Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や仕組みについて徹底解説!

今回は、Uniswapの特徴や仕組み、投資を行うリスクについて詳しく解説していきます

これから、Uniswapを利用して投資を行いたいと考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事の要点
  • Uniswapは中央管理者を必要としない分散型取引所
  • 流動性が高く、資金を預けることで報酬を得られる
  • 値動きは激しいが、今後の値上がりにも期待できる
  • UniswapでもハッキングやGOXのリスクがある
  • MetaMaskなどのウォレットと連携させることで投資を行うことができる
  • Uniswapは複雑であるため、初心者にはコインチェックなどがおすすめ

Uniswapは中央管理者を必要としない、分散型取引所(DEX)です。

また、非営利目的であるため手数料がほとんど発生しないという特徴も兼ね備えています。

しかし、その仕組みは複雑で仮想通貨取引初心者の方にとっては難しいとも言われています。

まだ仮想通貨取引用の口座を持っていないという方には、コインチェックがおすすめです。

コインチェックの公式サイト

コインチェックは、スマホアプリでも評価を得ているため、初心者にも最適の取引所と言えます。

是非今日から口座開設して仮想通貨投資をスタートさせてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

また、Invest Naviでは仮想通貨の最新情報を無料で配信している公式LINEを運用しております。

相場の急変やアップデート情報を見逃したくないという方は是非無料で登録してみてください。

公式LINE

\ 【10月31日迄】200円分のBTCが無料/

目次

Uniswapとは?仕組みや成り立ちを解説

Uniswapとは、中央管理者を必要とすることなく、24時間取引を行うことができる分散型取引所です。

また、2018年から運営が行われており、1,500種類以上の仮想通貨を取り扱っているだけではなく、本人確認を行わなくても取引を開始することができます。

運営自体は非営利目的としており、ほとんど手数料が発生することはありません。

Uniswapは従来の仮想通貨取引所とは内容が異なり、第三者が介入した上でトークンの取引を行うわけではなく、固定のレートで即時トークン交換を行うことができます。

つまり、プロトコルにより自動化された取引所内でユーザー自身がトークンの取引を行うことになります。

Uniswapは、トークンを交換・管理するためにコントラクトアドレスを流動性プールとして利用し、在庫を提供することで、不特定多数がプールしたトークンを交換することが可能となっています。

DEX(分散型取引所)は、Uniswap以外にもKyberや0xなどが存在していますが、Uniswapはその中でも特に分散的であり、その高い流動性からUniswapは高い人気を誇っています。

しかし、2021年10月現在では、Uniswapは金融庁の認可等を受けておらず、国内の中央集権取引所と比べて、取引リスクが高いサービスであることを理解しておく必要があります。

その点、金融庁の認可を受けている国内の仮想通貨取引所は安心できるといえるでしょう。

コインチェックでは業界最多17種類もの仮想通貨を取り扱っています。

ボラティリティの高い草コインの取引ができるため、仮想通貨ファンに人気の取引所になっています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Uniswapの特徴

Uniswapの特徴は大きく分けて以下の3つです。

流動性が高いDEXを実現させた
Uniswapに資金を預けることで報酬がもらえる
Uniswapには誰でもERC20トークンを上場させることができる

流動性が高いDEX(分散型取引所)を実現させた

そもそも、DEXとはDecentralized Exchangesの略称となっており、分散型取引所を指しています。

国内仮想通貨取引所の大半は、中央集権取引所です。

そのため資金を取引所に預けて、取引してもらうシステムとなっています。

営利も目的の運営となるため、取引の際の手数料等ででユーザーが費用負担を行う必要があります。

しかし、DEXは中央管理者が存在しておらず、非営利企業となるため、デメリットであるユーザーの費用負担は不要です。

また、DEXは本人確認を行う必要がないため、面倒な本人確認手続きを行う必要なくスムーズに利用を始めることができるでしょう。

ただし、DEXはまだまだ中央集権取引所よりも認知が低く、取引しているユーザーが少ないため、流動性が低いです。

一方、Uniswapでは、ウォレットアプリを使用して資産を管理するため、ハッキングの心配もありませんし、システムのセキュリティ自体もイーサリアムのブロックチェーン技術を用いているため安心性が担保されている点が特徴です。

そのため、Uniswapは従来のDEXよりも安全性が高く、セキュリティ面の安心感から注目されており今注目のDEXとなっているのです。

しかも、プールへ流動性の提供を行うことで、DEXの特徴である低い流動性という最大のデメリットを補っています。

Uniswapに資金を預けることで報酬がもらえる

Uniswapに資金を預けることで報酬がもらえる

Uniswapでは、流動性マイニングと呼ばれるシステムが成立しているため、資金を特定のプールに預けるだけで、専用ガバナンストークンである「UNI」と呼ばれる報酬を得ることができます。

取得したUNIは価格が設定されているため、スワップすることが可能です。

イーサリアム関連のトークンをプールするだけでUNIを取得することができるのは、Uniswapの最大の特徴となっています。

Uniswapには誰でもERC20トークンを上場させることができる

前述している通り、Uniswapには中央管理者が存在していないため、仮想通貨の上場審査が存在していません。

そのため、誰でもどのような仮装通貨でも上場させることが可能です。

つまり、ERC20トークンを上場させることができるため、取引する機会がなくなった通貨を取引することができます。

しかし、現在の日本においてUniswapは主流であるとは言い難いです。

仮想通貨取引用の口座がまだお済みでない方は、コインチェックがおすすめです。

コインチェックは貸仮想通貨など、取引リスクを抑えて資産を増やす仕組みなどユニークなオプションもあるので、利便性にも優れています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Uniswapのガバナンストークンの値動き

引用元:TradingViewの提供チャート

上記は、2021年初めから2021年10月現在までのUniswapのガバナンストークン(UNI)の値動きを表しています。

2021年5月中旬に急激な値上がりが起きており、約4,600円まで値上がりました。

これは、ビットコインとイーサリアム自体が同時期に値上がりを見せているため、Uniswapも一緒に引っ張られる形で上昇していると言われています。

その後は、徐々に値下がりしており一時期1,600円ほどになりましたが、徐々に価格は上昇し2021年10月現在はは約2,800円で取引されています。

インターネット環境があれば誰でもいますぐ取引を開始することができるUniswapの技術は、仮想通貨取引市場を大きく変化かせているため、今後も値上がりが期待できるでしょう。

UNIは現在国内仮想通貨取引所での取り扱いがありませんので、まずはコインチェックなどの国内仮想通貨取引所でビットコインやイーサリアムを購入してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Uniswapに投資を行うリスク

Uniswapに投資を行うリスクは以下の3つです。

  • ハッキングによって資金が流出してしまう
  • 操作が複雑なため資金がGOXしてしまう
  • ガバナンストークンの価格変動

ハッキングによって資金が流出してしまうリスク

Uniswapは、ウォレットによって個人で資産を管理しているのですが、ハッキングのリスクはゼロではありません。

中央集権形取引所よりも、ハッキングリスクは抑えられていますが、スマートコントラクトがトラブルを起こしてしまうとハッキングされるリスクが高まってしまいます。

実際、2020年4月にUniswapと貸付プラットフォームのLendf.Meはハッキングによって、2500万ドル(約27億円相当)以上の仮想通貨が盗まれる事件が発生しています。

操作が複雑なため資金がGOXしてしまうリスク

GOXとは、ユーザーが自己資金を取引所もしくは第3社に預けていた際、預け先に資金を持って逃げられることを指します。

Uniswapが会社全体でGOXを行うことは考えにくいのですが、Uniswapの操作は中央集権取引所よりも難しく、資産管理が複雑であるため、運営側の一部の人間がGOXしてしまうリスクは考えられます。

また、UniswapはDEXの中でも人気を集めていますので、以前よりも流動性が高く時価総額自体も上がっているのです。

そのため、GOXされる可能性も考えた上で、Uniswapにプールするようにしましょう。

ガバナンストークンの価格変動リスク

Uniswapのガバナンストークンは通常の通貨よりも流動性が高いため、トークンペアの価格変動のリスクが高いです。

トークンペアの価格変動が高ければ損失を出してしまう可能性もあります。

また、表示されているAPY(年間利回り)はその都度変更されるため、利回りの保証もありません。

そのため、ガバナンストークンの価格変動は常に考えながら取引することをおすすめします。

Uniswapには上記で紹介したようなリスクもありますので、まずはコインチェックなどの国内仮想通貨取引所で仮想通貨取引を始めてみるのもおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Uniswapを利用して投資をする方法

Uniswap単体では投資を行うことはできません。

まず、MetaMaskなどのウォレットアプリと連携させておき、手数料として必要になってくるイーサリアムをウォレットアプリに入金しておく必要があります。

イーサリアムはコインチェックで簡単に購入することができます。

口座開設がまだの方は、是非開設してみてください。

その後、Uniswap内で所有しているトークンのペアを選択した後、プールすることが可能です。

プールすることで、Uniswap追加した分と比例したプールトークンを受け取ることができるようになっており、0.3%を手数料として取得できます。

取得した利益はいつでも引き出すことが可能となっており、Uniswap専用アカウントを作成することで投資で得た利益は確認が可能です。

初心者は安全なコインチェックを利用して取引しよう

名称CoinCheck(コインチェック)
ホームページ公式サイト
取り扱い仮想通貨17通貨
最低取引額0.005BTC
提供サービスコインチェック電気・コインチェックつみたて

Uniswapには手数料として、イーサリアムが必要となってきます。

イーサリアムを購入するには、仮想通貨取引初心者の方であればコインチェックがおすすめです。

コインチェックとは、上記で解説しているUniswapのようDEX(分散型取引所)ではなく、中央集権取引所となります。

取り扱っている仮想通貨数は17種類となっており、国内取引所の中でも最大級と言えるでしょう。

取引自体はPCだけではなく専用のアプリを使用することで、スマホからでも簡単に行うことが可能となっており、取引が初めての方でもスムーズに行うことが可能です。

また、取り扱っている通貨は日本円で購入することができるため、通貨の返還手続きで無駄な手数料を取られることもありません。

コインチェックを使用してある程度仮想通貨取引ができるようになった後は、「コインチェックつみたて」などで資産を増やしていくことも可能です。

口座開設はスマホから簡単に行うことができますので、気になる方はコインチェック公式サイトを是非確認してみてください。

Uniswapの仕組みや特徴まとめ

今回はUniswapの特徴や仕組み、投資を行うリスクについてまとめていきました。

これから、Uniswapを利用して投資を行いたいと考えている方は是非参考にしてみてください。

この記事のまとめ
  • Uniswapは24時間取引を行うことができる分散型取引所
  • 流動性が低い従来のDEXとは異なり、Uniswapはトークンをプールさせることで高い流動性を実現している
  • Uniswapは値動きが激しいが時価総額はかなり高まっており、今後も値上がりに期待できる
  • Uniswapでもハッキング・GOXのリスクが考えられる
  • 仮想通貨取引初心者の方であればコインチェックを利用するのがおすすめ

先ほども述べましたが、Uniswapにはイーサリアムが必要です。

イーサリアムは、コインチェックで簡単に購入することができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる