SBI VCトレードの評判・口コミを徹底解説|メリット・デメリットは?

当サイトの運営ポリシー
コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。なお、InvestNaviでは、金融庁HPを参照し、金融庁の暗号資産交換業者登録一覧を紹介しております。また、ページにはプロモーションが含まれているものがあります。
監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

SBI VCトレードはSBIグループの子会社として、仮想通貨取引所を運営しています。

この記事では、SBI VCトレードのメリットやデメリット、特徴などをお伝えします。

この記事の要点
  • SBIVCトレードはSBIグループが運営する取引所
  • ステーキングやレバレッジ取引など幅広いサービスを提供
  • 手数料が安いので、仮想通貨初心者の方にも最適な取引所
  • SBI VCトレードの口座開設で1,000円がプレゼントされるキャンペーンを実施中

SBI VCトレードは、大手SBIグループが運営する仮想通貨取引所です。

仮想通貨の現物取引だけではなく、ステーキングやレバレッジ取引などの幅広いサービスを提供しています。

銘柄数はそれほど多くありませんが、他社では取り扱いの少ないSOLやAVAXなどの銘柄を扱っている取引所です。

SBI-VCキャンペーン

現在は新規口座開設で1,000円をプレゼントするキャンペーンを実施しているので、ぜひこの機会にSBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

目次

SBI VCトレード(SBI VC Trade)の基本情報

名称SBI VCトレード(SBI VC Trade)
公式サイト公式サイト
取り扱い通貨BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(エックスアールピー)、LTC(ライトコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、DOT(ポルカドット)、LINK(チェーンリンク)、ADA(カルダノ)、DOGE(ドージコイン)、XLM(ステラルーメン)、XTZ(テゾス)、SOL(ソラナ)、AVAX(アバランチ)、MATIC(ポリゴン)、FLR(フレア)、OAS(オアシス)、XDC(エックスディーシー)、SHIB(シバイヌ)、DAI(ダイ)、ATOM(コスモス)
取引手数料取引所:Maker -0.01・Taker 0.05%
販売所:無料
最低取引額500円相当額
提供サービス仮想通貨売買、仮想通貨のレンディング、レバレッジ、貸暗号資産

SBI VCトレードの運営元のSBIグループは、SBI証券や住信SBIネット銀行などをグループ会社としており、国内最大級のインターネット総合金融サービス事業を展開しています。

2017年に設立され、仮想通貨の売買やステーキングサービスを提供しています。

SBIグループのノウハウを生かし、セキュリティ、スプレッドと利用者を第一に考えて運営している取引所です。

2021年12月にはTAOTAOと合併し、新SBI VCトレードとして誕生しました。

新しいサービスたキャンペーンの提供に積極的で、続々と人気が増している取引所の1つです。

ぜひこの機会にSBI VCトレードの公式サイトをチェックしてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

SBI VCトレード(SBI VC Trade)のメリット

SBI VCトレードは、仮想通貨業界では比較的新しい取引所ですが、独自のサービス提供から高い人気を誇ります。

SBI VCトレードのメリットを詳しく見ていきましょう。

ステーキングの年率報酬が高い

SBI VCトレードは、豊富な10銘柄のステーキングに対応しています。

ステーキングとは、暗号資産を保有し、ブロックチェーンの安定稼働に貢献したことの対価として報酬が受け取れるサービスです。

SBI VCトレードのステーキング銘柄は10種類で、年率は以下の通りです。(2023年11月実績)

銘柄ステーキング実績(年率)
ETH3.8%
SOL7.3%
DOT15.1%
ADA3.0%
XTZ3.0%
AVAX9.2%
OAS4.3%
XDC6.6%
ATOM21.3%

銘柄によっては、20%以上もの年率が付くものもあります。

ただ保有するだけではなく、ステーキングをすることで、より効率的に大きな利益を狙うことが可能です。

販売所・取引所の両方で現物取引ができる

SBI VCトレードは、販売所・取引所の両方で現物取引ができます。

販売所:SBI VCトレードと顧客の間で取引が行われる
取引所:顧客対顧客で仮想通貨の取引が行われる

中でもSBI VCトレードの販売所は、売買にかかる手数料が無料となっている点が魅力です。

項目現物取引
口座開設手数料無料
口座維持手数料無料
取引手数料販売所:無料
取引所:Maker -0.01・Taker 0.05%

また、販売所の取引ではスプレッドが発生するのが一般的ですが、SBI VCトレードのスプレッドは他社に比べて安い傾向にあります。

余計なコストをかけることなく取引したいという方は、SBI VCトレードが最適な取引所と言えるでしょう。

ワンコインから仮想通貨の積立ができる

SBI VCトレードは、ワンコインからの積み立てサービスを提供しています。

自身で好きな日時を設定して、暗号資産の積み立て投資を行うことで、効率的に安定した利益が見込めるサービスです。

対象銘柄BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(エックスアールピー)、
LTC(ライトコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、DOT(ポルカドット)、
LINK(チェーンリンク)、ADA(カルダノ)、DOGE(ドージコイン)、
XLM(ステラルーメン)、XTZ(テゾス)、SOL(ソラナ)、
AVAX(アバランチ)、MATIC(ポリゴン)、FLR(フレア)、
OAS(オアシス)、XDC(エックスディーシー)、SHIB(シバイヌ)、
DAI(ダイ)、ATOM(コスモス)
積立可能金額
(1注文あたり)
500円〜200万円(1円単位)
積立頻度日次(DAY)、週次(WEEK)、月次(MONTH)※銘柄ことに積立頻度を設定可能
利用料無料
積立注文日時日次(DAY): 毎日午前10:00〜
週次(WEEK): 毎週火曜日午前10:00〜
月次(MONTH): 毎月28日午前10:00〜
積立期間無期限
日次(DAY): 30日以上365日以下
週次(WEEK): 4週間以上52週間以下
月次(MONTH): 1ヶ月以上12ヶ月以下

積立期間は無制限で、日時、週次、月次のいずれかを自由に設定することができます。

仮想通貨は短期間での価格変動が大きいですが、積み立てをすることで平均価格での購入ができ、タイミングを見計らった取引に比べて安定した収益が期待できます。

500円からの少額から始められるので、仮想通貨取引を低リスクで始めてみたいという方に最適のサービスです。

SBIグループが運営している安心感

SBI VCトレードの運営元のSBIグループは、SBI証券や住信SBIネット銀行などをグループ会社としており、国内最大級のインターネット総合金融サービス事業を展開しています。

SBIグループが創業以来培ってきたノウハウを活かして、堅牢なシステムの構築や様々なセキュリティ対策を講じている点が特徴です。

分別管理も採用されており、顧客の資産と会社の運営資金は分けて管理されるため、安心して資金を預けられる業者と言えるでしょう。

金融庁に登録済みの暗号資産交換業者(関東財務局長第00011号)及び金融商品取引業者(関東財務局長(金商)第3247号)です。

大手が運営しており強固なセキュリティが魅力なので、仮想通貨取引初心者の方が最初に利用する取引所として向いています。

また、ネットバンキングとの連携など、周辺の便利なサービスを合わせて使うこともできます。

高性能の取引ツールを提供

SBI VCトレードでは、以下3つの取引ツールが利用可能です。

VCTRADE mobile

VCTRADE mobileは、SBI VCトレードの提供するスマホアプリです。

現在の損益状況を一目で把握する事が可能で、現物/レバレッジ取引の両方がスムーズに行えます。

アカウント管理、売買、入金・送金、お知らせなどの操作もスマホアプリから可能なため、外出先でのトレードに加え口座管理をしたい方にも最適です。

VCTRADE web シンプルモード

VCTRADE web シンプルモードは、PC・スマホの両方で利用できるSBI VCトレードのツールです。

シンプルな画面が特徴で、直感的な操作ができる特徴があります。

ホーム画面で暗号資産の価格、保有資産の把握ができるので、分かりやすいツールを求めている方に最適です。

VCTRADE web

VCTRADE webは、中~上級者向きに設計されたPC版の高機能プラットフォームです。

注文機能、高性能チャートなどの情報が一画面に集約されており、高度な分析をすることができます。

また、取引スタイルに合わせた自由なカスタマイズ性も魅力で、自身の使いやすいようにチャート設定が可能です。

スマホ専用、初心者~上級者向きと、それぞれツールの特徴が異なります。

ユーザー属性に合わせて最適なものを利用できるので、ストレスなく快適なトレードができるでしょう。

すべて、SBI VCトレードの口座保有者が利用でき、ツールの使用料なども一切発生しません。

日本円だけでオンチェーンNFT売買ができる

SBI VCトレードでは、SBI Web3ウォレットというサービスを独自に提供しています。

SBI Web3ウォレットとは
SBI VCトレードの口座作成で利用できるウォレット。MetaMaskなどの外部ウォレットの作成は不要でNFTの売買ができる。

通常、国内取引所で暗号資産を購入後にMetaMaskなどの外部ウォレットに連携をしてからNFTを購入する必要があります。

SBI Web3ウォレットでは、SBI VCトレードのユーザーが日本円を入金することで、自動で暗号資産を調達しNFTマーケットにてNFTが購入できるサービスです。

日本円だけでオンチェーンNFT売買ができる

暗号資産の購入、外部ウォレットの作成、暗号資産の送付といった3ステップを省略した画期的なサービスと言えるでしょう。

現在、NFT購入時に利用可能な暗号資産はポリゴン(MATIC)のみとなっていますが、今後対応通貨が追加される可能性は充分にあります。

過熱するNFT市場に参入したい方に最適な取引所です。

\口座開設キャンペーン実施中!/

レバレッジ取引に対応

レバレッジ取引

SBI VCトレードでは、扱っている8種類の銘柄でレバレッジ取引に対応しています。

SBI VCトレードのレバレッジ取引の特徴
  • 最大2倍のレバレッジをかけられる
  • ロスカット手数料無料
  • 下落局面でも売りから入ることで利益が見込める

最大2倍のレバレッジをかけることができるので、仮に1万円の証拠金で取引した場合でも、2万円分の取引資金でエントリーができます。

変動幅の大きい仮想通貨取引で、少額でも大きな利益を狙うことが可能です。

相場が思惑と逆に進んでしまい、ロスカットに合った場合でも、ロスカット手数料は発生しません。

また、現物取引とは違って売りからエントリーができるため、仮想通貨市場が停滞、落ち込んだ場合でも利益が狙えます。

高額な利益を狙いたい方や、下落局面でもチャンスを得たい方は、SBI VCトレードのレバレッジ取引を試してみましょう。

\口座開設キャンペーン実施中!/

SBI VCトレード(SBI VC Trade)のデメリット

SBI VCトレードにはメリットがある反面、デメリットもあります。

口座を作成する前に、SBIVCトレードのデメリットは充分に把握しておきましょう。

最低取引数量が高め

SBI VCトレードは、他社に比べて販売所・取引所共に最低取引数量が高めです。

銘柄名最小発注数量必要となる資金(2023年12月時点)
BTC0.0001640円
ETH0.000132円
XRP191円

ETHとXRPで30~100円程度、BTCで640円程度から購入可能です。

あくまでも現在価格を基準にした価格帯であるため、今後の仮想通貨価格の上昇に伴い、必要となる資金量が大きく増える可能性もあります。

1円程度の超低価格から購入可能な取引所もあることを考えると、SBI VCトレードの最低購入数量は高めであると言えるでしょう。

取り扱い通貨数が少ない

SBI VCトレードで取り扱っている仮想通貨は、BTC、ETH、XRPなどの20種類です。

取り扱い通貨数
コインチェック30種類
ビットフライヤー22種類
DMMビットコイン38種類(レバレッジ取引を含む)
GMOコイン24種類
BitPoint21種類
BittTrade34種類
bitbank32種類
SBI VCトレード20種類

他の仮想通貨取引所が取り扱い通貨数を増やしている中では、取り扱い数が少ないと言えます。

SBI VCトレードも続々と銘柄数を更新している取引所ですが、30種類ほどの銘柄を扱っている取引所も多いことを考えると、少ない方であると言えるでしょう。

マイナーなアルトコインまで取引したい方は、取り扱い通貨数が28種類あるコインチェックが最適です。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

SBI VCトレード(SBI VC Trade)の口コミや評判

SBI VCトレードの口コミや評判をご紹介します。

良い口コミや評判

#SBIVCに用があって電話。 すぐに繋がるし、非常に丁寧親切。 電話での問い合わせをやってないような取引所とは訳が違うわ。

twitter

しかしSBIVCのスプレッドって小さくなったよね。

twitter

SBIVCログインできたっ!!なかなか使いやすい画面!!ブルー基調でSBIらしいイイかんじ!!

twitter

良い口コミを見ると使いやすい画面という声があります。

シンプルな取引画面なので、パソコンを使っても、スマホを使っても使いやすいです。

サポートが親切丁寧という声もあるので、初心者は安心でしょう。

やはり手数料への評価は非常に高く、デイトレードなど短期間で売買するにしても、コストをかけずに済みます。

コストを抑えた取引を始めたいは、SBI VCトレードをチェックして仮想通貨取引を開始してみてはいかがでしょうか。

\口座開設キャンペーン実施中!/

悪い口コミや評判

今日初めてSBIVCの取引板を覗いてみた。 閑散としてる・・・ 初めの頃に言われてた、SBIの顧客がどっと流れてどっと買われてどっと上がる、というシナリオはどこへ

twitter

SBIバーチャルカレンシーズはリップルのレバレッジ取引は取り扱わないのかな

twitter

SBIVCメイン取引所に していこうと思います。 レバレッジと 使いやすいツール を リリースお願いします

twitter

ユーザー数が比較的少ないことが原因か、板取引が閑散としているという口コミがいくつか見られました。

約定面で気になる方は、ユーザー数が多く取り扱い通貨も多いコインチェックの公式サイトをチェックしてみてください

国内最大級の暗号資産取引所/

SBI VCトレード(SBI VC Trade)の手数料

SBI VCトレードの手数料を項目別に解説していきます。

各種手数料が安いと評判のSBI VCトレードですが、具体的な手数料の内訳をチェックしてみましょう。

口座管理の手数料

項目現物取引レバレッジ取引
口座開設手数料無料無料
口座維持手数料無料無料
取引手数料販売所:無料
取引所:Maker -0.01%
    Taker 0.05%
無料
ロスカット手数料無料

口座開設や維持費用は一切発生しないので、安心して口座が作成できます。

仮に取引を行っていない場合に放置しても、手数料が発生することはありません。

また、取引所形式ではMaker手数料が-0.01%と、支払うのではなく貰える点が魅力です。

レバレッジ取引では、ロスカット手数料こそ無料ですが、取引時のレバレッジ手数料が以下の計算で発生する事には注意が必要となります。

料率(%)=(EOD時点の顧客のポジション)×[{(LPの提示する当該日のファンディング・レート)-(当該日の日本円1週間のTIBOR)}/365]にて算出された値が負の値の場合はその値に90%、正の値の場合はその値に110%をそれぞれ乗じた値

入出金手数料

以下は、日本円と暗号資産での入出金手数料です。

項目手数料
入金手数料日本円:無料
暗号資産:無料
出金手数料日本円:無料
暗号資産:無料

日本円、暗号資産の両方で入出金手数料が無料です。

日本円の入出金無料は珍しいことではありませんが、暗号資産での入出庫(受取・送付)手数料が無料な点は大きなメリットになります。

一度SBI VCトレードで保有した仮想通貨を、海外取引所での通貨購入用資金にする場合や、NFTの購入などに充てる際は暗号資産の出庫が必要です。

通常は、出庫額に比例した手数料が発生するケースが多いですが、SBI VCトレードであればコストをかけることなく、送金ができます。

SBI VCトレードでは、NFTゲームなどの関連銘柄も多く扱っているので、送金する際の取引所として魅力的な取引所と言えるでしょう。

SBI VCトレード(SBI VC Trade)と他の取引所を比較

SBI VCトレードと他の取引所を比べてみましょう。

SBI VCトレードコインチェックDMM BitcoinGMOコインBITPOINT
銘柄数20種類30種類38種類(レバレッジ取引含む)
26種類21種類
取引手数料
(現物取引所)
Maker -0.01
Taker 0.05%
無料非対応
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料
取引手数料※1
(現物販売所)
無料無料無料
※BitMatch注文は別
無料無料
BTC最低購入額(販売所)0.0001BTC500円相当額0.0001BTC0.00005BTC0.00000001BTC
レバレッジ取引2倍非対応2倍2倍非対応
口座開設キャンペーンなしなし全員に1,000円プレゼントなし3500円相当のTSUGTが貰えるキャンペーン

銘柄数では他社に比べると劣りますが、取引所、レバレッジ取引に対応している点が大きな魅力と言えるでしょう。

他社では、レバレッジ取引や取引所形式の売買に対応していない会社もあるので、トレードの幅が限定される場合もあります。

SBI VCトレードであれば、レバレッジ、取引所での売買に加え、ステーキングや貸し暗号資産といった関連サービスも豊富です。

銘柄数も今後続々と更新されることが予想されるので、ぜひこの機会にSBI VCトレードをチェックしてみましょう。

\口座開設キャンペーン実施中!/

SBI VCトレード(SBI VC Trade)がおすすめな人

SBI VCトレードは、以下のような方におすすめです。

SBI VCトレードがおすすめの人
  • 仮想通貨取引が初めての人
  • 手数料の安い仮想通貨取引所を使いたい人
  • ステーキングなどの関連サービスを活用したい人

まず、運営母体が大手SBIグループなので、その点安心して利用することができます。

また、高機能のスマホ、PC版プラットフォームが提供されているので、高度な分析をしながらストレスなく取引したい方にも最適と言えるでしょう。

ステーキングや貸暗号資産、レバレッジ取引などの関連サービスも豊富なほか、各種手数料が無料or安いので、当てはまる方は、ぜひSBI VCトレードをチェックしてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

SBI VCトレード(SBI VC Trade)をおすすめしない人 

SBI VCトレードがおすすめできない人は、豊富な仮想通貨を取引したい人です。

SBI VCトレードの銘柄数は国内取引所でも並みの水準であり、20種類もの銘柄しか扱っていません。

現在では約30種類の銘柄を扱う会社も多くあるので、豊富なアルトコインを取引したい方は他社を選択しましょう。

しかし、SBI VCトレードの銘柄には、SOLやAVAXといったNFTゲームなどで利用可能な銘柄が多いです。

・SOL:STEPNのスニーカー購入
・AVAX:SleeFiのベッドNFT購入

話題の通貨をいち早く上場させる傾向にあるので、現在は欲しい通貨がない場合でも、将来的な事を考えると口座を保有しているだけでも損はないでしょう。

口座開設や維持費用は一切発生しないので、安心して口座を作成できます。

ぜひこの機会にSBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

SBI VCトレード(SBI VC Trade)の評判や口コミまとめ

SBI VCトレードは、ビットコイン、イーサリアム、リップルなど20種類を扱っている仮想通貨取引所です。

現時点での銘柄数は少なめですが、今後更新される可能性があるほか、他社では珍しいマイナーなコインを扱っているので、口座を持っておいて損はないと言えるでしょう。

SBIグループが運営している取引所であるため、初めて仮想通貨売買を行うような初心者にも最適な取引所です。

ステーキングや貸暗号資産、レバレッジ取引などの豊富なサービスを提供しているので、現物取引だけではない幅広い方法で利益を出したい方にも向いています。

SBI VCキャンペーン

2024年3月現在は、新規口座開設で1,000円がもらえるキャンペーンを実施しているので、ぜひこの機会にSBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

目次