仮想通貨イルビウム(Illuvium /ILV)とは?買い方や今後の見通し・将来性を徹底解説!

ILV

イルビウム(Illuvium /ILV)は現在注目されているPlay-to-earnゲームおよびゲーム内で利用される独自トークンです。

高いグラフィックや自由度の高いゲーム性から、正式リリース前にもかかわらず世界中から注目を集めています。

今回は、Play-to-earnゲームのIlluviumや独自トークンとして発行されているILVの価格動向、今後の見通しなどについて詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • イルビウム(Illuvium)は、モンスターを戦わせるオープンワールドRPG
  • Play-to-earnゲームとして注目されている
  • ILVはガバナンスやステーキングに利用される独自トークン
  • 現在のILVの価格は低迷しているが、正式リリース後の価格動向に注目が集まる
  • ILVを入手するにはbitFlyerなどの国内取引所から海外取引所に仮想通貨を送金しよう

ILVを入手するためには、国内取引所で仮想通貨を購入し、それを海外取引所に送金するという手順が必要となります。

国内取引所で仮想通貨を購入する際は、bitFlyerなどの取引コストを抑えやすい取引所を選ぶと良いでしょう。

日本円の入出金も非常に早いスピードで完了するため、使い勝手の良い取引所です。

口座申し込みは簡単な手順で完了するので、イルビウムに興味のある方は、ぜひこの機会にbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

目次

イルビウム(Illuvium/ILV)とは?

イルビウム1
名称Illuvium(イルビウム)
シンボルILV
ブロックチェーンイーサリアム
現在の価格(2023年1月17日現在)¥6,854.19
時価総額(2023年1月17日現在)¥13,522,676,388
取引所Binance(バイナンス)、KuCoin(クーコイン)、OKX(オーケーエックス)他
公式サイトIlluviumの公式サイト

イルビウム(Illuvium/ILV)は、モンスターを戦わせるオープンワールドRPG型のPlay-to-earnゲームおよびそこで用いられる独自通貨の名称です。

Illuviumはイーサリアム系のブロックチェーンを採用しているため、イーサリアムを利用してプレイ可能です。

自由度の高いゲーム性や遊びながら仮想通貨を稼げるPlay-to-earn型のスタイルから、非常に注目が集まっているブロックチェーンゲームです。

公式ツイッターのフォロワー数は約34万人と、正式リリースはまだにもかかわらず、多くの人が今後の動向や最新ニュースをチェックしていることがわかります。

IlluviumのガバナンストークンであるILVはゲームをプレイする過程で手に入れたり、ステーキングによって増やせたりという特徴があります。

現在、国内の仮想通貨取引所ではILVを取り扱っていないため、購入する場合は海外の取引所を利用することとなります。

国内の取引所から海外の取引所に仮想通貨を送金し、送金した仮想通貨でILVに交換するという流れが一般的です。

bitFlyerはビットコインやイーサリアムはもちろん、さまざまな仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所です。

コストを抑えて取引しやすく、仮想通貨投資の初心者でも手軽な操作で始めやすいというメリットがあります。

イルビウムに興味のある方は、ぜひこの機会にbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

イルビウム(ILV)の仕組み・特徴

イルビウム(ILV)の仕組みや特徴を確認していきましょう。

イルビウム(ILV)の仕組み・特徴
  • オープンワールドRPG Illuvium内で用いられるトークン
  • ステーキングが利用できる
  • ETHやsILV2と用途別に使い分けられる

オープンワールドRPG Illuvium内で用いられるトークン

仮想通貨イルビウム(ILV)は、オープンワールドRPGのIlluviumの独自トークンとして発行されている仮想通貨です。

Illuviumは、ゲームの世界に生息するイルビアルと呼ばれるモンスターを捕まえ、対戦するRPGです。

モンスターを育てて戦わせるという点は、Axie Infinityにも似ていますが、Illuviumは3DCGによって描かれたリアルなグラフィックという点に特徴があります。

広大なゲームの世界を自由に動き回って遊ぶことができるので、ユーザーの遊び方の幅が広いのも特徴的です。

モンスターを捕まえることに注力したり、お気に入りのモンスターの育成に力を入れたり、広大なワールドを隅々まで探索したり、と自分の好きなように遊べます。

加えて、Illuviumはゲームをプレイすることでお金を稼げるPlay-to-Earnが可能です。

モンスターを集めたり、トーナメントで買ったりすることでILVなどのゲーム内トークンが手に入るため、楽しみながらお金も稼げるというメリットがあります。

Illuvium内のアイテムやモンスター、土地などはNFT化されているため、マーケットプレイスを通じて販売・購入することが可能です。

イルビウム2

レアなアイテムは高値で取引されるため、手に入ったアイテムによっては大きな利益も期待できるかもしれません。

NFTの売買はImmutable Xのチェーン上で行われることで、ガス代が無料となっているのも特徴の一つです。

イーサリアムで問題となりやすいガス代についての心配がない点はメリットと言えるでしょう。

ステーキングが利用できる

Illuviumでは、ILVのステーキングも可能です。

ステーキングとは、保有している仮想通貨をブロックチェーン上に預け入れることで、報酬として仮想通貨を受け取れる仕組みのことです。

仮想通貨を売買しなくても収益が期待できる運用方法として、低リスクな運用方法を好むトレーダーに注目されています。

イルビウム3

2022年9月7日現在では、ILVの年利は12.80%、ILVとETHのペアの年利は96.57%と非常に高い利回りが期待できます。

ただし、ステーキングを行う際は最初に預け入れる期間を選択し、一度仮想通貨を預けたら定められた期間が経過するまでは引き出せません。

運用期間中にいくら仮想通貨が値上がりしていたとしても、引き出せるのはロック期間が過ぎたあととなります。

引き出すタイミングで仮想通貨そのものの価格が暴落していれば、仮想通貨の枚数が増えていたとしても損をする可能性もあるため注意しましょう。

ETHやsILV2と用途別に使い分けられる

Illuviumで利用される仮想通貨は、イルビウム(ILV)の他にイーサリアム(ETH)やsイルビウム(sILV2)があります。

役割の違いをまとめると以下のようになります。

用途ILVETHsILV2
ガバナンス/投票
ステーキング
ステーキング報酬
ゲーム内収益還元
ゲーム内アイテムの購入
ランド購入
ガス代(手数料)
※2022年9月現在

イルビウム(ILV)は、Illuviumのガバナンスに利用されます。

評議会メンバーを選ぶ投票などに用いられ、発行数が1,000万枚と限られていることからも、Illuviumの運営において重要なトークンです。

ILVの保有者は、Illuviumの運営を担う任期付きメンバーを投票で選ぶことによって、ゲーム運営に間接的に関わることができます。

また、上記で説明した通りILVはステーキングも可能です。

さらに、Illuviumの特徴的な仕組みとして、Illuviumの収益がILVをステーキングしている人に還元されるというものがあります。

株式における配当のような仕組みとなっています。

ゲーム内でのアイテム購入などには、主にETHやsILV2を利用します。

モンスターを捕まえるためのアイテムや資源などを購入することが可能です。

ILVを手に入れるためには、国内取引所から海外取引所にビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を送金するという手順が必要です。

bitFlyerは簡単な手順で口座開設が完了し、初心者から経験者まで幅広いトレーダーに使い勝手の良い取引所として人気があります。

イルビウムに興味のある方は、ぜひこの機会にbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

イルビウム(ILV)のこれまでの価格動向

仮想通貨イルビウム(ILV)のこれまでの価格動向について確認していきます。

イルビウム(ILV)のこれまでの価格動向
  • 長期の価格動向
  • 直近の価格動向

長期の価格動向

長期の価格動向
引用:TradingView

こちらは、2021年9月22日のBinanceでの取引開始以降のILV/USDの価格動向です。

Illuviumそのもののリリースはまだですが、その話題性の高さから、取引開始から市場は大きく賑わいました。

新しい情報が出るたびにILVも注目され、2021年11月下旬から12月の上旬にかけては価格が急騰しています。

上場したタイミングでは400ドル台前半でしたが、11月末には1,900ドルを突破する高値をつけています。

仮想通貨全体に資金が流入していたタイミングであったことや、メタバース・NFTへの関心が高まっていたことを背景に、ILVも大きく買われたと考えられます。

しかし、このときの高値をピークとして、以降は下落傾向が続いています。

ベータ版のローンチが複数回延期されており、投資家の期待感が薄れてしまったことも要因として挙げられるでしょう。

さらに仮想通貨相場全体が勢いを失い、ビットコインなどのメジャー通貨も低迷していることから、ILVもなかなか上がりにくいのかもしれません。

直近の価格動向

直近の価格動向
引用:TradingView

こちらは2022年6月以降の直近5ヶ月の価格動向です。

6月初旬のピーク時には約280ドルをつけていましたが、現在は41ドルで推移しています。

米FRBの強気な利上げ姿勢によって、株式市場や仮想通貨市場全体が混乱した動きとなっており、相場全体の影響を受ける形でILVの価格も低迷しています。

また、2022年11月に起きた大手仮想通貨取引所FTXの破産申請も下落に大きな影響を与えたと考えていいでしょう。

Illuvium自体も、もともとのロードマップの延期を繰り返す形となっており、ポジティブな材料がなかなか見つからないことも、価格が上がらない要因となっているでしょう。

正式版のリリース日はまだ確定していないものの、今後情報が明らかになるにつれて、さらに期待は高まると思われます。

また、実際に幅広い人がIlluviumを利用できるようになれば、今以上にILVの需要も高まり、価格にも良い影響を与えるでしょう。

ピーク時から比べると、今のILVの価格水準は非常に下がっているため、安値で購入しておきたいと考える方にとっては買いの好機とする見方もあります。

ILVは、2023年1月現在で国内の取引所には上場していません。

購入したい場合は、国内取引所から海外取引所にビットコインなどの仮想通貨を送金し、それを海外取引所でILVと交換するという手順を踏む必要があります。

bitFlyerは取引手数料が安めに設定されているので、コストを抑えて取引しやすいというメリットがあります。

操作画面もシンプルでわかりやすいので、これから仮想通貨取引を始める初心者でも使いやすいでしょう。

低コストで利用でき、使い勝手の良いサービスに興味のある方は、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

イルビウム(ILV)の買い方

イルビウム(ILV)は、2023年1月現在国内の取引所では取り扱われていません。

そのため、イルビウム(ILV)を購入しようと思う方は、以下の手順で購入手続きを進めることとなります。

国内取引所に口座を開設する

まずは、イルビウムに交換するためのペアとなる仮想通貨を手に入れる必要があります。

国内の仮想通貨取引所で購入すると、日本円から手軽に仮想通貨を購入できます。

取引手数料が安く、初心者にも使いやすい取引所であるbitFlyerを利用する場合を例にして説明します。

bitFlyerを利用する場合

まず、bitFlyerの公式サイトより、口座開設申込みを進めていきます。

利用したいメールアドレスを入力し、アカウント作成を行ったら本人情報および確認事項の入力を行いましょう。

続いてSMSの認証やマイナンバーの入力、本人確認を行っていきます。

マイナンバーカード(個人番号カード)および下記のいずれかの本人確認書類を準備しておきましょう。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 在留カード(外国籍の場合)

画面の指示に従って本人確認の手続きを進めれば、口座開設申し込みが完了します。

ビットコインやイーサリアムを購入する

口座が開設できたら、元手となる資金として仮想通貨を購入していきます。

ILVのペアとなる仮想通貨であればなんでも構いませんが、ビットコインやイーサリアムなどを購入しておくと使い勝手が良いでしょう。

自分のアカウント画面から入金手続きを行います。

自分専用の振り込み口座が表示されるので、指定された口座に入金しましょう。

入金が反映されたらアカウント画面より仮想通貨の購入を進めていきます。

購入できる仮想通貨の一覧が表示されたら、購入したら通貨を選択し価格などを確認します。

注文内容を入力して「買い」を選択すれば、購入手続きは完了です。

海外取引所に送金する

bitFlyerでILVに交換する仮想通貨を準備できたら、この仮想通貨を海外取引所に送金します。

ILVを取り扱っている海外の取引所には、BinanceやKuCoin、OKXなどがあります。

口コミなども参考に、なるべく大手の信頼できる取引所を選ぶようにしましょう。

bitFlyerのアカウント画面「ウォレット」から送金したい仮想通貨のメニューにある「出金」を選択し、送金手続きを行います。

画面の案内に従って送金する数量や送金先のアドレスを入力しましょう。

海外取引所でイルビウムに交換する

海外取引所に仮想通貨が着金したら、イルビウム(ILV)を購入していきましょう。

取引したい通貨ペアを選択し、購入したい数量や注文方法などを選択し、購入します。

取引が完了したら、自分のアカウントにILVの残高が増えているかを確認し、手続きは完了です。

このように、ILVを購入するためにはいくつかの手順が必要です。

上記の手順通りに進めていけば、それほど手間もかからず簡単にILVを購入できます。

ILVに興味がある方は、まずは国内取引所に口座を開設するところから始めてみましょう。

bitFlyerは豊富な仮想通貨を取り扱う仮想通貨取引所です。

さまざまな仮想通貨への分散投資も行いやすいので、これから仮想通貨投資を始めるという方もぜひbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

イルビウム(ILV)の今後の見通し・将来性

イルビウム(ILV)の今後の見通しを考える上で、Illuviumそのものの将来性が非常に重要になります。

特に、以下の3点のポイントは押さえておきましょう。

イルビウム(ILV)の今後の見通し・将来性
  • Play-to-earnゲームユーザーの拡大
  • 数多くの企業との提携
  • 正式版リリースによる価格上昇期待

Play-to-earnゲームユーザーの拡大

ゲームを遊ぶことでお金を稼げる「Play-to-earn」のユーザーは近年どんどん増加しています。

従来のゲームでは、むしろお金を払って遊ぶという考え方が一般的であり、お金を稼ぐという概念はほとんどありませんでした。

ところが、ゲームにブロックチェーンや仮想通貨の技術を組み合わせることで、誰でもゲームを遊びながら仮想通貨を稼げる仕組みが開発されたのです。

ブロックチェーン技術を利用することによるセキュリティの高さや、高いゲーム性などが評価され、日本でもPlay-to-earnを楽しむ人が増えていきます。

すでにIlluviumの公式ツイッターには約34万人のフォロワーがいることからも、多くの人の期待感が伺えます。

今後もさらにPlay-to-earnが世の中に浸透していけば、Illuviumに関連するILVの価格も上がりやすいと考えられます。

数多くの企業との提携

Illuviumは、下記のように数多くの企業と提携しながら開発が進められています。

イルビウム10

ImmutableやChainlink、Stake Daoなどの有名プロジェクトも加わっていることから、今後の開発にも期待が持てるでしょう。

また、すでに仮想通貨ILVもBinanceやKuCoinといった海外の大手取引所に上場していることから、今後他の取引所での新規上場期待も高まります。

特に、まだ日本でILVを取り扱っている仮想通貨取引所は存在しないため、国内取引所でILVが取り扱われるようになると、日本人も今まで以上に参入しやすくなるでしょう。

正式版リリースによる価格上昇期待

現在は、正式リリース前ということで、どうしても仮想通貨ILVの盛り上がりも限定されてしまいます。

Illuviumの正式リリースが完了したら、今以上にIlluviumおよびILVに注目する人は増えると考えられます。

ゲームでの収益が還元されるという仕組みが特徴的なILVだからこそ、ゲームが稼働し始めれば仮想通貨としての流動性や需要も高まると期待されます。

加えて、発行枚数が限られている点も、価格の上昇期待につながるでしょう。

ILVは発行上限が1,000万枚と限定されており、ガバナンスにおいて重要な役割を持ちます。

供給量に対して需要が大きいほど通貨の価格は上がりやすいので、今後の上昇期待が高まります。

Illuviumの正式リリースに備えて、今からILVを購入しておきたいと考える方は、まずは国内の仮想通貨取引所でビットコインやイーサリアムなどの元手となる通貨を購入しておく必要があります。

bitFlyerはコストを抑えて取引しやすい仮想通貨取引所なので、なるべく低コストで始めたいという方も安心して利用できるでしょう。

bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

イルビウム(ILV)に関するよくある質問

イルビウム(ILV)に関するよくある質問をまとめました。

イルビウム(ILV)に関するよくある質問
  • ILVはどこの取引所で購入できる?
  • ILVの稼ぎ方は?
  • Illuviumはいつリリースされる?

ILVはどこの取引所で購入できる?

現在、ILVは国内の仮想通貨取引所では取り扱われていません。

ILVを取り扱う主な海外取引所としては、以下のようなところがあります。

ILVを取り扱っている主な海外取引所
  • Binance
  • KuCoin
  • BTCEX
  • OKX
  • BingX

これからの海外取引所は国内の取引所と異なる規制で運営されている場合があります。

また、取引所によっては日本語サポートに対応していないなどのデメリットがあるため、利用の際は自己責任で利用しましょう。

海外取引所を利用する際は、国内取引所で交換元となるビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を手に入れ、それを海外取引所に送金してからILVと交換するという手順が一般的です。

ILVの稼ぎ方は?

ILVを稼ぐ方法としては、以下のような方法があります。

ILVを稼ぐ方法
  • 入手したアイテムを武器や防具に加工してマーケットプレイスで販売する
  • アリーナで他のプレイヤーと戦い勝利して報酬を得る
  • ランドやイルビター、イルビアルといったNFTを売買して稼ぐ
  • ステーキング報酬を獲得する

このように、ILVはさまざまな方法で稼ぐことが可能です。

現在はプライベートβ版がプレイできるようになっているため、興味のある方はアカウントの事前登録をしておくと良いでしょう。

アカウントの登録は、公式サイトから以下の手順で行えます。

  1. 公式サイトの「REGISTER」をクリック
  2. メールアドレスを入力してアカウントを登録する
  3. マイページ上部の「+CONNECT WALLET」からMetaMaskなどのウォレットを接続する

Illuviumはいつリリースされる?

2022年11月現在で、正式版のリリース日は未定となっています。

もともとは2022年3月までとされていましたが、その後延期となり2022年第二四半期頃と発表されました。

さらに延期される可能性もありますが、すでにβ版のプレイが可能となっていることからも、正式版のリリース日も近いのではないかと予想されています。

現在は、β版のフェーズ1として、サバイバルモードをプレイできるようになっています。

フェーズ2としては、オープンワールドを自由に動き回れるようになることが予定されています。

フェーズ2が完了すれば、オープンβとして誰でもIlluviumを遊べるように一般公開されます。

Play-to-Earnとしてゲームを遊んで仮想通貨を稼ぐのもここから始められます。

β版は、公式サイトからアカウントを登録することで始められます。

イルビウム(Illuvium/ILV)のまとめ

今回は、イルビウム(Illuvium /ILV)の仕組みや特徴、これまでの価格動向などについて解説しました。

この記事のまとめ
  • イルビウム(Illuvium)は、モンスターを戦わせるオープンワールドRPG
  • Play-to-earnゲームとして注目されている
  • ILVはガバナンスやステーキングに利用される
  • 現在のILVの価格は低迷しているが、正式リリース後の価格動向に注目が集まる
  • ILVを入手するにはbitFlyerなどの国内取引所から海外取引所に仮想通貨を送金しよう

bitFlyerは、シンプルな画面構成で初心者にも取引しやすい仮想通貨取引所です。

パーペチュアル取引など多様な注文方法にも対応しているため、上級者でも十分満足できるでしょう。

口座開設は簡単な手順で完了するので、まだ口座をお持ち出ない方は、ぜひこの機会にbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

目次
閉じる