【人気】NFTアートとは?始め方・作り方と購入・販売方法を徹底解説

数億円を超える取引で注目を集めているのが、今回ご紹介する「NFTアート」です。

2021年上旬には、有名タレントの香取慎吾さんがNFTアートを利用したチャリティプロジェクトを開始し、わずか1日で1万人の参加者を達成したことで大きな反響を呼びました。

さらに、9月17日には若干8歳の少年が夏休みの自由研究として取り組んだNFTアート作品がなんと約240万円で購入され非常に話題となりました。

NFTアートには独自の売買プラットフォームが存在し、オリジナル作品の購入はもちろん、自分の作品を販売することもできます

本記事では、そんな人気急上昇中のNFTアートの仕組みや特徴、作品を購入・出品する方法を解説していきたいと思います。

NFTアートについて興味がある・知りたいという方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事の概要
  • NFTアートには「代替不可能なトークン」という意味があり、ブロックチェーン技術によってデジタルデータに唯一性が付与される
  • NFTアートはPhotoshopやIllustratorを使って誰もが作成でき、売買プラットフォームによって取引も可能
  • 村上隆氏やシヤチハタなどNFTを活用する日本の事例を紹介
  • コインチェックやOpenSeaなど代表的なNFTプラットフォームを紹介
  • NFTアートの購入方法出品方法の流れをステップバイステップで解説
  • コインチェックであれば「Coincheck NFT(β版)」を利用してNFTアートをスムーズに購入できる

NFTアートの取引をするには基本的に仮想通貨取引所でイーサリアム(ETH)を購入する必要がありますが、なかでも「コインチェック」という取引所がおすすめです。

コインチェックでは17種類もの仮想通貨を取引できるだけではなく、独自のNFTプラットフォーム「Coincheck NFT(β版)」が用意されているため、スムーズにNFTアートを売買できます

口座開設は無料となっているので、さっそくコインチェックに申し込んでみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

また、InvestNaviの公式LINEでは仮想通貨(暗号資産)に関連する最新情報やお得なキャンペーンなどを随時配信しています。

さらに、今なら公式LINEに登録するだけで200円分のビットコインがもらえるキャンペーンも実施しているのでぜひこの機会に登録してみてください。

公式LINEの登録-5

\ 【10月31日迄】200円分のBTCが無料/

目次

NFTアートとは

NFTとは「Non Fungible Token」の略で、直訳すると「代替不可能なトークン」という意味を持ちます。

NFTの対義語にFTがあり、こちらは「Fungible Token(代替可能なトークン)」という意味です。

FTには、いまや誰もが知るビットコインイーサリアムといった仮想通貨(暗号資産)があてはまり、「代替可能なトークン」と呼ばれるようにひとつひとつの通貨に独自性はなく、ほかの仮想通貨や現金と交換することが可能です。

一方、NFTのそれぞれの財は固有の性格を持っており、ほかの仮想通貨や現金で代替することはできません(代替不可能)。

固有の性格を持つ財とは、たとえば世界に一つしかないアート作品やゲームのキャラクター、不動産などです。

そして、「NFTアート」という名前で呼ばれる通り、NFTマーケットプレイスにてオリジナルキャラクターを購入しゲームに実装させたり、自分で素材を用意してアート作品として販売したりといった取引ができます。

仮想通貨NFTとは?

また、コインチェックであれば独自のNFTプラットフォーム「Coincheck NFT(β版)」が用意されているので、円滑にNFTアートを売買することができます

NFTに興味があるという方はぜひこの機会にコインチェックで口座開設をして、NFTブームの波に乗ってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTアートの特徴や仕組み

FTと同様、NFTにもトークンの仕組みが活用されています。

トークンとは、ブロックチェーン上に記録される改ざんや複製が困難な電子証票(デジタル証券や手形、登記簿にあたるもの)です。

トークンの構造こそ似ていますが、NFTにはFTにはない独自の特徴があります。

ブロックチェーン技術により唯一無二の価値が証明される

NFTアートにはブロックチェーン技術が用いられています。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは多数の参加者に同一のデータを保持させることのできる仕組みであり、一部の参加者が不正な取引を行おうとしてもその仕組みが保たれ、改ざんや停止が非常に困難となっています。

ブロックチェーン

先述した通り、ブロックチェーン技術を用いる事で改竄などの不正が難しくなっており、唯一性が確保されています。

よって、ブロックチェーンを基盤としたNFTアートにはひとつひとつの財に対して所有者や真証性が付与されます。

NFTアートで取引されるのはすべてデジタルデータです。

しかし、従来のデジタルデータが容易にコピーできたことに比べ、NFTアートでは複製が非常に困難で、唯一無二の価値が証明できます

誰でもNFTアートを作成することができる

デジタルデータのようなコピーが難しいNFTアートですが、作品の作り方については従来のデジタルデータと何ら変わりありません。

画像であればAdobe社製のPhotoshopやIllustratorを使えば、誰でもNFTアートを作成できます

こうしたNFTアートを取引する場所を「NFTマーケットプレイス」や「NFTプラットフォーム」と呼びますが、公平性に優れる点がメリットです。

NFTプラットフォームを活用すれば世界中のどこにいようとも、人種や能力に関係なく誰でも作品の売買を行えます。

将来価値が上昇する可能性が高い

NFTアートは誰でも公平な取引ができることから、投資対象としても注目を集めています。

もともと2017年に生まれたNFTアートですが、注目され始めたのは2021年と最近です。

2021年3月には、TwitterとSquareのCEOであるジャック・ドーシー氏の初ツイートを、「数年後にモナ・リザと同等の価値が出る」としてハカン・エスタビ氏が約3億円で落札しました。

さらに同月、テスラのイーロン・マスク氏が出品した音楽作品には約1億円の価値がついています。

人気に火がついてからわずか数ヶ月足らずで高額落札が相次いだこともあり、NFTアートは将来大きく価値が上昇する可能性が高いと言えるでしょう。

そんな今話題のNFTを購入するならコインチェックがおすすめです。

コインチェックNFT (β版)を利用することができ、スムーズにNFT作品を購入することができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTが売買されているマーケット

先述した通り、NFTを取引する場所は「NFTプラットフォーム」と呼ばれています。

現時点における主要なNFTプラットフォームは以下の3つです。

NFTアートが売買されているマーケット
  • コインチェック
  • OpenSea
  • Rarible

それぞれのプラットフォームについて詳しく解説します。

コインチェック(Coincheck)

コインチェック 新サムネイル

コインチェックは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など計17種類の仮想通貨を売買できる日本を代表する取引所です。

2021年3月24日、コインチェックは同取引所で扱う仮想通貨とNFTを交換できる「Coincheck NFT(β版)」の提供を開始しました。

Coincheck NFTには独自のマーケットが用意されており、ユーザーは誰でも簡単にNFTを出品、またはETHなどの仮想通貨を通じたNFTの購入が可能です。

仮想通貨取引所が運営するNFTプラットフォームは国内初で、画期的な取り組みと言えるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

OpenSea

opensea

OpenSeaは、世界最大のNFTプラットフォームです。

アカウントの登録から売買にいたる取引までの流れがシンプルで、誰でも簡単にNFTの取引に参加できる点が人気を底上げしています。

最大の魅力としては、初回の取引以外ではガス代(ブロックチェーン上の取引手数料)が発生しません

取引の中心となっているのは外国人の方々ですが、先述した村上隆氏やせきぐちあいみ氏、UVERWorldのTakuya∞氏など著名な日本人の方々も過去に出品を行いました。

Rarible(ラリブル)

OpenSeaに次いで世界的に有名なNFTプラットフォームとして、Raribleが挙げられます。

Raribleの最大の特徴はUI(ユーザーインターフェース)がシンプルなことで、OpenSeaよりも簡潔にNFTの売買を行えます

また、独自発行のトークンである「RARI」が使える点も特徴の一つです。

ただし、ガス代がやや高額に設定されているため、運用コストには注意しなければなりません。

上記のプラットフォームの中でも、特におすすめなのがコインチェックです。

「Coincheck NFT(β版)」を利用することで、円滑にNFTアートを売買することができます

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTアートの例

ここでは実際にどういったNFTアートが出品されているのかについて、具体的な例を挙げながら見ていきましょう。

日本のNFTアートの例

NFTアートが世界で盛り上がる一方、日本ではまだ知名度が高いとは言えません。

しかし最近では、日本を代表するアーティストや企業などがNFTアートに注目し、独自の作品制作やサービス開発へと応用し始めています。

ここでは、日本のNFTアートの事例を4つご紹介します。

村上隆さんの「お花」

引用元:OpenSea

日本を代表するアーティスト村上隆氏は、2021年4月にOpenSeaにて、代表的なモチーフ作品である「お花(Murakami.Flowers)」を公開しました。

そのバリエーションは108種類にものぼり、世界中から注目されています。

「まずはやってみよう」の精神で取り組み始めたこともあり、現在はいったん出品を取り止め、出品戦略を再構築したうえで再びNFTに挑戦するようです。

シヤチハタの電子印鑑「NFT印鑑」

ハンコの老舗メーカーであるシヤチハタは、ケンタウロスワークスと早稲田リーガルコモンズ法律事務所と共同で、日本初のブロックチェーンを利用した電子印鑑システム「NFT印鑑」を開発しています。

印鑑の印影データをNFT化することで、印影と印鑑保有者の情報を統合し、固有性を持つ電子印鑑を作り上げようとしています。

本来、電子印鑑には印影を偽造されるリスクを抱えていましたが、データ改ざんの難しいブロックチェーン技術を用いることで解消が可能です。

川崎ブレイブサンダースのカードゲーム「PICKFIVE」

引用元:PICKFIVE

B.LEAGUE所属のプロバスケットボールチームである川崎ブレイブサンダースは、ブロックチェーン技術を活用したカードゲーム「PICKFIVE」を2021年4月27日から試験提供しました。

ゲームのプレイヤーは、試合が開始されるまでの間に活躍が予想できる選手カードを選び、試合後のスタッツ(個人成績)をスコア化して順位を競います。

選手カードそれぞれがNFT化され唯一性があるため、プレイヤー一人ひとりが別々のオリジナルカードを保有・交換できる仕組みです。

香取慎吾さんのNFTアートチャリティプロジェクト

香取慎吾NFTアートチャリティプロジェクト』始動、パラスポーツ支援へ全額寄付 初のLINE LIVE開催も - Real Sound|リアルサウンド
引用:https://realsound.jp/2021/09/post-853032.html

 著名タレントの香取慎吾さんは、2021年9月6日よりNFTアートを利用した「香取慎吾NFTアートチェリティプロジェクト」を開始しました。

これは、プロジェクトに参加し費用として3,900円を払うと「i enjoy!」をテーマに作成された壁画がNFTアートとして付与されるというものです。

そしてなんと、プロジェクト開始からわずか1日で参加者1万人という驚異の数字を達成しました。

これは異例の記録であり、各メディア及びアート業界からも大きな反響を呼んでいます。

日本でもNFTが浸透し始めたことを証明するような大きな出来事になったと言えるでしょう。

海外のNFTアートの例

一方で、海外ではNFTアートが高額で取引されるケースが多数存在します。

ここでは、海外のNFTアート取引事例を3つ紹介していきたいと思います。

Beeple(ビープル)のNFTデジタルアート作品

引用元:CHRISTIE’S

海外でのNFTアートの事例としては、Beeple(ビープル)のデジタルアート作品「Everydays – The First 5000 Days」も有名です。

作品はスケッチを集めてコラージュしたもので、2021年3月11日に終了したオークションでは約6,900万ドル(約75億円)の値をつけ、話題を呼びました

この金額は、NFTアート作品としては市場最高額だと言われています。

CryptoPunks(クリプトパンク)のピクセルアート

引用元:CHRISTIE’S

24×24ピクセルで構成された宇宙人のポートレート「CryptoPunks(クリプトパンク)」。

9枚のCryptoPunksが2021年5月11日に約1,700万ドル(約18億5,000万円)で落札されたことで一躍有名となりました

最古のNFTプロジェクトとも呼ばれ、Beepleのオークションほどの衝撃はなかったものの、NFTアートの中では高値で取引された事例です。

Eminem(エミネム)のアクション・フィギュア・コレクション

https://twitter.com/ShadyTimes/status/1385349198204260353

アメリカのヒップポップMC、Eminem(エミネム)のアクション・フィギュア・コレクションもNFT事例として有名です。

2021年4月25日にNifty Gatewayで開催された『Shady Con』に出品され、最終的に約178万ドル(約1億9400万円)で落札されました。

コレクションには、ミュージックビデオに登場するキャラクターのアクション・フィギュアやオリジナルのインストゥルメンタル・ビートが入っていたそうです。

NFTアートを購入するならコインチェックがおすすめです。

日本で最大手の仮想通貨取引会社であるコインチェック独自のNFTプラットフォーム、「Coincheck NFT(β版)」を利用することでき、スムーズにNFTアートを売買できます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTアートの購入方法

NFTアートを購入する手順は以下の通りです。

ここでは、仮想通貨取引所のアカウントの開設からOpenSeaで実際にNFTアートを購入するまでの手順をわかりやすく解説して行きたいと思います。

NFTアートの購入方法
  1. 仮想通貨取引所のアカウントを作成する
  2. ウォレットを作成する
  3. 仮想通貨取引所からウォレットに入金する
  4. OpenSeaなどのNFTプラットフォームにログインする
  5. NFTアートを探し購入する

それぞれ手順に沿って詳しく解説していくので、是非参考にしてみてください。

①仮想通貨取引所のアカウントを作成する

まずNFTアートを売買する原資を用意するため、仮想通貨取引所のアカウントを作成していきましょう。

国内の仮想通貨取引所にはbitFlyerやDMM Bitcoinなど有名なところがあるものの、なかでもコインチェックがおすすめです。

コインチェックは国内最多の17種類もの仮想通貨を扱っており、独自のNFTプラットフォームを有するなど優位性があります。

コインチェックのアカウントを作成するには、「コインチェック公式サイト」にアクセスし、トップページ上部にある「会員登録」のボタンをクリックします。

コインチェック 新サムネイル

会員登録画面へ移行するので、登録したいメールアドレスとパスワードを設定してください。

すると登録したアドレス宛にメールが届くため、なかにあるURLをクリックします。

メールアドレスに間違いがなければ以下のような会員専用ページへ移行します。

次に、管理画面中央にある「本人確認書類を提出する」をクリックしましょう。

すると以下のような電話番号認証画面が表示されます。

「電話番号」の枠内に自分の携帯電話番号を入力し、「SMSを送信する」をクリックします。

すると手持ちの携帯電話にSMSが届くので、なかにある6桁の認証コードを入力欄に記載してください。

後は次の画面で本人確認を行うだけです。

以下のような書類を用意し、コインチェック内で画像のアップロードを行います。

登録可能な本人確認書類(以下のうち1点)
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

本人確認書類を提出する場合は、「かんたん本人確認」が便利です。

書類をアップロード後、審査が完了すればすぐにコインチェックの全機能を使えるようになります。

②ウォレットを作成する

OpenSeaなどのNFTプラットフォームを利用するには、資金を管理するためのウォレットが必要です。

代表的なウォレットにMetaMask(メタマスク)があり、Chromeウェブストアから拡張機能をダウンロードできます。

ダウンロードするには、画面右にある「Chromeに追加」をクリックしましょう。

そのままMetaMaskのセットアップ画面に移行するので、「ウォレットの作成」をクリックしてください。

「MetaMask の品質向上へのご協力のお願い」が表示されると、画面下の「同意します」をクリックします。

次に新しいパスワードを設定します。

パスワードの設定完了後、「作成」をクリックすると「秘密のバックアップフレーズ」の画面へ移行するので「秘密の言葉を表示するには、ここをクリックします」をクリックしてください。

すると「book」や「movie」、「oppose」といったランダムの英単語が表示されるため、次の画面へ移行して表示された英単語をすべて正しく選択しましょう。

この手続きは省略可能ですが、設定を行っておくとアカウントのバックアップや復元が容易となり安全性が増します

これでウォレットの登録はすべて完了です。

③仮想通貨取引所からウォレットに入金する

今度は仮想通貨取引所の口座へ、原資となる日本円を入金します。

入金の手順は以下の通りです。

コインチェックへの入金方法
  1. 左側メニューにある「日本円の入金」を選択
  2. 画面下部にある「銀行振込」や「コンビニ入金」、「クイック入金」のいずれかを選ぶ
  3. 銀行振込の場合は振込先を確認し、個人口座から資金を入金する
  4. コンビニ入金やクイック入金では、「お支払い情報を発行」をクリックしコンビニやATMなどから入金する

次に入金した日本円で仮想通貨を購入していきますが、OpenSeaなどNFTプラットフォームではイーサリアム(ETH)を使って取引を行うため、コインチェックにてETHの通貨を購入しましょう。

コインチェックの会員ページにて、左側メニューにある「販売所(購入)」を選択します。

すると販売所ページに移行するので、「ETH」を選択し、数量や交換する通貨(ここではJPYを選択)を設定して「購入する」をクリックしてください。

さらに今度は、購入したETH通貨を先ほど登録したMetaMaskに送金しなければなりません。

同じく左側メニューにある「コイン送金」を選びましょう。

するとコイン送金画面に移行するので、ここで宛先や送金数を記載します。

宛先(アドレス)については、先ほど登録したMetaMaskにログインし、そのトップページ上部のアカウント名をマウスオーバーすると表示される仕組みです。

アドレスの横にあるコピーマークをクリックしてコピーし、コインチェックの送金画面の「宛先」の部分に貼り付けます。

後は送金額を入力して「送金する」のボタンをクリックすれば、MetaMaskにETH通貨が送られます。

④OpenSeaなどのNFTプラットフォームにログインする

利用するNFTプラットフォームは自由ですが、ここではOpenSeaを使ったNFTアートの購入方法をご紹介します。

そこで、まずは「OpenSea」にアクセスしましょう。

トップページ右上にあるアカウントマークから「My Account Settings」を選びます。

するとMetaMaskとの接続画面が現れるので、「Sign In」をクリックしてください。

ポップアップウィンドウが開き、MetaMaskアカウントの一覧が表示されます。

先ほど登録したMetaMaskアカウントを選択してください。

「○○○(アカウント名)に接続」という文言が表示されたら、画面下の「接続」をクリックします。

「署名の要求」の画面へ移行するので、そのまま画面下の「署名」をクリックしてください。

次にユーザー名とメールアドレス登録画面が現れるので、「Username」にユーザー名を、「Email Address」にメールアドレスを入力します。

「Bio」という項目は記載しなくても大丈夫です。

すると登録したアドレス宛にメールが届くため、なかに記載されている「VERIFY MY EMAIL」をクリックすると、メールによる認証が完了します。

⑤NFTアートを探し購入する

上記の登録が完了すると、そのままOpenSeaの会員ページへ移行します。

会員ページのトップ画面にはNFTアートの作品一覧が表示されており、複数の条件を指定して自由に検索が可能です。

好きなNFTアートが見つかれば、その作品をクリックすることで詳細ページへ飛びます。

詳細ページにはETHベースの価格が表示されているため、「Buy now」をクリックすれば作品を購入できます。

OpenSeaでNFTアートを購入するにはイーサリアアムの購入が必要です。

イーサリアムを購入するなら、国内最大級の仮想通貨取引所であるコインチェックがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTアートの作り方と販売・出品方法

次にNFTアートの作り方や販売・出品方法を解説していきます。

手順は以下の通りです。

NFTアートの作り方と販売・出品方法
  1. オリジナルアートを用意する
  2. プラットフォーム上でオリジナルアートの詳細を記入する
  3. NFTとしてプラットフォーム上でアップロードする

なお、仮想通貨取引所へのアカウント登録やウォレットの作成などの手順は、先ほど「NFTアートの購入方法」の章で説明した①~④の手順と同じです。

よってこの章においても、前章の①~④の流れを受け継ぎ、引き続きOpenSeaを使った販売・出品方法を解説していきます。

①オリジナルアートを用意する

NFTアートの作品については、デジタルアートや音楽、映像、画像などであれば何でも構いません(著作権に侵害する作品を除く)。

ほとんどのクリエイターは通常のデジタルアートを作成するように、PhotoshopやIllustratorを使ってNFTアートを作成しています

自分で作ることが難しい場合には、制作会社やクラウドソーシングに外注するのも方法の一つです。

②プラットフォーム上でオリジナルアートの詳細を記入する

では、実際にOpenSea上でオリジナルアートを出品してみましょう。

OpenSeaへの会員登録は先ほど済ませたので、そのまま手続きを行っていきます。

まず、OpenSeaの公式サイト」にアクセスし、画面右上の「Create」あるいは中央の「作成」をクリックしてください

すると、「Create new item」というページが表示されるので、作品データのアップロードおよび必要事項に記載していきます。

項目は複数ありますが、*印の項目は必須事項です。

また、詳しい作品説明となる「Description」を記載しておいたほうが作品の内容が分かりやすいため、できるだけ詳細に記入しておくことをおすすめします。

すべての入力が終われば、画面下部にある「Create」をクリックしましょう。

③NFTとしてプラットフォーム上でアップロードする

上記の手続きが完了すると、オリジナルアートの詳細画面が表示されます。

この時点ではまだ出品手続きは完了していません

正式に出品を行うには、詳細画面の右上にある「売る」をクリックしてください。

すると販売方法を設定する画面が現れます。

販売方法には、「Set Price(固定価格)」と「Highest Bid(オークション)」、「Bundle(グループ販売)」の3種類があり、自由に選択できます。

たとえばHighest Bidの場合であれば、オークション開始価格と最低落札価格、オークション期間を選択・記入すれば設定は完了です。

すべて設定が終わった後は、「Post Your Listing」をクリックしましょう。

これで販売・出品方法の手続きはすべて完了です。

ぜひ、コインチェックで口座開設を行ってNFTアートの出品・販売への一歩を踏み出してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTアートの口コミ・評判

ここでは、NFTアートに関する評判や口コミを紹介していきたいと思います。

実際の声を取り上げていきますので、NFTアートに興味があるという方はぜひチェックしてみてください。

朝起きたら、、、、 凄いことが起きてた。。。。。 自由研究で描いた、 8才息子(@ZombieZooArt ) の描いたドット絵が、、、 二次流通でスティーブ青木さん(@steveaoki )に買われてた。 しかも1個2ETH×2(約160万円)も。。。。。。。。。

Twitter

記事冒頭でご紹介した8歳の少年のお話です。ニュースでも取り上げられ、話題になりました。

アーティストではない一般の方でも出品でき、大金を手に入れるチャンスがあるのがNFTアートの魅力のひとつでもあります。

家族でそれぞれ作品を作って出品してみるのも楽しいかもしれませんね。

国産NFT3つ購入。いろいろ買い集めてます。 買い煽るようですが、、、日本のNFTはこれからなので、投資チャンスもけっこうあるんじゃないかと思ったり思わなかったり。NFA, DYORで。 みなさんおすすめの国内NFTアートがあれば、リプ欄で教えてください。 #NFTJapan

Twitter

現在、NFTは新しい投資先としても注目を集めています。

今後も市場が拡大していくことを考えると、国内のNFTアートをチェックするのも流行を知る上で重要なポイントといえそうです。

Twitterでも検索すると、色々なNFTアートが見られます。興味がある方はチェックしてみてください。

NFTアート進化しすぎてて草

Twitter

口コミでは、NFTアートが進化しているという意見もありました。

確かに、NFTアートは出品する人も増え、それに伴いアートの質も変わってきています。

今後どのような「進化」が待っているのか、ますます目が離せませんね。

NFTアートを購入するためにはイーサリアムの購入が必要になることがほとんどです。

そんなイーサリアムを購入するなら国内大手仮想通貨取引所であるコインチェックがおすすめです。

圧倒的な実績を誇っており、初心者の方でも安心して利用することができるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTアートを購入するにはイーサリアムが必要

コインチェック 新サムネイル

NFTアートはイーサリアムのプラットフォームを採用している以上、作品を売買するときにはどうしてもイーサリアム通貨(ETH)が必要になります

今回お伝えした通り、ETHはコインチェックで簡単に購入可能です。

また、コインチェックは取り扱う仮想通貨の種類が国内ナンバーワンで、UIの使いやすさから高い人気を集めています。

コインチェックで購入したETHは、NFTプラットフォームである「Coincheck NFT」で使うこともできるため、スムーズにNFTアートを購入・出品できます。

NFTアートの取引に加え、通常の仮想通貨取引にも活用できるコインチェックは、登録しておいて損はありません。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTアートに関してよくある質問

ここでは、NFTアートに関してよくある質問について解説していきたいと思います。

NFTアートへの投資を考えているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

NFTアート以外にもNFT作品はありますか?

NFTは、アート以外にもさまざまな分野に広がっています。

たとえば、Perfumeは、オンライン・フェス「“P.O.P” Festival」のパフォーマンスを3Dデータ化し、NFT音楽として出品しました。

また、世界的にも人気が高いBABYMETALはNFTトレンディングカードを数量限定で発売し、数分で完売するという事態になりました。

NFTゲーム業界では、CryptoKitties(クリプトキティーズ)も注目されています

CryptoKittiesは、猫を売買したり集めたりする比較的シンプルなゲームです。イーサリアムを稼ぐこともでき、ゲーム上の猫が約1,400万円の高値で取引されたこともあります。

そのほかにも、週刊少年ジャンプで知られる集英社や埼玉西武ライオンズ、バーチャルスニーカーを出品した1SEC(ワンセック)などNFT漫画NFTスポーツ・NFTファッションとしてNFTを導入する事例が増えています。

NFTを出品しても売れないのですがどうすればいいですか?

NFTの知名度があがるにつれて、出品する人が増えました。

それに伴い、現在は「出品しても売れない」状況になりつつあります。

NFT作品を購入してもらうためには、自身の作品を広く知ってもらう必要があるでしょう。

そのため、SNSを駆使して日本はもとより世界に向けて情報を発信することが大切なことの一つだと言われています。

また、出品している作品を見直して、「なぜ人の目にとまらないのか」「ニーズはあるのか」「同じような作品はないか」と考えてみるのもおすすめです。

日本におけるNFTは今後どうなる?

日本でもNFTを活用する事例が増え、徐々に広がっているのは明らかです。

一方で、NFT市場が大きくなるにつれ、金融庁からは「マネーロンダリングに使われるのでは」といった懸念も聞こえてきます。

「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」も設置され、具体的な対応策も今後話し合われていくことが予想されます。

自由に作品を売買できるのがNFTの魅力ですが、取引の際はマーケットプレイスの特徴をよく理解し利用するようにしましょう。

NFTを購入してみたいという方には、コインチェックおすすめです。

国内最大級の仮想通貨取引所であり、コインチェック NFT (β版)と呼ばれる独自のNFTマーケットプレイスも利用できますのでスムーズにNFTを利用することが可能です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTアートのまとめ

今回は、NFTアートの特徴や作品の購入・出品方法をご紹介しました。

NFTアートの仕組みについて理解できたのではないでしょうか。

最後にここまでお伝えした内容を以下にまとめてみました。

この記事のまとめ
  • NFTアートは「代替不可能なトークン」であり、デジタルデータに唯一性が付与される
  • 世界ではすでにNFTプラットフォームを介して数億円単位の取引が行われており、将来的に価値が高騰する可能性がある
  • NFTアートを売買するには「Coincheck NFT」や「OpenSea」のプラットフォームが不可欠
  • まずは仮想通貨取引所でETHを購入し、MetaMaskなどのウォレットを通じてNFTプラットフォーム内でデジタルデータを取引する
  • 自分でオリジナルアートを作成すれば、そのデータを販売して利益を上げることも可能

これからNFTに参入したいという人なら、もっとも使いやすいコインチェックに登録してみましょう。

コインチェックには独自のNFTプラットフォームである「Coincheck NFT」が用意されており、非常にスムーズにNFTアートを取引することができます

登録費用はいっさいかからないため、ぜひこの機会にコインチェックで口座開設を行ってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる