コインチェック(Coincheck)のNFTマーケットとは?始め方や使い方を解説!

nftマーケット

今回は2021年3月24日から始まったコインチェック(Coincheck)のNFTマーケットについて詳しく解説してます。

より詳しくコインチェック(Coincheck)のNFTマーケットに知りたいという方は、是非この記事を最後まで読んでみてください。

この記事の要点
  • 2つのタイトルのみのNFTがマーケットにて売買可能
  • コインチェックのアカウントが必須
  • 追加でKYCをする必要や書類を用意する必要がない
  • 4月24日まで最大1,500円分のETHがもらえるキャンペーン中

コインチェック(Coincheck)ではついにNFTが国内で売買できるマーケットを開始しました。

ユーザー数をかなり抱えている取引所がマーケットを開くということで注目されるのは間違いないですね。

コインチェックのアカウントを保有している方は、すぐに売買を始めることが可能ですので是非取引をしてみてください。

目次

コインチェックがNFTマーケットをリリース

コインチェックのNFT画像

コインチェックでは2021年3月24日よりNFTマーケット(β版)がリリースされました。

これによって、コインチェックアカウントを保有している方は、国内の安全なマーケットにてNFTの売買が可能になったと言えます。

以前までは保証されていない海外のマーケットを利用してNFTの売買を行う必要がありましたが、安全に顧客の資産を保護しているコインチェックでNFT売買が可能になったことでセキュリティの上、安心してNFTの取引ができます。

公開直後はThe Sand BoxとCrypto Spellsの2つのタイトルしかNFTの売買が提供されていませんが、今後タイトルが増えるようになると国内最大規模の市場になると予想されています。

NFTの流動性が上がることによって、現在提供されているNFTコンテンツの価値も上がっていくと推測できますので是非NFT投資をコインチェックでスタートさせてみてください。

コインチェックのNFTマーケットの特徴

次にコインチェックのNFTマーケットの特徴を解説していきます。

これから利用を検討している方は、是非チェックしてみてください。

GAS代金が無料で出品及び購入が可能

コインチェックのNFTマーケットでは出品及び購入にかかるGAS代が原則発生しません。

これはかなり重要なポイントで、イーサリアムで構成されているプラットフォームでは主にGAS代が問題視されていました。

イーサリアムの価格の高騰によって、GAS代も高騰していたからですね。

しかし、コインチェックではGAS代が発生しませんので、誰でも気軽にNFTを出品できるようになります。

海外のNFT市場で新しく出品するとなると、2021年3月時点で50ドルほどのGAS代が発生するので、これが無料なのは大きな利点です。

15種類の仮想通貨を使って取引ができる

基本的にNFTではイーサリアム(ETH)を使って売買が行われますが、コインチェックでは15種類の仮想通貨を使って売買をすることができます。

NFTマーケットに対応している通貨
  • BTC
  • ETH
  • LSK
  • XRP
  • XEM
  • LTC
  • BCH
  • MONA
  • XLM
  • QTUM
  • BAT
  • IOST
  • ENJ
  • OMG
  • PLT

豊富な通貨数に対応しているコインチェックだからこそ、これだけの通貨に対応して売買ができるということですね。

コインチェックのアカウント持っている方はすぐに利用可能

今回のNFTマーケットを始めるのに特別な書類や新しくKYCをする必要はありません。

コインチェックのアカウントを保有している方であれば誰でも始めることができます。

現在はβ版ということで対応しているデバイスは、コインチェックWEB版とコインチェックアプリのAndroid版のみになります。

IOS版は対応していませんので、IOSユーザーという方はコインチェックのWEB版から取引を始めていきましょう。

\ 2500円分のBTCもらえる /

コインチェックNFTマーケットの始め方

それではコインチェックのNFTマーケットの始め方を解説していきます。

これから始める方は是非こちらを参考にしてみてください。

コインチェックのアカウントを開設する

コインチェック

まずはコインチェックの公式サイトより新規アカウントを開設します。(※既にアカウントを保有している方は、開設する必要はありません。)

その後メールアドレスとパスワードを設定する画面がありますので、そちらに入力します。

コインチェック

これで仮登録が完了いたしましたので、より詳しい情報を本登録画面より入力をし本人確認まで完了させてください。

※必ず本人確認までを当日中に行わないと、口座開設の完了まで時間がかかるので注意してください。

コインチェックアカウントへ入金し、仮想通貨を購入する

コインチェックのアカウントが開設したら、次にアカウントへ入金していきましょう。

入金額は少なくても問題ありませんので、最初は少額から始めてみることをおすすめします。

入金方法
  • 銀行振込
  • コンビニ入金

入金方法は主に銀行振込とコンビニ入金が用意されていますので、好きな方法を使って入金してみてください。

より手軽に入金を済ませいたいという方であれば、コンビニ入金が最適です。

入金が反映されましたら、次に現物の仮想通貨を購入してみましょう。

おすすめ通貨
  • イーサリアム(ETH)
  • IOST

NFTの売買におすすめな通貨は主にイーサリアム(ETH)かIOSTです。

これはほとんどの出品者が上記2つの通貨でしか受け取りを許可していないため、売買するにはそれらの通貨を用意する必要があります。

そのためNFT売買を始めるという方であれば、イーサリアム(ETH)かIOSTを購入していきましょう。

NFTマーケットでNFTを売買する

現物の仮想通貨が用意できましたら、いよいよNFTマーケットでの売買を始めることができます。

コインチェックのNFT画像3

コインチェック(Coincheck)のWEB版のトップページのサイドバーに「Coincheck NFT」という場所がありますので、クリックしてください。

そうするとNFTマーケットのトップへ移動することができます。

コインチェックのNFT画像1

ここでタイトルが表示されると思いますが、これは現在コインチェックで対応しているNFTの種類です。

現在はCrypto SpellsとThe SandBoxのみが対応されています。

コインチェックのNFT画像4

このように新着順にNFTが並びますので自分が売買したいNFTを選んでください。

選択すると購入できる画面に遷移しますので確定しましょう。

コインチェックのNFT画像5

これでNFTの購入が完了しました。

同じようにNFTでは購入の他にも出品も可能なので、購入したNFTを転売するということもできます。

このNFTは新しいマーケットであることは間違いないので、是非NFTへの投資を始めてみてください。

コインチェックのイーサリアム(ETH)がもらえるキャンペーン

キャンペーン

現在コインチェックではイーサリアム(ETH)が1,500円分が無料で獲得できるキャンペーンを実施しています。

NFTの出品数(入庫)に応じて付与されるようになっています。

出品数賞品
1個300円分のETH
2個600円分のETH
3個900円分のETH
4個1,200円分のETH
5個1,500円分のETH

このように出品数を増やせば付与されるETHも多くなりますので、NFTを既に保有している方や流動性を提供できる方は是非この機会に出品してみてください。

コインチェックのNFTマーケットまとめ

コインチェックの公式サイト-1

今回はコインチェックのNFTマーケットについて詳しく解説をしていきました。

NFTは2021年になってから急激に伸びてきた市場ですので、今後のコインチェックでのNFTにも注目していきたいですね。

この記事のまとめ
  • 2021年3月24日よりNFTマーケットがスタート
  • 現在は2つのタイトルのみ対応中
  • 今後対応タイトルが増えるとなると、国内最大級の市場になる可能性
  • キャンペーンで1,500円分のETHがもらえる!

現在出品されているNFTが1年後には10倍の価格で取引されているということも起こり得るのが仮想通貨の世界です。

機会損失を起こさないように今のうちに、NFTについて調べて投資機会を探していきましょう。

Invest Naviでは「NFTとは?始め方について解説」や「NFTおすすめ銘柄ランキング」の記事にてNFT市場について解説しているので合わせてチェックしてみてください。

コインチェックの公式サイトよりアカウントを開設した方は今日から、NFT売買を始めることが可能です。

是非今日から新しいマーケットに挑戦していきましょう。

目次
閉じる