仮想通貨NEO(ネオ)とは?今後の見通しや予想、将来性を徹底解説!

Neo (NEO)は「中国のイーサリアム」としても有名なブロックチェーンベースの分散型プラットフォームです。

近日、NFTやDeFiを中心としたdAppsの人気の高まりによって注目を集めています。

この記事ではNeo (NEO)の特徴や価格、将来の予測について説明しています。

Neo (NEO)に興味がある方、投資してみたいという方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

この記事の概要
  • Neo (NEO)はデジタル資産を保存・取引することが可能なスマートエコシステムを提供するプラットフォーム
  • プラットフォーム上のステークホルダーにデジタルIDを付与しており、dBFTというコンセンサスアルゴリズムを適用している
  • 2021年に入ってから価格が大きく上昇し、dAppsの需要などを受け大きく上下している
  • 価格は中国の政策や規制、システムのアップデートなどに大きく影響される
  • 国内取引所での取り扱いがないため、コインチェックなどの国内取引所でNeo (NEO)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して購入することがおすすめ

Neo (NEO)は国内取引所での取り扱いがないため、国内取引所でNEOの取引ペアとなっている仮想通貨を購入し、海外取引所に送金して購入することをおすすめします。

国内取引所はコインチェックがおすすめです。

コインチェックは口座開設や取引の手順などのガイダンスが充実しており、初めてでもスムーズに使うことができます。

\ 2500円分のBTCもらえる /

目次

仮想通貨Neo (NEO)とは

引用:公式サイト
仮想通貨名Neo (NEO)
シンボルNEO
価格約5,110円(2021年10月7日現在)
時価総額¥360,610,885,028(2021年10月7日現在)
時価総額順位49位(2021年10月6日現在)
取引所取り扱い国内取引所の取り扱いなし
公式サイトhttps://neo.org/

NEOは、2014年に中国のDaHongfeiとErikZhanによってAntSharesとして設立され、2017年6月にNEOという名前になりました。

NEOは、デジタル資産とスマートコントラクトの開発を可能にするブロックチェーンベースのプラットフォームです。

機能として米国拠点のイーサリアムと似ているため、「中国のイーサリアム」と呼ばれることもあります。

NEOは、スマートコントラクトを使用してデジタル資産の管理を自動化し、最終的には分散ネットワークベースのスマートエコノミーシステムを構築することを目指しています。

Neo (NEO)は海外取引所のみの取り扱いになりますので国内取引所でNeo (NEO)の取引ペアの仮想通貨を購入し、海外取引所で購入する必要があります。

国内取引所はアプリダウンロード数No.1を誇るコインチェックがおすすめです。

コインチェックは登録サイトや販売所のデザインがシンプルで綺麗であり、初めてでも操作が分かりやすいと評判の取引所です。

\ 2500円分のBTCもらえる /

Neo (NEO)の特徴

Neo (NEO)は、理論的にはスマートエコノミーシステム(デジタル資産・デジタルアイデンティティ・スマートコントラクトを組み合わせたもの)を提供することを目指す仮想通貨です。

ここではNeo (NEO)の特徴をポイントを挙げて解説していきます。

dAppsの作成機能など様々な機能を提供している

Neo (NEO)は誰でも分散型の製品やサービスを取引・作成できるプラットフォームとして機能することを目的としたソフトウェアネットワークです。

Neo (NEO)のプラットフォーム上で資産はNEOブロックチェーン上において、オープンで、分散化され、信頼でき、追跡可能なな方法で簡単にデジタル化されています。

ですのでユーザーは、さまざまな種類の資産を記録・購入・販売・交換、または回覧することができます。

Neo (NEO)は、デジタル資産の取引機能を活用して分散型取引所、予測市場、ソーシャルネットワークなどの分散型アプリケーション(dapp)を作成するサービスなど、様々なサービスを保有・提供しています。

Neo (NEO)のプラットフォームを使用することで、開発者はソフトウェアを使用してスマートコントラクトを実行し、実際の製品やサービスを複製することを目的とした新しいプログラム(dapps)を設計できます。

スマートコントラクトを適用している

Neo (NEO)は手順が自動化されるシステムであるスマートコントラクトをNeoContractsという名前で自身のプラットフォームに適用しています。

NeoContractsは、他のスマートコントラクトベースのプロトコルとは異なり、開発者が新しい言語を学習するのではなく、さまざまな一般的な既存の言語(C#やJavaなど)を使用してアプリケーションを構築可能です。

したがって、さまざまなプログラミング言語で機能するNeoContractの機能は、dAppを作成したり、既存のdAppをサポートする開発者にとって魅力的であると言えるでしょう。

デジタルアイデンティティを重視している

Neo (NEO)はデジタルアイデンティティを重視してサービスを提供しています。

NEOプラットフォームで動作するすべての個人、企業、またはその他のエンティティは、検証可能な一意のデジタルIDを持っている必要があります。

人、企業、およびプロジェクトは、相手方が必要なIDを持っている場合にのみ、相互に取引することが可能です。

また、トランザクションの検証や、アカウンティングなどNEOネットワーク上の他の様々な活動においても、IDが必要になる場合があります。

このようなデジタルアイデンティティの重視はセキュリティリスクを下げる働きをし、中国などの法規制に耐えうる可能性をはらんでいるといえます。

独自のコンセンサスアルゴリズムを適用している

ブロックチェーンを保護し、コンピューターの分散ネットワークの同期を維持するために、Neo (NEO)は委任ビザンチンフォールトトレランス(dBFT)と呼ばれるコンセンサスメカニズム方式を採用しています。 

dBFTは、委任されたプルーフオブステークと同様に機能し、投票システムを利用して、ソフトウェアを実行しているどのコンピューターがNeo (NEO)のブロックチェーン上に次のブロックを作成するかを決定します。

このシステムはNEOを所有している人なら誰でもNeo (NEO)のネットワークの運用を支援できることを意味します。

独自トークンのNEOを提供している

Neo (NEO)はNEOトークンとGASの2種類の仮想通貨を発行しています。

NEOトークンは、ブロック生成の投票のためにステーキングすることが可能です。

NEOトークンをステーキングしたすべての所有者は、コンセンサスノードに投票し、ブロックを誰が生成するかを決定します。

コンセンサスノードとはブロックチェーンネットワークに接続し、そのトランザクションの正しさを検証し、合意形成する運営機関です。

投票システムにおける投票権はNeo (NEO)のトークンの所有数に応じます。

また、Neoブロックチェーンに新しいブロックが追加されると、コンセンサスノードはネットワークのトランザクション料金をGASで受け取ります。

Neo (NEO)は国内取引所の取り扱いがありませんので、国内取引所でNeo (NEO)の取引ペアとなる仮想通貨を購入し、海外取引所で購入する必要があります。

国内取引所はコインチェックがおすすめです。

コインチェックでは操作しやすいと評判のアプリを提供しており、外出先でもいつでも仮想通貨の価格をチェックしたり購入することが可能です。

\ 2500円分のBTCもらえる /

Neo (NEO)の現在の価格動向

Neo (NEO)の9月、10月の直近の価格動向はどのようになっているでしょうか。

引用:Tradingviewの提供チャート

Neo (NEO)は8月から9月にかけて51%上昇し、その後下降しています。

これは8月から9月にかけてNFTDeFiなどの需要が高まったためにdAppsのプラットフォームを提供している仮想通貨の需要が高まったためと考えられます。

dAppsの需要が高まるとプラットフォームのトークンの利用頻度や量が増加し、需要が高まるために価格が上昇するのです。

Neo (NEO)は海外取引所のみの取り扱いのため、国内取引所で仮想通貨を購入した上で海外取引所に送金し、海外取引所で購入する必要があります。

国内取引所はコインチェックがおすすめです。

コインチェックは2014年から取引所を運用している老舗の取引所であるため、取引所運営ノウハウが豊富であり、利用者にとって使いやすい取引所を構築しているため、初めてでもすぐに使いこなすことができるようになります。

\ 2500円分のBTCもらえる /

Neo (NEO)のこれまでの価格推移

Neo (NEO)は2021年9月以前はどのような動きをしていたのでしょうか。

9月以前の動きを次の通りにまとめてみました。

Neo (NEO)のこれまでの価格推移
  • 2021年以前は停滞の傾向にあった
  • 2021年4月から5月にかけて高騰
  • 2021年6月から8月は停滞の傾向

2021年以前は停滞の傾向にあった

引用:Tradingviewの提供チャート

2019年の上場後、2021年以前はNeo (NEO)の価格は停滞していました。

しかし、2021年以降価格が上昇していきます。

2021年4月から5月にかけて高騰

引用:Tradingviewの提供チャート

2021年に入って4月から5月にかけて約170%価格が上昇しました。

この上昇は3月25日にブロックチェーンプロトコルをアップデートしたことにあると言われています。

このN3と呼ばれるブロックチェーンプロトコルにアップデートすることでNeo (NEO)のネットワークのトランザクションはよりスピードを上げ、コストを大幅に削減します。

このNeo (NEO)のアップグレードによってNeo (NEO)の信用性が高まり、需要が増加したと考えられます。

また、他の要因としてもNFTやDeFiなどのdAppsの需要が高まったことも影響していると考えられます。

2021年6月から8月は停滞の傾向

引用:Tradingviewの提供チャート

4月5月の価格の上昇の後、6月から8月では価格は停滞の傾向となります。

これは4月5月に急騰した後、dAppsへの需要がおさまり、Neo (NEO)の需要も沈静化したためと考えられます。

この後9月以降のNeo (NEO)の価格は、前述の通り再度上昇傾向に転じます。

Neo (NEO)は国内取引所での取り扱いがありませんので国内取引所でNeo (NEO)の取引ペアとなる仮想通貨を購入し、海外取引所に送付して海外取引所で購入する必要があります。

国内取引所は圧倒的な実績と信頼を誇るコインチェックがおすすめです。

コインチェックはハッキングにあった経験があり、特にセキュリティ保全に力を入れていますので安心して取引をおこなうことが可能です。

\ 2500円分のBTCもらえる /

Neo (NEO)今後の見通しや予想

Neo (NEO)の価格は今後どのように変化するのでしょうか。

Neo (NEO)の今後の見通しや予測を以下にまとめました。

Neo (NEO)今後の見通しや予想
  • 中国の政策や規制の影響
  • dAppsの需要の高まり
  • 開発がスムーズに進み、普及が進む

中国の政策や規制の影響

Neo (NEO)は中国発の分散型プラットフォームであり、「中国のイーサリアム」ともいわれます。

中国に拠点を置いているため、中国の政策や規制の影響を受ける可能性があります。

中国は仮想通貨に対してはやや厳しい対応をとっており、2021年9月には仮想通貨を全面禁止することを発表し、仮想通貨取引所をはじめ、様々な仮想通貨業界のプレイヤーが影響を受けました。

今後も中国の政府の対応や規制によってNeo (NEO)のサービスの方向性や価格が大きくマイナスの方向に変化する可能性があります。

また、一方で中国は分散型ソリューションとの提携を検討している可能性があり、その候補としてNeo (NEO)が候補になる可能性もあります。

もしもNeo (NEO)が中国政府に採用された場合は、Neo (NEO)の価格は大きく上昇することが予想されます。

dAppsの需要の高まり

Neo (NEO)はdAppsのための分散型プラットフォームです。

そのため、dAppsの需要が増加することに伴い、Neo (NEO)の利用が増加し、Neo (NEO)の価格が上昇する可能性があります。

Neo (NEO)の利用が増加すると単純により多くのNeo (NEO)の需要が増加する上、将来性を見込んで投資家がNeo (NEO)を購入する可能性があると考えられます。

開発がスムーズに進み、普及が進む

Neo (NEO)のN3のアップデートが実施された際に価格が上昇したことでもみられるように、開発がスムーズに進んでいるという情報やネットワークのアップデートの情報は価格の上昇の要因となります。

開発がスムーズに進むということはNeo (NEO)のシステムの頑健性が高まっており、信用性が高くなっているということです。

そのシステムの信用性に期待して、投資家がNeo (NEO)を購入し、価格が上昇する可能性があります。

また、システムリリース後にバグやセキュリティ事件が起こらずに安定的に運用されている場合もシステムの信用性が高まる要因の一つとなります。

Neo (NEO)は国内取引所での取り扱いがありませんので、国内取引所で取引ペアとなる仮想通貨を購入し、海外取引所に送金してNeo (NEO)を海外取引所で購入しましょう。

まずは、国内取引所のコインチェックで口座開設をしてみましょう。

\ 2500円分のBTCもらえる /

Neo (NEO)を購入できる取引所

Neo (NEO)を購入するにはどの取引所を利用すれば良いのでしょうか。

Neo (NEO)を取り扱っている主要な取引所は以下の通りです。

Neo (NEO)を購入できる取引所
  • Bitfinex(ビットフィネックス)
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)
  • OKEx(オーケーエックス)
  • Huobi Global(フォビ グローバル)
  • Kucoin(クーコイン)
  • Poloniex(ポロニエックス

※海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないので利用には十分注意してください。

Neo (NEO)は海外取引所のみでの取り扱いのため、国内取引所で取引ペアとなる仮想通貨を購入し、海外取引所に送金してNeo (NEO)を購入しましょう。

国内取引所は、アプリダウンロード数No.1の実績を誇るコインチェックがおすすめです。

\ 2500円分のBTCもらえる /

Neo (NEO)を購入する方法

Neo (NEO)は国内取引所での取り扱いがないため、国内取引所で取引ペアとなっている仮想通貨を購入し、海外取引所に送金して海外取引所でNeo (NEO)を購入しましょう。

Neo (NEO)を購入する手順は次の通りです。

Neo (NEO)を購入する方法
  1. 国内取引所で口座を開設し、Neo (NEO)の取引ペアの仮想通貨を購入する
  2. Neo (NEO)の取引ペアを海外取引所に送金する
  3. 海外取引所でNeo (NEO)を購入する

1. 国内取引所で口座を開設し、Neo (NEO)の取引ペアの仮想通貨を購入する

まず初めにコインチェックなどの国内取引所で口座を開設し、Neo (NEO)の取引ペアとなる仮想通貨を購入します。

Neo (NEO)のペアはビットコインやイーサリアムであることが多いため、ビットコインやイーサリアムの購入がおすすめです。

Neo (NEO)の取引ペアを海外取引所に送金する

次にNeo (NEO)の取引ペアであるビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金します。

海外取引所は取引可能な通貨やデザインなど特徴や強み・弱みが異なりますので、自分にあった取引所を選ぶことをお勧めします。

海外取引所でNeo (NEO)を購入する

最後にビットコインやイーサリアムを送金した海外取引所でNeo (NEO)を購入します。

これでNeo (NEO)の購入は完了です。

※海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないので利用には十分注意してください。

Neo (NEO)は国内取引所での取り扱いがないため、コインチェックなどの国内取引所でNeo (NEO)の取引ペアとなる仮想通貨を購入し、海外取引所に送金してNeo (NEO)を購入することをおすすめします。

\ 2500円分のBTCもらえる /

仮想通貨Neo(NEO)のまとめ

Neo (NEO)はデジタル資産を保存・取引することが可能な分散型プラットフォームを提供するプロジェクトです。

Neo (NEO)はデジタルアイデンティティを重視し、デジタル資産を自由に保存・取引することをはじめ様々な機能を提供することを目指すスマートエコシステムです。

高い機能を誇っていますが今後中国の規制にどのように対応していくかの動向が気になる仮想通貨でもあります。

Neo (NEO)の今後の動きに注目していきましょう。

仮想通貨Neo(NEO)のまとめ
  • デジタル資産を保存・取引することが可能なスマートエコシステムを提供している
  • デジタルアイデンティティを重視、独自のコンセンサスアルゴリズムを適用するなど独自のシステムを構築している
  • 2019年上場後価格が停滞していたが、2021年になりNeo (NEO)のシステムアップデートやdAppsの需要の高まりを受けて価格が大きく上下している
  • 今後は中国政府の体制やシステムの開発状況、dAppsの需要などを受けて価格が変化すると考えられる
  • 海外取引所のみでの取り扱いのため、コインチェックなどの国内取引所でNeo (NEO)と取引ペアとなる仮想通貨を購入し、海外取引所に送金してNeo (NEO)を購入するのがおすすめ

Neo (NEO)は海外取引所のみの取り扱いになりますので国内取引所で取引ペアとなる仮想通貨を購入し、海外取引所に送金して海外取引所で購入することがおすすめです。

国内取引所はコインチェックが圧倒的な実績と人気を誇っているのでおすすめです。

\ 2500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる