Portal(PortalCoin/ポータル)とは?話題のNFTプラットフォームを解説

当サイトの運営ポリシー
コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。なお、InvestNaviでは、金融庁HPを参照し、金融庁の暗号資産交換業者登録一覧を紹介しております。また、ページにはプロモーションが含まれているものがあります。
監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

Portal(ポータル)は、NFTゲームとゲーマーを結びつける総合的なゲーム配信プラットフォームです。

異なるチェーンを採用するNFTゲームをシームレスにプレイでき、従来のユーザー負担を軽減しているのが特徴。

今後独自トークンである「PortalCoin」を発行予定であるほか、SocialFiの提供で話題となっています。

そこでこの記事では、Portalの特徴やPortalCoinの概要・プレセール情報について解説します。

この記事でわかること
  • Portal(ポータル)はシームレスなプレイ環境を実現するNFTゲームプラットフォーム
  • PortalはStarAtlasやOxyaOriginなど、すでに200以上のNFTゲームと提携
  • NFTの購入や手数料支払いに使用できる「PortalCoin」を発行予定
  • PortalCoinは今後、Portal公式によるプレセールが開催される予定
  • プレセールでPortalCoinを購入するには、まず国内取引所の口座開設が必要

今後PortalCoinをプレセールで購入するためにも、まずは国内取引所の口座開設から進めましょう。

利用する取引所に迷っている方は、各種手数料が無料の「SBI VCトレード」を検討してみてください。

SBI VCトレードは同グループの「住信SBIネット銀行」の活用により、手続き不要の即時入金も可能です。

取扱通貨数が20種類と豊富なので、ぜひSBI VCトレード公式サイトから詳細をチェックしましょう。

\口座開設キャンペーン実施中!/

目次

今話題のPortal(ポータル)とは?

Portal公式サイト
引用:Portal公式X
名称Portal(ポータル)
サービス開始2023年11月
対応端末パソコン・スマホ
独自トークンPortalCoin(ポータルコイン)
公式サイトPortal公式サイト
公式X(旧Twitter)Portal公式X

Portal(ポータル)とは、Web3ゲームとゲーマーを仲介する役目を持つNFTゲームプラットフォームです。

「世界中で10億人のNFTゲームプレイヤーを集める」といった壮大なビジョンを掲げており、SolanaやPolygon、Klaytnと提携したシームレスなプレイ環境の実現を目指しています。

今後はNFT購入やフレンドとの交流に対応した、Portal Wallet(ポータルウォレット)のリリースを予定。

Portalと提携する数々のNFTゲームも、Portal Wallet上からログインして手軽にプレイすることが可能です。

エアドロップをもらえるイベントが話題に

またPortalは現在、SocialFi機能を提供しており、無料でエアドロップを獲得できるとして話題となっています。

Xのトレンドでもハッシュタグを目にすることが増えたことから、Portalに興味を持つユーザーも多いようです。

Portal(ポータル)が人気を集める3つの理由

Portalは本格的なプラットフォーム構築前でありながら、すでに多くのユーザー認知を獲得しています。

ここでは、Portalがユーザー人気を集めている3つの理由について解説します。

Portalが人気を集める3つの理由
  • エアドロップが受け取れるイベントを開催中
  • シームレスにNFTゲームプレイ環境の実現
  • LayerZero Labsとの提携

エアドロップが受け取れるイベントを開催中

Portalが人気を集める理由の大きな要因が、SocialFiを実現するイベント「Crystal Dash」の開催です。

Crystal Dashでは、Portalが指定するハッシュタグをつけてX上でアクションを行うことで、将来的にPortalCoinと交換できるポイントを獲得できます。

SNS上でのアクションによっても、獲得できるポイント数は以下のように異なります。

SNS上でのアクション獲得ポイント数
ポストの視聴数2ポイント
ポストへのいいね10ポイント
ポストへの返信20ポイント
ポストのRT25ポイント
ポストの引用RT30ポイント

獲得したポイントは6時間ごとに集計され、一定ポイント以上貯めるとレベルアップが可能。

レベルアップによってシャード(アイテム)を獲得でき、シャードから「クリスタル」を合成できます。

将来的なPortalCoinのエアドロップ数量は、このクリスタルの獲得数に応じて決まる予定です。

無料でエアドロップ報酬がもらえることもあり、これまでに130万件のポストがトレンドトップ10入り。

実際にハッシュタグ「#Portal」のついたポストが数多く見受けられ、国内ユーザーの間でも話題になっています。

Crystal Dashの参加には登録が必要

Crystal Dashの参加には、専用ページから登録を進める必要があります。

あらかじめXのアカウントが必要なので、前もって準備しておいてください。

提携するNFTゲームを一元管理できる

Portal「Portal-Walletとは?」
引用:Portal公式X

Portalは今後リリース予定の「Portal Wallet」により、提携するNFTゲームを一元管理できます。

Portal Walletをわかりやすく言えば、「複数のNFTゲームが実装されたメタマスク」といったイメージです。

異なるチェーンで開発されたNFTゲームであっても、Portalならシームレスにゲームプレイを楽しめます。

手軽なゲームログインに対応

Portal Walletはウォレットから直接NFTゲームにアクセスできるほか、手軽なゲームログインに対応。

複雑なパスワード入力を必要とせず、XやDiscordといったアカウントからワンタップでログイン可能です。

またマーケットプレイスの利用も可能で、異なるNFTゲームでもワンストップでNFTを管理できるのも魅力です。

Portal Walletを活用することで、コンシューマーゲームと同様のストレスフリーなゲームプレイを進められます。

LayerZero Labsとの提携

Portal「LayerZeroとの提携」
引用:Portal公式X

Portalは「LayerZero」を開発する「LayerZero Labs」と提携していることでも話題になっています。

今回の提携は、Portalが目指す10億人のNFTゲーマーの達成やマルチチェーンのニーズサポートのためとのことです。

LayerZero Labsとは?

異なるブロックチェーン同士に相互運用性を持たせるプロトコル「LayerZero」を提供・開発する企業。

2023年4月には「a16z」をはじめとしたベンチャー企業より、約158億円もの資金調達を完了しました。

ブロックチェーンの相互運用性を提供するLayerZeroは、マルチチェーン展開していくPortal上で必須になる技術です。

LayerZeroがサポートするチェーン上であれば、プラットフォーム上のPortalCoinのシームレスな移動が可能になります。

仮想通貨PortalCoin(ポータルコイン)の特徴

Portalがネイティブトークンとして採用しているのが、PortalCoin(ポータルコイン)です。

現状詳細なトークノミクス等は公開されていませんが、分かっている範囲でPortalCoinの特徴について解説します。

PortalCoinの特徴
  • 過去最大級の分散型ゲームコイン
  • ステーキング・ガバナンスにも利用可能
  • プラットフォームノードの購入にも対応

過去最大級の分散型ゲームコイン

PortalCoinはPortal上のネイティブトークンであり、過去最大級の分散型ゲームコインとして機能します。

分散型ゲームコインのとおり、Portal上では以下のような豊富な活用シーンが用意されています。

PortalCoinの活用例
  • トランザクション手数料の支払い
  • プラットフォームでのアイテム売買
  • パートナーからの独占NFTへのアクセス・購入

PortalはすでにMagicEdenなどのNFTマーケットプレイスと提携しており、今後はPortalCoinを使って各種提携先ゲームのNFT売買ができるようになる予定です。

NFTゲームごとに異なる仮想通貨を準備する必要がないので、NFTゲーム上での共通通貨として活用が期待されています。

トークンの供給量について

PortalCoinの最大供給量は10億ドルで固定されており、初回発行以降は追加発行されない予定です。

トークン発行後は、定期的にコミュニティの資金プールに割り当てられる仕組みになっています。

ステーキング・ガバナンスにも利用可能

Portal Coinはプラットフォーム上でのステーキングにも対応する予定です。

ユーザーは好みのゲームに対してPortalCoinをステーキングでき、魅力的な利回りを得られるようになります。

またユーザーはPortalCoinのステーキング量に応じて、ステーキング先ゲームでのガバナンスが強まるのも特徴。

Portalのステーキングの仕組み

NFTゲームごとにステーキングレベルが評価され、ユーザーがランキング形式で表示される予定です。

Portalへの貢献度が目に見える形で現れることで、ユーザーは各NFTゲーム上での存在感を高められます。

コミュニティ全体がステーキングに参加することで、好みや関心に基づいてゲームの成功を形成できます。

プラットフォームノードの購入にも対応

PortalではPortalCoinを使ってプラットフォームのノードを購入できるのも特徴です。

ノードとは?

ノードを簡単に説明すると、「Portalが提供する特別なコンピューター」です。

ノードは独自のWeb3エンジン・LayerZero Oracle/Relayers と共に稼働しており、Portal上の取引内容を確認・検証(トランザクション処理)などを行います。

ユーザーはノードを購入してトランザクション処理を進めることで、24時間ごとにネットワークからの報酬を受け取れます。

これはまさに、既存のブロックチェーンにおける「マイナー」の役割と同じです。

ノードを購入によってPortalはさらなるネットワーク強化・分散化が進み、健全なネットワーク維持につながります。

仮想通貨PortalCoin(ポータルコイン)の将来性

PortalCoinはまだ発行されていないため、その将来性については未知数といえます。

今後のPortalCoinの価格高騰に期待したい方は、以下のポイントに注目してみましょう。

仮想通貨PortalCoinの将来性
  • さらなる提携先のNFTゲームの拡大
  • 利便性の高さによる利用者拡大
  • SNSを利用したPortal認知の拡大

さらなる提携先のNFTゲームの拡大

これまではNFTゲームごとに仮想通貨を準備する必要があり、ユーザーの手間やコストの負担がかかっていました。

しかし、PortalではPortalCoinひとつ準備しておけば、様々なNFTゲームのアセット購入に対応できます。

Portalはすでに200を超えるNFTゲームと提携しており、そのすべてでPortalCoinが活用される予定です。

Portalと提携するNFTゲーム例
  • Stara Atlas
  • Oxya Origin
  • DeFiKingdomes
  • Crypto Unicorns
  • Magic Craft Game

上記の人気NFTゲーム以外にも、Portalは今後も提携先をさらに拡大していく予定です。

今後ユーザー期待度の高いNFTゲームのとの提携がさらに進めば、多くのユーザーをPortalCoin経済圏に巻き込めます。

NFTゲームの数だけトークン需要が増えていけば、PortalCoinホルダーも増える可能性も考えられるでしょう。

利便性の高さによる利用者拡大

Portalはユーザーの利便性が高いプラットフォームのため、既存のNFTゲーマーが参加しやすい環境といえます。

PortalはこれまでのNFTゲームで煩わしさを感じていた、以下のポイントをすべて解消しています。

既存のNFTゲームにおける煩わしいポイント
  • NFTゲームをプレイするたびに面倒なログインが必要
  • NFTゲームごとに対応する仮想通貨の準備が必要
  • アセットによっては複数の仮想通貨ウォレットの準備が必要

NFTゲームに対しての参入ハードルが低くなれば、Web2のユーザー層もゲームプレイに乗り気になる可能性があります。

参入者の入り口をより低く・広く設定してPortalのユーザー数を確保できれば、PortalCoinの需要拡大や価格高騰にも期待が持てるでしょう。

SNSを利用したPortal認知の拡大

PortalはSocialFi機能を提供することで、ユーザー経由によるPortalの拡散を行っています。

Portalの公式Xはすでに25.6万人のフォロワー数を集めており、海外のWeb3ユーザーのみならず国内の積極的なWeb3ユーザーをも惹きつけています。

中にはPortalの概要はよく知らないものの、その話題性からエアドロップイベントに参加するユーザーも少なくありません。

今後もインセンティブ目的でユーザーがPortalの宣伝を活発に行えば、NFTゲームプラットフォームとしてのPortalにも注目を集まる可能性が考えられます。

プラットフォームの利便性同様に見込みユーザー数を確保できれば、トークン需要・価格高騰にも影響を与えるでしょう。

Portal(ポータル)のCrystal Dashへの参加方法

Crystal Dashでエアドロップ報酬を獲得するには、以下の手順でイベント参加を進めてください。

PortalのCrystal Dashへの参加方法
  1. Crystal Dashのサインアップ
  2. Xでコンテンツ投稿を行う

STEP1:Crystal Dashのサインアップ

Crystal Dashに参加するためには、専用ページからのサインアップが必要です。

まずはPortalのCrystal Dash専用ページへアクセスして、「SIGN IN」をタップ。

その後表示された画面から、「Sign in with Twitter」をタップしてください。

Portal「Crystal-dashの始め方1」

Xとの連携画面が開くので、Xのアカウント情報を入力してログインをタップ。

Crystal Dashの専用ページに戻ったら、「Share on Twitter」をタップしてください。

Portal「Crystal-dashの始め方2」

STEP2:Xでコンテンツ投稿を行う

Crystal Dashのサインアップが完了したので、あとはXでのコンテンツ投稿を行うだけです。

Xの画面が別タブで開くので、まずはそのまま「ポストする」をタップ。

Portal「Crystal-dashの始め方3」

Crystal Dashのホーム画面に戻ったら、画面上部のメニューアイコンをタップします。

メニューの一覧から「POWER POSTS」をタップしてください。

Portal「Crystal-dashの始め方4」

ポイント付与対象のポストが表示されるので、タップしてXに移動してください。

ポスト内容が表示されたら、いいね・リプライ・引用リツイートなどのアクションを行いましょう。

Portal「Crystal-dashの始め方5」

獲得したポイントは6時間ごとに集計され、Crystal Dash専用ページに反映されます。

定期的にハッシュタグを使ってポストや返信を行い、効率よくポイント獲得を目指してみてください。

PortalCoinはいつ付与される?

具体的なPortalCoinのエアドロップ日程は、現在のところ未公開です。

Portal公式Xなどを参考に、最新情報をチェックしておきましょう。

PortalCoin(ポータルコイン)のプレセールへの参加方法

PortalCoinは現在発行されていませんが、今後公式によるプレセールが開催予定です。

ここでは、PortalCoinのプレセール参加のための準備手順について解説します。

PortalCoinのプレセールに向けた準備手順
  1. 仮想通貨取引所の口座開設
  2. メタマスクのアカウント作成
  3. セールサイトとメタマスク・Xを連携
  4. PortalCoinの購入量を登録

STEP1:仮想通貨取引所の口座開設

プレセールに必要な仮想通貨を準備するため、まずは仮想通貨取引所の口座開設を進めましょう。

利用する取引所に迷っている方は、万全なセキュリティを誇る「SBI VCトレード」を検討してみてください。

SBI VCトレードは金融サービスに強みを持つ、あの「SBIグループ」によって運営されている国内取引所です。

口座開設手順も至って簡単で、以下の4ステップから無料で進められます。

SBI VCトレードの口座開設方法
  1. メールアドレスの登録
  2. 基本情報の入力
  3. 本人確認書類の提出
  4. 顔写真の撮影

また今なら新規口座開設により、1,000円分がもらえるお得なキャンペーンを開催中です。

SBI-VCキャンペーン

大手取引所で安心して仮想通貨取引を進めたい方は、ぜひSBI VCトレード公式サイトをご覧ください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

STEP2:メタマスクのアカウント作成

PortalCoinのプレセール参加登録を進める際は、仮想通貨ウォレットの準備が必須です。

ここでは、仮想通貨ウォレットとしてもメジャーな「メタマスク」を準備しておきましょう。

メタマスクのアカウント作成手順
  1. メタマスクアプリのダウンロード
  2. 新規アカウント作成を選択
  3. ウォレットのパスワードを設定
  4. シークレットフレーズの確認

メタマスクはイーサリアム系の仮想通貨に強みを持ち、シンプルな利用が可能なウォレットです。

お使いのスマホのアプリストア(iPhoneAndroid)から、まずはアプリのダウンロードから進めてください。

STEP3:セールサイトとメタマスク・Xを連携

続いて、メタマスクアプリのブラウザ機能を利用して、PortalCoinのセールサイトに移動します。

セールサイトにアクセスしたら「REGISTER HERE」、「CONNECT WALLET」の順にタップします。

Portal「プレセールの登録手順1」

ウォレットの一覧から「MetaMask」をタップし、メタマスク側で接続許可を進めてください。

Portal「プレセールの登録手順2」

メタマスクとの接続後、「CONNECT TWITTER」をタップしてXアカウントとの接続を進めます。

メールアドレス・パスワードを入力して、Xアカウントへのログインを進めてください。

Portal「プレセールの登録手順3」

STEP4:PortalCoinの購入量を登録

メタマスク・Xの接続完了後は、プレセール時に購入するPortalCoin数量の設定を進めます。

ドルベースでプレセール参加時のPortalCoin購入金額を入力後、「CONFIRM」をタップします。

以上で、PortalCoinのプレセール参加の準備が整いました。

Portal「プレセールの登録手順4」
具体的なプレセール情報は?

PortalCoinのプレセールについては、まだ詳細な情報が公開されていません。

Portal公式サイト公式X等を定期的にチェックしておき、最新情報を受け取るようにしてください。

仮想通貨投資を始めるならSBI VCトレード

SBIVCトレード_top-1024x502-1
引用:SBI VCトレード
名称SBI VCトレード
取扱通貨数20種類
最低取引金額500円相当
取引手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
取引所
レバレッジ取引
ステーキング
貸コイン
関連記事SBI VCトレードの評判

これから仮想通貨投資を始めたい方は、SBIグループが提供する「SBI VCトレード」の利用を検討してみてください。

SBI VCトレードはセキュリティもさることながら、コストをかけずに取引できると話題の取引所です。

SBI VCトレードのその他の強み
  • 国内トップクラスの20種類以上の取扱通貨数
  • 最小500円から仮想通貨を購入できる
  • 住信SBIネット銀行との連携で即時入金が可能
  • スマホ・パソコンの両方から手軽に取引が可能
  • 最大2倍のレバレッジ取引にも対応

そのほか、購入した仮想通貨をそのまま運用できる「貸暗号資産」も人気を集めるサービスとなっています。

SBI VCトレードでは現在、新規登録者限定で1,000円がもらえるキャンペーン中です。

興味のある方はぜひ、SBI VCトレード公式サイトから詳細情報をチェックしてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

Portal(ポータル)に関してよくある質問

最後に、Portalでよくある質問について回答します。

PortalのCrystal Dashは誰でも参加できますか?

Crystal Dashの参加には、Xアカウントに対して以下の条件が設けられています。

Xアカウントの条件は?
  • Xアカウント作成から3ヶ月以上経過していること
  • フォロワーが100人以上いること

上記の条件をクリアできていない場合、Crystal Dashには参加できません。

しっかりとXアカウントを育てた上で、Crystal Dashイベントへの参加を進めてみてください。

Portalのポストでよく見る「#オタラボ」とは?

#オタラボとは、仮想通貨系では日本有数となるコミュニティ「Otaku Labs」のことです。

Otaku LabsはNFTゲームのみならず、仮想通貨やNFTアートなどクリプト系全般を扱っています。

仮想通貨初心者でもコミュニティ内で気軽に雑談・質問を進められるのが魅力のひとつです。

「Crystal Dash」の情報交換がチャンネル内でも活発に行われているので、ぜひ公式Discordをチェックしてみてください。

Crystal Dashで効率よくポイントを貯める方法は?

自身が投稿した内容にいいね・リツイートなどが多くつくと、効率よくポイントを獲得できます。

同じく投稿を行うユーザーの内容をチェックして、投稿内容を参考にしてみるとよいでしょう。

また同じく投稿を行うユーザーを募り、互いの投稿にアクションしあうのもおすすめです。

PortalCoinはどの取引所に上場しますか?

PortalCoinは2023年12月執筆現在、どこの取引所にも上場していません。

今後開催されるプレセール後に、大手海外取引所へ上場する可能性が考えられます。

今のうちに国内取引所の口座開設を進め、仮想通貨を購入できるようにしておきましょう。

Portalは今度どんな動きを予定してますか?

Portalは公式X上にて、2023年12月第1週のロードマップを掲載しました。

Portalの12月第1週のロードマップ
  • ホワイトペーパーの公開
  • アドバイザリーボードのリビール
  • Web2プロジェクトとのパートナーシップ

ホワイトペーパーの公開、アドバイザリーボードのリビールはすでに実行済みです。

アドバイザリーにはGTAでお馴染み、ロックスター・ゲームズの共同設立者ジェイミー・キング氏が起用されました。

Web2の人気ゲームを主導した人物であることからも、Portalにさらなる期待感が寄せられています。

Portalの最新情報の入手方法は?

Portalの最新情報は、以下のサイトからチェックしてみてください。

Portal(ポータル)まとめ

あらためて、Portalの概要やPortarlCoinの特徴についてまとめます。

この記事のまとめ
  • PortalはNFTゲームとゲーマーをつなぐ、Web3ゲーム専用のプラットフォーム
  • 今後リリース予定のPortal Wallet上から、シームレスなゲームプレイができる
  • PortalCoinはPortal上での決済のほか、ステーキング投票にも対応している
  • 提携先ゲームのNFTは、すべてPortalCoinで購入できるようになる
  • さらなる提携先の拡大や利便性の向上が、トークン価格や需要に影響してくる
  • 今後PortalCoinのプレセールに参加したいなら、国内取引所で仮想通貨の準備をしておく

今後ProtarlCoinのプレセールに参加予定の方は、まず国内取引所で仮想通貨の準備から進めましょう。

SBI VCトレードであれば、20種類の豊富な取扱通貨をコストをかけずに仮想通貨取引を始められます。

新規登録キャンペーンも開催中なので、獲得した仮想通貨を使ってすぐに取引することも可能です。

興味のある方はぜひ、SBI VCトレード公式サイトから詳細情報をチェックしてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

目次