Gala Gamesとは?仮想通貨GALA(ガラ)の今後の予想・見通しも徹底解説!

Gala Games(GALA)は、Town Starをはじめとするブロックチェーンゲームを複数開発するプロジェクトです。

ブロックチェーン上にゲームを構築することで、ゲーム内取引やアイテム、NFTを自由に管理して資産化したり、稼いだりすることができます。

発行トークン「GALA」は、2021年9月に海外の大手取引所へ続々と上場しました。

これをきっかけにGala Gamesに注目が集まっています。

今回は、Gala GamesやGALAトークンについて特徴や今後の予想を徹底解説します。

この記事からわかること
  • Gala Gamesの目標は世界最大のゲームエコシステムを作ること
  • 2021年10月からPlay-to-Earnに対応して稼げるゲームとなっている
  • ブロックチェーン技術でプレイヤーの資産保管やゲーム方針の投票システムを導入
  • ノードに参加すると報酬としてGALAトークンやゲームのNFTを獲得できる
  • GALAを購入するならまずコインチェックが最適

エコシステムとは、ブロックチェーン上で成り立つ社会・経済システムのことです。

GALAトークンは、上場してから大きな価格変動はなく8~13円あたりを行き来していました。

しかし、2021年11月後半に急激な価格上昇を見せ一時期約95円に到達するなどしました。

その後、若干の価格下落を経験し2022年9月8日現在は約¥7.07で取引されています。

そんなGALAトークンを購入するためにはまず海外取引所へ通貨を送金する必要があるので、国内取引所の口座を用意する必要があります。

国内取引所はコインチェックが最適です。

大手取引所で、取扱い通貨数や積立などの運用サービスも豊富なのでぜひチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次

Gala Games(GALA)とは?

Galaゲーム公式サイト-1024x311
引用:Gala Games公式サイト
名称Gala Games
シンボルGALA
価格(2022年9月時点)¥7.07
時価総額(2022年9月時点)¥49,352,310,638
時価総額ランキング(2022年9月時点)98位
公式サイトGala Games公式HP

Gala Gamesは、「実際にプレイしたくなるブロックチェーンゲームを作る」をコンセプトに、ブロックチェーン上に複数のゲームを開発するプロジェクトです。

2021年12月現在は、「Tower Star」、「Spider Tanks」、「Fortified」など5タイトルをプレイすることができます。

発行トークン「GALA」は、ゲーム内のアイテム購入や取引で利用できます。

GALAを入手するには、ノード(ブロックチェーンに繋がるネットワーク)に参加するか、取引所でトークンを購入する必要があります。

まず、国内取引所コインチェックをチェックしてみてください。

コインチェックから、GALAが上場している海外取引所へ送金すれば入手できます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Gala Games(GALA)の特徴

Gala GamesやGALAトークンの特徴について解説します。

このプロジェクトの開発チームは、大手ゲーム業界で活躍した強者が揃っており、世界最大のゲームエコシステムを構築することを目指しています。

ブロックチェーン技術を用いたゲームの特徴をおさえておきましょう。

複数のブロックチェーンゲームを開発している

Galaゲーム一覧-1024x615
引用:Gala Games公式サイト

Gala Gamesは、上の画像のように公式サイトで5つのゲームを公開しています。

実際にプレイできるのは「Town Star」のみですが、今後そのほかのゲームもプレイできるようになるでしょう。

NFTマーケットも展開しており、ゲーム内アイテムをGALAトークンやETHなどでも購入可能です。

毎月130万人のユーザーがGalaのゲームで遊んでおり、NFTの販売総数は2万6千にも及びます。

Gala Gamesは、従来のゲームのように架空のアイテムを入手するのではなく、例えば魔法の剣をゲーム内で入手すればそれが本当の資産(NFT)になることに革命を感じています。

ブロックチェーン技術とゲーム開発能力に長けたチームメンバーにより、最大のゲームエコシステム構築は夢ではありません。

GALAトークンはPlay-to-Earnで稼げる

TownStar画面-1024x576
引用:Gala Games公式サイト

Gala Gamesのネイティブトークン「GALA」は、ゲーム内のアイテム売買で使ったり、プレイで稼いだりすることができます。

例えば、上の画像にあるTown Starは、2021年10月に稼げるゲーム「Play-to-Earn」に対応しました。

遊び方は、街作りや農作物を育てたりして、それらを販売したり、お店を開くこともできます。

Town Star内の通貨「TownCoin」を稼ぐと、GALAトークンに交換して収益化が可能です。

TownCoinの稼ぎ方
  • デイリーチャレンジで自分が作ったものを一定数販売する
  • 購入したNFTで街づくりをして条件をクリアする

初期費用として、いくつかのGALAトークンやNFT購入料金、その際の手数料(ETH)が発生しますが、全部で2~5万円程度で済みます。

最も人気のブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」の初期費用が20万円近くかかると考えると、Town Starは誰でも始めやすいPlay-to-Earnだといえます。

「Gala Gamesエコシステム」で資産保有や分散投票のシステムを導入

エコシステムとは、ブロックチェーンで新たに成り立つ経済システムの仕組みです。

Gala Gamesエコシステムは、ゲームプレイヤーのアイテムやコンテンツ所有の場として活用・管理されます。

さらに、Gala Gamesのプラットフォームに追加するゲームや資金提供するゲームの決定をするために、エコシステムを使って投票に参加できます。

これはすべて分散型となっており、Gala Gamesが管理するのではなくエコシステムで自動的に収集・選別・処理が実行されるので管理者による不正はできません。

Galaエコシステム-1-1024x731
引用:Gala Games公式サイト

上の画像はGala Gamesのノードエコシステムです。

ノードとは、ブロックチェーンにアクセスできるネットワークのことで、エコシステムの成長に貢献します。

各ノードの貢献に対し、Gala Gamesのノードエコシステムでランダムに報酬(NFTなど)を分配しているのがわかります。

また、アクセスしやすいデータベースを作ることで、エコシステムの分析や監査をいつでも実行できるため開発者にも有益でセキュリティはさらに高くなります。

Gala Nodeに参加するとGALAトークンやNFTで報酬が貰える

Gala Gamesエコシステムのノードに参加すると、GALAトークンやNFTを報酬として獲得できます。

参加するには、2台のパソコンや作業用メモリなどが必要です。

引用:Gala Games公式サイト

毎日数時間ノードとしてエコシステムに接続することで、多くのGALAやNFTが貰えます。

Gala Gamesではノードを常に必要としているので、興味があればぜひ検討してみてください。

ノードに参加しなくても、GALAトークンは海外取引所で購入することが可能です。

まずは国内取引所に口座開設して、海外取引所へ送金する必要があります。

国内取引所はコインチェックをチェックしてみてください。

仮想通貨の取引、積立、貸付などさまざまなサービスがあり、NFTマーケットプレイスも展開しています。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨GALAの価格動向

ここでは、GALAトークンの価格動向について解説していきたいと思います。

〜2021年10月

引用:Tradingviewの提供チャート

GALAトークンは、2021年9月に海外取引所へ続々と上場しました。

それまでも一部の分散型取引所などで利用できましたが、ほぼゲーム内取引のみとなっており、実際にトレードで価値が上がったのは9月からです。

上場時に多いトークンセールについて、Gala Gamesは必ずしも必要ではないとして行っていません。

価格は約8円~13円を行き来しており、大きな値動きはありませんでした。

【現在】2021年11月〜

【現在】2021年11月〜のGALA
引用:Tradingviewの提供チャート

そんなあまり目立った価格変動のなかったGALAでしたが、2021年11月に入りじわじわとその価格が上昇し始めました。

そして、2021年11月後半には急激な価格上昇を見せ、一時期約95円にも到達するなどしました。

約8円で取引されていた時から比べると、10倍以上もの値上がりを経験したことになり、凄まじい価格上昇率であると言えるでしょう。

その後価格は若干下落し、現在では約¥7.08で取引されています。

これからも、ゲームの正式リリースやNFTの販売、イベントなどで再び価格上昇する可能性もあるので、今後の動向に注目していきましょう。

また、今のうちからGALAを仕込むなら、まずコインチェックをチェックしてみてください。

コインチェックから海外取引所へ通貨を送金すれば、を入手できます。

国内大手取引所で取扱い通貨数も多く、アルトコイン取引にも利用しやすいです。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨GALAの今後の予想・見通し

仮想通貨GALAや、Gala Gamesの今後の成長について予想して解説します。

開発メンバーと直接会えるイベントや、話題のNFTについて深掘りして、将来へ繋がる見通しを立てましょう。

12月にラスベガスで開催されたビックイベント

2021年12月、Gala Games主催のゲームイベント「Galaverse」がラスベガスで開催されました。

来場者はGala Gamesのゲームを体験したり、未公開情報や最新情報ゲット、商品やプレゼントを受取ったりと豪華なイベントです。

引用:Gala Games公式ストア

チケットはGala Gamesの公式ストアにてGALAトークンで購入できるというものでした。

話題性が高まり、Gala Gamesの繁栄に繋がることに期待できそうです。

アメコミライターの巨匠フランク・ミラーと提携したNFTが話題

引用:GalaGames公式Medium

有名な「バットマン」や「シン・シティ」などのアメリカンコミックライターであるフランク・ミラー氏のNFTを、Gala Gamesは共同制作しています。

シン・シティの30周年記念として、限定NFTが販売されすでに完売となっています。

落札後されてから絵を書いてNFTにする「LIVE DRAWING」は、42万GALA(8円時で336万円)で落札されており、注目度が高いです。

今回のフランク・ミラー氏との提携で話題性を集めたこともあり、Gala Gamesの今後のNFT販売についても成長が期待されます。

GALAトークンを購入するならコインチェックから海外取引所へ通貨を送金すると便利です。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨GALAの獲得方法

GALAトークンを獲得するには、ノードへ参加または、海外取引所で購入する必要があります。

ここでは、国内取引所と海外取引所を使ってGALAを獲得する方法を解説します。

国内取引所に口座開設して通貨を購入

コインチェック 新サムネイル

まず、仮想通貨取引所の口座を開設しましょう。

大手国内取引所コインチェックが最適です。

仮想通貨トレードだけでなく、貸仮想通貨や積立、NFTマーケットプレイスも展開しており幅広く使えます。

口座開設後、本人確認を済ませて日本円を入金しておきましょう。

入金した日本円を使って、BTCやETHなどの海外取引所でGALAとペアになっている通貨を購入します。

\ 1500円分のBTCもらえる /

海外取引所へ通貨を送金する

GALAが上場している海外取引所へ口座開設します。

送金する通貨の入金画面を開いて、入金アドレスを取得してください。

コインチェックの送金画面に、取得した入金アドレスを貼り付けて送金しましょう。

海外取引所の自分のウォレットに着金するのを確認します。

海外取引所でGALAトークンを購入する

届いた通貨を使って、GALA/BTCやGALA/ETHなどのペアで取引します。

これでGALAトークンを獲得できます。

コインチェックから海外取引所へ送金すると、様々なアルトコインの取引が可能になり便利です。

また、コインチェック自体の取扱い通貨数も多いので、まずはコインチェックでトレードに慣れておくのも良いでしょう。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨GALAのまとめ

この記事では、仮想通貨GALAの価格予想や、Gala Gamesの特徴について解説しました。

Gala Gamesはエコシステムの繁栄やPlay-to-Earnに注力していることがわかったと思います。

もう一度、GALAの重要ポイントを振り返りましょう。

この記事のまとめ
  • 複数のブロックチェーンゲームを開発しており「Towm Star」は遊んで稼げるPlay-to-Earn
  • ノードに参加するとGALAトークンや限定NFTを獲得できる
  • 2021年12月には開発者と対面できるゲームイベントがラスベガスで開催される
  • GALAを購入するならコインチェックが最適

GALAトークンはノードに参加しなくても、海外取引所を利用すれば入手できます。

まず国内取引所から海外取引所へ送金しないといけません。

国内取引所は、初心者でも使いやすく安全なコインチェックが最適です。

コインチェックから海外取引所へ送金すれば、GALAトークンやその他のアルトコイン取引にも活用できるので、ぜひチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる