仮想通貨Moonbeam(GLMR)とは?特徴と今後の見通し・将来性について解説

2022年1月11日にBinanceへ上場したばかりのMoonbeam(GLMR)。

Moonbeam(GLMR)は、Polkadotのパラチェーンオークションで世界で2番目にスロットを獲得しています。

今回の記事では、非常に注目度の高い仮想通貨であるMoonbeam(GLMR)について詳しくまとめています。

この記事からわかること
  • Moonbeam(GLMR)はPolkadotのパラチェーンの1つ
  • PolkadotにEthereumと完全な互換性を与えるプロジェクト
  • Moonbeam(GLMR)は世界で2番目にパラチェーンを獲得している
  • MataMaskからでもステーキングできる
  • Moonbeam(GLMR)を購入するためのビットコインはコインチェックで入手できる

Moonbeam(GLMR)はまだ国内取引所で販売されていません。

そのため、Moonbeam(GLMR)を購入するには、海外取引所にビットコインを送金してMoonbeam(GLMR)を購入する必要があります。

海外取引所へ送るビットコインはコインチェックから入手できます。

コインチェックは無料で口座開設できるので、ぜひ下記のボタンより公式サイトをチェックしてみてください

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次

仮想通貨 Moonbeam(GLMR)/ムーンビームとは

見出し画像_Moonbeam公式HP
引用元:Moonbeam公式
通貨名Moonbeam
ティカーシンボルGLMR
現在の価格(2022年8月現在)¥100.49
時価総額(2022年8月現在)¥35,889,148,261
公式サイトhttps://moonbeam.network/

仮想通貨 Moonbeam(GLMR)とは、PolkadotとEthereumの間に完全な互換性をもたらすプロジェクトです。

Moonbeam(GLMR)は、Polkadotのパラチェーンオークションで世界で2番目にスロットを獲得しています。

また、Polkadotの実験的ネットワークであるKusamaには、Moonbeam(GLMR)の姉妹プロジェクトであるMoonriver(MOVR)という通貨があります。

Moonriver(MOVR)の機能はMoonbeam(GLMR)とほとんど同じです。

2022年1月11日にMoonbeam(GLMR)はBinanceへ上場しています。

仮想通貨 Moonbeam(GLMR)の特徴

ここでは、Moonbeam(GLMR)の特徴について解説します。

Moonbeam(GLMR)には以下の4つの特徴があります。

Moonbeam(GLMR)の特徴
  • ポルカドットのパラチェーンの一つ
  • イーサリアムとの互換性が非常に高い
  • ステーキングできる
  • 数多くのプロジェクトが始まっている

ポルカドットのパラチェーンの一つ

パラチェーン
引用元:https://wiki.polkadot.network/docs/getting-started

Moonbeam(GLMR)、最大の特徴はPolkadotのパラチェーンの1つだということです。

パラチェーンとは、リレーチェーン(中心となるブロックチェーン)であるPolkadotに接続されるブロックチェーンのことを指しています。

このPolkadotに接続されると、Polkadotの「高セキュリティ機能を使用できる」や「その他のパラチェーンと相互運用できる」といった恩恵を受けることが可能です。

Polkadotに接続できるブロックチェーンは100個までと決められており、パラチェーンオークションによってスロットの使用権が決められます。

2022年3月現在、Polkadotのスロットを勝ち取った仮想通貨は世界で5つあります。

そのうちの1つがMoonbeam(GLMR)です。

ポルカドット自体に投資してみたい場合はビットフライヤーから簡単に購入することができます。一度下記のボタンからチェックしてみるのも良いでしょう。

\ 1円から投資可能!/

イーサリアムとの互換性が非常に高い

Moonbeam(GLMR)はEthereumとの互換性が非常に高いです。

基本的にPolkadot上では、Ethereumで作成されたスマートコントラクトを使用できません。

なぜなら、Polkadot上とEthereum上のスマートコントラクトを作成する時に使用される開発言語が違うからです。

Ethereum上で作られたスマートコントラクトをPolkadotで使用するには、1から作り直す必要があります。

しかし、Ethereumと完全互換性のあるMoonbeam(GLMR)がパラチェーンにあることで、EthereumのスマートコントラクトをそのままPolkadotで使用できます。

Ethereumのスマートコントラクト開発者は、新しく言語を覚える必要もなくPolkadotへの参入も容易です。

現在、スマートコントラクトを通して作られて優秀なDAppsのほとんどはイーサリアム上にあるため、イーサリアムの開発者が移動しやすい仕組みづくりは非常に重要です。

イーサリアムに投資してみたい場合はコインチェックから簡単に購入することができます。一度下記のボタンからチェックしてみるのも良いでしょう。

\ 1500円分のBTCもらえる /

ステーキングできる

仮想通貨 Moonbeam(GLMR)はステーキングをすることが可能です。

Polkadot系の通貨をステーキングするには、polkadot{.js} というウォレットが必要です。

しかし、Moonbeam(GLMR)はEthereumの互換性があるので、MetaMaskを利用してステーキングができます。

そのため、Moonbeam(GLMR)のステーキングをするのにpolkadot{.js} を作成する必要はありません。

ステーキングとは、特定の仮想通貨を保有していると報酬を受け取ることのできる仕組みです。
株式でいう配当金のようなものです。

数多くのプロジェクトが始まっている

Moonbeamのプロジェクト一覧
引用元:Moonbeam公式

Moonbeam(GLMR)では、すでに多くのプロジェクトが始まっています。

Moonbeam(GLMR)上のプロジェクトは、上記画像に乗っているプロジェクトだけではありません。

Sushi Swapや MetaMaskなども記載されており、現在、Moonbeam(GLMR)はPolkdotのマルチチェーンとしての地位を確立しつつあります。

仮想通貨 Moonbeam(GLMR)の今までの価格推移

仮想通貨 Moonbeam(GLMR)の今までの価格推移
引用元:TradingView

上記の画像は、Moonbeam(GLMR)と日本円の4時間足のチャートです。

1番左の大きな価格上昇は、2022年1月11日にBinanceへ上場したときのものです。

2022年1月11日から2022年2月末まで、上場で起こった高騰の利確によって下落トレンドが起きていました。

2022年8月現在、仮想通貨全体での下落に連動して、価格が伸び悩んでいる状況です。

単体でのネガティブニュースが影響したわけではないので、Moonbeam(GLMR)の価格は上昇する可能性があります。

仮想通貨 Moonbeam(GLMR)の今後の見通し

ここでは、Moonbeam(GLMR)の今後の見通しについて解説します。

仮想通貨 Moonbeam(GLMR)の価格が上昇するには、以下の3つのことに注意が必要です。

Moonbeam(GLMR)の今後の見通し
  • ETH2.0の進捗
  • 競合が多い
  • ポルカドット自体の開発

ETH2.0の進捗

ETH2.0のアップデートの状況によっては、Moonbeam(GLMR)の価格に大きな影響を与える可能性があります。

現在、Ethereumは「スケーラリビティ問題」を抱えています。

スケーラリビティ問題とは、取引量が多くなるにつれてネットワークが混み合いトランザクションの遅延(処理の遅延)が起きてしまう問題です。

遅延が起こってしまうと、手数料が高くなったり資金詰まりが発生します。

そのため、ETH2.0のアップデートではスケーラリビティ問題の改善が行われる予定です。

今後、ETH2.0でスケーラリビティ問題がかなり解消された場合、Ethereumより手数料が安いPolkadotの優位性が小さくなり、 Polkadotの価格が下落します。

その結果Moonbeam(GLMR)の価格も釣られて下落することが考えられます。

競合が多い

Moonbeam(GLMR)には競合が非常に多いです。

PolkadotのパラチェーンでEthereumの互換を狙っているプロジェクトは他にも存在します。

例えばAstar Networkなどはその筆頭と言えるでしょう。

また、競合はPolkadotのパラチェーン内だけでなく、イーサリアムキラーと呼ばれる仮想通貨も競合となります。

そのため、EthereumやPolkadotよりも優れたプロジェクトが登場すると、価格が下落する可能性が出てきます。

ポルカドット自体の開発

Moonbeam(GLMR)の価格は、Polkadotの開発状況によって変わります。

なぜなら、Moonbeam(GLMR)はPolkadotのパラチェーンの1つだからです。

Polkadotの特徴は前述したとおり、Polkadotが中心となってその周りに他のブロックチェーンがパラチェーンとして接続されています。

言わば、PolkadotはMoonbeam(GLMR)の親会社のようなものです。

親会社の調子が悪くなると子会社が潰れてしまうように、Polkadotの開発がうまくいかないとMoonbeam(GLMR)の価格も下落します。

そのため、Polkadotの開発状況はMoonbeam(GLMR)の価値に大きく関わっているといえるでしょう。

仮想通貨 Moonbeam(GLMR)の入手方法

現在、Moonbeam(GLMR)を扱っている取引所は国内にありません。

しかし、海外取引所であれば、Moonbeam(GLMR)を簡単に購入できます。

Moonbeam(GLMR)の購入方法は以下のとおりです。

Moonbeam(GLMR)の購入方法
  • 手順1 国内取引所でビットコインを購入する
  • 手順2 購入したビットコインを海外取引所へ送金する
  • 手順3 送金したビットコインでMoonbeam(GLMR)を購入する

3つの手順で海外取引所からMoonbeam(GLMR)を購入できます。

そして、ビットコインは取引手数料無料でコインチェックから手に入れることができ、コストを抑えてMoonbeam(GLMR)を手に入れることが可能です。

まだ、「国内取引所の口座を持っていない」や「低コストでMoonbeam(GLMR)を手に入れたい」という方は、コインチェック公式HPをチェックしてみてはいかがでしょうか。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨 Moonbeam(GLMR)のまとめ

この記事では、Moonbeam(GLMR)の特徴を中心にまとめました。

最後にMoonbeam(GLMR)のおさらいをしましょう。

この記事のまとめ
  • Moonbeam(GLMR)はPolkadotのパラチェーンの1つ
  • polkadot{.js} を所持してなくてもMoonbeam(GLMR)をステーキング可能
  • Moonbeam(GLMR)の価格はPolkadotの開発状況にも左右される
  • チャート的にはMoonbeam(GLMR)の価格は上がる可能性がある
  • Moonbeam(GLMR)の購入に必要なビットコインはコインチェックで入手できる

Moonbeam(GLMR)はPolkadotに接続されたということもあり、注目されている仮想通貨の1つです。

ただし、まだ国内取引所でMoonbeam(GLMR)を購入できません。

国内取引所に上場する前にMoonbeam(GLMR)を入手したい方は、海外取引所であれば購入可能です。

また、Moonbeam(GLMR)を購入するためのビットコインは、コインチェックから入手できます。

コインチェックは取引所の手数料が無料で初心者でも使いやすい取引所です。

興味のある方は一度、コインチェック公式HPをチェックしてみてはいかがでしょうか。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる