【徹底比較】GMOクリック証券とDMM FXのどっちがおすすめ?

GMOクリック証券 DMM FX

2000年以降、ネット証券が台頭してきたことで老若男女問わずに誰でも気軽に証券口座を開くことができるようになりました。

特にサラリーマンの副業解禁や、メディアが家事をしながら稼ぐ主婦トレーダーの特集を放送したことで一気に人気になった投資がFXです。

FXを行うにはネット証券で口座を開設する必要があります。

今回の記事では国内FX業者で抜群の人気を誇るGMOクリック証券とDMM FXをご紹介しながら比較していきます。

この記事を読んで分かること
  • 国内で人気のGMOクリック証券とDMM FXはPC、アプリ問わずツールが充実している
  • GMOクリック証券はトルコリラなどの高金利通貨を取り扱っている
  • GMOクリック証券はスワップポイントが高く、優位性がある
  • DMM FXは最大20万円のキャッシュバックが魅力だが、条件が難しい
  • 初心者から上級者までおすすめできるのはGMOクリック証券

ともに人気のFX業者ということもあり、どちらも内容が充実しています。

とくにGMOクリック証券はFXの取引残高で世界1位に輝いており、その実績は申し分ありません。(ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)

どちらも国内トップのFX業者ではありますが、GMOクリック証券が一歩リードしている印象です。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

目次

GMOクリック証券の特徴

ここでは、DMM FXにはないGMOクリック証券の特徴について説明してきます。

GMOクリック証券は世界一のFX取引高を達成したり、独自のサービスを展開したりと初心者だけではなく、トレード上級者からも多くの支持を得ています。

FX取引高世界1位の安心感

GMOクリック証券

GMOクリック証券は2012年から9年連続で国内第1位のFX取引高を誇っており、2020年にはFX取引高が世界第1位と高いシェアを誇っています。
(ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)

FX取引高は、取引ツールの充実さや信頼性の表れとも言うことができ、多くのトレーダーから利用されている取引所となります。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

GMOクリックTV投資チャンネル

GMOクリック証券では相場の見通しや取引材料、1日の相場の動きのまとめをスペシャリストが解説する投資チャンネルを配信しています。

GMOクリック証券 投資チャンネル

話題の銘柄や重要な指標、イベントなどを簡単にチェックできスマートフォン、タブレットからも視聴可能です。

大手証券会社の大和証券グループのアナリストによる解説は、マーケットを動かす重要トピックを分かりやすい解説でまとめてくれています。

実際に多くの個人投資家がこの投資チャンネルで情報を追っているようです。

最近は、市況はGMOクリックTV投資チャンネル。サクッとみれて便利だから。

Twitter

トレードアイランドというイベント

GMOクリック証券では口座開設しているトレーダー同士でトレード結果の成績を競えるイベントを開催しています。

GMO トレードアイランド

1日の収益率で競うデイトレランキングや1年間のトータル収益率を競う年間ランキングなど、楽しみながらトレードを行えます。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

DMM FXの特徴

今度は逆にGMOクリック証券にはないDMM FXの特徴をご説明していきます。

DMM FXでは取引ごとにポイントが貯まるサービスがあり、お得にトレードできます。

口座開設から取引までが最短1時間

DMM FXは「スマホでスピード本人確認」というサービスを行っています。

こちらのサービスを利用した場合、口座の申し込みから最短1時間で取引を始めることができます。

以下の公式Youtubeチャンネルでスマホでスピード本人確認の利用方法について分かりやすく解説されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

本人確認から全てWeb上で完結でき、従来の郵送による申し込みの手間と時間が省けます。

\ 今なら最大20万円キャッシュバック/

取引通信簿を使ってトレード分析ができる

DMM FXには取引通信簿という自身のトレード傾向を分析するためのツールがあります。

これまでに取引したポジションを自動的に集計し、下記のようにグラフなどでわかりやすくまとめてくれます。

DMMFX 取引通信簿

取引通信簿をチェックすることで自身のトレードの癖や勝ちパターン、負けパターンを分析することができます。

FXの取引でポイントが貯まる

DMM FXでは取引ごとにポイントが貯まるサービスがあります。

新規1Lot(1万通貨取引)毎にランクに応じてポイントが以下のように貯まります。

通貨ペアゴールドシルバーブロンズ
米ドル/円2ポイント1ポイント1ポイント
ユーロ/円2ポイント1ポイント1ポイント
ポンド/円3ポイント2ポイント1ポイント
豪ドル/円2ポイント1ポイント1ポイント
ポイント付与例

ランクは月の取引回数に応じて変動し、例えば、3ヶ月間連続で新規取り引き回数10回以上の方はシルバーランクになります。

貯めたポイントは1ポイント=1円で現金に交換可能でそのままトレードに使ったり、口座に還元することができます。

\ 今なら最大20万円キャッシュバック/

GMOクリック証券とDMM FXの比較一覧表

今までGMOクリック証券とDMM FXの特徴について解説しました。

ここでは、様々な項目でGMOクリック証券とDMM FXを比較していきます。

比較項目GMOクリック証券DMM FX
グループ会社GMOインターネット株式会社合同会社DMM.com
通貨ペア数20通貨ペア21通貨ペア
最小取引単位1万通貨1万通貨
主要通貨スプレッドドル円:0.2銭
ユーロ円:0.5銭
豪ドル円:0.7銭
※原則固定
ドル円:0.2銭
ユーロ円:0.5銭
豪ドル円:0.7銭
高金利通貨スプレッドトルコリラ円:原則固定対象外
メキシコペソ円:0.2銭(原則固定)
南アフリカランド円:0.9銭(原則固定)
トルコリラ円:取扱なし
メキシコペソ円:0.2銭
南アフリカランド円:0.9銭
スワップポイントドル円:6円
トルコリラ円:40円
メキシコペソ円:50円
南アフリカランド円:90円
ドル円:5円
トルコリラ円:取扱なし
メキシコペソ円:40円
南アフリカランド円:90円
自動売買なしなし
デモトレードありあり
キャンペーン・特典新規口座開設最大30,000円キャッシュバック新規口座開設最大20万円のキャッシュバック
詳細公式ページ公式ページ
※スワップポイントは6月11日の値を参考
メキシコペソと南アフリカランドは10万通貨あたりの値
それ以外は1万通貨

GMOクリック証券とDMM.comはどちらも親会社がIT企業です。

取引できる通貨ペア数やスプレットはほぼ同じですが、高金利通貨で人気のトルコリラを取り扱っているのはGMOクリック証券だけです。

スワップポイントに関しても全体的にGMOクリック証券の方が高い傾向にあります。

自動売買は基本的にどちらもできません。

デモトレードのサービスはどちらにもあるので初心者の方にも安心です。

どちらも新規口座開設のキャッシュバック特典やキャンペーンを行っており、とくにDMM FXは最大20万円のキャッシュバックと魅力的に見えます。

しかしこの最大キャッシュバックを受け取るためには3ヶ月以内に4万lot以上の取引が必要になるので注意が必要です。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

GMOクリック証券とDMM FXの比較

それではGMOクリック証券とDMM FXの比較を各項目ごとに見ていきましょう。

どちらも国内トップのFX業者ということもあり、どの項目も国内高水準となっております。

比較①通貨ペア数

FX会社通貨ペア
GMOクリック証券20通貨ペア
DMM FX21通貨ペア

GMOクリック証券とDMM FXでは通貨ペア数はほとんど一緒です。

しかし、高金利通貨として人気のトルコリラを取り扱っているのがGMOクリック証券だけですので、トルコリラ円の通貨ペアでトレードをしたい方はGMOクリック証券をお勧めします。

比較②スプレッド

通貨ペアGMOクリック証券DMM FX
ドル円0.2銭(原則固定)0.2銭
ユーロ円0.5銭(原則固定)0.5銭
豪ドル円0.7銭(原則固定)0.7銭
トルコリラ円原則固定対象外取扱なし
メキシコペソ円0.2銭(原則固定)0.2銭
南アフリカランド円0.9銭(原則固定)0.9銭

スプレットの比較では大きな差はなく、ともに国内最安水準を提示しています。

スプレットに関してはどちらの口座を使用しても特に大きな違いはないでしょう。

比較③スワップポイント

FX会社ドル円トルコリラ円メキシコペソ円南アフリカランド円
GMOクリック証券4ポイント41ポイント50ポイント70ポイント
DMM FX4ポイント取扱なし15ポイント30ポイント

スワップポイントに関しての比較では明暗が分かれました。

GMOクリック証券の方がポイントが高く、優位性があります。

また、DMM FXではトルコリラ円の取り扱いがありませんので、スワップポイントを狙ったトレードを行いたい方にはGMOクリック証券をお勧めします。

比較④取引ツールの使いやすさ

トレードをする上で取引ツールの使いやすさは重要です。

GMOクリック証券、DMM FXともに優良なツールを提供しています。

PC版

GMOクリック証券
  • PULATIUM CHART:多彩な機能、軽快な操作感、高いデザイン性を兼ねそろえた最新鋭の無料テクニカルチャートです。見やすいように変更した画面レイアウトを複数パターンで保存できます。
  • はっちゅう君FX+:アクティブユーザーのトレーダーの為に素早い操作性を重視して作られた高性能ツールです。スキャルピングなどに最適です。
  • FX TOOLBAR:自動更新の為替レートやアラート付きの経済カレンダー、相場変動の材料となるニュースが表示されるツールバーです。
DMM FX
  • DMM FX PLUS:レイアウト、テクニカル、各種設定の変更が可能で取引スタイルに合わせてカスタマイズできる万能型ツールです。
  • プレミアチャート:29種の豊富なテクニカルツールを搭載しています。取引をサポートする便利機能が簡単に設定可能でより戦略性の高い取引をする際に最適です。
  • 取引通信簿:取引結果を分かりやすくグラフ化し、分析が可能です。多種多様な取引データをビジュアル化することでトレードの問題点が分かります。トレードの振り返りに最適なツールです。

PC版ではともに高性能なツールを無料で使うことができます。

とくにGMOクリック証券はFX TOOLBARで経済指標やニュースを画面で確認しながらトレードをでき、アラーム機能が付いている他、はっちゅう君FX+で素早い注文ができるため、デイトレードにお勧めです。

アプリ版

GMOクリック証券
  • GMOクリックFXneo:FX専用のスマートフォンアプリです。チャートからワンタッチで注文できるスピード注文チャートや日々のトレード結果が確認できるFXトレード日記、各経済指標が表示される経済カレンダーなどの機能が搭載されています。スマートフォンアプリではありますが、機能が充実しているため外出先でも使えます。
DMM FX
  • スマホアプリ DMM FX:洗練されたデザイン、シンプルな操作性の取引画面でスムーズな取引ができます。入出金、マーケット情報、取引履歴紹介などの操作性もアプリからできます。チャート画面も4画面に切り替えることができ、テクニカルツールも一通り揃っています。

スマートフォンアプリでもともに高性能なツールを提供しています。

外出先でも不自由なくトレードできる環境が揃っていますので、PCがない場合でも十分にトレードが可能です。

比較⑤評判

GMOはツールがいい。本当に。他も見習ってほしい。

Twitter

やはりGMOクリック証券のツールは評判が良いですね。

GMOのスマホのFXのアプリが自分にはあってるみたいだ。

使いやすい。

Twitter

スマートフォンアプリも使いやすいと評判です。

DMM FXというFX業者の特徴

・キャッシュバックがある(取引条件のハードル高め)

・トラブル少ない(LINEサポート迅速)

・1万通貨からしか取引できない

・自動売買ツールない

・プレミアチャートで上級者も満足

・トルコリラ円扱ってない

・スプもスワップも平均

Twitter

DMM FXの評判ではツールや顧客対応などのサービス面では満足しているが、トルコリラ円とスワップの低さが気になるとの声が多かったです。

比較⑥キャンペーン・特典

GMOクリック証券とDMM FXのそれぞれのキャンペーン・特典を比較してみます。

どちらのFX会社も取引量に応じてキャッシュバックされる仕組みとなっています。

  • GMOクリック証券

GMOクリック証券では取引量に応じて以下のようにキャッシュバックを受け取ることができます。

取引量キャッシュバック額
3,000Lot以上30,000円
2,000〜3,000Lot未満20,000円
1,000〜2,000Lot未満10,000円
500〜1,000Lot未満5,000円
100〜500Lot未満1,000円

なお、対象取引は口座開設の翌々月末までの取引となっているため、最大3ヶ月間の取引量となります。

  • DMM FX

DMM FXでも取引量に応じて以下のようにキャッシュバックを受け取ることができます。

取引量キャッシュバック額
40,000Lot〜200,000円
30,000Lot〜40,000Lot未満150,000円
20,000Lot〜30,000Lot未満100,000円
5,000Lot〜20,000Lot未満50,000円
2,000Lot〜5,000Lot未満20,000円
1,000Lot〜2,000Lot未満10,000円

DMM FXは口座開設完了日から最大3ヶ月間の取引がキャッシュバック対象となっています。

両者を比較すると必要な取引量が大きく異なることが分かります。

DMM FXの最大20万円キャッシュバックを受け取るには40,000Lotの取引が最低必要となってきます。

40,000Lot取引例

ここでは米ドル円をレバレッジ25倍で取引する場合を考えてみます。(1ドル110円と想定)

110(円)×400,000,000(通貨)÷25=17億6千万円

もちろん一回の取引ではなく、3ヶ月間の間でこれだけのお金を取引する必要があると言うことを考えると、かなりの資金体力がない方でないと満額を受け取ることはできません。

5,000Lot以上取引する予定がないという方はGMOクリック証券の特典の方が現実味がありお得だと言えるでしょう。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

GMOクリック証券とDMM FXどっちがおすすめ?

ここではトレーダーのタイプによって、どっちのFX会社がおすすめか解説していきます。

GMOクリック証券がおすすめな人

GMOクリック証券はFXの取引高が世界1位の実績があり安心して取り引きができます。

トルコリラ円の他、新興国の通貨も取り扱っていますので高金利通貨でトレードをしたい方には魅力的です。

スプレットやスワップポイントも業界際高水準で用意していますので手数料を抑えつつお得にトレードができます。

また、取引ツールも充実していますので中級者や他の口座を使ったことのある上級者まで満足できます。

初めての口座開設から、他社からのメイン口座の乗り換えまで全ての方にメリットがありお勧めできます。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

DMM FXがおすすめな人

DMM FXの最大の魅力はなんといっても最大20万円のキャッシュバックキャンペーンです。

キャンペーン達成までの条件は厳しいですが、ガンガントレードをしたいアクティブな方にはお勧めです。

スプレットも業界最狹水準、アプリやPCのツールも充実していますので満足度は高いです。

ただ、やはり気になるのがトルコリラ円の扱いがなかったり、スワップが低いため高金利通貨が好きな人には向かないということです。

その他については申し分ないので、トレード回数を増やして20万円のキャッシュバックを狙いたい方にはお勧めです。

\ 今なら最大20万円キャッシュバック/

GMOクリック証券とDMM FXの比較まとめ

GMOクリック証券、DMM FXともに優れたサービス、ツールを提供している国内人気のFX会社です。

とくにGMOクリック証券は全ての項目が国内最高水準でFX取引高も世界で1位です。

スワップポイントも高く、トルコリラ円の取り扱いもあるため、高金利通貨を狙ったトレードも行えます。

また、取り引きツールの充実も素晴らしいので上級者にも満足度が高いです。

これからFXを始める方も、すでに他の口座でトレードしている方も新規口座開設するメリットがたくさんあります。

まだGMOクリック証券の口座をお持ちでなければ、ぜひ開設してみてはいかがでしょうか。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

目次
閉じる