上場したSweatcoin(スウェットコイン)とは?始め方・稼ぎ方と攻略方法を徹底解説

Sweatcoin(スウェットコイン)は、歩くだけで稼ぐことができる「Move to Earn」がコンセプトのスマホアプリです。

稼げるのはアプリ内通貨のSweatcoinとなっており、様々な商品との交換や寄付活動などに使えます。

「STEPNの模倣?怪しい…」と思う方もいるかもしれないので、この記事ではSweatcoinについて徹底解説します。

この記事でわかること
  • NFTの購入は必要なく、初期費用ゼロでSweatcoinを始められる
  • 2021年第三四半期だけで、77億円以上のSweatcoinが商品などと交換された
  • OKXやTerra創業者が出資する有望プロジェクト
  • 1000歩ごとに1Sweatcoinを稼ぐことができる
  • SWEAT上場に控えてLINE BITMAXの口座登録を済ませておくと安心

Sweatcoinは、STEPNよりも前から稼げるアプリとして誕生していましたが、仮想通貨の上場はSTEPNの方が先です。

そのため、模倣かと思われるかもしれませんが、実際の中身は全く異なっており、むしろSweatcoinの方が始めやすく使い勝手が良いとも言えます。

2022年9月に仮想通貨SWEATが上場されており、保有するSweatcoinと同じ量のSWEATが入手できるシステムです。

仮想通貨取引所の口座をまだ持っていない場合は、LINE BITMAXなら簡単3ステップで口座開設できます。

普段使うLINEアプリ上で、開設から取引まですべて行うことができるので簡単・手軽です。

一度、LINE BITMAXの公式サイトも目を通してみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

目次

Sweatcoinとは?

Sweatcoin 公式
出典:Sweatcoin公式サイト

Sweatcoinは、イギリスおよびウェールズで設立されたSweatcoin社が開発する無料アプリです。

アプリをダウンロードすれば、招待コードやNFT購入など一切必要なく、すぐに歩いて稼ぎ始めることができます。

毎日の歩数でSweatcoinを稼ぎ、貯まったコインは商品交換や慈善団体への寄付、仮想通貨SWEATとの交換に利用できます。

仮想通貨SWEATは2022年9月に上場されており、Sweatcoinの創設メンバーを共有するSweatEconomyチームが、NEARブロックチェーン上で開発しています。

Sweatcoinの特徴

Sweatcoinの特徴を解説します。

初心者や仮想通貨取引に慣れていない人でも、簡単に始められるのがSweatcoinです。

すでに多くの登録者と提携パートナーがいるので、比較的安心して使うことができます。

初期費用がいらない

Sweatcoinダウンロード画面
出典:Sweatcoin公式サイト

Sweatcoinは、無料のアプリをダウンロードするだけですぐに開始できます。

類似アプリのSTEPNでは、始めるためにスニーカーのNFTを15万円程度で購入しないといけません。

それに比べて、Sweatcoinは誰でも無料で始めることが可能で、すぐにSweatcoinを貯められるので、新規参入者のハードルが低いです。

さらに、アプリは日本語対応しているので、日本人ユーザーでも利用しやすいです。

Sweatcoinを貯めるだけなら仮想通貨やブロックチェーンの知識も不要なので、ポイントサイトの感覚で使えます。

登録者が既に6400万人以上(2023年1月時点)

Sweatcoin ユーザー
出典:Sweatcoin twitter

Sweatcoinの登録者数は、すでに世界で6400万人以上もいます。

イタリア、ドイツ、フィリピン、スペイン、アメリカ、イギリス、カナダ、日本など、30か国以上で利用されており、アプリ評価も高いです。

運営チームは、今後仮想通貨SWEATのグローバル展開で、さらに7000万人に達すると予測しています。

2021年第3四半期には、Sweatcoinのアプリ内マーケットで、約6,000万ドル(約77億800万円)がSweatcoinと交換されました。

つまり、世界中のユーザーが歩いて稼いだ77億円分のSweatcoinが、アプリ内で様々な商品と交換されたということです。

日本では最近注目され始めていますが、世界ではもっと前からSweatcoinで稼ぐのが主流となっていたのです。

有力なパートナーたちが存在

SweatcoinEconomy パートナー
出典:SweatEconomy公式サイト

Sweatcoinには強力なパートナーがいるので資金的にも信頼できます。

支援者の情報をいくつか解説します。

Sweatcoinのパートナー
  • OKEx(現OKX) Blockdream Ventures:世界大手取引所OKXの投資部門。最先端のブロックチェーン技術を支援。
  • NEAR Foundation:NEARブロックチェーンの財団。NEAR上の有望プロジェクトへ出資。
  • DO KWON氏:Terra(LUNA)創業者。最近ではSeashell、Iron Fishなどへの出資や、DAO5の諮問委員会への参加も行う業界の重要人物。

このような大手企業や創業者がSweatcoinをバックアップしています。

Electric Capital、Spartan Capital、Jump Cryptoなど、世界的な投資企業やweb3に特化したVCも出資しており、プロ目線でもSweatcoinは有望プロジェクトです。

大手海外取引所に上場

Sweatcoinが発行するSWEATは2022年9月に海外大手取引所にて上場しました。

これまでSweatcoinは、サービスの利用だけで通貨の価値は分からない状態でした。

それが今回の海外取引所上場で価値が付き、貯めたSWEATを換金できるようになっています。

現在はまだ海外取引所での上場であるため、換金や入手をする際には国内取引所を経由しなくてはいけません。

LINE BITMAXの口座開設は無料で、LINEユーザーなら誰でも登録できビットコインも簡単に購入可能なので、一度公式サイトをチェックしてみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

SweatcoinとSTEPNとの違い

今話題のMove to EarnといえばSTEPNもかなり人気です。

そこで、STEPNとSweatcoinとの違いを比較してみましょう。

歩いて稼ぐという同じコンセプトですが、実際の中身は全く違うことがわかります。

初期投資はSTEPNが15万円程度かかるがSweatcoinは無料

SweatcoinSTEPN
NFTの購入必要なし必要あり(15万円程度)
登録の条件なし(誰でも使える)アクティベーションコードが必須
維持にかかる出費稼いだSweatcoinの0.5%が手数料NFTの修理やレベルアップが常に必要

初期投資について、まずSTEPNは稼ぐためにスニーカーのNFTを購入(投資)しないといけません。

スニーカーはジョギングするほど耐久性が下がるので、修理したり、効率を上げるためにアイテムを使ったりするため、仮想通貨GSTで支払いが必要です。

対してSweatcoinは、NFTの購入が必要なく誰でもすぐに登録して稼ぐことができます。

STEPNのように入手困難なアクティベーションコードは必要ないので、アプリをダウンロードするだけでOKです。

新規参入するならSweatcoinの方がハードルが低くて始めやすいです。

プレイヤー数はSweatcoinが約6200万人、STEPNが約100万人

SweatcoinSTEPN
プレイヤー数6400万人以上
※2022年4月時点
100万人以上
※2022年第一四半期終了時点

SweatcoinとSTEPNのプレイヤー数を比べると、Sweatcoinはすでに6400万人もプレイヤーが存在しており、STEPNより64倍も多いことがわかります。

公式サイトによると、Sweatcoinのアプリが20か国でフィットネスジャンルにおいて1位を獲得しています。

実は、SweatcoinはSTEPNの開発よりはるか前の2016年に誕生しました。

当時から、Sweatcoinはブロックチェーン上での開発が検討されていましたが、その時は実現できる技術が無く、これまではフィットネスアプリの広告収入という形で「歩いて稼ぐ」を実現していました。

そのため、2016年の開始からプレイヤー数が伸び続けて、現在の6200万人に至ります。

稼げる金額や効率はSTEPNが優勢

SweatcoinSTEPN
稼げる目安1000歩で1コイン
(手数料0.5%なので実際は0.95コイン)
1消費エネルギー(5分)で5GST
※ジョガーの場合
効率UP条件1日20分間だけ2倍ブーストできる
プレミアム会員登録でいつでも2倍
スニーカーの保有数、レベルアップ、
ジェムの追加、各種強化で効率性・運・耐久性などUP

稼げる目安を上の表にまとめましたが、STEPNの方が稼ぎやすく、稼げる効率を高めたり、稼ぎ方を工夫できるので、金額的にも優勢といえます。

対してSweatcoinは、1000歩(10分程度)で1コインです。

2022年4月時点で、Sweatcoinと交換できる仮想通貨「SWEAT」の価格がまだわからないので、実際の価値も不明ではあります。

しかし、効率の差はありますが、Sweatcoinを稼いでおいて損はありません。

Sweatcoin価格予想

Sweatcoinは、アプリ内マーケットでApple エアタグを2000コインで交換できます。Apple エアタグは、市場価格3800円程度で購入できる商品なので、計算すると1コインあたり約2円となります。

また、Amazonの25$(約3250円)分のクーポン券は1250コインですので、1コインあたり2.6円となります。

おおよそ、1コインあたり数円が妥当な相場でしょう。

現時点の予測で稼ぎやすいのはSTEPNとなります。

とはいえ、コツコツ稼げる事実は変わらないので、今のうちからSWEATを現金に交換する準備のために仮想通貨取引所に口座開設しておきましょう。

国内取引所のLINE BITMAXなら、LINEユーザーであればすぐに登録できるので初心者の方でも簡単です。

まだLINE BITMAXの口座を持っていない場合は、この機会に利用検討してみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

仮想通貨SWEATとSweatcoin

SWEATSweatcoin
通貨の種類Sweatcoinから交換できる仮想通貨Sweatcoinアプリ内の通貨
管理者DAOによりSWEAT保有者が管理(分散型)Sweatcoin社が所有(中央集権的)
交換先仮想通貨市場で交換範囲が広がるアプリ内のみで交換

仮想通貨SWEATとSweatcoinの違いを簡単に表にまとめました。

Sweatcoinはアプリ内のみで使える通貨ですが、SWEATに交換すれば仮想通貨としてさらに使い道や投資機会が増えるでしょう。

2つの違いについて、要点をまとめます。

Sweatcoin所持枚数に応じてSWEAT付与

SweatEconomy公式サイトトップ
出典:SweatEconomy公式サイト

SweatEconomyは2022年9月に、仮想通貨SWEATが上場されました

それまでに稼いだSweatcoinは、保有量と同じ量のSWEATを付与と発表されています。

SWEATはステーキングも可能となり、預け入れた量に応じて報酬が配られます。

仮想通貨SWEATを入手するために、事前にSweatcoinを貯めておくと将来の価値に期待できるかもしれません。

特に、仮想通貨取引所に上場すると価格が上がりやすいので注目です。

Sweatcoinは将来的にSWEATエコノミーの一部となる

Sweatcoinと仮想通貨SWEATの創設メンバーは共有しており、SWEATはSweatEconomyが開発しています。

Sweatcoinは現在SweatEconomyの一つとなっています。

そして、「歩く」だけでなく、水泳やサイクリング、ワークアウト、パドリングなどでもSWEATを獲得できる予定なので、幅広いスポーツで稼ぐことができそうです。

SWEATは、仮想通貨取引所で他の仮想通貨に交換したり、送金したりすることで日本円にも換金できるようになりました。

まだ仮想通貨取引所の口座をお持ちでなければ、簡単に開設できるLINE BITMAXを検討してみてください。

スマホアプリのみで登録から取引まで完結できるので、手軽にトレードを開始できます。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

Sweatcoinの始め方

実際にSweatcoinを始める手順を解説します。

といっても、アプリをダウンロードして歩くだけなのでとても簡単です。

まずは公式サイトにアクセスしてスマホアプリをダウンロードしましょう。

Sweatcoinサインアップ
出典:Sweatcoinアプリ

AppleID、GooglePlayのIDなどでサインアップします。

最初から日本語で表示されるので非常に使いやすいです。

Sweatcoinアクセス許可画面
出典:Sweatcoinアプリ

スマホのフィットネスデータへのアクセス許可が求められるので許可してください。

歩数を取り込む設定の許可も行います。

これだけでSweatcoinを稼ぐ準備は整いました。

外に出て歩く際は、必ずスマホを持って効率的にSweatcoinを稼ぎましょう。

Sweatcoinの稼ぎ方

次に、Sweatcoinの稼ぎ方を解説します。

様々な稼ぎ方を把握して、自身に適した方法でSweatcoinを稼いでいきましょう。

歩いて稼ぐ

Sweatcoinは、スマホアプリをインストール後に歩いて稼ぐことができます。

1000歩=1WC(1Sweat)が付与されます。

歩くことで付与されたSweatを海外取引所→国内取引所の手順で換金すれば日本円に変換できます。

2022年9月27日時点では、1Sweat約4.5円ほどです。

2022年5月に公式から発表された情報では、報酬体系は次のように変更するとされています。

1Sweat獲得に必要な歩数
2022年1000歩
2023年2100歩
2024年4900歩
2027年16100歩
2032年45200歩

年々Sweatのレートが上がっていくことも考えられますが、徐々に獲得量は減ってくる見通しとなっているので、早めに開始して貯めておいたほうが良いと言えるでしょう。

また、有料会員になることや1日1回のデイリー2倍ブーストを使うことで効率よく稼げます。

友達を紹介して稼ぐ

Sweatcoinは、友達の紹介をするだけで稼げます。

1人の紹介で5WSC(5Sweat)が付与されます。

友達紹介という名称ですが、Sweatcoinに興味を持つ自身以外の方であれば誰でも招待可能です。

無料で始められるので、積極的に招待してみましょう。

広告視聴で稼ぐ

Sweatoinでは、デイリーリワードという制度で稼ぐことができます。

動画広告を視聴することで、0〜1000SWCの報酬がランダムで付与される仕組みです。

動画は30秒ほどと短いため、隙間時間を使って気軽に行えるでしょう。

報酬はランダムですが、すでに高額のSWCを獲得している方も多いです。

SWEATに交換するために、仮想通貨取引所LINE BITMAXの口座を準備しておくと便利です。

スマホの簡単操作で取引が行えるので、興味がある方はLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

実際にSweatcoinをやってみた

実際に歩いてSweatcoinを稼いでみました。

まずは基本の「歩き」で稼ぐために、5000歩以上を目標に歩いてみます。

Sweatcoin 歩数画面
出典:Sweatcoinアプリ

この日は5966歩ほど歩いたので、手数料0.5%を引いて5.66コインを稼ぐことができました。

「1000歩単位」ではなく、1歩単位で計算してくれます。

さらにデイリーミッションもクリアしました。

Sweatcoinデイリーリワード
出典:Sweatcoinアプリ

デイリーミッションでは広告動画を視聴してSweatcoinを稼ぎます。

1つ目はすぐに視聴できますが、2つ目は500歩、3つ目は1000歩歩かないと視聴できません。

これだけで3コイン程度稼げますが、運試しで0~1000コインもらえる場合もあるようです。

Sweatcoin 獲得履歴
出典:Sweatcoinアプリ

稼いだ履歴は、ウォレットの「獲得の概要」の部分で確認できます。

歩数やデイリーリワードで稼いだ履歴が表示されます。

実際にやってみた感想は、いちいちアプリを開かなくてもカウントしてくれるのでとても簡単でした。

帰宅後に、「そういえば何歩だったかな」と思ってアプリを開いて、歩数とSweatcoinが貯まっていたのは嬉しかったです。

たくさん歩く人ならかなり稼ぎやすいと思います。

SWEATに交換するために、仮想通貨取引所LINE BITMAXの口座を準備しておくと安心です。

LINEユーザーならすぐに登録できるので、簡単・手軽に取引開始できます。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

Sweatcoinの攻略方法

攻略法内容方法
デイリーリワード広告視聴で0~1000コイン獲得できる3つの広告を視聴する
デイリー2倍ブースト毎日20分だけ獲得コインを2倍にできるブースト開始ボタンをタップして歩く
友達紹介友達を紹介すると5コイン獲得できるリンクやLINEで紹介する
プレミアム会員いつでも報酬が2倍になる月額550円または年額2700円の有料会員になる

Sweatcoinでは、上記の攻略方法を使うと稼げる額を増やせます。

特に、デイリーリワードとデイリー2倍ブーストは、誰でも簡単にこなせるので稼ぎやすいです。

紹介できる人が周りにいる場合、LINEなどで招待できるのでうまく活用しましょう。

一人紹介すると5コインもらえます。

Sweatcoinプレミアム会員
出典:Sweatcoinアプリ

がっつりSweatcoinをやりこむなら、プレミアム会員になっていつでも2倍のコインを獲得してください。

月額550円となっており、年額だと2700円なので月額よりもお得です。

お得な取引所といえば、LINE BITMAXは取引手数料無料で、1円からトレード可能です。

LINE Payを使って簡単に日本円を入金できるので、国内取引所の口座開設はLINE BITMAXを検討してみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

SWEATの買い方

2022年9月時点でSWEATは上場しましたが、まだ国内取引所では扱っていません。

そこで、海外取引所を経由した場合の、SWEATを購入する手順について解説します。

LINE BITMAXでBTCを購入

LINE BITMAX公式サイト

まず、国内の仮想通貨取引所LINE BITMAXでBTCを購入します。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

まだ取引所の口座を持っていないという方は、この機会にLINE BITMAXの口座を開設してみてください。

LINE Payなどで日本円を入金すると、すぐに仮想通貨を購入できます。

このとき、海外取引所でSWEATとペアになっている仮想通貨を購入しましょう。

海外取引所へ送金する

LINE BITMAXから、海外取引所へBTCを送金します。

海外取引所の入金アドレスをコピーして、LINE BITMAXの送金画面に張り付けてください。

数量などを入力して送金処理しましょう。

BTC建てでSWEATを入手する

海外取引所でBTCの着金を確認します。

あとは、SWEAT/BTCのペアで取引すれば仮想通貨SWEATを入手できます。

Sweatcoinは歩くことでしか入手できませんが、仮想通貨SWEATは上場した取引所でいつでもトレード可能です。

LINE BITMAXではSWEATが上場したときに購入用の通貨を入手することができます

LINEユーザーならすぐに口座開設して仮想通貨を購入できるので、一度公式サイトをチェックしてみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

Sweatcoinの価格動向

次に、Sweatcoinの価格動向を短期と長期に分けて見ていきます。

まだ、海外取引所に上場して間もないですが、どのような動きになっているのかを見ていきましょう。

短期

短期
引用元:Trading Viewの提供チャート

上チャートは、12から約3週間の価格動向を示したものです。

まだ、大きな値動きには至っていませんが、下落後にレンジを形成していることが分かります。

安値圏で目立った動きがなく、投資家達やユーザーが売買の様子を伺っている状況と言えるでしょう。

2022年9月27日時点では、1Sweat=0.03ドル付近で推移しています。

長期

長期
引用元:Trading Viewの提供チャート

続いて、上場開始から現在までのチャートを見ていきます。

Sweatは9月13日に初めて大手海外取引所で上場されました。

上場直後に暴騰し、0.11ドル付近まで価格を伸ばしています。

しかし、その後は目立った上昇もなく、だらだらと下落に転じている状態です。

今後は、多くの仮想通貨取引所への上場、Sweatcoinの普及が価格上昇のカギになってくるでしょう。

SWEATに交換するために、仮想通貨取引所LINE BITMAXの口座を準備しておくと便利です。

スマホの簡単操作で取引が行えるので、興味がある方はLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

Sweatcoinの将来性

Sweatcoinの今後について、将来性を予測して解説します。

今流行りのMove to Earnとしての波に乗れるか、期待が高まります。

類似アプリSTEPNの急上昇に続けて暴騰する可能性

Sweatcoinの類似アプリで人気爆発中なのがSTEPNです。

STEPNで稼げるトークン「GST」は、2022年の年初には1ドル前後だったのが、3月には3ドル越え、4月に入ると5ドルを超えてさらに上がっています。

TradingviweのGST/USDTのチャート
出典:TradingviweのGST/USDTのチャート

日本でも爆発的人気となってSTEPNユーザーが増えたこともあり、価格に反映しました。

つまり、同じく「Move to Earn」を掲げるSweatcoinも、同じ軌跡をたどる可能性があるかもしれません。

しかも、STEPNよりも新規参入しやすく、今後は水泳やサイクリングなども追加される予定なので、さらにユーザーが増えてSWEATの需要が高まる可能性があります。

稼ぎ方が増えてユーザー増加に期待だがインフレ率は低下の一途

Sweatcoinは、将来的に様々なフィットネスで稼げる予定なので、ユーザー増加には期待できます。

ただし、仮想通貨SWEATは発行上限がありません。

ユーザーが増えて発行数が増加するほど、SWEATのインフレ率は低下していきます。

SweatEconomy公式Medium抜粋
出典:SweatEconomy公式Medium

そのため、現状の「1000歩=1Sweatcoin=1SWEAT」という効率が下がり、2024年までに「2400歩=1Sweatcoin=1SWEAT」になると運営は公表しています。

つまり、時間の経過とともに稼ぐ効率が低くなるということです。

もちろん、ステーキングやNFTの登場などで発行数を調整する動きが出てくるかもしれません。

有力な支援者も多く、期待度の高いプロジェクトなので、今のうちにSweatcoinを稼いでおくことが有効です。

仮想通貨SWEATを購入、またはトークンの換金をするなら、国内取引所LINE BITMAXの口座を使って、海外取引所へ送金することで入手できます。

取引手数料が無料で利用しやすいので、事前に口座開設するならLINE BITMAXを利用検討してみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

Sweatcoinの口コミ

Sweatcoinの口コミをいくつか紹介します。

使いやすさや稼ぎやすさについて、リアルな意見をチェックしましょう。

https://twitter.com/hiroshizm7ao7/status/1518108745511108608?s=20&t=OhYU2Zcb9m_bfZGpE8YQXw
https://twitter.com/gotooo0304/status/1518101940827492352?s=20&t=OhYU2Zcb9m_bfZGpE8YQXw
https://twitter.com/Trambooom_white/status/1518097988731555840?s=20&t=OhYU2Zcb9m_bfZGpE8YQXw

Twitterの口コミを見ると、STEPNと併用して稼いでいるユーザーが多かったです。

夏のローンチに向けて、換金のために稼ぐという意思を持つ人が多い中、商品交換の「Netflix」や「Amazonギフト券」に興味を示す人や、寄付活動にコインを使っている人もいました。

Sweatcoinのアプリ内だけでも使い道が多く、貯める・使うの両方を楽しんでいるユーザーばかりです。

Sweatcoinのまとめ

この記事では、Move to Earnとして、歩くだけで稼げるSweatcoinについて解説しました。

歩いたり広告を見たり、友達紹介するだけでSweatcoinが貯まり、商品交換や寄付が可能だとわかりました。

今後、仮想通貨SWEATとの交換もできるようになります。

もう一度、Sweatcoinの押さえておきたいポイントをおさらいしましょう。

この記事のまとめ
  • アプリダウンロードすれば初期投資ゼロですぐにSweatcoinを稼げる
  • プレイヤー数はSTEPNの62倍の6200万人
  • 2022年夏にSWEATがローンチするとSweatcoinの保有量と同じ割合で交換可能
  • デイリーリワードや2倍ブースト、友達紹介などを使うと効率よくSweatcoinを稼げる
  • 仮想通貨SWEAT購入用の仮想通貨を入手するためにLINE BITMAXの口座開設を検討してみよう

初期投資ゼロで、歩くだけですぐにSweatcoinを稼げるので、遊び感覚で将来の貯金ができます。

速度やレベルなどの縛りもないので、散歩や買い物だけでOKです。

貯まったSweatcoinをSWEATに交換するとき、国内取引所に口座開設しておくと便利です。

LINE BITMAXなら、LINEユーザーであればすぐに口座開設できるので手軽です。

まだ口座を開設していない場合は、この機会に利用検討してみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

目次
閉じる