米国株価(アメリカ株価)の今後の予想・長期見通しをわかりやすく解説

米国株見通し

現在米国株はコロナ禍にも関わらず順調に大きく成長を続けています。

今回は注目度の高い米国株について、これまでの価格推移から今後の見通しまでわかりやすく解説していきます。

この記事からわかること
  • 米国株は長期的に見ると歴史的に上昇し続けている
  • 現在の米国株おすすめ銘柄はGAFAMやコロナ関連銘柄
  • 米国株は金融支援の縮小や高いバリュエーションといった懸念もあるが、長期目線では株価の上昇が見込まれる
  • 米国株投資を始めるなら投資初心者でもわかりやすいIG証券が最適の証券会社
  • トライオートETFなら米国ETFを自動売買できる!

初めての米国株投資には、一株から株式に投資できるIG証券の公式サイトをチェックしてみてください。

IG証券は、全世界に23万9000人以上の顧客を抱えており圧倒的な信頼を誇っています。

また、アリババ、アップル、テスラ、グーグルなどの人気企業はもちろんのこと、全部で4000以上もの米国株に投資することが可能です。

米国株に投資をするならIG証券を利用するのが最適なので、まだ口座を持っていないという方は是非この機会に公式サイトへアクセスしてみてください。

IG証券-1

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

また、当サイト「Invest Navi」では公式LINEで米国株に関する情報を随時配信しています。

公式LINE限定の情報もありますので、是非登録して情報収集に役立ててください。

現在では公式LINEの登録で200円相当のビットコインがもらえるキャンペーンも実施していますので、この機会にぜひチェックしてみましょう。

米国株

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

目次

米国株価の推移

米国株について知るためにはまずS&P500のチャートから、米国株のこれまでの価格推移を見ていきましょう。

S&P500については以下の記事で詳しく解説していますので、ご一読ください。

S&P500とは?

S&P500は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数です。

ニューヨーク証券取引所・NYSE MKT・NASDAQに上場している企業の中から代表的な500社をピックアップし、それらの株価をもとに算出されるので、アメリカの経済・株価動向を知る大きな目安になります。

S&P500:2010年~現在のチャート

引用元;TradingViewの提供チャート

2010年以降の動向は一見してわかる通り、ひたすら上昇を続けています。

なお、このチャートを見ると

  • もうかなり上昇してきていて下落の可能性があり、米国株を今から買うのは危ないのではないか?
  • 今後も上昇し続ける保証はあるの?

こういったことを考える方も多いかと思いますが、米国株は長期的な視点で見ると基本的には今後も上昇し続ける可能性が高いと見込んでいる方が多いです。

その理由として、(1)人口増加に伴う消費需要増加と労働増加が見込まれること、(2)金融市場が成熟していることが挙げられます。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

S&P500:2020年~現在のチャート

SPYチャート2
引用元:TradingViewの提供チャート

2020年から現在に至るまでの価格推移の注目ポイントは、次の3つです。

2020年~2022年の注目ポイント3つ
  • 新型コロナの影響(コロナショック)
  • アメリカ大統領選の影響
  • 米長期金利利上げの影響
  • コロナ禍で底力を見せる米国企業の成長力
  • 新型コロナの影響(コロナショック)

2020年2月以降、新型コロナウイルスの欧米への感染拡大を受けて株価が急落。

新型コロナによる渡航制限・外出制限は、アメリカだけでなく世界経済に強い影響を与えました。

しかし、アメリカ政府やFRB(連邦準備理事会)による経済対策のおかげで比較的短期間で回復を果たし、現在はコロナショック前の価格水準を上回っています。

  • アメリカ大統領選の影響

2020年11月3日に、アメリカでは大統領選がおこなわれました。

選挙前の先行きの不透明さか、10月中旬以降に株の売り傾向が強まりましたが、選挙結果が出た後すぐに回復しています。

  • 米金利利上げの実施

2022年には、米ドルの金利が利上げされることが確実視されています。

FRBによると、2022年には3回~4回の利上げを実施して、バランスシート縮小も開始する方針のようです。

米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は、利上げの時期をインフレ次第と明言していますが、インフレの高止まりがあれば積極的な姿勢を崩す事はないと考えていいでしょう。

  • コロナ禍で底力を見せる米国企業の成長力

野村證券が2021年11月29日に公表した「週刊 米国株式展望」によると、S&P500を構成する米国企業の四半期EPS(1株あたり利益)はコロナ禍にもかかわらず拡大が続いています。

dollar-stocks-outlook-03
引用元:野村証券

コロナショックが起きた2020年こそ四半期EPSがマイナスに振れることもありましたが、2021年に入ってワクチンの供給が進むと大きな反動が現れました。

2021年4~6月には前年同期比48.3%増を記録、7~9月には87.9%もの増加が見込まれています。

新型コロナウイルスの経済ショックをものともしない米国企業の成長力がうかがえるでしょう。

同データを調査したリフィニティブは2021年後半から2022年もプラス成長を予測していることから、米国株全体の見通しにも好影響を与えると考えられます。

2020~2021年は以上のような株価に大きな影響を与える出来事がありました。

長期的な視点を持つと米国市場の強さと成長ポテンシャルの高さがよく理解できます。

IG証券で今後のさらなる米国株の成長可能性に投資してみてはいかがでしょうか。

IG証券の個別株は1万2,000種類以上、米国株だけでも4,000以上の銘柄が揃っています。

アマゾンやアップル、テスラ、ファイザーといった米国株に投資できるため、これから米国株投資をスタートしてみたい方に最適です。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

米国株インデックスの現在の価格推移

米国株の主なインデックス3つ、「S&P500」「NYダウ」「ナスダック総合指数」の現在の価格推移をご紹介します。

「S&P500」「NYダウ」「ナスダック総合指数」とは?
  • S&P500(SPX)

ニューヨーク証券取引所、NYSE American、NASDAQに上場している企業の中から代表的な500社をピックアップし、それらの株価を時価総額加重平均で算出した指数。

  • NYダウ(DJI)

正式名称は「ダウ工業株30種平均」。ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している代表的な30銘柄の推移をもとに算出した指数。米国を代表する大企業で構成される。

  • ナスダック総合指数(IXIC)

NASDAQに上場している3,000以上の銘柄の全てを対象に、時価総額加重平均で算出した指数。ハイテク、インターネット関連が多く含まれていることが特徴。

  • S&P500(SPX)
引用元;TradingViewの提供チャート
  • NYダウ(DJI)
引用元;TradingViewの提供チャート
  • ナスダック総合指数(IXIC)
引用元;TradingViewの提供チャート

2020年から現在までの3つのインデックスを見比べると、いずれも上昇トレンドを形成しており、動き方にそれほど大きな差異は見られません。

そのため個別株ではなく、米国株のインデックスファンドへの投資を検討する場合は、前述したような各指数の特徴を大まかにつかんでおけばよいでしょう。

しかし、その後はすぐにオミクロン変異株出現による世界経済の成長腰折れはないとの楽観が広がり、いずれのインデックスも回復に転じています。

インデックス投資をするなら売りからでも利益を狙える株式CFD対応のIG証券がおすすめです。

CFDとは、レバレッジをかけて株式運用ができる仕組みで、少額で利益を最大化したい人に向きます。

また、「売り」から取引することで、下落トレンドの相場でも利益獲得を狙うことができます。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

米国株の現在の注目銘柄

続いて現在の米国株注目銘柄を、次の4つの項目に分けてご紹介します。

米国株の注目銘柄4項目
  • GAFAM
  • コロナワクチン関連
  • ウィズコロナ・アフターコロナ関連
  • その他注目銘柄

GAFAM

銘柄名ティッカー
アルファベット(※Googleの運営会社)GOOGL
アップルAAPL
フェイスブックFB
アマゾン・ドット・コムAMZN
マイクロソフトMSFT

GAFAMとはアメリカにある5つの巨大IT企業、Google・Apple・Facebook・Amazon・Microsoftの頭文字を取った言葉です。

この5社は合計すると日本東証一部企業全体約2170社の時価総額を上回るほどの規模を持つ巨大企業で、アメリカの経済成長を強くけん引しています。

今後もGAFAMの躍進は続くものと思われるので、株式の購入チャンスを逃さないようにしましょう。

GAFAMの銘柄はそれぞれIG証券から購入することができます。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

コロナワクチン関連

銘柄名ティッカー
ファイザーPFE
モデルナMRNA

ファイザーはニューヨークに本拠地を置く製薬会社モデルナはマサチューセッツ州に本社を置くバイオテクノロジー企業です。

ファイザー社とモデルナ社は、新型コロナワクチンを開発し全世界に供給しています。

ファイザーに関しては値上がりの要因となる材料が出尽くした結果、一時的に市場での売り傾向が強くなっています。

しかし全世界でのコロナワクチンの供給はまだしばらく続くため、株価が一旦下落してる今が買い時と言えるかもしれません。

コロナワクチン関係の米国株はIG証券から購入することができます。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

ウィズコロナ・アフターコロナ関連

銘柄名ティッカー
ズームインフォ・テクノロジーズZI
ズーム・ビデオ・コミュニケーションズZM
ホームデポHD

ズームインフォ・テクノロジーズは、ワシントンを拠点とする営業マン向けの顧客データをクラウド上で提供する企業です。

このコロナのご時世で直接営業をおこなうことが難しい中、営業マンに対して見込み客に関する有益な情報を提供することで支持を集め売り上げを伸ばしています。

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズは、クラウドを利用したweb会議サービス「Zoom」を提供する会社です。

日本でもたびたび話題になりましたが、リモートワーク関連でもっとも飛躍した企業と言えるでしょう。

ちなみにどちらも名前に「ズーム」が入っていますが、まったく無関係の別の会社です。

いずれも今後の働き方の変化を後押しする企業なので、可能性に投資してみる価値はあるでしょう。

ホームデポは、米国ジョージア州に本社を置く住宅リフォーム・建設資材の小売チェーンです。

ウィズコロナではDIY需要の高まりによって業績を拡大、さらにポストコロナにおいては、住宅市場の回復から恩恵を受ける可能性があります。

2012年から現在にかけてテンバガー(株価が10倍になった銘柄)を達成、現在も順調に株価が拡大しています。

ここでお伝えしたウィズコロナ・アフターコロナ関連の銘柄はすべて、IG証券で取り扱っています。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

その他注目銘柄

銘柄名ティッカー
テスラTSLA
エヌビディアNVDA
AirbnbABNB

テスラは、シリコンバレーを拠点にしている電気自動車メーカー。

エヌビディアはカリフィルニア州にある半導体メーカーで、主にゲームや人工知能(AI)の開発に関わっています。

Airbnbは民泊プラットフォームを提供する企業で、コロナ禍で旅行業界が軒並み苦戦するなか、感染拡大前よりも業績や総予約数が拡大しています。

いずれもここ数年、急成長を見せている企業です。

電気自動車市場・人工知能(AI)市場はともに今後も伸びていく市場なので、この2社は業界を引っ張るリーディングカンパニーとして、今後さらに成長していくと見込む方が多くいます。

また、旅行業界もアフターコロナを見越すといままでの反動による拡大が期待できるため、新興のAirbnbに注目が集まっています。

こうした米国の成長株に投資してみたい方は、IG証券をご利用ください。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

InvestNaviでは公式LINEで業界に関する様々な情報を発信しています。

まだ登録してない方はこの機会に忘れずにチェックしておきましょう。

米国株

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

米国株価の今後の予想・見通し

続いて米国株の今後の予想・見通しを「長期的な予想・見通し」「2022年の予想・見通し」、二つの視点から見ていきましょう。

長期的な予想・見通し

米国株は長期的に見ると今後も上昇を続けていくと見られ、投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏もそのような発言をしています。

アメリカのフォーブス紙が発表した2020年世界長者番付で4位にランクインしており、「投資の神様」とも呼ばれているウォーレン・バフェット氏は、2017年9月にニューヨークで開かれたイベントで「NYダウ平均が100年後には100万ドルを超える」、つまりは今後も米国株の価格は上昇し続けると発言しました。

これを述べた2017年1月のNYダウ平均始値は、約2万ドルです。

そこから100年後に100万ドルを超えることを想定すると、年平均でおよそ4%ずつ上昇していく必要があります。

2001年1月から2017年1月までは年平均4%のペースで株NYダウ平均株価は上昇していました。

ちなみに2021年1月の始値が約3万1000ドルでしたので2017年からの4年間は年平均12%上昇と、バフェット氏の発言よりもハイペースで上昇しています。

現状バフェット氏の発言を超えるペースで推移していますが、そもそもなぜバフェット氏は「NYダウ平均が100年後には100万ドルを超える」と発言したのでしょうか?

その根拠となるキーワードは、「複利運用」です。

複利運用とは、生み出した利益を当初の元本に乗せて運用していくことを指します。

この結果、元本が大きくなり、そこから生み出される利益も大きくなるので、元本は雪だるま式に大きくなっていきます。

つまり運用期間が長くなればなるほど、複利の効果は大きくなっていきます。

NYダウ平均についても、配当金を再び投資にあてることで複利運用が可能となります。

年平均4%の上昇率は、投資の世界では決して実現不可能な数値ではありません。

このことから、バフェット氏の言う「100年後にNYダウ平均100万ドル」という数字についても不可能なものではないことがわかります。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

2022年の予想・見通し

続いて2022年の見通しですが、こちらについては証券会社や新聞等のメディアにおける有識者の相場予想を取りまとめました。

加藤欣司氏:リベンジ支出が強力な牽引役になる

ナティクシス・インベストメント・マネージャーズの日本・北アジア代表を務める加藤欣司氏は、2022年の見通しを探るうえで「リベンジ支出」が欠かせないと述べています

リベンジ支出・リベンジ消費とは?

新型コロナウイルスによってこれまで抑えていた消費を、感染拡大が収束した後一気に爆発させようとする消費者行動のこと。旅行や観光、エンターテインメントなどの分野ではアフターコロナで反動が起きやすいとされている。

2022年にはリベンジ支出が強力な牽引役になるでしょう。消費者の高額商品に対する繰延需要は大きいと考えられますが、サプライチェーンの混乱により価格上昇が続くと予想されます。(中略)概して、機関投資家は2022年に向けて楽観的な見方をとっていますが、株式市場全般の高ボラティリティおよびインフレ率と金利の上昇を受けて投資家は慎重な姿勢を維持しており、現在の環境を乗り切るためにより戦術的な資産配分を余儀なくされるようになっています。

PR TIMES

ちなみに投資銀行であるナティクシスは、2022年の米国市場に対して以下のような見通しを公表しています。

ナティクシスの米国株式市場に対する見方は、「2022年は不確実性と変化に満ちながらも、経済は堅調な成長を続ける」というのが基本路線だ。「(新型コロナウイルスのオミクロン変異種など)増大し続ける“心配の壁”を越えるほど、市場は上伸する可能性が高い」とみている。「(米国株式の上昇率は)典型的な5~7%成長の年ではない」とし、「2桁の上伸が期待され、月日が進むにつれ上昇していくことは難しくない」と結論している。

MORNINGSTAR

先にもお伝えしたように、S&P500を構成する企業を中心に、コロナショックの余波にまるで物怖じしないほど米国企業は高い成長力を維持しています。

仮に現在の脅威であるオミクロン株の感染が拡大したとしても、米国企業の多くは高い成長力を持続させるとナティクシスは見ているようです。

岡元兵八郎氏:2022年末のS&P500のターゲットは5,150ポイントと予想

マネックス証券チーフ・外国株コンサルタント兼マネックス・ユニバーシティのシニアフェローを務める岡元兵八郎氏は、2022年のS&P500のフェアバリューが5,150ポイントになることを予想しています。

2022年末のS&P500のフェアバリューは5,150ポイントになると予想しています。これは2022年のS&P500の市場の予想EPSは225ドル、その約23倍のPERで一見割高感があるように見えますが、先を読もうとする株式市場は2022年に入ってくると2023年の予想EPSをうかがう展開となります。そうしますと2023年のEPSの247ドルを使うとPERは21倍となり、時間の経過とともにこのバリュエーションは正当化されると考えています。

マネクリ(岡元兵八郎の米国株マスターへの道)

岡元氏の予想のポイントは次の3つです。

岡元氏の予想:ポイント3つ
  • S&P500企業業績は8%の伸びが見込まれており、2022年も業績回復は継続する
  • 米国の機関投資家が保有する史上最高水準の3.16兆ドルが株式市場に流れ込む
  • 米国企業も過去最高レベルの6.8兆円去の流動資産を有しており、2021年同様に積極的な自社株買いが続く

新型コロナウイルスの影響に関しては、すでにワクチンが世界的に流通しているため株式市場への余波は限定的だと述べています。

ただし、テーパリング終了や利上げのタイミングが早まった結果、マーケットでは一時的な下落を繰り返すリスクがあることも示唆しています。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

アンドルー・シーツ氏:金融支援の縮小や高いバリュエーションを懸念

モルガン・スタンレーのストラテジストの一人であるアンドルー・シーツ氏は、2022年の米国市場に関して金融支援の縮小や高いバリュエーションなどの懸念を示しています。

アンドルー・シーツ氏率いる同行ストラテジストは14日、「22年はサイクルの『中盤から終盤』の課題が鮮明になると考える。上向く経済成長と、高いバリューエーションや政策引き締め、投資家の無軌道な動き、大方の投資家が慣れた水準よりも高いインフレ率がにらみ合う形になる」と分析。S&P500種株価指数の下振れや米10年債利回りの大幅な上昇など多くの課題があると付け加えた。

Bloomberg

また、同行の戦略チームも、2022年は米国の株式と債券を避け、欧州と日本でより良いリターンを追求すべきだと提言を公表しました。

同チームの予想では、経済成長が上向き、インフレが落ち着いても金融支援の縮小や高いバリュエーションを考慮すると、2022年の米国資産投資はためらわれるという。ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)では欧州と日本の方が魅力が高く、中央銀行はより辛抱強くインフレ圧力は低めだとストラテジストらは年次投資見通しで指摘した。

Bloomberg

2022年の金融市場について波乱を示唆するのはモルガン・スタンレーだけではありません。

日本でもマネックス証券が、以下3つの要因から2022年の金融市場は大荒れになる可能性を指摘しています。

マネックス証券が指摘する22年に波乱が巻き起こる3つの要因
  • 世界の金融当局のジレンマ
  • 各種資産の価格上昇を支えてきたマネーフローの変化
  • デジタル金融の急拡大

2022年の米国市場を楽観的に見る意見もある一方、上記のような課題が表面化するリスクがあることも念頭に置いておくべきでしょう。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

米国株に投資するのにおすすめな証券会社/サービス

ここでは、米国株投資を始めたいと思った方におすすめな証券会社やサービスを紹介していきます。

是非この中から最適な証券会社を選んで投資を始めてみてください。

IG証券

IG証券公式
名称IG証券
米国株数4,000以上
対応サービスCFD、バイナリーオプション、ノックアウトオプション
取引手数料(米国株)2.20セント/1株(片道手数料)
詳細公式ページ

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

米国株に投資をするならIG証券が最適です。

  • CFD、バイナリーオプション、ノックアウトオプションに対応

IG証券はCFD、バイナリーオプション、ノックアウトオプションに対応しています。

対応サービスが多いので自分に合ったサービスを選べて効率よく利益拡大を目指せます。

それぞれのメリットを以下にまとめました。

CFDのメリット
  • レバレッジ取引が可能なため、少額からスタートできる。
  • 相場が上昇しても下落しても利益を狙える。
  • 現物とほぼ同じ価格で取り引きすることができる。
バイナリーオプションのメリット
  • 最大損失額が明確に分かる。
  • 相場が不利な時に途中で決済できる。
  • 数千円から取引ができる。
ノックアウトオプションのメリット
  • 少額からでも利益を狙える。
  • 証拠金額とリスクを自分でコントロールできる。
  • 売りからでも利益獲得を狙える

IG証券の米国株CFDは売りからでも利益が狙えます。

いつでも上昇相場とは限らない株式市場にて下落相場で売りから利益を狙えるのは利益拡大のチャンスが増えたということです。

またこれにより所有している現物資産のリスクヘッジとして利用できるのも魅力の一つです。

  • 圧倒的な商品数を誇る

IG証券の米国株CFDはなんと4,000以上もの米国株に投資が可能で1株から始めることができます。

さらに沢山の米国株の分析をサポートしてくれる充実したチャートやマーケットデータ&ニュースも提供しています。

米国株のみならず全ての株取引に関しては12,000銘柄以上の株式トレードを提供しており、他には負けない圧倒的な商品数を誇っています。

IG証券についてもっと知りたい方は、以下の記事を参照してください。

現在InvestNaviはIG証券と限定タイアップキャンペーンを実施中です。

新規口座を開設すると、IG証券が提供する「ノックアウトオプション」のまるわかりガイドブックがもらえます。

IG証券 ノックアウトオプション

この機会にIG証券を通して、ガイドブックを手に入れましょう。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

SBI証券

SBI証券トップページ
名称SBI証券
取り扱い銘柄日本株・外国株・ETF・投資信託
対応サービスNISA・つみたてNISA・iDeco
取引手数料(米国株)米国ETF9銘柄の買付手数料無料
詳細公式ページ

\ 株式取引シェアNo.1! /

次におすすめするのはSBI証券です。

SBi証券のおすすめ理由3つ
  • NISAやつみたてNISAに対応
  • 米国ETF9銘柄の買付手数料無料
  • 圧倒的な商品数を誇る
  • NISAやつみたてNISAに対応

SBI証券では、一定の投資額が非課税になるNISAやつみたてNISAに対応しています。

NISAなら年間120万円、つみたてNISAなら年間40万円までの投資額が非課税になります。

NISAなら米国株にも対応していますので、お得に投資を始めたいという方はNISAに対応しているSBI証券で株式投資を始めるのが良いでしょう。

  • 米国株ETF9銘柄の買付手数料無料

通常の株式投資は株の購入・売却時に手数料がかかります。

SBI証券では、指定の米国株ETFの買付手数料が無料となっています。

さらに、NISA口座なら海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料が無料になる上、国内株式は買付・売却どちらも手数料が無料になります。

  • 豊富な取引銘柄

SBI証券がネット証券口座開設数業界最多の理由のひとつとして、金融商品の豊富さがあげられます。

2020年1月時点での、米国株式の取扱銘柄数は3,040銘柄となっており、かなり多くなっています。

ETFの種類も豊富に取り揃えられており、インデックス投資を始めたい方にも人気が高い証券会社になります。

ETFに関して詳しく知りたいという方やSBI証券のくわしいメリット・デメリットをもっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

トライオートETF

名称トライオートETF
各種手数料全て無料
取扱銘柄ETF
詳細公式ページ

\ 1万円もらえるキャンペーン中/

米国ETFに投資するならトライオートETFも最適です。

主に以下の3つの点がメリットになります。

  • 各種手数料が無料

トライオートETFでは、為替手数料なしで円建てで米国株ETFを取引することができます。

通常の証券会社でも円建てで取引することができますが、為替手数料がかかります。

さらに、システム利用料や売買手数料も全て無料で設定されているため、手数料を気にすることなく取引をすることができます。

  • ETFを自動売買できる

トライオートETFでは、すでにロジックが用意されているため、好きなロジックを選択するだけで取引することができます。

投資知識が全くない方でも簡単にプロのような取引をすることができます。

仕事で忙しいサラリーマンや家事で忙しい主婦におすすめのサービスになります。

  • 期間収益率70%超え

自動売買ということで気になるのは過去の実績です。

トライーとETFでは、2018年1月〜2020年8月31日におけるナスダック100トリプル_ヘッジャーのシミュレーション結果を発表しています。

その収益率は70%を超えており、かなりの高収益を達成しています。

自動売買でこれだけの収益率を達成しているサービスは珍しいため、忙しい方はトライオートETFを活用してはいかがでしょうか。

\ 1万円もらえるキャンペーン中/

現状の米国株に関するQ&A

米国株に関するよくあるQ&Aを2つほどご紹介します。

今の米国株高騰はバブルなの?

2020年2~3月、アメリカのみならず世界経済全体が「コロナショック」で大打撃を受けました。

しかしそこでアメリカは即座に金融緩和政策を実施し、コロナ禍であっても企業が資金調達できるように対策を講じました。

その結果、コロナショックで一時株価が急落したものの、すぐに回復しています。

ただこの現在の株高はあくまで経済政策による高騰であり、経済成長と株価の間に乖離のある一時的なバブルなのでは?という声もあります。

経済成長と株価に乖離があるというのは、全くもってその通りです。

しかしその点は誰もが百も承知していることなので、仮に下降局面を迎えてもバイデン政権やFRBは、市場が混乱しないように新たな手を打ってくるでしょう。

少なくとも過去の日本のバブル崩壊のような、一転して長期的な不景気に陥るという可能性は低いと思われます。

万が一暴落した場合に備えるにはどうすれば良い?

米国株が暴落するタイミングは誰にも予測できませんが、過去にはリーマンショックやコロナショックで株価の大幅な下落が起こっているのも確かです。

そこで以下のような方法を使って暴落リスクに備えましょう。

株価暴落に備える5つのポイント
  • 買い注文だけではなく売り注文も視野に入れて運用する
  • インバース型指標に連動するETFなど、株価暴落時に利益を上げやすい銘柄に目を付けておく
  • 投資対象や時間に対する分散投資を行う
  • 現金を3割以上残したうえで割安株を購入できる準備を整えておく
  • 長期目線なら暴落時に慌てず企業の成長力を見定める

米国株に投資した場合、税金はどうなるの?

まず売却益についてですが、こちらはアメリカで課税されないので日本での課税(約20%)のみになります。

しかし配当金についてはアメリカで配当金の10%が税金として差し引かれ、差し引かれた後の金額に対して日本の税金(約20%)がさらにかかることになります。

そのため税制面で言えば日本株への投資よりも、配当金に二重に課税される米国株投資の方がやや不利だと言えます。

米国株に投資する場合の注意点は?

もっとも注意しなければならない点は、為替変動リスクです。

米国株の場合は為替の変動によって保有する銘柄の評価額が変わります。

たとえば為替レートが1ドル=100円のとき、100万円(1万ドル)分の米国株を保有していたとしましょう。

この為替レートが90円の円高となった場合、「1万ドル×90円」なので評価額が90万円へ目減りしてしまいます。

もちろん為替レートが110円の円安になると評価額110万円へと上昇するため、デメリットばかりではありません。

しかし米国株(外国株)を扱う場合は、為替レートの変動も視野に入れる必要があります。

米国株の予想まとめ

今回は米国株について解説しました。

この記事のまとめ
  • 米国株は長期的に見ると上昇し続けている
  • 現在の米国株おすすめ銘柄は、GAFAMやコロナ関連銘柄
  • アフターコロナも見据えて「ズームインフォ・テクノロジーズ」や「Airbnb」にも注目しよう
  • 2022年、金融支援の縮小や高いバリュエーションといった懸念もあるが、米国株は長期目線で上昇が見込まれる
  • 米国株投資を始めるなら、圧倒的に商品数が多いIG証券が最適

米国株は長期的な視点で見ると今後も成長していく見込みが高く、投資対象としてはかなり優良です。

IG証券の商品数はとても豊富で米国株だけでも4,000を超えます。

さらに、CFDやバイナリーオプション、ノックアウトオプションにも対応しているので米国株のみならず他の商品も自分に合ったサービスで取引できます。

現在は当サイトからIG証券に新規口座開設していただいた方へ、ノックアウトアプションまるわかりガイドブックをプレゼントしています。

このキャンペーンを利用して、IG証券で米国株式投資を初めてみてはいかがでしょうか。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

「Invest Navi」の公式LINEで株の情報を随時配信しています。

さらに現在は公式LINEの登録で200円のビットコインがもらえるキャンペーンも実施しています。

この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

米国株

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

目次
閉じる