仮想通貨SOL(ソル)/Solana(ソラナ)とは?特徴と将来性・今後の予想を解説

仮想通貨SOL

Dapps(分散型アプリ) やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームであるイーサリアムは、多くのDapps開発がおこなわれているため「ブロックチェーン開発の王様」と呼ばれています。

そんなイーサリアムに対抗しようと、これまで数多くのブロックチェーンが開発されてきましたが、いまだにその牙城を崩すには至っていません。

そういった状況の中、2020年新たなブロックチェーン「Solana」が生まれ、次の「イーサリアム・キラー」の一つとして期待を集めています。

ローンチから約1年半という短い期間にも関わらず、2022年11月16日時点において時価総額ランキング13位に食い込むなど、今大注目の仮想通貨となっています。

また、2021年11月7日には過去最高値を更新し、価格上昇の傾向が続いていることで大きな注目を集めています。

そこで今回はそんなSolanaについて、特徴や今後の見通し、購入できる取引所などを解説していきます。

この記事からわかること
  • Solanaは、高い性能によって様々なアプリケーションを支えることを目的としたプラットフォーム
  • Solanaは他の多くのブロックチェーンよりも、圧倒的に高速・低コスト
  • イーサリアムの牙城を崩せるポテンシャルがあり、将来性十分
  • SOLは海外取引所経由で入手するとスムーズ

Solanaは機能面で非常に優れており、期待されているプロジェクトです。

Solanaを入手する際は、海外取引所を経由するとスムーズですが、そのためにはまず国内取引所のアカウントを保有しておかないといけません。

送金用の取引所であれば、豊富な通貨を扱っているDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!

Solana(SOL)については、ビッコレTVで非常にわかりやすく解説されていますので「動画でSOLについてさくっと学んでみたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

また、Invest Naviでは最新の仮想通貨情報を無料で配信している公式LINEを提供しております。

Solana(SOL)の新しい情報も随時更新して配信していますので、ぜひこの機会に登録してみてください!

公式LINEの登録-5

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

目次

Solanaの最新ニュース

話題の仮想通貨Solanaの最新ニュースを紹介していきます。

Solana取引を検討している方は、常に最新情報をチェックしておきましょう。

Solana Spacesオープン

Solanaの公式ストアは、実店舗であるSolana Spacesがニューヨークにオープンしました。

Solana関連で初の実店舗を持つストアが誕生したことになります。

Solana Spacesは、来店した人がNFTやWEB3.0の技術を体験することを目的として作られています。

Solana Spacesの特徴
・店内にDegenerate Ape AcademyのNFTが飾られている
・ウォレットやアプリ活用の体験が可能
・ソラナペイを利用した決済方法が選択できる

SOLベースで販売されたスマートフォン「Saga」のリリースが予定されており、いずれは店舗での購入が可能になるということです。

Solana Labsに対する集団訴訟

SOLの開発企業やリードインベスターに対して、アメリカの投資家が集団訴訟を起こしたことが2022年7月に分かりました。

未登録の証券販売からインサイダーで利益を得たとして、投資家たちが損害を被ったとされています。

被告はSolana開発企業を含み、ソラナ財団、ソラナ創業者、投資会社の名前を挙げています。

原告の主張
・Solanaブロックチェーンが過度に中央集権化している
・SOLトークンの価値がSolanaインサイダーの活動に依存している
・Solana Labsの事業に期待し、資金を投じて保有するなどのSOLトークンの環境が、証券性を図るハウィーテストにおいて有価証券に該当

また、ソラナ(SOL)のSlopeウォレットが原因でハッキングを受けていたと続報もでており、推定10億円ほどの被害が出ている模様です。

今後の訴訟の結果次第では、SOL側に大きな不利益を被ると懸念されています。

WEB.3.0特化型のスマートフォンを発表

Solanaブロックチェーンを運営するソラナラボは、2022年6月24日にSagaというスマートフォンをリリースすることを発表しました。

SagaはandroidOSのスマートフォンで、NFT電子市場や分散型取引プラットフォームを搭載しているという特徴があります。

まずは、2023年から米国・カナダ・イギリスにて予約受付を開始して、今後徐々に普及させていく見通しです。

ソラナラボは、「現在のスマホは画期的な機能が搭載されているものの、WEB3.0向けではない」といった点に着目しており、今回のプロジェクトが発足されることとなりました。

Solana Mobileという子会社を設立し、着々とプロジェクトが進行していると言われています。

Solanaブロックチェーンが一時的なクラッシュ

2022年5月1日には、Solanaブロックチェーンが一時的に稼働停止状態(クラッシュ)したことが大きな話題となっています。

日本時間1日の午前6時30分ごろから稼働が停止し、その後7時間後には再起動に成功しています。

毎秒400万を超える膨大なトランザクションがネットワークに殺到した事が要因と発表されています。

Solana基盤のNFT「Okay Bears」の人気が過熱した事や、NFTをmint化する目的でのbot活動が活性化した事が影響しているとの見方が強いです。

SOLチェーンの停止は、現在ブームの真っただ中にあるSTEPNでのSOL送金停止など広範囲に影響を与えました。

SOLブロックチェーンの不祥事
引用:TradingView

Solana価格にも影響を与えており、騒動後は一時的に売りが強い相場になっています。

Solanaブロックチェーンは、トランザクションの処理能力に強みを持つ特徴を持つ事から、今回のクラッシュは投資家やユーザーの不安を煽るものとなりました。

また、Solanaは2022年6月1日にも4時間にわたる機能バグでの停止が起きています。

これを受け、手数料の優先順位付け機能を搭載することが決まり、対ボット対策を固めていく方針です。

OpenSeaでSolanaNFTの取り扱いを開始

世界的に有名なNFTマーケットプレイスである「OpenSea」では、2022年3月30日にSolana基盤のNFTを扱う事を発表しました。

そして4月7日には、165個のSolana基盤であるNFTが公開され大きな話題となっています。

OpenSeaがSolanaの取り扱いを開始
引用:OpenSea

OpenSeaの公式サイトでは、既に「Welcome to the Solama beta」という公開ページが開設されています。

・イーサリアム
・ポリゴン
・クレイトン

これまでOpenSeaでは、上記3種類のブロックチェーンが利用できましたが、今回のSolana参入は4例目になります。

Solana Betaにて出品されているNFTは、仮想通貨SOLで入手が可能です。

Solanaを入手する際は、海外取引所を経由するとスムーズですが、そのためにはまず国内取引所のアカウントを保有しておかないといけません。

送金用の取引所であれば、豊富な通貨を扱っているDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!

仮想通貨のSolana/SOLとは?

solana
ブロックチェーン名Solana
通貨(トークン)名SOL(ソル)
ティッカーシンボル・単位SOL
現在の価格(2022年12月時点)¥1,854.66
時価総額(2022年12月時点)¥676,170,080,474
時価総額ランキング(2022年12月時点)15位
公式サイトSolana公式サイト
2022年12月8日更新

Solana(ソラナ)とは2020年3月にローンチ(新規公開)された、急速に開発・利用が進んでいる数々のブロックチェーンアプリケーションを、高い性能によって支えることを目的としたブロックチェーンプラットフォームです。

また、Solanaブロックチェーン上で扱われる基軸通貨(トークン)をSOL(ソル)と言います。

仮想通貨SOLも2020年3月にローンチされたばかりですが、2022年11月16日時点の時価総額ランキングは13位とわずか1年半で上位に食い込んできており、Solana/SOLへの注目や期待の高さがうかがえます。

Solanaを入手する際は海外取引所を経由するとスムーズですが、そのためにはまず国内取引所のアカウントを保有しておかないといけません。

送金用の取引所であれば、豊富な通貨を扱っているDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!

Solana/SOLの特徴

Solana/SOLには、次のような特徴があります。

Solana/SOLの主な特徴5つ
  • 処理速度が速く、取引コストも安い
  • レイヤー1のみで完結できる
  • 他のブロックチェーンとの相互運用ができる見込みである
  • ステーキングができる
  • パートナーが豪華

処理速度が速く、取引コストも安い

Solanaの特徴は何といってもその性能の高さであり、トランザクション処理速度や取引コストが、多くのブロックチェーンよりも大幅に優れています。

例えば、主要な仮想通貨であるビットコインやイーサリアムと比較すると、次のようになります。

スクロールできます
ブロックチェーントランザクション処理数/秒トランザクション手数料ブロック生成速度
Solana(ソラナ)50,0000.00005ドル0.4秒
ビットコイン6~715ドル600秒
イーサリアム13~1510~20ドル300秒
リップル4,0000.0004ドル4秒
※これらの数値は固定ではなく常に変動するものであり、あくまで2021年5月時点の参考値です。

ビットコインやイーサリアムは多くのユーザーがいる一方で、以前からスケーラビリティ問題(取引件数が増えすぎて、処理の遅延や手数料高騰が起こること)に苦慮しており、その解決策をいろいろと講じてはいますが、理想とは程遠いのが現状です。

一方でSolanaは、ビットコインやイーサリアムとは比べ物にならないほどの高速処理と安い処理コストを実現しています。

またこれまでリップルなど、ビットコインやイーサリアムの欠点を克服したブロックチェーンが多くつくられてきましたが、Solanaはそれらの性能をも上回っています。

レイヤー1のみで完結できる

イーサリアムなどでは、スケーラビリティ問題の解決策の一つとして、「レイヤー2で取引を実行する」という方法を取る場合があります。

レイヤー1・レイヤー2とは?

レイヤー1はブロックチェーン、レイヤー2はブロックチェーン外での取引を指します。

ビットコインやイーサリアムなどではスケーラビリティ問題を抱えており、ブロックチェーンだけで取引とその記録をしようとすると、時間と手数料がかかり過ぎてしまいます。

そこで取引の一部をレイヤー2(ブロックチェーンの外)でおこなうことで、スケーラビリティ問題の解決を図っています。

しかしSolanaの場合は、トランザクション処理速度やブロック生成速度が非常に大きくコストも安いため、レイヤー1つまりSolanaブロックチェーンのみで処理を完結させることができます。

2022年1月に米大手銀行バンクオブアメリカは、レイヤー1のみで完結するという特徴から「Solanaは暗号資産界のVISAになる」と述べてさらなる注目を集めています。

他のブロックチェーンと相互運用ができる見込みである

ビットコインなどこれまでの多くのブロックチェーンは、それぞれ互換性がありませんでした。

そこでSolanaでは、他のブロックチェーンと連携してインターオペラビリティ(相互運用性)をつくろうと画策しています。

すでにSolanaはスタートアップの「Certus One」と連携して、「Wormhole」というイーサリアムとのブリッジ機能を発表しました。

イーサリアムは現在、スケーラビリティ問題を抱えているのでSolanaとつなぐことで、処理速度が速くコストが安いSolana上で処理を実行できるようになります。

また、他のブロックチェーンプラットフォームでも「ブロックチェーン開発の王様」であるイーサリアムと相互運用しようという動きは見られますが、Solanaの場合はイーサリアム以外のブロックチェーンともブリッジ機能を構築しようと取り組んでいます。

ステーキングができる

ステーキングができるのも、Solanaの魅力の一つです。

ステーキングとは?

ステーキングとは、対象となる仮想通貨を保有しブロックチェーンネットワークに参加することで、対価として報酬が貰える仕組みのこと。

これまでの多くの仮想通貨は、売買による差益(キャピタルゲイン)を目的とした取引が主でしたが、Solanaでは長期保有によるステーキング報酬(インカムゲイン)を得ることも可能になっています。

パートナーが豪華

solana-teikei-1024x744

Solanaは高速・低コストなブロックチェーンプラットフォームであり、その性能を必要とする100以上ものプロジェクトと提携しています。

またそれによって、まだ公開から1年半ほどしか経っていないにもかかわらず、急速にエコシステムを拡大しています。

ソラナと提携してる主なブロックチェーンやアプリケーション
  • Serum(分散型取引所(DEX))
  • Chainlink(ブロックチェーンプラットフォーム)
  • USDC(ステーブルコイン)
  • USDT(ステーブルコイン)
  • Arweave(データストレージを提供するプロダクト)
  • Terra(ステーブルコイン)
  • Akash Network(分散型マーケットプレイス)
  • Civic(ウォレットプロバイダー)
  • dFuse(ブロックチェーンAPIを提供するプロジェクト)
  • LoanSnap(住宅ローン業者)
  • Audius(イーサリアムから移行してきた音楽プロジェクト)

また、Solanaはデリバティブ取引所のFTXを率いるサムバンクマン・フリード氏が全面的に支援している事も有名です。

サムバンクマン・フリード氏
デリバティブ取引所FTXの創業者。アフロヘアーが特徴的な事から業界では通称「アフロ」とも呼ばれている。

サムバンクマン・フリード氏は、2021年1月に以下のようなツイートをしました。

Solanaを売る人に対して「3ドルで売るなら出ていけ、その代わり俺がすべて買う」といった煽りの呟きです。

FTXは、Solanaがここまで伸びる前の2020年の夏にはSerum(分散型取引所)をSolnaで展開することを決めており、全面的に好意的な姿勢を取り続けていました。

しかし、2022年11月にはFTXが破綻、そしてサムバンクマン・フリード氏の辞任が決まったことから、結果的にSOL価格へ大きな打撃を与える形となりました。

公式LINE

Invest Naviの公式LINEでは、仮想通貨に関する最新情報を配信中。

solanaに関する限定情報も配信していますので、是非無料登録してみてください。

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

Solana/SOLのこれまでの価格推移

Solana/SOLのこれまでの価格推移
画像引用:TradingView

上の画像は、2021年から2022年12月現在までのSOL/USDチャートです。

SOL(ソル)は2020年3月にローンチ(新規公開)され、2020年中に目ぼしい動きはありませんでしたが、2021年に入って急激に高騰しています。

2021年1月の始値が約1.5ドル、4月につけた最高値が約48.8ドルなので、わずか4か月弱で一時32倍以上に膨れ上がったことになります。

5月の中旬に価格が大幅に下落して以降は価格は上昇と下降を繰り返していましたが、7月下旬から価格が順調に上昇を続け8月下旬には2021年の始値の約54倍に至りました。

SOL/USDチャート
画像引用:TradingView

2021年1月~9月のチャートを見ても分かるように、2021年9月9日には、最高値である約213ドルに到達しました。

上昇の背景には、前述したサムバンクマン・フリード氏の強力なバックアップも要因と言われています。

実績のある実業家が期待を寄せる通貨であるため、将来性に期待する声や賛同した投資家への買い圧力を後押ししたと考えられているのです。

その後一時急落したものの、再び急騰を見せ2021年11月7日には再び最高値を更新し約258ドルで取引されていました。

2022年12月現在は、FTXの破綻問題などによる仮想通貨全体での調整相場に連動して約14ドルの価格ですが、過去の高値を考えると今後の上昇にも期待する声は多いです。

Solanaを入手する際は、海外取引所を経由するとスムーズですが、そのためにはまず国内取引所のアカウントを保有しておかないといけません。

送金用の取引所であれば、豊富な通貨を扱っているDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!

SOLが高騰した要因

2021年に入って起こったSOLの高騰は、次のようなことが要因になっていると見られています。

SOLが高騰した主な要因4つ
  • Serum上でエアドロップ(仮想通貨の無償配布)がおこなわれた
  • Solana上でテザー(USDT)がローンチされた
  • NFTプロジェクトを立ち上げた
  • 仮想通貨市場全体で投資熱が増大している

Serum上でエアドロップ(仮想通貨の無償配布)がおこなわれた

Serumとは、仮想通貨取引所FTXが2020年8月にSolanaブロックチェーン上で運営を開始した分散型取引所(DEX)のことです。

そのSerumが2021年2月~3月に、Solanaと共同でDeFiイベントをおこなっており、プロモーションのためイベント参加者に新しい仮想通貨COPEを2000枚無料配布しました。

またCOPE以外にも、HOPE、ROPE、KOPEといった新しい銘柄が立て続けにソラナ上でローンチされたこともSOLの価格上昇に結び付いたと見られています。

Solana上でテザー(USDT)がローンチされた

2021年3月、Solana上でステーブルコインの一つであるテザー(USDT)がローンチされました。

特徴の部分で挙げた通り、テザー以外にもソラナは数多くのプロジェクトと提携しており、徐々にそれが実態を伴ってきて価格高騰につながっています。

NFTプロジェクトを立ち上げた

2021年8月にブロックチェーン 「Solana」がNFTプロジェクト「Degenerate Ape Academy」を立ち上げ、NFTに参入しました。

このプロジェクトは大きな話題を集め、なんと最初の約10分間で1万枚の猿の画像のNFTが販売されました。

猿の画像のNFTを購入するためにSOLが必要であり、多く購入されたことでSOLの価格が大きく上昇しました。

このように、最近話題のNFT関連のプロジェクトが立ち上げれたりされることによっても価格は大きく影響を受けると言えるでしょう。

仮想通貨市場全体で投資熱が増大している

2020年後半以降、仮想通貨市場全体で投資熱が増大しており、SOLに限らずビットコインなどのメジャーな銘柄、DeFi関連銘柄、NFT関連銘柄など、将来性のありそうな仮想通貨は軒並み高騰中です。

そういった強気相場が、SOLの年初来30倍を超える急騰を後押ししています。

なお、なぜ市場全体の投資熱が増大しているのか、その要因については「ビットコインの見通し」をご覧ください。

Invest Naviの公式LINEでは、仮想通貨に関する最新情報を配信中。

solonaに関する限定情報も配信していますので、是非無料登録してみてください。

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

Solana/SOLの今後の予想・見通し

SOLの今後の見通しについてですが、具体的にいくらまで伸びるといった予言はできませんが、次のような要因から今後さらに高騰する可能性があると見られています。

SOLの今後を占う重要ポイント2つ
  • SushiスワップがSolanaブロックチェーン上のDEXとの統合を発表した
  • Solanaブロックチェーン上で多くのプロジェクトが進められている

SushiSwapがSolanaブロックチェーン上のDEXとの統合を発表した

SushiSwapとは、”イーサリアム基盤”の分散型取引所(DEX)のことです。

イーサリアム基盤ということで、ご多分に漏れずスケーラビリティ問題による手数料高騰に悩まされていました。

そこでSushiSwapはその問題を解決するために、Solana基盤のDEXである「Raydium」と統合すると2021年2月に発表しました。

またSushiSwap以外にDapps(分散型アプリ)でも、イーサリアムからソラナブロックチェーンに移行する動きが見受けられます。

イーサリアムはスケーラビリティ問題を抱えながらも長い間「ブロックチェーン開発の王様」と君臨してきて、これまでも「イーサリアムキラー」と呼ばれるブロックチェーンが多く開発されてきましたが、その牙城を崩すまでには至っていませんでした。

しかし今度こそ圧倒的に速くて安いSolanaが、その状況を打破するかもしれません。

Solanaブロックチェーン上で多くのプロジェクトが進められている

特徴の部分でも挙げた通りSolanaは現在、100以上のプロジェクトと連携しており、まだ実態を伴っていないものも多くあります。

また、それらの中には有名な仮想通貨取引所やブロックチェーンプラットフォームも含まれており、今後さらにSolanaエコシステムが拡大していけば、自ずと需要も拡大しSOLの価格にもポジティブな影響を与えることでしょう。

2022年3月には、NFTマーケットプレイスのOpenSeaでも、Solana基盤のNFTに対応する事が発表されました。(具体的な時期は未定)

このように、NFT界隈でも利用される場所が増えてくる事は、今後のSolana需要の拡大に大きな役割を担っていると考えられているのです。

Solanaとイーサキラー

Solanaは、仮想通貨時価総額ランキングで2位を誇るイーサリアムの存在を脅かす存在である事から、イーサキラーとも呼ばれています。

また、Solanaだけではなく、イーサキラーと呼ばれる通貨は、現在に至るまで続々と登場しているのです。

名称特徴欠点時価総額ランキング
Solana・処理速度が速く、取引コストも安い
・他のブロックチェーンと相互運用ができる見込み
・100以上ものプロジェクトと提携
・競合するプロジェクトが多い13位
イーサリアム・時価総額ランキング2位を維持
・ICOへの利用ができる
・発行上限や半減期がない
・取引量が増えるとマイニングコストが大きくなる可能性がある
2位
アバランチ・DeFiのプラットフォームを構築している
・誰でも簡単にNFTの発行が可能
・イーサリアムと互換性がある
・国内取引所に上場していない18位
BNB・定期的にバーンを実施して希少価値を上げている
・ガス代(手数料)の低さ・処理速度に定評がある
・他でBNBを扱っている取引所が少ない
・国内取引所でには上場していない
5位
ポルカドット・異なるブロックチェーンと相互運用できる
・誰でもブロックチェーンを開発できる
・通貨保有者にガバナンス権が与えられる
・上場から短期間で高騰したため、市場の冷え込みが懸念されている12位
エイダ・独自のスマートコントラクトを実装
・大型アップデートの「ウロボロス計画」の実行を予定
・ICOのプレセールの最低単価が高額だったことや、公開遅延により詐欺を疑われた事がある8位

それぞれの通貨に特徴や欠点があり、今後どの通貨がリードするのかといった注目が集まっています。

現時点では、イーサリアムが時価総額や知名度共に高い水準ですが、スケーラビリティの問題は大きな懸念です。

Solanaのように、処理速度が速く低コストで取引できる通貨の競合は必死ですが、今後イーサキラーとされている通貨が、イーサリアムを超えてくる可能性は十分にあると考えられています。

Solanaを入手する際は、海外取引所を経由するとスムーズですが、そのためにはまず国内取引所のアカウントを保有しておかないといけません。

送金用の取引所であれば、豊富な通貨を扱っているDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!

Solana/SOLは買うべき?

ここまでの解説をまとめるとSolana/SOLは、

  • 2020年4月にローンチされた新しい通貨にも関わらず、時価総額ランキング上位に入っている
  • 性能がこれまでのブロックチェーンと比べて、かなり高い(処理速度が速く、コストも安い)
  • Solanaの高い性能を求めて、イーサリアムから移行する動きがすでに見受けられる
  • 多くの有名どころとプロジェクトを進めて、エコシステム拡大・需要拡大を図っている

こういったことから、その将来性は非常に高いと見られています。

また、今の値動きを見ると価格が上がり過ぎているように見えるかもしれませんが、長期的に見ればその将来性から、さらに高値を更新していく可能性は十分にあります。

この記事を読んでSolana/SOLに魅力や可能性を感じた方は、ぜひSOL取引を検討してみてください。

なおSOLはここまで短期間で急騰してきており、こういった場面は需要などに関係なく、大きめの下落調整が入ることがよくあります。

そのため今からSOLを購入する場合は、短期的に大きく下落しても動じなくて済むような戦略を立ててから臨みましょう。

Solana/SOLの今後の予想・見通しまとめ

今回はSolana/SOLについて解説しました。

この記事のまとめ
  • Solanaは、高い性能によって様々なアプリケーションを支えることを目的としたプラットフォーム
  • Solanaは他の多くのブロックチェーンよりも、圧倒的に高速・低コスト
  • イーサリアムの牙城を崩せるポテンシャルがあり、将来性十分
  • SOLは海外取引所経由で入手するとスムーズ

Solanaは、他を圧倒する処理速度と低コストを誇るブロックチェーンプラットフォームです。

またSolana単体で完結するのではなく、イーサリアムなど他のブロックチェーンとのインターオペラビリティ(相互運用性)をも実現しようとしています。

そういったことから将来性は非常に高く、またローンチから1年半で時価総額ランキング9位にランクインしており、実際に多くの投資家が期待を寄せていることがわかります。

2021年に入って急騰を続けていますが、その将来性を鑑みれば今後さらに続伸していく可能性も十分にあるので、興味を持った方はぜひSolana/SOLへの取引にチャレンジしてみてください。

Solanaを入手する際は、海外取引所を経由するとスムーズですが、そのためにはまず国内取引所のアカウントを保有しておかないといけません。

送金用の取引所であれば、豊富な通貨を扱っているDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!

Invest Naviの公式LINEでは、仮想通貨に関する最新情報を配信中。

solonaに関する限定情報も配信していますので、是非無料登録してみてください。

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

目次
閉じる