仮想通貨SOSトークン(OpenDAO/SOS)とは?今後の見通しや予想、受け取り方を徹底解説!

12月24日、分散型組織の一つであるOpenDAOがOpenSeaのユーザーに対して独自のガバナンストークンであるSOSトークンを配布したことが話題となりました。

今回はOpenDAO(SOS)の特徴や価格の動向、将来性について解説していきます。

OpenDAO(SOS)に興味がある方、購入してみたい方はぜひ本記事を参考にしてみて下さい

この記事の概要
  • OpenDAO(SOS)はNFTコミュニティを「敬意を表し、保護し、促進する」ことを目的に設立された分散型組織
  • NFTの詐欺被害の補償やコミュニティ運営を行うことを目的に100兆のSOSトークンを発行し、そのうち50%をエアドロップしている
  • エアドロップは2021年12月24日に実施され、既に複数の海外取引所に上場している
  • 今後はNFT市場の拡大やOpenDAOのサービス拡大に伴って価格が上昇することが予想される
  • 購入する場合はコインチェックなどの国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、海外取引所に送金してUSDTに変換してOpenDAO(SOS)を入手するとスムーズ

OpenDAO(SOS)を購入する場合は国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、海外取引所に送金してUSDTに変換するなどしてOpenDAO(SOS)を購入することがおすすめです。

国内取引所は国内でも随一の老舗取引所である、コインチェックを利用することが最適です。

コインチェックは2014年から取引所を運営しており、培ったノウハウを生かして利用者にとって使いやすい取引所を運営しているため安心して利用できるでしょう。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次

OpenDAO(SOS)とは

仮想通貨名OpenDAO(SOS)
シンボルSOS
価格¥0.0000394(2022年9月時点)
時価総額¥3,940,223,753(2022年9月時点)
市場ランキング513位(2022年9月時点)
公式サイトhttps://www.theopendao.com/
2022年9月現在の値

OpenDAO(SOS)とは、NFTコミュニティを「敬意を表し、保護し、促進する」ことを目的として設立された分散型組織です。

OpenSeaの利用者にガバナンストークンを配布し、NFTの詐欺被害の補償やコミュニティ運営を行うことを予定しています。

2021年12月24日にOpenSeaの関与度に応じてOpenseaの利用者のMetamaskIDに配布されました。

OpenDAO(SOS)を購入する場合は国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、海外取引所に送金してUSDTに変換するなどしてOpenDAO(SOS)を入手するとスムーズです。

国内取引所ではガイダンスが丁寧で、初心者にも分かりやすいコインチェックをチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

OpenDAO(SOS)の特徴

OpenDAO(SOS)はどのような特徴の仮想通貨なのでしょうか。

OpenDAO(SOS)の特徴について、ポイントを挙げて説明します。

OpenDAOという分散型組織が配布している

SOSトークンはOpenDAOという分散型組織によって配布されています。

OpenDAOプロジェクトは、NFT業界とそれに投資した参加者を称えるために開発されました。

NFTコミュニティを「敬意を表し、保護し、促進する」ことを目標に掲げています。

これを達成するために、プロジェクトは専用の$ SOSトークンを起動し、「エアドロップ」を介してOpenSea上のすべてのNFT投資家の暗号ウォレットに配布しました。

OpenDAOプロジェクトはOpenSeaユーザーに報酬を与えていますが、OpenSeaを運営している組織とは無関係となります。

ガバナンストークンとして配布されている

SOSトークンは全部で100兆トークン配布されます。

配布されているトークンはOpenSeaの利用者に50%、ステーキングの報酬として20%、OpensDAOの運営側に20%、流動性プロバイダーに10%割り当てられます。

運営側が受け取る20%のトークンはOpenSea内での詐欺被害者への補償やアーティスト支援、コミュニティの維持などのために使用される想定となっています。

OpenSeaの利用度に応じて配布している

利用者に配布される50%分のガバナンストークンはどのような基準で配布されるのでしょうか。

ガバナンストークンはOpenDAOが提供するNFTマーケットプレイスのOpenSeaの利用率によって配布されるということが分かっています。

利用率とはOpenSeaでのNFTの売買などの関与度を示すと考えられます。

SOSトークンの受け取り方

2021年12月23日以前にOpenSeaを利用していた方で、SOSトークンを受け取る場合はまずこちらのサイトにアクセスしましょう。

次にOpenSeaを利用しているMetamaskでログインします。

最後に「Intiate Claim」を押すとSOSトークンを受け取ることができます。

SOSトークンの受取にはガス代がかかるので、気を付けましょう。

OpenDAO(SOS)は海外取引所のみの取り扱いのため、購入の際は国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、海外取引所でUSDTに変換してOpenDAO(SOS)を購入することがおすすめです。

国内取引所は取引所のデザインや色彩がシンプルでみやすいコインチェックが最適です。

取引所のデザインや色彩がシンプルでわかりやすいとすぐに取引に慣れることができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

OpenDAO(SOS)の現在の価格の動向

OpenDAO(SOS)は無料配布と同時にHuobiなどの有名な仮想通貨取引所に上場されました。

OpenDAO(SOS)の現在の価格動向を見てみましょう。

OpenDAO(SOS)の現在の価格の動向
引用: Tradingviewの提供チャート

OpenDAO(SOS)は配布後一気に価格が上昇し、一時期は約0.00000163ドルから0.00000963ドルまで約500%上昇しました。

その後はやや落ち着き、現在は0.000004ドル前後で価格が推移しています。

OpenDAO(SOS)は海外取引所のみの取り扱いのため、購入したい場合は国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、海外取引所でUSDTに変換してからOpenDAO(SOS)を入手するようにしましょう。

国内取引所の利用ではアプリが使いやすくて人気のコインチェックが最適です。

コインチェックはアプリが見やすく、使いやすいため、出先でも気軽に仮想通貨を取引できます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

OpenDAO(SOS)の将来の価格の予測・見通し

OpenDAO(SOS)は将来どのような価格動向となるのでしょうか。

OpenDAO(SOS)の価格の予想をポイントを挙げて説明していきます。

OpenDAO(SOS)の将来の価格の予測・見通し
  • NFTの人気の上昇に応じて価格が上昇する
  • 大手取引所への上場で価格が上昇する
  • サービスの拡張に応じて価格が上昇する

NFTの人気の上昇に応じて価格が上昇する

まずNFT市場の拡大に伴って価格が上昇することが考えられます。

SOSトークンはNFTマーケットプレイスのDAOのガバナンスにトークンになりますので、NFT市場が拡大し、NFTの利用人口が増加することでSOSトークンの価値が増大し、需要が増加する可能性があります。

SOSトークンの価値が拡大し、需要が増加した場合は価格が大幅に上昇するかもしれません。

大手取引所への上場で価格が上昇する

また、大手取引所への上場が進むことで価格が上昇することが考えられます。

現在SOSトークンは限られた数の取引所にしか上場していませんが、今後国内外の他の大手取引所に上場する可能性があります。

大手取引所に上場するということは取引所の審査に通る仮想通貨ということを表すため、信用度が大きく上昇し、価格が上昇します。

また、単純に消費者のSOSトークンへの接点が増加することもあり、SOSトークンの需要が増加する可能性があると言えます。

サービスの拡張に応じて価格が上昇する

加えて、DAOのサービスの拡張に伴って価格が上昇する可能性も存在します。

OpenDAOは今後NFT関連で様々なサービスをリリースすることや、有名企業と提携する可能性があります、その場合、SOSトークンの利用機会などが増加し、価格が上昇する可能性があります。

SOSトークンは現在は海外取引所のみでしか購入出来ないため、購入の場合は国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、海外取引所でUSDTに変換してから海外取引所でSOSトークンを購入するのがおすすめです。

ビットコインやイーサリアムを国内取引所で購入する場合はコインチェックが良いでしょう。

コインチェックは取引手数料が無料の取引所であるため、お得にビットコインやイーサリアムを購入することができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

OpenDAO(SOS)が購入できる取引所

OpenDAO(SOS)はどこで購入することができるのでしょうか。

OpenDAO(SOS)が購入できる主要な取引所は次の通りです。

OpenDAO(SOS)が購入できる取引所
  • SushiSwap
  • MEXC Global
  • OKEX
  • Gate.io
  • Uniswap

取引可能な取引所は今後増えていくとは考えられますが、すぐに購入したい方は上記の取引所で購入しましょう。

また、海外取引所は取扱通貨や使いやすさが異なるため、自分に合った取引所を利用することがおすすめです。

※海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないので利用には十分注意してください。

海外取引所で購入する場合はUSDTやイーサリアムで購入する必要があり、USDTで購入する場合は国内取引所購入したビットコインなどを海外取引所に送金し、海外取引所でUSDTを購入する手順がおすすめです。

ビットコインやイーサリアムを国内取引所で購入する場合は取引量が国内でも多いコインチェックが最適です。

取引量が多い取引所は流動性が高くなるため、比較的お得に仮想通貨を購入することができます。

OpenDAO(SOS)仮想通貨の購入手順

OpenDAO(SOS)はどのような手順で購入すれば良いのでしょうか。

OpenDAO(SOS)の購入方法を順を追って説明します。

キャプション
  1. 国内取引所で口座を開設し、ビットコインやイーサリアムを購入する
  2. ビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金する
  3. USDTを購入する
  4. SOSトークンを購入する

1. 国内取引所で口座を開設し、ビットコインやイーサリアムを購入する

まずはじめにビットコインやイーサリアムを購入する必要があります。そのため、国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入しましょう。

国内取引所はデザインがシンプルで使いやすいコインチェックがおすすめです。

2. ビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金する

次に、購入したビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金します。海外取引所に送金する場合は海外取引所口座のIDに国内取引所から送金します。

送金先のIDを誤った場合は送金した仮想通貨が無くなってしまうこともありますので注意しましょう。

3. USDTを購入する

次に、海外取引所でUSDTを購入しましょう。

2021年12月時点ではSOSトークンはUSDTかイーサリアムで購入することが出来ます。

Uniswapを利用する方はイーサリアムでSOSトークンを購入します。

4. SOSトークンを購入する

最後にSOSトークンを購入しましょう。これで購入は完了です。

海外取引所を利用することがためらわれるという方はコインチェックをチェックしてみてはいかがでしょうか。

コインチェックは19種類の仮想通貨を扱っているため、様々なアルトコインに挑戦することが可能です。

\ 1500円分のBTCもらえる /

OpenDAO(SOS)のまとめ

今回はOpenDAO(SOS)について解説しました。

OpenDAO(SOS)について次の通りにまとめましたので参考にしてみてください。

この記事のまとめ
  • OpenDAO(SOS)はNFTコミュニティを「敬意を表し、保護し、促進する」ことを目的に設立された分散型組織
  • NFTの詐欺被害の補償やコミュニティ運営を行うことを目的に100兆のSOSトークンを発行し、そのうち50%をエアドロップしている
  • エアドロップは2021年12月24日に実施され、既に複数の海外取引所に上場している
  • 今後はNFT市場の拡大やOpenDAOのサービス拡大に伴って価格が上昇することが予想される

OpenDAO(SOSトークン)は海外仮想通貨取引所で手に入れることができるので、手に入れたい方は海外取引所で購入してみましょう。

海外仮想通貨取引所で購入する際はUSDTを利用する必要がありますので、コインチェックのような国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、USDTに変換する手順が最適です。

コインチェックは様々なサービスを提供しており、ビットコイン決済や仮想通貨レンディングなども提供しているため、様々な形で仮想通貨を体験することができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる