【初心者向け】ビットコイン/仮想通貨投資の始め方・やり方を解説

仮想通貨の始め方

仮想通貨で億万長者が続出し「億り人」が一時期話題になりました。

そのため、仮想通貨に手を出してみたいという方が非常に多いですよね。

しかし、仮想通貨、特にビットコインがどんなものなのか、どこで購入できるのかわからないという方も多いはず。

そのような疑問を持つビットコイン初心者の方に、ビットコインとはなんなのか、ビットコインの始め方、仮想通貨投資をするときの注意点、おすすめの仮想通貨取引所をわかりやすく解説していきます。

記事をまとめると…
  • ビットコインは仮想通貨の基軸通貨
  • 仮想通貨で投資ができ、資産を大きく増やせる可能性!?
  • まずは、仮想通貨の仕組みや取引時方法を知ってみよう
  • 初心者の方はコインチェックを利用すると、簡単に購入可能
  • 今すぐ口座開設をして、仮想通貨投資を始めよう!

仮想通貨投資を始めたいという方は、まずビットコイン(BTC)から購入してみるようにしましょう。

ビットコインの仕組みや成り立ち、現在までの価格を理解することで仮想通貨全体を理解することが可能です。

購入にはコインチェック(Coincheck)と言われる大手国内取引所で可能ですので、是非下記から無料で口座開設をしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

ビットコイン(BTC)や仮想通貨とは?

まず初めにビットコインや仮想通貨の概要について解説していきます。

投資を始める前にこちらのポイントを理解しておきましょう。

仮想通貨について解説

仮想通貨とはブロックチェーン技術を使用されて作られた通貨の総称です。

それに対して普段私たちが使用しているお金のことを区別して法定通貨と呼びます。

仮想通貨の特徴として以下の点が挙げられます。

特徴
  • 国家や銀行など通貨の発行母体を持たない(例外あり)
  • 通貨の価格が大きく変動する
  • プラットフォーム上で使用されることを目的とした通貨が多い

仮想通貨は法定通貨と違い実物が存在しませんが、デジタル上に保管され金銭的な価値を保有しています。

多くの仮想通貨は国家や銀行などの通貨の発行母体を持たず、非中央集権で運営されているのが特徴です。

仮想通貨取引所にて毎日取引されているため、価格が大きく変動し日によって通貨の価値が変わっているものが多いです。

また、最終的には通貨ごとに決められたプロジェクトに使用されることを目的としており、ホワイトペーパーにて通貨の開発者やプロジェクトの概要を理解することができます。

ビットコイン(BTC)について解説

ビットコインは仮想通貨の一種で、仮想通貨の中でも基軸通貨として最も多く取引されている通貨で、通貨単位は「BTC」です。

ちなみにビットコイン以外の仮想通貨のことを総称してアルトコインといいます。

2008年10月に「Satoshi Nakamoto(サトシナカモト)」名義で「国や銀行が管理しない分散管理型の仮想通貨(=ビットコイン)」について書かれた論文がネットに掲載されました。

そして、世界で初めての仮想通貨「ビットコイン」が作られ取引されたのです。

ビットコインは2,100万枚を上限に発行されています。

その理由は、ビットコインは法定通貨のように中央組織によって管理されていないからです。

法定通貨は中央組織によって発行枚数が管理されて、その通貨の価値が維持されています。

ビットコイン 中央管理者

それに対してビットコインは管理者が不在なため、枚数も決められていないと、無制限で発行されることになり、市場でビットコインが余り、価値が低くなってしまうのです。

そうならないように発行枚数に上限を決めることで、ビットコインの価値を維持することができます。

ビットコイン(BTC)の始め方①:仮想通貨取引所に口座を開設しよう

それでは実際に仮想通貨投資を始める方法について解説をしていきます。

この通り行って頂ければ、誰でも仮想通貨を購入できますので、是非参考にしてみてください。

Coincheck(コインチェック)の公式サイトへアクセスする

ビットコインを購入するには仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。

ここでは初心者の方におすすめなコインチェックでの口座を開設する手順をご紹介します。

まず、コインチェックの公式サイトにアクセスして「新規登録」をクリックします。

コインチェックの公式サイト

メールアドレスとパスワードを入力して、「私はロボットではありません」にチェックをいれ、新規登録をします。

このとき、メールアドレスを携帯のメールアドレスにしてしまうと、迷惑メールフィルタで届かない可能性があるので、フリーメールか、パソコンのメールアドレスにすることをおすすめします。

コインチェックのメール認証

登録したメールアドレスにURLが書かれた確認メールが届きますので、URLにアクセスしたら、アカウント作成完了です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Coincheck(コインチェック)へ個人情報を入力する

コインチェック認証

「本人確認」を選ぶと、個人情報の確認と本人確認書類の提出の前に電話番号認証がありますので、携帯番号を入力ししてSMSを送信して、届いたSMSに書かれた数字を入力し、電話番号を認証します。

コインチェックの個人情報をチェックする

電話番号認証が終わったら、個人情報を入力します。居住国や国籍、氏名、性別、生年月日、住所などを入力します。

ちなみに、コインチェックのスマートフォンアプリをダウンロードすれば、本人確認から審査まで簡単にできて、コインチェックから本人確認書類が届く前に仮想通貨を購入することができるためアプリの利用がおすすめです。

Coincheck(コインチェック)に本人確認書類を提出する

コインチェックの本人確認

個人情報を入力したら、次に本人確認書類をアップロードします。アップロード可能な書類は以下になります。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

顔写真付きのものが本人確認書類になります。

ただし上記のものでも記載されている住所と現住所が異なる場合は補助書類が必要になりますので、注意してください。

※必ず本人確認書類と自分が一緒に写ったセルフィーを提出する必要がありますのでご注意ください。

※また、ここまでの手続きを必ず口座開設した当日中に行ってください。

Coincheck(コインチェック)から住所確認書類を受け取る

本人確認書類の提出後、コインチェックが本人確認書類の確認を行います(1~2営業日)。書類の確認が完了すると、登録したメールアドレスに「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが登録した住所に届けられます。

このハガキが届けば、取引ができるようになります。

※アプリで本人確認している場合は届く前から取引可能

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビットコイン(BTC)の始め方②:仮想通貨取引所へ入金して購入しよう

それでは次に仮想通貨取引所への入金方法を解説します。

実際に自分の口座ができましたら、入金してみてください。

取引所へお金を入金しよう

無事に本人確認が終わったら、取引所にお金を入金します。

入金方法は取引所ごとに異なりますが、「銀行振込」と「コンビニ振込」がほとんどです。

銀行振込の場合

銀行振込はマイページの「日本円を入金する」をクリックして、銀行振込を選択します。

銀行振込

振込先が表示されたら指定の口座に振り込みましょう。

この時、アカウントに登録した個人情報と振込名義人が異なると、入金しても反映されません。

また、振込のときにかかる振込手数料は自己負担になりますが、仮想通貨取引所の指定口座に合わせて銀行を選ぶと、振込手数料が無料になる場合があります。

ちなみに住信SBIネット銀行を指定口座にしている仮想通貨取引所が多いため、住信SBIネット銀行の口座は持っておくと便利です。

コンビニ払いの場合

コインチェック入金

「日本円を入金する」のページで銀行振込の横にある「コンビニ入金」を選択します。

次のページで入金額を入力して、振り込むコンビニを選択します。

選択後、受付番号が表示されたら、レジで提示をして支払いをしましょう。

購入したい仮想通貨を選択して購入しよう

仮想通貨は取引所(現物取引)で購入する方法と販売所で購入する方法があります。

販売形式ごとの購入方法は以下になります。

取引所の場合

コインチェックの取引所

仮想通貨取引所のマイページから購入できます。現物取引できるのはビットコインと、運営が決めたアルトコインのみです。

注文板を見ながら、チャートと注文量を入力し、「買い」を押して購入します。

買い注文を出したら、注文履歴に載り、その金額で他のユーザーが売却したら確定となります。

販売所の場合

仮想通貨販売所

メニューの「販売所」を選択すると、取扱銘柄が表示されます。

その中から購入したい仮想通貨を選択して、数量を入力して購入しましょう。

取引所では扱っていない仮想通貨も販売所では購入ができるのでおすすめの方法です。

コインチェックでは合計16種類の仮想通貨を取り扱っていますので、様々な通貨に投資を行うことが可能です。

これから投資を行う方は、仮想通貨やビットコイン購入方法をよく調べてみてください。

ビットコイン(BTC)の始め方③:仮想通貨を始める前の注意点

次に仮想通貨投資を行うさいの注意点を解説します。

どれも重要なことですので、投資をする前に確認しておいてください。

ボラティリティに注意して投資を行おう

ボラティリティとは金融用語で価格変動率の大きさのことを言います。

仮想通貨は他の投資に比べると価格変動が起こりやすいです。

ボラティリティが大きい方が、価格が高騰する可能性が高いため、大きな利益を得られる可能性がありますが、その分価格が大きく下落してしまう可能性もあります。

購入したタイミングによっては大損してしまう危険もあるため、ボラティリティに注意しながら、仮想通貨投資を始めましょう。

なるべく有名な取引所を利用しよう

日本では国が認可していないと仮想通貨取引所の運営をすることができません。

そのため、ほとんどの仮想通貨取引所は認可されているので安心なのですが、中には「申請中」で無認可の取引所がある可能性もありますので、できるだけ有名な取引所を利用しましょう。

このInvest Naviで紹介している仮想通貨取引所は全て金融庁からの認可を取っているので、安全に利用することが可能です。

思わぬトラブルに巻き込まれないようにするためにも、なるべく安心な仮想通貨取引所を利用してください。

聞いたことがない取引所を利用するという方は金融庁の暗号資産登録業者を確認して、登録してあるのかを必ず確認しましょう。

少額から投資を始めるようにしていこう

仮想通貨投資は価格変動が大きいため、いきなり大金を使ってしまうと、大損して破産してしまうリスクがあります。

初めての方は失敗しないように少額から投資を始めることをおすすめします。

また、全財産すべて使うのではなく、生活費以外の余剰分で取引を行うようにすると、生活レベルを下げずに投資を行うことができるでしょう。

これから投資を行う人に最適な投資法は「ドルコスト平均法」です。

ドルコスト平均法とは…
毎月一定の金額で投資を行うことによって、投資のリスクを下げる投資法

例えば、100万円の資金がある場合でも初月から100万円を全て仮想通貨に変えてしまうのはリスクが高くなります。

次の月に価格が20%下がった場合、資金は一気に80万円にまで落ちてしまうことになりますので。

それを防ぐためにドルコスト平均法を使い、投資資金の10%〜20%ずつ毎月投資を行います。

この投資法によって、価格が下がった月に多くの通貨を購入できますので、通貨の平均購入価格を下げることができるのです。

これは初心者にもおすすめの投資法ですので、是非試してみてください。

レバレッジ取引は慣れてから始めるようにしよう

レバレッジ取引とは証拠金取引で株取引などでもよく行われている取引方法です。

証拠金を運営の口座に預け入れて、それを担保に証拠金の何倍もの金額で仮想通貨を購入できる方法になります。

レバレッジ取引

例えば、5万円の証拠金があり、レバレッジ倍率を4倍に設定したとします。

このとき、20万円分の仮想通貨を購入することができ、資金効率を大幅に上げることができるのがレバレッジです。

もちろん、価格上昇が起こった時に売却すると、レバレッジで掛けた分の利益を得ることが可能です。

つまり、少ない資金で大きな利益を狙えるのがレバレッジの特徴となります。

その反面、もし価格が下がってしまうと自分の資金も失ってしまいますのでレバレッジ取引は慣れてから行うようにしていきましょう。

ビットコイン(BTC)の始め方④:色々な投資方法を勉強しよう

仮想通貨投資に慣れてきたら、次のステップに進んでみましょう。

これから始めるにあたって役に立つ情報をまとめました。

アルトコインの購入を検討する

仮想通貨はビットコインだけでなく、仮想通貨にはアルトコインと呼ばれる通貨もあります。

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。

特徴として、アルトコインはビットコインよりも1単位の金額が安いため、かなり購入がしやすいです。

アルトコインの中には、ビットコインと同じくらい値上がりが期待できる通貨もあるため、少ない金額の投資からも大きなリターンを得られる可能性があります。

これがアルトコイン投資の大きな魅力ですね。

実際に価格が20倍になったケースもありますので、投資案件として非常に可能性を秘めております。

アルトコインのおすすめランキングでは最新の情報をまとめて初心者でも簡単に投資が始められるように解説していますので是非読んでみてください。

ちなみにコインチェックではビットコインや他のアルトコインを含めて16種類も取り扱っているので、色々な通貨に投資をしたいという方におすすめできます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

利益が出たら売却してみる

仮想通貨投資を始める方の多くは「投資のリターン」を期待して始めていると思います。

そのため、目標の利益額に到達したら売却して、利益を確定してみましょう。

仮想通貨投資は非常に価格変動が激しいため、投資を行った翌日には価格が2倍になるというケースもあります。

その場合、「もっと価格が上がるのではないか」と期待して、いつまでも利確できない人が多いです。

利確をせずに放置していると価格が下がり、本来得られた利益よりも少ない金額で決済することになりますので注意が必要です。

まずは投資をする前に目標を決めて、目標に到達したら利確して仮想通貨投資でリターンを得てみましょう。

ビットコイン(BTC)/仮想通貨投資を始めるメリット

それでは次にビットコイン(BTC)投資を始めるメリットを解説していきます。

これから投資をしたいという方は参考にしてみてください。

将来市場が大きく成長する可能性がある

仮想通貨市場、特にビットコインは投資の1つとして注目されていますが、決済や送金の手段として、大手企業も注目しています。

そのため、国内でも大手証券グループのマネックスやDMM、GMOインターネットが暗号資産市場に参入しています。

世界中の大手企業が仮想通貨を決済の手段として採用したり、注目するなど、非常に伸びしろがあるため、今後大きく成長する可能性があるのです。

引用元:Trading View提供のチャート

上記はビットコインの価格チャート(2021年2月まで)を表した図です。

2016年から2021年にかけて価格が大きく成長しているということが見て取れます。

このように、世界中の関心が高まり市場として現在も大きく伸びているので、非常に将来の市場も大きく期待できるというわけですね。

ブロックチェーンに対する理解を深めることができる

仮想通貨の技術の1つであるブロックチェーンが特に注目されており、仮想通貨だけでなく、このブロックチェーンがさまざまな技術に応用されれば、さらに仮想通貨の価値は上がり、市場が成長するとみられています。

ブロックチェーン
ブロックチェーンとは
  • 分散型台帳で監視を行い、取引を管理する仕組みでセキュリティが非常に高い
  • データ改ざんが事実上不可能と言われており、で安全性が高い仕組み

このブロックチェーンを使った「スマートコントラクト(契約の自動化)」は不動産の賃貸契約で利用されているだけでなく、世界の大手銀行でもブロックチェーンを活用したコスト削減を進められています。

ブロックチェーンは今後最も期待されるセキュリティ技術に1つであるため、それを理解するためにも仮想通貨投資をしておく価値があります。

少額から投資を始めることができる

1BTCの価格が350万(2021年1月)と出ているため、初心者が手が出しにくいと思っている人も多いと思いますが、ビットコイン投資は少額から始めることができます。

ビットコインの購入は「1BTC」からではなく、「0.001BTC」からなどと購入することができるため、数百円、数千円から始めることができます。

大手取引所のコインチェックなら500円から購入可能

価格が高くて購入できないと思っていた方にとって、500円や1000円から購入できるのは非常に有難いですよね。

特にビットコイン以外のアルトコインは価格がまだ上がっていないものもあるため、安いものでは数円から購入ができるのです。

仮想通貨の市場価値ランキングのトップ100位を意識して投資をすると、将来価格が大きく伸びている可能性もあります。

仮想通貨投資は現在において注目されている投資分野ですので、まだ始めていない方は今日から始めてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビットコイン(BTC)投資を始める初心者におすすめな仮想通貨取引所

それでは、これから投資を始めるにあたっておすすめできる仮想通貨取引所をまとめました。

また、仮想通貨取引所のおすすめ比較ランキングにて、詳しい比較情報を解説していますので是非確認してみてください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェックの公式サイト
名称CoinCheck(コインチェック)
公式サイトCoinCheck(コインチェック)の公式サイト
取り扱い通貨数16通貨
最低取引額500円
提供サービス仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
CoinCheckつみたて
貸仮想通貨サービス

コインチェックは東証一部上場企業であるマネックスグループが親会社になっている取引所で、セキュリティの高さと、公式ページとスマートフォンアプリの使いやすさに定評があります。

また、コインチェックは国内にある仮想通貨取引所の中で最も多い16種類も扱っており、さまざまな仮想通貨取引ができます。

さらに貸し仮想通貨サービスやCoinCheckつみたてなど仮想通貨を増やせるサービスを提供しており、コツコツと仮想通貨を貯めたい方に人気があるサービスです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin(ビットコイン)

dmmbitcoin-DMMビットコイン
名称DMM Bitcoin(ビットコイン)
公式サイトDMM Bitcoin(ビットコイン)の公式サイト
暗号資産数11種類
最低取引額0.001BTC
提供サービス暗号資産販売所
暗号資産取引所

レバレッジ取引を主に行っていきたい方はDMMビットコインが一番おすすめです。数多くの事業を行っているDMM.comグループが運営しているため、セキュリティの高さには定評があります。

また、スマホアプリでの取引が非常に快適で、スマホがあればレバレッジ取引ができるのです。

さらにコールドウォレットで暗号資産が保管されているため、ハッキングされにくく安心して利用できます。

そして、レバレッジ取引はビットコインだけでなくアルトコインも対応しているため、アルトコインのレバレッジ取引をしたい方に特におすすめです。

より詳しくDMM Bitcoinについて知りたい方は、DMM Bitcoinの公式ページもしくはDMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の評判や口コミを確認してみてください。

今なら口座開設で1000円がもらえるキャンペーンを実施しているので、是非この機会に開設してみましょう。

DMMのキャンペーン

\ 口座開設で2,000円がもらえる! /

GMOコイン

GMOコイン トップページ
名称GMOコイン
公式サイトGMOコイン公式サイト
取り扱い通貨数12種類
最低取引額0.0001BTC
提供サービス仮想通貨販売所
仮想通貨取引所

次に紹介するのはオリコンの顧客満足度でNo.1になったGMOコインです。

GMOグループが運営する仮想通貨取引所で、今までにハッキング被害に合ったことがない強固なセキュリティが特徴です。

取り扱い通貨も12種類と豊富に用意されていながら、アルトコインのレバレッジ取引も可能です。

先日コインチェックに上場されたOMGのレバレッジ取引ができるのは、GMOコインと他の取引所の大きな差別化点になります。

オリコンの顧客満足度1位にランクインしており、わかりやすいUIと安心した運営体制、多様なサービスが提供されています。

まだ口座を持っていないという方は、是非GMOコインの口座を開設してみてください。

詳しいスペックについてはGMOコインの公式サイトもしくはGMOコインの評判や口コミで確認可能です。

ビットコイン(BTC)/仮想通貨に関するよくある質問(Q&A)

それでは、仮想通貨に関するよくある質問をまとめていきます。

これから始める方は、こちらを合わせて参考にしてみてください。

初心者が仮想通貨投資を始めるのは危険ではないのですか?

仮想通貨取引所はアカウントを作成した本人でないと、入出金や取引を行うことができません。

本人確認を厳重に行っているからこそ、なりすまし等によるリスクを防いでいます。

また、以前はセキュリティが脆弱でハッキングという被害が多かった印象がありますが、現在は多くの取引所で強固なセキュリティを実施しているので安全です。

自分が保有している仮想通貨はコールドウォレットと言われるオフライン上に保管されるので、インターネット上の第三者からアクセスされる心配はありません。

しかし、海外ではセキュリティが安全ではない取引所もありますので、金融庁が認めた日本の取引所を利用していきましょう。

いくらから仮想通貨投資を始めることができますか?

仮想通貨取引所によって最低金額は異なりますが、500円ほどから始められるところが多いです。

1BTCの価格が300万円以上で取引されていると聞くと、そんな大金出せないと思うかもしれませんが、ビットコインは0.0001BTCなどのように指定できるため、少額でも購入できます。

仮想通貨投資は500円〜1000円で始められる

実際に1000円ほどから始めてみる人が多いので、試しに少ない金額から投資をしてみてください。

スマホからでも仮想通貨を始められますか?

仮想通貨取引所によってはスマートフォンアプリをリリースしていて、取引が簡単にできるところもあります。

特にコインチェックやbitFlyerはアプリの使いやすさに定評がありますので、まずは試してみるといいでしょう。

コインチェックのアプリ

直感的に操作ができるように設計されているため、投資をするのが初めてという方でも安心して使うことができますよ。

是非スマホから投資を始めてみてください。

仮想通貨を始めるために必要なものは何ですか?

仮想通貨を始めるために必要なものは、

  • パソコンもしくはスマホ
  • 本人確認書類
  • 銀行口座

です。

特にスマホは電話番号認証や、二段階認証を行うのに必須になります。

本人確認書類もしっかり用意して行うようにしましょう。

ビットコインの購入に手数料がかかりますか?

ビットコインの購入に手数料がかからないことが多いですが、販売所の場合、スプレッドに差があるため、取引所で購入するよりも割高になってしまいます。

ビットコインを購入するという場合には取引所で購入する方が手数料を抑えることが可能です。

また、ビットコインを購入するために日本円を入金するときに振込手数料がかかる場合があります。

ビットコインや仮想通貨の手数料を確認頂けると、詳しいスプレッドの仕組みや手数料について理解することができます。

ビットコイン(BTC)/仮想通貨投資の始め方まとめ

コインチェックの公式サイト

今回は仮想通貨投資の始め方について解説をさせて頂きました。

ビットコインや仮想通貨投資は数百円から取引ができるため、普通の株取引よりもハードルが低く、初心者の方でも始めやすいです。

しかし、価格変動が大きく、あまり大きな額から初めてしまうと、大損してしまう可能性がありますので、まずは少額から取引を始めることをおすすめします。

取引所はいくつもありますが、注文板が見やすく使いやすいコインチェックがまずはおすすめです。

口座開設は完全無料で5分ほどで終わりますので、今すぐ登録して始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる