仮想通貨ONE(ハーモニー/Harmony)とは?今後の見通しや予想、将来性を徹底解説!

Harmony(ONE)は、dAppsなどのデジタル資産の作成や使用をより円滑に行うことを目指す分散型プラットフォームです。

独自の技術を用いてブロックチェーンのスケーラビリティに対応し、より多くの人が利用可能な実用的なプラットフォームを提供することを目指しています。

今回はHarmony(ONE)の特徴や価格の動向、今後の価格の予測について説明していきます。

Harmony(ONE)に興味がある方、入手を検討している方はぜひ本記事を参考にしてみてください。。

この記事の概要
  • Harmony(ONE)はデジタル資産の作成・取引プラットフォームを提供するブロックチェーンプロジェクト
  • FBFTやシャーディング技術など、独自のコンセンサス技術をブロックチェーンに適用することでスケーラビリティを解決することを目指しています
  • Harmony(ONE)の価格は取引所への上場や企業との提携に影響を受けて上昇する傾向にある
  • 今後はdApps関連技術への需要や企業との提携の拡大に影響を受けて価格が上昇する可能性がある
  • 国内取引所の取り扱いがないため、入手の際はコインチェックなどの国内取引所でHarmony(ONE)の取引ペアを用意し、海外取引所に送金すると良い

Harmony(ONE)は国内取引所での取り扱いがありませんので入手の際は国内取引所でHarmony(ONE)の取引ペアを保有し、海外取引所に送金してHarmony(ONE)を取引するようにしましょう。

国内取引所は初心者向きとして人気の取引所、コインチェックが最適です。

コインチェックは丁寧なガイダンスを用意しており、安心してアカウント作成から取引まで行うことができます。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

目次

仮想通貨Harmony(ONE)とは?

仮想通貨名Harmony(ONE)
シンボルONE
価格(2022年11月現在)¥1.95
時価総額(2022年11月現在)¥24,842,537,472
時価総額順位(2022年11月現在)125位
取り扱い取引所国内取引所での取り扱い無し
公式サイトhttps://www.harmony.one/
2022年11月17日の値

Harmony(ONE)は、ユーザーがスケーラブルで相互運用可能なサービスを利用しながら、dAppsなどのデジタル資産を作成・共有・取引可能にする2019年にリリースされたブロックチェーンプラットフォームです。

独自の技術を活用することで既存のブロックチェーンの課題を解決しながら、様々な企業とコラボレーションすることで拡張していくことを目指しています。

Harmony(ONE)は海外取引所のみの取り扱いのため、取引の際は国内取引所でHarmony(ONE)の取引ペアを保有し、海外取引所に送金して海外取引所で入手する必要があります。

国内取引所で取引ペアを入手する際はコインチェックの利用が最適です。

コインチェックはサイトのデザインがシンプルで分かりやすいため、初めてでもすぐに操作に慣れることができます。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

Harmony(ONE)の特徴

Harmony(ONE)はどのような特徴を保有しているのでしょうか。

ここでは、主要なHarmony(ONE)の特徴を紹介します。

Binanceに端を発するスタートアップが設立

Harmony(ONE)は仮想通貨に関する研究者であるStephen Tse氏を中心とした開発チームによって2019年にリリースされ、Binanceに上場されました。

Harmony(ONE)はBinanceのスタートアップアクセラレータープログラムに採択されたスタートアップベンチャーです。

Binance Labというバイナンスのベンチャーキャピタルから約5億円を調達しています。

デジタル資産のマーケットプレイスを提供

Harmony(ONE)はデジタル資産の交換が可能な分散型のマーケットプレイスの提供を目指しています。

Harmony(ONE)のマーケットプレイス上では、NFTなどのdAppsなどのデジタル資産を作成、共有、交換など行うことができます。

Harmony(ONE)はマーケットプレイスの他にもデータ共有、サプライチェーンの追跡、広告の取引、信用格付けシステム、ゲームなどをプラットフォーム上で利用可能にすることを目指しています。

独自のコンセンサス技術を適用している

Harmony(ONE)は独自のシステムやアルゴリズムを適用することでブロックチェーンが保有するケーラビリティ問題に対応することを目指しています。

FBFTを採用している

Harmony(ONE)は高速ビザンチンフォールトトレラント(FBFT)をコンセンサスプロトコルとして採用しています。

高速ビザンチンフォールトトレラント(FBFT)とはコンセンサスプロトコルの一つです。

一部のノードが障害を起こしたり、不正を働く動きを行った場合もコンセンサスプロセスを実行することができます。

これによって取引が増加したとしても早いブロックチェーンの生成が可能となります。

シャーディング技術を活用

Harmony(ONE)はブロックチェーンベースのトランザクション速度を上昇するために、シャーディング技術を適用しています。

シャーディングとはノードをグループに分け、トランザクションの処理をグループで分担して行うことでトランザクション処理の負荷を軽減する技術です。

この技術を適用することによってHarmony(ONE)のブロックチェーンのスケーラビリティが担保され、処理スピードも早くなります。

また、Harmony(ONE)は承認アルゴリズムにPoSを適用することでよりシャーディング技術の効果を高めています。

IEOで上場している

Harmony(ONE)はトークンの発行において一般的なICOではなく、IEOという方法を採用しています。

IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、トークン発行を取引所を通して実施する方法のことです。

IEOを実施する場合、取引所の厳しい審査を通る必要がありますので、そのコインの信用性が取引所によって担保された形で発行を行うことが可能です。

Harmony(ONE)はBinanceを通してIEOを実施しています。

著名な企業と提携している

Harmony(ONE)は2021年3月末に著名なスタートアップベンチャーのAnimoca Brandsと提携しています。

Animoca Brandsはドラえもんのゲームの開発などで大きく成長し、現在フィナンシャル・タイムズ紙の「アジア太平洋地域の急成長企業ランキング2021」のランキングに載るゲーム会社です。

Animoca Brandsはブロックチェーンゲームに特化しており、今後Harmony(ONE)とのコラボレーションが期待されます。

他にも、Harmony(ONE)はTerraなどの複数の著名な仮想通貨プロジェクトとも提携を行っています。

Harmony(ONE)は国内取引所では取り扱っていませんので国内取引所でHarmony(ONE)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して海外取引所で購入する必要があります。

国内取引所の利用は有名な老舗仮想通貨取引所であるコインチェックが最適です。

コインチェックは2014年から営業しており、取引所の運営ノウハウが蓄積されているため、利用者にとって心地よいサービスを提供します。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

Harmony(ONE)の現在の価格動向

Harmony(ONE)の現在の価格はどのようになっているのでしょうか。

Harmony(ONE)の現在の価格動向
引用:Trading Viewの提供チャート

Harmony(ONE)は9月の中頃から約50%下落し、その後10月になってから約120%上昇しています。

この傾向は仮想通貨市場全体の動きに影響を受けていると思われます。

2021年9月は中国が仮想通貨を全面的に禁止したことや中国の不動産企業である恒大のデフォルト危機の影響を受けて仮想通貨全体の価格が下落しました。

また、10月の初めには、FRB議長のパウエル氏がFRBは仮想通貨を禁止する予定はないと、仮想通貨を容認するとも取れる発言をしたことを受けて仮想通貨全体で大きく価格が上昇しています。

2022年の始めまで高値更新が続いていましたが、2022年上半期は仮想通貨市場の冷えこみに連動して大きく価値を落とした状況です。

さらに2022年11月は大手FTXの破綻騒動が影響して大きく価格を落としています。

Harmony(ONE)は海外取引所のみの取り扱いのため、取引の際は国内取引所でHarmony(ONE)の取引ペアを入手し、海外取引所に送金して海外取引所で保有するようにしましょう。

まだ国内取引所でアカウント作成をしていない方はコインチェックが最適です。

コインチェックはアプリの操作がシンプルで分かりやすく、外出先でも気軽に仮想通貨の価格をチェックしたり、購入することが可能です。

まずは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

Harmony(ONE)のこれまでの価格動向

Harmony(ONE)はこれまでどのような価格動向だったのでしょうか。

2019年の上場後の価格の動きを見てみましょう。

Harmony(ONE)のこれまでの価格動向
  • 2021年以前の価格は停滞傾向
  • 2021年4月ごろ急騰
  • 2021年8月ごろは価格が落ち着いて停滞

2021年以前の価格は停滞傾向

引用:Trading Viewの提供チャート

2019年のリリース後、Harmony(ONE)は0.005ドル程度でしばらく低調が続きます。

2020年に8月末にBinanceUSへの上場などがあり、価格は少々上下しますが、大きな価格の動きは2021年に入ってから見られるようになります。

2021年4月ごろ急騰

引用:Trading Viewの提供チャート

2021年4月ごろになって価格は大きく急上昇します。

3月から4月にかけての1ヶ月で価格は約664%上昇しました。

この急騰は4月ごろにかけてdApps関連の仮想通貨のニーズが上昇したことにあると考えられています。

Harmony(ONE)はゲームなどのデジタル資産を交換可能なプラットフォームであり、dAppsを交換可能でもあります。

そのため、dApps関連銘柄のニーズの上昇の傾向に影響を受けて価格が上昇したことが考えられます。

また、同年3月31日にHarmony(ONE)はAnimocaBrandsというゲーム会社と提携しています。

AnimocaBrandsと提携することで市場からの注目を大きく集め、3月から4月の暴騰後もやや高値で価格が推移しています。

2021年8月ごろは価格が落ち着いて停滞

引用:Trading Viewの提供チャート

2021年6月ごろには暴騰していた価格は落ち着き、8月にかけてやや低調に推移しています。

これはdAppsのニーズ上昇による価格暴騰が一旦収まったことを表していると考えられます。

ONE現在の価格動向
引用:Trading Viewの提供チャート

その後は、仮想通貨市場全体の動きに連動して上昇・下落を繰り返し、現在は約¥1.94で取引されている状況です。

Harmony(ONE)を購入する場合は国内取引所でHarmony(ONE)の取引ペアを保有し、海外取引所に送金して海外取引所で入手しましょう。

国内取引所の利用では、利用者対応が手厚いコインチェックが最適です。

コインチェックは電話での問い合わせ窓口を設置しており、安心して取引を行うことができます。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

Harmony(ONE)の価格上昇のポイント

Harmony(ONE)はどのようなことをきっかけに価格が上昇するのでしょうか。

Harmony(ONE)の価格推移からHarmony(ONE)の価格上昇のポイントを次の通りに挙げて見ました。

Harmony(ONE)の価格上昇のポイント
  • 著名な企業との提携
  • 取引所への上場
  • dAppsの人気の高まり

著名な企業との提携

著名なスタートアップや大企業との提携は価格上昇の要因になると考えられます。

2021年4月のAnimocaBrandsとの提携では大きな期待要素が公開されたことで高値で推移しました。

著名なスタートアップや大企業との提携はHarmony(ONE)のサービスレベルの向上や拡大の可能性を意味します。

そのため、市場がHarmony(ONE)の将来性に期待が増すと考えられます。

取引所への上場

取引所への上場も価格上昇の一要因となり得ます。

2020年のBinanceUSへの上場が行われた際、Harmony(ONE)の価格は上昇傾向にありました。

取引所に上場すると単純に取引量が増加するために価格が上昇します。

また、取引所が上場を許したという事実から、その仮想通貨に信頼性があると考えられ、ニーズが増加します。

dAppsの人気の高まり

Harmony(ONE)はデジタル資産の交換プラットフォームを提供しており、NFTなどdAppsの需要に影響を受けて価格が上昇する傾向にあると考えられます。

2021年3月から4月の急上昇はdAppsの人気の高まりに影響を受けたためと考えられます。

Harmony(ONE)は国内取引所のみの取り扱いのため、入手の際は国内取引所でHarmony(ONE)の取引ペアを保有し、海外取引所に送金してHarmony(ONE)を入手する必要があります。

Harmony(ONE)の入手はコインチェックが最適です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

Harmony(ONE)の今後の見通し・予想

Harmony(ONE)の価格は今後どのように変化するのでしょうか。

Harmony(ONE)の価格の将来予測をポイントを挙げて説明していきます。

Harmony(ONE)の価格の将来予測
  • 企業との提携の増加やサービスリリースで価格が上昇する可能性がある
  • 取引所への上場が進んで価格が上昇する可能性がある
  • dAppsの需要が増加して価格が上昇する可能性がある

企業との提携の増加やサービスリリースで価格が上昇する可能性がある

今後様々な企業との提携が進むことで価格が上昇する可能性があります。

Harmony(ONE)のようなデジタル資産の交換プラットフォームはNFTの普及によりニーズが急上昇しています。

そのため、今後Harmony(ONE)が企業と提携し、ますます仮想通貨市場やその他の市場に普及していく可能性があります。

また、Harmony(ONE)のシステムアップグレードやサービスの拡張なども今後想定され、価格上昇につながると考えられます。

取引所への上場が進んで価格が上昇する可能性がある

Harmony(ONE)は一定数の仮想通貨取引所に上場されていますが、また、仮想通貨取引所への上場余地は存在します。

特にまだ実施されていない国内取引所への上場が実施された場合は一気に国内の注目を集め、価格が上昇する可能性があると考えられます。

dAppsの需要が増加して価格が上昇する可能性がある

NFTやDeFiを中心とするdAppsの需要は今後も上昇すると考えられています。

特にNFTは、様々なIT企業の参入を受けて仮想通貨業界だけのものではなく、一般的なビジネスにも浸透しようとしています。

このように、dAppsの普及はHarmony(ONE)の価格を上昇させる可能性が高いと考えられます。

Harmony(ONE)を入手する場合は国内取引所でHarmony(ONE)を保有し、海外取引所に送金して海外取引所で入手すると良いです。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

Harmony(ONE)が入手できる取引所

Harmony(ONE)はどの取引所で入手することができるのでしょうか。

Harmony(ONE)を取り扱っている主要な仮想通貨取引所は次の通りです。

Harmony(ONE)が購入できる取引所
  • Binance(バイナンス)
  • Huobi Global(フォビ グローバル)
  • Kucoin(クーコイン)
  • Bitmax(ビットマックス)
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)
  • Hotbit(ホットビット)

Harmony(ONE)は国内取引所ではなく海外取引所での取り扱いになります。

海外取引所は取り扱い通貨の種類やセキュリティ、使いやすさが大きく異なるので自分にあった取引所を利用するようにしましょう。

※海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないので利用には十分注意してください。

海外取引所でHarmony(ONE)を入手する際はその前に国内取引所でHarmony(ONE)の取引ペアを用意し、海外取引所に送金して取引する必要があります。

国内取引所はお得に取引することができるコインチェックの利用が最適です。

コインチェックは取引手数料が無料のため、気軽にお得に取引を行うことが可能です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

仮想通貨取引はコインチェック

コインチェック 新サムネイル

Harmony(ONE)はどのような方法で入手できるのでしょうか。

Harmony(ONE)の入手手順は次の通りです。

Harmony(ONE)の購入手順
  1. 国内取引所でHarmony(ONE)の取引ペアを購入する
  2. 購入した取引ペアを国内取引所から海外取引所に送金する
  3. 海外取引所で取引ペアでHarmony(ONE)を購入する

Harmony(ONE)の取引ペアはビットコインやイーサリアムが多いため、国内取引所ではビットコインやイーサリアムを用意しておくと良いでしょう。

ビットコインやイーサリアムの購入は取引量が多いコインチェックが最適です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

仮想通貨Harmony(ONE)のまとめ

Harmony(ONE)はデジタル資産の作成、取引を可能にすることを目指すブロックチェーンプラットフォームです。

Harmony(ONE)は今後も企業の提携などによって普及していくと考えられます。

またdAppsのマーケットプレイスとしても今後需要が高まる可能性があるでしょう。

Harmony(ONE)の今後の動きに注目していきましょう。

仮想通貨Harmony(ONE)のまとめ
  • dAppsなどのデジタル資産の作成、交換を行うことができるプラットフォームを提供するブロックチェーンプロジェクト
  • 独自の技術を活用し、ブロックチェーンのスケーラビリティを解決することを取り組んでいる
  • 価格は取引所への上場や企業提携に影響を受けて上昇する傾向にある
  • 今後は、さらなるサービスの普及や一般化によって価格が上昇すると考えられる
  • 海外取引所のみの取り扱いのため、取引の際はコインチェックなどの国内取引所で取引ペアを用意をして、海外取引所に送金してHarmony(ONE)を入手するとスムーズ

Harmony(ONE)は国内取引所の取り扱いがないため、国内取引所でHarmony(ONE)の取引ペアを入手し、海外取引所に送金してHarmony(ONE)を取引する必要がありますので気をつけましょう。

Harmony(ONE)だけでなく、ビットコインなど他の仮想通貨も入手してみたい方はコインチェックが最適です。

コインチェックはビットコインでんきやビットコインレンディングサービスを提供しているため、様々な仮想通貨のサービスを受けることができ、長く仮想通貨を楽しむことができます。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

目次
閉じる