仮想通貨Ark(アーク)とは?特徴や今後の見通し/将来性・取引所での買い方を解説!

ARK

Ark(アーク/ARK)は、LISKのハードフォークによって誕生した仮想通貨です。

LISKの特徴を受け継ぎつつも、独自の利点を備えており、特に仮想通貨の実用化という観点で優れています。

今回は、Ark(アーク/ARK)の特徴や、これまでの価格動向、今後の見通しなどについて詳しく開設していきます。

Arkを購入する方法についても紹介しているので、興味のある方は参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • Ark(アーク/ARK)は、2017年のLISKのハードフォークによって生まれた仮想通貨
  • 独自のコンセンサス・アルゴリズムであるDPoSを採用
  • 仮想通貨同士をつなぎ合わせるスマートブリッジ機能を持つ
  • 仮想通貨の実用化という点では価格の安定化が課題
  • DMM Bitcoinは初心者から経験者まで幅広い人に利用しやすい国内取引所

Arkを購入するには、国内取引所に口座を開設することが必要です。

DMM Bitcoinは、幅広い仮想通貨を取り扱っている国内仮想通貨取引所です。

口座開設手数料や入出金手数料が無料となっているため、コストを抑えて取引しやすいというメリットがあります。

現在は、口座開設を行うと即時2,000円がもらえるキャンペーンを開催中なので、ぜひチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/2/1まで)

目次

Ark(アーク/ARK)とは?

アーク1
通貨名Ark(アーク)
ティッカーARK
価格¥42.59
時価総額¥7,272,231,570
公式サイトArkの公式サイト
※2023年1月17日時点

仮想通貨Ark(アーク/ARK)は、2017年4月にLISKのハードフォークによって誕生した仮想通貨です。

LISKの問題点を改良することを目標として開発され、実用的なプラットフォームを目指しています。

Arkの元となったLISKは、イーサリアムと同じように「スマートコントラクト」が特徴のプラットフォームです。

イーサリアムと似た部分も多いですが、拡張性の高さや開発言語にJavaScriptを利用しているなどの特徴を持ちます。

Arkは2023年1月現在、国内の仮想通貨取引所では取り扱われていません。

Arkを取り扱っている主な海外取引所は以下の通りです。

取引所名/交換可能な通貨ペアBTCETH
Binance×
UPbit×
CoinEx×
Bittrex×
Changelly
ChangeNow
※2023年1月時点

取り扱い通貨ペアを考慮すると、国内取引所でビットコイン(BTC)を購入し、それを海外取引所に送金してARKと交換するという流れが一般的でしょう。

国内取引所としては、DMM Bitcoinのように取引手数料や入出金手数料が無料となっている取引所を選ぶと、コストを抑えて取引可能です。

DMM Bitcoinでは、現在口座開設で2,000円が即時プレゼントされるキャンペーンも実施中なので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/2/1まで)

Ark(アーク/ARK)の仕組み・特徴

Arkの仕組みや特徴を確認しておきましょう。

Ark(アーク/ARK)の仕組み・特徴
  • LISKのハードフォークによって誕生した仮想通貨
  • 独自のコンセンサスアルゴリズムDPoSを採用
  • スマートブリッジ機能が利用できる

LISKのハードフォークによって誕生した仮想通貨

Ark(アーク/ARK)は、LISKのハードフォークによって生まれた通貨です。

ハードフォークとは、仮想通貨の分岐のことで、ブロックチェーンの大規模なアップデートとも言い換えられます。

ハードフォークが実施されると、仮想通貨のルールそのものが変更され、互換性のない複数の仮想通貨が誕生することとなります。

他にハードフォークで誕生した仮想通貨として有名なのは、ビットコイン(BTC)のハードフォークで分岐したビットコインキャッシュ(BCH)があります。

そのため、LISKと基本的な構造は似ているものの、LISKよりもさらに使い勝手が良いという特徴を持ちます。

Arkは、仮想通貨が今よりもさらに日常生活に普及することを目指して開発されています。

そのため、革新的な機能や先進技術を取り入れているというよりは、ユーザーが日常的に利用しやすいという使い勝手の良さを大事にしています。

独自のコンセンサスアルゴリズムDPoSを採用

Arkでは、DPos(Delegated Proof of Stake)というコンセンサスアルゴリズムを使用しています。

このコンセンサスアルゴリズムはLISKでも使用されている仕組みです。

PoSと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムでは、仮想通貨を保有している人の中からランダムに選ばれたノードによって取引が承認されますが、DPosでは特定ノードによって承認作業が行われます。

Arkでは、ブロックチェーンでの投票によって選ばれた51人によって取引が承認されることでブロックがブロックチェーンに追加されるという仕組みとなっています。

LISKの代表のノード数は101人となっているのに対し、Arkでは51人と少ないのも特徴です。

少ないノードで承認作業が完結されるため、スピーディーな取引が期待できるのです。

DPosを採用していることによって、Arkの取引処理にかかる時間は約8秒程度となっています。

このスピードはビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨と比べても早い処理速度です。

実店舗で買い物をするときなどには取引の速さが重要となるため、処理速度が早いことで決済にも利用しやすいという特徴があります。

スマートブリッジ機能が利用できる

Arkの大きな特徴の一つとして、「スマートブリッジ」と呼ばれる機能があります。

これは、他の異なるブロックチェーンとArkを繋ぎ合わせる機能のことで、規格が異なるさまざまな仮想通貨の橋渡しを行うことが可能です。

現在接続可能な通貨は、ビットコインやイーサリアム、リスクなどとなっていますが、今後は接続できるブロックチェーンを拡大し、最終的には全てのブロックチェーンとの接続を目指しています。

このように、Ark(アーク/ARK)はさまざまな特徴を持つ仮想通貨です。

Arkは国内の仮想通貨取引所では取り扱っていないため、購入する場合は海外取引所で購入することとなります。

まずは国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入し、それを海外取引所に送金してArkと交換するという手順が一般的となります。

国内取引所であるDMM Bitcoinは取引手数料や入出金手数料が無料となっているため、コスト負担を抑えて取引を始められます。

興味のある方は、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/2/1まで)

Ark(アーク/ARK)のこれまでの価格動向

これまでのArk(アーク/ARK)の価格動向を振り返っていきましょう。

2022年1月〜の価格動向

こちらは、2022年の年初から現在(2023年1月時点)までのARK /USDの価格動向です。

Ark(アーク/ARK)のこれまでの価格動向
引用:TrdingView

2022年の年初が価格のピークとなっており、一時は約1.4USDという価格をつけています。

2022年の1月から4月頃までは、上がり下がりを繰り返す揉み合う展開が続いていましたが、5月は一気に価格が下落しています。

アメリカの急激な利上げ懸念によって株式や仮想通貨全体から資金が流出したことによって、ARKの価格も影響を受けたものと考えられます。

ビットコインなどのメジャーな仮想通貨も同時期に大幅に価格を下げており、仮想通貨市場全体が下落の影響を受けたことがわかります。

2022年6月〜の価格動向

2022年6月〜の価格動向
引用:TrdingView

こちらは、直近3ヶ月のArkの価格動向です。

6月の価格はピークで0.6ドル代後半をつけていましたが、2023年1月現在は約0.2ドルとなっています。

6月に一気に価格が下落した後は、その後じわじわと価格上昇を続けていますが、ここ数日は軟調な傾向にあるようです。

長期的に見ると現在の水準は安値であると言え、今は底値形成を行っているとも見てとれます。

直近では、FTXの破綻騒動などの影響もあり、安値を更新しました。

しばらくは安定しない価格推移が続きそうですが、しっかりと底値が形成でき、仮想通貨全体に資金が戻って来れば、Arkの見通しも明るいかもしれません。

ただし、Arkの値動きはビットコインなどのメジャー通貨に比べると予測しにくいため、投資を行う際は必ず余剰資金で行うように注意しましょう。

Arkに投資をする際は、国内取引所で直接購入することができないため、海外取引所で購入することとなります。

DMM Bitcoinなどの国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入し、それを海外取引所でArkに交換するという手順が必要です。

DMM Bitcoinは仮想通貨投資の初心者から経験者まで幅広い人に使いやすい仮想通貨取引所なので、Ark以外の仮想通貨に投資をする際も使い勝手が良いでしょう。

口座開設申し込みは10分程度で完了し、申し込みから最短1時間程度で取引を始められるので、興味のある方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/2/1まで)

Ark(アーク/ARK)の今後の見通し・将来性

Arkの今後の見通し・将来性という観点でポイントをいくつか紹介します。

Ark(アーク/ARK)の今後の見通し・将来性
  • 実用的な決済手段としての利用が期待される
  • ブロックチェーン同士をつなぎ合わせる役割
  • 価格の安定化が課題

実用的な決済手段としての利用が期待される

仮想通貨Ark(アーク/ARK)の特徴として、トランザクションが速いということが挙げられます。

トランザクションとは、データ処理にかかる時間のことで、仮想通貨を送金・決済する場合は必ずトランザクションが必要となります。

仮想通貨での送金や決済を行う場合に、手続きに数分・数十分といった時間がかかってしまっては、なかなか実用的とは言えません。

実店舗での買い物に仮想通貨を利用しようとしても、数分待たなければならないとなると利用する人は多くないでしょう。

Arkの場合は、数秒といった短い時間でトランザクションを行うため、実際に通貨としてArkを利用するときにも便利に使うことが可能なのです。

さらに、Arkは専用のカード型決済端末での仮想通貨決済を行うこともできます。

Arkのウォレットと連動させることで、自分の残高を管理しながら実店舗での支払いもスムーズに行えるのです。

最近はスマートウォッチのようなウェアラブル型の決済端末も開発中途のことで、今後への期待が高まります。

このように、仮想通貨は投資・投機目的で保有する人も多いですが、Arkは実用的な決済・送金手段としても優れていることがわかります。

純粋な決済手段としての将来性は高いと言えるではないでしょうか。

ブロックチェーン同士をつなぎ合わせる役割

Arkは、スマートブリッジという他の仮想通貨をつなぎ合わせる機能を有しています。

異なる規格のブロックチェーンであってもArkを介してつなぎ合わせることで、それぞれの欠点を補いながら利点を最大限に活用することができるでしょう。

ゆくゆくはさまざまな仮想通貨を取引所での交換なしでシームレスに利用できるようになるかもしれません。

このスマートブリッジ機能は他のブロックチェーンにはない特徴であり、これが普及すればArkの価値も大きく上昇する可能性があります。

価格の安定化が課題

Arkがさらに普及していくためには、通貨の価格の安定も課題となります。

Arkを含めた仮想通貨は法定通貨に対して価格変動性が大きく、なかなか決済手段として用いられにくいという問題があります。

Arkは決済スピードが速く、決済端末などをすでに導入していることからも実用的な仮想通貨ではありますが、価格が安定しないとなかなか実生活で法定通貨同様に利用されるのは難しいでしょう。

今後、仮想通貨全般の価格が安定し、法定通貨同様に利用されるようになると、実用的なArkも今まで以上に知名度が上がるでしょう。

このように、Arkは将来的に見ればポジティブ要素がいくつかあります。

Arkを購入しておきたいと考える場合は、海外取引所での購入となります。

まずは、DMM Bitcoinなどの国内取引所でビットコインなどを購入し、それを海外取引所に送金してArkと交換するという手順が必要です。

DMM Bitcoinは、初心者から経験者まで幅広い人に使いやすい取引所なので、ぜひ公式サイトから詳細も確認してみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/2/1まで)

Ark(アーク/ARK)の買い方

Arkは国内の仮想通貨取引所には上場していないため、国内取引所で直接購入することができません。

Arkを購入するためには、ビットコインなどの基軸通貨を手に入れ、それを海外取引所に送金してArkと交換するという手順が必要となります。

今回は、DMM Bitcoinを利用してビットコインを購入し、海外取引所に送金するという場合を例にして説明します。

Arkの購入を検討している方は、以下の手順に沿って手続きを進めていきましょう。

Ark(アーク/ARK)の買い方
  • DMM Bitcoinで口座を開設する
  • ビットコインなどの基軸通貨を購入する
  • 海外取引所に送金する
  • 海外取引所でArkと交換する

DMM Bitcoinで口座を開設する

Arkを購入するためには、ペアとなる仮想通貨を海外取引所に送金して交換するという手順が必要となります。

国内取引所は基本的にどこでも構いませんが、送金手数料や取引手数料などが安い取引所を選ぶと良いでしょう。

ここではコスト負担が安く、初心者でも利用しやすいDMM Bitcoinでの購入手順について紹介します。

DMM-Bitcoin

まずは、DMM Bitcoinの公式サイトの「口座開設はこちら」というボタンからメールアドレスの認証を行います。

契約締結前交付書面等の確認や、氏名・住所などの本人情報の入力へと進み、本人確認書類の手続きを行っていきます。

DMM Bitcoinで本人確認を行う方法は、「スマホでスピード本人確認」か「本人確認書類アップロード」のいずれかです。

アーク4

スマホと本人確認が手元にあれば、郵送物のやりとりなしで本人確認が完結できる「スマホでスピード本人確認」が便利です。

画面の案内通りに手続きを進めていき、本人確認書類のアップロードや自分の顔の撮影を行いましょう。

本人確認手続きが完了し、マイナンバー確認書類の提出やSMS認証が終わると、口座開設申し込みの手続きは終了です。

口座開設の審査が完了すると、登録メールアドレスに審査が完了した旨の通知が届きます。

7:00〜22:00の間に「スマホでスピード本人確認」を利用して口座開設を申し込むと、最短1時間で口座が開設できます。

ビットコインなどの基軸通貨を購入する

DMM Bitcoinで口座が開設できたら、購入資金を口座に入金し、取引を始める準備をしましょう。

以下のいずれかの方法で入金を行います。

クイック入金…銀行のインターネットバンキング口座から24時間リアルタイムに入金する方法
振込入金…自分の専用振込口座に銀行などから振込手続きを行う方法

インターネットバンキング口座を持っているのであれば、24時間手数料なしで利用できるクイック入金が使いやすいです。

振り込み入金の場合、銀行に支払う振り込み手数料は顧客負担となる点に注意しましょう。

入金手続きを行ったら、ウォレット口座からトレード口座に資金振替を行います。

アーク5

トレードアプリに表示された「暗号資産一覧」が表示されるため、購入したい仮想通貨を選択します。

Arkと交換できる仮想通貨であればどれでも良いですが、ビットコインなど汎用性の高い通貨を購入しておくのが良いでしょう。

ビットコインのパネルをタップし、画面下部の購入ボタンをタップすると注文内容が表示されます。

アーク6

購入した数量または金額を入力し、「買い注文にすすむ」を押すと確認画面が表示されます。

内容に問題がなければ確認画面で上にスワイプすると注文が完了します。

アーク7

海外取引所に送金する

DMM Bitcoinでビットコインを購入できたら、Arkを取り扱っている海外取引所に送金します。

海外の取引所は個人情報を抜き取る危険なサイトも多いため、利用する際は注意しましょう。

ここでは、大手仮想通貨取引所のBinanceを例にして説明します。

まずBinanceで口座を開設し、トップ画面のメニューから「ウォレット」>「フィアット」と進み、ビットコインの列にある「入金」をクリックします。

画面の案内に従って送金するための手続きを進めると、送金先のアドレスが表示されます。

続いて、DMM Bitcoinの「日本円・暗号資産の出金」というページから、保有するビットコインを選択し、先ほど表示されたBinanceの出金先アドレスを追加します。

ここで出金先アドレスを間違えて入力すると、資産を失ってしまうため注意しましょう。

あとは画面の案内通りに手続きを進めていけば、出金手続きは完了です。

アーク8

海外取引所でArkと交換する

海外取引所にビットコインが着金したら、Arkの購入を進めていきます。

取引画面から取引したい通貨ペア(ここではARK /BTC)を選択し、価格などを確認して注文内容を入力します。

画面の案内通りに項目を入力して発注すれば、購入手続きは完了です。

このように、Arkを購入するためには少し手間がかかりますが、順番に手続きを進めていけば難しくはありません。

今回紹介したDMM Bitcoinは、数多くの仮想通貨を取り扱っている国内取引所でもあるため、Ark以外の仮想通貨の取引にも利用しやすい取引所です。

現在は、DMM Bitcoinで口座開設すると即時2,000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中なので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/2/1まで)

Ark(アーク/ARK)に関するQ&A

Ark(アーク/ARK)に関するよくある質問をまとめました。

Ark(アーク/ARK)に関するQ&A
  • 海外取引所を利用する際の注意点は?
  • 海外取引所で利益が出た場合の税金は?
  • 初心者に利用しやすい国内仮想通貨取引所は?

海外取引所を利用する際の注意点は?

海外取引所の中には、詐欺のような手口でユーザーからお金や個人情報を抜き取ろうとする危険なサイトも存在します。

国内の取引所に比べると規制が甘いため、そのような危険なサイトにもアクセスしやすくなるのです。

海外取引所を利用する際は、大手の取引所を選び、口コミや評判なども参考にしつつ自己責任で取引しましょう。

また、取引所によっては日本語に対応していない場合もあるので注意が必要です。

海外取引所については以下の記事で解説しているので、詳しく知りたい方がいればご覧ください。

海外取引所で利益が出た場合の税金は?

海外取引所を利用して利益が出た場合も、日本の法律に基づいて税金を納める必要があります。

仮想通貨の税金は雑所得に分類され、給与所得などの他の所得と合算して税率が決定されます。

仮想通貨による所得が20万円を超え場合は、原則確定申告が必要となるため、忘れずに申告しましょう。

税金や確定申告について不明点がある場合は、安易に自分で判断せず、近くの税務署や専門家に尋ねることをおすすめします。

仮想通貨の税金の仕組みについては以下の記事で詳しく解説しています。

初心者に利用しやすい国内仮想通貨取引所は?

国内の取引所では、DMM Bitcoinが初心者から経験者まで幅広い人に利用しやすいでしょう。

専用取引アプリが用意されており、自分の取引経験に合わせて利用モードを変更しながら取引ができます。

特にSTモードはシンプルで見やすい取引画面なので、初心者であっても迷わずに操作できるでしょう。

口座開設手数料や取引手数料が無料となっているため、取引コストをかけずに取引できるのも嬉しいポイントです。

DMM Bitcoinでは、現在新しく口座開設をすると2,000円がプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

お得に仮想通貨投資を始められるチャンスでもあるので、この機会にぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/2/1まで)

Ark(アーク/ARK)のまとめ

今回は、仮想通貨Ark(アーク/ARK)の特徴や今後の見通し、購入方法などについて紹介しました。

この記事のまとめ
  • Ark(アーク/ARK)は、2017年のLISKのハードフォークによって生まれた仮想通貨
  • 独自のコンセンサス・アルゴリズムであるDPoSを採用
  • 仮想通貨同士をつなぎ合わせるスマートブリッジ機能を持つ
  • 仮想通貨の実用化という点では価格の安定化が課題
  • DMM Bitcoinは初心者から経験者まで幅広い人に利用しやすい国内取引所

DMM Bitcoinは、レバレッジ取引の取り扱い銘柄数が国内No.1を誇る仮想通貨取引所です。

さまざまな仮想通貨に分散して投資できるため、これから幅広い仮想通貨に投資を始めたと考えている方にとっても使いやすいでしょう。

現在は、口座開設で2000円が即時付与されるキャンペーンも実施されているので、ぜひこの機会に詳細を確認してみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/2/1まで)

目次
閉じる