仮想通貨BitTorrent(ビットトレント/BTT)とは?今後の見通しや将来性・買い方を解説

BitTorrent(BTT)とは、世界最大のピアツーピア(P2P)ファイル共有およびトレントプラットフォームです。

TRON Foundationが買収しており、TRONと組み合わせて様々なサービスを開発・提供しています。

本記事ではBitTorrent(BTT)の特徴や価格推移の傾向、価格予測や買い方まで徹底的に解説しています。

BitTorrent(BTT)に興味がある方、取引を検討している方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事の概要
  • BitTorrent(BTT)はブロックチェーン上でファイル共有やダウンロードを行うP2Pプラットフォーム
  • ファイル共有ソフトとして立ち上がり、2019年にTRON財団に買収されている
  • 価格はサービスリリースやTRONとの共同開発などのニュースの影響を受けて上下している
  • 今後はサービスや技術の発展による価格の上昇が見込まれている
  • 入手する場合はコインチェックなどの国内取引所で取引ペアであるビットコインやイーサリアムを用意した上で海外取引所で取引するのが最適

BitTorrent(BTT)を入手する際は、国内取引所を利用する必要があります。

国内取引所の利用はコインチェックが最適です。

コインチェックは初心者向けに設計されているため、アカウント作成や取引など一つ一つの作業に丁寧な解説があります。

そのため、初めてでもスムーズにアカウント作成・取引を行うことができます。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

目次

仮想通貨BitTorrent(BTT)とは

通貨名BitTorrent(BTT)
トークン名BTT
価格(2022年11月16日時点)¥0.00009524
時価総額(2022年11月16日時点)¥89,906,418,276
市場ランキング(2022年11月16日時点)59位
取り扱い取引所国内取引所での取り扱いなし
公式サイトhttps://www.bittorrent.com/ja/token/btt/

BitTorrent(BTT)とは、世界最大のファイル、ソフトウェアダウンロードプラットフォームです。

ブロックチェーンを活用することで共有容量の増大やダウンロードの速度を向上することを目指しています。

また、2019年にTRON Foundationが買収しており、TRONと組み合わせて様々なサービスを開発・提供しています。

BitTorrent(BTT)を購入する際は国内取引所でBitTorrent(BTT)の取引ペアとなっている仮想通貨を購入する必要があります。

国内取引所の利用はコインチェックが最適です。

コインチェックは初心者向けにシステムが作られており、取引口座や取引所のデザインが非常にわかりやすく、操作しやすくなっています。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

仮想通貨BitTorrent(BTT)の特徴

BitTorrent(BTT)はファイル共有・ダウンロードP2Pプラットフォームです。

TRON Foundationが買収しており、ブロックチェーンを活用してより早く、容量が大きいサービスの提供を目指しています。

ここではBitTorrent(BTT)の特徴を紹介していきます。

TRON Foundationが買収している

BitTorrentは、2000年代初頭にP2Pネットワークを介したファイル共有を容易にするソフトウェアを立ち上げ、多くの音楽や映画ファンからの人気を博しました。 

ユーザーはBitTorrentを使用することで、ファイルを単一のサーバーにダウンロードやアップロードを行う代わりに、ソフトウェアを実行しているコンピューターのネットワークに参加して、ファイルとデータを相互に交換できるようにしました。

しかし、BitTorrentは収益化に問題を抱え、その結果2019年に、TRONブロックチェーンを設立したTRON Foundationに買収されました。

そして、TRON Foundationはネットワークプロトコルの拡張やネットワークの参加者にインセンティブを提供するために、BitTorrentトークンであるBTTという仮想通貨を導入しました。

暗号通貨BTTをネットワークトークンとして使用している

BTTはサーバーとネットワークへの影響を減らすために大きなファイルを共有する効率を高めながら、より分散したネットワークにすることを目的としていました。

BitTorrentの開発者は、BTTトークンを使用して、ローカルコンピュータのリソースを提供することにインセンティブをつけ、ダウンロード速度の低下やファイルの可用性の低下などの問題を解決したいと考えています。

利用者は、音楽や映像などのコンテンツを受信するための帯域幅やリモートバックアップ用のストレージなどのローカルのコンピューターリソースと引き換えに、コンテンツ提供者であるプロバイダーにBTTトークンを提供することができます。

つまり、プラットフォーム上の他の利用者のローカルのリソースをBTTトークンで購入ができるという仕組みになっています。

BTTトークンは他にもコンテンツの報酬や投げ銭としても活用されています。

TRONブロックチェーン上で運用されている

BitTorrentはすべてのBTTトランザクションの記録を維持することを目的としてTRONブロックチェーン上で運営されています。

ネットワーク上でリソースやコンテンツの交渉がされると、TRONに支払いチャネルが作成され、交渉の情報に基づいてBTTトークンを使用した決済が行われます。

交渉に基づくサービスの提供が終了すると、これらの決済が確定され、TRONブロックチェーンに記録されます。

ダウンロード速度を上昇させるBitTorrent Speedを提供

BitTorrent(BTT)は「BitTorrent Speed」というサービスを提供しています。

BitTorrentSpeedはファイルなどのダウンロードの速度を上げるためにBTTトークンを使用して帯域幅やストレージを購入する機能です。

BitTorrentファイルシステムを提供

BitTorrent File System(BTFS)は分散型のファイルストレージシステムです。

従来のファイルストレージシステムには単一の企業や組織による一方的な制限や、高コストであるなど様々な欠点が存在します。

BitTorrent File System(BTFS)はブロックチェーンを用いて分散型にすることで、従来のファイルストレージの問題を解決することを目指しています。

また、BTFS GatewayというGoogleChromeから目的のファイルを取り出すことが可能なファイル管理ツールを導入するなど、継続して開発を進めています。

ストリーミングコミュニティであるDLiveを提供

DLiveはメディアコンテンツの作成者と視聴者に公平に報酬が提供されるようにブロックチェーン上に構築されたライブストリーミングコミュニティです。

放送局と視聴者は、プラットフォームを通さずに収益を得ることができるシステムを構築しています。

BTTがDLiveエコシステムに導入し、ギフト、サブスクリプション、視聴者の報酬システムの強化を行う予定です。

BitTorrent(BTT)を購入する際は国内取引所でビットコインやイーサリアムなどBitTorrent(BTT)の取引ペアとなる仮想通貨を購入する必要があります。

国内取引所ではコインチェック最適です。

コインチェックは独自の取引所アプリが使いやすく、利用者からの評価が非常に良いです。

使いやすいアプリで常に仮想通貨の価格や取引所の動向をチェックし、必要に応じて取引することができます。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

仮想通貨BitTorrent(BTT)のこれまでの価格推移

BitTorrent(BTT)はこれまでにサービスのリリースやシステムの開発の情報公開などによって投資家から大きな期待を寄せられて価格が上下しています。

BitTorrent(BTT)がリリース後どのような価格推移をしてきたかをポイントをあげながら説明していきます。

BitTorrent(BTT)の価格推移ポイント
  1. 2019年1月リリース後、2月に価格が600倍に上昇
  2. 2019年5月に急上昇
  3. 2021年4月に急上昇し、最高値を更新
  4. 2022年以降は、仮想通貨市場での冷え込みが影響して下落

それではそれぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

1. 2019年1月リリース、2月に価格が600倍に上昇

2019年1月にリリースされたのち、その有用性や将来的なTRONとのコラボレーションなどが期待され、価格は急上昇しています。

2月には価格は600倍にもなるという大幅な上昇となりました。

2. 2019年5月に急上昇

引用: Tradingviewの提供チャート

2019年5月中旬に、トロンの創設者かつBitTorrent(BTT)のCEOであるjustin sun氏がBTTとBTTWalletがテスト中であり、6月中旬に機能させる予定であると発言しました。

その結果BTTの普及を期待した投資家の需要が高まり、BTTは約190%上昇しています。

また、5月30日に独自のサービスである、BitTorent File Systemがリリースされたこともあり、市場は高値で動いてます。

3. 2021年4月に最高値を更新

その後、2021年4月に大きく急上昇し、1ヶ月で約900%上昇しています。

これは、3月25日にPoloniexがBTTをステーキングの対象仮想通貨として加えたことが影響しています。

ステーキングとは特定の仮想通貨を取引所に預けると預けた量に応じて報酬がもらえるというシステムです。

ステーキング対象仮想通貨となったことでよりBitTorrent(BTT)の需要が増加して大きく急上昇したと考えられます。

引用: Tradingviewの提供チャート

2022年:仮想通貨市場全体での下落に連動

2022年:仮想通貨市場全体での下落に連動
引用: Tradingviewの提供チャート

上チャートは、2021年後半から2022年にかけてのBTTチャートです。

高値を付けてから大きく下落していることが分かります。

BTTだけでなく、仮想通貨市場全体で下落をしており、連動した形での下降トレンドを形成したと言えるでしょう。

米金利上昇に伴う金融市場の不安定さや、ロシア・ウクライナ情勢の悪化、ステーブルコインUSTのディペッグ騒動などが大きく影響しています。

また、2022年11月のFTX破綻問題も大きく影響しました。

BitTorrent(BTT)をPoloniexのような海外取引所で保有するにはまず国内取引所でBitTorrent(BTT)と取引ペアとなっている仮想通貨を入手する必要があります。

国内取引所を利用する際はコインチェックが最適です。

コインチェックは取引手数料が無料であるため、低いコストで仮想通貨を入手することが可能です。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

仮想通貨BitTorrent(BTT)の価格上昇のポイント

BitTorrent(BTT)の価格上昇の要因はどこにあるのでしょうか。

想定される価格上昇のポイントは次の通りです。

BitTorrent(BTT)の価格上昇のポイント
  • BitTorrent(BTT)のサービスリリースや技術開発の進捗
  • TRONの価格の上昇
  • 企業との提携や共同開発

BitTorrent(BTT)のサービスリリースや技術開発の進捗

BitTorrent(BTT)のサービスリリースや技術開発の進捗のポジティブな情報が市場に流れることは大きな価格上昇のきっかけとなる可能性があります。

2019年5月にシステムの開発の順調な進捗が公表されることやBitTorentFileSystemという独自のサービスがリリースされた前後で大きく価格が上昇しています。

これは、BitTorrent(BTT)のシステムが開発され、サービスがリリースされることで将来的にBTTの需要が増加したために、上昇しています。

また、ニュースリリースとして開発状況が公開されることで市場の注目を集めているということも価格上昇の一因です。

TRONの価格の上昇

BitTorrent(BTT)の親会社であるTRONのポジティブな情報や価格の上昇はBitTorrent(BTT)の価格の上昇の要因になり得ます。

まず親会社の運営やシステムがうまくいっているということは資金面や技術面で子会社であるBitTorrent(BTT)がその恩恵を受ける可能性が非常に高いです。

また、TRONとBitTorrent(BTT)で共同で実施している開発やサービスがあるため、直接的にBitTorrent(BTT)に影響がある情報も存在します。

投資家としては安心してBitTorrent(BTT)を取引する材料になりうるでしょう。

企業との提携や共同開発

企業との提携や共同開発の情報はBitTorrent(BTT)の価格を上昇させる要因となります。

その企業と提携するということはBitTorrent(BTT)の技術やサービスが企業に認められたということです。

また、セキュリティ面も担保されていると企業が判断したと考えて良いと思います。

そのため、BitTorrent(BTT)のサービスの質が高く、将来性が期待できると投資家が判断するのです。

また、提携・共同開発先が知名度の高い企業であれば、BitTorrent(BTT)を知らない投資家もBitTorrent(BTT)に注目するようになります。

その新しい新規参入なども加わって価格が上昇する可能性が高いと考えられます。

BitTorrent(BTT)は海外取引所のみで取り扱っているため、国内取引所でBitTorrent(BTT)と取引ペアとなっている仮想通貨を購入しましょう。

国内取引所はコインチェックが最適です。

コインチェックは2014年から運営している国内取引所の中でも非常に古い取引所です。

そのため、仮想通貨の取り扱いや消費者への対応、サービスのノウハウにたけています。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

仮想通貨BitTorrent(BTT)の今後の予想・見通し

BitTorrent(BTT)の今後の価格が上昇するのか、それとも下落していくのか気になりますね。

複数の機関や企業が予測している価格を次にまとめています。

BitTorrent(BTT)の今後の予想・見通し
  1. Capitalcoin:BitTorrent(BTT)は2025年には0.02-0.2ドル、2030年には0.2ドル以上になる可能性がある
  2. Priceprediction:BitTorrent(BTT)は2025年に0.015〜0.18ドル、2030年に0.11ドルになる可能性がある
  3. WalletInverstor:BitTorrent(BTT)は2026年に0.226ドルになる可能性がある

それぞれの見通しについて解説していきたいと思います。

Capitalcoin:BitTorrent(BTT)は2025年に0.02-0.2ドル、2030年に0.2ドル以上になる可能性がある

captainaltcoinはBitTorrent(BTT)がサービスとして価値を発揮しないと考えており、長期的にBitTorrent(BTT)が仮想通貨市場に残らないと考えています。

ただ、仮にBitTorrent(BTT)が市場に残った場合、2025年にはトークンは現在価値の10〜100倍(トークンあたり0.02ドルから0.20ドル)になると予測しています。

また、BitTorrent(BTT)が2030年まで市場に残った場合はトークンは現在価値の100倍以上となる(トークンあたり0.20ドル以上になる)と予測しています。

Priceprediction:BitTorrent(BTT)は2025年に0.015-0.18ドル、2030年に0.11ドルになる可能性がある

PricepredectionによるとBitTorrent(BTT)の価格はその需要が増加するにしたがって上昇し続け、2025年に0.015ドル-0.018ドルに到達し、平均価格は0.016ドルになると予想しています。

また、2030年には0.11-0.13ドルに到達し、平均予測価格は0.11ドルになると予測しています。

WalletInverstor:BitTorrent(BTT)は2026年に0.226ドルになる可能性がある

WalletInvestorはテクニカル分析を実施した結果、BitTorrent(BTT)が非常に投資する価値があるとしています。

BitTorrent(BTT)は5年間の投資で収益は約630.21%になり、2026年には0.0226ドルになると予測しています

概ね上昇するとの予測が多いですが、一部の予想ではサービス面で魅力がないために仮想通貨市場での人気が落ちていくと考えている予測もありました。

BitTorrent(BTT)を入手する場合は、サービスをしっかり確認してから取引するようにしましょう。

BitTorrent(BTT)を購入する場合は国内取引所でBitTorrent(BTT)の取引ペアとなるビットコインやイーサリアムを購入する必要があります。

国内取引所はコインチェックが最適です。

コインチェックは5分で登録ができる上、オンラインでアカウント作成が完了するため、すぐに取引を行うことが可能です。

すぐにBitTorrent(BTT)を取引したい方は是非コインチェックをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

仮想通貨BitTorrent(BTT)の買い方・購入方法

次にBitTorrent(BTT)の購入方法を説明します。

BitTorrent(BTT)は国内取引所での取り扱いがありません。

そのため、国内取引所でBitTorrent(BTT)と取引ペアとなっている仮想通貨を購入したのち、海外取引所でBitTorrent(BTT)を購入する必要があります。

購入手順は以下のとおりです。

BitTorrent(BTT)の購入手順
  1. 国内取引所で仮想通貨を購入する
  2. 国内取引所で購入した仮想通貨を海外取引所に送金する
  3. 海外取引所でBitTorrent(BTT)を購入する

国内取引所で仮想通貨を購入する

まず初めに国内取引所でBitTorrent(BTT)と取引ペアとなっている仮想通貨を購入します。

BitTorrent(BTT)と取引ペアとなっている仮想通貨はビットコインイーサリアムテザーコインがほとんどです。

国内取引所で購入できるのはビットコインとイーサリアムなのでビットコインかイーサリアムのを用意しておくと良いでしょう。

国内取引所で購入した仮想通貨を海外取引所に送金する

次に、国内取引所で購入した仮想通貨を海外取引所に送金します。

BitTorrent(BTT)を取り扱っている主要な取引所は次のとおりです。

主要な取引所
  • Huobi Global
  • Kucoin
  • HitBTC
  • OKEx
  • BitMax
  • CoinEx
  • Poloniexなど

BitTorrent(BTT)を取り扱っている海外取引所は複数存在しますが、使いやすさや安全性などを確かめ、自分にとって便利な取引所を選ぶようにしましょう。

※海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないので利用には十分注意してください。

海外取引所でBitTorrent(BTT)を購入する

最後に送金したビットコインやイーサリアムでBitTorrent(BTT)を入手します。

これでBitTorrent(BTT)の保有は完了です。

国内取引所の利用はコインチェックが最適です。

コインチェックはビットコインで電気料金の支払いが可能な「ビットコインでんき」や貸仮想通貨サービスである「ビットコインレンディング」を行っています。

そのため、BitTorrent(BTT)を入手しない場合でも仮想通貨の取引に挑戦することが可能です。

まずは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

仮想通貨取引するならコインチェック

コインチェック 新サムネイル

仮想通貨を購入する際はコインチェックの利用が最適です。

コインチェックは19種類のコインを取り扱っています。

BitTorrent(BTT)を購入してみたいけれど海外取引所を使うのには不安や躊躇いがある場合はコインチェックで気になるアルトコインを探して購入してみてはいかがでしょうか。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

仮想通貨BitTorrent(BTT)のまとめ

BitTorrent(BTT)はファイルストレージの共有や構成なコンテンツの共有などを目指してブロックチェーン上にプラットフォームを構築するプロジェクトです。

BitTorrent(BTT)について次のように簡単にまとめてみました。

BitTorrent(BTT)のまとめ
  • コンテンツの共有やファイルストレージの共有をブロックチェーン上で実施し、より早く公正にコンテンツの取引が行われることを目指している
  • TRONFoundationの子会社であり、TRONブロックチェーン上で運用されている
  • サービスリリースや開発の進捗の公表などに価格が強く影響されてきている
  • 今後はサービスの開発状況や企業との提携、TRONの動きに影響され、上向きに価格が動くと考えられる
  • 入手の際は国内取引所でBitTorrent(BTT)と取引ペアとなっているビットコインやイーサリアムを保有した上で海外取引所でBitTorrent(BTT)を取引すべき

BitTorrent(BTT)はまだ開発段階にあり、サービスもリリースされたばかりのものが多いです。

今後親会社のTRONと協力したサービス展開や用途の拡大、企業提携動向に期待が集まります。

今後も目が離せない仮想通貨です。

BitTorrent(BTT)の購入には国内取引所の利用が欠かせませんが、国内取引所はコインチェックが最適です。

コインチェックは電話の問い合わせ窓口があるなど、利用者への手厚いサポートがあります。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

目次
閉じる