コイントレードの口コミ・評判は?他サービスにはない特徴を解説

当サイトの運営ポリシー
コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。なお、InvestNaviでは、金融庁HPを参照し、金融庁の暗号資産交換業者登録一覧を紹介しております。また、ページにはプロモーションが含まれているものがあります。
監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

コイントレードは、ステーキングサービスが人気の仮想通貨販売所です。

コイントレードのステーキングは、「仮想通貨をほったらかしで増やしたい」「保有している仮想通貨を有効活用したい」という人に向いているサービスです。

ステーキングとは、保有中の仮想通貨をブロックチェーンネットワーク上に預けることで報酬を得る仕組みです。

ステーキングを活用することで、ほったらかしで報酬が得られるため、長期投資家に人気の運用手法です。

ステーキングサービスなら、対象通貨が多く、高利率で運用できるコイントレードの「コイントレードステーク」の利用を検討してみてください。

今回の記事では、コイントレードについて解説します。

この記事からわかること
  • コイントレードは、2021年に始まったばかりのサービス
  • 高利率で運用できるコイントレードステークは稼ぎやすい
  • 多くの仮想通貨銘柄がステーキングの対象となっている
  • コイントレードのステーキング総額は3億円超
  • コイントレードは、長期的に投資をしたい人に向いている
  • コイントレードは、国内で初めてヘデラ(HBAR)の取り扱いを開始した

仮想通貨の稼ぎ方は、売買による利益だけではありません。

仮想通貨に長期的に投資する場合は、預けるだけで報酬が得られるステーキングを利用して、保有している仮想通貨を有効活用してみましょう。

興味がある人は、コイントレードの公式サイトをチェックしてみてください。

\2,000円分のNEARもらえる!/

目次

コイントレードの概要

コイントレードTop
名称CoinTrade(コイントレード)
取り扱い通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
エイダコイン(ADA)
アイオーエスティー(IOST)
パレットトークン(PLT)
ポルカドット(DOT)
テゾス(XTZ)
アバランチ(AVAX)
ヘデラ(HBAR)
ポリゴン(MATIC)
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所)
最低注文数量0.0001 BTC
提供サービス仮想通貨販売所
ステーキング
公式サイトCoinTrade(コイントレード)の公式サイト

CoinTrade(コイントレード)とは、株式会社セレスの完全子会社である株式会社マーキュリーが運営する国内仮想通貨取引所です。

2021年3月にローンチされたばかりのプラットフォームであり、まだ歴史が浅い取引所です。

コイントレードとしての歴史は浅いとはいえ、親会社である株式会社セレスは、国内最大規模の仮想通貨取引所のbitbankを運営するビットバンク株式会社と2017年に資本業務提携契約を締結するなど、これまで仮想通貨・ブロックチェーン関連の事業に積極的に関わってきた歴史を持ちます。

コイントレードは、ステーキング」が強みであり、多くの仮想通貨のステーキングが高利率で利用できます。

ステーキングとは、自分が保有している仮想通貨をブロックチェーンのネットワーク上に預けておき、その期間に応じた報酬を得る運用方法です。

預けるだけで報酬が得られるステーキングに興味がある人は、スマホアプリで簡単に始められるコイントレードの利用を検討してみてください。

東証プライム上場企業グループである株式会社セレスが運営しており、また金融庁登録済み(※)の事業者ですので、初心者でも安心して仮想通貨投資を始められます。
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00025号

詳しくは、コイントレードの公式サイトをチェックしてみてください。

\2,000円分のNEARもらえる!/

コイントレードのメリット

コイントレードのメリットについて解説します。

コイントレードの強みは、ステーキングサービスにあります。

cointrade_stake_top-1024x456
コイントレードステーク

ステーキングとは、保有している仮想通貨を預けることでネットワークの運営に参加することです。

仮想通貨をブロックチェーンネットワーク上に預けることで、そのブロックチェーンネットワークの安定性や、セキュリティ強度の維持などに協力することができます。

つまり、ステーキングの仕組みは、預けておくだけで、そのブロックチェーンネットワークのデータ収集作業に貢献することができるため、その対価として報酬が発生するようになっているのです。

預けておくだけで利益が得られるため、保有中の仮想通貨を有効に活用できる運用方法ですが、現状、国内ではステーキングができる取引所はあまり多くありません。

コイントレードの「コイントレードステーク」では、以下の仮想通貨銘柄のステーキングサービスが利用可能です。

仮想通貨銘柄ティッカーシンボル最小想定年率最大想定年率
ポリゴン MATIC 1% 4.2%
パレットトークン PLT 10% 22%
ポルカドット DOT 5% 15%
テゾス XTZ 2% 5%
アイオーエスティー IOST 5% 11%
エイダコイン ADA 1% 4%
※2023年8月4日時点の利率です。
※年率はネットワークの状況に応じて変動します。

高利率で運用できる点、また、多くの銘柄がステーキングに対応している点において、他社に引けを取りません。

コイントレードのメリット
  • 高利率のステーキング
  • ステーキング対応銘柄が豊富

それぞれのメリットについて、具体的に解説していきます。

高利率のステーキング

コイントレードのステーキングの魅力のひとつは、その利率の高さです。

ステーキングする仮想通貨の種類によって年率は異なりますが、現在、アイオーエスティー(IOST)、ポルカドット(DOT)は最大想定年率10%超、パレットトークン(PLT)にいたっては、なんと20%超となっています。

各仮想通貨の詳しい想定年率は以下となっています。

仮想通貨銘柄30日間プラン60日間プラン90日間プラン【VIPプラン】
120日プラン
アイオーエスティー(IOST)5.0%~8.0%6.5%~9.5%8.0%~11.0%
ポルカドット(DOT)5.0%~7.7%6.5%~9.5%8.0%~11.0%15.0%
パレットトークン(PLT)10.0%~16.0%12.0%~18.0%14.0%~20.0%22.0%
※2023年8月4日時点の利率です。
※年率はネットワークの状況に応じて変動します。

同じプランでも、ステーキングする数量(預け入れる金額)などの条件により利率は変動し、ステーキングする数量が大きいほど高利率となります。

また、一定数量以上を預け入れると、高利率のVIPプランも利用できるようになり、120日のステーキングも可能になります。
※たとえば、最大年率であるパレットトークン(PLT)のVIPプランを利用するには、最小で25,000PLTの数量をステーキングする必要があります。

想定年率の高い銘柄を選び、また、なるべく長く、多くの数量をステーキングすることで、効率良く利益を得てみましょう。

\2,000円分のNEARもらえる!/

ステーキング対応銘柄が豊富

コイントレードでは、現在、6種類もの仮想通貨がステーキングに対応しています。

コイントレードのステーキング対応通貨数を他社サービスと比較すると、同じくステーキング対応銘柄数の多いGMOコインとほぼ同等の銘柄数であり、比較的高水準となっていることが分かります。

取引所ステーキング対応銘柄数ステーキング対応仮想通貨詳細
コイントレード6銘柄ポリゴン(MATIC)
パレットトークン(PLT)
ポルカドット(DOT)
テゾス(XTZ)
アイオーエスティー(IOST)
エイダコイン(ADA)
コイントレードの公式サイト
GMOコイン7銘柄コスモス(ATOM)
ポルカドット(DOT)
シンボル(XYM)
テゾス(XTZ)
クアンタム(QTUM)
エイダコイン(ADA)
アスター(ASTR)
GMOコインの公式サイト
BITPOINT2銘柄イーサリアム(ETH)
エイダコイン(ADA)
BITPOINTの公式サイト
※2023年8月4日時点

多くの銘柄でステーキングが可能なコイントレードなら、保有している多くの通貨をステーキングに活用できるため、利益が出しやすいでしょう。

なお、コイントレード公式エックス(旧ツイッター)の投稿によると、近いうちにもう1銘柄がステーキング対象に追加される予定とのことです。

CoinTradeで取り扱う暗号資産の情報をお届けします🫶
今回ご紹介するのは『HBAR(ヘデラ)』です❕
日本国内で取り扱いがあるのは、CoinTradeだけ🥰
近日中にステーキングサービスもリリース予定です(´nωn`)✨

X

コイントレードのステーキングを利用することで、複数銘柄に投資をしてリスクを分散しつつ、投資先の仮想通貨の保有期間を有効活用できます。

ステーキング対応銘柄数が多く、高水準の利率を誇るコイントレードの「コイントレードステーク」。

人気のサービスですので、すでにコイントレードのステーキング総額は3億円を突破しています。

スマホアプリからの簡単な申込みで、誰でもコイントレードステークに参加が可能です。

興味がある人は、この機会にコイントレードの公式サイトをチェックしてみましょう。

\2,000円分のNEARもらえる!/

コイントレードのデメリット

魅力的なステーキングサービスを展開するコイントレードですが、以下のようなデメリットもあります。

コイントレードのデメリット
  • 販売所形式の取引のみ
  • ステーキング中の仮想通貨は売却や送金ができない

それぞれのデメリットについて、具体的に見てみましょう。

販売所形式の取引のみ

コイントレード公式サイトの記載によると、コイントレードで利用できるのは販売所形式の取引のみであり、取引所形式の取引には対応していません。

どちらの形式でも仮想通貨の取引は可能ですが、販売所と取引所では仮想通貨を取引する相手が異なります。

  • 販売所形式

販売所形式では、ユーザーは販売会社との間で仮想通貨を取引します。

販売会社が提示する価格にて取引を行い、すぐに売買が成立するという特徴があります。

  • 取引所形式

一方、取引所形式では、ユーザー同士で仮想通貨の取引が行われます。

ほかのトレーダーを相手に取引を行うため、なかなか売買が成立しない場合もありますが、販売所形式と比較するとお得な価格で取引が成立する傾向があります。

現在、コイントレードは取引所形式には対応していないため、取引所形式にて取引がしたい人には適していません。

取引所形式での取引を行いたい方は、DMM Bitcoinの利用を検討してみてください。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

ステーキング中の仮想通貨は売却や送金ができない

コイントレードの大きな強みはステーキングサービスにありますが、ステーキング中の仮想通貨を売却・送金することができない点には注意が必要です。

ステーキング期間中に価格が下落し、損切りをしたくなった場合や、反対に価格が上昇し、利益を確定したくなった場合などでも、運用を中断することができません。

コイントレードステークでは、運用期間中の売却・送金ができないというリスクを負う代わりに、高利率でのステーキングが可能です。

価格の変動にかかわらず長期的に保有したい銘柄、しばらく売却する予定が無い銘柄のみ、ステーキングを利用するようにしましょう。

なお、国内取引所でステーキングが利用可能なGMOコインBITPOINTでは、ステーキング期間中の売却・送金は可能となっています。

利率の高さという点においてはコイントレードステークに軍配が上がりますが、ステーキング期間中に売却・送金を制限されたくない人は、他社サービスの利用も検討してみてください。

コイントレードに興味がある人は、これらのデメリットについても理解したうえで、利用を検討しましょう。

\2,000円分のNEARもらえる!/

コイントレードの口コミ・評判

コイントレードの口コミ・評判を紹介します。

コイントレードに興味がある人は、実際のユーザーの声を参考にして、利用を検討してみてください。

Symbol/#XYM の取り扱いまだかなぁ~~~~🤤✨コイントレードさんでステーキングしてみたいなぁ~~~~~🤤✨✨

X

ステーキングを目当てにコイントレードを選ぶユーザーも多いようです。

多くの銘柄がステーキングに対応しているコイントレードですが、現時点で、現物取引・ステーキングのいずれにもコイントレードではシンボル(XYM)の取り扱いはありませんので、今後に期待しましょう。

ただコイントレードのお問い合わせサポートはすごかった
2回ほど問い合わせして両方10分もかからずに返信があったから、サポートは充実してるなーと( ◜௰◝ )

X

サポート体制も重要なポイントです。

お問い合わせへの返信が素早い点から、サポート体制が充実していることがうかがえます。

不安なことやよく分からないことがあっても、コイントレードならすぐに解決できそうです。

初めての仮想通貨投資で不安な方なら、サポートが手厚いコイントレードの利用を検討してみてください。

詳しくは、コイントレードの公式サイトをチェックしてみましょう。

\2,000円分のNEARもらえる!/

コイントレードがおすすめな方

コイントレードは、以下のような方に向いていると考えられます。

コイントレードに向いている方
  • ステーキングを利用したい方
  • 仮想通貨ヘデラ(HBAR)の取引がしたい方

こういった方がコイントレードに向いている理由とあわせて、詳しく見てみましょう。

ステーキングを利用したい方

ステーキングを利用したい方は、コイントレードの利用を検討しましょう。

コイントレードでは、多くの銘柄がステーキングの対象となっており、また、高利率での運用が可能です。

長期間保有する予定の仮想通貨は、コイントレードのステーキングを活用して効率的に稼ぎましょう。

多数の銘柄がステーキング対象となっているので、複数銘柄に分散して投資をすることでリスクを抑え、さらにその保有期間中はステーキングを活用すると良いでしょう。

コイントレードなら、分散投資でリスクを抑えながら、ほったらかしで仮想通貨を増やすことができます。

ただし、運用期間中の売却・送金ができないため、価格変動リスクがある点には注意が必要です。

仮想通貨ヘデラ(HBAR)の取引がしたい方

仮想通貨ヘデラ(HBAR)を取引したい人には、コイントレードが向いています。

ヘデラとは、安価な手数料と公正なトランザクションが特徴的な仮想通貨です。

誰でも手軽に分散型アプリケーション(DApps)を開発できるようにするために生まれたプラットフォームであり、これまでのブロックチェーン技術における、手数料の高さや処理速度といった問題を解決できるシステムとして期待されています。

これまでは、ヘデラを取引する際は海外取引所を利用する必要がありましたが、2023年3月、コイントレードは、国内で初めてヘデラの取り扱いを開始しました。

cointrade_hedera国内初の取り扱い
コイントレード公式サイト – お知らせ

これにより、日本円で直接ヘデラを購入・売却ができるようになり、今までより手軽にヘデラの取引が可能になりました。

2023年8月時点では、国内でヘデラを取り扱っているのはコイントレードのみです。

ヘデラを取引したい人は、日本円で手軽にヘデラの取引ができるコイントレードを利用すると良いでしょう。

\2,000円分のNEARもらえる!/

コイントレードがおすすめできない方

コイントレードは、以下のような方にはあまり向いていないサービスと考えられます。

コイントレードがおすすめできない方
  • 短期トレードがしたい方
  • 運営歴の長いサービスを利用したい方

おすすめできない理由についても解説していきます。

短期トレードがしたい方

コイントレードは、基本的には長期投資家に適したサービスとなっています。

コイントレードでは販売所形式での取引のみを扱っており、取引所形式での取引には対応していません。

短期投資がしたい人には、販売所形式よりも取引所形式での取引が向いています。

ユーザー同士で取引が行われる取引所形式の場合、販売所形式よりもコストが抑えられる傾向があり、取引回数が多い方に適しています。

短期投資で何度も売買を繰り返す予定の方は、取引所形式で取引できるサービスの利用を検討しましょう。

運営歴の長いサービスを利用したい方

コイントレードは2021年に開始したばかりの、まだ歴史の浅いサービスです。

また、ステーキングサービスにいたっては、先日1年を経過したばかりです。

2023年7月28日のコイントレード公式エックス(旧ツイッター)にて、1年経過の報告がされています。

CoinTradeがステーキングサービスをリリースして本日で1年となります🎂
ご利用いただいている皆様いつも本当にありがとうございます( т৹т )✨
今後もよりよいサービスをご提供できるよう努めて参りますので、よろしくお願いいたします❕

X

運営歴の短いサービスの利用に不安を感じる方には、コイントレードは向いていません。

長く運営されてきた実績のあるサービスを利用したい人は、他社サービスの利用も検討してみましょう。

国内仮想通貨取引所コインチェックなら、短期投資家や、運営歴の長いサービスを利用したい人にも向いています。

コインチェックは、2014年8月にサービスを開始し、これまで長く運営されてきました。

また、コインチェックでは販売所だけでなく取引所も取り扱っているため、短期投資をしたい方も安心して利用できます。

ぜひ、コインチェックの公式サイトをチェックしてみてください。

国内最大級の暗号資産取引所/

コイントレードまとめ

今回の記事では、コイントレードについて解説しました。

この記事のまとめ
  • コイントレードの強みはステーキング
  • コイントレードステークでは、最大で想定年利20%超の運用も期待できる
  • 複数銘柄でステーキングを利用すると、リスク分散に効果的
  • アプリから簡単にコイントレードステークに参加可能
  • コイントレードは、短期トレードがしたい人には向いていない
  • コイントレードでは、販売所形式の取引にのみ対応している

コイントレードは、まだ歴史の浅いサービスでありながら、すでにステーキング総額は3億円を突破した実績を持っています。

高利率でステーキングできるコイントレードで、保有している仮想通貨を有効活用しましょう。

ステーキング対象銘柄の多いコイントレードなら、複数の銘柄を運用することで、リスクを抑えながら効率的な運用が可能です。

この機会に、コイントレードの公式サイトをチェックしてみてください。

\2,000円分のNEARもらえる!/

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

目次