ビットコインを換金するためには?現金化の手順と発生する税金・手数料を徹底解説

ビットコイン換金

ビットコインの保有にあたって、見逃しがちなのが換金です。

仮想通貨の価格上昇に伴って、日本円への換金を検討しているという方も少なくないでしょう。

ビットコインを換金するにはさまざまな方法がありますが、各方法によって手数料や利便性・注意点が大きく異なります。

この記事では、そんなビットコインの換金について、各方法や手数料、手順などについて解説しています。

この記事から分かること
  • ビットコインの換金は取引所が主流
  • ビットコインの換金には税金が発生する
  • ビットコインの換金手数料は方法により異なる
  • コインチェックなら500円からビットコインの換金が可能

ビットコインの換金は、コインチェックを利用するのが最適です。

コインチェックは、銘柄数が17種類と豊富なため、ビットコインを換金して他の仮想通貨に購入をしたいときに便利です。

コインチェックで、まずは500円から気軽にビットコインを換金しましょう。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次

ビットコインを換金する方法

まず、はじめにビットコインを換金する際の代表的な方法についてご紹介していきます。

他の代表的な仮想通貨にも概ね共通している換金方法なので、仮想通貨を日本円に変えたい!という方は、押さえていきましょう。

取引所で換金

もっとも代表的な方法が、コインチェックなどの国内仮想通貨取引所で、ビットコインを日本円に換金するというものです。

多くの国内仮想通貨取引所では「取引所」・「販売所」という2つの取引サービスを提供しており、どちらかでビットコインを売却、換金するのが一般的です。

取引所・販売所の違いについて

取引所は、仮想通貨を保有している利用者同士で取引を行う一般的な仮想通貨取引です。

販売所は、取引相手が仮想通貨取引所である取引方法です。

取引所はスプレッド・手数料などの面でコストが低いことが多い一方、販売所と比較すると取引手順が複雑になっています。

販売所は、簡単に取引できますが、レートが仮想通貨取引所が提供しているもののため、不利であることが多いです。(取引コストが割高になる)

ビットコインを保有している方の場合は、多くの方がすでに国内仮想通貨取引所でのアカウント作成を済ませているでしょうから、もっとも身近な方法であると言えるでしょう。

ビットコインATMを利用する

海外では主流になりつつあるのが、ビットコインATMです。

ビットコインATMでは、本人確認などを初回に済ませると、通常のATM同様に仮想通貨を法定通貨(米ドル・日本円など)で出金できます。

Coin ATM Radarによると、2022年6月時点で仮想通貨関連のATMの設置数は3万件を超えている状態になっています。

しかし、日本では設置件数が1件(東京都新宿区)に留まっています。

日本在住の方にとっては、現時点で現実的な換金方法ではないでしょう。

ビットコインで買い物を行う

ビットコインを利用して、何らかの方法で決済することで間接的に換金することも可能です。

例えば、日本国内のいくつかのWEBサービス・通販サイトではビットコイン決済に対応しているケースがあり、少数ではありますが、リアルの小売業者でも導入していることがあります。

また、ビットコインを利用した決済に対応しているデビットカード・プリペイドカードなども見られます。

このようなビットコイン決済対応の店舗やデビット・プリペイドカードを利用することで、間接的に決済を行うことが可能です。

ただし、ビットコインを利用した決済は通常の売買同様に決済したタイミングで課税対象となるため注意が必要です。

特にこだわりがないなら、もっとも身近で簡単な取引所でビットコインを換金するのがおすすめであると言えます。

まだ取引所を開設していない・今の取引所が使いにくいという方は、アプリのダウンロードNo.1のコインチェックでスマホアプリから気軽に換金するのが最適です。

\ 1500円分のBTCもらえる /

ビットコインを換金する手順

これから、ビットコインを換金する手順をコインチェックを例にご紹介していきます。

取引所・販売所ごとにチェックしていきましょう。

コインチェックの取引所から換金
  1. コインチェックにログイン
  2. トップページから「BTC」を選択
  3. レートや注文量を入力
  4. 「売り」を選択
  5. 「注文する」を選択
コインチェックの販売所から換金
  1. コインチェックにログイン
  2. 「販売所(売却)」を選択
  3. 銘柄から「BTC」を選択
  4. 売却量を入力
  5. 「売却する」を選択

どちらかの方法で、ビットコインを日本円に換金したら、コインチェックから銀行口座へ送金すると完了です。

コインチェックでは「取引所」から換金すると、手数料無料で取引可能になっています。

ビットコインの換金は、取引手数料無料のコインチェックでお得に行いましょう。

\ 1500円分のBTCもらえる /

ビットコインを換金する際に発生する税金

ビットコインをはじめとした仮想通貨取引に関する利益は、課税対象になります。

代表的な税金が発生するタイミングは以下の通りで、該当する行為した方は納税する必要があります。

代表的な課税タイミング
  • 法定通貨との換金により利益発生
  • 仮想通貨と仮想通貨を換金
    (ビットコインでイーサリアムを買ったなど)
  • 仮想通貨を決済などで利用
    (ビットコインで買い物をしたなど)

「仮想通貨は法定通貨(日本円など)へ換金しない限り課税対象ではない」といった認識を持っている方も少なくありませんが、これは誤りです。

法定通貨や仮想通貨、物であってもビットコインなどを何らかのものと交換した時点で税金が発生するため注意しましょう。

仮想通貨は雑所得に分類され、税率は金額によって以下のとおり変化します。

所得金額税率
195万円以下5%
195万円~330万円10%
330万円〜695万円20%
695万円〜900万円23%
900万円〜1,800万円33%
1,800万円〜4,000万円40%
4,000万円以上45%

最大で税率は45%に達しますが、詳細は各所得事情で大きく異なるため、しっかりとチェックしておきましょう。(他の所得も大きく関係します)

ビットコインなどの仮想通貨と税金の関係は、以下の記事で解説しています。

\ 1500円分のBTCもらえる /

ビットコインを換金する際に発生する手数料

これから、ビットコインの換金に伴ってかかってくる手数料をご紹介していきます。

ビットコイン換金に伴うコストをチェックしていきましょう。

取引所を利用する換金の手数料

取引所を利用する場合の換金手数料は、主に以下の3つの項目で必要になります。

取引所の手数料の種類
  • 販売所のスプレッド
  • 取引所の取引手数料
  • 出金手数料

この記事で、例に出しているコインチェックの場合では、以下のとおりです。

種類手数料
販売所スプレッド
(レートはタイミングにより異なる)
取引所無料
出金手数料407円

コインチェック利用者で手数料が気になる方は、手数料無料の取引所を利用するのがおすすめです。

ビットコインATMを利用する換金の手数料

ビットコインATMの種類などによって詳細なコストは異なりますが、基本的に換金レートが割高だったり、別途手数料が必要になってくるケースが多いです。

また、一般的な仮想通貨取引と比較しても換金レート・手数料などが割高になっていることが多いため注意が必要になっています。

ビットコインで買い物をした際の手数料

ビットコイン決済に対応しているケースや、デビット・プリペイドカードを用いた方法では、各方法・業者によって詳細が大きくことなります。

例えば、ビットコイン決済(アドレスをそのまま用いる場合)では、トランザクション手数料はもちろん、各仮想通貨取引所から送金を行う際に、別途手数料が必要なケースがあります。

デビット・プリペイドカードを用いたケースでは、一度どこかのタイミングで日本円へと換金されるためその際のレートがどのようなものなのか?で、コストが大きく異なってくると言えるでしょう。

ビットコインを換金するタイミングとは

これから、ビットコインを換金する際のタイミングについて解説していきます。

ビットコインを換金するか悩んでいる方は、参考にしてみてください。

仮想通貨の価格が上昇している場合

まず、はじめにあげられるビットコインを換金するタイミングは、ビットコインの価格が上昇している場合です。

ビットコインをはじめとした仮想通貨は非常にボラティリティが高く、価格が上昇していたとしても、その状況が長く続くとは限りません

長期保有などを前提としていない場合は、ある一定程度の価格へ上昇した場合は、換金するのがおすすめです。

他の仮想通貨に興味が出たとき

ビットコインは、仮想通貨のパイオニア的な存在であると言えますが、現在はイーサリアムやリップルなど、たくさんの仮想通貨が登場しています。

また、近年ではイーサリアムを中心したプラットフォーム型の仮想通貨の台頭により、ビットコイン離れが進むのでは?という見方もあります。

例えば、過去にForbesがビットコイン離れに関する報道も行っています。

このような点を総合的に考慮すると、ビットコイン以外の仮想通貨に興味が出た・分散させたくなったというのも、おすすめの換金タイミングです。

納税などを行う場合

仮想通貨の取引を行っており、課税タイミングに該当するような行為は行った場合は、1年間に1回納税のタイミングが来ます。

そのような際に、税金を収める原資として一部のビットコインを換金するというのも良いでしょう。

例えば、イーサリアムなど他の仮想通貨を保有しているものの、売却したくないといった際に、ビットコインを売却するのがおすすめです。

コインチェックでは、貸暗号資産というサービスを提供しており、ビットコインなどの仮想通貨をコインチェックに預けることで、リターンが得られます。

最大で年率5%のリターンを得られるため「一部換金せずに保有しているビットコインを放置している・・・」という方は、コインチェックでお得にビットコインを運用するのが良いです。

\ 1500円分のBTCもらえる /

ビットコインを換金するならコインチェックがおすすめ

ビットコインを換金するのは、どの取引所が良いのか?という点について、疑問を持った方も少なくないでしょう。

そんな方におすすめの取引所は、コインチェックです。

コインチェック 公式ページ
名称コインチェック(Coincheck)
銘柄数17通貨
手数料取引手数料無料(取引所)
公式サイトコインチェックの公式サイト

コインチェックは、仮想通貨の取り扱い銘柄が17通貨となっており、ビットコイン以外にも多種多様な仮想通貨を取引可能です。

また、コインチェックは国内の暗号資産取引アプリダウンロード数で3年連続No.1の実績を誇る取引所です。 ※対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

「ビットコインを換金して、他の仮想通貨を入手したい」という方には、最適でしょう。

また、取引所の取引手数料が無料のため「お得にビットコインを換金したい」という方にもおすすめです。

簡単な本人確認などを済ませて審査が完了すると、利用は最短1日からスタート可能です。

コインチェックについては以下の記事で詳しく解説しているので一緒に読んでみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

ビットコインの換金に関するQ&A

これから、ビットコインの換金に関するQ&Aを解説していきます。

ビットコインの換金に関する疑問を解決していきましょう。

確定申告は必要?

確定申告の必要性は発生した利益によって大きく異なります。

例えば、一般的なサラリーマンであれば本業の給与所得以外に20万円を超える収入があった場合に確定申告が必要になります。

そのため、ビットコインの換金によって20万円以上の利益が出た場合には確定申告が必要です。(給与所得以外の収入は仮想通貨のみを想定)

いくらから換金できるの?

いくらから換金できるのか?という点は、取引所によって非常に大きく異なります。

そのため一概には言えません。

手数料などが必要な取引所があることも考慮すると、数千円程度のビットコインがあったほうが安心でしょう。

一例ですが、コインチェックの販売所では、円換算で500円から取引可能です。

「少額のビットコインを換金したい」という方は、コインチェックでビットコインを換金しましょう。

\ 1500円分のBTCもらえる /

ビットコインを換金する方法まとめ

この記事では、ビットコインの換金について解説しました。

この記事のまとめ
  • ビットコインの換金は取引所で行うのが主流
  • 取引手数料やスプレッドなどでコストがかかることも
  • ビットコインを換金すると税金が発生することがある
  • コインチェックでは500円から換金可能
  • ビットコインを換金するならコインチェックがおすすめ

ビットコインの換金は、方法によって手数料やスプレッドなどが異なり、コストが変化するためできるだけ利益を残すためにもしっかりと検討しましょう。

「ビットコインをできるだけお得に換金したい」という方には、コインチェック最適です。

コインチェックの取引所なら取引手数料が無料のため、利益をできるだけ残した状態で、ビットコインを換金することができます。

コインチェックでお得にビットコインを換金しましょう。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる