【最新】仮想通貨BONKとは?価格推移や今後の見通し・将来性/取引所での買い方を徹底解説

当サイトの運営ポリシー
コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。なお、InvestNaviでは、金融庁HPを参照し、金融庁の暗号資産交換業者登録一覧を紹介しております。また、ページにはプロモーションが含まれているものがあります。
監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

仮想通貨BONKはソラナ(SOL)チェーン初の犬コインです。

ソラナチェーンへの貢献を目的と掲げたコインで、上場以来トレーダーからの注目が集まっています。

今回の記事では、仮想通貨BONKの特徴や今後の見通し、入手方法などを詳しく解説していきます。

ミームコインや犬コインに興味のある方は、ぜひしっかりとチェックしておきましょう。

この記事でわかること
  • 仮想通貨BONKはソラナ(SOL)チェーンを基盤とする初の犬コイン
  • 上場から数日で大きく価格が上昇したことで話題に
  • 基盤となるソラナ(SOL)チェーンは処理速度の高さとガス代の安さが特徴
  • ミームコインであるためボラティリティ(価格変動率)の大きさには注意
  • 仮想通貨BONKは2024年5月現在国内取引所での取り扱いはなし
  • 国内取引所から仮想通貨を海外取引所に送金してBONKと交換する流れが一般的
  • GMOコインは手数料が安く初心者から経験者まで幅広いトレーダーに使いやすい取引所

GMOコインは、取引できる仮想通貨の種類が豊富でレバレッジ取引の取り扱い数は国内No.1を誇る仮想通貨取引所です。

口座開設手数料や仮想通貨の出金手数料、取引手数料などの各種手数料が無料となっており、手数料を気にせずに仮想通貨投資ができます。

ぜひこの機会に公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

目次

仮想通貨BONKとは?

bonk
名称BONK
チェーンソラナ
価格¥0.003796
時価総額¥242,311,094,148
時価総額ランキング57位
※2024年5月10日時点

仮想通貨BONKは、ソラナ(SOL)チェーンをベースとして発行される犬コインです。

2022年12月24日に発行され、2023年1月5日には上場から490倍以上にも価格が上昇したことで大きく話題を呼びました。

イーサリアムキラーとして知られるソラナチェーンは、非常に高い処理速度と低い手数料というメリットを持つブロックチェーンです。

BONKは、このソラナチェーン初のミームコインということもあり、投資家の注目が集まっています。

仮想通貨BONKは2024年現在、国内取引所には上場していません。

そのため、日本円から直接BONKを購入するのではなく、一度主要な仮想通貨を経由してから交換するのが一般的な手順です。

まずは国内取引所に口座開設することから始めてみましょう。

GMOコインは、仮想通貨投資の初心者でも簡単に口座開設・取引ができ、取引時のコスト負担も抑えられる取引所です。

ぜひこの機会に公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

仮想通貨BONKの特徴・仕組み

仮想通貨BONKの特徴・仕組みを確認しておきましょう。

仮想通貨BONKの特徴・仕組み
  • ソラナチェーンをベースとする犬コイン
  • SOLスマートフォンの購入者にエアドロップを実施
  • 総供給量の50%がソラナコミュニティにエアドロップ

ソラナチェーンをベースとする犬コイン

仮想通貨BONKは、ソラナチェーンを基盤とした犬コインの一種です。

犬コインとは、犬をモチーフとして作られた仮想通貨のことです。

BONKが生まれるきっかけとなったのは、2022年11月のFTX破綻とも言われています。

世界最大級のFTX(アラメダ・リサーチ)が破綻することで、同社が大量に保有していたSOL(ソラナ)にも大きな打撃が与えられました。

ソラナチェーン上のプロジェクトを支えるために誕生したのがBONKであり、特定の機関から脱却した中立なトークンということが強調されています。

また、ソラナチェーン上で犬コインが発行されるのは初めてでもあり、その点でも注目を集めているコインです。

なお、2023年後半に大きく価格が高騰したことで、BONKはドージコイン、柴犬コインに次ぐ3番目のミームコインとなっています。

SOLスマートフォン購入者にエアドロップを実施

仮想通貨BONKは2023年後半から価格が大きく高騰したことが話題になっています。

これは、ソラナモバイル(Solana Mobile)のスマートフォン「Saga」の売り上げによる影響です。

「Saga」の購入者には、3000万BONKが無料でエアドロップされるという試みが実施されており、2023年12月より売り上げが急増しました。

Sagaの売り上げは過去48時間で10倍を超えており、現在は新年までに完売する勢いだ

引用:ソラナスマートフォンの売上が急増──BONKエアドロップ狙い

同時期にはSOL価格の高騰も見られていますが、連動してBONKの価格も高騰した形です。

2023年12月のレート
3000万BONK:約877ドル、Sagaの本体価格:599ドル→購入すると278ドル分の利益が出ると話題に

3000万BONKは、スマートフォン「Saga」の本体価格を上回るレートであったことから人気が急増し、2023年12月には完売しました。

総供給量の50%がソラナコミュニティにエアドロップ

BONK-2

BONKでは、ソラナ(SOL)のコミュニティに総供給量の50%を還元する方針を示しています。

具体的な内訳は、ソラナのNFTコレクターに20%、初期のトレーダーに15%、ソラナエコアーティスト・コレクターに10%、ソラナデベロッパーに5%となっています。

加えて、残りの50%はOpenBookチームの開発に5%、マーケティングに5%、流動性の確保のために5%、BONK DAOに15%、初期貢献者に20%というように分けられます。

通貨発行上限は10兆枚となっており、帰属するコミュニティにしっかり貢献するという目的が確認できます。

BONKを手に入れるためには、まずは国内の取引所で主要な仮想通貨を入手しましょう。

GMOコインは、コストを抑えて取引しやすい仮想通貨取引所です。

ぜひこの機会に公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

仮想通貨BONKの価格推移

仮想通貨BONKの価格推移を確認しておきましょう。

以下は、上場以来の価格チャートです。

BONK価格動向
引用:Tradingview

2023年1月2日にエアドロップが実施されるとのニュースによって、BONKの価格は急上昇し始め、同年1月5日は高値となる0.0006円前後の価格をつけています。

2023年10月までの平均価格は、約0.0000001ドル台です。

引用:Tradingview

上チャートは2023年1月~10月までのチャートですが、右肩下がりの下落をしていた相場であったことが分かります。

BONK直近価格動向
引用:Tradingview

2023年10月~2024年5月現在までの価格を見ると、大きく上昇していることが分かります。

2024年1月にはビットコインの現物ETFが承認されましたが、2023年10月後半から承認期待が高まっていたこともあり、仮想通貨市場全体での上昇に連動しました。

2023年12月あたりは仮想通貨市場も高値で停滞しましたが、BONKの価格が停滞することなく大きく上昇していることが分かります。

これは、ソラナの分散型取引所(DEX)の取引量がトップになったことで起きたソラナの高騰が影響したものと考えられます。

また、SOL基盤スマートフォンでのエアドロップ実施の発表、BONKが海外の主要取引所で続々と上場されたことがきっかけです。

現在は約0.00024ドル台の高値圏を推移しています。

BONKを入手するためには、まずは国内仮想通貨取引所で口座を準備するところから始めましょう。

GMOコインは、「スマホでスピード本人確認」を利用すれば、口座開設申込後最短1時間で取引を開始できます。

すぐに取引を始めたいと考えている方も、ぜひこの機会に公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

価格通貨BONKの今後の見通し・将来性

仮想通貨BONKの今後の見通しや将来性についてポイントを押さえておきましょう。

重要なポイントは以下の3点です。

仮想通貨BONKの今後の見通し・将来性
  • ソラナプロジェクトとの統合による盛り上がりが期待
  • 仮想通貨BONKのバーンによる値上がり期待
  • ソラナモバイル「Saga 2(仮称)」の販売期待
  • 価格の急変動には注意が必要

ソラナプロジェクトとの統合による盛り上がりが期待

BONKの今後の見通しを考える上では、ソラナ(SOL)ブロックチェーンの盛り上がりが重要です。

BONKはソラナ初の犬コインということで、ソラナとの関係性が非常に深く、ソラナチェーンやソラナエコシステムへの注目が高まれば、自然とBONKの注目も高まります。

すでにソラナチェーンにおけるプロジェクトは400以上存在し、今後さらなるプロジェクトの展開や大企業との提携などが期待されます。

ソラナチェーンは他のブロックチェーンと比較して高い処理速度や安いコストというメリットを持つため、今後もプロジェクトに参加する企業は増加すると考えられるでしょう。

ソラナプロジェクトとの統合による盛り上がりが期待
引用:Tradingview

SOL(オレンジ線)とBONK(水色)の価格動向を見ると、変動幅には違いがあるものの相関性があることが分かります。

2023年後半から両通貨とも高騰していますが、今後もSOLの躍進するかどうかがBONK価格の鍵になってくるでしょう。

仮想通貨BONKのバーンによる値上がり期待

仮想通貨BONKの開発チームは、すでにチーム開発者の5%分のBONKをバーンしたことを明らかにしています。

仮想通貨のバーン(焼却)とは、仮想通貨の流通数を減らすということを意味します。

流通量が減るとその分だけ1コインあたりの価値が上昇するとみなされることから、価格は上がりやすくなります。

株式の場合の自社株買いに似た仕組みです。

バーンが必ずしも価格上昇につながるわけではありませんが、今後もBONKのバーンがあった場合は価格のポジティブ材料となるでしょう。

ソラナモバイル「Saga 2(仮称)」の販売期待

BONK直近の価格上昇には、特徴でも解説した通りソラナモバイルの「Saga」で購入者にBONKエアドロップが実施された事が影響しています。

しかし、エアドロップは「永久に続くわけではない」「いつかは終わりが来る」との懸念も示されています。

現に、BONKエアドロップにより話題となったSagaは、2023年12月に完売しました。

しかし、2024年1月にSolana Mobile(ソラナ・モバイル)は第二弾である「Saga2(仮称)」の販売を計画する旨が報道されています。

第二弾のスマートフォンにて、同様のエアドロップが実施されるかは明らかにされていません。

しかし、もしもBONK関連のサービスを実施するとの報道があれば、再度BONK価格の高騰を招く可能性もあります。

価格の急変動には注意が必要

BONKは犬コインということもあり、他の主要な仮想通貨に比べてボラティリティが高いという特徴を持ちます。

現に2024年5月現在も、急激な価格高騰を見せていますが、仮想通貨市場では急騰後は急落する傾向にあります。

タイミングよく投資できれば大きなリターンが期待できる一方、高値で購入してしまうと大きな損失が生まれるリスクもあります。

直近では、いくつかの取引所で先物取引が始まっており、ショートを行う投資家が増えると価格が下落しやすくなります。

1日のうちに数百%価格が動くことも珍しくないため、取引の際はリスクをよく確認した上で余裕資金の範囲内で投資を行いましょう。

仮想通貨BONKを手に入れるためには、まずは国内取引所で口座開設を行います。

GMOコインはコストを抑えて取引しやすく、幅広い種類の仮想通貨を取り扱っているため、分散投資をしたいと考えている人にも適しています。

ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨の出金手数料は無料なので、海外取引所に送金する際も安心です。

イーサリアムがもらえるキャンペーンを開催中なので、この機会にぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

仮想通貨BONKの買い方・入手方法

仮想通貨BONKを入手する方法を確認していきましょう。

次の手順で進めていけば、簡単にBONKを入手できます。

仮想通貨BONKの買い方・入手方法
  • 国内取引所で口座を開設する
  • 国内取引所に資金を入金する
  • 主要通貨を購入する
  • 海外取引所に口座開設・送金する
  • 海外取引所でBONKを購入する

国内取引所で口座を開設する

まずは、国内の仮想通貨取引所で口座を開設しましょう。

仮想通貨取引所はどこでも構いませんが、なるべく自分にとって使い勝手のよい取引所を選びましょう。

初心者でどの仮想通貨取引所を選べば良いかわからないという場合は、GMOコインをチェックしてみてください。

GMOコインTOP

コストを押さえて取引しやすく、初心者にもわかりやすいプラットフォームでスムーズに取引が可能です。

ここでは、GMOコインで口座開設・取引する場合を例にして説明していきます。

まずは、GMOコインの公式サイトの「口座開設」ボタンからメールアドレスの登録を行います。

登録したアドレス宛に送られてきたリンク先から、パスワードの入力や契約締結前交付書面の確認を行い、必要事項を入力します。

必要事項の入力が完了したら、本人確認手続きを行います。

GMOコインの場合、「スマホでスピード本人確認」「本人確認書類アップロード」のいずれかの方法で本人確認を行います。

スマホでスピード本人確認を行えば、口座開設時の本人確認をオンラインで完結させられ手間がかかりません。

GMOコイン流れ

スマートフォンと運転免許証などの本人確認書類が手元にある方は、スマホでスピード本人確認を行うのをお勧めします。

必要事項の入力と本人確認書類の提出が完了すると、GMOコインで審査が行われます。

口座開設手続きが完了したら、登録メールアドレスに口座開設完了の旨が通知されます。

国内取引所に資金を入金する

口座が開設できたら、自分のアカウントに資金を入金していきます。

GMOコインの入金方法は、クイック入金と振込入金のいずれかです。

方法クイック入金振込入金
受付時間24時間365日24時間365日
手数料無料無料(銀行手数料は顧客負担)
最低金額5,000円以上制限なし
最高金額1億円未満制限なし
所要時間即時反映順次反映

クイック入金は振込手数料が無料な上に、入金金額が即時反映されます。

インターネットバンキング口座を持っている場合は、クイック入金を利用すると良いでしょう。

クイック入金は、マイページのメニュー「日本円・暗号資産の入金」から「日本円入金(クイック入金)」を選択します。

金融機関および入金額を入力し、「入金手続きを開始する」ボタンを押すと確認画面が表示されます。

内容に間違いがなければ「金融機関にログインする」ボタンを押し、金融機関のサイトへと進んで入金手続きを進めていきます。

振込入金の場合は、同じくマイページの「日本円・暗号資産の入金」から「日本円入金(振込入金)」を選択し、自分専用の振込先の口座情報を確認します。

好きなタイミングに好きな金額の振込手続きを行えば、営業時間に入金が完了します。

ウォレット口座に入金が完了したら、トレード口座に資産を振り替えておくか、自動で資金が振り替えられる自動振替設定を有効にしておきましょう。

主要通貨を購入する

入金の準備ができたら、仮想通貨の購入に進みます。

ビットコインやイーサリアムなどの汎用性の高い通貨を購入すると良いでしょう。

まずはアプリにログインし、暗号資産一覧から購入したい仮想通貨を選択します。

チャートや価格が表示される画面で「購入」ボタンをタップすると、注文画面に移動します。

任意の金額を入力して「購入」をタップします。

確認画面が表示されるので、内容を確認して問題がなければ上にスワイプすると発注が完了します。

注文が約定すると、マイページの保有残高が増えていることが確認できます。

海外取引所に口座開設・送金する

GMOコイン送金

続いて、BONKを購入するために、海外取引所に口座を開設します。

BONKを取り扱っているのは、BybitやHuobi、MEXCなどの取引所です。

任意の海外取引所に口座を開設したら、GMOコインから海外取引所へと先ほど購入した仮想通貨を送金します。

マイページの「日本円・暗号資産の出金」から出金したい仮想通貨を選択すると、出金画面が表示されます。

出金先のアドレスを追加して、送金の準備を行いましょう。

GMOコイン送金

出金先アドレスが登録できたら、出金する数量や確認事項などを入力し、手続きを進めます。

GMOコインでは、ビットコインやイーサリアムの出金は手数料無料で行えます。

誤ったアドレスに入金手続きを行った場合などは、仮想通貨が戻ってこなくなってしまうため、十分気をつけて手続きしましょう。

出金の最低数量は、ビットコインが0.02BTC /1日1回、イーサリアムが0.1ETH /1日1回と定められています。

海外取引所でBONKを購入する

仮想通貨の送金が終わったら、BONKの購入手続きを行います。

ほとんどの海外取引所では、BONK/USDTのペアを取り扱っています。

そのため、まずはビットコインやイーサリアムなどをUSDTに交換し、その後USDTとBONKを交換するという手順となります。

それぞれの海外取引所で指示に従って手続きを進めていきましょう。

このように、BONKを手に入れるためには国内取引所で口座開設・仮想通貨を購入し、海外取引所に送金してBONKと交換するという手順が一般的です。

どの取引所で口座開設をしたらよいか悩む場合は、GMOコインをチェックしてみましょう。

口座開設手数料や仮想通貨の送金手数料、取引手数料が無料となっているため、コストを押さえて取引できます。

また、26種類もの仮想通貨が取引可能で、国内取引所ではトップクラス取扱種類を誇ります。

さまざまな仮想通貨の取引に関心がある方も、GMOコインは適しているでしょう。

ぜひこの機会にチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

仮想通貨BONKに関するよくある質問

仮想通貨BONKに関するよくある質問をまとめました。

仮想通貨BONKに関するよくある質問
  • ソラナチェーンの特徴は?
  • 犬コインとは?
  • 仮想通貨BONKの取り扱い取引所は?

ソラナチェーンの特徴は?

ソラナチェーンは、2020年4月にローンチされたブロックチェーンです。

トランザクションの処理速度が非常に早く、ビットコインやイーサリアムなどの主要なチェーンと比較しても群を抜いています。

さらに、ガス代などのコストを抑えやすいというメリットもあり、さまざまな企業のプロジェクトにも利用されています。

従来Dappsの開発などはイーサリムが主流でしたが、スケーラビリティ問題などによりソラナの需要が高まっていることから、イーサリムキラーとも呼ばれています。

犬コインとは?

仮想通貨BONKは犬コインの一種です。

犬コインは、犬をモチーフとして生み出されたジョーク(ミーム)コインのことです。

そもそもミームとはインターネット上のスラングで「ネタ」「冗談」というような意味を持ちます。

犬コインの代表であるDOGE(ドージ)は「DOG=犬」のスラングで、もともとジョークとして作られましたが、2021年頃に人気が高まり一時価格が急騰する場面もありました。

DOGEコインは、2024年5月現在も時価総額1.9兆円ほどで、時価総額ランキングでは8位にランクインしているほど広く取引されている仮想通貨です。

その他、代表的な犬コインには、「SHIB(柴犬コイン)」や「AKITA(秋田犬コイン)」などがあります。

犬コインはメジャーな仮想通貨に比べてボラティリティが高まりやすいという特徴を持ちます。

うまくタイミングをとらえて投資できれば大きなリターンが狙える一方、タイミングを間違えると一気に損失が拡大するリスクもあります。

もともとはジョークとして生み出されたコインですが、コインによってメタバースプラットフォームでの活用やさまざまなプロジェクトでの利用が検討されているものもあります。

犬コインに投資をする場合は、違いをよく確認した上で投資する銘柄を選びましょう。

仮想通貨BONKの取り扱い取引所は?

仮想通貨BONKを取り扱っている主な取引所は以下の通りです。

仮想通貨BONKを取り扱っている海外取引所の例
  • Binance
  • Coinbase
  • Huobi
  • Gate.io
  • Bybit
  • Raydium
  • Poloniex
  • Bitget
  • MEXC
  • BKEX

2024年現在で、国内の仮想通貨取引所での取り扱いはありません。

そのため、仮想通貨BONKを取引するためには、海外取引所で購入します。

まずは国内取引所で口座開設をして、ビットコインやイーサリアムなどのメジャー通貨を購入し、それを海外取引所に送金してBONKと交換するという流れが一般的でしょう。

国内取引所を選ぶ場合は、GMOコインのようになるべく取引コストを押さえて仮想通貨の購入ができる取引所を選びましょう。

GMOコインは、口座維持手数料や出金手数料、取引手数料などの手数料が無料となっている仮想通貨取引所です。

初心者から経験者まで幅広い方に使いやすいため、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

仮想通貨BONKのまとめ

今回は、仮想通貨BONKの特徴や仕組み、入手方法などを解説しました。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨BONKはソラナ(SOL)チェーンを基盤とする初の犬コイン
  • 上場から数日で大きく価格が上昇したことで話題に
  • 基盤となるソラナ(SOL)チェーンは処理速度の高さとガス代の安さが特徴
  • ミームコインであるためボラティリティ(価格変動率)の大きさには注意
  • 仮想通貨BONKは2024年5月現在国内取引所での取り扱いはなし
  • 国内取引所から仮想通貨を海外取引所に送金してBONKと交換する流れが一般的
  • GMOコインは手数料が安く初心者から経験者まで幅広いトレーダーに使いやすい取引所

BONKは2024年現在で国内取引所での取り扱いはありません。

そのため、BONKを入手するためには、国内取引所で主要仮想通貨を入手の上、海外取引所に送金してBONKと交換するという手順が必要となります。

国内取引所から海外取引所へ仮想通貨を送金するというステップがあるため、国内取引所はなるべく送金手数料の安い取引所を選ぶと良いでしょう。

GMOコインは、ビットコインやイーサリアムの送金手数料をはじめ、取引手数料や口座維持手数料などが無料となっています。

なるべくコストを抑えて取引したい人は、ぜひチェックしてみてください。

\ビットコインがもらえる特典中!/

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

目次