仮想通貨オントロジー(ONT)とは?今後の見通しや予想を解説!

オントロジー(ONT)は、中国のOnchain社が開発したブロックチェーンおよび仮想通貨です。

高い技術力や資本力があり、今多くの投資家たちから注目を集めています。

しかし、「オントロジーってどんな仮想通貨なの?」「オントロジーの将来性は?」と疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、仮想通貨オントロジーの特徴や、今後の動きについて分かりやすく解説していきます。

仮想通貨取引に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事から分かること
  • オントロジー(ONT)は中国のOnchain社が開発した仮想通貨
  • 各企業のニーズに合ったパブリックブロックチェーンを柔軟にカスタマイズ可能
  • スマートコントラクトシステムを導入しているため契約がスムーズ
  • オントロジーは日本企業でも今後多く活用される見通しで将来性大
  • オントロジー取引をするなら「Huobi Japan」が最適

国内取引所ではオントロジーを取り扱っている会社は少ないですが、2021年8月にはHuobi Japanで上場され取引ができるようになっています。

Huobi Japanは、気軽に注文できるプラットフォームをスマホアプリとして提供しているのが特徴です。

世界最高水準のセキュリティを整えて運営している事から初心者の方でも安心して始められるようになっていますので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

\ 最大3万円分のHTもらえる! /

目次

オントロジー(ONT)とは

まずはオントロジー(ONT)の基本情報をご紹介します。

オントロジー-トップページ
通貨名Ontology
シンボルONT
現在の価格(2023年1月現在)¥25.27
時価総額(2023年1月現在)¥22,098,666,966
時価総額ランキング(2023年1月現在)148位
取扱取引所Huobi Japan
DeCurret(ディーカレット)
公式サイトONTの公式ページ
2022年12月22日時点のデータ

「Ontology(オントロジー)」は、ネットワーク上での信頼性の確保を目的とした「企業向けのパブリックブロックチェーン開発プラットフォーム」です。

仮想通貨単位は「ONT」と表記され、総供給量は10億ONTとなっています。

パブリック型ブロックチェーンとは

インターネットに接続できれば誰でも取引に参加できる、管理者が存在しないブロックチェーンのこと。
オントロジーの他には、ビットコイン・イーサリアム・ライトコインなど多くの仮想通貨で採用。

オントロジーは、各企業のニーズに合ったパブリックブロックチェーンを柔軟にカスタマイズすることができ、安全性・透明性・コストすべての面で優れた方法でデータを転送・交換できるようになります。

またオントロジーを管理・運営するOnchain社は、「中国版イーサリアム」と呼ばれているパブリックブロックチェーン「NEO」と戦略・技術面で統合するという覚書を締結しました。

NEOの処理速度や対応しているプログラミング言語の多さなどが反映され、オントロジーは今後さらに高度な開発が進んでいくと予想されています。

オントロジーを国内で取引できるのは現在「DeCurret」と「Huobi Japan」の2つだけです。

その中でもHuobi Japanは、最低注文数量2円から始められる少額投資に最適の取引所です。

\ 最大3万円分のHTもらえる! /

オントロジー(ONT)の特徴

ここからは、オントロジー(ONT)の特徴を解説していきます。

オントロジー(ONT)の特徴
  • NEOとの合併
  • 優秀なパブリックブロックチェーン
  • スマートコントラクトの導入
  • 速いトランザクション処理

NEOとの合併

2018年5月14日、NEOとオントロジーは、戦略・技術面で統合するという覚書を締結しました。

そもそもオントロジーはNEOの保有者に対して無料配布された仮想通貨であり、後述しますがNEOとオントロジーには深い関係性があります。

2つはまったく別のプロジェクトですが、両者が協力し合うことでお互いに市場価値を高め合っていくのではないかと予想されています。

優秀なパブリックブロックチェーン

オントロジーの最大の特徴とも言えるのが、優秀なパブリックブロックチェーン技術です。

パブリックブロックチェーンを各企業の要望に応じて自由にカスタマイズできる上、相互の互換性に優れています。

オントロジーを利用すれば異なるブロックチェーン同士でもデータや価値のやりとりができるため、企業間のコラボレーションがスムーズに行えます。

時間やコストがかかってしまいがちなブロックチェーンの性質を克服した、優秀なプラットフォームだと言えるでしょう。

独自の分散型IDである「ONT ID」もアップグレードされており、KYC(本人確認)、ウェブサイトへのログイン、そしてP2P(ピアツーピア)通信機能などの機能も備えられています。

スマートコントラクトの導入

オントロジーは、スマートコントラクトシステムを導入しています。

スマートコントラクト:あらかじめプログラムされた条件に応じて、自動的に契約を執行する仕組みのこと

スマートコントラクトは自動販売機のシステムに例えられることが多く、ユーザーが代金を投入し、欲しい飲み物のボタンを押した瞬間に売買契約が成立するため、第三者による仲介が要りません。

このようにオントロジーは自動的に電子上で契約が完了するので、紙面で取り交わす必要がなくなり、大幅にコストと手間を削減ができます。

速いトランザクション処理

オントロジーは、速いトランザクション処理も特徴の一つです。

仮想通貨などの取引のデータは「トランザクション」と呼ばれ、このトランザクション処理速度が速ければ速いほど送金や取引のスピードも速くなります。

オントロジーは、スピーディな処理速度で知られる「リップル」に匹敵すると言われているほど、処理スピードに定評があるようです。

またブロックチェーン上で企業のデータ管理を行う場合、トランザクション処理速度が速いほどネットワーク内の流動性が高まります。

ブロックチェーンプラットフォームにおいてトランザクション処理はとても重要なので、オントロジーはその点でも非常に取引しやすいと言えるでしょう。

Huobi Japanは、オントロジーの取引ができる数少ない国内取引所です。

機能性抜群で使いやすいスマホアプリの提供や、手数料割引サービスもある魅力的な暗号資産交換業者となっています。

オントロジー(ONT)の現在の値動き

オントロジー(ONT)の現在までの値動きは以下のとおりです。

オントロジー(ONT)の現在の値動き
引用元:TradingViewの提供チャート

ONTは、2021年5月に2.9米ドルを超える値を記録しました。

2023年1月17日時点では、¥25.24付近で取引されています。

時価総額は¥22,101,659,284、市場ランキングでは148位に位置しています。

今まで日本国内では取り扱いがありませんでしたが、2021年7月にDeCurret、8月にはHuobi Japanで取引が開始されたため、今後の値上がりにも期待が持てるでしょう。

Huobi Japanのスマホアプリは直感的に操作できるように工夫されており、仮想通貨(暗号資産)取引が初めての方でもスムーズに利用できます。

ぜひこの機会にHuobi Japanでアカウントを作成し、将来性のあるONTを取引を検討してみてはいかがでしょうか。

\ 最大3万円分のHTもらえる! /

オントロジー(ONT)の今後の見通し

ここからは、オントロジー(ONT)の今後の見通しについて解説していきます。

オントロジーに投資しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

日本企業でも今後多く活用される見通し

現在オントロジーは、分散化IDとデータに特化したオープンソースのマルチプラットフォームを開発中です。

2022年開発予定のサービス
  • ONT ID(分散型ID)
  • DDXF(分散型データ交換)
  • ONTO(分散型アプリ)
  • SAGA(分散型データプロトコル)
  • Wing(DeFi レンディングプラットフォーム)

上記のサービスをより多くの日本企業や公的機関に提供し、日本のブロックチェーン・エコシステムの発展に尽力する予定だとしており、最近ではTwitterなどを通じて日本語で最新情報を配信しています。

また国内ブロックチェーン企業「TECHFUND」と業務提携するなど、積極的に日本企業との取引関係構築を図っています。

今後日本企業でもオントロジーのプラットフォームが活用される見通しで、将来に期待する投資家が多いようです。

名だたる企業と提携している

オントロジーを管理・運営するOnchain社は、名だたる企業と提携しているため技術面・資本面において非常に信頼性が高いと言われています。

具体的には、中国を代表する企業「アリババ」と資本提携を結んでいたり、中国の有名企業「Fosun Group」から融資を受け取っていたりと、中国有数の企業からサポートを受けています。

IBMやドイツ自動車大手のダイムラーなど世界大手企業とも共同してブロックチェーン技術の開発を進めており、分散型データ管理の分野での幅広い利用に期待が持てるでしょう。

また、オントロジーでは日本のコンサルティングファーム AP.LLCと協業して、在庫管理とブロックチェーンを組み合わせたプロジェクトを推進しています。

オントロジーはまだまだ将来的に伸び代がある仮想通貨なので、早めに保有しておくことをおすすめします。

オントロジー(ONT)とNEOの関係

オントロジー(ONT)とNEOの関係性について解説していきます。

オントロジーは、2018年3月に「NEO」の保有者に対し、1.0NEOあたり0.1ONTが配布されたのが始まりです。

NEOとは

エリック・チャン氏とダ・ホンフェイ氏によって開発された、「中国版イーサリアム」と呼ばれるほど有名な仮想通貨。

NEOの創設者であるダ・ホンフェイ氏と、オントロジー創設者のリ・ジュン氏は、ともにOnchain社の共同創立者です。

またオントロジーの管理・運営を行っているOnchain社とNEOは、2018年5月に戦略・技術面で統合するという覚書を交わしているほど、両者には密接な関係があります。

そしてオントロジーはNEOのプラットフォームをベースに使っているため、NEOを踏襲した開発環境やNEOからのサポートを理由に、信頼性が高く評価されています。

NEOとクロスチェーンや技術の共有を行うことにより、オントロジーは今後高度な開発が進んでいくのではないでしょうか。

オントロジー(ONT)を扱っているできる取引所

オントロジー(ONT)を扱っている取引所は、現在「DeCurret」と「Huobi Japan」だけです。

特にHuobi Japanは、オントロジーを高い安全性のもとで取引できる最適な取引所と言えるでしょう。

Huobi Japan
取引所名フォビジャパン株式会社(Huobi Japan Inc.)
取扱銘柄数26銘柄
取引手数料0.100%~0.200%
詳細Huobi Japanの公式サイト

Huobi Japanは、仮想通貨(暗号資産)の購入・売却ができる取引所です。

2021年8月よりオントロジー取引サービスの提供を開始し、人気の仮想通貨18銘柄が取引可能となっています。

世界170か国でサービス展開をしており、ユーザー数は数千万人を誇る世界のデジタル経済を支える一大グループです。

取引量もグループ全体では3兆円前後で推移している大企業のため、会社の安全性はとても高いと言えるでしょう。

また、Huobi Japanの取引所では最低注文数量は指値でも成行でも2円を最低ラインとしているので、少額でも気軽に取引が始められます。

2022年8月時点では、以下の豪華なボーナスキャンペーンを実施しているので、お得なこの機会にチェックしてみましょう。

・【最大40,000円相当の暗号資産が当たる!】ウェルカムキャンペーン
・お友達紹介キャンペーン

将来性の高いオントロジー取引が安全性の高い会社で取引できるので、この機会を逃さずHuobi Japan公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大3万円分のHTもらえる! /

オントロジー(ONT)の今後の見通しまとめ

今回は、オントロジー(ONT)の今後の見通しについて解説していきました。

記事の要点
  • オントロジーは企業向けのパブリックブロックチェーン開発プラットフォーム
  • 優秀なパブリックブロックチェーンが特徴
  • オントロジーのトランザクション処理速度は、リップルに匹敵するレベル
  • オントロジーとNEOは密接な関係にあり、相互成長が期待できる
  • オントロジーを入手するならHuobi Japanが最適

オントロジーのサービスの中核となるパブリックブロックチェーンに加え、今後さらなるサービスを展開すればこれまで以上に価格が上昇する可能性があります。

日本国内ではDeCurretとHuobi Japanで取引が開始されたばかりなので、まだまだ参入する余地はあるでしょう。

最低投資額は2円で使いやすいスマホアプリを提供しているので、暗号資産取引が始めての方でも気軽にサービスの利用できます。

オントロジー取引のできるHuobi Japanで、仮想通貨取引デビューをしてみてはいかがでしょうか。

\ 最大3万円分のHTもらえる! /

目次
閉じる