Astar Degensとは?DAO機能や特徴・得られる収益について徹底解説

Astar Networkにおいて非常に盛り上がっているNFTプロジェクトのAstar Degens。

Astar Degensの目的はNFTを保有するコミュニティメンバーが報酬を得られるように、DAOによる投資を繰り返し、実用性を最大化することです。

一般ユーザーは、Astar DegensのNFTを保有して、コミュニティに参加することでDAOの投票権も得ることができます。

透明性のあるDAOで方針を決定し、信頼できるパートナーと組んで、NFTの価値と報酬を高めることに期待できるプロジェクトです。

この記事からわかること
  • Astar DegensはAstar Networkで最初に販売されたNFTプロジェクト
  • AstarのDapp StakingにNFTプロジェクトとして唯一選ばれており期待度は非常に高い
  • 他のプロジェクトに投資することでNFT保有者に将来的な報酬を生み出す
  • DAOによりコミュニティが管理されNFT保有者のVote(投票)で方針を決定する
  • LINE BITMAXではASTR購入用のBTCが入手できる

Astar Degensは、運営の投資手腕次第で将来的な価値に期待できます。

多くのNFTは紐づいたJPEGなどだけが価値の源泉となりますが、Astar Degensの場合は今後、金銭的利益を産むことが大いに期待できます。

そんなAstar Degensを購入するには仮想通貨ASTRが必須ですが、ASTRは国内において上場しておらず、海外取引所で仮想通貨を使って購入する必要があります。

LINE BITMAXではASTR購入用の仮想通貨としてビットコインなどを初心者でも簡単に購入することができます。

LINE ユーザーならすぐに登録できるので、気になる方はぜひ一度公式サイトをチェックしてみてください。

\ 3ステップで簡単口座開設!/

目次

Astar Degensとは

Astar Degens 公式
出典:tofu NFT Astar Degens

Astar Degensとは、Astar Network上に構築されたNFTプロジェクトです。

Astar Networkは、ポルカドットのパラチェーンの一つで、セキュリティの高さやスケーラビリティ問題の解決、異なるブロックチェーンの相互運用などを目的としています。

そんなAstar Networkでは、DeFiやNFTプロジェクトが数多く開発されており、Astar Degensもその一つです。

Astar Degensは、「NFTに多くのユーティリティを持たせて将来価値を高め、エコシステムを活性化し、コミュニティに報いるという目的」があり、Astar本家からも認められています。

NFTコレクションに芸術以外の価値(金銭的メリットや一体感あるコミュニティ)を持たせているという意味で多くのNFTプロジェクトと比べて差別化できていると言えるでしょう。

そのような意味で、伝説的NFTとなったBAYCとも重なるところのある期待度の高いプロジェクトと言えるでしょう。

Astar Degensの特徴

ここではそんなAstar Degensが注目される理由や特徴を解説します。

Astar Degensの仕組みと機能の高さを知っておきましょう。

Astar Network初のコレクティブNFT

Astar Degens DAO
出典:AstarDegens公式twitter

Astar Degensとは、NFTおよびNFTをベースとしたコミュニティであり、DAOによって管理されています。

単に売買のためのNFTではなく、NFT保有者によってAstar Degensのコミュニティ・DAOを成長させるのが目的です。

NFTを販売した資金はDAOが管理して、他の有望プロジェクトの育成などに活用・投資されます。

将来的にNFT保有者は他プロジェクトのトークンなどの形でリターン報酬を受け取ります。

他のプロジェクトと提携することで、Astar DegensのNFTにはさらなるユーティリティが追加されていくことも考えられます。

DAOとは

DAO(自律分散型組織)とは、仮想通貨業界のDeFiやNFT、メタバースでも取り入れられる管理システムです。

中央集権的な管理者が存在せず、参加する全員で管理します。

Astar Degensは、Astar Network上の初のNFTでもあります。

10,000点のNFTがわずか36時間以内に完売し、集まった資金の70%はAstar関連プロジェクトへの投資のためDAOに保管されています。

出典:Tofu NFT AstarDegens

Astar Degensが販売されているのはNFTのマーケットプレイス「Tofu NFT」です。

Tofu NFTでは様々なAstar上のNFTプロジェクトが販売されており、Astar PunksAstar Catsなども人気です。

数多いNFTの中でAstar Degensがランキングトップなのは、最初に発売されたということもありますが、他のNFTがラグプルしたという経緯があり、相対的に高い評価につながったことも一因として考えられます。

ラグプルとは

ラグプル(rug-pull)とは、仮想通貨詐欺のことです。

プロジェクトが集めた資金を持ち逃げすることで、運営を放棄することを示します。

発生すると、ほとんどの場合、価値は無に等しくなります。

この時期ラグプルしたのは、Astar bots、ASTARIANSといったプロジェクトです。

Astar Degensはその間も着々とマイルストーンを更新しており、DAOガバナンスを行う準備をしていました。

このような経緯から、Astar Degensの評価・信頼性は高いと考えられており、将来を期待されています。

Dapp Stakingプロジェクトの一つ

Astar Networkの特徴の一つとして「Dapp Staking」があります。

これは、Astar上で構築・開発する有望なプロジェクトに一般投資家がステーキングして、プロジェクトが得るブロック報酬の一部を受け取る仕組みです。

Dapp Staking
出典:AstarポータルdApp Staking

上の画像は、Dapp Stakingのプロジェクト一覧(第一弾時点)です。

Astar Degensは、その第一弾にNFTプロジェクトで唯一選ばれました。

その他のプロジェクトは金融系(tofuはNFTマーケットプレイス)なので、いかにAstar Degensがいかに評価されているプロジェクトか、がわかります。

ステーキングにより、Astar Degensには定期的に資金が貯まり、DegensのNFT保有者に入る収益にも期待できる好循環ができあがります。

DAOとしての機能

先述のDapp Stakingに選ばれた理由の一つとして、Astar DegensのDAOとしての機能が非常に秀逸であるということも挙げられます。

DAOの機能や今後の計画をまとめた「ビルダーズプログラム」にその詳細が明かされています。

マイルストーンをまとめると以下の通りです。

Astar Degensのビルダープログラム計画
  1. NFT「Degen Apes」の販売
  2. DAOのガバナンスと構造(ラグプルを防ぐための対策など)
  3. Astar成長のためにコミュニティを立ち上げ
  4. DAOトレジャリーの運用ガイドラインやロードマップを完成
  5. DAOトレジャリーによる初期シード投資開始

これらの内容と、今後の計画としてAstar DegensのNFT保有者へのユーティリティも公表しています。

内容は、NFT保有者へDAO利益の配布、NFTを組み込んだゲーム内での追加のユーティリティ、他のプロジェクトと提携してNFTにユーティリティを追加し続ける、などです。

実際に、NFTから調達した資金の70%はDAOウォレットへ移動され、Astar上のプロジェクトやPolkadotエコシステム周りのビルダーへのサポート・投資として利用されます。

Astar Degensは、NFTの機能として、将来の価値・報酬に期待できるVC的な役割を持たせたのが多くのプロジェクトと大きく違う点でしょう。

他プロジェクトとの提携によるユーティリティ追加はすでに始まっており、SnapShotによる投票で決定している内容は次の2点です。

他プロジェクトとの提携
  1. レンディングプラットフォーム「Starlay」と提携して、10万ドル分の$ASTRをStarlayに投資し、Starlayのトークン総供給の0.5%を受け取る。DegensのNFT保有者は保有量に応じた報酬がもらえる。
  2. DeFiプロトコル「ArthSwap」と提携して、1万ドル分の$ASTRを投資し、$ARSWトークンを333,333.333333ARSW受け取る。Degens NFT保有者にはNFT1つに対して33.33…ARSWが配布される。

このように、すでにAstar DegensのNFT保有者への報酬が決まっています。

今後も、提携プロジェクトが増えるごとに、NFT保有者への報酬やユーティリティが増える可能性が高いです。

NFTの売買による収益よりも、NFTを保有してDAOに参加することで、継続的に得られる報酬が大きなメリットといえます。

ウクライナへの寄付プロジェクトを開催

ウクライナのEU加盟問題をめぐり、ロシアがウクライナ侵攻に発展した国際的な問題について、日本でも様々な支援が行われています。

Astar Degensでも、Descordで「apes-aiding-apes」というウクライナを援助するためのチームが立ち上げられました。

そこで計画されたのは、有志のNFTアーティストを募集して、平和的なデザインのNFTを作成してもらい、Tofu NFTで販売する案です。

売上資金の98%がウクライナ赤十字へ、2%はNFTアーティストへ渡されます。

Ape Aiding Ape
出典:Discord apes-aiding-apesより

7名のNFTアーティストにより作成されたのが、上記のようなウクライナカラーのNFTです。

すでに1,000以上もミントされており、支援の輪が広がっているのがわかります。

このプロジェクトにおいて運営の利益は0であり、このようなNFTを活用した支援もAstar Degensが評価される理由の一つといえます。

いきなりAstar DegensやApes-Aiding-Apesを購入するハードルが高い人は、NFTに慣れる準備としてLINE BITMAXのLINE NFTも選択肢になるでしょう。

LINEアプリがあればすぐに登録可能で、LINKやLINE PayでNFTを購入できます。

興味のある方は下記のボタンから公式サイトもぜひチェックしてみてください。

\ 3ステップで簡単口座開設!/

Astar degensの価格推移

Astar Degensの価格推移についてまとめます。

今後も利益率が高い可能性を持つ、注目のNFTプロジェクトといえるでしょう。

Mintからわずか2ヵ月で実質6倍もの値上がりを果たす

Astar Degensは、2022年2月22日に600ASTR(1ASTR=15.5円,600ASTRは約9300円)でミント(生成)されました。

Astra Degen Tofu
出典:Tofu NFT Astar Degens

上の画像のように、2022年4月上旬、Astar Degensのフロア価格は2,000ASTRを超えています。

NFT自体は、600ASTR→2,000ASTR以上まで上がっており、ASTR建てで3倍以上の高騰を見せています。

またASTR自体の価格も上昇しているので日本円での価値はさらに大きく上昇しています。

2022年4月10日で$ASTRは38円なので、2月22日時点(15.5円)の2.5倍以上です。

つまり、わずか2ヵ月で日本円換算で約7倍もの値上がりを果たしています。

Astar Degensの保有者は値上がりに加えて、NFTのユーティリティや提携プロジェクトからの報酬もあるので、かなり収益性が高いと言えるでしょう。

ASTRの価格推移

ASTR
出典:TradingViewのチャート

上のチャートは、ASTRとUSDTの価格チャートです。

2月22日にAstar Degensが販売され、その他のNFTも発行されたことも一因となり価格が上昇しています。

着々と価格の維持と上昇を繰り返しており、今後も期待できそうです。

LINE BITMAXではASTR購入用の仮想通貨としてビットコインなどを初心者でも簡単に購入することができます。

LINE ユーザーならすぐに登録できるので、気になる方はぜひ一度公式サイトをチェックしてみてください。

\ 3ステップで簡単口座開設!/

Astar degensの買い方

ここでは実際に、Astar Degensを購入する手順を解説します。

LINE BITMAXなどの国内取引所で仮想通貨を購入する

LINE BITMAX

まず、国内取引所にてASTR購入用の仮想通貨を入手します。

今回は初心者でも簡単に取引のできるLINE BITMAXを例に解説していきます。

まずLINE BITMAXに口座開設して仮想通貨を購入します。

LINE BITMAXは下記のボタンから公式サイトをチェックすることができます。

\ 3ステップで簡単口座開設!/

登録完了後、日本円を入金してASTR購入用の仮想通貨としてBTCを購入しましょう。

購入できたら海外取引所へ送金します。

ASTRを取り扱っている海外取引所へ送金する

BTC 出金
出典:LINE BITMAXの画面

BTCを購入後、Gate.ioなどの海外取引所へ送金してください。

LINE BITMAXの「入出金/入出庫」から進んで、BTCを選択すると、画像右側のページ移ります。

送金する数量と、送金先のウォレットアドレスを張り付けて送金を行いましょう。

海外取引所でASTRを入手後、メタマスクへ送金する

海外取引所にBTCが着金したら、BTCでASTRを購入しましょう。

購入後は、ウォレットアプリの「メタマスク」へ送金します。

EVM形式の出金に対応している取引所であれば、直接メタマスクに送金することができます。

Metamask
出典:メタマスクの画面

メタマスクのアカウント部分をクリックするとウォレットアドレスがコピーされます。

これを、海外取引所の出金画面に張り付けてEVM形式で出金します。

また、メタマスクのAstar Networkの設定をしておきましょう。

設定→ネットワーク→ネットワークの追加と進み、以下の画面のように入力しましょう。

ASTAR RPC

Tofu NFTで購入する

Tofu
出典:Tofu NFT

Tofu NFTにアクセスして、右上のアカウントマークをクリックします。

ウォレット接続画面が表示されるので、メタマスクを接続しましょう。

これで、Astar Degensの購入準備ができました。

お気に入りのNFTを選択して、購入すればAstar DegensのNFTを入手できます。

Astar Degen

いきなりAstar Degensを購入するのが大変な人は、NFTに慣れる準備としてLINE BITMAXのLINE NFTも選択肢として考えられます。

LINE NFTは完全日本語対応でLINE BITMAXの口座があれば簡単に使うことができます。

ぜひ下記のボタンから公式サイトをチェックしてみてください。

\ 3ステップで簡単口座開設!/

Astar degensの今後の見通し

Astar期待のNFTプロジェクトであるAstar Degensは今後どうなっていくのでしょうか。

Astar上の他のプロジェクトとの関わりもしっかりと考察して行きます。

Astar Network自体の成長

Astar degensは、Astar Network上で稼働するNFTプロジェクトなので、Astar自体の成長と切っても切れない関係にあります。

現に、2月のNFT販売時からASTRの価格が伸びたことでAstar Degensの価値も上がりました。

逆に、ASTRの価格が下落すると、NFTの価格が上がっても実際の価値は期待できません。

そこで、Astar Networkの状況に目を向けると、以下のように活動的で、提携パートナーも増やしてさらに盛り上がっていることが確認できます。

Astarの近況
  • 2022年3月コインベースから戦略的資金調達を実施
  • 2022年3月マイクロソフトと提携してweb3事業をさらに支援
  • 2022年3月AstarとCryptoGamesの提携
  • 2022年4月AstarとGameFiプラットフォームのDEA社が提携してAstar上でNFTゲームの構築へ

Astarはこれまでも、Binance LabsやHuobi Ventures、OKX Venturesなど大手の仮想通貨ベンチャーから資金調達をしており、業界のリーダーからバックアップされています。

ブロックチェーンゲームとの提携も増えており、Astar上で構築するプロジェクトが活発化しているのがわかります。

そのため、Astar Networkが一夜にして大暴落するといった可能性は低いと考えられるでしょう。

運営の投資手腕

https://twitter.com/pandora_swap/status/1514637622068473857?s=20&t=In3V1fd9Wq9gxnJ0Tg38Rw

Astar Degensの今後の展望は、DAOに投資案件を提案する運営チームの手腕も重要です。

ArthSwapやStarlayのように、シード的な投資を続けられると将来的な収益につながり、さらに今後も注目されるでしょう。

上記にあるようなtwitterや、Discordの「Partnerships-ama」を見てみると、積極的に様々なプロジェクトとAMAを実施していることがわかります。

AMA実施プロジェクト
  • PandoraSwap
  • OrcusFinance
  • SiriusFinance
  • AstridDAO
  • SkyLabsCorp など

AMAを実施したプロジェクトについては、コミュニティで提携パートナーにすべきか十分に議論されます。

トークンのインフレ・デフレ、Tokenomics、IDO価格、ガバナンス権の有無、Astar Degens用のホワイトリストの有無、スマートコントラクトの監査状況などが話し合われています。

今後、ユーティリティ追加できるプロジェクトとの提携には期待できそうです。

いきなりAstar Degensを購入するのが難しい人は、NFTに慣れる準備としてLINE BITMAXのLINE NFTも選択肢として考えられます。

LINEユーザーならすぐに登録できる手軽さがあり、セキュリティが万全なのもメリットです。

下記のボタンからぜひ公式サイトを確認してみてください。

\ 3ステップで簡単口座開設!/

Astar degensのよくある質問

Astar Degensについてよくある質問を3つ紹介します。

AMAやチームメンバーなど、知っておくべき内容をQ&A形式で答えるので、ぜひチェックしてください。

Astar DegensのAMAはいつどこで開催されるの?

Astar DegensのAMAは公式Discordで開催されます。

通知は、TwitterやDiscordのアナウンスで行われるのでチェックしておきましょう。

AMA
出典:Astar Degens Discord

上の画像のように、Discordのイベント情報にAMAについて掲載されています。

Astar Degensのチームメンバーは?

チームメンバー(Discordのユーザー名)
  • VD_546 :AstarDegensの創設者でありAstarコミュニティメンバー。AstarとPolkadot全体のWeb3エコシステムの構築・サポート。
  • Mario:AstarDegensの創設者でありWeb3.0開発者。AstarDegensDAOの技術担当でありビジョンの実装を行う。
  • Ramz :AstarアンバサダーでありAstarDegensのコミュニティマネージャー。ガバナンスの構造とモデル形成に努める。
  • Dr. Preposterous:AstarDegensのコミュニティメンバー。DAOの安全性と寿命、Astarエコシステム周りに焦点を当てて活動。
  • PnP:Astarアンバサダー・Astarエコシステムサポーター。共有コミュニティを成長させ、拡大するために活動。

Astar Degensの開発運営は、上記のようなメンバーで成り立っています。

AMAの開催や質問の回答、Voteの呼びかけなど、Astar DegensのDAOを維持するために活動しているメンバーです。

Astar DegensのVoteはどこから投票できる?

Astar Degensの様々な方針を決定するガバナンス投票(Vote)は、公式のスナップショットから行います。

NFT保有者は、1NFT=1票としてDAO投票に参加可能です。

Astar DegensのNFTを保有すると、投票権や様々なユーティリティ追加が行われるので今後に期待できます。

Astar Degensの購入にはASTRが必要です。

LINE BITMAXではASTR購入用の仮想通貨としてビットコインなどを初心者でも簡単に購入することができます。

LINE ユーザーならすぐに登録できるので、気になる方はぜひ一度公式サイトをチェックしてみてください。

\ 3ステップで簡単口座開設!/

Astar degensのまとめ

この記事では、Astar Degensの特徴や購入方法、価格推移、今後の見通しについて徹底解説しました。

AstarのDapp Stakingに初めて選ばれたNFTプロジェクトであり、方針やロードマップの信頼性が高く、投資手腕も期待できることがわかったと思います。

最後に、Astar Degensについて押さえておくべきポイントを振り返りましょう。

この記事のまとめ
  • Astar上の初めてのNFTで、36時間以内に10,000個が完売となった
  • Dapp StakingにNFTプロジェクトとして唯一選ばれている
  • NFT保有で様々な報酬を受け取れる可能性があり、収益性が高い
  • DAOによって管理されコミュニティの方針はNFT保有者のVoteで決まる
  • NFT販売から2ヵ月で実質7倍もの価格上昇を果たした
  • LINE BITMAXではASTR購入用のBTCが入手できる

Astar公式から認められた、期待度の高いプロジェクトなので一度TofuNFTのマーケットを見てみてください。

Astar Degensの購入にはASTRが必要です。

LINE BITMAXではASTR購入用の仮想通貨としてビットコインなどを初心者でも簡単に購入することができます。

LINE ユーザーならすぐに登録できるので、気になる方はぜひ一度公式サイトをチェックしてみてください。

\ 3ステップで簡単口座開設!/

目次
閉じる