ネオトレのキャンペーンを徹底解説!手数料が安くてお得!?

ネオトレ

ネオトレ」の愛称で親しまれているSBIネオトレード証券は、ライブスター証券から社名が変更となってから1周年を迎えます。

SBIネオトレード証券では過去に社名1周年を記念して、国内株式現物手数料引き下げキャンペーンを開催していました。

そこで今回の記事では、SBIネオトレード証券のキャンペーンについて詳しく解説していきます。

この記事から分かること
  • 過去にSBIネオトレード証券では「国内株式現物手数料引き下げキャンペーン」を実施していた
  • 現在は開催中のキャンペーンこそなし
  • 今後はお得な期間現手キャンペーン実施の可能性あり

SBIネオトレード証券の「国内株式現物手数料引き下げキャンペーン」では、約定代金50万円超の取引手数料が一律330円(税込)になります。(現在は終了しております。)

現在開催されている「SBIグループ参画2周年記念キャンペーン!はキャンペーン期間中の、CFD取引の新規建て約定枚数に応じて支払った他商品の取引手数料や、信用取引金利・貸株料の一部がキャッシュバックされるお得なキャンペーンです。

お得に株式投資をしたい方は、ぜひこのキャンペーン期間中にSBIネオトレード証券でトレードを始めてみましょう。

目次

SBIネオトレード証券の手数料を他証券会社と比較

SBIネオトレード証券の手数料を他証券会社と比較してみました。

1約定制1日定額制の手数料をそれぞれ比較したので、ぜひ参考にしてみてください。

1約定制の比較一覧

1注文毎の約定代金ネオトレSBI証券楽天証券LINE証券DMM証券auカブコムマネックス証券
5万円以下50円55円55円55円55円55円55円
10万円超~20万円以下100円115円115円115円106円115円115円
20万円超~50万円以下198円275円275円275円198円275円275円
50万円超~100万円以下374円535円535円535円374円535円535円
100万円超~150万円以下440円640円640円640円440円1,584円640円
150万円超~300万円以下660円1,013円1,013円1,013円660円3,069円1,013円
300万円超~3,000万円以下880円1,013円1,013円1,013円880円4,059円1,013円
3,000万円超880円1,070円1,070円1,070円880円4,059円1,070円
詳細公式ページへ公式ページへ公式ページへ公式ページへ公式ページへ公式ページへ公式ページへ

各ネット証券の1約定制の手数料を比較しました。

50万円以下の手数料は各社とも低い水準ですが、50万円超の手数料はネオトレ(SBIネオトレード証券)が安いです。

現在ネオトレでは約定代金50万円超の取引手数料が一律330円となっており、100万円、1,000万円、1億円でも取引コストを大幅に抑えて取引ができます。

1日定額制の比較一覧

1日の約定代金合計額ネオトレSBI証券楽天証券LINE証券DMM証券auカブコムマネックス証券
50万円以下0円0円0円0円550円
50万円超~100万円以下0円0円0円0円550円
100万円超~150万円以下880円1,238円2,200円2,200円2,750円
150万円超~200万円以下1,100円1,238円2,200円2,200円2,750円
200万円超~300万円以下1,540円1,691円3,300円3,300円2,750円
以降100万円単位超過ごとに+295円+295円+1,100円+1,100円+2750円
詳細公式ページへ公式ページへ公式ページへ公式ページへ公式ページへ公式ページへ公式ページへ

続いて、各社の1日定額制の手数料を比較しました。

表を見るとわかるように、1日定額制でもネオトレの手数料が最も低いです。

ちなみに、LINE証券とDMM証券には1日定額制手数料のコースがありません。

1日のうちに何度も取引を繰り返すような投資スタイルの場合は、大手ネット証券の中でも1日定額制手数料が低い「ネオトレ」を利用するのが良いでしょう。

手数料でネット証券を選ぶならSBIネオトレード証券がおすすめ

手数料でネット証券を選ぶなら、現在キャンペーン実施中のSBIネオトレード証券がおすすめです。

ここからはSBIネオトレード証券の概要やキャンペーンの詳細について解説していきます。

SBIネオトレード証券の概要

SBIネオトレード 公式
名称SBIネオトレード証券
取扱商品国内株式投資信託先物取引IPO
取引手数料一律プラン:50円〜
定額プラン:0円〜
詳細SBIネオトレード証券の公式サイト

SBIネオトレード証券は、株・信用取引に特化したネット証券です。

2020年1月1日に「ライブスター証券」から「SBIネオトレード証券」へと社名が変更となりました。

SBIネオトレード証券は手数料の安さが非常に魅力的で、実際にオリコン顧客満足度ランキング(ネット証券)の「取引手数料」部門で8年連続1位を受賞しています。

またSBIネオトレード証券は取引ツールも使いやすいと評判なので、株式投資が初めての方でもストレスなく利用できるはずです。

まだ口座開設をしていない方は、ぜひこの機会にSBIネオトレード証券の公式サイトからチェックしてみてください。

現在SBIネオトレードで開催中のキャンペーン

SBIネオトレードでは、2022年10月現在「SBIグループ参画2周年記念キャンペーン!」が開催されています。

キャンペーン期間中のCFD取引の新規建て約定枚数に応じて、キャンペーン期間中に支払った他商品の取引手数料や信用取引金利・貸株料の一部をキャッシュバックするといった内容です。

これ以外にも、定期的にお得なキャンペーンを実施する傾向にあるので、この機会にSBIネオトレード証券の公式サイトをチェックしてみましょう。

SBIネオトレード証券で過去に開催していたキャンペーン

SBIネオトレードキャンペーン2
キャンペーン名称<社名変更1周年記念>国内株式現物手数料引き下げキャンペーン
特典内容現物株取引の約定代金50万円超の取引手数料が一律330円(税込)
期間2021年12月1日~2022年1月31日
適用条件キャンペーン期間に「一律プラン(1注文毎に手数料がかかるプラン)」で約定
詳細SBIネオトレード証券のキャンペーンページ

SBIネオトレード証券では、過去に「<社名変更1周年記念>国内株式現物手数料引き下げキャンペーン」を実施しており、通常時よりもコストを大幅に抑えて取引ができるようになっています。

約定代金キャンペーン手数料通常手数料
5万円以下50円50円
5万円超~10万円以下88円88円
10万円超~20万円以下100円100円
20万円超~50万円以下198円198円
50万円超~100万円以下330円374円
100万円超~150万円以下330円440円
150万円超~300万円以下330円660円
300万円超330円880円

全てのユーザーを対象としたキャンペーンなので、誰でもお得に取引可能でした。

SBIネオトレード証券のキャンペーンに関するQ&A

SBIネオトレード証券のキャンペーンに関するQ&Aをまとめました。

SBIネオトレード証券のキャンペーンに関するQ&A

  • キャンペーン期間はいつまで?
  • 約定代金には制限はある?
  • キャンペーン期間はいつまで?

    国内株式現物手数料引き下げキャンペーンの開催期間は、2021年12月1日~2022年1月31日までとなっており、現在は終了しております。

    基本的に期間限定でのキャンペーンが多いので、逐一チェックしておくと良いでしょう。

    約定代金には制限はある?

    過去に開催していたSBIネオトレード証券の国内株式現物手数料引き下げキャンペーンには、約定代金の制限はありません。

    100万円でも1,000万円でも1億円でも、手数料は「一律330円 」です。

    SBIネオトレード証券の通常時の手数料も上限880円と業界最安水準ですが、キャンペーン中に取引すればよりコストを抑えられます。

    国内株取引に興味がある方は、SBIネオトレード証券をチェックしてみてください。

    SBIネオトレード証券のキャンペーンまとめ

    今回は、SBIネオトレード証券のキャンペーンについてまとめていきました。

    この記事の要点
    • SBIネオトレード証券では「国内株式現物手数料引き下げキャンペーン」を実施していた
    • キャンペーン期間中は約定代金50万円超の取引手数料が一律330円
    • 約定代金の制限はないので1,000万円でも1億円でも、330円で取引できる

    SBIネオトレード証券では、2021年12月1日~2022年1月31日の期間限定で、現物株取引の約定代金50万円超の取引手数料が一律330円となるお得なキャンペーンを実施していました。

    1,000万円でも1億円でも手数料が330円となるので、大幅にコストを抑えられます。

    現在は実施中のキャンペーンこそないですが、今後お得な期間限定キャンペーンを実施する可能性は大いにあります。

    まだSBIネオトレード証券の口座開設が済んでいない方は、ぜひ公式サイトを確認してみてください。

    目次
    閉じる