仮想通貨/ビットコイン投資でリスクヘッジするにはどうしたらいい?やり方を解説

仮想通貨ヘッジ

仮想通貨投資においては、リスクヘッジの考え方が重要です。

特に、暴落している局面や相場が不安定な局面では、正しい対応をとらないと損失がどんどん膨らんでしまいます。

今回の記事では、仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジについて、メリット・デメリットや具体的な方法を紹介していきます。

リスクヘッジがしやすいおすすめ仮想通貨取引所も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

この記事でわかること
  • 仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジには、ショート(売り)を活用するのが重要
  • 投資する仮想通貨を分散することでもリスクを軽減できる
  • リスクヘッジを行うことで損失額を最小限に抑えられる
  • DMM Bitcoinでは20種類の仮想通貨のレバレッジ取引が可能

仮想通貨のリスクヘッジを行う際は、ショートが可能な仮想通貨取引所を選ぶことが重要です。

DMM Bitcoinでは、20種類という豊富な仮想通貨を取り扱っているため、銘柄を分散させつつリスクヘッジが可能です。

現在は口座開設で2,000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中なので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

\全員2,000円もらえる!/

目次

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジとは?

まず、「リスクヘッジ」とは、将来起こるかもしれないリスクを予測し、それに対してあらかじめ対応しておくことです。

資産運用においては、投資する資産の価値が下落することにより損失を最小限に抑えるための対策を指すことが多いです。

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジとは、投資の方法や戦略を工夫することによって、なるべく損失のリスクを下げることを指します。

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジの方法はいくつかあるので、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。

リスクヘッジを行うことで、損失額を食い止めることができる場合がある一方、利益が小さくなることもあります。

ハイリスク・ハイリターンな投資よりも、ローリスク・ローリターンな投資をしたいという方に向いている投資戦略と言えるでしょう。

仮想通貨のリスクヘッジを行う際は、ショート(売り)から取引を始められる仮想通貨取引所を選ぶと良いでしょう。

DMM Bitcoinでは、20種類の仮想通貨のレバレッジ取引が可能なので、幅広い通貨を売りから取引できます。

現在は、新規口座開設で2,000円が即時プレゼントされるキャンペーンも実施中です。

興味のある方は、公式サイトをチェックしてみてください。

\全員2,000円もらえる!/

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジのメリット

まずは、仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジのメリットについて確認していきます。

主なメリットは以下の3点です。

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジのメリット
  • 損失額を抑えられる
  • 下落相場で利益を得られる
  • 投資初心者でも取引しやすい

損失額を抑えられる

まず、仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジを行う最大のメリットは、損失額を限定できるということです。

例えば、ビットコインを現物で100万円分保有していたとします。

ここからビットコインが半値に下がった場合、資産額は半分の50万円となります。当然損失も50万円です。

しかし、ここで同量のショート(売り)ポジションを保有していた場合、ビットコインが半値の50万円になったとすると、ショートポジションの利益も50万円となります。

現物の50万円の損失とショートの50万円の利益が相殺されて、損益はなかったものとなります。

このように、ショートを利用すればほぼリスクをゼロにするということも可能です。

下落相場で利益を得られる

ショートでヘッジを行うと、下落相場で利益を狙うことにもつながります。

仮に、ビットコインを持ち続ける(ホールド)と決めたとします。

将来的に価値が大きくなることを期待して投資したとしても、仮想通貨の値動きは激しいため、その過程では大きく価格が上下します。

現物をホールドしているだけでは当然値上がり時にしか含み益となりません。

しかし、下落局面でショートを利用して取引すると、現物を保有し続けながらショートで利益を狙うことも可能です。

投資初心者でも取引しやすい

リスクヘッジを行うことで、仮想通貨の投資初心者でも取引しやすくなるというメリットがあります。

相場が堅調に上昇しているタイミングでは現物でロングを保有し、相場が下落局面に差し掛かった場合や予測するのが難しい局面では同時にショートを入れておくということもできます。

急激な下落による大きな損失を最小限に抑えるという手法がとれることで、心理的なハードルは低くなるでしょう。

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジは、仮想通貨投資の初心者も覚えておくと良い方法です。

ショートによってヘッジを行う場合は、レバレッジ取引が使いやすい仮想通貨取引所を選びましょう。

DMM Bitcoinでは、20種類の仮想通貨のレバレッジ取引が可能です。

取引画面もシンプルで使いやすく、初心者でも簡単に操作ができます。

興味がある方は、DMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてください。

\全員2,000円もらえる!/

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジのデメリット

一方、仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジのデメリットについても確認しましょう。

以下の2点についてはしっかりと押さえておきましょう。

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジのデメリット
  • リターンが小さくなる場合がある
  • 必要資金が増える場合がある

リターンが小さくなる場合がある

リスクをヘッジするということは、本来もらえるはずだったリターンが小さくなることにもつながります。

例えば、ビットコインの現物を100万円分保有していたとします。

これが150万円に上がったところで、ヘッジのためにショートポジションを立てた場合を考えてみましょう。

ビットコインが130万円に下がった場合、現物では20万円の損失が出ますが、ショートでは20万円の利益となります。

損益が相殺されるため、実質損はなかったものとなります。

しかし、150万円からさらに価格が上昇して170万円になった場合も、同様に利益と損失が相殺されてしまいます。

現物のみを保有していた場合に得られた利益も相殺されてしまう可能性があるのはデメリットとなるかもしれません。

必要資金が増える場合がある

すでに現物で投資をしているところにさらにショートポジションを持つ場合、その分の必要資金が増えてしまいます。

また、投資対象を複数の仮想通貨に分散して投資する場合も同じく、その分だけ資金が必要になります。

仮想通貨のリスクヘッジを行う際は、自分の余裕資金の範囲内で行えるように、うまく調整することが重要です。

複数の銘柄に投資をする場合は、なるべく少額から投資を始められる仮想通貨取引所を選ぶと良いでしょう。

DMM Bitcoinでは、0.001BTCから取引を始められるため、数百円程度の少額でも取引を開始できます。

少額からコツコツ投資を行いたいという人にも向いているでしょう。

興味のある方は、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

\全員2,000円もらえる!/

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジ方法

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジ方法をいくつか紹介します。

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジ方法
  • ショート(売り)を活用する
  • 保有する仮想通貨を分散する
  • 指値・逆指値などを利用する

ショート(売り)を活用する

リスクヘッジの手法としてメジャーなのが、ショート(売り)を活用するヘッジ方法です。

簡単にいうと、現物で仮想通貨を購入するのと同時に同じ銘柄のショート(売り)ポジションを持っておく方法です。

同じ銘柄の異なるポジションを持っておくことで、相場がどちらに動いたとしても、利益と損失を相殺することができます。

仮想通貨についてのネガティブなニュースが流れた際や、相場が不安定な動きをしているときに活用すると、大きな損失を避けることができるでしょう。

指値・逆指値などを利用する

指値・逆指値などのさまざまな注文方法を活用することでも、リスクの管理が可能です。

例えば、よく利用される注文方法としては、以下のようなものがあります。

指値利益確定のために現在よりも有利な価格を指定して発注しておく注文方法
逆指値損切りのために現在よりも不利な価格を指定して発注しておく注文方法
OCO注文異なる2つの注文を同時に発注し、片方が約定したらもう片方の注文が取り消される
IFD注文新規注文と決済注文を同時に発注しておく注文方法
IFO注文新規注文と利益確定のための指値・損切りのための逆指値を同時に発注する注文方法

これらの注文方法を利用することで、なかなか相場をみていられないときでも自動で利益確定や損切りの注文が可能です。

目を離した瞬間に相場が大きく動いて損失が生じるというリスクを避けることができます。

保有する仮想通貨を分散する

仮想通貨のリスクヘッジ手段として、保有する仮想通貨の銘柄を分散させるという方法もあります。

仮に、マイナーな1つの仮想通貨だけ保有していた場合、その仮想通貨の悪いニュースが出たりしたタイミングでは大きく資産が下落する可能性があります。

いくつか銘柄を分散させておくことで、自分の投資する仮想通貨だけが大幅に下落するというリスクを避けられるかもしれません。

反対に、ビットコインをはじめとするメジャー通貨が大幅に下落した場合も、ビットコインと異なる動きをする仮想通貨を持っておくと、リスク分散につながります。

例えば、DMM Bitcoinで取り扱っているジパングコイン(ZPG)は、金価格への連動を目指すコインです。

ビットコインなどの仮想通貨全般とは異なる動きをしやすいことから、リスク分散先としての人気が高まっています。

DMM Bitcoinでは、このほかにもさまざまな仮想通貨を取り扱っています。

投資銘柄を分散させて、リスクを軽減したいという方にとっては使い勝手の良い取引所と言えるでしょう。

現在は、ジパングコイン(ZPG)の取り扱い開始を記念して、レバレッジ取引キャンペーンも実施中です。

興味のある方は、ぜひ公式サイトから詳細を確認してみてください。

\全員2,000円もらえる!/

ショートができるおすすめ仮想通貨取引所

リスクヘッジのために、ショート(売り)ができるおすすめ仮想通貨取引所を紹介します。

ショートができるおすすめ仮想通貨取引所
  • DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
  • FTX Japan
  • bitFlyer(ビットフライヤー)

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM-Bitcoin
取引所名DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
取引銘柄20銘柄
取引手数料無料(BitMatch注文を除く)
最低取引数量(BTCの場合)現物取引:0.0001BTC/レバレッジ取引:0.01BTC 
入金手数料銀行振り込み:無料、クイック入金:無料
出金手数料無料
仮想通貨(BTC)の入出金入金:無料(マイナーへの手数料は顧客負担)、出金:無料
公式サイトDMM Bitcoinの公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判
DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引の取り扱い仮想通貨が豊富
  • 取引手数料などの各種手数料が無料
  • 申し込みから最短1時間で取引を始められる

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、レバレッジ取引の取り扱い数が国内No.1の仮想通貨取引所です。

ビットコインを含めて20種類の仮想通貨の取引が可能なので、幅広い銘柄に分散して投資を行うことが可能です。

銘柄を分散させて投資をする場合は、それぞれの取引手数料も気になりますが、DMM Bitcoinでは取引手数料が無料に設定されているため、コストを気にせず分散投資ができます。

DMM Bitcoinでは、取引手数料以外にも、口座開設手数料や口座維持手数料、出金手数料などの各種手数料が無料となっています。

そのため、なるべく手数料をかけずに仮想通貨投資を始めたいという方にも向いているでしょう。

DMM Bitcoinでは、「スマホでスピード本人確認」を利用することで、申し込みから最短1時間で取引が開始できます。

思い立ったらすぐに取引を始められるのもメリットと言えるでしょう。

現在は、口座開設が完了すると即時2,000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中です。

興味のある方はDMM Bitcoinの公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

\全員2,000円もらえる!/

FTX Japan

FTX Japan
取引所名FTX Japan
取引銘柄13銘柄
取引手数料直近30日間の取引量に応じて異なる
最低取引数量(BTCの場合)0.0001BTC
入金手数料無料
出金手数料無料
仮想通貨(BTC)の入出金入庫:無料、出庫:0.01BTC以上で無料
公式サイトFTX Japanの公式サイト
関連記事FTX Japanの評判
FTX Japanの特徴
  • 国内で唯一SOL、FTTの取引が可能
  • 日本円の出金手数料が無料かつ出金スピードが速い
  • パーペチュアル取引などのデリバティブ取引が可能

FTX Japanは大手仮想通貨取引所のFTXグローバルが、国内取引所のLiquidを買収して日本向けにローンチした仮想通貨取引所です。

FTX Japanでは、他の国内仮想通貨取引所であまり取り扱いのない仮想通貨を取り扱っているという特徴があります。

取り扱い通貨数は13種類とそれほど多くありませんが、他の仮想通貨取引所では購入できないSOLやFTTを購入できるというのはメリットとなります。

加えて、FTX Japanの特徴として出金のスピードが速いという点が挙げられます。

一般的な国内仮想通貨取引所では、出金が完了するまでに数時間〜数日かかることもあります。

FTX Japanは数分程度の速さで口座に出金が完了する点が、SNSなどの口コミでも評判となっています。

最後に、FTX Japanではパーペチュアル取引(永久先物取引)ができるのも大きなメリットとなります。

無期限にポジションを保有し続けることが可能で、もちろんショートによるヘッジもできます。

仮想通貨のリスクヘッジがしたいという人にとっては、非常に使い勝手の良い仮想通貨取引所と言えるでしょう。

本格的なトレードがしたいという仮想通貨投資の経験者にも向いている取引所です。

FTX Japanでは、2022年8月17日(水)までに新規口座開設を行い、100円以上の仮想通貨を取引すると、1,000円相当のビットコインがプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

興味がある方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

\1000円分のビットコインもらえる!/

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer
取引所名bitFlyer(ビットフライヤー)
取引銘柄15銘柄
取引手数料ビットコイン簡単取引所:約定数量×0.01〜0.15%、ビットコイン販売所:無料
最低取引数量(BTCの場合)現物取引:0.0001BTC
入金手数料銀行振り込み:無料、クイック入金(住信SBIネット銀行):無料、クイック入金(他行):330円
出金手数料三井住友銀行:220円〜440円、他行:550円〜770円
仮想通貨(BTC)の入出金0.0004BTC
公式サイトbitFlyerの公式サイト
関連記事bitFlyerの評判
bitFlyerの特徴
  • bitFlyer Lightningは現物取引・証拠金取引・先物取引に対応
  • bitFlyerかんたん積立が利用できる
  • 業界最長7年以上ハッキング0の実績

bitFlyer(ビットフライヤー)では、プロ向けの取引所としてbitFlyer Lightningを利用できます。

bitFlyer Lightningはさまざまな特殊注文に対応しており、幅広い戦略で仮想通貨投資が行えます。

Lightning FX(ビットコインFX)やLightning Futures(ビットコイン先物)では、最大2倍のレバレッジを効かせた取引も可能で、上昇局面・下落局面の両方で利益を狙えます。

取引手数料は無料となっているため、コストを気にせずに取引ができるのも嬉しいポイントです。

また、bitFlyerには「bitFlyerかんたん積立」というサービスもあります。

1円単位で積立金額の設定が可能で、最短翌日から積立を始められます。

投資は自動で決められたタイミングで行われるため、購入タイミングに悩むこともありません。

時期を分散させて投資をすることで、価格が上昇・下落する際の価格変動リスクを軽減できるのもメリットとなります。

bitFlyerは業界最長の7年以上ハッキング0という実績を持っているという特徴もあります。

強固なセキュリティを有する取引所で取引するのもリスク管理上重要です。

bitFlyerでは、2022年8月25日まで抽選で15名に最大5万円が当たるキャンペーンを実施中です。

キャンペーンのエントリーには条件があるため、詳細は公式サイトからチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジの注意点

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジについて考える際の注意点を紹介します。

以下の3点については気をつけましょう。

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジの注意点
  • よく知らない仮想通貨に手を出さない
  • 取引ルールを守る
  • レバレッジは適切に管理する

よく知らない仮想通貨に手を出さない

投資対象の分散をしたいからといって、よく知らない仮想通貨に適当に投資をするのはおすすめできません。

マイナーな仮想通貨の中には詐欺コインなども存在するため、安易に知らない仮想通貨に手を出さないように注意しましょう。

SNSで話題になっているから、有名人が話していたから、という理由でよく考えずに投資をするのもNGです。

大きな話題になっているときは相場がすでに盛り上がり切っているということも多く、あまり考えずに購入したら、直後に価格が大幅に下がってしまったということもあり得ます。

話題になっている仮想通貨を購入してはいけないというわけではありませんが、最低限自分でもしっかりと情報収集して、投資すべきかどうかの判断をするようにしましょう。

もちろん投資をした後も情報収集は続けましょう。

そのため、あまりにもたくさんの仮想通貨に分散投資をすると、ニュースやチャートを分析するのが大変になってしまいます。

自分の管理できる範囲で投資するように心がけましょう。

取引ルールを守る

仮想通貨投資のリスクヘッジを行う際は、必ずあらかじめ投資のルールを決めておきましょう。

「○%利益が出たら利益確定する」「○%損失が出たら損切りする」などのように、どのタイミングで決済するかを事前に決めることが重要です。

このまま投資を続けたらもっと儲かるかも、とズルズル保有を続けると、一気に価格が動いた際に大きな損失が生じる可能性もあります。

せっかくリスクヘッジできるように投資戦略を練っていたとしても、取引ルールを破ってしまっては意味がなくなる場合もあります。

自分で決めた取引ルールは、しっかりと守るようにしましょう。

レバレッジは適切に管理する

レバレッジ取引は、うまく利用すれば仮想通貨取引のリスクヘッジに活用できます。

ただし、レバレッジが高すぎると相場が大きく動いた時に、一気に資産額も変動してしまいます。

国内の仮想通貨取引所は最大レバレッジが2倍までに設定されています。

空売りを利用する場合も、初心者のうちはまずはレバレッジ1倍から始めるようにしましょう。

仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジのまとめ

今回は、仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジについて、メリット・デメリットや注意点などを紹介しました。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨/ビットコインのリスクヘッジには、ショート(売り)を活用するのが重要
  • 投資する仮想通貨を分散することでもリスクを軽減できる
  • リスクヘッジを行うことで損失額を最小限に抑えられる
  • DMM Bitcoinでは20種類の仮想通貨のレバレッジ取引が可能

DMM Bitcoinでは、初心者でも簡単にショート(空売り)を利用したヘッジ取引が可能です。

仮想通貨の種類も最大20種類と豊富なので、銘柄を分散して投資することもできます。

現在は、口座開設で即時2,000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中です。

興味のある方は、ぜひこの機会に公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

\全員2,000円もらえる!/

目次
閉じる