仮想通貨FLOW(フロウ) とは?特徴や今後の予想・見通しを解説!

FLOWとは

Flow(フロー)とは、クリプトキティなどをリリースしてきたDapperLabsが開発する新たなブロックチェーンです。

Dappsの構築が容易になり、現在大きな注目を集めているNFT(Non-fungible token/非代替性トークン)も、Flowの主要なユースケースの一つとなります。

この記事では、Flowの仕組みやこれまでの価格変動、さらに将来についても分かりやすく解説していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事をまとめると
  • FlowはDapperLabsが開発する新しいブロックチェーン
  • 開発者に優しく、スケーラビリティ問題も解決する注目のブロックチェーン
  • イーサリアム上で開発されているゲームがFlowに移植される可能性が高い
  • NFT関連銘柄として高騰する代表的な通貨

NFT関連銘柄として注目されるFlowは現在、日本の取引所での取扱いがありません。

現在は、海外仮想通貨取引所のみの取扱いとなりますが、今大注目される通貨になるのでコインチェックの口座を今のうちに開設しておき、上場に備えておくのもいいかもしれません。

また、海外取引所で購入する際も、ビットコインやイーサリアムなどの通貨が必要になりますので、コインチェックで購入しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

また、Invest Naviの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料で配信しています。

是非、今のうちに無料登録をしてお得な情報を受け取ってみてください。

今なら公式LINEに登録した方を対象にして、期間限定で200円相当のビットコインを無料で付与しています。

公式LINE

\ 12/31まで200円分のBTCが無料/

目次

Flowとは?

FLOW 仮想通貨
通貨(トークン)名Flow(フロウ)
ティッカーシンボル・単位FLOW
現在の価格3,294円
時価総額100,261,596,590円
時価総額ランキング88位
公式サイトFlow公式サイト
購入できる主な取引所OKEx, Kraken, Huobi Global
価格や時価総額は3月26日の値を参考

Flow(フロー)とは、高速安全、さらに開発者に優しい新しいブロックチェーンです。

Flowは、新世代のゲーム、アプリ、およびそれらを生み出すデジタル資産管理の基盤として設計されました。

従来のブロックチェーン上のアプリ開発などは、イーサリアム(Ethereum/ETH)上で行われることが一般的でしたが、技術の進歩や利用者の増加に伴い、スケーラビリティ問題や送金手数料の高騰、技術者の不足などの多くの問題を抱えています。

それらの問題点を解決し、次世代を担うブロックチェーンとしてFlowは誕生しました。

Flowが普及することが、ゲームやアプリ、資産管理や近頃話題のNFTの更なる発展につながると言えるでしょう。

Flowの特徴

既存のブロックチェーンと比較すると、Flowにはいくつかの素晴らしい特徴があります。

スケーラビリティ対策

スケーラビリティ問題の一つとして、トランザクションの承認に時間がかかることが挙げられます。

Flowでは承認の手続きを4つに分割し、それぞれのノードやバリデータで処理することで、高速化を図ります。

FLOW 仕組み

従来のトランザクション承認の軽減方法では、シャーディングと呼ばれる手法が採られていました。

シャーディングは、同じ工程を複数に分割して処理する水平方向への展開です。

しかしFlowは、トランザクション承認を特徴のある4つの工程に分割(下記の通り)し、それぞれが異なる処理を専門的に担当して処理する、垂直方向への展開を可能にしました。

4つの工程
  • 収集(Collection)
  • 合意(Consensus)
  • 実行(Execution)
  • 検証(Verification)

それによって効率性が大幅に向上し、理論上は従来の数百倍の処理速度を実現することができます

例えばDapperLabsが開発したブロックチェーンゲームのクリプトキティの場合、3Dでのアニメ化も可能になります。

NFTにおいても、より自由度の高い作品が表現できることになります。

迅速な決済処理

トランザクション速度の向上により、決済においてもスムーズな処理が可能になります

将来的には、仮想通貨だけでなく、法定通貨でも利用する構想があります。

開発者にとって魅力的

イーサリアムのブロックチェーンを利用する場合、Solidityという独自のプログラミング言語の習得が必須でした。

しかしFlowの場合は、より簡易で学習しやすいケイデンスという言語が採用されています

仮想通貨やブロックチェーンといった専門知識がなくても、ストレスなく開発できる豊富なSDK(ソフトウェア開発キッド)も用意されており、技術者の新規参入も容易です。

今後、新たにDappsの開発などを志す新規の開発者にとって、優先順位の高い選択肢になり得ます。

DeFiやブロックチェーンゲームとの関係

DeFi(分散化金融)は、2020年頃から急速に注目を集めている新しい金融の仕組みです。

そのDiFiに、Flowは大きく貢献することができます。

既に、世界的仮想通貨取引所バイナンスが発行するステーブルコイン・BUSD(Binance USD)は、Flowをサポートすることを明らかにしています

また、ブロックチェーンゲームではDapperLabsが手掛けるクリプトキティNBA Top Shotなどを中心とした連携への動きが活発になっています。

DeFiやブロックチェーンゲームと相性の良いFlowが、将来的にプラットフォームの中心となる可能性があります

NFT市場をリードするDapperLabs

Flowを開発するDapperLabsは、『NFTブランドメーカー』と言うこともできます。

DapperLabsが手掛けてきたクリプトキティやNBA Top Shotなどは、すでに人気のNFTゲームとしての人気を確立しており、新しいビジネスモデルとして注目されています。

例えば、シューズメーカーはシューズを作るための原材料を仕入れなければなりません。

しかし、NFT作品を創出するために必要となる原材料はありません。

当然、シューズよりもNFT作品の方が利益率が高くなり、DapperLabsの急成長を可能にします。

NFTブランドメーカーとして、DapperLabsが基盤として使用するのはFlowと言うことになります。

もちろん、DapperLabs以外の企業や個人がFlowを利用することもできます。

このことは、さらにFlowの利用が促進されることにつながっています。

Flowのこれまでの価格推移

こちらは、TradingViewのFLOW-USDのチャートです。

FLOW チャート
引用元:TradingViewの提供チャート

2021年3月に入ってから急騰し、最高で40ドル前後の値を記録しました。

現在はやや落ち着いて、30ドル付近で取り引きされています。

2021年3月26日現在、時価総額は約1000億円で、仮想通貨ランキングでは88位に位置しています。

Flowの価格急騰要因

上記の通りFlowは、2021年3月にそれまでの20ドル前後から40ドル付近まで大きく値を上げました。

これは、ここ最近のNFTの盛り上がりによるものと考えられています。

DapperLabsが手掛けるクリプトキティやNBA Top Shotといったブロックチェーンゲームは、コレクション要素の強いNFTゲームでもあります。

現在のNFT界隈は、中世のヨーロッパで巻き起こったチューリップ・バブルに例えられるような活況を見せています。

NFTの盛り上がりを象徴する出来事として、世界初のツイートが、NFT市場で3億円を超える金額で落札されました。

こういった動きがNFTを支えるFlowに追い風となり、Flowの価格を押し上げることになりました。

Flowの今後の予想・見通し

Flowは、これから大きく動き出そうとしています。

徐々にそういった動きが明らかになってきていますが、Flowの今後について気になるトピックスをご紹介します。

クリプトキティの移植

Flowを開発するDapperLabsは、クリプトキティを始めとする人気ブロックチェーンゲームをリリースしています。

それらはイーサリアムのブロックチェーン上で開発・リリースされていますが、今後は、自社で開発し、多くのメリットがあるFlowに移植されると予想されています

すでにコアなユーザーを抱えるクリプトキティなどのゲームが移植されれば、一気にFlowのユーザーを獲得することができます。

多くのユーザーを確保することは、Flowが成功するための大きな要因となりますが、その点においてはすでにクリアしているとも言えます

コインチェックとの連携開始

Flowを開発するDapperLabsは様々な企業やプロジェクトとの連携を発表していますが、その中の一つに、日本の仮想通貨取引所コインチェックとの提携も含まれています。

コインチェックはNFTマーケットとなる「NFTマーケットプレイス」の開設を発表しており、3月24日に「Coincheck NFT(β版)」の運用が開始されました

コインチェックの口座さえ保有していれば、誰でもこのNFTマーケットに参加し、NFT作品の出品・購入・保管を行うことが可能になります

仮想通貨界に留まらず、日本のアート界にも好影響をもたらすと、多くの関係者から期待されています。

Flowは日本に好意的

日本においても、トレーディングカードなどをベースとしたNFTゲームは人気です。

そしてDapperLabsは、そういった日本の文化に好意的な姿勢を明言しています。

日本のコミュニティを対象にしたQ&Aで、「私たちは現在、日本で最も重要なプレイヤーとのゲームとNFTのパートナーシップを模索しています。」と述べています。

すでに仮想通貨取引所コインチェックとの連携が開始されましたが、他にもオリンピックのIOCを始め、プロ野球などのプロスポーツ、さらにコミックやJ-POPなど、様々な分野においてDapperLabsは興味を示しています。

また、SNSでは日本語の情報発信が行われています。

FLOWの情報発信アカウント

これらのアカウントをフォローしておくと、いち早くFlowに関する情報を入手できます。

公式LINE

Invest Naviの公式LINEではFlowに関する情報を定期的に配信しております。

これからFlowに投資をしようと思っている方は、是非登録して参考にしてみてください。

\ 12/31まで200円分のBTCが無料/

Flowは買うべき?

Flowは、次世代のブロックチェーンとして注目を集めています。

これまではイーサリアムのプラットフォームを利用することが多かったDappsの開発や、急速に市場が成長するNFTなどにおいても、Flowが新たなブロックチェーン・プラットフォームとしての地位を確立する高い可能性があります。

また、そういった期待に応えられるだけのポテンシャルも持っています。

2021年3月に入り、Flowの価格は高騰しており、今後の実用化が進めば、さらなる高騰も考えられます。

ブロックチェーン、DeFi、NFT、Dappsなどの成長とともに、Flowも成長することが見込まれています。

Flowのプロジェクトには多くの大企業が出資しており、総額は25億円以上とされています。

Flowの価格が今後も上昇し続けるという保証はありませんが、投資対象として非常に興味深い存在であることは、間違いありません。

Flowを購入できる取引所

2020年3月現在、残念ながら日本国内でFlowを取り扱っている仮想通貨取引所はありません。

購入には、海外取引所の利用が必須です。

Flowを上場している取引所は以下になります。

FLOWが上場している取引所
  • Kraken
  • OKEx
  • Huobi Indonesia
  • Hoo
  • HitBTC
  • Gate.io

このうち、日本在住者でも利用できるのは、OKExHooGate.ioの3か所となります。

既に仮想通貨取引所の口座を開設済みだったり、仮想通貨を保有している場合はこの限りではありませんが、基本的なFlowの購入は、次のような流れになります。

FLOWの購入手順
  1. 日本の仮想通貨取引所で口座を開設する。
  2. Flowを購入できる海外の仮想通貨取引所の口座を開設する。
  3. 日本の取引所に日本円を入金し、仮想通貨(※)を購入する。
  4. 購入した仮想通貨を、海外取引所の自己口座に送金する。
  5. 海外取引所でFlowを購入する。

Flowを上場している各取引所で購入に利用できる通貨は以下の通りです。
  なお、USDTは日本の取引所での取り扱いはありません。

  • OKEx ・・・ BTC、ETH、USDT
  • Hoo ・・・ USDT
  • Gate.io ・・・ ETH、USDT

仮想通貨FLOWを購入するためには、ビットコインやイーサリアムなどの通貨を保有している必要があります。

ビットコインやイーサリアムを購入するなら、アプリダウンロー数No.1のコインチェックがおすすめです、

まだ、口座を持っていないという方はこの機会に開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨を買うならコインチェック

コインチェックの公式サイト-2
名称CoinCheck(コインチェック)
公式サイトCoinCheck(コインチェック)公式サイト
取扱通貨数17通貨(ビットコイン+アルトコイン16種類)
最低取引額500円
提供サービス仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
CoinCheckつみたて
貸仮想通貨サービス
関連記事コインチェックの評判・口コミ

これから仮想通貨取引所に口座を開設するなら、コインチェックをおすすめします。

日本の仮想通貨取引所であるコインチェックは、金融庁の定めるライセンスを取得しており、初心者でも利用しやすい取引所として人気です

上場するアルトコインの種類も国内屈指の数を誇っており、今後の成長にも期待できます。

そしてなんと言っても、コインチェックはFlowを開発するDapperLabsとの提携を発表しています。

FlowやNFTに興味があるなら、国内の仮想通貨取引所はコインチェックを選ぶべきです。

コインチェックに口座を開設する場合は、次の2つが必要となります。

必要なもの
  • メールアドレス
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 電話番号

口座の開設方法は、アプリによる方法(かんたん本人確認)とハガキによる方法があります。

ハガキの場合は郵送による確認のため数日程度の日数がかかりますが、アプリの場合は本人確認書類の確認等ができ次第、すぐに口座開設が完了し、取り引きが可能になります。

すぐに取引を始めたいといった場合は、アプリによる「かんたん本人確認」を利用しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Flowの今後の予想・見通しまとめ

一口に『仮想通貨』と言っても、様々な分野へ進出し、影響力を強めています。

今や、通貨という枠に収まりきらない多種多様な特徴を持った仮想通貨が、次々に開発されています。

新たな金融としてのDeFiや、アートなどの芸術分野の活性化につながるNFTなどの分野では、現在進行形で急成長しています。

そして仮想通貨と切っても切り離せないブロックチェーンなど、それらの基盤となり得るのがFlowです。

これまではイーサリアムが長く君臨してきたプラットフォーム型仮想通貨のトップの座に、Flowが新たな時代の中心として輝くことになるのでしょうか。

今後の仮想通貨界の発展とともに、Flowの成長にも期待しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /


Invest Naviの公式LINEでは定期的にFlowに関する情報も配信しております。

そのため、これからFlowに投資をしたいと考えている方にとってはおすすめです。

今なら登録者を対象に無料で200円相当のビットコインを配布していますので、是非登録してみてください。

公式LINE

\ 12/31まで200円分のBTCが無料/

目次
閉じる