【10月更新】仮想通貨おすすめ銘柄ランキング|将来性が高い通貨は何?

この記事では、おすすめの仮想通貨や仮想通貨取引所について解説していきます。

仮想通貨投資をスタートした際に、初めの悩ましい問題は「投資する仮想通貨」と「仮想通貨取引所選び」の2点でしょう。

この記事ではそんな2点について、仮想通貨の選び方からおすすめの仮想通貨、仮想通貨取引所の選び方からおすすめの仮想通貨取引所を徹底解説していきたいと思います。

※本記事は、おすすめしている仮想通貨の値上がりなどを保証するものではありません。
仮想通貨に投資する際は、細心の注意を払って自己責任で行うようにしてください。

この記事の概要
  • 仮想通貨を選ぶときは信頼性/流動性/技術に注目
  • 仮想通貨取引を選ぶときは使いすさ/手数料/取扱数に注目
  • 初心者には長期保有がおすすめ
  • レバレッジ取引は投資経験者におすすめ
  • トークンはブロックチェーンを持たない
  • 初めての仮想通貨投資はコインチェックがおすすめ
コインチェックの公式サイト

まだ、仮想通貨取引所の口座を持っていない方には「コインチェックがおすすめです。

スマホアプリダウンロード数1位を獲得したコインチェックなら、初心者でも気軽にスマホから仮想通貨取引が出来ます。

スマホアプリが使いやすいコインチェックで、ぜひ気軽に仮想通貨投資をスタートしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

おすすめ仮想通貨(銘柄)を選ぶポイント

ビットコインから始まった仮想通貨は、現在正確な数が把握しきれないほどの種類が存在していると言われています。

そんな中で「自分にあった仮想通貨を見つける」ために押さえたい「比較ポイント」を以下の3つにまとめました。

仮想通貨の3つの比較ポイント
  • 信頼できる仮想通貨であるか
  • 流動性はしっかりと確保されているか
  • 技術面での優位性は確認できるか

信頼できる仮想通貨か

まずは、その仮想通貨が信頼に足るのかについて確認しておきましょう。

信頼できる仮想通貨の見分け方は「コミュニティもしくは時価総額を見る」のがおすすめです。

仮想通貨は通貨といっても、技術に詳しい人物・組織なら容易に開発する事が可能です。

特に仮想通貨の中でも「トークン」と呼ばれるものに関しては、ハードルが低くなっています。

このような背景から、詐欺のようなプロジェクト・仮想通貨が存在している側面は否定出来ません

そんな中で「コミュニティ(その通貨を持っている人達の交流・情報交換が行われる場所)」をチェックしてみると、ある程度見分ける事が出来ます。

コミュニティでチェックしたいポイント
  • 開発者が怪しい人物ではないか
  • 開発進捗等を頻繁に発信しているか
  • コミュニティが活発でユーザー間の情報交換が行われているか
  • 該当する仮想通貨の誇大広告をしていないか

このような点を「チェックする自信が無い・・・」という方は、まず「時価総額で比較」する事がおすすめです。

時価総額が上位の仮想通貨であれば、多くの人が取引しているという事になるので、相対的に信頼出来る仮想通貨であると言えるでしょう。

流動性はあるか

仮想通貨はバーチャルなものなので、オンラインでの送金・取引が中心となります。

この事から忘れてしまいがちですが、仮想通貨市場も「買いたい人」・「売りたい人」が居て、成り立っています。

そのため、流動性の有無は非常に重要な要素の一つとなっています。

流動性が低さは、仮想通貨を現金化したい時に現金化できなかったり、他のコインに交換したいときに交換することができないなどの問題を引き起こす可能性があります。

特に初心者の間は、比較的時価総額が大きく、活発な取引が行われている仮想通貨を選択するのがおすすめです。

技術面での優位性はあるか

次に技術的な優位性を持っているかについて確認しましょう。

技術的な優位性を初心者が把握することは難しいですが、大きな時価総額を持つ仮想通貨は「技術的な優位性」を持っていることが多いです。

例えば、時価総額2位のイーサリアムは、技術的な優位性が注目されている代表例です。

イーサリアムは、根本的な技術はビットコインを継承しながら、スマートコントラクトを実装しています。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、契約に関する一連のプロセスを、ブロックチェーン上で自動的に実行するシステムの事です。

ブロックチェーン上で実行する事で透明性が確保され、安心して契約を締結する事が出来ます。

イーサリアムの価値を向上させた大きな要因の1つです。

また、イーサリアムはスマートコントラクトを利用するプロトコルのプラットフォームとなっています

このように技術的な優位性が、他の仮想通貨と比較して存在してるのか?という点を見極める事が重要です。

国内の取引所は海外の取引所に比べ、上場の審査が厳しいため、上記のポイントは押さえられている可能性が高くなっています。

厳しい上場審査の中でも、コインチェックでは17種類もの仮想通貨を取り扱っており、国内取引所No.1の銘柄量となっています。

そんなコインチェックなら、購入してみたい仮想通貨を見つけることができるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

おすすめ仮想通貨銘柄ランキング

結局どんな仮想通貨がおすすめなの?という点が気になるポイントだと思います。

ここでは、「初心者におすすめ出来る」・「比較ポイントから考えても優秀」という2点を考慮した以下の仮想通貨をご紹介していきたいと思います。

おすすめの仮想通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. エンジンコイン(ENJ)
  4. アイオーエスティー(IOST)
  5. ベーシックアテンショントークン(BAT)
  6. ライトコイン(LTC)
  7. ステラルーメン(XLM)

ビットコイン(BTC)

Bitcoin
引用元:Bitcoinの公式サイト
通貨名ビットコイン 
シンボルBTC
価格(2021年10月1日現在)約482万円
時価総額(2021年10月1日現在)約91兆円
取扱取引所例Coincheck(コインチェック)
公式サイトビットコインの公式サイト
今後の見通し・予想ビットコインの今後の見通し・予想

まず、はじめにおすすめの仮想通貨として挙げられるのが、ビットコインです。

ビットコインは、一番最初に開発された仮想通貨です。

ビットコイン以外の仮想通貨を指すアルトコインは、ほとんどビットコインの技術を土台に開発されています。

最も古い仮想通貨であるため、他の仮想通貨と比較して、技術的な優位性を特別持っている訳ではありません

仮想通貨の代名詞的な存在であるビットコインは、未だに仮想通貨で最大の時価総額を誇っています。

引用元:TradingViewの提供チャート

価格は10月1日時点で約482万円です。 

仮想通貨という特性上、他の金融商品と比較するとボラティリティが激しいと感じるかもしれません。

しかし、仮想通貨の中では比較的価格が安定しています。(ステーブルコイン等を除く)

基本的に仮想通貨取引所ならビットコインを扱っているので、入手のしやすさという観点からも初心者におすすめの仮想通貨となっています

イーサリアム(ETH)

eth-Officesite
引用元:イーサリアムの公式サイト
通貨名イーサリアム
シンボルETH
価格(2021年10月1日現在)約38万円
時価総額(2021年10月1日現在)約39兆円
取扱取引所例Coincheck(コインチェック)
公式サイトイーサリアムの公式サイト
今後の見通し・予想イーサリアムの今後の見通し・予想

次に、おすすめな仮想通貨として「イーサリアム」が挙げられます。

2021年10月1日時点で、ビットコインに次ぐ価値を持つのがイーサリアムです。

アルトコインの代表的な存在で、その大きな特徴は「プラットフォーム」として機能している点です。

イーサリアムのブロックチェーン上では、スマートコントラクトを利用したものが多数構築されています。

DEXやレンディングに代表されるDeFiも、イーサリアムブロックチェーン上で構築されているものが多くあります。

また、イーサリアムは、このようなプラットフォーム全体の基軸通貨となっています。

そのため、プラットフォームの規模が大きくなるにつれて、価格が上昇すると言われています。

イーサリアム 9月チャート
引用元:TradingViewの提供チャート

イーサリアムの価格はイーサリアム単体の価値というよりも、イーサリアムプラットフォーム自体の価値とも言え、大きな可能性を秘めています。

DeFiはハードルが高いが、関連の仮想通貨を購入したい」といった方には、プラットフォームとしての恩恵を受けられる可能性を持つイーサリアムがおすすめです。

アイオーエスティー(IOST)

iost-official-site
引用元:IOSTの公式サイト
通貨名アイオーエスティー
シンボルIOST
価格(2021年10月1日現在)約5.93円
時価総額(2021年10月1日現在)約1070億円
取扱取引所例Coincheck(コインチェック)
公式サイトIOSTの公式サイト
今後の予想・見通しIOSTの今後の予想・見通し

アイオーエスティーは、独自のPoB(Proof of Believability)というコンセンサスアルゴリズムを採用した仮想通貨です。

アイオーエスティーが採用しているPoBは、ノードの報酬付与に際して「アイオーエスティーの保有量」「SERVI(貢献度)」といった要素を計算します。

PoBを採用する事により、PoWで発生しがちな寡占化を防ぐ事が可能になっています。

また、イーサリアムのようにプラットフォームとしての側面を持ち、スマートコントラクトを実装している事から、ブロックチェーン上での開発を行う事が可能です。

但し、同じ様なプラットフォームとしての機能を持っていますが、イーサリアムと異なる点がいくつかあります。

アイオーエスティーとイーサリアム
  • EDS(スケーラビリティ問題を解決する技術)により、イーサリアムにおけるスケーラビリティ問題の解決
  • スケーラビリティ問題の解決、PoBの採用でガス代高騰が起こっていない
  • JavaScriptによる容易な開発環境

イーサリアムのようなプラットフォームでは、スケーラビリティ問題が深刻になりがちです。

プラットフォームという特性により、大量のトランザクション処理が要求されるためです。

しかし、アイオーエスティーはEDS(スケーラビリティ問題を解決する技術)・PoBによって、処理速度を向上させ大量の処理にも耐える設計を目指しています。

また、プラットフォームにおいて「開発者が簡単に使える」というのは重要なポイントです。

アイオーエスティーの開発言語である「JavaScript」は、比較的開発者が使いやすい言語として知られています。

つまり、アイオーエスティーで開発を行う際の参入障壁が低いと言え、これはバリエーション豊かなdAppsが誕生していく事にも繋がります。

ただし、時価総額もプラットフォームとしての規模感も、イーサリアムと比較するとまだまだ小規模であると言えます。

引用元:TradingViewの提供チャート

仮想通貨全体の価格下落によって、価格を下げていますが一時期は8円を超え、2021年1月初旬の1円といった価格水準と比較すると、価格は高水準を維持しています。

イーサリアムのガス代高騰に悩まされた経験がある」「イーサリアム以外の可能性も探りたい」といった方には、アイオーエスティーがおすすめです。

エンジンコイン(ENJ)

enj-official-site
引用元:エンジンコインの公式サイト
通貨名エンジンコイン
シンボルENJ
価格(2021年10月1日現在)約144円
時価総額(2021年10月1日現在)約1,200億円
取扱取引所例Coincheck(コインチェック)
公式サイトエンジンコインの公式サイト
今後の予想・見通しエンジンコインの今後の見通し・予想

次に、おすすめなのがエンジンコインです。

上記したビットコインやイーサリアムと比較すると、時価総額の規模は大きくないものの、1,400億円の規模を持っている仮想通貨です。

エンジンコインとはEnjin Platform」で発行される仮想通貨の事で、母体となっているEnjin PlatformはシンガポールのEnjinという会社が開発しました。

Enjin Platformは、以下のような事が出来るプラットフォームで、近年注目されています。

Enjin Platformの機能
  • ゲームがEnjin Platformに構築されている
  • NFTの発行
  • ゲームのアイテムを資産にできる
  • 異なるゲームのアイテムを統合し交換可能に

つまり、ゲーム内のアイテムに資産価値を付ける事で、ゲームで稼ぐという事が出来るようになります。

また、Microsoft・Samsung等の大手テック企業と提携もしており、非常に規模の大きいプラットフォームになっている事が分かります。

Enjin Platform内では、イーサリアムやエンジンコインが利用可能となっています。

この事によりEnjin Platformの規模が大きくなればなるほど、エンジンコインの価格が上昇する可能性があります。

引用元:TradingViewの提供チャート

2021年6月1日付近では価格が大きく下落しているものの、これは仮想通貨全体の価格が下落しているため、エンジンコイン単独の問題とは言い難いでしょう。

ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨と比べると規模が小さい分、これからも大きな価格上昇が期待できる通貨になります。

「ゲームが好き」「NFT関連の仮想通貨を購入したい」といった方には、エンジンコインがおすすめです。

ベーシックアテンショントークン(BAT)

bat-official-site
引用元:ベーシックアテンショントークンの公式サイト
通貨名ベーシックアテンショントークン
シンボルBAT
価格(2021年10月1日現在)約69円
時価総額(2021年10月1日現在)約1035億円 
取扱取引所例Coincheck(コインチェック
公式サイトベーシックアテンショントークンの公式サイト
今後の予想・見通しベーシックアテンショントークンの今後の予想・見通し

ベーシックアテンショントークンは、Braveというブラウザで獲得・使用出来るトークンの事です

Braveというブラウザについて簡単にまとめると「広告の形を変える」事を目的としたブラウザとなっています。

近年、広告に利用されるユーザーの情報や、ブラウザを利用しているユーザーのプライバシーといった点が、欧米を中心に注目を集めています。

Braveなら、ネット上で表示される広告をブロックし、その代わりに任意の広告を閲覧する事が可能です。

広告を閲覧すると、ユーザーは「ベーシックアテンショントークン」を報酬として獲得出来ます。

また、ベーシックアテンショントークンは、Braveを通してコンテンツを提供してくれているメディア等へ投げ銭として利用出来ます。

新たなブラウザ・広告の形として注目されており2019年に870万人、2020年で1830万人と年々ユーザー数が増えています。

Braveを利用してみたい」「インターネット上のプライバシー等に興味がある」といった方には、ベーシックアテンショントークンがおすすめです。

ライトコイン(LTC)

litecoin-official-site
引用元:ライトコインの公式サイト
通貨名ライトコイン
シンボルLTC
価格(2021年10月1日現在)約17,033円
時価総額(2021年10月1日現在)約1.1兆円
取扱取引所例Coincheck(コインチェック)
公式サイトライトコインの公式サイト
今後の予想・見通しライトコインの今後の予想・見通し

次に紹介するおすすめの仮想通貨は、ライトコインです。

ライトコインは、身近に使える決済通貨として利用される事を目指した仮想通貨となっています。

また、ライトコインは2011年からスタートした比較的歴史のある仮想通貨です。

「Segwit」という取引データを圧縮する技術を用いてスケーラビリティ問題を解決し、ビットコインより4倍も発行上限が高い事が特徴となっています。

現在では、このような技術を用いている仮想通貨は少なくありませんが、2011年の頃には革新的な存在で、歴史の長さから現在でも人気の高い仮想通貨です。

歴史が長く信頼性のある仮想通貨が欲しい」といった方には、ライトコインがおすすめです。

ステラルーメン(XLM)

xlm-official-site
引用元:ステラルーメン公式サイト
通貨名ステラルーメン
シンボルXLM
価格(2021年10月1日現在)約31円
時価総額(2021年10月1日現在)約7,320億円
取扱取引所例Coincheck(コインチェック)
公式サイトステラルーメン公式サイト
今後の予想・見通しステラルーメンの今後の予想・見通し

銀行口座を持てないといった新興国に住む個人間の送金問題を解決するために、開発されたのがステラルーメンです。

ステラルーメン開発の中心的な人物に、リップル出身の開発者が居た事もあり、基本的にリップルと似通っている点が多いのが特徴です。

例えば「ステラ財団」がステラルーメンを管理しており、中央集権的な側面を持っていると言えます。

同じくリップルに関しても中央集権的であるという見方が少なくありません

また、両者とも送金に際して「早い・安い」を重視した設計となっています。

ターゲット層や取引の承認方式は異なるものの、似通っていると言って良いでしょう。

リップルのような仮想通貨に投資してみたい」「中央集権的な仮想通貨も気になる」といった方には、ステラルーメンがおすすめです。

仮想通貨投資を始めてみたいという方には、コインチェックがおすすめです。

スマホアプリからでも簡単に操作することができるので、初心者の方でも安心して仮想通貨に投資できるでしょう。

【最新】仮想通貨の時価総額ランキングTOP5

次に移り変わりが激しい仮想通貨の時価総額ランキングについて、ご紹介していきます。

2021年10月1日時点で、時価総額ランキングTOP5は以下のようになっています。

仮想通貨の時価総額ランキングTOP5
  1. ビットコイン(BTC) 約91兆円
  2. イーサリアム(ETH) 約39兆円
  3. テザー(USDT) 約7.5兆円
  4. カルダノ(ADA) 約7.4兆円
  5. バイナンスコイン(BNB) 約7.1兆円

TOP5のため、どれも大きな規模を持っていますが、ビットコインとイーサリアムが圧倒的です。

2位のイーサリアムと3位のテザーを比較すると、5倍近くの差がある事が分かります。

また、プラットフォーム的な側面を持つバイナンスコインとイーサリアムがランクインしているのも特徴的です。

プラットフォームの基軸通貨となっている仮想通貨は、プラットフォームの規模が大きくなると、価格が上昇する傾向にあるためでしょう。

「仮想通貨投資を始めてみたいけどまだ口座を持っていない…」という方には、コインチェックがおすすめです。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひコインチェックで口座開設をしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

おすすめ仮想通貨取引所を選ぶポイント

次に、仮想通貨を購入する上で必要な「仮想通貨取引所」の比較ポイント・選び方について紹介していきたいと思います。

仮想通貨取引所の比較ポイントとして、以下の3点が挙げられます。

仮想通貨取引所の3つの比較ポイント
  • 初心者でも使いやすいか
  • 手数料の安さ
  • 取扱通貨の数

初心者に優しい取引所

「仮想通貨投資をまだやったことがない」といった初心者の方が、注目すべきなポイントは「分かりやすさ・使いやすさ」です。

仮想通貨取引所と一括には出来ず、取引所によって初心者が使いこなせるまでのハードルは異なります

取引所の使い方が分からず、仮想通貨投資を諦めるというのは非常に残念な事なので、初心者の方は特に注意したいです。

おすすめの「初心者に優しい取引所」を見分ける・比較するポイントとして「アプリが使いやすい取引所か?」という点が挙げられます。

スマホアプリからでも簡単に・直感的に操作出来る取引所は、シンプルな取引画面を提供している傾向があるので、必然的に初心者でも簡単に始められます。

スマホアプリの使いやすさという点で、おすすめなのは「コインチェックです。

国内仮想通貨取引アプリのダウンロード数1位を獲得している取引所で、シンプルなUI(操作画面)に定評があります。

「仮想通貨は難しそう・・・」と考えている方は、まずコインチェックのスマホアプリから、仮想通貨に触れてみましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

手数料はどのくらいか

仮想通貨取引所によって、手数料の種類や料金は異なります。

仮想通貨取引所が一般的に導入している手数料には以下のような種類が挙げられます。

仮想通貨取引所と手数料の種類
  • 入出金手数料
  • 現物の取引手数料
  • レバレッジ取引やFXの手数料

どの取引手数料を高く・安くしているのか?は取引所によって異なるので、自分に合う手数料を導入している取引所を見つける事が重要です。

気になる方は仮想通貨取引所の手数料比較という記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

取扱っている通貨のバリエーション

仮想通貨取引所によって、取扱通貨のバリエーションは大きく異なります

国内仮想通貨取引所をメインで利用する方は、利用する取引所によって「どの仮想通貨が買えるのか」というのが、このポイントで左右されます。

バリエーションが豊富な方が基本的に望ましいので、基本的には取扱通貨の多い取引所をおすすめします。

コインチェックでは、17種類の仮想通貨を取り扱っており、国内最大級となっています。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックで口座開設をしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

おすすめ仮想通貨取引所ランキング

上記した取引所の比較ポイントから「おすすめの仮想通貨取引所」をご紹介していきます。

初心者の方は、これからご紹介する3つの仮想通貨取引所がおすすめです。

3つのおすすめ仮想通貨取引所
  1. コインチェック
  2. DMMビットコイン
  3. GMOコイン

コインチェック

コインチェックの公式サイト-1
名称Coincheck(コインチェック)
取扱通貨数17種類
最低取引金額500円
取引手数料取引所なら0円
提供サービス仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
Coincheckつみたて
大口OTC取引
貸仮想通貨
公式サイトコインチェックの公式サイト

一番おすすめ出来る仮想通貨取引所は仮想通貨取引所ランキングでも1位で紹介されている「コインチェックです。

先程、ご紹介した「初心者に優しい」・「取引手数料」・「取扱通貨」の3点でみて、総合的に一番優れた取引所となっています。

コインチェックのおすすめポイント
  • アプリが使いやすく初心者でも利用しやすい
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 取扱通貨が17種類と国内取引所で最多

また、コインチェックは「貸仮想通貨」というサービスを提供しているのも大きなポイントです。

仮想通貨を預けるだけで最大年率5%リターン」が返ってくるサービスです。

coincheck-lending-1

そのため「初めて買った仮想通貨を長期保有していく計画がある」といった方に、おすすめできます。

また、既に仮想通貨を保有している方でも「DeFiのようなサービスで仮想通貨を運用したい」といった希望を持っている方は少なくないでしょう。

コインチェックなら安心の国内仮想通貨取引所で「既に持っている仮想通貨の運用」が出来ます。

このような点を総合すると、コインチェックは初心者から既に仮想通貨をお持ちの方まで、幅広くおすすめできる取引所になっています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMMビットコイン

DMM-Bitcoin
名称DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
取扱銘柄数現物取引4種類、レバレッジ取引19種類
最低取引金額銘柄により異なる
取引手数料銘柄により異なる
公式サイトDMMビットコインの公式サイト

次に、おすすめ出来る暗号資産取引所は「DMMビットコイン」です。

DMMビットコインの特徴は「レバレッジ取引」にあります。

dmm-bitcoin-service-1

現物取引のバリエーションは少ないものの、レバレッジ取引に関しては非常に豊富です。

レバレッジ取引を中心的に行いたいという方に、おすすめできる暗号資産取引所となっています。

DMMビットコインの評判・口コミもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

\【期間限定】全員2,000円もらえる/

GMOコイン

gmo
名称GMOコイン
取扱通貨・銘柄数13種類
最低取引金額402円から(ビットコイン・記事執筆時点)
取引手数料Maker:-0.01%、Taker:0.05%
公式サイトGMOコインの公式サイト

GMOコインを簡単にまとめると、様々な仮想通貨取引所の特徴を持った取引所であると言えます。

GMOコインの商品・サービスをまとると以下のようなものが挙げられます。

GMOコインの商品・サービス
  • 現物取引
  • 販売所
  • 暗号資産FX
  • 貸暗号資産
  • つみたて暗号資産
  • ステーキング

多様な商品・サービスを選択出来る事から、仮想通貨に慣れた後にサブの口座として持っておくといった用途に最適な仮想通貨取引所になっています。

\ 取引開始まで最短10分!/

仮想通貨のおすすめ取引方法

仮想通貨投資といっても、運用方法や取引方法は多種多様です。

上級者になるとDeFiで運用等を行いますが、この記事では初心者におすすめな取引方法・運用方法を2つご紹介します。

長期保有

まず、おすすめなのは「長期保有」を前提とした運用です。

おすすめな理由は「仮想通貨は基本的に値上がりを続けている」という歴史があるためです。

代表的な例として、ビットコインの価格推移をご紹介します。

btc-all
引用元:TradingViewの提供チャート

2015年から現在までのデータになりますが、長い目で見ると基本的に価格が上がり続けている事が分かります。

もちろん、これはビットコインに限った話ではありません。

仮想通貨全体の時価総額も、長期的な視点で見ると上がり続けています

crypt-marketcap
引用元:TradingViewの提供チャート

もちろん、中には0円と同等の価値まで下がってしまった仮想通貨等も存在していますが、全体的には規模が大きくなり続けています

このような過去のデータを見てみると、これからも上昇を続ける可能性はあると言えるのではないでしょうか。

但し、仮想通貨は全体的に発展途中なので、これから何が起こるのか?については未知数な部分があるという点は留意しなければいけません。

長期保有を行うといった場合には、複数の仮想通貨を購入し、保有していくのがおすすめです。

また、コインチェックなら、コインチェックが取扱っている仮想通貨は全て「貸仮想通貨で運用」する事が出来ます

そのため、長期保有が前提の方は、以下のような手順で運用するのがおすすめです。

おすすめの長期保有方法
  1. コインチェックの豊富な取扱通貨でバランス良く資産を配分
  2. 貸仮想通貨にて保有中は運用
  3. 任意のタイミングで売却

長期保有をしたい方は、コインチェックでお得に仮想通貨を運用してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

レバレッジ取引

既に法定通貨のFX等の経験があるといった方には「レバレッジ取引」がおすすめです。

レバレッジ取引を利用すると、少ない資金からでも大きな取引が可能なので、効率的な運用を出来る可能性があります。

ただ、こちらに関しては仮想通貨初心者というよりも「投資自体が初心者」という方におすすめできません

レバレッジ取引は、大きな利益を期待出来る分、大きなリスクを取る事になり、仮想通貨のボラティリティの高さも相まって、リスクが高くなりがちです。

レバレッジ取引を行う際には、通常の取引を行う時よりもさらに細心の注意を払って臨むようにしてください。

おすすめの仮想通貨に関するよくある質問

最後に、仮想通貨に関してよくある質問について「トークンの意味」「海外取引所について」という2点から解説していきたいと思います。

特に海外取引所の扱いについては、気になっている方が少なくないはずです。

トークンとは?仮想通貨と何が違う?

仮想通貨について、調べていると「仮想通貨とトークンの違い」について、疑問に感じる方も少なくないはずです。

一般的に仮想通貨のトークンとは「独自のブロックチェーンを持たない仮想通貨」の事を指します。

ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨は、独自のブロックチェーンを採用しており、その上で仮想通貨が機能しています。

一方、トークンは独自のブロックチェーンを持たず、既に存在しているブロックチェーンの上で発行される仮想通貨の事です。

この記事で紹介したおすすめの仮想通貨のうち、以下がトークンにあたります。

この記事でおすすめしたトークンとブロックチェーン
  • エンジンコイン:イーサリアムブロックチェーン
  • ベーシックアテンショントークン:イーサリアムブロックチェー

海外取引所は使って良い? 

基本的に、日本人が海外取引所を使うことは推奨されていません。

海外取引所は金融庁の登録を受けていないケースが大半で、金融庁はHPで以下のような記載をしています。

暗号資産交換業者は登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。

金融庁

海外取引所の質はピンからキリまであり、取扱数が多いという特徴も持っているため、詐欺まがいな仮想通貨が存在していることもあります。

少なくとも、初心者が海外取引所を利用することはおすすめすることはできません

仮想通貨取引初心者の方には、ビットコインアプリダウンロード数No.1のコインチェックがおすすめです。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会に口座開設をしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

おすすめ仮想通貨まとめ

この記事では、おすすめの仮想通貨から仮想通貨取引所まで、様々な点を解説してきました。

仮想通貨はまだまだ発展途上ではあるものの、大きな可能性を持った通貨が多数存在しています。

※仮想通貨に投資をする際は十分に注意して自己責任で行うようにしてください。

この記事の要点
  • 仮想通貨を選ぶときは信頼性/流動性/技術に注目
  • 仮想通貨取引を選ぶときは使いすさ/手数料/取扱数に注目
  • 仮想通貨の価格は長い目で見ると上昇傾向
  • 投資経験者ならレバレッジ取引がおすすめ
  • 海外取引所はおすすめできない
  • 初めての仮想通貨投資はコインチェックがおすすめ

まだ口座をお持ちでないという方は、17種類の仮想通貨を取扱っており取扱数最多のコインチェックで口座開設をしておくのがおすすめです。

仮想通貨のバリエーションが多いコインチェックなら、口座開設をした後に多様な選択肢の中から、投資したいと思える仮想通貨に出会えるはずです。

使いやすく選択肢が多いコインチェックで、初めての仮想通貨投資をスタートしましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる