Sleep to Earn(S2E)の始め方・仕組みとおすすめサービス5種類を紹介!

sleep to earn

Sleep to Earn(S2E)は、睡眠をとることでトークンを稼げる次世代のブロックチェーンプロジェクトです。

Move to EarnやPlay to Earnに次ぐネクストto Earnとして注目が集まっています。

今回は、Sleep to Earn(S2E)の特徴や将来性、注目されているプロジェクトについて詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • Sleep to Earn(S2E)は、眠ることでトークンを稼げるサービス
  • ネクストto Earnとして注目が集まっている
  • ゲーム感覚で睡眠サイクルの向上、健康維持を目指せる
  • NFTの売買やステーキングサービスを利用できるアプリも多い
  • LINE BITMAXなどの仮想通貨取引所で仮想通貨を準備しよう

Sleep to Earn(S2E)を始めるためには、仮想通貨を準備する必要があります。

LINE BITMAXなどの国内仮想通貨取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所に送金するという手段が一般的です。

LINE BITMAXは、1円という少額から仮想通貨取引を始められる取引所ですので、仮想通貨投資を始めたいけど、そこまでお金はかけられない、という方にはちょうど良いでしょう。

口座をまだお持ちでない方は、詳細をチェックしてみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

目次

Sleep to Earn(S2E)とは?

Sleep to Earnとは、寝るという意味の「Sleep」と稼ぐという意味の「Earn」を組み合わせて作られた言葉です。

近年は、下記のように「○○をして稼ぐ」という「〜 to Earn」プロジェクトが多数開発されていますが、Sleep to Earn(S2E)もこの一種です。

to Earnプロジェクトの例
  • Sleep to Earn…寝て稼ぐ
  • Move to Earn…動いて稼ぐ
  • Play to Earn…遊んで稼ぐ
  • Learn to Earn…学んで稼ぐ

現代人には睡眠が不足しているとよく言われますが、Sleep to Earn(S2E)はこれに目をつけて始まったプロジェクトです。

サービスの促進を通じて、質の高い睡眠時間を確保して健康増進に繋げたいという目的を持っています。

各プロジェクトやアプリによって具体的な方法は異なりますが、トークンを獲得するまでの大まかな流れは以下の通りです。

  1. NFTを購入する
  2. あらかじめ定めた睡眠時間・睡眠サイクルに従って寝る
  3. 実際の睡眠の質によって仮想通貨やNFTが還元される

寝具などのNFTをはじめに購入するプロジェクトが多いですが、中にはNFTの購入なしで始められるアプリもあります。

獲得したトークンが値上がりすれば、それを売却することでリターンを得ることが可能です。

規則正しい生活習慣を身につけて健康な体を手に入れつつ、投資によるリターンも期待できるというのがSleep to Earn(S2E)の魅力です。

Sleep to Earn(S2E)の特徴

Sleep to Earn(S2E)の特徴を確認していきましょう。

主な特徴は以下の3つです。

Sleep to Earn(S2E)の特徴
  • 手軽に仮想通貨を稼げる
  • トークンの値上がりによる利益が期待できる
  • 複数のアプリ・ゲームを併用できる

手軽に仮想通貨を稼げる

Sleep to Earn(S2E)の最大の特徴は、寝るだけでトークンを稼げるという点です。

他の「to Earn」プロジェクトに比べてハードルがかなり低く、毎日必ず行う「寝る」というアクションでトークンを稼ぐことができます。

たとえば、Move to Earnでは運動することでトークンを稼ぐことができますが、なかなか運動の習慣がない人にとっては続けることは難しく感じるかもしれません。

一方、Sleep to Earn(S2E)は、「睡眠」という生活サイクルの中に必ず組み込まれる部分を利用しています。

仕事などで忙しく、日中の時間はなかなか他のことに割けないという方でも、夜眠るというアクションは自然と取れるでしょう。

Sleep to Earn(S2E)を始めることで、毎日規則正しい睡眠の習慣をつけることにもつながるため、健康の維持にも役立ちます。

トークンの値上がりによる利益が期待できる

Sleep to Earn(S2E)はまだ新しいプロジェクトが多く、これから発展が期待される分野です。

そのため、早いうちに参入しておくと、今後需要が高まった際にトークンの値上がり益を得られる可能性があります。

「to Earn」プロジェクトにおいて大きく利益を得ている人の多くは、アプリのローンチ前もしくはローンチ直後に参入した人です。

早いうちにプロジェクトに参加してNFTやトークンを保有しておくことで、Sleep to Earn(S2E)の人気が高まったタイミングでトークンを高値で売却しやすくなります。

特に仮想通貨関連は、注目され始めると一気に価格が上昇することがあります。

多くの人に注目されてから購入を検討したのでは、すでに価格が高騰してしまっているかもしれません。

興味があるプロジェクトがあるようなら、早いうちにチェックしておくとよいでしょう。

複数のアプリ・ゲームを併用できる

Sleep to Earn(S2E)は、複数のアプリを同時に起動して利用できます。

複数のアプリやゲームを利用することで、それぞれのアプリで独自トークンを獲得できます。

特に手間を増やさずにトークンの獲得効率を高められるのはメリットと言えるでしょう。

今後続々と新しいプロジェクトもローンチ予定なので、興味があるものがあれば早めにチェックしておきましょう。

また、Move to Earn系のアプリと併用するのもおすすめです。

昼はMove to Earnで運動をして稼ぎ、夜はSleep to Earnで睡眠をとることで稼ぐ、という生活習慣を身につけるのもよいでしょう。

トークンを効率よく稼げるだけでなく、健康的な生活習慣を身につけることができます。

これからSleep to Earn(S2E)を始めたいと考えている方は、まずは仮想通貨の準備をしておきましょう。

元手となる資金を用意するためには、国内仮想通貨取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所に送金するという流れが一般的です。

LINE BITMAXという国内仮想通貨取引所は、普段使っているLINEアプリ上で簡単に口座の開設や取引を行えます。

最低1円から取引を始められるので、まずは少額から仮想通貨投資を始めたいという方にも適しています。

口座開設は公式サイトから簡単な手順で完了するので、興味のある方はぜひこの機会にチェックしてみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

Sleep to Earn(S2E)の注目プロジェクト

Sleep to Earn(S2E)で注目されているプロジェクトをいくつか紹介します。

Sleep to Earn(S2E)の注目プロジェクト
  • Sleefi(スリーファイ)
  • Sleepagotchi(スリーパゴッチ)
  • Sleep Future(スリープフューチャー)
  • DreemN(ドリームン)
  • Sleep ecosystem(スリープエコシステム)

Sleefi(スリーファイ)

sleefi
サービス名Sleefi(スリーファイ)
ブロックチェーン名Avalanche
対応デバイスiOS、Android
基軸通貨SLFT
公式サイトSleefi(スリーファイ)の公式サイト

Sleefi(スリーファイ)は、ベッドNFTを保有して眠ることでトークンを稼げるSleep to Earn(S2E)アプリです。

Sleep-Fiというコンセプトに基づき、多くの人の睡眠に関わるライフスタイルの改善を目指しています。

Sleefiでは、自分の睡眠時間に合わせて下記の中から最適なベッドを選択します。

ベッドによって計測される睡眠時間が異なるため、自分の普段の睡眠時間に合わせて選びましょう。

  • ショート(3時間〜5時間)
  • ミドル(4時間30分〜7時間)
  • ロング(6時間30分〜9時間)
  • フレキシブル(3時間〜12時間)

選んだベッドNFTおよび睡眠時間や睡眠の質に応じて、トークンを獲得できます。

あらかじめ定めておいた起床時間にしっかり起き、普段から規則正しい睡眠をとることで、トークンを多く獲得できるという仕組みです。

Sleefiでは、Sleep-to-playとPlay-to-earnの2つのコンセプトを組み合わせることで、「睡眠」という日常生活の中で誰もが行っている行為でお金を稼ぐことができます。

ベッドのレベルを上げることで、より効率的にトークンを稼ぐことができたり、ガチャを回して宝石やアイテムを獲得できたりと、ゲームのような要素も持ち合わせているので、楽しみながら稼げるのも特徴です。

さらにSleefiのアプリでは、睡眠データを記録して分析することもできるので、お金を稼ぐだけでなく健康の維持にもつなげられます。

公式サイトも日本語に対応しているため、英語が苦手という方でも始めやすいアプリです。

Sleepagotchi(スリーパゴッチ)

Sleepagotchi
サービス名Sleepagotchi(スリーパゴッチ)
ブロックチェーン名未定
対応デバイスiOS
基軸通貨SHEEP
公式サイトSleepagotchi(スリーパゴッチ)の公式サイト

Sleepagotchi(スリーパゴッチ)は、睡眠時間や睡眠の質によってトークンやNFTを報酬して受け取れるアプリです。

Sleepagotchiを利用する際は、まず目標とする就寝時刻と起床時刻を入力します。

自分の睡眠リズムを入力したら、毎日継続的に同じ時間に就寝・起床することを目指しましょう。

Apple Watchなどのウェアラブル端末を装着して眠ることで、Apple Healthによって睡眠時間や質が把握されます。

規則正しい睡眠サイクルを維持することで、トークンやNFTアイテムを獲得できます。

受けとったNFTはMetaRoomというバーチャル空間のインテリアアイテムとして飾ることができます。

自分好みに部屋をカスタマイズして楽しめるのも魅力の一つです。

アイテムはただ集めるだけでなく、他のユーザーと取引・交換も可能です。

アイテムにはそれぞれ特性やレベルがあり、レアなアイテムを保有していると、報酬として受け取れるSHEEPトークンも増えます。

アイテムを集めるゲームや、部屋を自分の好みに作り上げるゲームなどが好きな方に向いているアプリと言えそうです。

現在はiOSのみに対応していますが、今後はAndroidでのサービス展開も目指しているとのことです。

Sleep Future(スリープフューチャー)

Sleep Future(S2E)
サービス名Sleep Future(スリープフューチャー)
ブロックチェーン名BNB Chain
対応デバイスiOS、Android
基軸通貨SLEEPEE
公式サイトSleep Future(スリープフューチャー)の公式サイト

Sleep Future(スリープフューチャー)は、睡眠の質に応じてSLEEPEEトークンを獲得できるアプリです。

最先端の睡眠科学に基づいて開発された睡眠モニタリングアプリを利用して、毎日の睡眠が分析されます。

日々の睡眠スコアが高いほど、ゲーム内でもらえるSLEEPEEも増えるという仕組みになっています。

Sleep Futureで利用されるトークンであるSLEEPEEは、ステーキングにも対応しています。

ステーキングサービスでは、トークンの保有量や保有している期間によって報酬額が変わるので、早いうちに獲得しておくことも重要です。

Sleep Futureは、他社企業の製品やサービスと連携して巨大なエコシステムを作り上げることを目標としています。

すでに大手企業や著明投資家とパートナー契約を結び、ビジネスを進めています。

今の時点で予定されているものの例としては以下の通りです。

Sleep Futureで予定されているプロジェクト
  • Sleep Town:シンガポール、マレーシアなどで予定されている睡眠体験施設
  • Sleep Store:睡眠に関連する商品・サービスを購入できるお店
  • Sleep Edu:睡眠や生活の質向上を目指すオンライン教育サービス
  • Sleep Doctor:睡眠の質や生活リズムについて診断を受けられるサービス
  • Sleep Cloud:睡眠データの分析・管理

Sleep Futureはまだ正式にリリースされていませんが、2022年9月にベータ版のローンチ、2022年12月に正式版のローンチ予定です。

DreemN(ドリームン)

deeamn
サービス名DreemN(ドリームン)
ブロックチェーン名BNB Chain
対応デバイスiOS、Android
基軸通貨DreemN
公式サイトDreemN(ドリームン)の公式サイト

DreemN(ドリームン)はSocial-FiとGame-Fiを組み合わせて開発されたアプリです。

質の高い睡眠をとることで、ユーザーに報酬が付与されます。

睡眠データはアプリ内に組み込まれているモーショントラッカーとアクティビティトラッカーによって記録されます。

睡眠データを蓄積することで、健康的な睡眠習慣をつけることを目標としています。

DreamNを始めるためには、初期費用として400枚以上のDreamNトークンが必要です。

2022年8月10日時点でDreamNトークンの価格は約12円となっているため、12円×400枚=約4,800円程度が必要額となります。

STEPNなどと比較しても少額から始められる点はメリットと言えるでしょう。

DreamNでトークンを稼ぐ方法は、大きく分けると以下の3種類です。

DreamNでトークンを稼ぐ方法
  • シングルモード
  • チャレンジモード
  • シーズン報酬

シングルモードは、規則正しい睡眠をとることで、DreamNトークンの量に応じてBNBを受け取れるという仕組みです。

チャレンジモードは、アプリ内で出されるミッションをクリアすることで報酬を獲得できるという形式です。

シーズンモードは、あらかじめ定められたシーズンごとのランキングに入賞することで、BNBが支払われる仕組みのことです。

ランキング上位に入賞するためには、継続的な睡眠サイクルの確立が重要となります。

ゲームで上位を目指すことで自然と健康的な生活になるのは嬉しいですね。

Sleep ecosystem(スリープエコシステム)

Sleep ecosystem
サービス名Sleep ecosystem(スリープエコシステム)
ブロックチェーン名BNB Chain
基軸通貨SLEEP
公式サイトSleep ecosystem(スリープエコシステム)の公式Twitter

Sleep ecosystem(スリープエコシステム)は、BNBチェーン上に構築されたSleep to Earnアプリです。

Sleep to EarnとDeFi、メタバースなどを組み合わせたプロジェクトという特徴を持っています。

睡眠のスコアによって獲得できるトークンの額が異なります。

Sleep ecosystemでは、SLEEPを使って仮想空間の街づくりを行ったり、ステーキングで報酬を得たりできます。

メタバース空間内で楽しむことができるのが特徴と言えそうです。

Sleep ecosystem内のメタバース開発はどんどん進められているため、今後の発表にも注目が集まりそうです。

Sleep to Earn(S2E)の始め方は、アプリによって異なります。

一般的には、国内の取引所で仮想通貨を購入し、その資金を元手に海外取引所でSleep to Earn銘柄を購入するという流れが多いでしょう。

どの仮想通貨取引所を選べばよいかわからないという方は、まずはLINE BITMAXをチェックしてみてください。

通話アプリのLINEのグループ企業が運営する仮想通貨取引所で、LINEアプリから簡単に口座の申し込みや取引が始められるというメリットがあります。

ビットコインやイーサリアムといった主要仮想通貨を幅広く取り扱っているため、興味のある方は公式サイトを確認してみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

Sleep to Earn(S2E)の将来性

Sleep to Earn(S2E)の将来性については、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

Sleep to Earn(S2E)の将来性
  • 他の「to Earn」プロジェクトとの相乗効果が期待できる
  • 「睡眠」という生活の一部を利用するため始めるハードルが低い
  • 今後リリース予定のプロジェクトが多数ある

他の「to Earn」プロジェクトとの相乗効果が期待できる

遊ぶことでトークンを稼ぐ「Play to Earn」や、運動することでトークンを稼ぐ「Move to Earn」には、すでに非常に人気のプロジェクトが多数あります。

他の「to Earn」プロジェクトが盛り上がることで、Sleep to Earn(S2E)の注目度が高まることも期待できます。

特に、「睡眠」というアクションは、他の「to Earn」プロジェクトとの相性がよいこともポイントです。

日中はさまざまな「to Earn」プロジェクトでトークンを稼ぎ、夜はSleep to Earn(S2E)でトークンを稼げるというように、時間帯によって使うアプリを分けることで効率アップも図れます。

すでに「Play to Earn」や「Move to Earn」を始めている人にとっては、併用しやすいという点が大きなメリットとなるでしょう。

「睡眠」という生活の一部を利用するため始めるハードルが低い

Sleep to Earn(S2E)では、「健康的な睡眠サイクル」がポイントとなります。

毎日眠らないという人はほとんどいないように、「寝る」ということは自然と私たちの生活に組み込まれています。

Sleep to Earn(S2E)では、この睡眠を利用して報酬を獲得するという仕組みが用いられているため、ユーザーの参入ハードルも低いと考えられます。

これまでの生活に組み込まれていないことを新しく習慣にするのは大変ですが、何か特別なアクションなしに始められるという点はSleep to Earn(S2E)のメリットとなるでしょう。

トークンを売買して利益を得たいという人はもちろんですが、睡眠に気をつけて健康な体づくりをしたいという人にとっても、Sleep to Earn(S2E)の需要は高まりそうです。

「健康」が意識される現代において、ゲーム感覚で睡眠の質を高められるSleep to Earn(S2E)は今後さらに注目されるのではないでしょうか。

今後リリース予定のプロジェクトが多数ある

現在も数多くのSleep to Earn(S2E)プロジェクトが開発を進めています。

さまざまなプロジェクトがリリースされることで、一気にSleep to Earn(S2E)市場が盛り上がることが期待されます。

すでにリリースされているプロジェクトはもちろん、今後リリースされるプロジェクトもしっかりとチェックしておきましょう。

ブームがきてしまう前にSleep to Earn(S2E)に参入しておくことで、先行者利益を得られる可能性も高まるでしょう。

今後Sleep to Earn(S2E)に参入したいと考えている方は、仮想通貨を事前に入手しておくとよいでしょう。

LINE BITMAXは、最小1円から仮想通貨を購入できる仮想通貨取引所です。

現在は、「はじめてみようキャンペーン」として、期間内に口座開設を完了してミッションをクリアした方に仮想通貨リンクがプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

興味のある方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

Sleep to Earn(S2E)のまとめ

今回の記事では、Sleep to Earn(S2E)の特徴や主なプロジェクトなどについて紹介しました。

この記事のまとめ
  • Sleep to Earn(S2E)は、眠ることでトークンを稼げるサービス
  • ネクストto Earnとして注目が集まっている
  • ゲーム感覚で睡眠サイクルの向上、健康維持を目指せる
  • NFTの売買やステーキングサービスを利用できるアプリも多い
  • LINE BITMAXなどの仮想通貨取引所で仮想通貨を準備しよう

Sleep to Earn(S2E)を始めるなら、まずは仮想通貨を準備する必要があるでしょう。

多くの場合、国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入し、それを海外取引所に送金するという手順を取ることとなります。

LINE BITMAXであれば、普段利用しているLINEアプリから簡単に口座開設や取引が可能です。

取引画面もわかりやすく、直感的に操作しやすいという点も魅力です。

現在は、口座開設をしたあとにミッションを達成すると、仮想通貨がプレゼントされるキャンペーンも実施中ですので、興味のある方は、この機会に公式サイトをチェックしてみるとよいでしょう。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

目次
閉じる