NFT BAKCとは?特徴や価格動向・今後の将来性を徹底解説

BAKC(Bored Ape Kennel Club)というNFTコレクションをご存知でしょうか?

BAKCは多くのセレブリティも購入して話題になっている、高級NFTのBAYC(Bored Ape Yacht Club)、MAYCとクリエイターを同じくするNFTです。

BAKCはBAYC、MAYCとセットで持っている人たちに非常に高額なエアドロップが行われ、大きく注目を集めているNFTコレクションです。

今回の記事では、そんなBAKCの特徴・購入方法について解説していきます。

この記事でわかること

・BAKCは犬がモチーフのNFT
・ApeCoinが発行され注目を集めている
・BAYC所有者にエアドロップで配布された
・BAKCを購入するためのETHはビットフライヤーから入手できる

OpenSeaでBAKCを購入するために必要なETH(イーサリアム)はビットフライヤーで購入できます。

ビットフライヤーでは、初心者でも簡単にイーサリアムを購入することができます。

ビットフライヤーの口座開設手数料は無料ですので、ぜひこの機会に公式サイトを確認してみてください。

\ 1円から投資可能!/

目次

NFT BAKCとは?

BAKCトップ画像
引用:OpenSea

BAKC(Bored Ape Kennel Club)のモチーフは、BAYCの類人猿の相棒としての犬です。

BAKCは多くのセレブや著名人が購入し、SNSのアイコンにしている、猿をモチーフにしたBAYCと同じクリエイターが作っているNFTコレクションです。

現在BAYCは、世界最大のNFTマーケットのOpenSeaのランキングで1位になっている、人気のNFTです。

オープンシーランキング
引用:OpenSea

そんなBAYCから派生したコレクションですので、BAKCも注目され、一時OpenSeaのランキングで8位となりました。

NFT BAKCの特徴

独特なタッチのBAKCですが、絵柄だけでなくNFTとしての特徴も多く存在します。

ここでは、BAKCの特徴を4つご紹介します。

BAYC関連のNFT

犬がモチーフのBAKCは、猿がモチーフのBAYCから派生したNFTです。

詳しくは後述しますが、運営の「BAYCの類人猿たちには相棒が必要だ」というコンセプトの元に作成されており、画風などはBAYCに非常に似たものとなっています。

BAKC紹介画像
引用:OpenSea

BAYCの他の関連プロジェクトとしては、ミュータントになった猿のMAYC(Mutant Ape Yacht Club)などが挙げられます。

MAYC紹介画像
引用:OpenSea

どのコレクションも、BAYC関連のNFTはOpenSeaのランキング上で常に上位にいますので、BAYCをはじめとするNFTシリーズは一つのブランドとも言えるでしょう。

BAYC所持者に配布された

BAKCのNFTは、BAYCのNFT保有者にエアドロップされました。

公式サイトの説明文を直訳すると原文が皮肉やジョーク混じりのため、違和感が残りますが以下のようになります。

「沼地では時々、孤独になることがあります。だから猿は、4本足の仲間を持つべきなのです。あなたの足元で丸くなり、ビールを持ってきてくれ、猿のジミーにミサイルを撃ってくれる相棒が必要です」

https://boredapeyachtclub.com/#/kennel-club

BAYCは「お金を持て余した退屈な猿たちが沼地で変なことを始めた」という設定のもと作られたNFT作品ですので、BAKCもその世界観で猿の相棒として描かれています。

BAKCは一度きりのエアドロップだったので、今後エアドロップの予定はありません。

こういったサプライズがあるのも、コレクティブルNFTを保有する楽しみの一つですね。

仮想通貨APE発行で大注目

ApeCoin公式トップ画像
引用:ApeCoin公式Twitter

Ape(エイプコイン)は、BAYC・MAYCのNFT保有者にエアドロップされた新たな仮想通貨です。

2022年3月17日にエアドロップされ、話題を呼びました。

Apeは、ApeCoin DAO というDAO(自律分散型組織) によって運営され、ガバナンストークンであるApeを保有していると、今後の運営の方針に投票できるようになります。

APEはOpenSea上で高値で取引されているBAYCやMAYCの影響力、ブランド力が基礎となる仮想通貨ですので、BAYC関連のプロジェクトは今後も注目が必要そうです。

二次流通収益を全額寄付

BAYCのNFT保有者にエアドロップされたBAKCのコレクションは、OpenSea上で二次流通しています。

BAKCのNFTを二次販売した際には2.5%のロイヤリティが発生し、この収益は全て動物愛護団体に寄付されます。

OpenSea上で高額で取引されているNFTコレクションですので、寄付される金額も販売価格に比例して高額になります。

ロイヤリティを実質的に放棄し、チャリティに取り組む姿勢は大きく評価されるべき点でしょう。

OpenSeaでBAKCを購入するために必要なETH(イーサリアム)はビットフライヤーで購入できます。

興味のある方は下記のボタンより公式サイトを確認してみてください。

\ 1円から投資可能!/

NFT BAKCの価格動向

BAKCのNFTがエアドロップされて以降、OpenSea上で順調に価格が上昇しているのがわかります。

タダで配布されたNFTにもかかわらず、日本円にして数百万の値段がついており、BAYC保有者にとっては非常に美味しいエアドロップであったと言えるでしょう。

また、もともと人気のあるBAYCの関連作品ですので、取引される金額が大きく大きな暴落があまりないこともBAKCというNFTの特徴の一つです。

Floor Price
引用:OpenSea

超高額なBAKC

OpenSea上で高額で取引されているBAKCのNETですが、ここでは超高額なNFTを4つご紹介させていただきます。

#5049

高額なBAKC#5049
引用:OpenSea

足には長靴を履いて、帽子をかぶり、口からは火を噴いています。

火を吹いているBAKCはあまり多く無いので、その希少性から高額で販売されています。

首輪に付いたBAYCのタグも可愛らしいですね。

#2025

高額なBAKC#2025
引用:OpenSea

不気味な目玉だけに目を奪われがちですが、よく見ると歯はレインボーに輝いています。

かけているメガネも含めて、BAYCの関連作品という雰囲気がある作品です。

#2524

高額なBAKC#2524
引用:OpenSea

体が蛍光色で微笑んでいる犬の作品です。

この色の作品はあまり多く無いので、高額で取引されています。

#9198

高額なBAKC#9198
引用:OpenSea

体が金色、目からビームを出し、口には手を咥えているという特徴が盛り沢山な作品です。

どのNFTコレクションにおいても、体が金色の作品は高額で取引されています。

NFT BAKCの今後の見通し

では、BAKCの今後の見通し・将来性について見ていきましょう。

今後も発展していくコレクション

伝説的なNFTプロジェクトBAYCから派生し、MAYCやBAKCなどのコレクションが生まれ、最近ではApeCoinが発行されました。

このような新しいアクションがある度に、過去のBAYC関連作品は価格が上昇しています。

BAKCは、BAYC・MAYCよりも価格が安く入手しやすいのもBAKCの特徴の一つです。

さらに、BAYCは現実のファッションブランドを展開し、Tシャツやパーカーを販売しています。

BAKCもいずれ何らかの形で現実との結びつきを強めることもあるかもしれません。

BAYC関連ブランドからは今後も新しいコレクションが生まれる可能性がありますので、今後も注目する必要がありそうです。

BAYCのコミュニティ

BAYCには、NFT保有者が参加できるDiscordがあります。

NFTが会員券になり、Discordに参加できる仕組みになっています。

このコミュニティは、著名人も多く、全員がBAYC関連のNFTを保有している」という共同意識も高いことが特徴です。

この共同意識が、数多くあるNFTとは大きな差別化ポイントとなっています。

こういったメリットもありますので、BAKCのようなBAYC関連のNFTは値段が下がりづらいのが特徴です。

BAYC関連NFTのBAKCを購入するために必要なETH(イーサリアム)はビットフライヤーで購入できます。

興味のある方は下記のボタンより公式サイトを確認してみてください。

\ 1円から投資可能!/

NFT BAKCの入手方法

ここからは、BAKCの購入方法を説明していきます。

具体的な流れとしては、

国内のビットフライヤーなどの取引所で口座開設する
・MetaMask(メタマスク)に登録する
・口座開設した取引所でETH(イーサリアム)を購入する
・購入したETHをMetaMaskに送金する
・OpenSeaにアクセスし売買を始める

OpenSeaでBAKCを購入するには仮想通貨であるETHをメタマスク内に準備する必要があります。

そのETHを入手する一般的な手段としてはビットフライヤーなどの国内取引所で購入することが挙げられます。

ビットフライヤーは初心者にも分かりやすいデザインで、ビットコインの取引量が国内No.1の実績を持つ取引所です。※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

BAKCを購入するために、ETHが必要な方はぜひビットフライヤーの公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

NFT BAKCのまとめ

今回はBAKCについて解説しました。

この記事のまとめ

BAKCは高級NFTであるBAYCの関連作品
・BAKCを購入するとロイヤリティが動物愛護団体に寄付される
BAKCはBAYC保有者にエアドロップで配布された
・BAYC・MAYCに比べBAKCは購入しやすい
・BAKCを購入するためのETHはビットフライヤーで入手できる

BAKCは単なるNFTではなく、投資家や企業すらも注目するBAYCから派生した作品です。

今後も値上がりが続くことが考えられますので、投資と考え購入する人も多く存在していると思われます。

BAKCを購入するのに必要なETHはビットフライヤーにて入手が可能です。

興味のある方はぜひビットフライヤーの公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

目次
閉じる