仮想通貨Everdome(DOME)とは?特徴と今後の予想/見通しを解説[エバードーム]

DOME

Everdomeは、火星をモチーフとした最新のメタバースプロジェクトです。

Everdomeで使用するトークンの「DOME」は、2022年2月8日に海外取引所で上場したばかりの仮想通貨となっています。

この記事では、Everdomeの「特徴」や「今後の値動きの見通し」そして、Everdomeの買い方などをまとめています。

この記事の要点
  • Everdomeは火星をモチーフとした高グラフィックなメタバースプロジェクト
  • Everdomeのゲーム自体はまだ未完成で現在開発中
  • 多くの投資家から期待されている
  • Everdome(DOME)の価格は今後も上昇していく可能性が高い
  • Everdomeを購入するビットコインはDMMビットコインから購入できる

Everdome(DOME)を購入するためのビットコインは、取引手数料が無料のDMMビットコインから購入できます。※BitMatch取引手数料を除く

また、口座開設や口座維持手数料も無料です。

Everdome(DOME)に興味のある方は、一度DMMビットコインをチェックしてみてはいかがでしょうか。

新規口座開設で2,000円相当がプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

dmmビットコイン

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/8/1まで)

また、エバードームに関してはビッコレTVで非常にわかりやすく解説されていますので「エバードームについて動画でさくっと学んでみたい…!」と言う方はぜひチェックしてみてくださいね。

目次

仮想通貨Everdome(エバードーム)とは?

Everdome
引用:Everdome公式HP
通貨名Everdome
ティッカーシンボルDOME
現在の価格¥0.3435
時価総額不明
取扱取引所OKX
公式サイトhttps://everdome.io/
2023年1月現在

Everdome(エバードーム)とは、火星を拠点としたドーム型状の都市が舞台のメタバースプトジェクトのことです。

3Dスキャナーなどの最先端技術を利用して、Everdome(エバードーム)は現実世界に匹敵するほどのリアリティ求めたメタバースなる予定です。

Everdome上では、アバターを通じて友人と遊ぶことや、土地の売買や貸し出したりすることでお金を稼ぐことなどができます。

そんなEverdome(エバードーム)は、Web3.0やメタバース3.0の実現を目標にプロジェクトが始まりました。

このような背景から、Everdomeは非常に注目されてるメタバースプロジェクトのひとつとなっています。

2023年現在、Everdomeは開発中で遊ぶことはできませんが、Everdome内で発行されるトークンの「DOME」は海外取引所であるOKXから購入することができます。

仮想通貨Everdomeの特徴

ここでは、仮想通貨Everdomeの特徴について解説します。

Everdomeの特徴は全部で5つです。

Everdomeの特徴5つ
  • 質の高いメタバース
  • METAHEROとの関係
  • 遊ぶことで収益が生まれる
  • 開発チームが優秀
  • Unreal Engineが使われている

それでは、以上の特徴をそれぞれ解説していきます。

質の高いメタバース

Everdomeのもっとも重要な特徴はメタバースの質が高いということです。

ドットで作られたTHE Sandbox(サンドボックス)や、ポップな絵のDecentraland(ディセントラランド)とは違い現実世界に大変近いグラフィックのメタバースとなっています。

なぜ、このような現実世界に近いメタバースの作成が可能なのかというと、 メタバース内で利用するアイテムなどを3Dスキャナーで撮影してNFT化するからです。

Everdomeで使われる3Dスキャナーの技術は高いので、現実世界と遜色のないメタバース空間を生み出すことが可能となっています。

3Dスキャナーとは、現実世界にある立体物をデータ化する機械のことです。

METAHEROとの関係

Everdomeの3Dスキャナーは、METAHEROと同じ3Dスキャナーを利用しています。

METAHEROとは、3Dスキャナーを使って自分自身をNFT化するプロジェクトです。

つまり、自分自身をNFT化して、現実世界の自分と同じようなNFTを使ってメタバース空間で遊ぶことができます。

EverdomeのCEOであるRobert Gryn氏はMETAHEROのCEOでもあります。

そのため、METAHEROの3Dスキャナーを自由に利用し、Everdomeの開発に利用することが可能です。

遊ぶことで収益が生まれる

Everdomeは「Play to earn」のシステムを採用しています。

Play to earnとは、ゲームをプレイしながらお金を稼ぐシステムのことです。

Play to earnにもさまざまな収益の生み出し方がありますが、Everdomeの収益の出し方は以下の4つです。

Everdomeでの収益の出し方4つ
  • 保有している土地のNFTや建物のNFTを売却する
  • 保有している土地や建物を貸して得る賃貸報酬
  • 広告運用費用を得る
  • ステーキング

主にEverdome内にある土地のNFTや建物のNFTを売却したり、賃貸をおこなったりすることで収益を得ることができます。

また、自身の持っている土地や建物を企業の広告のために使うことでも収益を得ることが可能とされています。

Everdomeの収益の出し方は、他のメタバースプロジェクトであるのThe SandboxやDecentralandと同じような形ですが、臨場感はそれらより上なため、実際に所有している感覚がより強く持てるかもしれません。

開発チームが優秀

Everdome team
引用:Everdome公式HP

Everdomeは、仮想通貨やブロックチェーン技術のプロ集団が開発をしています。

Everdomeの中心人物は、CEOのRobert Gryn氏、COOのJeremy Lopez氏、CMOのBally Singh氏など中心となって開発が進められています。

なかでも、CEOのRobert Gryn氏は、ヨーロッパの大企業である「Codewise」の元CEOでMETAHIROのCEOでもあります。

そのため、Everdomeの今後の開発や成長に期待が持てるでしょう。

Unreal Engineが使われている

Everdomeの開発には、Unreal Engineが使用されています。

Unreal EngineとはアメリカのEpic Gamesが開発したソフトウェアで、PlayStation4やPlayStation5の高グラフィックなゲームを作成する時に使われています。

つまり、Everdomeのグラフィックは最新のゲームと同じまたは、それ以上のグラフィックを期待できるかもしれません。

Unreal Engineが使われているゲームの一例
  • フォートナイト・チャプター3
  • ファイナルファンタジーVII リメイク
  • 鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚
  • ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎

仮想通貨Everdomeの今後の見通し

ここでは、Everdomeの今後の見通しについて解説していきます。

解説する内容は以下の3つです。

Everdomeの今後の見通し
  • まだゲームは完成していない
  • 競合も多い
  • ロードマップが存在している

Everdomeのメタバース内で、利用するトークンのDOMEは取引所に上場して日が浅いです。

そのため、些細なことが原因で価格が乱高下する可能性も考えられます。

それでは、今後の見通しについてそれぞれ解説します。

まだゲームは完成していない

Everdomeの開発は、2021年第4四半期から始まったばかりでまだまだ初期段階です。

取引所への上場も2022年2月8日にしたばかりです。

ただし、Everdomeへの期待は高いので、順調に開発が進めば問題なくEverdomeの価格が上昇することも考えられます。

しかし、Everdomeの開発が中止になったり、開発途中に問題が起きたりした場合は価格が下落する可能性も出てきます。

現段階でEverdome(DOME)の購入を考えている場合は、市場の変化を見逃さないようにしましょう。

競合も多い

Facebookが社名をMetaに変えるなど、メタバースの分野は日々注目されています。

メタバースプロジェクトはEverdomeだけでなく、他にもさまざまなメタバースプロジェクトがあります。

メタバースプロジェクトの一例は以下の通りです。

Everdome以外のメタバースプロジェクトの一例
  • Decentraland
  • Enjin Network
  • THE Sandbox
  • DeHorizon
  • SIDUS HEROES

上記以外にもたくさんのメタバースプロジェクトがあります。

Everdomeが人気であり続けるためには、既存のメタバースプロジェクトや開発中のメタバースプロジェクトとの差別化が必要になります。

現在のところは、高グラフィックや火星でのメタバースプロジェクトという所で差別化されています。

今後、Everdomeよりも高グラフィックなメタバースプロジェクトや臨場感あるプロジェクトが出てきた場合はEverdome(DOME)の価格が低下していく可能性も出てきます。

ただし、Everdomeに変わるメタバースプロジェクトが出てこなかった場合は順調に価格が上昇していくと考えられます。

Everdomeに投資を行うにはまずはビットコインなどを用意する必要があります。

DMMビットコインではビットコインを簡単に入手することができるので公式サイトをチェックしてみるのも良いでしょう。

現在は新規アカウント作成で2,000円相当がプレゼントされるので、この機会に是非公式サイトを確認してみてください。

dmmビットコイン

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/8/1まで)

ロードマップが存在している

Everdome ロードマップ
引用:Everdome公式HP

Everdomeのプロジェクトは、1クォーターごとにやることが決まっているロードマップが存在します。

Everdome公式HPに記載されているロードマップには、2021年4Qと2022年1Qから4Qまでの予定が書いてあります。

Everdomeは未完成なので、このロードマップ通りに開発が進むことが価格上場には重要です。

もし、ロードマップのとおりに進まないとEverdomeの開発に不信感が募り、価格が下落する可能性もあります。

2023年1月現在は、ロードマップどおりにEverdomeの開発が進んでいるようですので問題ないでしょう。

仮想通貨Everdomeの今までの価格推移・動向

仮想通貨Everdomeの今までの価格推移・動向
引用:TradingView DOME/JPYのチャート

上記画像はTradingViewのEverdome(DOME)とUSDTチャートです。

上場したばかりの2月8日、DOMEの価格は0.11円でした。

そこから、2月17日に最高高値の10.94円まで価格が右肩上がりに上昇しています。

2月9日から2月17日までの価格は、上場による価格上昇だと考えられます。

2週間ほどでDOMEの価格が約100倍も上昇しているところから、Everdomeが非常に期待されているプロジェクトだとわかります。

そして、最高高値をつけた後は価格が徐々に下落しており、12月現在は¥0.3102ほどで取引されています。

仮想通貨Everdomeの入手方法

Everdome(DOME)は、残念ながら日本の取引所では取り扱っていません。

そのため、Everdome(DOME)を購入するのであれば、海外取引所で手に入れる必要があります。

Everdome(DOME)は以下の3つの手順で入手することができます。

Everdome(DOME)の入手するための3手順
  • 手順1 国内取引所でビットコインを購入する
  • 手順2 購入したビットコインを海外取引所へ送金する
  • 手順3 送金したビットコインでEverdome(DOME)を購入する

Everdome(DOME)を購入するビットコインは、DMMビットコインから取引手数料無料で購入することができます。

そのため、コストを抑えてEverdome(DOME)を購入することができます。

DMMビットコインの口座は無料で開設できるので、一度DMMビットコインの公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/8/1まで)

仮想通貨Everdomeのまとめ

この記事ではEverdomeの特徴や今後の値動きの見通しについてまとめました。

Everdomeは、今非常に注目されているメタバースプロジェクトのひとつです。

高グラフィックで新しいメタパースプロジェクトを体感してみたいという方は、ぜひこの記事を参考にEverdome(DOME)を購入してみてください。

最後にこの記事をまとめました。

Everdomeのまとめ
  • Everdomeは非常に期待の高いメタバースプロジェクト
  • DOMEは今後も価格が上昇する可能性がある
  • Everdomeは「Play to earn」のシステムでゲームをプレイしながら稼げる
  • 国内取引所はまだDOMEを取り扱っていない
  • DOMEを購入するためのビットコインはDMMビットコインで入手可能

Everdome(DOME)はまだ国内取引所に上場していません。

そのため、Everdome(DOME)を購入するには、ビットコインを海外取引所へ送金する必要があります。

海外取引所に送金するビットコインはDMMビットコインから入手可能です。

初心者でも簡単に操作できるので、一度下記のボタンから確認してみてはいかがでしょうか。

dmmビットコイン

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/8/1まで)

目次
閉じる