仮想通貨SNX(シンセティックス/Synthetix)とは?今後の見通しや予想・将来性を徹底解説!

Synthetix(SNX)は合成資産を作成・取引することが可能なブロックチェーンプラットフォームです。

2021年にイーサリアムレイヤー2である「Optimism」を導入したことでも話題になりました。

この記事ではSynthetix(SNX)の特徴や価格の動向について解説しています。

Synthetix(SNX)に興味がある方、購入を検討している方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事の概要
  • Synthetix(SNX)は合成資産を作成・取引可能なプラットフォーム
  • ユーザーはSNXトークンを預ける代わりに株式やコモディティと価格が連動するトークンの発行・取引が可能
  • 価格はシステムアップデートやDeFiの人気の高まりに影響を受けて上昇する傾向にある
  • 今後はDeFiのますますの人気やSynthetix(SNX)が実装している「Optimism」の注目の高まりに影響を受けて上昇すると考えられる
  • コインチェックなどの国内取引所でSynthetix(SNX)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して入手するとスムーズ

Synthetix(SNX)は国内取引所での取り扱いがありませんので購入の際は国内取引所でSynthetix(SNX)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して入手するとスムーズです。

国内取引所は初心者向けで人気のコインチェックが最適です。

コインチェックは初心者向けのガイダンスや説明が充実しているため、初めてでも着実に仮想通貨取引をマスターすることができるでしょう。

\ 3000相当のBTCがもらえる/

また、Invest Naviでは最新の仮想通貨情報を無料で配信している公式LINEを提供しております。

Synthetix(SNX)の新しい情報も随時更新して配信していますので、ぜひこの機会に登録してみてください!

公式LINEの登録-5

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

目次

仮想通貨Synthetix(SNX)とは

仮想通貨名Synthetix(SNX)
シンボルSNX
価格¥276.31
(2023年1月現在)
時価総額¥69,041,534,522
(2023年1月現在)
市場ランキング73位(2023年1月現在)
取引所取り扱い国内取引所での取り扱いなし
公式サイトhttps://synthetix.io/

Synthetix(SNX)は2017年に立ち上げられた合成資産の発行・取引プラットフォームを提供するブロックチェーンプロジェクトです。

株式やコモディティなどの金融資産と連動するトークンを独自の取引所で取引することが可能です。

当初はHavven(HAV)という名前で立ち上げられましたが、その後2018年にSynthetixへと名前が変更されました。

Synthetix(SNX)は国内取引所の取り扱いはありませんので購入の際は国内取引所でSynthetix(SNX)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して海外取引所で購入する必要があります。

国内取引所を利用する際はアプリのダウンロード数が国内1位のコインチェックが最適です。

コインチェックはアプリがシンプルで操作しやすいため、初めてでもすぐに取引に慣れることが可能です。

\ 3000相当のBTCがもらえる/

Synthetix(SNX)の特徴

Synthetix(SNX)はどのようなプロジェクトなのでしょうか。

ここでは、Synthetix(SNX)の特徴をポイントを挙げて説明します。

2017年にHavven(HAV)という名前で立ち上げられた

Synthetix(SNX)は2017年にHavven(HAV)という名前でKain Warwick氏が設立しており、2018年にSynthetix(SNX)に名前を変更しています。

設立者のKain Warwick氏は複数の仮想通貨プロジェクトやオーストラリアのオークションサイトの構築に携わっていた専門家でもあります。

また、他にも現在の富士通でプログラマーとして働いていたPeter McKean氏もCEOとして参画しています。

合成資産のプラットフォーム

Synthetix(SNX)はイーサリアムブロックチェーン上に構築される合成資産の構築、流通のためのプラットフォームであり、DEXも提供しています。

Synthetix(SNX)のプラットフォームでは、利用者が法定通貨や株式、金や石油などのコモディティの価格と連動するトークン(合成資産)を生成・取引することが可能です。

合成された資産はSynthetic Assets(シンセティックアセット)と呼ばれ、Synthetix Exchange(Kwenta)という専用の取引所で取引されます。

SNXトークンを提供

Synthetix(SNX)は独自のトークンであるSNXを提供しています。

SNXトークンはユーザーが合成資産を発行するときやステーキングを実施する際に利用されます。

ユーザーは合成資産を作成する際にSNXを預け、それに対して合成資産を発行します。

合成資産を発行することでユーザーはSNX預けたこと(ステーキング)の報酬を獲得することが可能です。

非常に高い流動性を持つ

Synthetix(SNX)の取引所は注文板やスリッページを持っていません。

Synthetix(SNX)の価格は独自のアルゴリズムで決定され、自動化されています。

利用者はSynthetix(SNX)で取引を実施する際、SNXトークンを 担保に資産を発行する形で取引を実施します。

そのため、機関投資家や個人と取引するのではなく、システム上でアルゴリズムと取引をする形となります。

Synthetix(SNX)は国内取引所での取り扱いがありませんので、購入の際は国内取引所でSynthetix(SNX)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して購入する必要があります。

国内取引所の利用は公式サイトや取引所のデザインがシンプルでわかりやすいと評判のコインチェックが最適です。

\ 3000相当のBTCがもらえる/

Synthetix(SNX)の現在の価格の動向

Synthetix(SNX)の現在の価格の動向はどのようになっているのでしょうか。

Synthetix(SNX)の価格の動きをみてみましょう。

Synthetix(SNX)の現在の価格の動向
引用元:TradingViewの提供チャート

Synthetix(SNX)は9月は全体として価格が大きく下がる傾向になっていますが、10月に入るとやや緩やかになります

9月は仮想通貨市場全体で大きく下落傾向にありました。

下落傾向の要因は中国の仮想通貨の全面禁止や中国の不動産大手の恒大のデフォルト危機に起因する世界的なデフォルト不安によってリスクマネーである仮想通貨が売られたことにあると考えられます。

10月以降ではFRB議長のパウウェル氏がFRBが仮想通貨を禁止しないとも取れる発言をしたことなどによって価格の下落が収まっている様子です。

2022年に入ってからは、仮想通貨市場全体での下落を受けて価格を大きく落としています。

Synthetix(SNX)は海外取引所のみの取り扱いのため、購入の際は国内取引所でSynthetix(SNX)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して海外取引所で購入するとスムーズです。

国内取引所の口座を持っていない方は国内取引所の老舗であるコインチェックをチェックしてみてください。

\ 3000相当のBTCがもらえる/

Synthetix(SNX)のこれまでの価格推移

Synthetix(SNX)の9月以前の価格の動きはどのようになっていたのでしょうか。

上場後の価格の動きをポイントを上げてみてみましょう。

Synthetix(SNX)のこれまでの価格の動向
  • 上場以降、2021年の前半まで停滞
  • 2020年の後半から価格が上昇傾向
  • 2021年2月に価格が史上最高値に

上場以降、2020年の後半まで停滞

Synthetix(SNX)の価格は2017年のリリース後しばらく1ドル以下で停滞していました。

停滞は1年以上にわたって続きますが、その後2020年の中盤から後半になり、徐々に価格が上昇していきます。

2020年の後半から価格が上昇傾向

引用元:TradingViewの提供チャート

2020年前半以降は大きく価格が伸び、9月には当時の最高値の7ドルをマークしています。

この価格の上昇はDeFiの人気の高まりが影響していると考えられます。

2020年の8月はDeFi関連の銘柄が非常に購入され、その影響を受けてSynthetix(SNX)も購入されました。

また、イーサリアムのレイヤー2プロジェクトの1つ「Optimism」のテスト導入が1月後半に発表されたことも価格上昇の要因となると考えられます。

Optimismを導入されることでイーサリアムブロックチェーンのトランザクション処理スピードは10万トランザクション/秒になります。

このシステムのアップデートによってよりSynthetix(SNX)の将来性が高まることが期待され、価格が上昇したことが考えられます。

2021年2月に価格が史上最高値に

引用元:TradingViewの提供チャート

2021年の初旬に価格はさらに高騰します。

2021年の1月から2月の中盤までで価格は210%上昇しました。

この急上昇はNFTやDeFiなどのdAppsの人気の上昇に加えて仮想通貨市場全体の価格が上昇したことが影響していると考えられます。

Synthetix(SNX)は国内取引所では取り扱っていませんので、購入の際は国内取引所でSynthetix(SNX)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して、海外取引所で入手する必要があります。

国内取引所は利用者への対応が手厚いコインチェックが最適です。

コインチェックは電話での窓口対応を実施しているため、安心して取引を行うことができます。

\ 3000相当のBTCがもらえる/

Synthetix(SNX)の価格上昇のポイント

Synthetix(SNX)はどのような要因で価格が上昇しているのでしょうか。

Synthetix(SNX)の価格上昇のポイントを次の通りにまとめてみました。

Synthetix(SNX)の価格上昇のポイント
  • DeFiを中心としたdAppsの人気の高まり
  • システムアップデートによる信頼性の向上

DeFiを中心としたdAppsの人気の高まり

Synthetix(SNX)はDeFiを中心としたdAppsブロックチェーンプロトコルであるため、DeFiなどのdAppsの人気の高まりに影響を受ける可能性が高いと考えられます。

実際に2020年後半から2021年の価格の上昇はdAppsの人気上昇が影響していると考えられます。

システムアップデートによる信頼性の向上

Synthetix(SNX)のシステムやサービスのアップデートも価格に大きく影響すると考えられます。

システムやサービスのアップデート・リリースの情報はSynthetix(SNX)のプロジェクトが順調に拡大していることを示しており、信頼性を高めます。

そのため、投資家がSynthetix(SNX)の将来性を見込んで購入する傾向にあります。

Synthetix(SNX)を購入する場合は国内取引所でSynthetix(SNX)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して購入する必要があります。

国内取引所はセキュリティ対策が万全なコインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 3000相当のBTCがもらえる/

Synthetix(SNX)の今後の価格の予測・見通し

ここではSNXの今後の見通しや予想について解説していきたいと思います。

Synthetix(SNX)の将来の価格の予測・見通し
  • DeFiを中心としたdAppsの人気の上昇で価格が上昇する可能性がある
  • システムアップデートやサービスの展開で価格が上昇する可能性がある

DeFiを中心としたdAppsの人気の上昇で価格が上昇する可能性がある

今後DeFiはますます注目度が高まり、利用者も拡大していくことが期待されています。

DeFiの利用者が拡大するとDeFi関連の仮想通貨の需要が高まり、流動性も高くなります。

そのためSynthetix(SNX)も価格が上昇する可能性があると考えられます。

システムアップデートやサービスの展開で価格が上昇する可能性がある

Synthetix(SNX)はイーサリアムのブロックチェーンを利用していますが、今後ブロックチェーンシステムを中心にアップデートする可能性があります。

また、Synthetix(SNX)が試験導入している「Optimism」の人気が高まり、Optimismの導入仮想通貨の需要が増加するとSynthetix(SNX)の需要は大きく高まると考えられます。

Synthetix(SNX)は海外取引所のみの取り扱いのため、購入する場合は国内取引所でSynthetix(SNX)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して海外取引所で購入する必要があります。

Synthetix(SNX)は取引高が日本2位のコインチェックが最適です。

コインチェックは取引高が高いために流動性が高いのでお得に取引することが可能です。

\ 3000相当のBTCがもらえる/

Synthetix(SNX)が購入できる取引所

Synthetix(SNX)トークンはどこで購入することができるのでしょうか。

Synthetix(SNX)のトークンが購入可能な取引所は次の通りです。

Synthetix(SNX)が購入できる取引所
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)
  • Binance(バイナンス)
  • Hiobi Global(フォビ グローバル)
  • Kraken(クラーケン)
  • Coinbase(コインベース)
  • Kucoin(クーコイン)
  • FTX(エフティーエックス)
  • Bitfinex(ビットフィネックス)

海外取引所は取り扱い仮想通貨の種類や操作のしやすさが大きく異なりますので自分にあった取引所を利用するようにしましょう。

※海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないので利用には十分注意してください。

海外取引所の利用が躊躇われるという方ははまずは国内取引所でアルトコインを購入してみることがおすすめです。

コインチェックは国内最多の19種類の仮想通貨を扱っており、自分の気になるアルトコインを購入できるので人気の取引所です。

\ 3000相当のBTCがもらえる/

Synthetix(SNX)の購入手順

Synthetix(SNX)はどのような手順で購入できるのでしょうか。

Synthetix(SNX)を購入する手順は次の通りです。

Synthetix(SNX)の購入手順
  1. 国内取引所に口座を開設し、Synthetix(SNX)の取引ペアを購入する
  2. 購入した取引ペアを海外取引所に送金する
  3. 海外取引所でSynthetix(SNX)を購入する

Synthetix(SNX)の取引ペアはビットコインやイーサリアムであることが多いため、取引ペアを購入する場合はビットコインやイーサリアムの購入がおすすめです。

コインチェック 新サムネイル

Synthetix(SNX)の取引意外にも様々な仮想通貨のサービスを体験してみたい方はコインチェックがおすすめです。

コインチェックではビットコインでんきや貸仮想通貨など様々な形で仮想通貨のサービスを体験することが可能です。

\ 3000相当のBTCがもらえる/

仮想通貨Synthetix(SNX)のまとめ

今回はSynthetix(SNX)について、特徴や価格の動向を解説しました。

Synthetix(SNX)についてまとめていますので、参考にしてみてください。

Synthetix(SNX)のまとめ
  • Synthetix(SNX)は合成資産の作成・取引が可能なイーサリアムベースのプラットフォーム
  • SNXトークンを預けることで、代わりに株式やコモディティ資産と価格が連動するトークンを発行することが可能
  • 価格はDeFiの人気の高まりやシステムをアップデートによって上昇する傾向にある
  • 今後はDeFiの利用者の増加やSynthetix(SNX)の導入システム「Optimism」の人気によって上昇する可能性がある
  • 海外取引所のみの取り扱いのため、購入の際は国内取引所でSynthetix(SNX)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して海外取引所で購入するとスムーズ

Synthetix(SNX)は「Optimism」導入などの観点からDeFi関連仮想通貨の中でも特に注目される仮想通貨です。

今後DeFiの人気が高まり、さらに注目されていくことが期待されます。

Synthetix(SNX)は海外取引所のみの取り扱いのため、購入の際は国内取引所でSynthetix(SNX)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して取引ペアでSynthetix(SNX)を購入する必要があります。

国内取引所はお得に取引することが可能なコインチェックが最適です。

コインチェックでは手数料が無料のため、お得に取引することが可能です。

\ 3000相当のBTCがもらえる/

目次
閉じる