仮想通貨・ビットコインの下落/暴落時はどうする?立ち回り方や注意点を解説

ビットコインをはじめとする仮想通貨は値動きが激しいため、たびたび大幅な価格下落が起こります。

下落相場に巻き込まれたときは「含み損が拡大してしまう」「売却すべきか買い増した方がいいのか迷ってしまう」など、焦りからどのように立ち回ればよいかわからなくなってしまう人もいるでしょう。

相場の下落時には、できる限り損失のリスクを抑え、適切に対処することが肝心です。

本記事では、仮想通貨の暴落時や下落相場における立ち回り、対処方法などを紹介します。

この記事でわかること
  • 仮想通貨の暴落時・下落時は株や投資信託などよりも値動きが激しい
  • 短期目線で見ると底値を捉えるのは難しいが、中長期目線で見ると暴落時は買い時
  • 仮想通貨の暴落時は正しい情報を集め、ドルコスト平均法などで淡々と買い増すのが良い
  • ショートポジションを活用すれば下落相場でも利益を狙える
  • 損失を取り返そうと一気に資金を投入したり、レバレッジ取引を始めたりするのは注意
  • LINE BITMAXはスマホで簡単に価格チェック・注文が可能なので、下落相場でも取引しやすい

値動きの激しい下落相場では、すぐに価格の動きをチェックできることが重要です。

LINE BITMAXはLINEアプリからスムーズに注文画面に移動できるため、出先でも手軽に取引を行えます。

独自の通貨「LINK」も取引可能なので、興味がある方は公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

\ 口座開設で3000円もらえる!/

目次

仮想通貨の暴落時・下落相場ではどうする?

仮想通貨は株や投資信託などと比較すると価格の動きが激しく、1日で10%以上価格が動くことも普通にあります。

直近でもビットコインをはじめとする仮想通貨全般が暴落し、大きな含み損を抱えたという人も散見されます。

仮想通貨の暴落時や下落相場に巻き込まれると、どこまで下落が続くのかと不安になってしまいます。

冷静になれないという人もいるかもしれませんが、暴落時こそ落ち着いて行動することが大事です。

暴落相場に正しく対応することで、リスクをなるべく抑えて損失を拡大せずに済むかもしれません。

仮想通貨の暴落時は買い時?

仮想通貨の暴落時は買い時なのでしょうか。

短期的にみると、暴落がどこまで続くのかを見極めるのかは非常に難しいです。

ただし、長期的にチャートを見た場合、過去の大きく下落した局面でもその後買い戻されて上昇していることがほとんどです。

今後仮想通貨が決済手段としても用いられ、法定通貨同様の存在感を示すようになった場合、当然その価値も上昇します。

目先の価格の上下にとらわれず、長期目線で見て安いタイミングで購入しておくのも一つの選択肢と言えるでしょう。

手軽に仮想通貨投資を始めたいのなら、普段から馴染みのあるスマートフォンで取引を始めるのも良いでしょう。

LINE BITMAXでは、LINEアプリから簡単に取引画面に移動し、すぐに取引を行えます。

LINE Payと連携してスムーズに入出金を行うこともできるので、普段からLINE Payを利用している人にとっても使い勝手が良いでしょう。

興味のある方は、まずは公式サイトをチェックしてみてください。

\ 口座開設で3000円もらえる!/

暴落時・下落相場での立ち回り

暴落時・下落相場の立ち回りのポイントを解説します。

以下の4点はしっかりと抑えておきましょう。

暴落時・下落相場での立ち回り
  • 情報収集を怠らない
  • ドルコスト平均法で現物を積み立てる
  • ショートポジションを立てる
  • 損切りラインを見極める
  • 信用取引を活用する

情報収集を怠らない

まずは正しい情報を集めることに注力しましょう。

なぜ仮想通貨の下落・暴落が起きているのかや、過去の下落時と比較してどのくらい下落しているのかなどを確認することが大事です。

急に相場が動くと焦ってしまいますが、まずは落ち着いて判断材料を集めましょう。

仮想通貨の暴落中はささいな出来事でさらに下落が進んだり、逆に底値をつけて上昇し始めたりします。

著名人の発言や大きなニュース、経済動向は常に確認するように心がけましょう。

仮想通貨に関する情報は日本よりも海外の方が早いことがあるため、余裕がある人は海外ニュースもチェックしておくとよいでしょう。

ただし、曖昧な情報や根拠のない発言などには注意が必要です。

含み損を抱えているときは、どうしても自分に都合の良い情報に飛びつきたくなってしまいますが、安易に怪しい情報を信じてしまってはさらに損失を抱えたり詐欺などの被害に引っかかったりする可能性もあります。

なるべく一次情報から集めることを意識し、慎重に情報を判断しましょう。

仮想通貨の勉強方法については、以下の記事も参考にしてみてください。

ドルコスト平均法で現物を積み立てる

仮想通貨が下落しているときこそ、ドルコスト平均法を用いて淡々と積み増していくのがおすすめです。

ドルコスト平均法は、定期的に一定額を積み立てていく投資方法です。

一定数ではなく一定額を購入していくことがポイントで、平均購入単価を平準化できるという効果があります。

例えば、相場の上下を気にせずに毎月1万円分のビットコインを買い続けたとすると、価格が上昇しているときは少量しか購入できませんが、価格が下落したときは大量に購入可能です。

長期的にこの投資方法を続けることによって、購入銘柄の平均単価を均せるのです。

ドルコスト平均法は、毎月自分で決めた一定額を購入し続けるだけという簡単な投資方法なので、投資の初心者でも無理なく続けられるのがメリットです。

投資期間が長いほど価格の平準化効果を受けられるため、価格変動による影響を受けにくくなります。

仮想通貨の下落相場では多くの仮想通貨を購入できるため、ドルコスト平均法を始めるのにもぴったりでしょう。

その後価格が上昇すると購入できる仮想通貨の量は少なくなりますが、価格上昇の恩恵を受けられるので、特に負担はありません。

投資の初心者や、下落相場でどう立ち振舞ってよいかわからない人には、機械的に実践できるドルコスト平均法が向いているでしょう。

ショートポジションを建てる

下落相場で利益を得る方法としては、ショート(売り)ポジションを活用する方法もあります。

仮想通貨は株やFXと同じように、「ロング(買い)」だけでなく「ショート(売り)」のポジションを持てます。

保有している仮想通貨を売るだけでなく、証拠金をもとに売り注文を行い、後で買い戻す「空売り」も可能です。

1BTC=300万円の時に1BTC分をショートしておけば、1BTC=200万円になった時に買い戻すと差額の100万円が利益として受け取れます。

現物のポジションはなかなか動かせない局面であっても、ショートポジションを建てる資金があれば相場の下落を利益に変えられます。

現物の下落分と相殺することでリスクヘッジの手段としても利用できるでしょう。

下落相場はロングポジションのロスカットによる下落を巻き込みやすいため、上昇時よりも早いスピードで価格が動きやすいという特徴があります。

そのため、スピーディーに利益が得られるという点はメリットとなります。

一方、相場が反転して上昇し始めた場合、ショートポジションは損失を被ることとなります。

もともと現物の取引がメインという場合は、相場が上昇し始めたらすぐにショートポジションを手放すようにしましょう。

「逆指値」などもうまく活用しつつ、なるべくリスクを下げるように努めましょう。

損切りラインを見極める

損切りとは、損失を抱えた状態で保有している仮想通貨を手放して損失を確定させることです。

下落し続ける相場で損切りタイミングを見誤ると、どんどんと損失が拡大していってしまいます。

損切りをするのは勇気が入りますが、今以上の下落を許容できない場合は、早めの損切りも選択に入れた方が良いでしょう。

ただし、大きな下落に驚いてよく考えずに損切りをしてしまうのはおすすめしません。

仮想通貨の値動きは激しく、大きな下落のあとはリバウンドもしやすいためです。

また、下落が続く場合でも、長期保有を行えばいずれ価格が戻ってくるということも考えられます。

自分の目指す投資スタイルが短期でトレードをしたいのか、ある程度中長期でトレードをしたいのかによっても損切りについての考え方は異なってくるでしょう。

保有資産が下落し続けることが精神的に耐えられないという人や、レバレッジ取引をしている人などは損切りタイミングを事前に決めておくことをおすすめします。

信用取引を活用する

信用取引を用いれば、下落相場でも利益を出すことができます。

現物取引においては、購入価格よりも高い価格で売却することで、上昇相場で利益を出します。

それに対して、「売り」から取引を始められる信用取引なら、下落相場においても利益を出すことが可能です。

LINE BITMAXでは、2022年7月以降、信用取引・レバレッジ取引(売りのみ)に対応しています。

今までは買いポジションから始めることしかできず、下落相場で利益を出すことができませんでした。

今後はLINE BITMAXの信用取引を活用して、売りポジションから取引を始めることができるようになりました。

信用取引で「売り」から取引を始め、価格が下落したら買い戻すことで、その差額が利益となります。

さらに、レバレッジも最大2倍まで対応しているため、効率的に利益を出すことができます。

LINE BITMAXでは、仮想通貨取引の初心者でも手軽に取引を始められます。

スマホでの取引に対応しているため、出先でも簡単な操作で取引可能です。

価格チェックが忙しくてなかなかできないという方は、予約注文機能なども利用すれば、あらかじめ指定しておいた価格での注文も簡単に行えます。

まずはLINE BITMAXの公式サイトを覗いてみてください。

\ 口座開設で3000円もらえる!/

仮想通貨の暴落時・下落相場にやってはいけないこと

仮想通貨の暴落時・下落相場でやってはいけないことを紹介します。

仮想通貨の暴落時・下落相場にやってはいけないこと
  • SNSなどの情報を安易に信じる
  • 損を取り返すために無理なレバレッジ取引を行う
  • 余裕資金を超える金額での取引を行う

SNSなどの情報を安易に信じる

仮想通貨投資についての情報は、Twitterやdiscordなどさまざまな情報源から得ることが可能です。

仮想通貨に関するブログ記事やセミナー、知人の情報などをもとに購入の判断をしているという人もいるでしょう。

ただし、これらの情報は全て正しいわけではなく、誤って拡散されている情報もあることに注意しましょう。

特に海外の仮想通貨に関するニュースなどは、翻訳間違いなどによって誤った解釈で広められているものも珍しくありません。

正しい情報を入手したいという場合は、なるべく公式サイトなどの一次情報を入手するように心がけると良いでしょう。

加えて、仮想通貨の暴落時や暴騰時は、信憑性の低い怪しい情報が出回りやすいです。

特に相場が下落しているときは焦りや不安で「○○すれば必ず勝てる!」などという情報にすがりたくなります。

しかし、投資や投機にはそもそも「絶対」「必ず」ということは存在しません。強い言葉で断定している発信には注意しましょう。

損を取り返すために無理なレバレッジ取引を行う

暴落時や下落相場においては、どうしても負けた分を取り返したいという気持ちが出てきます。

下落分を早く取り返そうと、レバレッジ取引を安易に行うのはお勧めしません。

レバレッジ取引は自己資金以上の金額で取引ができるため、うまく行った場合は少額で大きな利益を得ることが可能です。

しかし、思わぬ方向に相場が動いた場合は、自己資金以上の損失が出てしまう可能性もあります。

基本的には取引所が強制ロスカットを行うため、口座残高までに損失を抑えられるということがほとんどですが、それでも大きな損失が発生することには変わりません。

レンジ相場など比較的相場が読みやすい状況ではレバレッジ取引も有効な手段ですが、暴落時は相場の動きが非常に読みにくいです。

経験豊富な投資家であっても、底値がどこになるかはなかなか読めなかったりするので、不用意にレバレッジ取引に手を出すことはやめておいた方が良いでしょう。

余裕資金を超える金額での取引を行う

下落相場で焦ってしまい、余裕資金を超える金額での買い増しを行ったりショートポジションを立てたりしてはいけません。

相場が大きく動いている間は自分の思わぬ方向に突如価格が変動することも珍しくなく、そうした場合はさらなる損失を生み出してしまいます。

余裕資金での取引であれば良いですが、余裕資金を超える金額での取引だと最悪の場合生活費なども圧迫してしまうこととなるでしょう。

あくまでも仮想通貨の取引は、余裕資金の範囲内で行うように注意してください。

仮想通貨の下落相場においては、上記のポイントに気をつけつつ、なるべく損失リスクを抑えられるように努めましょう。

仮想通貨の取引をどこで始めれば良いかわからないという場合は、LINE BITMAXをチェックしてみてください。

LINEアプリ上で取引が可能で、シンプルでわかりやすい取引ツールを利用できます。

まずは公式サイトから詳細を確認してみましょう。

\ 口座開設で3000円もらえる!/

おすすめの仮想通貨取引所

下落局面でもうまく取引を行いたい人におすすめの仮想通貨取引所を紹介します。

おすすめの仮想通貨取引所
  • LINE BITMAX(ラインビットマックス)
  • DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
  • Coincheck(コインチェック)

LINE BITMAX(ラインビットマックス)

LINE BITMAX 公式
名称LINE BITMAX(ライン ビットマックス)
取り扱い通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リンク(LN)
取引手数料無料
送金手数料110円
最大レバレッジ最大2倍(売りのみ)
レンディング最大利率8%(業界最高水準)
独自仮想通貨リンク(LN)
日本語サポート有り
詳細LINE BITMAXの公式サイト
LINE BITMAXの特徴
  • スマホアプリからどこでも手軽に取引可能
  • 暗号資産貸出サービスを利用すれば、取引しない時でも貸し出して増やせる
  • ウェルカムミッション達成ごとにリンク(LN)がプレゼントされる

LINE BITMAXは、LINEグループが運営する仮想通貨取引所です。

LUNEアプリからスムーズに起動・ログインできるため、普段スマホで取引したいという人には向いているでしょう。

LINE BITMAXは「暗号資産貸出サービス」を提供しているという特徴があります。

これは、保有している仮想通貨をLINE BITMAXに貸し出すことで、貸出期間や数量に応じて貸借料を受け取れるというサービスです。

最短1日から始められ、返還申請を行った場合も最短当日の返還が可能です。

毎日貸借料を貯められるため、下落相場でしばらくポジションを動かしたくない時などは、このサービスを利用すれば貸借料を受け取れる可能性があります。

相場変動時には返還申請をすることですぐに返還してもらえるのもメリットと言えるでしょう。

追加貸出や一部解約も柔軟に行えるため、使い勝手が良いのが特徴です。

暗号資産貸出サービスの対象となる通貨は以下の5種類です。

仮想通貨最低貸出数量最大貸出数量貸出単位
ビットコイン0.01BTC0.5BTC0.01BTC
イーサリアム1ETH20ETH1ETH
リップル1,000XRP25,000XRP1,000XRP
ライトコイン1LTC50LTC1LTC
ビットコインキャッシュ1BCH20BCH11BCH

さらに、LINE BITMAXでは「はじめてみようキャンペーン」として、口座開設や価格通知設定、入金などのミッションをクリアするたびにリンク(LN)がプレゼントされるというキャンペーンを実施中です。

簡単に達成できるミッションも多いので、興味のある方はLINE BITMAXの公式サイトをチェックしてみてください。

\ 口座開設で3000円もらえる!/

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM-Bitcoin
取引所名DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
取引銘柄20銘柄(レバレッジ取引を含む)
取引手数料無料(BitMatch注文を除く)
最低取引数量(BTCの場合)現物取引:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC 
入金手数料銀行振り込み:無料
クイック入金:無料
出金手数料無料
仮想通貨(BTC)の入出金入金:無料(マイナーへの手数料は顧客負担)
出金:無料
公式サイトDMM Bitcoinの公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判
DMM ビットコインの特徴
  • BitMatch注文を利用すればスプレッドを気にせず取引可能
  • 19種類の通貨でレバレッジ取引が可能
  • 新規口座開設で現金プレゼントのキャンペーン中

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

金融商品取引業者に登録されており、長年の金融事業のノウハウがあるため、安心して取引ができるという特徴があります。

DMM Bitcoinでは、BitMatch注文という新しい注文方法を提供しています。

これは国内唯一の新機能で、DMM Bitcoinが提示するミッド(仲値)価格で取引がマッチングすれば、スプレッドなしで取引できるという取引方法です。

販売所方式とオークション方式のハイブリッドのような形での注文方法となっており、退園であれば全ての取り扱い暗号資産で利用可能です。

また、DMM Bitcoinでは現物14種類、レバレッジ20種類の取引が可能です。

レバレッジ取引の取り扱い数は国内でもNo.1となっているため、幅広い通貨のレバレッジ取引に監視があるという方には向いている取引所でしょう。

現在は口座開設完了で即時2,000円がもらえるキャンペーンも実施中です。

取引など他の条件が必要ないため、まずは口座開設だけしておきたいという人でも対象となります。

2022年8月1日までのキャンペーンとなっているため、興味のある方はぜひ早めにチェックしてみてください。

\全員2,000円もらえる!/

Coincheck(コインチェック)

コインチェック 新サムネイル
取引所名Coincheck(コインチェック)
取引銘柄17銘柄
取引手数料無料
最低取引数量(BTCの場合)販売所形式:500円相当額
取引所形式:0.005BTC以上かつ500円相当額以上
入金手数料銀行振り込み:無料
コンビニ入金:3万円未満…770円、3万円以上30万円以下…1,018円
クイック入金:3万円未満…770円、3万円以上50万円以下…1,018円、50万以上…入金金額×0.11%+495円
出金手数料407円
仮想通貨(BTC)の入出金入金:無料
送金:0.0005BTC
公式サイトCoincheckの公式サイト
関連記事Coincheckの評判
コインチェックの特徴
  • 操作性の高いアプリを提供している
  • Coincheckつみたてなどの関連サービスが豊富
  • 500円からビットコインを購入可能

コインチェックは、2012年に設立された仮想通貨取引所サービスで、現在はマネックスグループが運営しています。

アプリダウンロード数No.1の実績があり、取引アプリの操作性やチャートの見やすさなどが人気です。

アプリをダウンロードしておけばいつでも価格のチェックや取引が簡単に行えるので、スマホで取引したいという人によく利用されています。

コインチェックでは、下記のようなさまざまな関連サービスを提供しています。

コインチェックの関連サービス
  • Coincheckつみたて
  • Coincheck IEO
  • Coincheck Lending
  • Coincheckでんき
  • Coincheckガス
  • Coincheckアンケート
  • Coincheck NFT(β版)

特に、Coincheckつみたては、毎月1万円から自動で積立投資ができるサービスで、毎月コツコツと投資をしていきたいという人にも利用しやすいサービスです。

加えて、コインチェックではビットコインを500円から入手可能なので、少額から仮想通貨投資を始めてみたいという人にも適しています。

「スマホで本人確認」を利用すれば、最短1日で取引が開始できるので、興味がある方は詳細を確認してみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

【まとめ】暴落時・下落相場の立ち回り

今回は、仮想通貨の暴落時・下落相場に対処する方法を紹介しました。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨の暴落時・下落時は株や投資信託などよりも値動きが激しい
  • 短期目線で見ると底値を捉えるのは難しいが、中長期目線で見ると暴落時は買い時
  • 仮想通貨の暴落時は正しい情報を集め、ドルコスト平均法などで淡々と買い増すのが良い
  • ショートポジションを活用すれば下落相場でも利益を狙える
  • 損失を取り返そうと一気に資金を投入したり、レバレッジ取引を始めたりするのは注意
  • LINE BITMAXはスマホで簡単に価格チェック・注文が可能なので、下落相場でも取引しやすい

LINE BITMAXは、LINEグループが提供する仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引の初心者でもわかりやすい画面構成になっているため、迷わずに取引できるでしょう。

スマホでかんたん本人確認を行えば、スマートフォン上で口座開設が完結します。

これから仮想通貨取引を始めたいとお考えの方は、LINE BITMAXをチェックしてみてください。

\ 口座開設で3000円もらえる!/

目次
閉じる