仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)とは?今後の見通しや予想・将来性を解説

IOTA(MIOTA)はモノのインターネット(IoT)を独自のプラットフォームで構築することを目標とするプロジェクトです。

ブロックチェーンに代わる独自の分散型台帳技術を開発し、既存のビットコインブロックチェーンの問題を解決することを目指しています。

この記事はIOTA(MIOTA)の特徴や価格の動き、今後の価格の動向について紹介・説明しています。

IOTA(MIOTA)に興味がある方、購入してみたい方はぜひ参考にしてみてください。

この記事の概要
  • IOTA (MIOTA)はIoTを独自のプラットフォームに導入することを目指して開発されたプロジェクト
  • 独自の分散型台帳技術を導入しており、ビットコインブロックチェーンの問題を解決することを目指している
  • 2018年のハッキングを前後に価格が大きく下がり、その後停滞していたが、2021年になって急上昇した
  • 今後は利便性が高まり、様々なビジネスに活用されることで価格が上昇すると予測される
  • IOTAの購入はコインチェックでビットコインなどを購入した後、海外取引所に送金して購入するのがおすすめ

IOTA (MIOTA)の購入の際は、まずな国内取引所でビットコインやイーサリアムなどのIOTA (MIOTA)の取引ペアとなっている仮想通貨を購入する必要があります。

ビットコインやイーサリアムを購入する際はコインチェックがおすすめです。

コインチェックは日本でも最大の仮想通貨取引所の一つで初心者を中心に非常に多くの利用者がいます。

誰でもすぐに取引を始められるようなスムーズな設定や機能を提供しており、とても人気があります。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次

IOTA (MIOTA)とは

通貨名IOTA (MIOTA)
シンボルMIOTA
価格1MIOTA=0.09ドル(2021年9月27日現在)
時価総額約63億ドル(2021年9月27日現在)
市場ランキング45位(2021年9月27日現在)
取引所取り扱い国内取引所での取り扱いなし
公式サイトhttps://www.iota.org/

IOTAとは電子機器を繋ぐネットワークのトランザクションを分散型台帳上に構築することを目標とするプロジェクトです。

インターネットが開発されてから様々な電子機器がインターネットでつながれるようになりました。

電子機器がインターネットにアクセスすることが可能となることは利便性が向上する一方、セキュリティ面などでリスクを伴います。

IOTA(MIOTA)は電子機器をつなぐインターネットに分散型台帳技術を導入することでセキュリティ等の問題を解決することを目指しています。

IOTA(MIOTA)を購入する場合は国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

仮想通貨の購入にはコインチェックを利用することがおすすめです。

コインチェックは手数料が無料のため、コストをかけず気軽に仮想通貨を購入することができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

IOTA (MIOTA)の特徴

IOTA (MIOTA)は2014年に始まったJinnトークンを起源所するブロックチェーンプロジェクトで現在非営利団体が運営しています。

ブロックチェーンに代わる独自の分散型台帳を開発しており、その利便性から複数の企業や公的団体に採用されています。

非営利団体が運営している

IOTA (MIOTA)はセルゲイ・イヴァンチェグロなど複数のエンジニアが共同で設立し、オンラインビットコインフォーラムでMIOTAのトークンセールを発表する投稿を通じて2015年10月に発表しました。

2017年11月にドイツにおいて仮想通貨を扱う初めての非営利団体として登録されており、現在も非営利団体として活動しています。

2014年に開発されたJinnトークンが起源

IOTA (MIOTA)は、Jinnトークンというプロジェクトから開始しました。

Jinnは、IoTエコシステムで使用するための低コストでエネルギー効率の高いハードウェアを開発することを目的としていました。

Jinnは、2014年9月にトークンのクラウドセールを開催し、約100,000のトークン(250,000ドル分)を販売しました。

その後、2015年にJinnはIOTAとしてブランド名が変更され、別途IOTAが発行されました。

その際Jinnトークン所有者は、同価値のIOTAのトークンを交換されました。

独自の分散型台帳「Tangle」を使用している

IOTA (MIOTA)は独自で開発した分散型台帳技術の「Tangle」を使用しています。

Tangleは新しいトランザクションごとに2つの前のトランザクションを確認するノードシステムを導入することで、ブロックチェーンの問題であるスケーラビリティのやトランザクションスピードの問題を解決するIOTA独自の分散型台帳技術です

tangleは数十億近くのモノのインターネット(IoT)デバイスからの大量のデータを処理し、1秒あたり1,000近くのトランザクションを処理できるとされています。

また、プラットフォームは、低いリソースで改ざん防止を行い、データのセキュリティも保証するとされています。

脆弱性が度々問題として取り上げられている

IOTA (MIOTA)のシステムは初期段階であり、度々セキュリティが問題視されています。

IOTA (MIOTA)の「Tangle」では、ビットコインで使用されている広く使用されているSHA-256ハッシュ関数を使用せずに、暗号化方式をゼロから作成しています。

このシステムに対して、MITの仮想通貨専門チームやイーサリアムの共同創設者であるVitalik Buterinがセキュリティ面や理論の妥当性について疑問を提示しています。

2018年1月にネットワークへのフィッシング攻撃により、12億円相当のMIOTAが盗まれる事件もありました。

以上から、仮想通貨市場はIOTA (MIOTA)のシステムを強く不安視するようになり、市場価値も大幅に下がりました。

現在、IOTA (MIOTA)は様々な脆弱性やシステムの欠陥に対して相応の対応をしており、将来的にシステムをアップデートするためのプロジェクトである「TheCoordicide」も計画しています。

今後のIOTA (MIOTA)のシステム対応に注目が集まっています。

複数の大企業と提携を結んでいる

IOTA財団は、IoTの実用化を進めることを目標として、ボッシュやフォルクスワーゲンな国際的な大企業と契約を結んでいます。

また、台北市などの都市を始め、国連機関や欧州連合の機関など、複数の公的機関もIOTA (MIOTA)の技術を採用しているという実績があります。

IOTA (MIOTA)の独自の技術が認められ、実用化を進めていると言えるでしょう。

IOTA (MIOTA)を購入する際は国内取引所でIOTA (MIOTA)の取引ペアであるビットコインやイーサリアムを購入しましょう。

ビットコインやイーサリアムの購入ではコインチェックがおすすめです。

コインチェックでは電話によるカスタマーサポートを行なうなど、利用者に対して手厚いサポートを行なっている取引所です。

そのため、初めて仮想通貨を購入する場合や少しでも不安がある場合はコインチェックの利用がおすすめです。

\ 1500円分のBTCもらえる /

IOTA (MIOTA)の現在の価格動向

次に、IOTA(MIOTA)の直近の価格の動きを見てみましょう。

引用: Tradingviewの提供チャート

9月に入ってからIOTA(MIOTA)の価格は急上昇しています。

この急上昇はイーサリアム等のビットコインの代替となり得る仮想通貨の需要がDeFiNFTプロジェクトなどのからの需要で高騰し、その高騰に伴って上昇しました。

加えて9月9日欧州連合に対して欧州ブロックチェーンサービスインフラストラクチャ(EBSI)の提供を任務とする7つのブロックチェーン企業の1つとして採用されたことも、価格上昇の一つの要因であることが考えられます。

IOTA (MIOTA)の購入では、まず国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

仮想通貨の購入はコインチェックがおすすめです。

コインチェックは一度ハッキング事件を経験していることもあり、現在特にセキュリティに特化しています。

そのため、安心安全に取引を行うことができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

IOTA (MIOTA)のこれまでの価格推移

IOTA (MIOTA)の9月以前の価格推移を見てみましょう。

主な価格の流れは次の通りになっています。

IOTA (MIOTA)のこれまでの価格推移
  • 2018年1月のハッキング事件によって価格が大きく下落
  • 2019年は価格が停滞
  • 2021年以降価格が回復

それでは、それぞれについて詳しく解説していきたいと思います。

2018年1月のハッキング事件によって価格が大きく下落

引用: Tradingviewの提供チャート

IOTA (MIOTA)は上場後、独自の利便性の高さやで仮想通貨市場全体の上昇の波の影響を受けて、2018年頃を中心に大きく上昇していました。

特に年末の12月ごろには5日間で240%も成長しています。

ところが、翌年1月19日にIOTA (MIOTA)の盗難事件が発生しました。

この盗難事件は約12億円がハッキングにより盗まれるという非常に重大な盗難事件でした。

幸い窃盗犯は見つかり、盗難にあったIOTA (MIOTA)はほとんど戻ってきたとのことですが、市場に大きな不安が広がり、45%の下落を経験しました。

2019年は価格が停滞

引用: Tradingviewの提供チャート

ハッキング被害やIOTA (MIOTA)独自のシステムの堅牢性や正統性が不安視されたことが要因で2019年、2020年は2018年と比較して価格が停滞しました。

2021年以降価格が回復

引用: Tradingviewの提供チャート

2020年までは価格が停滞していましたが、2020年後半から2021年にかけてはDeFiやNFTなどの実用化に伴う仮想通貨の盛り上がりなどによって回復しました。

2020年12月31日から2021年4月にかけては価格は700%と急上昇しています。

IOTA (MIOTA)を購入する際は、国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入する必要があります。

ビットコインやイーサリアムの購入にはコインチェックがおすすめです。

コインチェックは本人確認をオンライン上で行うことができるため、すぐにビットコインやイーサリアムを購入することができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

IOTA (MIOTA)の今後の見通しや予想

長期にわたって価格が大きく上下しているIOTA(MIOTA)ですが、今後どのような値動きとなるのでしょうか。

IOTA(MIOTA)の今後の価格予想についていくつか紹介します。

IOTA(MIOTA)の今後の価格予想
  • REPUBLICWorld.com:2023年に3-5ドル、2025年には6ドルに上昇する可能性
  • Wallet Investor:2026年には収益は5.384米ドルに到達する可能性
  • NewsBitcoin24/7:2025年末までに8-10ドル、2030年には12ドルに上昇する可能性

REPUBLICWorld.com:2023年に3-5ドル、2025年には6ドルに上昇する可能性がある

REPUBLICWorld.comはIOTA(MIOTA)は独自の分散型台帳技術が市場で高く評価されていると言います。

そして、独自の分散型技術やサービスが引き続き順調に開発されることで、より市場においてIOTA (MIOTA)の価値が高まり、2023年には3-5ドル、2025年には6ドルに上昇すると予測しています。

Wallet Investor:2026年には収益は5.384米ドルに到達する可能性がある

Wallet Investorは独自のテクニカル分析を活用することでIOTA (MIOTA)の価格を予測しています。

現在の上向きの価格の傾向から分析すると、IOTA(MIOTA)が2026年には約351.68%上昇し、5.384米ドルに到達すると予測しています。

そのため、IOTA (MIOTA)はWallet Investorから非常に収益性が高い評価をされています。

NewsBitcoin24/7:2025年末までに8ドルに上昇する可能性がある

NewsBitcoin24/7はIOTAの価格は実用化が進むことによって2025年末までに8-10ドルに上昇、2030年までに12ドルに到達する可能性があるとしています。

また、価格が上昇した結果、IOTAは、時価総額によって暗号通貨のトップ10のリストにもしかしたら含まれるかもしれないと予測しています。

また、IOTAコミュニティが成長し、最新のテクノロジーにアップグレードされることで2030年までに15.30ドルに到達する可能性を秘めているとしています。

IOTA (MIOTA)は国内取引所では購入できないため、海外取引所を使用する必要があります。

海外取引所に送金するための仮想通貨を購入するにはコインチェックを利用することがおすすめです。

コインチェックはアプリの使いやすさに定評があります。

使いやすいアプリで出先でも仮想通貨の価格を確認したり取引を行うことができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

IOTA (MIOTA)を購入できる取引所

IOTA(MIOTA)は国内取引所での取扱いがありませんので海外取引所で購入する必要があります。

IOTAを取り扱っている主要な海外取引所はつぎの通りです。

取り扱い取引所によって取り扱っている仮想通貨や使いやすさなどが全く異なるので、自分の目的に合った取引所を選ぶようにしましょう。

IOTAを取り扱っている主要な海外取引所
  • OKEx
  • Bitfinex
  • Huobi Global
  • HitBTC
  • Bittrex

海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないので利用する際には十分な注意が必要です。

海外仮想通貨取引所での取引は少しためらいがあるという方はまず国内取引所でビットコインやアルトコインを購入してみることがおすすめです。

コインチェックは国内で最多の17種類もの仮想通貨を取り扱っているため、様々なアルトコインを購入することができます。

まずはコインチェックでの取引から始めてはいかがでしょうか。

\ 1500円分のBTCもらえる /

IOTA (MIOTA)を購入する方法

IOTAは海外取引所でのみ取り扱っており、国内取引所での取扱いはありません。

国内取引所でIOTA (MIOTA)と取引ペアとなっている仮想通貨を購入し、海外取引所でIOTA(MIOTA)を購入しましょう。

IOTA(MIOTA)を購入する手順は次の通りです。

IOTA (MIOTA)を購入する手順
  1. 国内取引所で口座を開設し、仮想通貨を購入する
  2. 国内取引所で購入した仮想通貨を海外取引所に送金する
  3. 海外取引所でIOTA (MIOTA)を購入する

それぞれのステップについて詳しく解説していきたいと思います。

1. 国内取引所で口座を開設し、仮想通貨を購入する

コインチェック 新サムネイル

まずは国内取引所でIOTA (MIOTA)を購入するための仮想通貨を購入しましょう。

IOTA (MIOTA)の取引ペアはビットコインやイーサリアムであることが多いため、ビットコインやイーサリアムを購入することがおすすめです。

ビットコインやイーサリアムの購入ではコインチェックのような取引サイトがシンプルで分かりやすい取引所の利用がおすすめです。

2. 国内取引所で購入した仮想通貨を海外取引所に送金する

次に国内取引所で購入したビットコインやイーサリアムを海外仮想通貨取引所に送金します。

IOTA (MIOTA)を取り扱っている取引所は複数ありますが、IOTA (MIOTA)の取引量が多い仮想通貨取引所やIOTA (MIOTA)以外に購入してみたい仮想通貨を取り扱っている取引所を選ぶことがおすすめです。

3. 海外取引所でIOTA (MIOTA)を購入する

最後にビットコインやイーサリアムを送金した海外仮想通貨取引所でIOTA (MIOTA)を購入します。

これでIOTA (MIOTA)の購入は完了です。

IOTA (MIOTA)の購入のためのビットコインやイーサリアムの購入はコインチェックがおすすめです。

コインチェックは2014年から運営している国内仮想通貨取引所の中でも特に歴史がある取引所であり、初心者に寄り添った運営をしてきました。

そのため、初めて仮想通貨を購入する場合でもスムーズに口座開設から取引まで行うことができるでしょう。

\ 1500円分のBTCもらえる /

IOTA (MIOTA)のまとめ

この記事ではIOTA (MIOTA)について説明してきました。

最後にIOTA (MIOTA)について簡単にまとめていますので参考にしてみてください。

IOTA (MIOTA)についてまとめ
  • 独自の分散型台帳技術「Tangle」を開発しており、ビットコインのブロックチェーンの問題の解決を目指している
  • システムの妥当性やセキュリティなどで度々問題視されており、ハッキング事件の際は価格が大きく下落するなどしている
  • 2021年になってから利便性や汎用性が評価され、企業や公的機関との提供も進み価格が上昇傾向
  • 購入はコインチェックなどの国内取引所で取引ペアであるイーサリアムなどを購入した上で海外取引所で購入する手順がおすすめ

IOTA (MIOTA)はIoTを独自のプラットフォームで運用することを目標としたプロジェクトです。

今後IoTがますます浸透していくほどにIOTA (MIOTA)の必要性が高まると考えられます。

IOTA (MIOTA)のシステムが向上されていくかどうかを含め、今後の活躍に注目していきましょう。

仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめです。

コインチェックは長い運営期間を経て得た取引所運営ノウハウを生かし、利用者に分かりやすく、使いやすい取引所を提供しています。

また、ビットコインで電気料金を支払う「ビットコインでんき」や貸仮想通貨サービスの「ビットコインレンディング」などを提供しているため、アルトコインを購入しない場合でもビットコインでサービスを受けることが可能です。

まずは、コインチェックで口座を開設して仮想通貨取引を始めてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる