【大注目】Web3.0とは?おすすめのWeb3.0仮想通貨銘柄や選び方を徹底解説

当サイトの運営ポリシー
コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。なお、InvestNaviでは、金融庁HPを参照し、金融庁の暗号資産交換業者登録一覧を紹介しております。また、ページにはプロモーションが含まれているものがあります。
監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

現在、Webの世界は既存の大企業が支配する中央集権的な構造から大きく変革しようとしている真っ最中です。

そして、そんなWeb3.0に関係し一攫千金の種となるかもしれないWeb3.0銘柄が存在し、売買されています。

今回はそんなWeb3.0銘柄の種類や特徴、買い方などを解説してみました。

Web3.0銘柄に投資してみたいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事の概要
  • Web3.0銘柄は分散型のインターネットの構築を目指すWeb3.0世代におけるプロジェクトのトークン銘柄
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)やJASMY(ジャスミー)、FIL(ファイルコイン)など様々な種類があるため、上場している取引所や開発過程などを調べて選択するべき
  • 今後は個人情報の保護や言論の自由への注目の高まりや親和性の高いメタバースやNFTの拡大に関連して拡大する可能性がある
  • まずは国内取引所のコインチェックDMM BitcoinでWeb3.0銘柄を入手してみよう。

Web3.0銘柄の購入は国内最大手の仮想通貨取引所の一つであるコインチェックが最適です。

コインチェックは2014年から取引所の運営を実施しており、豊富なノウハウを生かして効率的かつわかりやすい取引所を提供しています。

また、本記事で紹介しているBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いもありますので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

また、「Web3.0銘柄」についてはビッコレTVで非常にわかりやすく解説されていますので「動画でサクッと学んでみたい…!」という方はぜひこの機会にチェックしてみてください。

目次

Web3.0とは

Web3.0とはどのような意味なのでしょうか。

Web3.0という話の前に前提としてまず「Webの世代」の概念について説明します。

Webの世代にはWeb1.0世代、Web2.0世代、Web3.0世代の3つの世代が存在します。

この三つの世代の区分方法には様々な意見や議論がありますが、ここでは一例をご紹介します。

また、「Web3.0」についてはビッコレTVで非常にわかりやすく解説されていますので気になる方はぜひチェックしてみてください。

Web1.0世代とは

Web1.0世代はWWW(ワールドワイドウェブ)が発明されて以降の1989年から2000年代初頭の期間のWebの黎明期を指します。

この時期のWebはシンプルな文字ベースであり、かつ基本的には一方的な情報発信および受信に限られました。

接続方法も「ダイヤルアップ」と呼ばれる電話回線を利用したもので現在の通信よりもはるかに低速なことに加え、インターネット使用時は電話が使えないなどの問題がありました。

加えて、世界的な認知も非常に低いことも特徴の一つです。

Web2.0世代とは

Web2.0とは、GAFAMをなどの「テックジャイアント」と呼ばれる巨大IT企業たちがインターネットに大きな影響を与えている、2000年代中盤から現在にかけてのWebのことです。

Web2.0では通信状態や回線速度が大きく改良され、革命がおきました。

安定性が高く、早くて低価格の回線によってより多くの時間をインターネットに利用するようになりました。

インターネットは世界中の人が相互に利用することができるようになり、SNSやクラウドサービスが発展しました。

しかし、発展したSNSやクラウドサービスを提供する大企業に様々な情報が集中し、プライバーの侵害や言論の自由が迫害されるなどの問題が生まれました。

Web3.0世代とは

そして、Web2.0世代の次の世界として生まれ始めているのがWeb3.0世代です。

Web3.0世代はブロックチェーンなどの分散型のネットワークを基礎とした非中央集権的なWebです。

分散型ブロックチェーンを活用することでWeb2.0世代の中央集権による課題を解決しうる新しい世界と考えられています。

Web3.0世代の主な特徴は次の通りです。

Web3.0世代では、中央集権から脱し、個人の意思や情報が守られやすくなることが期待されています。

Web3.0世代の主な特徴
  • 個人情報を自分で管理することができるようになる
  • 大企業によるマージンの搾取が無くなる
  • 言論の自由やプライバシーが保護されやすくなる
  • ブロックチェーンを利用することによりセキュリティが向上する

Web3.0銘柄は海外取引所での取り扱いが多いため、購入の際は国内取引所でWeb3.0銘柄の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して海外取引所で購入することも可能です。

取引ペアを購入するための国内取引所はコインチェックが最適です

また、BATの取扱いもあるので「海外取引所の利用は怖いな…」という方でも安心してWeb3.0銘柄の取引ができるでしょう。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

Web3.0銘柄の選び方

Web3.0銘柄はどのように選べばよいのでしょうか。

ここではWeb3.0銘柄の選び方をポイントを挙げて説明します。

メタバースやNFTなどの最新テクノロジー技術との親和性が高い

メタバースやNFTなどの最新テクノロジーとの親和性が高いWeb3.0銘柄はおすすめです。

メタバースやNFTはWeb3.0の考え方で構築されているものも多く、今後よりWeb3.0技術や世界観と関わりが深くなっていくと考えられます。

そのため、メタバースやNFT関連企業からの出資を受けていることやプロジェクトの中で関連した取り組みを行うことを表明しているWeb3.0銘柄は今後メタバースやNFTの成長に影響を受けて成長する可能性があり、おすすめです。

開発が順調に進んでいる

開発が順調に進んでいるWeb3.0銘柄もおすすめです。

仮想通貨プロジェクトは大抵ホワイトペーパーという企画書やロードマップを公開しています。

その企画書やロードマップに沿って順調に開発がおこなわれている場合、信用性が高く、技術力もあるプロジェクトであると言えるでしょう。

有名取引所に上場している

有名取引所に上場しているWeb3.0銘柄も最適です。

大規模な有名取引所に上場している場合は、購入しやすいだけでなく、信頼性が高い取引所であると言えるでしょう。

取引所に上場するということは取引所の審査を通っているということであり、一定以上信用できる仮想通貨であると言えるのでおすすめです。

例えば、大手国内仮想通貨取引所であるコインチェックではBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いがあります。

また、海外取引所でWeb3.0銘柄を購入してみたいという方もまずはコインチェックでビットコインなどを入手し、それを送金して入手することもできます。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

おすすめのWeb3.0銘柄10選一覧

Web3.0銘柄は複数の種類が存在しますが、どの銘柄を購入すれば良いのでしょうか。

代表的、かつおすすめのWeb3.0銘柄を10個挙げてみました。

スクロールできます
通貨名現在価格時価総額市場ランキング購入できる取引所
BAT(ベーシックアテンショントークン)¥37.44¥55,588,162,34994位コインチェックなど
DOT(ポルカドット)¥838.49¥984,023,899,76811位ビットフライヤーなど
FIL(ファイルコイン)¥735.27¥303,368,048,22329位Binance、HitBTCなど
ICP(インターネットコンピューター)¥652.37¥194,743,707,42940位Binance、HitBTCなど
JMY(ジャスミー)¥0.6758¥32,149,797,900144位ビットポイントなど
ENS(イーサリアムネームサービス)¥1,748.22¥35,395,543,685136位Binance、Gate.ioなど
MASK(マスクネットワーク)¥727.23¥53,912,240,61599位Binance、Gate.ioなど
BTT(ビットトレント)¥0.00008238¥78,390,714,29978位HitBTC、Kucoinなど
KSM(クサマ)¥4,444.33¥37,658,376,865125位Binance、Gate.ioなど
GRT(グラフ)¥19.24¥171,209,864,35142位Binance、Gate.ioなど
値は2023年10月現在のもの

次からは、これらの銘柄についてわかりやすく解説していきたいと思います。

おすすめのWeb3.0銘柄

ここではおすすめのweb3.0銘柄についてそれぞれ詳しく解説していきたいと思います。

BAT(ベーシックアテンショントークン)

発行上限15億枚
価格¥37.44
(2023年10月現在)
時価総額¥55,588,162,349
(2023年10月現在)
時価総額ランキング94位(2023年10月現在)
発行できる主な取引所Binance、Coinbaseなど
公式サイトhttps://basicattentiontoken.org/

特徴

BAT(ベーシックアテンショントークン)は専用のWebブラウザを提供するブロックチェーンプロジェクトです。

BAT(ベーシックアテンショントークン)が提供するWebブラウザは通常ブラウザに表示される広告表示の有無や量を自分で制限することが可能です。

また、広告を視聴した場合は、報酬を得ることもできます。

得た報酬はコンテンツへの投げ銭に使用可能など、多様なBAT経済圏が構築されています。

価格の動向

引用元:TradingViewの提供チャート

BAT(ベーシックアテンショントークン)は11月から価格が上昇し、12月になって価格が下落する動きとなっています。

11月は全体的にアルトコインを中心とした仮想通貨市場に資金が流れ、アルトコイン全体の価格が上昇したことによってBAT(ベーシックアテンショントークン)の価格も上昇したことが考えられます。

今後が期待されている通貨ですので、価格の動向に注目していきたいですね。

BATはCoincheckで購入することができますので、BATに投資して見たいという方はぜひこの機会に口座開設を行ってみてください。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

DOT(ポルカドット)

発行上限10億7,000万枚
価格¥838.49
(2023年10月現在)
時価総額¥984,023,899,768
(2023年10月現在)
時価総額ランキング11位(2023年10月現在)
発行できる主な取引所コインチェックなど
公式サイトhttps://polkadot.network/

特徴

DOT(ポルカドット)はスイスの「Web3 Foundation」という財団が開発した仮想通貨です。

パラチェーンという複数のチェーンでトランザクションを処理する並列型ブロックチェーンを活用しており、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決することができます。

また、セキュリティシステムをプールすることで接続するだけで簡単にブロックチェーンを利用することができるなど、セキュリティレベルや利便性が高い構造となっています。

価格の動向

引用元:TradingViewの提供チャート

DOT(ポルカドット)は11月から12月にかけて価格が大きく下落する傾向にあります。

アルトコイン市場は11月は大きく価格が上昇しましたが、12月になって新型コロナウィルスの新型に対する社会不安が浸透したことによる世界的な株安の影響を受けて価格が下落する傾向にあります。

DOT(ポルカドット)もその影響を受けて価格が下落したことが考えられます。

DOTはコインチェックrで購入することができます。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

FIL(ファイルコイン)

発行上限なし
価格¥735.27
(2023年10月現在)
時価総額¥303,368,048,223
(2023年10月現在)
時価総額ランキング29位(2023年10月現在)
発行できる主な取引所Binance、HitBTCなど
公式サイトhttps://filecoin.io/

特徴

FIL(ファイルコイン)は「IPFS(InterPlanetary File System)」という分散型のP2Pデータプラットフォームサービスを提供しています。

データを分散化してp2pのネットワークにデータを保存することで従来データセンターやディスクなどの中央集権的で物理的な保存手段に依存していたデータ保存を分散管理することを目指しています。

これにより、セキュリティの向上などを期待することが可能です。

価格の動向

引用元:TradingViewの提供チャート

FIL(ファイルコイン)は11月から12月にかけて価格が下落する傾向にあります。

FIL(ファイルコイン)も他の仮想通貨と同様に、12月にかけて起きた、世界的な株安の影響を受けて価格が下落したことが考えられます。

しかし、過去には急激な上昇を見せている銘柄でもあり今後の動向に注目が集まっています。

ICP(インターネットコンピューター)

発行上限469,213,678枚
価格¥652.37
(2023年10月現在)
時価総額¥194,743,707,429
(2023年10月現在)
時価総額ランキング40位(2023年10月現在)
発行できる主な取引所Binance、HitBTCなど
公式サイトhttps://dfinity.org/

特徴

ICP(インターネットコンピューター)は分散型のクラウドサービスプラットフォームの構築を目指しています

ICP(インターネットコンピューター)はAWSやGoogleクラウドなどの既存のクラウドサービスのようなクラウドサービスをブロックチェーン上に構築し、安定的で無制限にサービスを利用することができます。

ブロックチェーン上にサービスを構築して分散化すること従来のクラウドサービスで搾取されていた管理費や手数料の削減、セキュリティの向上が期待されています。

価格の動向

引用元:TradingViewの提供チャート

ICP(インターネットコンピューター)も他のWeb3.0銘柄の動きと同様に、12月にかけて下落する傾向が見られまています。

Web3.0銘柄は上場したばかりでまだ開発が進んでいないものも多く、仮想通貨や株式市場の動きに影響を受けやすいというのも特徴の一つと言えるでしょう。

しかし、今後Web3.0はますます主流になっていくと考えられており、それに関連する仮想通貨銘柄の動向にも注目が集まっています。

JASMY(ジャスミー)

発行上限500億枚
価格¥0.6758
(2023年10月現在)
時価総額¥32,149,797,900
(2023年10月現在)
時価総額ランキング144位(2023年10月現在)
発行できる主な取引所ビットポイントなど
公式サイトhttps://www.jasmy.co.jp/en.html

特徴

JMY(ジャスミー)はデータの民主化を目指し、IoT技術とブロックチェーン技術を組み合わせて構築されたプロトコルです。

「データの民主化」は、個人情報を本来持つべき個人に還元し、安心・安全(セキュア)に分散管理を行うということです。

Jasmy IoT プラットフォームというプラットフォームを通すことにより、個人のデータを分散化し、データを安心・安全に交換したり、管理することが可能です。

また、SKCとSGと呼ばれる独自のコアサービスを提供していることも大きな特徴の一つとなっています。

価格の動向

引用元:TradingViewの提供チャート

JASMYは日本初の仮想通貨で上場当時から注目を集めていましたが、直近の11月12月は価格が下落傾向です。

これは、12月に向けて仮想通貨市場を含む投資市場全体が急落したことに影響を受けている可能性があると考えられます。

しかし、過去にはコインベースや国内取引所のビットポイントに上場した際に大きく価格は上昇しました。

JMYはビットポイントで購入することができますので、気になる方はぜひビットポイントで購入してみてください。

\ 2,000円分のBTCもらえる!/

ENS(イーサリアムネームサービス)

発行上限20,244,862枚
価格¥1,748.22
(2023年109月現在)
時価総額¥35,395,543,685
(2023年10月現在)
時価総額ランキング136位(2023年10月現在)
発行できる主な取引所Binance、Gate.io
公式サイトhttps://ens.domains/

ENSはイーサリアムブロックチェーンベースに構築された、ネーミングサービスです。

英数字で構築される複雑なブロックチェーンのアセットアドレスを簡単な文字に変換することができます。

英数字がシンプルで判別しやすい文字列に変換されることで、ブロックチェーンのアドレスが可視化し、より汎用性が高まるというメリットがあります。

MASK(マスクネットワーク)

発行上限1億枚
価格¥727.23
(2023年10月現在)
時価総額¥53,912,240,615
(2023年10月現在)
時価総額ランキング99位(2023年10月現在)
発行できる主な取引所Binance、Gate.io など
公式サイトhttps://mask.io/

MASK(マスクネットワーク)はユーザーがソーシャルネットワークで暗号化されたメッセージや仮想通貨やdAppsなどのアセットをやり取りすることができるサービスです。

従来の中央集権的なソーシャルネットワーク上にイーサリアムベースのP2Pメッセージアプリを提供することでWeb2.0から3.0への架け橋のような役割をすることを目指しています。

BTT(ビットトーレント)

発行上限9,900億枚
価格¥0.00008238
(2023年10月現在)
時価総額¥78,390,714,299
(2023年10月現在)
時価総額ランキング78位(2023年10月現在)
発行できる主な取引所HitBTC、Kucoinなど
公式サイトhttps://www.bittorrent.com/token/btt/

BTT(ビットトーレント)はTRON Foundationが保有するブロックチェーン上でファイルを共有・ダウンロードすることが可能なプラットフォームを提供しています。

ユーザーはファイルをネットワーク上にアップロードをすることで、トークンを受け取ることができます。

KSM(クサマ)

発行上限9,651,217枚
価格¥4,444.33
(2023年10月現在)
時価総額¥37,658,376,865
(2023年10月現在)
時価総額ランキング125位(2023年10月現在)
発行できる主な取引所Binance、Gate.ioなど
公式サイトhttps://kusama.network/

KSM(クサマ)はもう一つのDOT(ポルカドット)と呼ばれるブロックチェーンプラットフォームです。

KSM(クサマ)はDOT(ポルカドット)の新機能実装のための実験サービスとして作られました。

そのため、開発システムはDOT(ポルカドット)に非常に酷似したものとなっています。

GRT(グラフ)

発行上限10億1300万枚
価格¥19.24
(2023年10月現在)
時価総額¥171,209,864,351
(2023年10月現在)
時価総額ランキング42位(2023年10月現在)
発行できる主な取引所Binance、Gate.ioなど
公式サイトhttps://thegraph.com/en/

GRT(グラフ)はIPFS(分散型ストレージ)やイーサリアム尚のデータを検索することが可能なブロックチェーンベースのプラットフォームを提供しているサービスです。

利用者はGoogleやYahooで検索をかけることと同様にGRT(グラフ)を通して検索をかけたり情報を参照することができ、しかもブロックチェーンベースで分散型に構築されているため、セキュリティやプライバシーが担保された形で利用することができます。

Web3.0銘柄であるBAT(ベーシックアテンショントークン)や、その他のアルトコインの購入にはコインチェックが最適です。

コインチェックは29種類もの仮想通貨を取り扱っており、Web3.0銘柄であるBATだけでなく多様なアルトコインを購入することが可能です。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

Web3.0銘柄の将来性・今後の見通し/予想

Web3.0銘柄は将来性はあるのでしょうか。

Web3.0銘柄の今後の動向について、想定される要素をいくつか挙げてみました。

プライバシーへの意識の高まりに沿って広まっていく

現在インターネットの普及で個人情報が流出の可能性がある世界となっており、プライバシーの意識が高まっています。

Web3.0銘柄はセキュリティ性が高く、中央集権ではないため、誰かに情報が搾取されるということが大幅に減ると考えられています。

そのため、今後個人のプライバシーを守る手段の一つとしてWeb3.0銘柄が注目されて、需要が高まっていく可能性があります。

メタバースやNFTの需要の高まりに応じて需要が増加していく

メタバースやNFTの需要の高まりに応じて需要が増加していく可能性もあります。

メタバースやNFTなどの最新テクノロジーはWeb3.0世代と非常に親和性が高く、今後セットとなって発展していくことが期待されます。

そのため、メタバースやNFTの人気が高まることでWeb3.0銘柄も需要が拡大し、普及していく可能性があると考えられます。

Web3.0銘柄は海外取引所で取り扱いをしているものも多いので、購入の際は国内取引所でWeb3.0銘柄の取引ペアを購入し、海外取引所で購入することができます。

Web3.0銘柄の取引ペアの購入にはシンプルな取引所デザインで人気が高いコインチェックを利用することが便利でおすすめです。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

Web3.0銘柄に投資できる国内取引所3選

Web3.0銘柄はどのような取引所で購入することができるのでしょうか。

ここでは、コインチェック、DMM Bitcoin、ビットポイントの3つを紹介していきたいと思います。

コインチェック

コインチェックの公式サイト
コインチェックの特徴
  • シンプルでわかりやすい取引所のデザイン
  • アプリがみやすくて設定しやすい
  • 豊富な29種類の仮想通貨を取り扱っている

コインチェックはシンプルな取引所のデザインやわかりやすいガイダンスで初心者に人気の仮想通貨取引所です。

中でも取引所アプリは見やすく操作しやすいことで有名で、アプリダウンロード数は取引所で1位です。

また、先ほども紹介したBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いも行っています。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM-Bitcoin

DMM Bitcoin(ビットコイン)は、取扱い銘柄が33種類(レバレッジ取引)と多くなっています。

DMM Bitcoinの特徴
  • 暗号資産のレバレッジ取引銘柄数が豊富
  • 高機能の取引ツールが利用できる
  • 新規口座開設キャンペーンを実施中

DMM ビットコインでレバレッジ取引を行うと、預けた資金(証拠金)の最大2倍の取引をすることが可能になります。

例えば、1BTCが440万円で0.1BTC分(50万円)の取引を行う場合、通常の現物取引では取引金額全額である50万円の資金が必要です。

しかし、レバレッジ取引であれば取引金額の半分だけで良いため、25万円で0.1BTC分の取引を行うことができます

さらに、DMM ビットコインでは現在、新規口座開設で全員に1,000円プレゼントというお得なキャンペーンが行われています。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

BITPoint

ビットポイント2
BITPointの特徴
  • 取引手数料が無料
  • 小額からレバレッジをかけて取引することができる

BITPointはトレーダーに人気の本格派の仮想通貨取引所です。

レバレッジをかけることができる、FX取引でしばしば利用されるMT4を使うことができるなどトレーダーが本格的な取引を始めやすい機能を備えています。

また、ビットポイントは先ほども紹介したジャスミー(JMY)を取り扱っている唯一の国内取引所でもあります。

\ 2,000円分のBTCもらえる!/

Web3.0銘柄の購入方法

Web3.0銘柄はどのように購入すれば良いのでしょうか。

Web3.0銘柄の購入手順を国内取引所に取り扱いがある場合と海外取引所のみでの取り扱いの場合で分けて説明します。

国内取引所で取扱いがある場合

BATやDOT、JMYなど、購入したいWeb3.0銘柄が国内取引所にある場合、国内取引所で購入することがおすすめです。

国内取引所の購入手順は次の通りになります。

国内取引所の購入手順
  • 国内取引所で口座を開設する
  • 日本円を国内取引所に入金する
  • 入金した日本円でWeb3.0銘柄の仮想通貨を購入する

このように、非常に簡単に購入することができます。

海外取引所でのみ取扱いがある場合

次は、Web3.0関連銘柄が国内取引所には取り扱いがなく、海外取引所のみの取り扱いの場合を説明します。

海外取引所の購入手順
  • 国内取引所で口座を開設する
  • 国内取引所でWeb3.0関連銘柄の取引ペアを購入する
  • 購入した取引ペアを海外取引所に送金し、Web3.0関連銘柄を購入する

海外取引所は様々な種類がありますが、取り扱い仮想通貨の種類や設定方法、セキュリティが大きく異なりますので自分のニーズに合った取引所を選ぶことをおすすめします。

しかし、海外取引所は日本の金融庁の認可を受けておらずリスクも高いので利用には十分注意してください。

海外取引所を利用することに躊躇いがある方はまずコインチェックなどの国内取引所をチェックしてみてはいかがでしょうか。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

Web3.0関連の仮想通貨に関するよくある質問

ここではWeb3.0関連の仮想通貨でよくある質問に回答します。

Web3.0関連銘柄の購入を検討している方は参考にしてみてください。

Web3.0、関連銘柄は今後どのようなことに活用されるの?

Web3.0はインターネットを分散化し、中央集権でのインターネットの世界の課題を解決することが可能な仕組みです。

そのため、既存のインターネットの世界の代替になる存在と考えてよいでしょう。

仮想通貨銘柄はプロジェクトによりますが、Web3.0の世界構築するための分散プラットフォームの仕組み作り、価値作りに貢献する存在であると考えられます。

Web3.0銘柄の国内取引所の取り扱いはあるの?

一部のWeb3.0関連の仮想通貨は国内取引所に上場しています。

例えばDOT(ポルカドット)はGMOコインやbitFlyerに上場しています。

また、JASMYもビットポイントで取り扱われています。

さらに、大手取引所のコインチェックでもベーシックアテンショントークンの取扱いが行われています。

気になる方は、ぜひこの機会に購入してみてください。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

おすすめWeb3.0銘柄のまとめ

今回はWeb3.0銘柄の特徴やおすすめのWeb3.0銘柄の特徴を説明しました。

記事の内容を次の通りにまとめましたので参考にしてみてください。

おすすめWeb3.0銘柄のまとめ
  • Web3.0銘柄は分散型のインターネットの構築を目指すWeb3.0世代を構築しうるプロジェクトの仮想通貨銘柄
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)やDOT(ポルカドット)など様々な種類があるため、上場している取引所や開発過程などを調べて選択するべき
  • 今後はプライバシーへの注目の高まりや親和性の高いメタバースやNFTの拡大に関連して拡大する可能性がある
  • 大手仮想通貨取引所であるコインチェックではBATを購入することができる

国内取引所での取引ペアなどの購入に限らず、仮想通貨の購入ではコインチェックが最適です。

コインチェックはビットコイン決済やビットコインでの電気料金支払いなど仮想通貨を通した様々なサービスを提供しているため、いろいろな方法で仮想通貨を体験することが可能です。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

目次