【2022年最新】おすすめの高配当銘柄の利回りランキングを発表!

高配当株おすすめ

数ある株式投資銘柄の中でも、利回りの高い「高配当株」は投資家からの人気が高いです。

しかし「どの銘柄を選べば良いの?」「米国株の高配当銘柄も知りたい」と思っている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、国内・米国のおすすめの高配当株を詳しくご紹介します。

高配当株のメリットやデメリットについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事から分かること
  • 高配当株に投資することで比較的安定して配当が受け取れる
  • インカムゲインが得られると不況時にも再投資しやすい
  • 東証2部のベリテは配当利回りが9.15%と非常に高い
  • 高配当株と呼ばれるのは配当利回りが3%以上の銘柄
  • 高配当株投資をするなら国内株式個人取引シェアNo.1の「SBI証券」が最適

高配当株を保有していることで、定期的にインカムゲインが得られます。

SBI証券は手数料が業界最低水準な上に、取扱銘柄数も国内・米国ともに豊富です。

高配当株の取引をしてみたい方は、ぜひSBI証券の公式サイトをチェックしてみてください

\ 株式取引シェアNo.1! /

目次

高配当株比較一覧

高配当株を一覧にまとめました。

高配当株への投資を考えている方は、比較一覧表を参考にして銘柄を選んでみてください。

高配当株(国内)

国内の高配当株比較一覧です。

高配当株配当利回り騰落率(過去1年間)
 ベリテ(東2・9904)9.78%113.17%
商船三井 (東1・9104)10.98%260.36%
アイモバイル (東1・6535)2.31%71.60%

東証2部で取引されている「ベリテ」は、配当利回りが9.78%と他の高配当銘柄と比べても高いところが魅力的です。

商船三井やアイモバイルは配当利回りはベリテに劣るものの、優待サービスなどが魅力的なのでぜひとも投資しておきたい銘柄です。

SBI証券では国内株4,191銘柄を取り扱っているので、自分の好みや目的に合った取引先がきっと見つかるはずです。

高配当株(米国)

米国の高配当株比較一覧です。

高配当株配当利回り騰落率(過去1年間)
ジャナス・ヘンダーソン・グループ(JHG)6.29%129.2%
コジェント・コミュニケーションズ・ホールディングス(CCOI)5.80%103.27%
モーリス(MC)6.02%100.87%

一般的に、高配当銘柄と呼ばれるには配当利回りが3%を超えていることが目安となりますが、上記3銘柄はどれもその条件に当てはまります。

米国株はどれも1株から購入することができるので、まとまった資金が用意できない方でも気軽に高配当株に投資すること可能です。

SBI証券楽天証券では米国株式銘柄も豊富に取り揃えており、手数料も業界最低水準となっています。

特にSBI証券では米国株式の取引手数料が無料になるキャンペーンを行っていたり、お得な口座開設キャンペーンも開催されています。

お得に高配当株取引を始めたい方は、ぜひSBI証券の公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

\ 株式取引シェアNo.1! /

おすすめの高配当株ランキング(国内)

まずは、おすすめの国内高配当株を詳しくご紹介します。

 ベリテ(東2・9904)

銘柄名ベリテ
株価405円
配当利回り9.88 %
1株あたりの配当40円
最低購入額405円
購入できる証券会社SBI証券
楽天証券
LINE証券

ベリテは、ダイヤ、ネックレスを中心とした宝飾品の小売り大手です。

配当利回りが9.15%と他の国内株銘柄と比較しても非常に高く、高い配当金が期待できます。

コロナショックの影響により一時的に減配しましたが、2022年6月時点の前期配当性向は高く、純利益の中から多くの金額を配当金として株主に還元していることがわかります。

インカムゲインを期待している投資家にとっては見逃せない銘柄だと言えるでしょう。

商船三井 (東1・9104)

銘柄名商船三井
株価3215円
配当利回り10.98%
1株あたりの配当330円
最低購入額6,890円
購入できる証券会社SBI証券
楽天証券
LINE証券

商船三井は東証1部に上場する海運業大手で、世界最大級の航路網や保有船が強みと言われています。

商船三井は2019年3月期以降「連続増配」を継続しており、2022年3月期の配当が予定どおり実施されれば、4期連続増配になります。

配当が年々増えているということは業績が好調な証拠でもあるので、今後も期待ができる銘柄だと言えるでしょう。

アイモバイル (東1・6535)

銘柄名アイモバイル
株価1,514円
配当利回り2.31%
1株あたりの配当100円
最低購入額1,514円
購入できる証券会社SBI証券
楽天証券
LINE証券

アイモバイルは、ふるさと納税ポータルサイト「ふるなび」を運営するインターネットIT企業です。

2016年10月に上場して以来配当を実施していませんでしたが、2021年7月期に初配を実施しました。

2021年7月期(通期)のアイモバイルの業績予想は、売上高・営業利益も好調なので、今後の配当も期待できるでしょう。

今回ご紹介した国内高配当株はSBI証券楽天証券LINE証券で取引可能です。

SBI証券は取引アプリの使いやすさに定評があり、銘柄検索もしやすいので初心者の方でも安心して利用できます。

高配当株に取引きするならぜひSBI証券の公式サイトをチェックしておきましょう。

\ 株式取引シェアNo.1! /

おすすめの高配当株ランキング(米国)

続いて、おすすめの米国高配当株をご紹介します。

コジェント・コミュニケーションズ・ホールディングス(CCOI)

銘柄名コジェント・コミュニケーションズ・ホールディングス
株価60.74米ドル
配当利回り5.80%
1株あたりの配当0.35米ドル
最低購入額60.74米ドル
購入できる証券会社SBI証券
楽天証券

コジェント・コミュニケーションズ・ホールディングス(Cogent Communications Holdings, Inc. )は、米国のインターネットプロバイダー会社です。

超高速インターネット・アクセスおよび通信サービスに注力しており、北米のデータセンターや全米主要大都市圏のマルチテナント型市場向けの事業も好調です。

コジェント・コミュニケーションズ・ホールディングスは2015年以降、四半期ごとに連続増配となっています。

モーリス(MC)

銘柄名モーリス
株価39.90米ドル
配当利回り6.20%
1株あたりの配当6.60米ドル
最低購入額39.90米ドル
購入できる証券会社SBI証券
楽天証券

モーリス(Moelis & Company)は、M&A(合併・買収)、資本再構成、事業再編などの事業を展開している投資銀行です。

統合的なファイナンシャルアドバイザリーサービスを世界各国で提供しています。

今後も業績は堅調に推移すると予想されており、配当利回りも6%前後が期待できるでしょう。

ジャナス・ヘンダーソン・グループ(JHG)

銘柄名ジャナス・ヘンダーソン・グループ
株価58.46米ドル
配当利回り1.07%
1株あたりの配当3.36米ドル
最低購入額58.46米ドル
購入できる証券会社SBI証券
楽天証券

ジャナス・ヘンダーソン・グループ(Janus Henderson Group PLC)は、英国に本社を置く金融サービスグループです。

個人資産家などを対象に株式、債券、不動産、プライベート・エクイティなどのアクティブファンド運用に取り組んでおり、株価は昨年の高値を超えるなど好調な銘柄です。

2021年4月に発表された四半期決算では、EPS(1株あたりの利益)と売上高ともにコロナショック前の水準を超えています。

今後も安定して配当が期待できると言われているので、ぜひポートフォリオに加えておきましょう。

米国株を取引するなら、米国株銘柄が豊富なSBI証券が最適です。

SBI証券には米国株専用のアプリも用意されており、スマホ1台で米国株式投資が完結します。

株価チャートなども見やすく、これから株取引を始める方にも使いやすいので、ぜひこの機会にSBI証券の公式サイトにアクセスをして米国株デビューをしてみてはいかがでしょうか。

\ 株式取引シェアNo.1! /

高配当株が買えるおすすめの証券会社

ここからは、高配当株が買えるおすすめの証券会社をご紹介します。

SBI証券

SBI証券
取扱銘柄数国内株:4,191銘柄
米国株:4,200銘柄
最低取引額100円
取引手数料55円〜
対応サービスNISA・つみたてNISA・iDeCo
詳細SBI証券公式ページ

高配当株に投資するなら、国内株式個人取引シェアNo.1のSBI証券が最適です。

SBI証券は国内株・米国株ともに取扱銘柄数が業界トップクラスの豊富さで、手数料も圧倒的に安く、非常に優秀な証券会社だと言われています。

NISA・つみたてNISA・iDeCoなどのサービスに対応しているところも魅力の一つです。

NISA枠を利用すれば年間120万円までは投資で得た利益が非課税となるので、お得に高配当株投資を楽しむことができます。

SBI証券では、スクリーニング(銘柄条件検索)という機能を使って配当利回りの高い銘柄を簡単に検索できるので、高配当株投資を始めるならSBI証券を選んでおけば間違いないでしょう。

SBI証券はわずか4ステップで取引を始められるので、「すぐにでも高配当株取引をしたい」という方はSBI証券の公式サイトをチェックしてみてください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

楽天証券

楽天証券
取扱銘柄数国内株:4,194銘柄
米国株:3,972銘柄
最低取引額100円
取引手数料55円〜
対応サービスNISA・つみたてNISA・iDeCo
詳細楽天証券公式ページ

楽天証券は、あらゆるインターネット関連サービスを展開している「楽天」によるネット証券です。

楽天銀行や楽天カードとの連携がスムーズで、日頃から楽天サービス利用している方にとって非常に使いやすいのがメリットです。

また取扱銘柄数や手数料の安さでは、国内最大手のネット証券「SBI証券」に匹敵します。

長期的な資産形成に役立つ「iDeCo」や「つみたてNISA」にも対応しているので、楽天証券の口座を保有しておいて損はないでしょう。

楽天証券が運営する投資情報メディア「トウシル」では、高配当株に関する情報が配信されているのでぜひ参考にしてみてください。

\ 最短5分で口座申し込み完了! /

LINE証券

LINE証券
取扱銘柄数国内株:3,700銘柄以上
米国株:取扱なし
最低取引額100円
取引手数料買付手数料:無料
(売却時は手数料がかかります)
対応サービスiDeCo
詳細LINE証券公式ページ

LINE証券は、スマホユーザーに特化したネット証券サービスです。

普段使っているLINEアプリで口座開設から取引まで行うことができるので、非常に使いやすいでしょう。

また全銘柄が買付手数料無料となっており、売却時には手数料が発生しますが、往復の手数料で比較しても他の証券会社に比べて低いコストで取引できます。

そして高配当株を長期間保有するなら頻繁に売ることもないので、LINE証券を利用すればほとんどコストはかかりません。

現時点では米国株の取り扱いがありませんが、今後追加される可能性もあるので期待して待ちましょう。

現在は、最大5,000円分の株が無料でもらえるのでこの機会に是非活用してください。

\ 最大4,000円分相当の株もらえる/

高配当株の概要

「高配当株」は、配当金利回りが高い株式銘柄のことを指します。

配当金利回り:購入した銘柄で1年間で受けられる配当を数値で示したもの

配当金利回りは、配当金額が大きければ高くなり、配当金額が小さければパーセンテージが下がります。

配当利回りが3%を超えている銘柄は一般的に高配当だと言われているので、各銘柄の配当利回りをよく確認して投資先を選びましょう。

SBI証券では、スクリーニング(銘柄条件検索)という機能を使えば、配当利回りの高い銘柄だけを検索することもできます。

とても使いやすい機能が揃っているので、SBI証券の口座を持っていない方はこの機会に公式サイトをチェックしておきましょう。

\ 株式取引シェアNo.1! /

高配当株のメリット

高配当株のメリットは以下のとおりです。

高配当株のデメリット
  • 高い配当を貰える
  • 配当金が安定している
  • 不況時でも再投資しやすい

高い配当を貰える

高配当株投資は、保有しているだけで高い配当金を貰えるのが最大のメリットです。

国内株の平均配当金利回りは2%前後ですが、高配当株は利回りが3%以上と高いです。

頻繁に売買をしなくても良い上に、3%以上の配当金が定期的に得られるので、インカムゲイン狙いの方には非常に魅力的ではないでしょうか。

配当金が安定している

株価は一日の間に大きく変動することもありますが、配当金は業績が堅調であれば比較的安定して支払われます。

株を保有しているだけで安定的な収入が得られるので、堅実志向な方にとってはメリットが大きいです。

実際に連続増配を続けている企業もあるので、優良銘柄の見極めさえできれば安定して利益を狙っていけるでしょう。

不況時でも再投資しやすい

配当金は比較的変動が少ない傾向にあるため、市場全体が下落しているときでも一定の配当が得られることが多いです。

受け取った配当金があれば不況時でも再投資しやすいので、高配当株を買い増ししておくこともできます。

不況を抜け出した際には再投資の成果が現れて、大きなリターンが得られるでしょう。

また不況時でも安定した現金収入が得られることは、心理的な安定にもつながります。

いざというときに備えてぜひ高配当株投資を始めてみてください。

証券会社選びに迷っているという方には、国内株式個人取引シェアNo.1のSBI証券が最適です。

銘柄情報やマーケット情報なども充実しており、高配当株取引が初めての方でも安心して利用できるでしょう。

\ 株式取引シェアNo.1! /

高配当株のデメリット

高配当株のデメリットは以下のとおりです。

高配当株のデメリット
  • 減配する可能性がある
  • 税金がかかる
  • 資金力と時間が必要

減配する可能性がある

高配当株と言えども、配当金が減少する「減配リスク」はあります。

最近ではコロナショックの影響により業績が悪化し、配当が維持できなくなるケースもありました。

配当利回りだけを見て投資先を決定するのではなく、業績や財務状況をしっかり確認して決めることが大切です。

業績が思わしくない高配当株銘柄には投資しないようにしましょう。

そして納得のいく投資先を選ぶには、豊富に銘柄を取り扱っている「SBI証券」が最適です。

銘柄数が極端に少ない証券会社だと、希望に沿わない投資先を選んでしまうかもしれないので注意しましょう。

税金がかかる

配当金を受け取ると、日本では20.315%の源泉徴収税がかかります。

せっかく配当を受け取っても税金分の利益が減ってしまうところがデメリットです。

このデメリットを回避する唯一の方法が、NISA制度を活用することです。

NISAは年間120万円までと上限が決められていますが、5年間で最大600万円が非課税となるのでとてもお得に投資ができます。

資金力と時間が必要

高配当株に投資して十分な利益を得るには、ある程度の資金力と時間が必要になります。

例えば配当利回り4%の銘柄に10万円投資した場合、年間で得られる配当金額は4,000円です。

高配当株とは言えども投資資金が少ないと得られる利益も少なくなるので、できれば100万円以上の資金を用意しておきたいところです。

また日本では年2回配当が一般的で、多くても年4回となっているため、すぐにでも多額のリターンが欲しい方には向いていない投資方法です。

ただコツコツと時間をかけて再投資を行っていけば、得られる利益はどんどん増えていきます。

運用の成果が実感できるようになるまでは忍耐が必要ですが、安定的に資産を増やしたいという方には高配当株投資は最適な方法です。

SBI証券なら選べる投資先が豊富で、NISA制度にも対応しているため、上記のデメリットをカバーしながら高配当株投資ができます。

SBI証券の公式サイトをチェックしてコツコツと利益を積み上げていきましょう。

\ 株式取引シェアNo.1! /

おすすめの高配当株まとめ

今回は、おすすめの高配当株について解説していきました。

記事の要点
  • 高配当株に投資しておけば安定的なインカムゲインが得られる
  • 各銘柄の業績や配当状況を見極めて投資しよう
  • 配当金の受け取りには税金がかかるので、NISA口座を活用しよう
  • 高配当株投資をするなら、すべてにおいてバランスの良い「SBI証券」が最適

高配当株を保有していると定期的に高い配当金が得られるので、インカムゲインを中心に利益を得たい方はぜひ高配当株の取引しましょう。

SBI証券は手数料の安さ、取扱銘柄の豊富さ、取引ツールの使いやすさなど、すべてにおいて優秀なネット証券会社です。

証券会社選びに迷っているという人は、国内株式個人取引シェアNo.1のSBI証券にしておけば間違いないと言えるでしょう。

この機会にSBI証券の公式サイトをチェックして、高配当株取引を始めてみてはいかがでしょうか。

\ 株式取引シェアNo.1! /

目次
閉じる