェックなどで仮想通貨を購入する
  2. MetaMaskといった仮想通貨ウォレットを作成する
  3. 仮想通貨取引所からウォレットに購入した仮想通貨を入金する
  4. OpenSeaにアカウント登録し、上記のウォレットを連携させる
  5. 目的のNFTスポーツコンテンツを探して購入する

OpenSeaでの購入方法については、より詳細に解説している記事もありますので、詳しく知りたい人はそちらを参考にしてください。

NFTスポーツを購入するならコインチェック(β版)がおすすめ

コインチェック公式

NFTスポーツのコンテンツを購入する場合、Coincheck NFT(β版)がおすすめです。

コインチェックは仮想通貨取引所でもあり、NFTコンテンツを購入する原資を購入できます。

その原資を使ってスムーズにNFTマーケットで取引できるため、ほかのNFTプラットフォームよりも手続きがスムーズです。

手元に余った仮想通貨は取引所内で投資や資産運用に回せるため、活用シーンの幅が広がります。

口座開設や口座維持に費用はいっさいかからないため、さっそくコインチェックで口座を開設してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTスポーツのまとめ

今回は、NFTスポーツの仕組みや特徴をご紹介しました。

NFTスポーツの基本知識や取引方法が理解できたのではないでしょうか。

最後にここまでお伝えした内容をまとめてみました。

この記事のまとめ
  • NFTスポーツでは、専用プラットフォームを介して有名選手のコンテンツを取引できる
  • 購入したコンテンツには資産性があり、ゲームで使用することもできれば希少性のあるコンテンツを売って資産化も可能
  • 選手カードを使ったブロックチェーンゲームや選手のサイン入りアイテムの取引など、NFTスポーツ分野は大きな盛り上がりを見せている
  • NFTスポーツを売買できる主なプラットフォームは、コインチェックとOpenSea、Raribleの3つ
  • 取引所で仮想通貨を買い、ウォレットに送金後にマーケットでコンテンツを購入するのが基本的な流れ

NFTスポーツの取引を行うなら、仮想通貨取引所のコインチェックに登録しておきましょう

コインチェックでは取引所で仮想通貨を購入でき、その仮想通貨をマーケットプレイスである「Coincheck NFT(β版)」にてコンテンツ売買に活用できます。

とてもスムーズにNFT取引ができるため、コインチェックに登録しておいて損はありません。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる