仮想通貨Kin(KIN/キン) とは?今後の見通しや予想、将来性を徹底解説!

Kin(KIN)はKikというコミュニケーションアプリ上で利用される共通通貨プラットフォームです。

イーサリアムとステラのハイブリットネットワークを適用しており、高速なトランザクションで高い流動性を誇っています。

この記事ではKin(KIN)の特徴や価格の動き、今後の価格の動向予測まで解説していきます。

Kin(KIN)の購入を検討している方、Kin(KIN)に興味がある方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事のまとめ
  • Kin(KIN)はコミュニケーションアプリKikに共通通貨プラットフォームを提供している
  • Kin(KIN)のネットワークにはイーサリアムとステラのハイブリットネットワークが適用されており、高速トランザクションが実現される
  • 今後はKin(KIN)のサービス展開動向や仮想通貨関連サービスへの需要の増加に影響を受けて価格が上昇すると考えられる
  • 購入の際はコインチェックなどの国内取引所でKin(KIN)の取引ペアを入手し、海外取引所に送金してKin(KIN)を取引するとスムーズ

Kin(KIN)は国内取引所で取り扱いがないため、購入の際は国内取引所でKin(KIN)の取引ペアを入手し、海外取引所で取引しましょう。

国内取引所にまだ口座を持っていない方は、初心者向けで人気のコインチェックが最適です。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次

仮想通貨Kin(KIN)とは

仮想通貨名Kin(KIN)
シンボルKIN
価格(2022年8月現在)¥0.00157
時価総額(2022年8月現在)¥2,994,143,387
市場ランキング(2022年8月現在)608位
取引所取り扱い国内取引所の取り扱いなし
公式サイトhttps://kin.org/
2022年8月10日現在の値

Kin(KIN)はオーストラリアのコミュニケーションアプリKik共通通貨プラットフォームとして開発された仮想通貨です。

2017年にICOを実施し、新しいコミュニティの経済体としてデジタルサービスの分散型エコシステムの基盤となることを目指しています。

Kin(KIN)は国内取引所の取り扱いはありませんので、入手する際は国内取引所でKin(KIN)の取引ペアを保有し、海外取引所に送金して海外取引所で取引する必要があります。

国内取引所はアプリが操作しやすくて人気のコインチェックが最適です。

コインチェックのアプリは使いやすく、出先でも仮想通貨を購入することや取引することが可能です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Kin(KIN)の特徴

Kin(KIN)はメッセージプラットフォームにおける共通通貨の導入のために開発されました。

ここではKin(KIN)の特徴についてポイントを挙げて解説していきます。

メッセージプラットフォームの共通通貨

Kin(KIN)はカナダのメッセージプラットフォームであるKikの共通通貨プラットフォームを提供します。

何百万人ものアクティブユーザーが存在するKikのプラットフォームでは、Kinウォレットなど金融関連のサービスを展開することが可能です。

Kin(KIN)はリリースの前にKik Pointsという大規模な決済実験キャンペーンを実施しています。

これは、Kikユーザーにアプリ内でポイントを獲得して使用する機会を提供するサービスでした。

獲得したポイントはアプリ内で決済に利用することが可能です。

このKik Pointsは利用者からの人気を博し、Kik Pointsは一時期ビットコインの3倍に相当するトランザクション量に達しました。 

この実験結果を受けて、Kin(KIN)の共通通貨サービスは利用者に人気になるのではないかと市場からの期待が高まりました。

Kin Rewards Engineというコミュニティ向けのアルゴリズムを適用

Kin(KIN)はアルゴリズムとしてKin Rewards Engine を開発・適用しています。

Kin Rewards Engineは透明性、公平性、効率性を担保したブロックチェーンのトランザクション承認プロトコルです。

Kin Rewards Engineの承認者は1日の作業内容に応じてKin(KIN)を報酬としてエコシステムから分配されて受け取ります。

Kin RewardsEngineがプラットフォームに適用されることで、利用者はKINトークンをリワードとして受け取ることができるようになります。

イーサリアムとステラのハイブリットネットワークを適用

Kin(KIN)はリリース当初ステラネットワークを利用していました。

しかし、2021年の5月イーサリアムとステラのハイブリットネットワークを適用することを発表しました。

イーサリアムとステラのハイブリットネットワークを適用することで、Kin(KIN)はイーサリアムネットワークの流動性とステラのトランザクションスピードを自身のサービスに適用することが可能となります。

KINトークンを提供

Kin(KIN)トークンはKikのアプリ上で様々な形で利用することが可能です。

通貨としての役割を持つ

Kin(KIN)トークンはアプリ上の決済手段として利用することが可能です。

例えば、投げ銭やユーザー同士のデジタルコンテンツの売買に利用することが可能です。

日本でいうLINEコインのようなものであると考えるとわかりやすいです。

報酬として付与される

Kin(KIN)は前述のKIN Rewards Engineをアルゴリズムとして備えており、ユーザーのKikプラットフォーム上の様々な活動に大して報酬としてKin(KIN)トークンを付与します。

Kikプラットフォーム上のサービスとは、デジタルコンテンツの購入や、販売などです。

Kin(KIN)は海外取引所のみの取り扱いのため、購入したい場合は国内取引所でKin(KIN)の取引ペアを入手し、海外取引所に送金して海外取引所で保有するようにしましょう。

国内取引所の利用は取引所としての実績が長いコインチェックが最適です。

コインチェックは2014年から運営している老舗の取引所であり、蓄積された取引所の運用ノウハウを活用して利用者にとって使いやすい取引所を運営しています。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Kin(KIN)の現在の価格動向

KIN
引用元:Trading Viewの提供チャート

直近の2021年後半から現在までの価格を見てみましょう。

2021年後半は高値で推移していますが、その後大きく価格が下がっています。

現在に至るまで下降トレンドを形成していると言えるでしょう。

この価格の動きは仮想通貨市場全体の動きに連動していると思われます。

2022年は米金利の上昇やロシア・ウクライナ情勢の悪化、ステーブルコインUSTのディペッグ騒動などが大きく影響して、仮想通貨全体は軒並み冷え切った市場となりました。

Kin(KIN)の価格はその仮想通貨市場に連動をして変動していると考えられます。

Kin(KIN)は国内取引所の取り扱いがありませんので、取引の際は国内取引所でKin(KIN)の取引ペアを入手し、海外取引所に送金して入手する必要があります。

国内取引所は利用者への対応が手厚いコインチェックが最適です。

コインチェックは電話での問い合わせ対応を実施しているため、安心して購入や取引サービスを利用することが可能です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Kin(KIN)のこれまでの価格推移

Kin(KIN)のこれまでの価格はどのような動きをしていたのでしょうか。

Kin(KIN)のこれまでの価格をポイントを挙げて説明していきます。

Kin(KIN)のこれまでの価格
  • 2017年の上場後は一気に価格が上昇したが、その後停滞した
  • 2019年、2020年を通して停滞していた
  • 2021年3月から4月にかけて一気に価格が上昇し、その後は高値に推移

2017年の上場後は一気に価格が上昇したが、その後停滞した

引用元:Trading Viewの提供チャート

2017年の上場後、価格が急上昇しました。

Kin(KIN)はKikのアプリを通し、数億人ものアクティブユーザーを保有しているため、Kin(KIN)が幅広く利用されることが期待され、大きく上昇したものと考えられます。

一気に急上昇した価格は、しばらくして落ち着く動きを見せています。

2019年、2020年を通して停滞していた

引用元:Trading Viewの提供チャート

上場後の急上昇がおさまった後、2018年、2019年にわたって価格は停滞していました。

2020年当時、Kin(KIN)が自身の発行しているトークンが有価証券に当たる可能性があるとしてSECと法廷で闘争中だったことも影響している可能性があると考えられます。

同年9月24日には、訴訟問題に力を注ぐためとしてサービスが注視されていました。

2020年に10月にMediaLabがKin(KIN)を買収、Kin(KIN)のトークンが存続することが決まったのち価格は徐々に上昇し始めました。

2021年3月から4月にかけて一気に価格が上昇し、その後は高値に推移

引用元:Trading Viewの提供チャート

その後、2021年になってから価格が一気に上昇しています。

3月後半から4月前半にわたって価格は約414%上昇しました。

これはdAppsなどの人気の高まりに影響を受けて、アルトコイン全体の価格が上昇したことにあると考えられます。

特にKin(KIN)は独自のメッセージアプリを通して仮想通貨関連サービスを提供します。

そのため今後の価格の上昇に期待され、価格が上昇したことが予想されます。

Kin(KIN)は海外取引所のみの取り扱いのため、購入する場合は国内取引所でKin(KIN)の取引ペアを入手し、海外取引所で保有する必要があります。

国内取引所に口座を持つ場合はコインチェックが最適です。

コインチェックは取引所のサイトが非常にシンプルでわかりやすく、すぐに操作に慣れることができるでしょう。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Kin(KIN)の価格上昇のポイント

Kin(KIN)はどのような要因で価格が上昇するのでしょうか。

Kin(KIN)の価格上昇要因をポイントを挙げて説明してきます。

Kin(KIN)の価格の上昇ポイント
  • サービスの利用拡大要因が影響
  • 当局の規制有無が価格に影響
  • dAppsなど仮想通貨関連サービスの人気の上昇が影響

サービスの利用拡大要因が影響

Kin(KIN)は上場後、数億人ものユーザーがいるということから大きな注目を受け、その注目は価格の上昇に大きく寄与しました。

利用者が既に存在し、今後も増加するということは仮想通貨自体の需要も既に存在し、今後拡大する可能性があると考えられます。

そのため、投資家がKin(KIN)の安定性や今後の価格の上昇を期待して購入し、価格が上昇すると考えられます。

当局の規制有無が価格に影響

Kin(KIN)がSECとの訴訟となり、サービスが停止した際、価格は停滞しました。

その後MediaLabがKin(KIN)を買収し、Kin(KIN)トークンが存続することが決定した時大きく価格は上昇しています。

このように規制当局の関与は価格に影響を受ける可能性があります。

規制当局の規制がかかると、最悪の場合、トークン自体の発行・利用が廃止となる可能性があるためです。

規制当局の規制が影響しないと明らかになった場合は価格が上昇傾向になる場合が多いです。

dAppsなど仮想通貨関連サービスの人気の上昇が影響

dAppsなどの仮想通貨関連サービスの人気の上昇もKin(KIN)に価格上昇の影響を与える可能性があります。

Kin(KIN)はアプリ上で仮想通貨関連サービスを提供しているため、仮想通貨サービスが広がるとともにKin(KIN)の利用も増加すると考えられるためです。

Kin(KIN)は国内取引所のみの取り扱いのため、入手する場合は国内取引所でKin(KIN)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して海外取引所で入手すると良いです。

国内取引所はセキュリテイ保全が万全のコインチェックが最適です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Kin(KIN)の今後の見通し・予想

Kin(KIN)は将来どのような価格となるでしょうか。

現時点で予想可能なKin(KIN)の価格の動きを紹介します。

Kin(KIN)の価格の将来予測
  • Kin(KIN)のサービスの拡大により、価格が上昇する
  • dAppsなどの仮想通貨関連サービスの人気の拡大により価格が上昇する

Kin(KIN)のサービスの拡大により、価格が上昇する

今後、Kin(KIN)を提供するKikはさらにサービスを拡大させ、利用者を増加させる可能性があります。

また、現在Kikの親会社となっているMediaLabはWhisperなどのコミュニケーションアプリの運営実績を持ちます。

そのため、今後KikやKin(KIN)のサービスはより拡充していき、需要が増加する可能性があると考えられます。

dAppsなどの仮想通貨関連サービスの人気の拡大により価格が上昇する

仮想通貨関連サービス・アプリの人気の拡大に影響を受けて価格が上昇すると考えられます。

Kin(KIN)はKikのアプリケーション内でKin(KIN)を通貨のように利用することや活動の報酬として受け取ることが可能です。

このように利用者の経済活動がアプリ内で完結する仮想通貨アプリは仮想通貨業界でも貴重であり、今後ニーズが増加すると考えられます。

Kin(KIN)は海外取引所のみの取り扱いのため、購入の場合はKin(KIN)の取引ペアを国内取引所で購入し、海外取引所に送金して海外で購入する必要があります。

まだ国内取引所の口座を保有していない方はコインチェックが最適です。

コインチェックは手数料が無料のため、お得に取引することが可能です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Kin(KIN)が購入可能な取引所

Kin(KIN)は海外取引所のみの取り扱いになります。

Kin(KIN)が購入可能な海外取引所は次の通りになります。

Kin(KIN)が購入可能な主要取引所
  • FTX(エフティーエックス)
  • CoinEx(コインエクスチェンジ)
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)
  • YoBit(ヨービット)

海外取引所は取引所によって取り扱い通貨やデザイン、扱いやすさが大きく異なるため、自分に合った取引所を選ぶことがおすすめです。

海外取引所で購入するのがためらわれる方は、まずは、国内取引所のコインチェックでアルトコインを購入してみてはいかがでしょうか。

コインチェックは国内最多の17種類の仮想通貨を取り扱っているため、自分の好みのアルトコインを選んで入手することができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨を取引ならコインチェック

Kin(KIN)を購入してみたくなったでしょうか。

Kin(KIN)を購入するには次のような手順を踏む必要があります。

Kin(KIN)の購入手順
  1. 国内取引所でKin(KIN)の取引ペアを購入する
  2. 取引ペアを海外取引所に送金する
  3. 海外取引所でKin(KIN)を購入する

Kin(KIN)の取引ペアはビットコインやイーサリアムであることが多いため、ビットコインやイーサリアムの購入がおすすめです。

コインチェック 新サムネイル

まずは、ビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨を入手してみたい方は国内取引所のコインチェックにて取引するとスムーズです。

詳しくはコインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Kin(KIN)についてまとめ

Kin(KIN)はコミュニケーションアプリKikで流通する仮想通貨です。

アプリ内で利用可能なほか、アプリ内活動のリワードにも利用されます。

Kin(KIN)についてまとめ
  • 数億人の利用者が存在するコミュニケーションアプリKikで利用される共通通貨
  • ステラとイーサリアムのハイブリッドネットワークを利用しており、高速でトランザクション処理を行うことが可能
  • SECの規制によって一時価格は停滞していたが、2021年以降価格は大きく上昇し現在は下落傾向
  • 今後は、サービスの拡大や仮想通貨関連サービスの人気の高まりに影響を受けて価格が上昇する可能性がある

Kin(KIN)はコミュニケーションアプリKikを通して多くのユーザーが存在するサービスです。

そのため、今後も自身の顧客基盤を生かしてサービスを拡充可能な可能性を秘めています。

Kin(KIN)の今後の拡大に注目ですね。

Kin(KIN)は海外取引所の取り扱いのため、入手する場合は国内取引所でKin(KIN)の取引ペアを入手して、海外取引所で取引する必要があります。

国内取引所の利用の際は取引手数料無料でお得に取引可能なコインチェックが最適です。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる