仮想通貨ENS(イーサリアム・ネーム・サービス)とは?今後の見通しや予想、買い方を徹底解説!

Ethereum Name Service (ENS)というサービスが、2021年11月に大規模なエアドロップを実施したことで話題となりました。

Ethereum Name Service (ENS)はブロックチェーンベースのアドレスネーミングサービスです。

今回はEthereum Name Service (ENS)の特徴や価格の動向について説明します。

Ethereum Name Service (ENS)に興味がある方、購入してみたい方はぜひ本記事を参考にしてみて下さい。

この記事の概要
  • Ethereum Name Service (ENS)はWeb3.0のDNSサービスであり、ウォレットアドレスを短縮することやアドレスにイーサリアムブロックチェーンを紐づけることが可能
  • DAOコミュニティによって開発されており、11月にエアドロップを実施している
  • 11月にリリースされており、40ドルから70ドル前後で価格が推移している
  • 今後はイーサリアムの普及や取引所への上場に応じて価格が上昇することが予想される
  • 海外取引所のみでの取り扱いのため、コインチェックなどの国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、海外取引所に送金してEthereum Name Service (ENS)を入手するとスムーズ

Ethereum Name Service (ENS)を購入する場合は国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入することを購入し、海外取引所に送金するとスムーズです。

ビットコインやイーサリアムを国内取引所で購入する場合は安心安全に仮想通貨を購入することができるコインチェックが最適です。

コインチェックは2014年から取引所を運営しており、長期で培った取引所運営ノウハウを生かして利用者に使いやすい取引所を運営しています。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次

Ethereum Name Service (ENS)とは

仮想通貨名Ethereum Name Service (ENS)
シンボルENS
仮想通貨価格¥2,073.91(2022年9月時点)
時価総額¥41,985,949,860(2022年9月時点)
市場ランキング110位
取引所取り扱い国内取引所の取り扱いなし
公式サイトhttps://ens.domains/ja/
値は2022年9月現在

Ethereum Name Service (ENS)はイーサリアムブロックチェーンを基盤とするネーミングサービスです。

通常42桁にもなる口座などのアドレスを3ー6文字程度の短いアドレスとして変換・設定することができます。

DAO形式のコミュニティによって運営されており、2021年11月に大規模なエアドロップを実施したことでも有名です。

Ethereum Name Service (ENS)は国内取引所には上場してませんが今後国内取引所に上場する可能性があります。

Ethereum Name Service (ENS)を国内取引所で購入したい場合はコインチェックをチェックしてみましょう。

コインチェックは取引所デザインが見やすく使いやすいため、初めてでもすぐに使いこなすことができるでしょう。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Ethereum Name Service (ENS)の特徴

Ethereum Name Service (ENS)はどのような特徴を持ったプロジェクトなのでしょうか。

Ethereum Name Service (ENS)の特徴をポイントを挙げて説明していきます。

DNSのWeb3.0版である

Ethereum Name Service (ENS)はDNSのWeb3.0バージョンであるといわれています。DNSはドメインネームサービスの略です。

仮想通貨のウォレットの口座などには通常”0xAb5801a7D398351b8bE11C439e05C5B3259aeC9B”というような「0X‥‥」から始まる42桁の識別子が付与されています。

仮想通貨の送金や決済ではこの42桁のアドレスが利用されていますが、この42桁の英数字は覚えにくい上、間違ってしまう可能性があります。

Ethereum Name Service (ENS)は、42桁のアドレスの代わりに「alice.eth」のような人間が読みやすい文字列を、イーサリアムアドレス、他の暗号通貨アドレス、コンテンツハッシュ、メタデータなどの機械が読める識別子に付与することを実現しました。

Ethereum Name Service (ENS)の利用者は、任意の文字列+”.eth”のアドレスを購入・レンタルすることが可能です。

また、正規名やインターフェイスの説明などのメタデータをイーサリアムアドレスに関連付けることも可能です。

初期はオークションでアドレスを提供していた

Ethereum Name Service (ENS)はリリース初期、オークション形式でアドレスを提供していました。

「.eth」は複数の暗号通貨アドレス、ハッシュ、およびその他の情報に付けることができます。

現在はオークション形式ではなく、簡単に名前を購入し、年単位で借りることができるようになりました。

料金は、借りたい名前の長さによって異なります。

現在アドレスはこちらのサイトで検索し、レンタルすることが可能です。

2つのスマートコントラクトにサポートされている

Ethereum Name Service (ENS)は2つのイーサリアムスマートコントラクトに基づいて構築されています。

1つ目のスマートコントラクトはENSレジストリです。

ENSレジストリは、ENSに登録されているすべてのドメインを記録し、各ドメインに関する3つの重要な情報(ドメインの所有者、ドメインのリゾルバー、およびドメインの下のすべてのレコードのキャッシュ時間)を格納します。

2つ目のスマートコントラクトはリゾルバーです。

これは、ドメイン名を機械可読アドレスに、変換するスマートコントラクトであり、各ドメインを対応するユーザー、Webサイト、またはアドレスに一致させる機能を保有しています。

DAOが運営している

ENSは、「コミュニティに属するオープンな公益事業」としてDAOによって運営されています。

ENS DAOは、2021年11月9日に開始し、開始と同時にENSトークンの供給全体の25%をENS保有者に対してエアドロップしました。

ENSのDAOは完全インターネットドメインをENSに統合することを目指しています。

ENSは特に初心者にとってブロックチェーンと暗号の世界を初心者にとって非常にアクセスしやすくするため、Web3.0の世界にとって必須の機能になると考えられています。

Ethereum Name Service (ENS)は海外取引所のみの取扱のため、購入したい場合は国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、国内取引所でEthereum Name Service (ENS)を購入することがおすすめです。

国内取引所はアプリが使いやすく国内ダウンロード数が国内随一のコインチェックが最適です。

コインチェックはアプリが使いやすく評判であり、出先でもビットコインやイーサリアムを購入することができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Ethereum Name Service (ENS)の価格の動向

Ethereum Name Service (ENS)は現在どのような価格の動向となっているのでしょうか。

Ethereum Name Service (ENS)の現在の価格を見てみましょう。

Ethereum Name Service (ENS)の価格の動向
引用元:Trading Viewの提供チャート

11月に上場したEthereum Name Service (ENS)は一度価格が下落しますが、12月に急上昇しています。

その後は年末年始にかけて価格が落ち着き、現在は14ドル程度で推移しています。

Ethereum Name Service (ENS)を購入する場合は国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、海外取引所に送金してEthereum Name Service (ENS)を購入するのがスムーズです。

国内取引所を初めて利用する方にはコインチェックが最適です。

コインチェックは電話での問い合わせにも対応しているため、困った時は電話で問い合わせをすることができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Ethereum Name Service (ENS)の将来の価格の予測・見通し

Ethereum Name Service (ENS)の将来どのように価格が動くのでしょうか。

現時点での価格の予測・見通しをポイントを挙げて説明していきます。

Ethereum Name Service (ENS)の将来の価格の予測・見通し
  • イーサリアムの普及に伴って価格が上昇する
  • Ethereum Name Service (ENS)のサービスの普及にしたがって価格が上昇する
  • 仮想通貨取引所への上場に従って価格が上昇する

イーサリアムの普及に伴って価格が上昇する

Ethereum Name Service (ENS)はイーサリアムに伴うサービスであるため、イーサリアムの需要が増加し、価格が上昇するとそれに伴って価格が上昇することが予想されます。

今後イーサリアムはNFTなどのサービスの普及拡大に従ってますます価格が上昇することが予想されるため、Ethereum Name Service (ENS)も伴って価格が上昇するでしょう。

Ethereum Name Service (ENS)のサービスの普及にしたがって価格が上昇する

Ethereum Name Service (ENS)はイーサリアムのアドレスを.ethに変換することができる画期的なサービスのため、今後知名度が上昇することや有名企業が積極的に使用することでますます価格が上昇すると考えられます。

また、.ethの二次流通市場が活発化することも価格上昇の要因の一つであることが予測されます。

仮想通貨取引所への上場に従って価格が上昇する

現在Ethereum Name Service (ENS)は複数の仮想通貨取引所に上場していますが、今後日本国内を含む様々な取引所への上場が進む可能性もあります。

取引所への上場は取引量が増えることや購入機会が増加することから価格が上昇します。

加えて取引所に上場するということはその仮想通貨が取引所の審査をクリアしたことを示すため、信頼性が高い仮想通貨であるとして人気が高まります。

Ethereum Name Service (ENS)は国内取引所の利用が無いため、購入の際は国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、海外取引所に送金して購入するのがおすすめです。

国内取引所の利用では、お得に購入することができるコインチェックが最適です。

コインチェックは取引手数料が無料のため、コストを気にせず気軽に取引することが可能です。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Ethereum Name Service (ENS)が購入できる取引所

Ethereum Name Service (ENS)が購入できる主要な取引所はどのような取引所でしょうか。

ENSが購入できる主要な取引所の一覧は次の通りです。

Ethereum Name Service (ENS)が購入できる主要な取引所
  • Binance
  • Gate.io
  • Coinbase Exchange
  • OKEx
  • Huobi
  • Kucoin

※海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないので利用には十分注意してください。

海外取引所は取引所によって取扱通貨や使いやすさが異なるので購入の際は自分に合った取引所を選択することをおすすめします。

海外取引所でENSを購入することにためらいがある方はまずは国内取引所でアルトコインを購入することから始めてみてはいかがでしょうか。

コインチェックは17種類の仮想通貨を取り扱っており、様々なアルトコインの購入に挑戦することが可能です。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Ethereum Name Service (ENS)の購入手順

Ethereum Name Service (ENS)はどのように購入することができるのでしょうか。

Ethereum Name Service (ENS)の購入手順は次の通りになります。

国内仮想通貨取引所でビットコインやイーサリアムを購入する

まず国内仮想通貨取引所でビットコインやイーサリアムを購入しましょう。国内取引所はデザイン性が高く、使いやすいコインチェックがおすすめです。

コインチェックはこちらからアクセスし、「会員登録」ボタンを押しましょう。

会員登録にはメールアドレスの登録などが必要となります。

画面に表示される指示に従って、メールアドレスを登録していきます。

メールアドレスを登録して会員登録を終了した後は取引が可能な口座の設定を行います。

口座の設定では各種重要事項の確認や本人確認書類の提出が必要となります。

本人確認書類の提出では、次の書類の提出しましょう。

必要な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

口座を解説したら、ビットコインやイーサリアムを購入しましょう。

購入ページに移動して日本円で購入します。

ビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金する

次に、国内仮想通貨取引所で購入したビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金します。

海外取引所に送金する場合は海外取引所のウォレットアドレスに対する送金手続きを国内取引所で行います。

国内取引所の送金ページに移動し、ウォレットアドレスを登録して送金しましょう。

送金アドレスを間違えると仮想通貨が届かずに失われてしまうことがあるので十分に気をつけてください。

海外取引所でUSDTを購入する

海外取引所に送金したビットコインやイーサリアムでUSDTを購入しましょう。

Binanceなどの海外取引所ではEthereum Name Service (ENS)をビットコインでも購入することができるため、Binanceを利用される方はビットコインで購入することも可能です。

海外取引所でEthereum Name Service (ENS)を購入する

最後にUSDTでEthereum Name Service (ENS)を購入します。

これでEthereum Name Service (ENS)の購入は完了です。

海外取引所を利用することにためらいがある方は国内取引所でアルトコインの購入や関連サービスを利用することから始めてはいかがでしょうか。

国内取引所の利用では、アルトコインの取引だけでなく、ビットコイン決済やレンディングなど様々な仮想通貨関連サービスを提供しているコインチェックが最適です。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Ethereum Name Service (ENS)のまとめ

今回はEthereum Name Service (ENS)について特徴や価格の予想をまとめました。

記事で解説した内容を以下に簡単にまとめましたので参考にしてみてください。

Ethereum Name Service (ENS)のまとめ
  • Ethereum Name Service (ENS)はWeb3.0のDNSサービスであり、ウォレットアドレスを短縮することやアドレスにイーサリアムブロックチェーンを紐づけることが可能
  • DAOコミュニティによって開発されており、11月にエアドロップを実施している
  • 11月にリリースされており、40ドルから70ドル前後で価格が推移している
  • 今後はイーサリアムの普及や取引所への上場に応じて価格が上昇することが予想される

Ethereum Name Service (ENS)は国内取引所での取り扱いがありませんので購入してみたい方は国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、海外取引所で購入するのが最適です。

国内取引所の利用はコインチェックをチェックしてみましょう。

コインチェックは国内取引所の中でも特に取引量が多いために流動性が高く、お得なタイミングで仮想通貨を購入することが可能です。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる