仮想通貨シータ(THETA)とは?今後の見通しや予想を徹底解説!購入方法も紹介

シータ(THETA)は、非中央集権型の動画プラットフォームの構築を目指している仮想通貨です。

従来の動画ストリーミングにおける構造的な問題を解決できると、2018年に公開されて以来多くの投資家たちからの関心を集めています。

しかし「シータ(THETA)の特徴や将来性は?」「シータ(THETA)の購入方法が知りたい」と疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、今注目を集めている仮想通貨シータ(THETA)について詳しく解説していきます。

メリットやデメリット、始め方なども紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

この記事から分かること
  • シータ(THETA)のブロックチェーンは動画の分散型ストリーミングに特化
  • シータ(THETA)は世界的な大企業から出資を受けている
  • NFTの需要拡大によりシータ(THETA)の値上がりも期待できる
  • シータ(THETA)を購入するには国内取引所の口座開設が必須
  • コインチェック」は海外取引所との送金もスムーズ

シータ(THETA)は、NFTの需要拡大により今後の価格上昇が期待できると言われています。

シータ(THETA)購入をするには国内の取引所で口座開設し、海外取引所で仮想通貨シータ(THETA)を購入する必要があるので、国内最大手のコインチェック公式サイトをチェックしてみましょう。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

目次

シータ(THETA)とは

まずは、シータ(THETA)の基本情報をご紹介します。

THETA公式
名称THETA
価格¥122.48
時価総額(11月現在)¥122,476,650,907
発行枚数10億枚
詳細公式サイト

シータ(THETA)は2018年に公開された仮想通貨です。

非中央集権型の動画プラットフォームの構築を目指しており、ブロックチェーンを活用することでサーバー容量の負担を減らし、高品質な動画の提供を可能にしています。

YouTubeなどの中央集権的な企業が運営している動画プラットフォームとは異なり、「広告費の中抜き」を排除することで動画クリエイターにより多くの報酬を支払うことができます。

非中央集権的な動画プラットフォーム

前述したとおり、シータ(THETA)は非中央集権型の動画プラットフォームです。

管理者のいる中央集権的な動画プラットフォームに比べて低コストで運営ができ、多くのユーザーにサーバーを維持してもらうことで中央サーバを介さない高品質な動画が提供できると言われています。

また分散型なので、サーバー容量の上限がほとんどないところもメリットだと言えるでしょう。

高度なセキュリティシステム

シータ(THETA)が採用しているブロックチェーン技術「Multi-Level BFT」は、高いセキュリティを保てると言われています。

Multi-Level BFTは回路ブロックを分割することにより、負荷を分散をさせてセキュリティ性を高めることに成功しています。

世界の大企業から注目されている

シータ(THETA)は、今世界の大企業から注目されている仮想通貨です。

Youtubeを運営している「Google」も、シータ(THETA)のネットワークと提携しています。

また日本人の多くが利用している「LINE」とも提携しており、今後さらに大企業と提携するのではと期待されています。

Posを使ったステーキングサービスの提供

シータ(THETA)は、Pos(Proof of Steak)を用いたステーキングサービスを提供しています。

Posは、ネットワーク内に参加するユーザーが多ければ多いほど報酬が得られる仕組みです。

一定数以上の口数を保有しているだけで報酬を得られるので、ユーザーにとって非常に魅力的です。

シータ(THETA)を購入したい方は、まず国内の取引所で口座開設をする必要があります。

コインチェック」ならスマホだけで口座開設が完了するので、すぐにシータ(THETA)の売買を始めたい方にも最適です。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

シータ(THETA)の現在の価格推移

シータ(THETA)の現在の価格推移について解説していきます。

シータ(THETA)の現在の価格推移
TradingViewのチャート

上記のチャートは、1年間のシータ(THETA)の推移を表しています。

2021年3月に行われたシータ(THETA)の大型アップデートにより、一時価格が14ドル以上に急騰しました。

2021年5月以降は仮想通貨全体の価格が下落したこともあり、シータ(THETA)の価格も4ドル以下まで下がりました。

その後NFT(非代替性トークン)需要の高まりもあり価格は上昇しましたが、2022年以降は下落しいています。

現在は0.8ドル周辺で推移しています。

シータ(THETA)の今後の見通し

続いて、シータ(THETA)の今後の見通しについて解説していきます。

結論から言うと、シータ(THETA)の将来は多いに期待できるのではないでしょうか。

シータ(THETA)は、今世界中で話題を集めているNFT(非代替性トークン)にも力を入れています。

シータ(THETA)のブロックチェーンを使うことでNFTを作成することができるので、今後さらに世界中でNFT需要が急拡大していくことを考えると、シータ(THETA)の価格もさらに高まっていくと考えられます。

また、仮想通貨(暗号資産)に関するニュースを取り扱う米国のメディアでは、「2022年1月末までに、価格は簡単に17ドル前後に変動するはず」との見解を示していました。

THETA sounds highly bullish as it has shown a reliable consistency. By January 2022 end, the price should easily swing around $17.

CryptoNewsZ

後述しますが、シータ(THETA)購入をするには国内の取引所で口座開設し、海外取引所で仮想通貨シータ(THETA)を購入するという手順を踏まなければなりません。

国内最大規模の取扱通貨がある取引所「コインチェック」なら最短わずか1日で口座開設が完了するので、ぜひこの機会にチェックしておきましょう。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

シータ(THETA)のメリット

ここでは、シータ(THETA)のメリットについて解説していきます。

シータ(THETA)のメリット
  • 簡単に仮想通貨を獲得できる
  • 高画質なストリーミングサービスが受けられる
  • 信頼度が高い

それでは一つずつ確認していきましょう。

簡単に仮想通貨を獲得できる

シータ(THETA)の動画プラットフォームでは、比較的簡単に仮想通貨を獲得することができます。

シータ(THETA)の動画プラットフォーム内で動画を観たユーザーは、視聴の際にシータ(THETA)を支払う必要があり、動画を作ったクリエイターは視聴者数に応じて報酬を得られます。

そのため、動画クリエイターにとっては他の動画プラットフォームに比べてメリットが大きいのではないでしょうか。

高画質なストリーミングサービスが受けられる

シータ(THETA)の大きなメリットとも言えるのが、高画質なストリーミングサービスです。

分散型の動画配信ネットワークの仕組みを採用していることによって、無理なく4K、8K動画を維持することができます。

質の良いサービスを受けられるのは非常に魅力的です。

信頼度が高い

シータ(THETA)は世界的な大手企業から出資を受けているため、信頼度が高いと言われています。

主な出資元は、ソニーイノベーションファンドやGREE(グリー)、サムスンなどです。

出資を受けている企業は仮想通貨の信用性に大きく影響しますが、その点においてシータ(THETA)は非常に信頼度が高い仮想通貨だと言えるでしょう。

シータ(THETA)を購入するためにも、国内ダウンロード数No.1の「コインチェック」でをチェックしておきましょう。※対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

コインチェックは全部で19種類の仮想通貨が取引でき、コインチェックでしか取り扱っていない銘柄もあります。

口座開設しておけばあらゆる仮想通貨トレードが始められるので、ぜひコインチェック公式サイトを確認してみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

シータ(THETA)のデメリット

続いて、シータ(THETA)のデメリットを解説します。

シータ(THETA)のデメリット
  • 国内の取引所では取り扱いがない
  • 日本語に非対応

国内の取引所では取り扱いがない

シータ(THETA)は、現時点では国内の取引所に上場していません。

そのため、国内の取引所では購入することができないので注意してください。

シータ(THETA)を購入するにはバイナンス(Binance)などの海外取引所に登録する必要があります。

しかし、今後国内取引所に上場する可能性もあるので期待して待ちましょう。

日本語に非対応

シータ(THETA)の公式サイトなどは、現在日本語に対応していません。

対応している言語は英語・中国語・韓国語だけなので、Googleの翻訳機能などを使いながら利用してみてください。

シータ(THETA)は国内最大級の取引所「コインチェック」でも取り扱いはありませんが、今後対応される可能性もあります。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

シータ(THETA)の購入方法

ここからは、シータ(THETA)の購入方法をご紹介します。

主な流れは以下のとおりです。

シータ(THETA)の購入方法の流れ
  1. 国内の取引所で口座開設をする
  2. 日本円を入金してBTCを購入する
  3. 海外取引所にBTCを送金してシータ(THETA)購入する

それでは手順通り解説していきます。

国内の取引所で口座開設をする

まずは、国内の取引所で口座開設を行いましょう。

今回は、例として国内最大級の取引所「コインチェック」の口座開設方法をご紹介します。

まずはコインチェックの公式サイトにアクセスし、「口座解説(無料)はこちら」のボタンをクリックしてください。

コインチェック公式

メールアドレスとパスワードの入力画面に移行するので、入力して「登録する」をクリックしましょう。

口座開設

登録したメールアドレスにURLが記載されたメールが届くので、URLをクリックしてアカウント登録を完了させてください。

次に、本人確認の手続きを行います。

名前、住所、職業などの基本情報を入力したら、本人確認書類の提出に進んでください。

本人確認

コインチェックのアプリをダウンロードすれば、「かんたん本人確認」が利用できます。

本人確認書類や顔写真をアプリ上で撮影して提出するだけなので、非常にスムーズに審査が完了します。

審査完了後、登録のメールアドレス宛にメールで通知が来るので、その後はコインチェックの機能が利用可能となります。

日本円を入金してBTCを購入する

コインチェックの口座開設が完了したら、日本円を入金してBTC(ビットコイン)を購入してください。

日本円の入金方法は「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」がありますが、今回は銀行振込を例にして解説していきます。

まずは「入出金」をタップしてください。

「入出金」をタップ

「銀行口座で入金」を選択したら、振込先の口座情報が表示されます。

表示にしたがって口座に日本円を入金しましょう。

日本円の入金

入金が完了したら、「販売所」をタップ→ビットコイン(BTC)を選択して、購入してください。

BTCを選択

日本円で購入金額を入力し、「日本円でビットコインを購入」→「購入」をタップすれば、これでBTCの購入は完了です。

購入をタップ

海外取引所にBTCを送金してシータ(THETA)購入する

入金が完了したら、海外取引所にBTCを送金してシータ(THETA)を購入してみましょう。

コインチェックのメニュー画面から「コイン送金」を選択し、送金したいコインの種類、宛先、金額を入力して送金を実行してください。

コイン送金について

コインチェックではアプリから気軽にビットコインを購入することができ、手順もシンプルです。

初めて仮想通貨取引をする方でもストレスなく利用できるので、まだコインチェックの口座を持っていない方はこれを機にチェックしてみてはいかがでしょうか。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

シータ(THETA)に関するQ&A

シータ(THETA)に関するQ&Aをまとめました。

シータ(THETA)に関するQ&A
  • シータ(THETA)の創立者は?
  • シータ(THETA)を購入するならどの海外取引所がおすすめ?

シータ(THETA)の創立者は?

シータ(THETA)は、2018年にMitch Liu氏とJieyi Long氏によって共同設立されました。

Liu氏はゲーム業界で長い経歴を持っていることで知られています。

そしてアドバイザーにはYouTubeの共同創設者兼、元最高責任者のSteve Chen氏が参加しています。

そのため、シータ(THETA)は高画質映像技術を担う仮想通貨として注目を浴びています。

シータ(THETA)を購入するならどの海外取引所がおすすめ?

シータ(THETA)を購入するなら、「バイナンス」という取引所がおすすめです。

バイナンスは日本語にも対応しており、サポートも充実しているため安心して取引できます。

コインチェックを利用すれば、BTCのバイナンスへの送金も非常にスムーズに行えます。

コインチェックは国内で最大手の仮想通貨取引所なので、仮想通貨トレードに興味がある方はチェックしておいて損はないでしょう。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

シータ(THETA)の今後の予想まとめ

今回は、シータ(THETA)の今後の予想などについてまとめていきました。

記事の要点
  • シータ(THETA)は4K・8Kなどの高画質映像に無理なく対応可能
  • 質の良いストリーミングサービスを受けられるので、今注目を集めている
  • シータ(THETA)の公式サイトは日本語に非対応なので注意が必要
  • シータ(THETA)を購入するなら、国内最大手の取引所「コインチェック」でを経由するとスムーズ

シータ(THETA)は4K・8Kなどの高画質映像に対応することができるなど、メリットが大きい仮想通貨として期待されています。

現在日本国内の取引所ではシータ(THETA)を直接取引することはできませんが、コインチェックなど国内取引所の口座を開設し、海外取引所にBTCを送金することでシータ(THETA)入手することができます。

コインチェックは最短1日で取引が可能になるので、早めにシータ(THETA)を購入したい方はこの機会にコインチェックをチェックしてみてはいかがでしょうか。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

目次
閉じる