仮想通貨NEAR(NEAR Protocol/ニアプロトコル)とは?今後の見通しや予想・将来性を徹底解説!

NEAR Protocol(NEAR)とはスマートコントラクトを適用するdAppsのプラットフォームです。シャーディング技術を適用しており、イーサリアムの代替となり得る技術を保有しています。

この記事では、NEAR Protocol(NEAR)の特徴や価格の動向、将来性について解説していきます。

そのため、NEAR Protocol(NEAR)に興味がある方、NEAR Protocol(NEAR)の取引を検討している方はぜひ参考にしてみてください

この記事の概要
  • NEAR Protocol(NEAR)はスマートコントラクトを適用するdAppsのプラットフォームブロックチェーンプロジェクト
  • シャーディング技術をプロトコルに適用しており、従来のブロックチェーンよりも高速で手数料が低い
  • 2020年に上場し、22年になって大きく価格が上昇している
  • 今後はNFT等のイーサリアムをベースとしたサービスの人気の高まり等によって価格が上昇する可能性がある

NEAR Protocol(NEAR)は現在海外取引所のみの取り扱いになりますので、保有したい場合は国内取引所でビットコインなどを入手し、海外取引所に送金してNear(NEAR)を取引するとスムーズです。

国内取引所はガイダンスが丁寧でわかりやすいと評判のコインチェックが最適です。

コインチェックは仮想通貨初心者向けに分かりやすい取引所の実現を目指しているため、簡単にすぐに利用できます。

目次

NEAR Protocol(NEAR)とは

NEAR Protocol(NEAR)とは
仮想通貨名NEAR Protocol(NEAR)
シンボルNEAR
価格(2022年12月時点)¥228.49
時価総額(2022年12月時点)¥190,587,883,536
時価総額ランキング(2022年12月時点)33位
公式サイトhttps://near.org/
値は2022年12月8日時点

NEAR Protocol(NEAR)はdAppsを運用することが可能なイーサリアムの代替となるプラットフォームを提供しているプロジェクトです。

シャーディングという技術を適用しており、従来のブロックチェーンよりも早く、低い手数料で取引を行うことができます。

また、「rainbow」というブリッジ機能を適用しているため、イーサリアムのブロックチェーンと接続することも可能です。

その他様々なプロジェクトを積極的に実施しており、今後イーサリアムのライバルとして台頭する可能性があるプロジェクトと言えるでしょう。

NEAR Protocol(NEAR)は現在海外取引所のみの取り扱いになりますので、購入したい場合は国内取引所でビットコインやイーサリアムを入手し、海外取引所に送金して取引ペアであるUSDTを取引することで、Near(NEAR)を購入することができます。(※ビットコインで購入することも可能です。)

ビットコインやイーサリアムの入手はアカウント作成までスピードが早いコインチェックを利用するとスムーズです。

コインチェックはアカウント作成手続きがオンラインで完了するため、余計な手間なくビットコインやイーサリアムを入手することができます。

NEAR Protocol(NEAR)の特徴

NEAR Protocol(NEAR)にはどのような特徴があるのでしょうか。

ポイントを挙げて説明していきます。

シャーディングというプロトコルを実装している

ビットコインやイーサリアムなど既存のブロックチェーンにはスケーラビリティという課題がありました。

スケーラビリティはブロックチェーンの拡張性の問題です。

ブロックチェーンの容量が小さいために、必要な量のデータを搭載することが出来ず、サービスの拡張が難しいのです。

NEAR Protocol(NEAR)は従来のブロックチェーンの問題を解決し得るシャーディングというトランザクション承認のプロトコルを適用しています。

シャーディングとは処理を分散することで、本来は一気に実施していたトランザクションの処理を分けて実施することで、必要な容量が圧倒的に少なくなり、処理や手数料も早くなります。

NEAR Protocol(NEAR)は「Nightshade」というシャーディング技術を適用しており、ビットコインの処理の700倍の早さの処理になるとも考えられています。

また、NEAR Protocol(NEAR)はClimate Neutral Product Labelという環境にやさしいシステムの認証も取得し、環境にやさしいプロジェクトであると考えられています。

Rainbowというブリッジ機能を適用している

NEAR Protocol(NEAR)は「Rainbow」というブロックチェーン間のブリッジ機能を適用しており、このブリッジ機能を利用してNearprotocolとイーサリアムのチェーンの間をトークンが行き来することが出来ます。

Nearprotocolは完全に分散化しており、どちらかのチェーンの改変があった場合も対応が可能です。

独自トークンを発行している

NEAR Protocol(NEAR)は独自のトークンを発行しています。

NEARトークンは取引手数料(ガス代)やステーキング報酬として利用されます。

新規発行の内9割のNEARトークンがステーキング報酬に使用されます。

また、2022年4月からはNEAR初のステーブルコイン「USN」を発行しました。

ファンドやプロジェクトを複数立ち上げている

NEAR Protocol(NEAR)は様々なプロジェクトを立ち上げて運用しています。

NEAR Protocolは2021年10月にDefiに特化した数百億円規模のファンドの立ち上げを発表しました。

また、その他にインドの企業と提携し、アクセラレータープログラムも開始しています。

このことから、様々なベンチャー企業とのつながりを獲得し、拡大を目指していることが予想されます。

また、2022年4月には430億円の資金調達を実現させており、バイナンスやFTXなどの大手仮想通貨取引所からのバックアップ体制も手厚いです。

NEAR Protocol(NEAR)は現在海外取引のみの取扱いになりますので入手する場合は国内取引所でNEAR Protocol(NEAR)の取引ペアであるビットコインを購入し、海外取引所に送金して取引することがおすすめです。

海外取引所によってはUSDTで取引する設定となっているので場合に応じてビットコインをUSDTに変換し、NEAR Protocol(NEAR)を入手しましょう。

国内取引所はアプリのUIUXが優れており、ダウンロード数国内1位である、コインチェックを利用することが最適です。

NEAR Protocol(NEAR)の現在の価格

NEAR Protocol(NEAR)の現在の価格はどのようになっているのでしょうか。

NEAR Protocol(NEAR)の現在の価格動向を見てみましょう。

NEAR Protocol(NEAR)の現在の価格
引用元:TradingViewの提供チャート

NEAR Protocol(NEAR)は2022年より全体として下落傾向となっています。

11月から12月に向かってアルトコイン市場は全体的に価格が収束する傾向にあり、NEAR Protocol(NEAR)もその影響を受けたことが予測されます。

しかし、2022年3月に入ってから徐々に価格は上昇傾向を見せました。

2022年12月現在は、仮想通貨全体での下落が影響してNEAR Protocolも連動した下落となっています。

NEAR Protocol(NEAR)は国内取引所での取扱いがないので、取引する際は国内取引所でビットコインを入手し、海外取引所で取引するとスムーズです。

国内取引所はお得に取引を行うことができるコインチェックが最適なので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

コインチェックは取引手数料が無料であるため、比較的お得に取引を行うことができます。

NEAR Protocol(NEAR)の価格の動向

NEAR Protocol(NEAR)はこれまでどのような価格の動きをしていたのでしょうか。

NEAR Protocol(NEAR)の上場後の価格の動きを期間を区切ってみていきましょう。

2020年上場直後は価格は停滞

引用元:TradingViewの提供チャート

NEAR Protocol(NEAR)は2020年10月に上場しました。その後は0.9ドルなど1ドル以下でしばらく価格が値動きしていました。

価格の動きは2021年にみられるようになります。

この動きは21年になってNFTなどブロックチェーンを利用したサービスが盛り上がってきたことが影響していると考えられています。

2021年の3月に当時の最高値に到達

引用元:TradingViewの提供チャート

その後NEAR Protocol(NEAR)の価格は上昇していきます。

そして、21年3月に当時の最高額である7.5ドルとなりました。

9月10月はやや上昇傾向

引用元:TradingViewの提供チャート

3月の最高額更新後、NEAR Protocol(NEAR)はさらに価格が上昇していきます。特に9月を境に非常に大きく価格が上昇しました。

12月には大きな買いが入り、約18ドルとなって大きな注目を集めました。

この大きな価格の上昇はNFTやDeFiの流行により、イーサリアム関連のアルトコインを中心に大きな注目が集まったことが考えられます。

NEAR Protocol(NEAR)は国内取引所での取扱がありませんので取引する際は国内取引所でビットコインを保有し、海外取引所で入手するとスムーズです。

国内取引所は国内でも老舗の仮想通貨取引所であるコインチェックが最適です。

コインチェックは2014年から運営している取引所であるため、蓄積した取引所運営ノウハウを活用して使いやすい取引所を実現しています。

NEAR Protocol(NEAR)の将来の価格予測

NEAR Protocol(NEAR)の価格は今後上昇するのでしょうか。

想定されるNEAR Protocol(NEAR)の価格の値動きをまとめてみました。

Near(NEAR)の将来の価格予測
  • NFTの需要の上昇によって価格が上昇する
  • サービスの拡大によって価格が上昇する
  • 取引所への上場によって価格が上昇する

NFTの需要の上昇によって価格が上昇する

NEAR Protocol(NEAR)はdAppsのためのプラットフォームであるため、NFTやDeFiなどのdAppsの注目が今後継続して高まっていくことで価格が上昇することが予想されます。

また、イーサリアムの代替になり得る機能を保有しているため、イーサリアムの需要の増加や、スケーラビリティの課題に注目されることも上昇を手伝うと考えられます。

サービスの拡大によって価格が上昇する

NEAR Protocol(NEAR)が今後様々なサービスを実施することも価格の上昇要因になると考えられます。

NEAR Protocol(NEAR)は現在、ファンドやアクセラレータープログラムなどベンチャー企業と接点がある様々な取り組みを実施しています。

今後その取り組みが拡大したり、新たな取り組みやサービスのリリースによって注目度が集まり、価格が上昇する可能性があります。

取引所への上場によって価格が上昇する

上場先の取引所が増加することによっても価格が上昇することが考えられます。

取引所に上場するということはその取引所の審査に通ったということであり、その仮想通貨の価値が高まります。

また、上場することで単純に流通量が増加することが考えられます。

NEAR Protocol(NEAR)を購入する場合は海外取引所でビットコインやUSDTで購入する必要がありますので、まずは国内取引所でビットコインを手に入れましょう。

ビットコインやイーサリアムを入手するには国内取引所のコインチェックが最適です。

コインチェックは電話での問い合わせに対応するなど、ユーザーへの対応が手厚く、安心してビットコインやイーサリアムを保有することが出来ます。

NEAR Protocol(NEAR)が購入できる取引所

NEAR Protocol(NEAR)を購入できる主要な取引所は次の通りになります。

購入できる主要な取引所
  • Binance
  • HitBTC
  • OKEx
  • Gate.io

※海外取引所は日本の金融庁の認可を受けておらず、リスクがつきものですので自己責任で利用してください。

NEAR Protocol(NEAR)は国内取引所での取り扱いはありませんので保有したい場合は海外取引所でビットコインやUSDTでNEAR Protocol(NEAR)を入手する必要があります。

海外取引所に送金するためのビットコインを入手する場合は取引手数料が無料のコインチェックが最適です。

NEAR Protocol(NEAR)の買い方

NEAR Protocol(NEAR)はどのような手順で取引すれば良いのでしょうか。

ここではNEAR Protocol(NEAR)の購入手順を説明していきます。

1. 国内取引所でアカウント作成をする

まずはNEAR Protocol(NEAR)の取引ペアであるビットコイン、またはUSDTを入手する必要があります。

NEAR Protocol(NEAR)の仮想通貨の取引ペアは取引所によって異なるので自分が使いたい海外取引所の取引ペアを確認しておきましょう。

USDTは海外取引所でビットコインやイーサリアムで入手できます。

そのため、まず、国内取引所でアカウント作成をして、ビットコインを取引しましょう。

国内取引所はシンプルで初心者でも使いやすいコインチェックが最適です。

国内取引所で口座を開設したら、ビットコインやイーサリアムを保有します。

ビットコインをUSDTに交換する

次にNEAR Protocol(NEAR)をUSDTで購入したい場合はビットコインやイーサリアムをUSDTに交換します。

この場合、ビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金してUSDTを購入することやMetamaskなどのウォレットで交換することが出来ます。

ビットコインやUSDTでNEAR Protocol(NEAR)を購入する

最後にNEAR Protocol(NEAR)を取り扱っている海外取引所にビットコインやUSDTを送金し、NEAR Protocol(NEAR)を購入します。

これで購入は完了です。

海外取引所を通した取引はためらわれる、という方はまずは国内取引所でビットコインや、イーサリアムなどのアルトコインを入手してみてはいかがでしょうか。

アルトコインの購入の際は19種類のアルトコインを取り扱っているコインチェックを利用するとスムーズです。

NEAR Protocol(NEAR)についてまとめ

ここまでNEAR Protocol(NEAR)について解説してきました。

NEAR Protocol(NEAR)について以下に簡単にまとめましたので参考にしてみてください。

NEAR Protocol(NEAR)についてのまとめ
  • NEAR Protocol(NEAR)はスマートコントラクトを適用するdAppsのプラットフォームブロックチェーンプロジェクト
  • シャーディング技術をプロトコルに適用しており、従来のブロックチェーンよりも高速で手数料が低い
  • 2020年に上場し、22年になって大きく価格が上昇した
  • 今後はNFT等のイーサリアムをベースとしたサービスの人気の高まり等によって価格が上昇する可能性がある

NEAR Protocol(NEAR)は現在海外取引所のみの取り扱いになります。

NEAR Protocol(NEAR)は海外取引所のみの取扱いとなりますので保有する場合は国内取引所でビットコインを購入し、海外取引所に送金してNEAR Protocol(NEAR)を入手するのがスムーズです。

国内取引所は取引量が多く、流動性が高いコインチェックを利用するとお得なので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

目次
閉じる